J:COMネットの悪い口コミ遅いと評判か検証|料金や速度、お得に契約する方法をご紹介

J:COMネットは、ケーブルテレビ事業およびインターネットサービスなどを展開するKDDI株式会社の連結子会社J:COMが提供する光回線サービスです。

J:COMネットについて調査してみたところ、

  • 月額利用料が高額
  • 回線速度が遅い
  • 回線がつながらない

……等、悪い口コミや評判が目立ちました。

先に結論を述べると、

J:COMネットはテレビの契約を合わせて申し込んだ場合は月額利用料が安くなるメリットがある一方で、

ネット回線のみを利用するなら他社に比べて月額利用料が高額という大きなデメリットがあることがわかりました。

あなたにJ:COMネットが適しているのかこれから解説していきますので、参考にしてくださいね。

もし、安くて速度も安定している光回線をお探しの方は、下記のボタンでオススメの光回線を紹介しているので確認していただけると嬉しいです。

目次

J:COMネットとは?

J:COMネットは、ケーブルテレビ事業およびインターネットサービスなどを展開するKDDI株式会社の連結子会社J:COMが提供する光回線サービスです。

一般的な光回線と比べた時のJ:COMネットの大きな特徴は2つあります。

1つ目の特徴はケーブルテレビの契約とネット回線をセットで契約すると月額利用料がお得になるということ。

ケーブルテレビでテレビを見る方にはJ:COMネットはメリットが多くなります。

加えて、auスマホユーザーの方はauスマートバリューが使るのでさらにお得です。

そして2つ目の特徴は『回線の接続方法にFTTNを採用している ※一部対象外ありということです。

FTTNとは?

幹線に光ファイバーケーブルを使用して、そこから自宅あるいはマンションの部屋までは同軸ケーブルを使用した回線。

幹線までは光ファイバーですので高速ですが、幹線からは同軸ケーブルのため速度が著しく低下する。

つまり、使用している回線の接続方法からして高速通信を望むのは難しい光回線ということになります。

どんなにWi-Fiルーターの性能を良くしたとしても、回線の通信速度が限られてしまうため思うような速度が出ない事があります。

NTTのフレッツ光や光コラボの光回線、auひかりやNURO光といった高速通信が売りの光回線と比べるとどうしても速度面では劣ってしまいます。

J:COMネット提供エリア

J:COMネットの提供エリアは下記の通りになります。

J:COMネット 提供エリア
東北エリア 北海道、宮城県
関東エリア 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県
関西・九州エリア 大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、福岡県、熊本県、山口県、大分県

J:COMネットは全国展開ではありません。

新規契約を検討されている方はお住まいの地域を必ずご確認ください。

J:COMの対象エリアの確認はこちら

J:COMネット1G/5G/10Gコースの提供エリア

最初に『J:COMはFTTN使用のため回線速度が遅い』といいましたが、戸建てタイプの場合には他社光回線と遜色のない最大1Gbpsの『1Gコース』が存在します。

1Gコース 提供エリア
北海道 J:COM 札幌(一部エリア)
宮城県 仙台キャベツ(一部エリア)、川口戸田
関東 J:COM 熊谷・深谷、湘南・鎌倉(鎌倉エリア)、中野、小田原、市川・浦安 (市川エリア)、大田、武蔵野・三鷹、YY船橋習志野、千葉セントラル、東葛・葛飾、八王子・日野、東京北(一部エリア)、東上(一部エリア)、多摩、南横浜、町田・川崎(一部エリア)、すみだ・台東(すみだエリア)、木更津(一部エリア)、さいたま北(一部エリア)、かながわセントラル(一部エリア)、相模原大和(一部エリア)、茨城(一部エリア)
関西 J:COM 南大阪、堺(一部エリア)、神戸・三木(一部エリア)
九州 J:COM 熊本、福岡(一部エリア)、北九州(一部エリア)

