ぷらら光の評判!他のユーザーの口コミやメリット・デメリットを徹底解説!

ぷらら光を使おうか悩んでいて、評判が気になる!

「ぷらら光の料金や速度はどうなの?」

「ぷらら光を実際に使っている人の口コミなどの声が知りたい」

光回線は一度契約すると長期的に使うため、絶対に失敗したくないと考えている方は多いのではないでしょうか。

インターネットの回線にはさまざまな会社があるので、その中から自分にあった会社を選びたいですよね。

今回は数ある光回線の中から『ぷらら光』について、以下のような観点からご紹介していきます。

ぷらら光の評判の記事の要約
  • 月額料金
  • 速度
  • 口コミや評判
  • メリット・デメリット

ぷらら光は自分にとって相性の良い光回線なのか?

記事を読みながら検討していただける内容となっていますので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

目次

ぷらら光とは?3つの特徴について

提供元:ぷらら光公式

ぷらら光は、2015年2月から始まった、ドコモで有名なNTTが提供している『光コラボ』サービスのうちの1つです。

『光コラボ』とはNTT系列の企業NTTぷららがNTTのフレッツ光と同じ回線を使用することで速度・品質を据え置いたまま各プロバイダ(回線業者)が光回線を提供できるサービスのこと。

ぷらら光の販売元は『NTTぷらら』で、フレッツ光のオプションとして提供されている 『ひかりTV』の配信元の会社でもあります。

ぷらら光には以下のような特徴があります。

  • 料金プランは『ひかりTVセット』が安い
  • 最高速のiPv6の高速回線
  • 最低利用期間の縛りのない解約金0円の光回線

ここからは以上の特徴ごとに掘り下げてご紹介していきますね!

ぷらら光の月額料金|ひかりTVセットが安い!

まずはぷらら光の料金からご紹介します。

戸建てタイプ マンションタイプ
月額料金 5,280円 3,960円

ぷらら光は『戸建て』と『マンション(集合住宅)』の2種類のみのシンプルなプラン設計になっています。

光回線でプロバイダ料金込みとしては標準的な価格ですね。

ぷらら光ならではの料金的な特徴は『ひかりTV』をセットで契約した時の料金が安いことが挙げられます。

ひかりTVは光回線経由で視聴できるテレビサービスで、いわゆる『スカパー!』のような有料チャンネルを楽しむものです。

地上波デジタル放送やBSデジタル放送も視聴できるので、テレビアンテナがないご家庭で地上波デジタル放送を視聴可能にします。

ひかりTVのプラン料金は以下の通りです。

ひかりTV 定価 2ねん割
お値うちプラン 3,850円 2,750円
テレビおすすめプラン 2,750円 1,650円
ビデオざんまいプラン 2,750円 1,650円

ぷらら光のひかりTVセットは、以上の価格からそれぞれ660円引きになります。

年間7,920円の差がありますから、ひかりTVの契約を考えている方にとってはとってもお得ですね!

一方でひかりTVの契約を考えていない方にとってはこれといってメリットがあるわけではありません。

ぷらら光の速度|最高速のiPv6の高速回線のv6エクスプレスの料金は無料

ぷらら光では、高速通信に対応した新しい通信規約『IPv6』に無料で対応しています。

一言で『IPv6対応』と言っても様々なパターンがあるのですが、その中でももっとも高速なIPoE方式を採用しているため、速度面では不満を感じにくい設計になっています。

回線速度が速いことで有名なドコモ光やソフトバンク光なども同様のIPoE方式を採用しているので、ぷらら光も速度に関しては問題なく使用することができますよ!

もちろん従来のIPv4での接続も可能なので、IPv6に対応していない環境でも利用できるのでご安心くださいね。

ぷらら光の解約金|利用期間の制限や解約金なし!

