『au』Povoとauひかりのなど光回線のセット割引きはあるの?スマートバリューや家族割は対象かを検証

2021年3月23日からサービスが始まったauの新プラン「povo(ポヴォ)」ですが、多くの人がこのサービス利用を検討していることでしょう。

そこで気になるのが、povoにauひかりとのセット割引auスマートバリューや家族割があるかです。

「povoにauひかりの家族割はあるの?」

「povoにauひかりのauスマートバリューは適応されるの?」

利用するに当たって、家族割について気になっている人は少なくありません。

結論から言えば、povoに乗り換えるとauスマートバリューや家族割は適用外になります。今まで割引適用となっていた人も同様です。

そこで今回はauスマートバリューや家族割はの適用を外してまで、povoに乗り換えるメリットがあるのかをあらゆる角度から検証します。

最後まで目を通してもらえば、auスマートバリューや家族割を捨ててまで利用するべきなのかと迷っているあなたも、必ず正しい判断ができるようになっているでしょう。

\\auひかりの高額キャッシュバックのオススメ//

戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

目次

povoはauひかりのセット割のauスマートバリューや家族割の対象なのか

冒頭で言ったように、povoにauひかりとのセット割となるauスマートバリューや家族割は適用されません

povoにプラン変更せず、従来のプランのままであれば引き続きauスマートバリューや家族割を利用できますが、povoにプラン変更すればauひかりとのセット割となるauスマートバリューや家族割は適用外になるのです。

しかも、povo向けの新たなセット割引もまったく用意されていません。そのため、povoとauひかりをセット契約しても、割引面に関してはなんらメリットはないのが実情です

今後、なんらかの割引サービスが適用される可能性はあるかもしれませんが、現時点では利用できる割引サービスは存在しません。

20GBの大容量を激安価格の月額2,738円で利用できるのは魅力ですが、この点は十分に検討する必要があるでしょう。

ahamoやLINEMOはセット割引はあるの?

また、NTTドコモとソフトバンクでも、auに先んじてpovoと同じ格安の料金プランが下記名称でサービス提供されています。

  • ahamo(アハモ):NTTドコモ
  • LINEMO(ラインモ):ソフトバンク

    NTTドコモやソフトバンクでも光回線とセット契約すれば、下記の割引を受けることができます。

    • NTTドコモ:ドコモ光セット割
    • ソフトバンク:おうち割光セット、新みんな家族割

      しかし、これもpovoと同じように従来のプランからahamoやLINEMOに変更すれば、すべての割引が適用外となり、自動的に解除されてしまいます

      もちろん、この2社にも新たに利用できる割引サービスは用意されていません。

      NTTドコモとソフトバンク利用者も、サービス変更時にはこの点をよく検討する必要があるでしょう。

      povoとはどんなサービス?

      ここまでの話でも少し触れましたが、povoはauが新たにサービスを開始した携帯プランの名称になります。

      近年、携帯の利用方法は昔とは大きく変わり、通話はLINEの無料通話を利用し、データ通信メインの利用者が増加しました。

      特に10代から20代の利用者はこの傾向が顕著です。

      つまり、povoはデータ通信はよくするが、通話はあまりしない、着信専門だという利用者をターゲットにした携帯プランなのです。

      povoの料金プランを確認しよう

      そのためpovoの料金プランは下記の様にデータ通信特化し、なおかつ格安料金で利用できる仕組みになっています。

      サービス内容 料金
      データ通信20GB 月額2,738円
      通話(国内) 22円/30秒
      5分以内通話かけ放題(*トッピング) 月額550円(*1回5分以内の国内通話かけ放題)
      通話かけ放題(*トッピング) 月額1,650円(*国内通話かけ放題)
      データ使い放題24時間(*トッピング) 24時間220円
      データ追加 1GB(*トッピング) 550円
      SMS 送信:1通あたり3.3円(*70文字まで)受信:無料
      ネットワーク 5G(*2021年夏提供開始予定)/4G LTE
      eSIM 新規とNMP(他社乗り換え)に対応
      eKYC 株式会社Liquidが提供する「LIQUID eKYC」を採用
      テザリング 利用可能(*無料)
      キャリアメール 利用不可
      留守番電話サービス 利用不可

      従来プランの使い放題MAX4G/5Gの料金体系が月額7,238円(*各種割引適用前)ですから、いかにお得な料金プランであるかは一目瞭然です。

      光回線のスマートバリュー対象外でもスマホの料金プランをPovoに乗り換えるべき?