さらに、1Gコースよりも高速通信に対応した『5Gコース』『10Gコース』もあり、こちらのコースもまた別に対応エリアが設定されています。

5G/10Gコース 提供エリア
関東 J:COM さいたま、市川・浦安、木更津、YY船橋習志野、東関東、西東京、相模原・大和、板橋、調布、東京 東エリア、東京 西エリア、東京 南エリア、すみだ・台東、湘南・鎌倉、横須賀、所沢、かながわセントラル、江戸川、東上、横浜、世田谷、町田・川崎、大田、東葛・葛飾、千葉セントラル、中野、八王子・日野、多摩、武蔵野・三鷹、南横浜、川口・戸田、足立、東京北、川越、埼玉県央、越谷・春日部、草加、港・新宿、湘南・鎌倉、秦野・伊勢原
関西 J:COM かわち、北河内、南大阪、神戸・芦屋、神戸・三木

JCOMネットの『1Gコース』あるいは『5G/10Gコース』は提供エリアがかなり限定されますので、これらの高速通信コースを検討されている方は利用場所が提供エリア内か改めて確認しましょう。

J:COMネットの料金

続いてJ:COMネットの料金をみていきましょう。

プラン 戸建て マンション
1Gコース 7,348円
5Gコース 7,898円
10Gコース 8,756円
12Mコース 3,476円 3,476円
40Mコース 4,576円 4,576円
120Mコース 6,248円 6,248円
320Mコース 6,798円 6,798円

以上の料金はネット単体で契約した場合のプラン料金となります。

基本的に戸建てでもマンションでも料金は同じですが、マンションでは1G/5G/10Gコースに対応していません。

ただし、マンションには『J:COM In My Room』と呼ばれる特別プランがあります。

J:COM In My Room対応のマンションの場合、マンション(集合住宅)のオーナーが費用負担してJ:COMに契約しています。

入居者は無料または特別価格でJ:COMの各種サービスが利用可能なので、集合住宅にお住まいの方は無料でJ:COMネットを利用できる可能性がありますよ!

J:COMネット契約時に適用できるキャンペーン

J:COM本体では様々なサービスを実施していますが、J:COMネット単体契約時に適用可能なキャンペーンは『基本工事費無料』のみです。

基本工事費無料キャンペーン
対象者 J:COM新規契約者
特典内容 工事費相当割引

  • 戸建て:1,650円×24ヶ月
  • マンション:1,100円×12ヶ月
適用条件 1回目の契約満期を迎える

サービス使用料金(月額料金)の割引等はテレビや電話とのセット契約をした方向けに展開しているため、ネット単体の契約では対象外となります。

J:COMのセットプラン対象の割引キャンペーンはこちらからご確認ください。

J:COM(ジェイコム)のオフィシャルサイト
特典・キャンペーン一覧 | J:COM
特典・キャンペーン一覧 | J:COMJ:COMのお得な特典・キャンペーンをご紹介いたします。TVやインターネット、電話、電気、格安スマホをお得に始めるチャンスです。

J:COMネットの口コミや評判

J:COMネットの基本情報が把握できたところで、ここからはJ:COMネットの評判や口コミをご紹介します。

J:COMネットの良い評判『インターネット無料が嬉しい』

調査した中でも良い評判・口コミとして目立ったのは『J:COM In My Room』についてです。

オーナーがJ:COM In My Roomに契約していると、入居者は無料またはお得な料金でJ:COMネットを利用できます。

無料でインターネットができるのが嬉しいという声は多数挙げられていました。

J:COMネットは『光回線インターネット』なので、無線のインターネット契約とは違って通信制限がありません。

J:COM In My Roomでも同様に無制限のインターネットが楽しめます。

ただし、注意が必要なのはこういった良い評価をしているのは『インターネットライトユーザーが中心である』ということです。

『無料で嬉しい!』とコメントしている方の多くは日常的な通信量が少ない方でした。

例えば『毎日のように大量に動画を視聴する』『毎晩オンラインゲームをプレイする』といったヘビーユーザーの方の場合、同じ評価というわけにはいかなそうです。

J:COMネットの良い評判『工事が早い』

また、契約時の良い評判・口コミとしては『工事が早い』という事を挙げる方もいました。

J:COMは地域密着型で提供しているサービスなので、対応が早いようですね!