ぷらら光は定期契約がないので解約金が0円です。

多くの光回線では、2年契約3年契約といった最低利用期間が定められており契約期間を設けることで月額料金が安くなります。

しかしぷらら光は最低利用期間がないにも関わらず月額料金は相場程度の価格帯で提供しています。

長い付き合いになる光回線と言えど「解約を視野に入れつつ契約したい」という方は少なからずいますよね。

そんな方にとって、定期契約や解約金のシステムがなく相場価格で利用できるぷらら光はピッタリの光回線と言えます。

ぷらら光の口コミや評判『メリット・デメリット』

ぷらら光に契約するにあたり、気になるのは表向きの料金や通信速度だけではありません。

実際のユーザーの声を聞くとWEBサイトを見るだけではわからない事実がわかることもありますよね!

そこで、ここからはぷらら光の口コミを元にメリットとデメリットについてご紹介していきます。

ぷらら光のメリット

Twitterでのぷらら光のいい口コミについて調べたところ

  • ひかりTV エントリープランが標準装備
  • IPv6対応のルーターが無料レンタル

    という口コミがいくつかありました。

    これらの口コミはすべてぷらら光のメリットに直結していますね!

    それでは、それぞれ見てみましょう。

    メリット① ひかりTVエントリープランが標準装備

    ぷらら光の料金についてでご紹介したようにぷらら光は『ひかりTV』が安く利用できます。

    それに加え、スマホやタブレットからひかりTVで配信された番組が視聴できる『ひかりTVエントリープラン』が無料で標準装備されています。

    気になった番組や話題の番組を放送後から見たくなることはよくありますよね。

    今時は動画配信サービスを契約している方も多いですが、ひかりTVエントリープランがある事によって「別途動画配信サービスを契約しなくても気になる番組がチェックできた」という事もあるようです。

    メリット② IPv6対応のルーターが無料レンタル

    ぷらら光も対応しているIPv6を利用するためにはIPv6に対応しているWi-Fiルーターが必要です。

    Wi-Fiルーターは自前で用意するほか、プロバイダや光回線からレンタルするといった手段がありますが、ぷらら光ではIPv6対応のWi-Fiルーターのレンタルが無料です。

    これから光回線を始める方や、今お使いのWi-Fiルーターが旧型でIPv6未対応の場合などにとっては嬉しいメリットですね!