      povoにプラン変更すれば携帯料金は大幅に削減できますが、auスマートバリューや家族割は利用できなくなります。

      では、auスマートバリューや家族割の対象外でも、料金プランをpovoに変更すべきなのでしょうか。

      これはpovoに変更した場合と、従来のプランで割引を受け続ける場合の料金を比較検討すれば簡単に判断できます。auスマートバリューや家族割の割引内容は下記の通りです。

      割引名 割引額
      家族割プラス 3人以上:1人当たり月額1,100円
      2人:1人当たり月額550円
      auスマートバリュー 月額1,100円

      使い放題MAX4G/5Gで契約しており、これら2つの割引を最大利用したケースと、家族にpovo利用者が出た場合の月額料金を試算した結果は下記の通りです。

      家族3人がau 家族2人au・一人povo 家族1人au・2人povo
      月額料金 全員7,238円 2人7,238円・1人2,738円 1人7,238円・2人2,738円
      auスマートバリュー割引 合計3,300円 2,200円 1,100円
      家族割プラス割引 合計3,300円 合計1,100円 割引なし
      合計 18,414円 13,904円 11,594円

      となれば従来の割引を適用させるよりも、月額2,738円で利用できる、povoにプラン変更した方がお得なのは一目瞭然ですよね。

      お急ぎください!2021年夏までのプラン変更なら家族割の適用に!!

      povoにプラン変更すると家族割の適用外になりますが、これには早期申込特典が用意されています。

      2021年夏までにpovo申し込みすれば、従来通り家族割を受けることが可能です。

      家族3人が家族割を受けており、その内1人がpovoにプラン変更したとしましょう。

      この場合、povoにプラン変更者が家族割適用外になるだけででなく、家族割を受けられる残り2名の割引額は1,100円から550円に引き下げられてしまいます

      しかし、この早期申込特典を利用すればpovo利用者も割引が受けられ、残り2名も割引価格が減額されることはありません。

      Povoに乗り換えるなら光回線も乗り換えるべき?

      次にみなさんが考えるのは、povoに乗り換えた時に光回線も乗り換えた方がいいのかという問題でしょう。

      これは、現在auひかりを利用しているのであれば、光回線をわざわざ乗り換える必要性はありません。その理由は明快です。

      auひかりは通信速度の速い自社回線を使用しているからです。

      auひかりは通信速度の速い自社回線を使用している

      光回線は大きく分けると下記の2つに分類できます。

      • NTTの提供する光回線:フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光など
      • 独自回線事業者の提供する光回線:電力会社、auひかり、NURO光

        一番利用者が多いのはNTTの光回線で、光回線市場では80.0%という高いシェア率を誇ります。

                                                 引用先:総務省

        ここで注目してもらいたいのが、利用者数が多すぎることで起こる弊害です。

        安定した高速通信が可能な光回線ですが、近年はネット接続するデバイスの増加や大容量データ通信の増加による回線混雑が原因で、光回線の速度低下が問題となっています。

        光回線と言えども、回線混雑による影響は避けられないというわけです。

        そのため、利用者数の多いNTTよりも、利用者の少ない独自回線事業者の光回線の方がこの回線混雑を回避でき、安定した高速通信を実現できる可能性が高くなるのです。

        独自回線事業者の中には通信速度が頭一つ突出した最大2GbpsのNURO光がありますが、利用可能地域が限定されています

        利用可能であれば乗り換えを検討してみるのも1つの方法ですが、利用できないのであればわざわざauひかりからの乗り換えを検討する必要はないでしょう。

        光回線を契約していないなら申し込みを検討しよう!

        これまで使い放題MAXでデータ通信料無制限のプランを利用し、光回線を利用していない人がpovoに乗り換える時は注意が必要です。

        povoで利用できるデータ通信量20Gは一見十分そうに見えますが、これはヘビーユーザにとって十分なデータ通信量ではありません

        特に高画質の動画をよく見るという人ならば、あっという間に20Gは消費されてしまうでしょう。Netflixは、Netflixでドラマや映画を視聴する際には、下記の様に大量のデータ使用量が必要になると言っています。