J:COMネットの悪い評判『1Gコースでも通信が不安定、遅い』オンラインゲームは厳しい!

J:COMネットの悪い評判・口コミは主に通信の『安定性や速度』に関するものです。

他社光回線では『一般家庭なら1Gプランで十分』と言われているところ、J:COMネットは1Gコースでも不満が出ています。

『通信速度が出ない』という点だけでなく『頻繁に切れる』という安定性への不満も見られます。

せっかく料金の高い1Gコースに変更したのに通信速度も改善しなければ安定性もイマイチとなると不満が出てしまう気持ちもわかりますよね…

J:COMネットの悪い評判『速度が遅いのはいくら無料でも不満』

これは良い評判として話題だった『J:COM In My Room』に対しても同様の悪い口コミ・評判が挙がっていました。

やはり似梨状的な通信量が多い方にとって通信速度や安定性については大きな問題となるようです。

『別の光回線を契約すれば良いか~』と考えられたとしても、こちらの方のように集合住宅によってはJ:COM以外の光回線を受け付けていない場合があります。

これはJ:COMネットの問題ではなく住居側の問題ではありますが、こういった都合によってJ:COMネットに対して不満を抱える方が増えているのも事実です。

J:COMネットのメリット

ご紹介してきた基本的な特徴や評判・口コミからまとめたJ:COMネットのメリットはこちらの通りです。

  • 『J:COM In My Room』導入済み住宅なら無料または格安
  • スマホセット割(auスマートバリュー)が利く
  • ケーブルテレビや電話回線とのセットプランがお得

以上のメリットの中でも特に注目のメリットは『J:COM In My Room』です。

無料でインターネットが利用できればインターネット代はもちろんのこと、スマホ代の節約にもなりますよね!

J:COMネットはauスマートバリューにも対応しているのでauユーザーさんなら高い節約効果が期待できます。

一応『セットプランがお得』という点もJ:COMネットとしてのメリットではあります。

しかしあくまでもJ:COMサービス内での話であって他社と比較して劇的に安いわけではありませんし、割引期間が過ぎた後の定価料金はやはり高額です。

このように、全体的に見るとJ:COMネット自体にもメリットはあるもののデメリットをよく理解すべきであることがわかります。

J:COMネットのデメリット

反対に基本的な特徴や評判・口コミからまとめたJ:COMネットのデメリットがこちらです。

  • ネット単体のプランが高い
  • マンションは最大320Mbpsのプランしかない
  • 通信速度・安定性は『悪い評価』に偏りがち

まず価格面のデメリットとして『相場と比べると高額』という事が挙げられます。

ネット単体なら他社で契約した方が安価ですし、インターネット+テレビ+電話のセット契約が可能な事業者は他にもあります。

実際の口コミからよく見られたデメリットの多くは通信速度や安定性に関するものでした。

特にマンションタイプの場合には対応する最大速度が320Mbpsであるため、一般的な1Gbps対応の光回線と比べて不満が出やすい傾向にあります。

とはいえ、通信速度や安定性に関しては使い方によってはデメリットにならないポイントでもあるので、日常的にどれくらいンターネットを利用するか考えてみると良いでしょう。

J:COMネットをおすすめできる人

メリット・デメリットを踏まえ、J:COMネットをおすすめする人がどんな人なのかをまとめました。

J:COMネットがおすすめできるのはこのような方々です。

  • J:COMのセットプランを利用予定でauユーザーの方
  • J:COMネットIn My Room物件に住んでいる方
  • インターネット利用の機会が少ない方