    ぷらら光のデメリット

    同じようにTwitterで悪い口コミを調べてみた結果、

    • 営業電話がしつこい
    • 解約がうまくいかない
    • 回線が重い・つながらない

      などの悪い口コミがほとんどを占めていました。

      具体的にどんな口コミがあったのがご紹介していきますね。

      デメリット① 営業電話がしつこい

      「営業電話がしつこい」という口コミが発見できました。

      そもそも営業電話がかかってくること自体が不愉快という方も多いのではないでしょうか。

      その上何度もしつこくかかってくるとなると、どんなにサービスがよくても契約する気が失せてきますよね。

      また、営業電話に関して個人情報の扱いについて疑問を感じる声もありました。

      解約した後も営業電話がかかり続けるのは確かに困ります。

      デメリット② 解約がうまくいかない

      解約に関する悪い口コミもありました。

      ネットでの解約ができないうえに、カスタマーセンターに1時間半もつながらないとなると、安心して契約するのは難しいですね。

      ただ最低利用期間がないので解約金がかからないのは救いですね。

      デメリット③ 回線が重い・つながらない

      ぷらら光の口コミの中でももっとも多かったのが回線速度に関する口コミでした。

      2.9Mbpsはさすがに遅すぎますね。混雑中の格安SIMと同レベルの通信速度なので、体感でわかるくらい遅いはずです。

      せっかく光回線を契約しているのに格安SIMクラスの通信速度では契約する意味がありません。

      ですがあくまで遅くなる可能性もあるということで、いつも遅い訳ではないようです。

      ぷらら光を解約する際の注意点

      ご紹介してきた内容からわかる通り、ぷらら光はメリットよりもデメリットが多くおすすめできる光回線とは言えません。

      現在ぷらら光を契約中の方には他の光回線の検討もおすすめします。

      そこで、ぷらら光を解約するにあたり注意しておきたいことをまとめました。

      • ひかりTVの解約は別
      • 契約内容によっては違約金が発生する
      • レンタルしたWi-Fiルーターは返却が必要

      これらの注意点について、具体的なポイントを解説していきますね。

      ぷらら光解約の注意点① ひかりTVの解約は別

      ぷらら光とひかりTVは契約自体が別物です。

      ぷらら光を解約しただけではひかりTVの解約にはならないので注意しましょう。

      ぷらら光を解約してもNTTの光回線(フレッツ光または光コラボ回線)に乗り換えればひかりTVは利用可能です。

      その際はぷらら光のセット割は適用外となります。

      なお、NURO光やauひかりといったNTT以外の回線を使用した光回線では利用できないのでご注意ください。

      ぷらら光解約の注意点② 契約内容によっては違約金が発生する

      キャッシュバックキャンペーンを利用して契約した場合など、契約内容によっては解約違約金が発生します。

      ちなみに現在契約可能なキャンペーンの契約期間と違約金は以下の通りです。

      キャンペーン 契約期間 違約金
      ぷらら光 新規お申し込みで最大55,000円キャッシュバック! 3年 35,000円
      ぷらら光 転用・事業者変更でのお申し込みで、最大30,000円キャッシュバック! 2年 10,000円

      ぷらら光の基本的なプランには契約期間の縛りはありませんが、キャンペーンを適用した場合には開通から何ヶ月経過しているかをよく確認しましょう。

      また、ひかりTVを解約する方はそちらにも注意が必要です。

      ひかりTVで2ねん割を適用している場合、契約から2年以内の解約は10,000円の違約金が発生します。

      ぷらら光解約の注意点③ レンタルしたWi-Fiルーターは返却が必要

      ぷらら光でWi-Fiルーターをレンタル中の方は、解約と同時にWi-Fiルーターの返却が必要です。

      返却しない・できない場合には端末相当の手数料が請求される可能性があります。

      返却先は以下の通りです。

      〒272-0001
      千葉県市川市二俣717-88 NTTロジスコ千葉センタ

      NTTぷらら配送管理センター

      返却時の送料は契約者負担となるのでご注意ください。

      ぷらら光の他に検討したいおすすめの光回線

      ここまでの評判を見てぷらら光の他にも光回線を探してみたいと感じた方もいるはずです。

      そこで、ここからはぷらら光以外のおすすめ光回線をいつかご紹介します。

      オススメの光回線はどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

      • 「自分にあった光回線はどれ?」
      • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
      • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

      そんな迷いをお持ちのアナタへイチオシの光回線について詳しく解説します!

      絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いたします!

       

      (1) 光回線選び方のポイント

      光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

      ポイント : 光回線の選び方
      1. シンプルに2年間の月額支払い料金が安い物を選ぶ
      2. スマホとのセット割」で選ぶ
      3. 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ
      それでは、詳しく解説しましょう。

      1:シンプルに2年間の支払い総額の安いものから選ぶ

      『ahamo』『LINEMO』『Povo』などスマホ割の適応にならない新料金プランが大手三社から発表されています。

       

      スマホ割は基本的にスマホ料金の節約となり、光回線の料金が安くなるわけではなりません! 家計のスマホや光回線などの通信費を安くするのであれば『スマホ料金の節約』+『安い光回線』が一番、あなたの財布の支出が減ります!

      2:基本はシンプルに「スマホとのセット割」で選ぶ

      光回線選びで最も重視すべきなのは「料金」です。 理由は簡単で、光回線であればどこを選んでも速度面が問題になることは少ないからです。

      そして、料金が安いものは上記で解説しまいたが、携帯のプランを変更などが面倒であれば光回線とスマホのキャリアを合わせることで「セット割引」を受けるのがお得な選択肢です!