        • 標準画質のビデオ:1時間当たり約1GB
        • HDのビデオ:1時間当たり最大3GB

          引用先:Netflixのデータ使用量を管理する方法

          そのため、20Gでは全く足りず、データ追加のトッピング(550円/1GB)が必要になり、携帯料金が割高になってしまう可能性もあります。

          1日あたり利用できるのが1GBにも満たないのですから、20GBでは全然足りない人が出てくるのも仕方のないことです。

          何度もデータ追加しなければならないなら、データ通信量に制限なく、高速通信の光回線に申し込んむことをおすすめします。

          屋内で大量のデータ通信を伴う時は、光回線経由でインターネット利用すれば、大量のデータ消費を回避できます。

          またWifi併用を徹底すれば、携帯のデータ通信量も大幅に抑えられるので一挙両得です。

          \\auひかりの高額キャッシュバックのオススメ//

          戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

          auスマートバリューが対象の光回線全まとめ

          auスマートバリューが適用されるのは、auひかりとのセット契約だけ。

          こう思っている人は多いでしょう。

          しかし、auスマートバリューが適用される光回線は、auひかりだけではありません。下記のように実に多くの光回線との契約でも、auスマートバリューが適用されます。

            割引価格は契約先によって異なりますが、auキャリア利用者ならば選ばない手はありません。

            試しにビッグローブ光の割引価格と適用条件を紹介するので、他の光回線に興味がある人は上記HPで直接確認してみましょう。

            ビッグローブ光の割引価格と適用条件

            下記条件を満たせば、「ビッグローブ光×auセット割」が適用されます。

            • BIGLOBEの個人会員(*法人会員は適用外)
            • ビッグローブ光とauスマートフォン、au LITEタブレット、 auケータイのいずれかを利用している(*au法人契約は適用外)
            • ビッグローブ光の設置住所とauの契約住所が同一
            • au契約プランが「ビッグローブ光×auセット割」の割引対象プランに該当
            • auスマートバリューやauスマートバリューmineの適用がない

              また、割引価格は下記の通りです。

              • auスマートフォン(5G):ビッグローブ光の月額料金が550円割引
              • auスマートフォン(4G):ビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引
              • auタブレット:ビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引
              • auケータイ:ビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引

                さらに詳しい情報は、ビッグローブ光のHPで確認してください。

                povoに乗り換えでauスマートバリューが解約された場合のデメリット

                povoに乗り換えるとauスマートバリューの適用がなくなります。その最大のデメリットはスマホ割引がなくなる点ですが、デメリットはこの1つだけではありません。

                auスマートバリューにはスマホ割引だけでなく、下記の割引サービスが含まれています。そのため、povoに乗り換えるとこれら3つすべての割引サービスが受けられなくなるのです。

                • Wi-Fiのルーターの無料提供
                • 4年目以降の超高速サービスの割引

                  それでは乗り換えでauスマートバリューが解約された場合のデメリットを、再度確認していきましょう。

                  スマホ割がなくなる

                  先に詳しく解説したので重複は避けますが、auスマートバリューと家族割の割引価格は月額最大で2,200円です。

                  povo乗り換えでこの割引が利用できなくなります。

                  Wi-Fiのルーターが有料になる

                  auひかりにはWi-Fiを利用できる機能がありますが、Wi-Fiを利用するにはホームゲートウェイ内臓の無線LANオプションに加入する必要があります。

                  実はこのオプションは月額550円の有料オプションなのですが、auスマートバリューが適用されれば、オプション料金無料で利用可能です。

                  auスマートバリューが解約されると、月額550円の支払いが発生するので覚えておきましょう。

                  4年目以降料金が高くなる

                  auひかりは最大通信速度が通常の5倍または10倍になる「超高速スタートプログラム」が利用可能です。

                  このサービスは有料ですが、auスマートバリューが適用されれば割引適用で年以降も無料もしくは、半額近くの料金で使用できます

                  ホーム5Gpbs ホーム10Gpbs
                  月額価格 550円 1,408円
                  割引価格 550円 550円
                  実質価格 月額無料 月額858円

                  auスマートバリューが解約されるとこの割引が適用されないため、4年目以降の利用料金が跳ね上がってしまいます

                  このサービスを利用していない人には関係ない話ですが、auひかりの高速通信を目的にオプション契約している人は注意してください。

                  Povoに乗り換えるメリット!auスマートバリューを解除されてもお得になる

                  ここまでpovoに乗り換える時の注意点を解説してきましたが、最大のデメリットはauスマートバリューと家族割が利用できなくなることです。

                  しかし、それでも筆者はpovoへの乗り換えは、確実にお得になると考えます。その理由は下記の3点です。

                  • スマホやネット全体の通信量が安くなる
                  • テザリングが無料
                  • 無料トッピング

                    ここではpovoに乗り換えるこれらメリットが、デメリットに勝る理由について解説します。povo乗り換えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