それぞれのおすすめポイントや注意事項など順番に解説していきますね。

J:COMネットがおすすめの人① J:COMのセットプランを利用予定でauユーザーの方

J:COMをお得に利用できるユーザーの代表はJ:COMのセットプランを利用予定でauユーザーの方です。

J:COM自体がネットプランを単体で利用するのには不向きなサービスなので、基本的にはケーブルテレビや電話のサービスとセット契約する方向けです。

J:COMネットはケーブルテレビとのセット契約なら月額利用料が割引になります。

割引額 割引期間
戸建てタイプ 2,926円~ 12ヶ月
マンションタイプ(320M) 3,780円~ 6ヶ月

さらに、auスマートバリュー対象となるため、家族みんなでau回線を契約しているご家庭には特におすすめです。

他社光回線でもテレビや電話のセットプランがありますが、auとのセット割引が有効な回線は限られています。

限られた選択肢の中でも、特にJ:COMのネット以外のサービスに魅力を感じている方にはJ:COMネットがおすすめです。

例えば『他社光回線+光TV+スカパー!(CS)のチャンネル』と契約するよりも、ひとまとめにJ:COMで契約してauのセット割を受けた方がお得になるケースもあります。

J:COMネットがおすすめの人② J:COMネットIn My Room物件に住んでいる方

続いてJ:COMネットをお得に利用できる方は『J:COMネット In My Room』導入済みの物件に住んでいる方です。

物件オーナーが契約金などを負担しているため、ネット回線やケーブルテレビが基本無料または特別料金で利用が可能です。

J:COMネットへ申し込むと最短4日でネット回線の利用が可能になり工事費も無料ですよ!

通信速度や安定性に不安がある方でも無料または特別料金で利用できるJ:COMネットIn My Roomならお試し感覚で利用できそうですね。

ただし、物件によっては契約期間が決められていたり解約金が設けられていたりするので、契約内容の確認は忘れずに行いましょう。

また、お住まいの物件がJ:COMネットIn My Roomかどうかは公式サイトでも調べることが可能です。

J:COMネットIn My Roomの調べ方

お住まいの物件がJ:COMネットIn My RoomかどうかはJ:COMネット公式HPで調べることが可能です。

画像提供元:J:COMネット公式

まず、こちらのJ:COMネット公式HPのサービス案内からJCOM NETのコース案内・料金のタブをクリックしてください。

クリックすると契約プランと料金案内のHPが表示されます。

画像提供元:J:COMネット公式

契約プランと料金案内のHPを下へスクロールすると上記の案内が見えます。

上記の案内のJ:COMネットIn My Roomの物件を検索するをクリックしてください。

画像提供元:JCOM公式

すると、J:COMネットIn My Roomの検索ページにたどり着けますので、こちらのページから郵便番号・住所または物件名で検索してみてください。

J:COMネットIn My Roomが利用可能かわかります。

J:COMネットがおすすめの人③ インターネット利用の機会が少ない方

利用者の口コミを見ると『通信速度が遅い』『回線が切れやすい(不安定)』といった声がありましたが、インターネット利用の機会が少ない方であればこういったデメリットも気にならないかも知れません。

たとえば『主にスマート家電を使うために自宅にWi-Fiを設置したい』『いざという時のために一応』という場合などです。

逆に『テレワークやオンライン授業をしたい』『家にいる時は大体動画視聴している』というような日常的にインターネット利用が多い方は通信状態に関して気づく事が多い分、不満も感じやすいと言えます。

J:COMネットよりもオススメな光回線と絶対に失敗しない選び方

オススメの光回線はどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

  • 「自分にあった光回線はどれ?」
  • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
  • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

そんな迷いをお持ちのアナタへイチオシの光回線について詳しく解説します!

絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いたします!

 

(1) 光回線選び方のポイント

光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

ポイント : 光回線の選び方
  1. シンプルに2年間の月額支払い料金が安い物を選ぶ
  2. スマホとのセット割」で選ぶ
  3. 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ
それでは、詳しく解説しましょう。

1:シンプルに2年間の支払い総額の安いものから選ぶ

『ahamo』『LINEMO』『Povo』などスマホ割の適応にならない新料金プランが大手三社から発表されています。

 

スマホ割は基本的にスマホ料金の節約となり、光回線の料金が安くなるわけではなりません! 家計のスマホや光回線などの通信費を安くするのであれば『スマホ料金の節約』+『安い光回線』が一番、あなたの財布の支出が減ります!