      光回線 携帯キャリア 割引台数 割引額
      ドコモ光 ドコモ 最大20回線 1台/最大1,100円
      ソフトバンク光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
      NURO光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
      auひかり au 最大10回線 1台/最大1,100円
      So-net光プラス au 最大10回線 1台/最大1,100円
      @nifty光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
      BiGLOBE光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
      enひかり UQモバイル 1回線 110円

      光回線の元々の月額料金は、どれを選んでも550円前後の違いしかありません

      だったら、「セット割引」によって1100円以上の割引を受ける方が断然お得です。

      上記で紹介した、2年間に実質支払う料金が少ない光回線とスマホ割が万が一適応になる場合、これほどないおすすめの光回線となります。

      3:「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

      基本的には、先ほどお伝えした通り実質支払う料金で決める+スマホ割が適応になればなおさらいい!という形で選ぶのがおすすめです。

      しかし、もっと詳しく吟味して選びたいという方もいると思います。

       

      そんなアナタは、まずは「光回線を契約する時に何をいちばん重視するか」考えてみましょう!

      ポイント : 光回線選びの判断基準
      • 月額料金
      • 通信速度
      • キャンペーン(キャッシュバック)

      大枠として、このようになると思います。 先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

      ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

      • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
      • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
      • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。
      月額料金 速度 キャンペーン
      auひかり
      ソフトバンク光
      ドコモ光
      NURO光

      基本は最初にお伝えした通り、料金で選ぶがのおすすめです!

      さらに、速度面を重視したい方にも「auひかり」がおすすめです。 auひかりはKDDIの独自回線を用いており、圧倒的な安定と速度を誇っています。

       

      また、auユーザーならセット割を受けることもできるので、スマホがauなら非常におすすめの光回線です。

       

      ただし、auひかりでなくても先ほどおすすめした4つの回線ならすべて十分な回線速度を持っています。

      また、速度を満足に出すための「IPv6接続」もすべての光回線で利用できます。

      そのため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

      IPv6接続とは?
      「IPv6接続」とは、IPアドレスの接続方法の名称です。
      以前はIPv4接続が利用されていましたが、アドレスは有限であるため接続アドレスが枯渇してしまい、速度が遅くなってしまいました。

      そこで登場したのがIPv6接続というわけです。

      光回線を利用していて、速度が遅いと言っている人はIPv6接続をしていないケースがほとんどです。
      口コミや評判だとアップロード速度が100Mbps以上出るはずなのに、ダウンロード速度すら1Mbpsや10Mbps前後の人はまさしくそうだといえるでしょう。

      通常はダウンロードの方が速いものです。 IPv6接続もアドレス数は一応有限なのですが、ほとんど無限に近いIPアドレスを取得できますので、同様の理由で速度が落ちる心配はないと言って良いでしょう。
      それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

      (2) おすすめの光回線4選

      それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきたいと思います。

       

      各光回線は申し込み窓口が「公式」「プロバイダ」「代理店」と3つありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

      「代理店」の月額料金の表記に要注意!
      たいていの場合、申し込み窓口は「代理店サイト」で申し込むとキャンペーンが充実していることがほとんどです。

      ただ注意が必要で、月額料金の表記がキャッシュバックした金額を絡めた表記になってることが多く、「表記されてる月額料金」+「キャッシュバック」が貰えると勘違いされる場合があります。

      さらに、キャッシュバックするには厳しい条件があったりします。

      例:「貰える時期が遅い」「オプションサービスの加入が必要」「手続きを忘れる内容」 当研究所で紹介する窓口は、 「貰える時期は開通から最短(2~3ヶ月後振込)」 「オプションサービス不要」 「手続きは申込時か開通前にできる」 と3拍子揃った条件+「最高額」で紹介します。

      当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

      提供元:auひかり公式代理店「NNコミニケーション」

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大2Gbps 一戸建て 5,610円
      マンション 4,180円
      16,500円 0円
      • 工事費無料キャンペーン
      • キャッシュバック複数あり
      • 他社違約金キャッシュバック

      *初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

      auひかりは、NTT回線を借りているのではなく、独自の光回線を所有しています。

      最大2Gbpsの回線速度を有しており、速度ならNURO光の次に定評があります。auひかりのメリットを簡単にまとめてみましょう。

      ポイント : auひかりのメリット
      1. 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
      2. 月額料金が安め
      3. au携帯ならセット割引「スマートバリュー」を使ってさらに安く利用できる
      4. キャッシュバック金額業界No.1!!

      auひかりのもう一つの特徴は、デメリットがあまりないことです。

      ここまでデメリットの少ない光回線はありません!

      唯一のデメリットは、解約時に回線の撤去工事が必須であるため、解約時にかかる費用が少々高めなことくらいです。

      ポイント : auひかりのデメリット
      • 解約時にかかる費用が高い

      このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

      キャッシュバックの手厚さがいちばんの特徴で、 公式のキャンペーンで「違約金キャッシュバック最大30,000円」+「上乗せキャッシュバック25,000円」がもらえる上、さらにプラスして代理店からのキャッシュバックまで貰えます。

      au公式代理店「NNコミュニケーションズ」なら上記の公式キャンペーンのほかに、オプションなし、開通2ヶ月後振込52,000円キャッシュバックしてくれます。

      auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

      auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大1Gbps 一戸建て 5,720円
      マンション 4,180円
      10,500円 0円*1
      • 工事費用キャッシュバック
      • 他社違約金キャッシュバック
      • 新生活応援キャッシュバック
      • 開通前WiFiレンタル無料

      *初期費用が別途3,300円かかります。
      *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。
      *1 引越し先で契約する場合、乗り換えで契約する場合に限ります。 (例:今住んでるところで、ネット契約ない場合にソフトバンク光を申し込んだら工事費用が2,200〜26,400円かかります。)

       

      ソフトバンク光は、キャンペーンに力を入れてる会社で「他社から乗り換え」「引っ越し先で新規で契約」する方にとって最高のキャンペーンを用意しています。

      キャンペーン キャッシュバック金額 適用条件
      ①新生活応援キャンペーン 24,000円or工事費0円 引っ越し先で新規に契約
      ②乗り換え新規キャンペーン 24,000円or工事費0円 他社回線から新規に契約
      ③安心乗り換えキャンペーン(違約金全般負担) 最大10,0000円まで 他社の解約明細の提出
      ④正規代理店エヌズカンパニー 37,000円(開通2ヶ月後) なし

      違約金負担を抜かしても、①+②+④キャンペーン併用でオプションなしでも85,000円分キャンペーンで還元してくれます。

      また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。 エヌズカンパニーならキャッシュバック金額が業界最大で、手続きも申し込み時に済ませるので翌月末に受け取ることができます。

       

      しかも、 ソフトバンク光のキャンペーンと代理店のキャンペーンを両方受けとれるので非常におすすめです!

      ポイント : ソフトバンク光のメリット
      • いちばんの魅力は豊富なキャンペーン!
      • 代理店エヌズカンパニー経由で申し込めば、オプションの利用なしでも最大85,000円ものキャッシュバックが受けられる
      • 開通前にモバイルルーターのレンタルが無料で受けられるので、申し込んだ翌日からネット利用が可能になる
      • 家族で複数台ソフトバンクスマホを利用していれば、それぞれの月額料金がセット割引で安くなる
      ポイント : ソフトバンク光のデメリット
      • 同一名義では対象外となってしまう
      • 工事が必要だった場合、工事費用が有料になる
      ※工事費用は2,200〜26,400円です。

      ドコモユーザーなら「ドコモ光」

      提供元:ドコモ光正規代理店

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大1Gbps 一戸建て 5,720円
      マンション 4,400円
      一戸建て 14,300円
      マンション 8,800円
      0円
      • 工事費無料キャンペーン
      • 20,000円キャッシュバック
      • dポイント5,000Pt付与
      • 開通前WiFiレンタル無料
      • 無線ルーター無料

      *初期費用が別途3,300円かかります。
      *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

      ドコモ光は、光回線の中ではキャッシュバックが多くない光回線です。 ただ、スマホ割との相性が一番いい光回線でもあります。 その理由は、ドコモ光の継続年数によって割引金額が大きくなっていくからです!!

      そのため、
      • 携帯をドコモで長期利用してる方
      • 特に、今後携帯をドコモから乗り換える予定がない方
      には絶対におすすめです!!

      さらにドコモ光の公式特典として、dポイントが5,000Ptもらえるのでドコモユーザーなら間違いありません。 そして、ドコモ光を選ぶのなら絶対に外せないポイントがあります。

      ポイント : ドコモ光とお得に契約する方法
      1. オプションなしで20,000円貰える代理店「GMOとくとくBB」で申し込みをする

      代理店「GMOとくとくBB」で契約すると、キャッシュバックをオプション不要で最高額20000円受け取れ、無線ルーターも高性能のものが無料で利用できます。

       

      プロバイダで直接申し込むよりキャッシュバック金額は5,000円低くなりますが、 プロバイダだと半年後になってから手続きをする必要がありますので面倒ですし、もし忘れてしまったら全くキャッシュバックを受けられません。

       

      それでしたら簡単&確実に貰える「GMOとくとくBB」での契約がおすすめです。

      最安値・最高速度でみんなにおすすめしたいが開通まで2ヶ月のデメリットの「NURO光」

      提供元:NURO光公式

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大2Gbps 5,217円 10,500円 0円
      • 45,000円キャッシュバック
      • 無線ルーター永年無料

      *初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

      NURO光は、速度に特化した光回線になり、NTTと違い独自の光回線を提供しています。 そのため、光回線の中でも速度の口コミや評判が高いです。 NURO光の特徴となるメリット・デメリットは以下の通りです。

      ポイント : NURO光のメリット
      • 光回線最安値!
      • 独自回線により、圧倒的スピードNo.1!
      • 無条件45,000円の高額キャッシュバック!!
      • 最短で開通後2ヶ月でキャッシュバック受け取り可能
      • IPv6接続可能な無線ルーターを無料レンタルできる
      • ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割でNURO光の月額料金が安くなる
      ポイント : NURO光のデメリット
      • 他社光回線と違い、工事が必ず2回必要
      • そのため、申し込みから開通まで1〜2ヶ月はかかってしまう
      • エリアが限られており、利用したくてもできない場合もある
      • 家族で複数台のソフトバンクスマホを持っていても、1,100円までしか安くならない

      以上がNURO光のメリットとデメリットです。 やはり、料金と回線速度を重視しなら必ず検討したい光回線だといえます。

      ただ、開通までに2ヶ月程度かかり2回の工事をしないといけないために非常にハードルの高い光回線でもあります。

      また利用できる条件も厳しいので、実際に対象エリアに住んでいても契約できない人も結構いるとか。。。

       

       

      もし、対象エリアに住んでいて2ヶ月待てるのであれば、NURO光は高額キャッシュバックが「無条件」かつ「最短6ヶ月」で受けられるのも非常に嬉しいポイントです。

      特に、ソフトバンクユーザーなら割引も受けれるので、非常に魅力的な選択肢ですね!

      (3) おすすめの光回線選びまとめ

      4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!!

      ポイント : 自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
      • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
      • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
      • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (GMOとくとくBBから申し込み)
      • 料金・速度が最上級!エリア対象内なら → NURO光(公式サイトから申し込み)

      これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです!! 是非参考にしてみてください!

       

      ぷらら光の気になる問い合わせ先とQ&A

      おすすめのプロバイダについて紹介してきました。ご紹介した5社と比較して、ぷらら光はおすすめしづらいと言えます。

      とはいえ『ひかりTVの割引がきく』などメリットがあるのもまた事実。

      最後にぷらら光に興味がある方に向け、ぷらら光に関するQ&Aや問い合わせ先についてまとめたので、参考にしてみてくださいね。

      • 通信速度が遅い時の対処方法
      • Wi-Fiルーターの申し込み方法
      • ぷらら光の申し込み方法
      • マイページでできること
      • 引越し時の手続き
      • ぷらら光の解約方法
      • 問い合わせ先

        順に説明していきます。

        Q.ぷらら光の通信速度が遅い時の対処方法はある?

        • IPv6接続できているか再確認 ←最重要
        • 接続する時間帯を変える
        • 使用機器のスペックを見直す
        • 使用場所の環境を見直す

        意外と多い原因は「IPv6接続できていると思っていたらできていなかった」というケースです。

        Wi-Fiルーターが対応していなかったり、デバイス側が対応していなかったり、ぷらら光を契約したからといって必ずIPv6が使えるわけではありません。

        IPv6に対応した環境が用意できているか、改めて見直してみましょう。

        Q.ぷらら光でWi-Fiルーターを申し込む方法は?

        1. ぷらら光を申し込んでから約1週間で会員登録証が届く
        2. マイページからルーターレンタルを申し込む
        3. 約1週間でルーターが届く
        4. 光回線工事(インターネット開通)
        5. ルーターを繋いだら利用開始

        Wi-Fiルーターのレンタルは申し込みが必要です。

        上記の手順に沿って申し込みをすれば無料でWi-Fiルーターがレンタルできるので、ぜひご活用ください。

        Q.ぷらら光の申し込み方法は?

        1. 公式サイトトップページの「お申し込み」ボタンを押す
        2. ぷららの加入状況、光回線の利用状況(新規・転用)、住居タイプ(戸建て・マンション)を選択
        3. お客様情報を入力
        4. お支払い情報を入力
        5. 完了

        申込みが完了すると後日ぷららより工事の日程調整の電話がかかってくるので、立ち会いの可能な日を選びましょう。

        開通工事が完了すると利用開始です。

        Q.ぷらら光のマイページでできることは?

        • 利用料金の確認
        • ぷららポイント残高の確認
        • メールの件数確認
        • キャンペーン情報
        • セキュリティ情報

        マイページへのログインは、契約時に設定したIDとパスワードが必要です。

        Q.ぷらら光での引越し手続きは?

        1. 移転を申し込む
        2. 現住居での回線撤去工事の実施(任意)
        3. 引越し先での開通工事の実施

        引越し先でもぷらら光を新規契約した時と同様の開通工事が必要です。

        解約ではなく『移転』という扱いであるため、期間縛りのある契約中の方でも違約金を請求される事はありません。

        Q.ぷらら光の解約方法は?

        1. ぷららダイヤルに電話する
        2. オペレーターに解約したいと伝える
        3. 必要な情報を伝える(名前、住所、電話番号、お客さま番号)
        4. 回線撤去の工事日を決める
        5. レンタル品を返送する
        6. 回線撤去の工事をする(任意)
        7. 解約完了

        ぷらら光はインターネットによる解約手続きを行っていません。

        そのため、解約するには「ぷららダイヤル」への電話が必要です。

        Q.ぷらら光の問い合わせ先は?

        • フリーダイヤル:009192-33
        • ひかり電話から:0120-971-391(無料)
        • 携帯電話・公衆電話:050-7560-0033

        受付時間…10:00-19:00(年中無休)

        電話をかける際ユーザーID」もしくは「お客様番号」のどちらかが必要です。

        カスタマーセンターが混み合っていることがあるので、その場合はチャットサポートを利用しましょう。

        チャットサポートは10時~19時まではオペレーターが、それ以外はAIが24時間自動応答で回答してくれるサービスです。

        電話がつながらないなどのトラブルが発生しないので、チャットで解決できる内容ならおすすめです!

        ぷらら光の評判や口コミまとめ

        今回は光コラボのインターネット『ぷらら光』についてご紹介しました。

        ぷらら光には『ひかりTVがお得』『契約期間のないプラン料金は最安』といったメリットがある一方、口コミの評価はあまりよくありません。

        通信速度や営業電話の点からデメリットを挙げる方が多く、正直なところ「もっと他にも光回線の選択肢はある」というのが現状です。

        当サイトではぷらら光以外にもおすすめの光回線をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

        よかったらシェアしてね!

        コメント

        コメントする

        目次
        閉じる