                    スマホやネット全体の通信料が安くなる

                    povo最大のウリは激安料金で携帯の利用が可能な点です。

                    先にも話しましたがこの価格が及ぼすメリットは絶大で、auスマートバリューと家族割が利用できなくても、スマホやネット全体の通信料を大幅に削減することができます

                    先に紹介した無線LANと超高速プログラムの割引分を考慮しても、通信料はpovoに乗り換えた方が確実にお得です。

                    一見auスマートバリューと家族割が利用できないのはデメリットのように思えます。

                    しかし、新たに得られるメリットにを考慮すれば、料金面においてまったくデメリットはないと言い切っても過言ではないのです。

                    テザリングが無料

                    常時、外出先で通信環境を維持したいなら、持ち運び可能なモバイルルーターの契約がおすすめです。

                    しかし、時折外出先でパソコンやタブレットを使用するくらいなら、携帯のデザリング機能で十分でしょう。

                    この時、気になるのが利用料金ですが、povoはデザリング機能が標準装備です。オプション料金無料で利用できます

                    またpovoは220円で「24時間限定データ使い放題」というオプションが用意されています。

                    デザリングで大容量データを扱う時には、このオプションを利用すれば20Gの通信料を気にすることなく利用可能です。

                    料金もさほど気になる額ではないので、いざという時は利用してみるといいでしょう。

                    トッピング機能により無駄な料金支払いが省ける

                    povoはデータ通信量20G、通話料別で2,780円というコースしか用意されていません。

                    しかし、注目して欲しいのが、これに加えて用意されているトッピングという新しいサービスです。

                    • 通話かけ放題(5分以内) 月額550円
                    • 通話かけ放題 月額1,650円
                    • データ追加/1GB 550円
                    • 24時間限定データ使い放題 日額220円

                      このトッピングによりpovoはahamoやLINEMOにはないメリットを生み出しています。

                      先にも話したように、povoはデータ通信利用がメインの10代から20代がターゲットのサービスです。

                      そのため、通話はLINEの無料通話を使います。ahamoのように5分間無料通話が含まれた料金設定は、却って無駄な支払いになってしまうのです。

                      povoはトッピングで自分の使い方に合わせて必要なものを追加したり、切り離すことで、無駄な支払いを避けて少しでも料金を安くする工夫がされています

                      これは少しでも携帯料金を抑えたいという人にとって、大きなメリットになるでしょう。

                      Povoのスマホで一緒に申し込みたい光回線はどこ?

                      それでは最後にpovoの乗り換え時に、一緒に申し込むのにおすすめな光回線をランキング形式で紹介します。

                      基本的には光回線からの乗り換えを検討する必要はありません。契約の検討が必要になるのは、自宅に光回線を引いていないauユーザーです。

                      しかし、povoユーザーはauスマートバリューと家族割を気にする必要がまったくありません。通信速度の向上などでメリットがある場合は乗り換えを検討するのもアリでしょう。

                      キャッシュバックが高額なところや、乗り換えで発生する違約金を負担してくれるところならば、お得に光回線を乗り換えられます。

                      おすすめの代理店も併せて紹介するので参考にしてください。

                      Povoと一緒に申し込みたい光回線1位:auひかり

                      まず最初におすすめしたいのがauひかりです。先に紹介したように、独自回線事業者の光回線ですから、安定した高速通信の利用ができます。

                      オプションの最大通信速度が通常の5倍または10倍になる「超高速スタートプログラム」も魅力的なサービスです。

                      月額料金(戸建て) 月額料金(マンション) 初期費用 工事費
                      1年目:6,160円 4,180円 3,300円 戸建て:41,250円
                      2年目:6,050円 マンション33,000円

                      auひかりの申し込みオススメの代理店は『NNコミュニケーションズ』

                      auひかりの申し込みでおすすめしたい代理店はNNコミュニケーションです。

                      NNコミュニケーションズは、下記のように多くのランキングで1位に選ばれています。

                      • auひかり代理店キャッシュバック金額NO.1
                      • 全回線キャッシュバック金額NO.1
                      • 光回線実質月額の安さNO.1
                      • 全回線auスマートバリュー実質月額の安さNO.1