2:基本はシンプルに「スマホとのセット割」で選ぶ

光回線選びで最も重視すべきなのは「料金」です。 理由は簡単で、光回線であればどこを選んでも速度面が問題になることは少ないからです。

そして、料金が安いものは上記で解説しまいたが、携帯のプランを変更などが面倒であれば光回線とスマホのキャリアを合わせることで「セット割引」を受けるのがお得な選択肢です!

光回線 携帯キャリア 割引台数 割引額
ドコモ光 ドコモ 最大20回線 1台/最大1,100円
ソフトバンク光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
NURO光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
auひかり au 最大10回線 1台/最大1,100円
So-net光プラス au 最大10回線 1台/最大1,100円
@nifty光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
BiGLOBE光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
enひかり UQモバイル 1回線 110円

光回線の元々の月額料金は、どれを選んでも550円前後の違いしかありません

だったら、「セット割引」によって1100円以上の割引を受ける方が断然お得です。

上記で紹介した、2年間に実質支払う料金が少ない光回線とスマホ割が万が一適応になる場合、これほどないおすすめの光回線となります。

3:「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

基本的には、先ほどお伝えした通り実質支払う料金で決める+スマホ割が適応になればなおさらいい!という形で選ぶのがおすすめです。

しかし、もっと詳しく吟味して選びたいという方もいると思います。

 

そんなアナタは、まずは「光回線を契約する時に何をいちばん重視するか」考えてみましょう!

ポイント : 光回線選びの判断基準
  • 月額料金
  • 通信速度
  • キャンペーン(キャッシュバック)

大枠として、このようになると思います。 先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

  • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
  • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
  • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。
月額料金 速度 キャンペーン
auひかり
ソフトバンク光
ドコモ光
NURO光

基本は最初にお伝えした通り、料金で選ぶがのおすすめです!

さらに、速度面を重視したい方にも「auひかり」がおすすめです。 auひかりはKDDIの独自回線を用いており、圧倒的な安定と速度を誇っています。

 

また、auユーザーならセット割を受けることもできるので、スマホがauなら非常におすすめの光回線です。

 

ただし、auひかりでなくても先ほどおすすめした4つの回線ならすべて十分な回線速度を持っています。

また、速度を満足に出すための「IPv6接続」もすべての光回線で利用できます。

そのため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

IPv6接続とは?
「IPv6接続」とは、IPアドレスの接続方法の名称です。
以前はIPv4接続が利用されていましたが、アドレスは有限であるため接続アドレスが枯渇してしまい、速度が遅くなってしまいました。

そこで登場したのがIPv6接続というわけです。

光回線を利用していて、速度が遅いと言っている人はIPv6接続をしていないケースがほとんどです。
口コミや評判だとアップロード速度が100Mbps以上出るはずなのに、ダウンロード速度すら1Mbpsや10Mbps前後の人はまさしくそうだといえるでしょう。

通常はダウンロードの方が速いものです。 IPv6接続もアドレス数は一応有限なのですが、ほとんど無限に近いIPアドレスを取得できますので、同様の理由で速度が落ちる心配はないと言って良いでしょう。
それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

(2) おすすめの光回線4選

それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきたいと思います。

 

各光回線は申し込み窓口が「公式」「プロバイダ」「代理店」と3つありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

「代理店」の月額料金の表記に要注意!
たいていの場合、申し込み窓口は「代理店サイト」で申し込むとキャンペーンが充実していることがほとんどです。

ただ注意が必要で、月額料金の表記がキャッシュバックした金額を絡めた表記になってることが多く、「表記されてる月額料金」+「キャッシュバック」が貰えると勘違いされる場合があります。

さらに、キャッシュバックするには厳しい条件があったりします。

例:「貰える時期が遅い」「オプションサービスの加入が必要」「手続きを忘れる内容」 当研究所で紹介する窓口は、 「貰える時期は開通から最短(2~3ヶ月後振込)」 「オプションサービス不要」 「手続きは申込時か開通前にできる」 と3拍子揃った条件+「最高額」で紹介します。

当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

提供元:auひかり公式代理店「NNコミニケーション」

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大2Gbps 一戸建て 5,610円
マンション 4,180円
16,500円 0円
  • 工事費無料キャンペーン
  • キャッシュバック複数あり
  • 他社違約金キャッシュバック

*初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

auひかりは、NTT回線を借りているのではなく、独自の光回線を所有しています。

最大2Gbpsの回線速度を有しており、速度ならNURO光の次に定評があります。auひかりのメリットを簡単にまとめてみましょう。

ポイント : auひかりのメリット
  1. 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
  2. 月額料金が安め
  3. au携帯ならセット割引「スマートバリュー」を使ってさらに安く利用できる
  4. キャッシュバック金額業界No.1!!

auひかりのもう一つの特徴は、デメリットがあまりないことです。

ここまでデメリットの少ない光回線はありません!

唯一のデメリットは、解約時に回線の撤去工事が必須であるため、解約時にかかる費用が少々高めなことくらいです。

ポイント : auひかりのデメリット
  • 解約時にかかる費用が高い

このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

キャッシュバックの手厚さがいちばんの特徴で、 公式のキャンペーンで「違約金キャッシュバック最大30,000円」+「上乗せキャッシュバック25,000円」がもらえる上、さらにプラスして代理店からのキャッシュバックまで貰えます。

au公式代理店「NNコミュニケーションズ」なら上記の公式キャンペーンのほかに、オプションなし、開通2ヶ月後振込52,000円キャッシュバックしてくれます。

auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大1Gbps 一戸建て 5,720円
マンション 4,180円
10,500円 0円*1
  • 工事費用キャッシュバック
  • 他社違約金キャッシュバック
  • 新生活応援キャッシュバック
  • 開通前WiFiレンタル無料

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。
*1 引越し先で契約する場合、乗り換えで契約する場合に限ります。 (例:今住んでるところで、ネット契約ない場合にソフトバンク光を申し込んだら工事費用が2,200〜26,400円かかります。)

 

ソフトバンク光は、キャンペーンに力を入れてる会社で「他社から乗り換え」「引っ越し先で新規で契約」する方にとって最高のキャンペーンを用意しています。

キャンペーン キャッシュバック金額 適用条件
①新生活応援キャンペーン 24,000円or工事費0円 引っ越し先で新規に契約
②乗り換え新規キャンペーン 24,000円or工事費0円 他社回線から新規に契約
③安心乗り換えキャンペーン(違約金全般負担) 最大10,0000円まで 他社の解約明細の提出
④正規代理店エヌズカンパニー 37,000円(開通2ヶ月後) なし

違約金負担を抜かしても、①+②+④キャンペーン併用でオプションなしでも85,000円分キャンペーンで還元してくれます。

また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。 エヌズカンパニーならキャッシュバック金額が業界最大で、手続きも申し込み時に済ませるので翌月末に受け取ることができます。

 

しかも、 ソフトバンク光のキャンペーンと代理店のキャンペーンを両方受けとれるので非常におすすめです!

ポイント : ソフトバンク光のメリット
  • いちばんの魅力は豊富なキャンペーン!
  • 代理店エヌズカンパニー経由で申し込めば、オプションの利用なしでも最大85,000円ものキャッシュバックが受けられる
  • 開通前にモバイルルーターのレンタルが無料で受けられるので、申し込んだ翌日からネット利用が可能になる
  • 家族で複数台ソフトバンクスマホを利用していれば、それぞれの月額料金がセット割引で安くなる
ポイント : ソフトバンク光のデメリット
  • 同一名義では対象外となってしまう
  • 工事が必要だった場合、工事費用が有料になる
※工事費用は2,200〜26,400円です。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

提供元:ドコモ光正規代理店

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大1Gbps 一戸建て 5,720円
マンション 4,400円
一戸建て 14,300円
マンション 8,800円
0円
  • 工事費無料キャンペーン
  • 20,000円キャッシュバック
  • dポイント5,000Pt付与
  • 開通前WiFiレンタル無料
  • 無線ルーター無料

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

ドコモ光は、光回線の中ではキャッシュバックが多くない光回線です。 ただ、スマホ割との相性が一番いい光回線でもあります。 その理由は、ドコモ光の継続年数によって割引金額が大きくなっていくからです!!