                        また初期工事費用が実質無料になるほか、最短1ヶ月で最大52,000円のキャッシュバックが受けられます。短期間でキャッシュバックが受けられるのは嬉しいですね。

                        これに加えてKDDI公式特典も併用可能ですから、かなりお得に契約することができます。

                        • スタートサポート:最大30,000円の解約違約金をKDDIが負担
                        • スタートサポート上乗せCB:最大25,000円の解約違約金の増額

                          NNコミュニケーションズHP:NNコミュニケーションズ

                          Povoと一緒に申し込みたい光回線2位:ソフトバンク光

                          次におすすめするのがソフトバンク光です。

                          ソフトバンク光はNTT回線を利用した光コラボのため、auひかりよりも通信速度は劣りますが、すべての地域に対応しているのが強みです。auひかりの未対応地域であれば、是非おすすめしたい光回線になります。

                          ソフトバンク光はauひかりのように自社キャッシュバックがないため、お得な乗り換えを狙うには代理店の独自キャッシュバックが鍵になります。

                          月額料金(戸建て) 月額料金(マンション) 初期費用 工事費
                          5,720円 4,180円 3,300円 2,200円~26,800円

                          ソフトバンク光の申し込みオススメの代理店は『エヌズカンパニー』

                          ソフトバンク光の申し込みでおすすめしたい代理店はエヌズカンパニーです。

                          エヌズカンパニーは下記において、ソフトバンクから5期連続の受賞を続けている注目の代理店で、1次代理店からも3年連続で販売絶対数部門1位の表彰を受けています

                          • 受注品質
                          • 顧客対応品質
                          • 獲得件数

                            エヌズカンパニー最大の魅力は最大36,000円の独自キャッシュバックを、最短2ヵ月で受け取れる点です。申込方法も電話で振込先口座を知らせるだけで完了します。

                            これなら申請忘れもなく、よくあるもらい忘れも回避できるでしょう。また、ソフトバンクの下記公式キャンペーンの併用も可能です。

                            • 回線工事費に応じて最大24,000円のキャッシュバック
                            • 他社への違約金・撤去工事費を最大100,000万円キャッシュバック

                              エヌズカンパニーHP:エヌズカンパニー

                              Povoと一緒に申し込みたい光回線3位:ニフティ光

                              最後におすすめするのがニフティ光です。

                              ニフティ光に申し込むなら、月額料金が36か月間割引される3年プランがおすすめでしょう。

                              戸建て割引額 マンション割引額
                              新規申込 総額24,840円 総額17,640円
                              転用・事業者変更申込 総額4,980円 総額3,880円

                              特に新規申込の場合は、3年プランを選択することをおすすめします。

                              月額料金(戸建て) 月額料金(マンション) 初期費用 工事費
                              5,720円 4,378円 2,200円 戸建て:2,000円~18,000円
                              マンション:2,000円~15,000円

                              ニフティの申し込みオススメの代理店は『NNコミュニケーションズ』

                              ニフティ光を申し込むなら先にも紹介したNNコミュニケーションズがおすすめです。下記条件をクリアすれば、最大25,000円のキャッシュバックが最短2ヵ月で受け取れます

                              • ニフティ光を12か月間継続利用する(*違反した場合違約金支払いあり)
                              • クレジットカードもしくは口座振替の支払登録を申込日から30日以内に完了すること

                                また、光電話に同時加入すればキャッシュバックが2,000円増額されます。固定電話が必要な人は忘れず契約してください。

                                また、キャッシュバック申込も電話で振込指定口座を伝えるだけで完了するので、もらい忘れもありません。

                                NNコミュニケーションズHP:NNコミュニケーションズ

                                Povoのスマートバリューのセット割のまとめ

                                今回はauスマートバリューや家族割はの適用を外してまで、povoに乗り換えるメリットがあるのかをあらゆる角度から検証しました。

                                povo乗り換えでauスマートバリューや家族割が利用できなくなるのは、間違いなくデメリットです。

                                しかし、povo乗り換えで得らえるメリットを考慮すれば、乗り換えた方が間違いなく通信量を大幅に削減できます

                                ですがpovoはデータ通信利用に特化した料金プランです。そのため中には乗り換えない方がいいという人も出てくるでしょう

                                今回解説した乗り換え時のメリット・デメリットを総合的に検討して、あなたにあった料金プランをじっくり考えるようにしてください。

                                よかったらシェアしてね!

                                コメント

                                コメントする

                                目次
                                閉じる