そのため、
  • 携帯をドコモで長期利用してる方
  • 特に、今後携帯をドコモから乗り換える予定がない方
には絶対におすすめです!!

さらにドコモ光の公式特典として、dポイントが5,000Ptもらえるのでドコモユーザーなら間違いありません。 そして、ドコモ光を選ぶのなら絶対に外せないポイントがあります。

ポイント : ドコモ光とお得に契約する方法
  1. オプションなしで20,000円貰える代理店「GMOとくとくBB」で申し込みをする

代理店「GMOとくとくBB」で契約すると、キャッシュバックをオプション不要で最高額20000円受け取れ、無線ルーターも高性能のものが無料で利用できます。

 

プロバイダで直接申し込むよりキャッシュバック金額は5,000円低くなりますが、 プロバイダだと半年後になってから手続きをする必要がありますので面倒ですし、もし忘れてしまったら全くキャッシュバックを受けられません。

 

それでしたら簡単&確実に貰える「GMOとくとくBB」での契約がおすすめです。

最安値・最高速度でみんなにおすすめしたいが開通まで2ヶ月のデメリットの「NURO光」

提供元:NURO光公式

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大2Gbps 5,217円 10,500円 0円
  • 45,000円キャッシュバック
  • 無線ルーター永年無料

*初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

NURO光は、速度に特化した光回線になり、NTTと違い独自の光回線を提供しています。 そのため、光回線の中でも速度の口コミや評判が高いです。 NURO光の特徴となるメリット・デメリットは以下の通りです。

ポイント : NURO光のメリット
  • 光回線最安値!
  • 独自回線により、圧倒的スピードNo.1!
  • 無条件45,000円の高額キャッシュバック!!
  • 最短で開通後2ヶ月でキャッシュバック受け取り可能
  • IPv6接続可能な無線ルーターを無料レンタルできる
  • ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割でNURO光の月額料金が安くなる
ポイント : NURO光のデメリット
  • 他社光回線と違い、工事が必ず2回必要
  • そのため、申し込みから開通まで1〜2ヶ月はかかってしまう
  • エリアが限られており、利用したくてもできない場合もある
  • 家族で複数台のソフトバンクスマホを持っていても、1,100円までしか安くならない

以上がNURO光のメリットとデメリットです。 やはり、料金と回線速度を重視しなら必ず検討したい光回線だといえます。

ただ、開通までに2ヶ月程度かかり2回の工事をしないといけないために非常にハードルの高い光回線でもあります。

また利用できる条件も厳しいので、実際に対象エリアに住んでいても契約できない人も結構いるとか。。。

 

 

もし、対象エリアに住んでいて2ヶ月待てるのであれば、NURO光は高額キャッシュバックが「無条件」かつ「最短6ヶ月」で受けられるのも非常に嬉しいポイントです。

特に、ソフトバンクユーザーなら割引も受けれるので、非常に魅力的な選択肢ですね!

(3) おすすめの光回線選びまとめ

4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!!

ポイント : 自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
  • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
  • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
  • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (GMOとくとくBBから申し込み)
  • 料金・速度が最上級!エリア対象内なら → NURO光(公式サイトから申し込み)

これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです!! 是非参考にしてみてください!

 

J:COMネットによくある問い合わせ

J:COMネットを検討されている方向けに気になる点をまとめました。

  • 通信速度が遅い時の対処方法は?
  • J:COM テレビサービスは何が視聴できる?
  • 無線ルーターは無料?
  • 申し込み方法
  • 解約方法
  • 問い合わせ先

以上の点について、具体的なポイントや解決策を簡単にご紹介します。

Q.J:COMネットの通信速度が遅い場合の対処方法は?

  • 利用する時間帯を変える
  • 速度の早いプランに変更する
  • J:COMのサポートに相談する

などの対処法があります

最初にご紹介した通り、マンションでのJ:COMネットは光回線だけでなく同軸ケーブルを経由するためどうしても通信速度が低下します。

この状況で通信速度を上げるために自分でできることは『通信する時間帯を変える』という事です。

回線を共有する人数を減らす事が目的なので、人が起きている・活動している時間帯を避けると速度が上がりやすいと言われています。

それでも遅い場合はJ:COMネットでは回線速度に応じて契約プランが分かれていますので、回線速度が速いプランに変更してみてください。

回線速度が速いプランでも遅く感じる場合はケーブルが損傷している可能性も浮かんできます。

同軸ケーブルですので滅多にありませんが、心配な方はJCOMサポートに相談してみましょう。

Q.J:COMのテレビサービスは何が視聴できる?

J:COMが提供するCATV番組の視聴が可能です

具体的には

  • 洋画・邦画・アニメ
  • 海外・国内ドラマ
  • 韓流・アジアドラマ
  • スポーツ・音楽・エンタメ
  • 生活・趣味・教養

などのチャンネルの視聴が可能です。

また、契約プランによって見たいチャンネルが限定されてますのでご注意ください。

Q.J:COMネットの無線ルーターは無料?

有料です

J:COMネットでは無線ルーターは無料ではありません。

J:COMネットの無線ルーターを利用する場合、JCOM WIFIもしくはJCOM メッシュWIFIに申し込む必要があります。

料金は下記のとおりです。

オプションプラン 月額料金
J:COM Wi-Fi 550円
J:COM メッシュWi-Fi 880円

ただし『J:COM WIFI』はスマートお得プランまたはスマートお得セレクトに加入していると無料で利用が可能です。

Q.J:COMネットの申し込み方法は?

WEBまたは電話から申し込めます

各種窓口はこちらの通りです。

WEBからの申し込み:新規申し込みHP

電話申し込み相談窓口:0120-989-970

Q.解約方法は?

WEBまたは電話から解約できます

途中解約の場合は違約金が発生するのでご注意ください。

契約プランによって違約金の額が変わりますが、最大で22000円発生します。

解約を検討されている方は別途更新時期の確認がJCOMのマイページでできますのでご利用ください。

各種窓口はこちらの通りです。

WEBからの解約手続き:解約申し込みHP

解約申し込み窓口:0120-914-000

Q.J:COMネット問い合わせ先一覧

新規申し込み

解約申し込み

J:COMネットのまとめ

J:COMネットについて解説してきましたが如何でしょうか?

J:COMネットはネット回線のみで利用すると月額利用料が高額になりますのでおすすめしません。

J:COMネットはテレビや電話などのセット契約で真価を発揮するサービスです。

J:COMネットはケーブルテレビとセット利用することで割引特典などが適用されるようになっています。

新規申し込みの際はテレビや電話などのセットプランで申し込みを前提で検討するのがおすすめです。

J:COMネットはFTTN方式のサービスですのでFTTH方式に比べると回線速度は遅くなります。

通信速度の遅いプランで契約中の場合、通信速度が速いプランに変更する事で改善される場合があります。

また、J:COMネットではマンション向けのサービスとしてJ:COMネットIn My Roomがあります。

J:COMネットIn My Roomでは導入している物件のオーナーが既にJ:COMネットに契約料などを支払っていますので基本無料もしくは特別料金でネットやケーブルテレビが利用可能です。

引っ越しなどを検討されている方は公式HPでJ:COMネットIn My Roomが導入されている物件を調べることが出来ますので、導入している物件を探してみては如何でしょうか?

引っ越しの際に発生する回線工事費や契約料をかなり抑えることができますのでおすすめです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる