iPhone14の発売は待つべき?2024年に買うべき後悔しないiPhoneはこれ

iPhone14 待つべきか

「iPhone14を待つべきか」

iPhoneを買い替えるタイミングって悩んでしまいますよね。

今回発売されたiPhoneのおすすめ機種であるiPhone14は買い替えるべきかどうか、この記事を参考にしてみてください。

  • iPhone14はカメラ性能がアップ
  • iPhone14はノッチが廃止
  • iPhone14はバッテリーが大幅アップ

本ページを読んで頂くことで、iPhone14について話題になっている最新情報はもちろん、iPhone14の発売を待たずして買い替えを行ったユーザーの感想まで見て取ることができます。

最新情報を知らずに新しいiPhoneを購入してしまうと、iPhone14まで待てばよかった…と後悔してしまうかもしれません。

買い替えてから後悔したくない、そんな方はぜひ本ページを最後までご覧ください!

オンラインの購入がおすすめ
  • 店頭で並ぶ必要がない
  • 手数料が掛からずに安く購入できる
  • オンライン限定で半額の50%で引きでiPhone14シリーズが購入できる

\auのキャンペーン|見逃し厳禁/

6月はauのキャンペーンがお得!

2023年9月22日に発売されたiPhone15。auのキャンペーンを利用することで実質負担金額32,740円(月々1,434円)でiPhone15が購入可能!(スマホトクするプログラム他社から乗り換えキャンペーン適用時)

 

他社からの乗り換えであれば最大22,000円引きで購入できるキャンペーンは、最新機種のiPhone15だけではなくコスパがいいと言われているiPhone14シリーズや最新のAndroid端末へも適用されます。

 

これから新しくスマホの購入を考えている方はauオンラインショプの公式サイトを確認することをおすすめします。

\期間限定キャンペーン/

最新のGoogle Pixel 8aのスマホが機種代金が最大16,500円値下げになるキャンペーンも実施しています。

 

この6月にスマホの買い替えを考えている方にとっておすすめのキャンペーンになります。

目次

iPhone14を一番お得に購入できるのはどこか購入料金・価格徹底比較!

iPhone14 128GB(新規・機種変更)の場合でシミュレーションをしてみました。

各キャリアにおいて、iPhone14の販売価格が異なり、割引金額も異なります。

キャリア
サービス
(クリックで詳細)
機種代金138,930円140,640円140,400円131,800円
割引金額 -69,240円-79,880円-70,200円-65,920円
支払金額69,690円60,760円70,200円65,880円

支払い金額だけを見た場合、iPhone14 128GBの最安値で購入できるのはauとなりますね。

また、端末だけの最安値を考えると楽天モバイルになります。

こちらはあくまで一例になりますので、まずはご自身が使用されているキャリアの料金を下記より確認してみましょう。

また、iPhone14 シリーズの料金の詳細については、下記の記事でまとめていますのでご確認していただけましたら嬉しいです。

iPhoneをアップルストアで購入するメリット・キャリアで購入する違いと使い方【ドコモ・ソフトバンク・au】

\auのキャンペーン|見逃し厳禁/

6月はauのキャンペーンがお得!

2023年9月22日に発売されたiPhone15。auのキャンペーンを利用することで実質負担金額32,740円(月々1,434円)でiPhone15が購入可能!(スマホトクするプログラム他社から乗り換えキャンペーン適用時)

 

他社からの乗り換えであれば最大22,000円引きで購入できるキャンペーンは、最新機種のiPhone15だけではなくコスパがいいと言われているiPhone14シリーズや最新のAndroid端末へも適用されます。

 

これから新しくスマホの購入を考えている方はauオンラインショプの公式サイトを確認することをおすすめします。

\期間限定キャンペーン/

最新のGoogle Pixel 8aのスマホが機種代金が最大16,500円値下げになるキャンペーンも実施しています。

 

この6月にスマホの買い替えを考えている方にとっておすすめのキャンペーンになります。

iPhone14の在庫状況!ドコモ・ソフトバンク・au・アップルストアの最新情報

​2024年現在の、各社在庫状況は以下の通りになっています。

2022年9月9日(金)21時〜予約開始となり、大手キャリアのオンラインストアでも予約を開始しています。

AppleStoreでの購入は、既に機種によってお届け日に差が出ています。

上位モデル(iPhone14Pro/Pro MAX)は、既に10月のお届けとなっていますね。

AppleStoreでの購入を検討されている方は、急いだほうがよさそうです。

iPhone14シリーズドコモauソフトバンクApple Store
iPhone 14128GB予約受付中予約受付中予約受付中
256GB予約受付中予約受付中予約受付中
512GB予約受付中予約受付中予約受付中
iPhone 14 Plus128GB予約受付中予約受付中予約受付中
256GB予約受付中予約受付中予約受付中
512GB予約受付中予約受付中予約受付中
iPhone 14 Pro128GB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間
256GB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間
512GB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間
1TB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間
iPhone 14 Pro Max128GB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間
256GB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間
512GB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間
1TB予約受付中予約受付中予約受付中
出荷日:1週間

大手キャリアの在庫状況は、更新され次第こちらにも反映させていきます。

いずれにしても、iPhone14シリーズは人気モデルとなる見込みのため、検討されている方は早めの予約がおすすめです。

2024年発売予定のiPhone14(無印/Plus/Pro/ProMax)を待つべき? 最新情報まとめ

iPhone14を待つべきか?悩みますよね。

日本時間9月8日にiPhone14の正式発表がありました。

それでは、2022年9月発売のiPhoneはどんなアップデートが行われたのか見ていきましょう!

  • iPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの4種類!miniは廃止
  • Pro/Pro MAXは4,800万画素に!
  • Pro/Pro Maxは「ノッチの廃止」と「ダイナミック アイランド」の誕生
  • バッテリーの持ちが大幅アップ

それぞれ見ていきましょう。

iPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの4種類!miniは廃止

2022年のAppleイベントで発表されたモデルは、iPhone 14/Plus/Pro/Pro Maxの4種類です。

噂されていた手のひらサイズの「mini」は廃止され、大画面の「Plus」が登場しました。

「Plus」の登場は2017年発売の「iPhone 8 Plus」以来、5年ぶりとなります。

ベーシックモデルは6.1インチの「iPhone 14」と6.7インチの「iPhone 14 Plus」の2モデル、プロモデルは6.1インチの「iPhone 14 Pro」と6.7インチの「iPhone 14 Pro Max」となっています。

それぞれの概要は以下の通りです。

スペックiPhone 14iPhone 14 Plus
カラーミッドナイト/スターライト/(PRODUCT)RED/ブルー/パープル
画面サイズ6.1インチ6.7インチ
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
ストレージ容量128GB/256GB/512GB
カメラ性能デュアルカメラ(広角ƒ/1.5・超広角ƒ/2.4)
メインカメラ:1,200万画素
インカメラ:1,200万画素
スマートHDR 4
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
ビデオ撮影4Kビデオ撮影
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
アクションモード
生体認証Face ID(顔認証)
防塵・防水性能IP68
端子Lightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大20時間
オーディオ再生:最大80時間
ビデオ再生:最大26時間
オーディオ再生:最大100時間
本体サイズ(高さ×幅×厚さ)146.7×71.5×7.80mm160.8×78.1×7.80mm
重さ172g203g
端子Lightningコネクタ
スペックiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max
カラースペースブラック/シルバー/ゴールド/ディープパープル
画面サイズ6.1インチ6.7インチ
ディスプレイProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
常時表示ディスプレイ
Dynamic Island
ストレージ容量128GB/256GB/512GB/1TB
カメラ性能トリプルカメラ(望遠f/2.8・広角f/1.78・超広角f/2.2)
メインカメラ:4,800万画素
インカメラ:1,200万画素
LiDARスキャナ
スマートHDR 4
Photonic Engine
インカメラがオートフォーカスに対応
3倍の光学ズームイン
マクロ写真撮影
ビデオ撮影4Kビデオ撮影
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
アクションモード
生体認証Face ID(顔認証)
防塵・防水性能IP68
端子Lightningコネクタ
バッテリービデオ再生:最大23時間
オーディオ再生:最大75時間
ビデオ再生:最大29時間
オーディオ再生:最大95時間
本体サイズ(高さ×幅×厚さ)147.5×71.5×7.85mm160.7×77.6×7.85mm
重さ206g240g
端子Lightningコネクタ

Pro/Pro MAXは4,800万画素に!

今回iPhone14 ProとPro Maxのカメラは、なんと4,800万画素を実現!

iPhoneはこれまでiPhone 6sからiPhone 13proシリーズまで1200万画素を続けてきたので、8年ぶりのかなり大きな変化と言えます。

また、iPhone14シリーズの4種すべてにおいて「Photonic Engine (フォトニックエンジン)」という新たなエンジンが搭載されたことで、より明るく美しい色彩での表現が可能になりました。

そして、インカメラはオートフォーカスを搭載しました。これにより自撮りなどでも簡単にピント合わせができるようになりました。

Pro/Pro Maxは「ノッチの廃止」と「ダイナミック アイランド」の誕生

iPhone 14 Pro/Pro Maxは新たなディスプレイデザインになりました。

今までのノッチと呼ばれる画面上の黒い部分が「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」と呼ばれるパンチホール型のディスプレイになったのです!

これにより、通知やアプリイヤホンの接続などを確認できるようになりました。

下記で、ダイナミックアイランドのイメージ動画を見ることができます。

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

こちらのダイナミックアイランドの紹介動画を見ても、非常に便利かつスタイリッシュであることがわかります。

また、こちらもiPhone 14 Pro/Pro Maxに限られますが、ディスプレイの常時点灯にも対応しました。

ディスプレイがスリープせず(真っ暗にならず)、常にロック画面が表示されているので、画面をタップしなくても時間や通知などを確認することができます。

iOS 16では、ホーム画面に好きなウィジェットを配置できるようにカスタマイズが可能になります。なので、自分が常に表示させておきたいものとをセットしておけば、ロック画面に必要な情報をいつでも表示させることができるのです。

バッテリーの持ちが大幅アップ

iPhone14 Pro Maxは、iPhone史上最高のバッテリーの持ちとなる最大29時間のビデオ再生に対応しました。

Proシリーズでなくとも、iPhone14 Plusで最大26時間のビデオ再生を実現させているので、現在使用しているスマホのバッテリーの持ちに不安を感じている方も安心して使うことができそうです。

バッテリーの持ちは、買い替えの際重要なポイントになるので、今回バッテリーが強化されたことで変えることを決意する方も多いのではないでしょうか。

iPhone14のリーク情報は正しかった?

iPhone14の公式発表前には、多くの海外メディアやApple製品に精通しているリーカーによる情報が錯綜していました。

流出していた画像や写真など、どれも信ぴょう性の高そうなものばかりでしたが、果たしてリーク情報は正しかったのでしょうか?

下記が注目されていた内容です。

  • 充電端子がUSB-Cへ変更?
  • 日本でミリ波対応する?
  • カメラ性能は?
  • 本体のサイズはどうなる?
  • 「mini」は廃止?

それぞれ正しかったのかどうか見ていきましょう!

iPhone14で充電端子がUSB-Cへ変更?→変更はなし・Lightning継続

出典:Youtube.com

 

iPhone14にUSB-C(タイプC)は搭載されないことが確定しました。Lightningケーブルの継続となります。

Appleの最新情報を投稿しているiDrop Newsが「Appleは、次のiPhoneにUSB-Cポートを追加することを検討している。」というニュースを独占情報として報じたり、海外YouTubeチャンネル『ConseptsiPhone』も新型iPhoneの予測CGでUSB-Cを匂わせていました。

「Lightning」と「USB Type-C」は転送速度が理論値で10倍の速度差があると言われていますし、USB-Cへ変更されれば、iPhoneを充電するためだけにLightningケーブルを用意する必要はなくなります。

利便性の観点からもUSB Type-Cへの変更が実現しなかったのは少し残念ですね。

来年以降の新型モデルに期待したいところです。

iPhone14が日本でミリ波対応する?→日本では非対応

日本で販売されるiPhone14はミリ波には非対応であることが確定しています。

ミリ波は5Gの中でもより高速な通信が可能であり、もし対応すれば通信速度が格段にあがると期待されていました。

また、ミリ波は通信速度の速さだけでなく一度に大容量のデータ量を送ることができるため、動画などの大量のデータ通信もしやすくなることで期待が高まっていました。

iPhone12シリーズから日本も5G対応となり、米国でのみミリ波対応になったことで、iPhone13シリーズ発売前から、日本でも対応になるのでは?との声が上がっていました。

しかし結果的に、iPhone13、14シリーズともに日本でのミリ波対応は先送りとなりました。

とはいえ、現在日本で対応している「Sub6」という種類の5Gでも十分高速な通信速度ですので、ミリ波に対応しないと買わないという方は少ないかもしれませんが、速くなるのはうれしいですよね。

ミリ波対応はまた来年以降への期待としておきましょう。

 

iPhone14のカメラ性能は?→大幅性能アップ!

iPhone14 Pro/Pro Maxでは4,800万画素へと大幅に性能アップすることが確定しています。

これは、Apple製品のリーク情報に詳しいアナリストのミンチー・クオ氏の予想と完全に一致していました。

「上位モデルのiPhone14 Pro/Pro Maxでは4,800万画素になる見込みであり、iPhone13 Proは1,200万画素なのでかなり大幅な性能アップだ」

実際にiPhone13Pro/Pro MAXとiPhone14Pro/Pro MAXのカメラ性能を比較してみました。

iPhone13Pro/Pro MAXiPhone14Pro/Pro MAX
カメラメイン : 1200万画素 F値1.5
超広角 : 1200万画素 F値1.8
望遠 : 1200万画素 F値2.8
3倍の光学ズーム/最大15倍のデジタルズーム
メイン : 4800万画素 F値1.78
超広角 : 1200万画素 F値2.2
望遠 : 1200万画素 F値2.8
3倍の光学ズーム/最大15倍のデジタルズーム
インカメラ1200万画素 F値2.21200万画素 F値1.9
オートフォーカス対応

この通り、メインカメラの画素数は大幅なにアップし、インカメラはオートフォーカスに対応しています。

また、ミンチー・クオ氏は下位モデルのの予想については以下のように言っていました。

「廉価モデルのiPhone14/Maxは1,200万画素となる予定で、こちらはこれまでのiPhone13 と同じである」

→こちらに関しては「iPhone14/Max」ではなく「iPhone14/Plus」となりましたが、内容は結果と一致していました。

iPhone14の大きさはどうなる?→iPhone14/Proと、iPhone14 Plus/Pro Maxと同じサイズ

iPhone14はiPhone14/Proと、iPhone14 Plus/Pro Maxとほぼ同じサイズであることが確定しました。

リーク情報の画像を基にすると、「iPhone14はiPhone14 Proと、iPhone14 MaxはiPhone14 Pro Maxと同じサイズである可能性が高そうだ」といわれていましたが、こちらも名前こそ異なっていたものの、サイズの組み合わせとしては正しかったです。

Plusの復活によりminiはなくなり、大画面がメインのシリーズとなりました。

  • iPhone14/iPhone14 Pro 本体サイズ予想と結果

高さ:147.46mm→146.7mm(Pro147.5mm)
幅:71.45mm→71.5mm
厚さ:7.85mm→7.80mm(Pro7.85mm)

  • iPhone14 Plus/iPhone14 Pro Max 本体サイズ予想と結果

高さ:160.71mm→160.8mm(Pro Max160.7mm)
幅:78.58mm→78.1mm(Pro Max77.6mm)
厚さ:7.85mm→7.80mm(Pro Max7.85mm)

いずれも、以下のリーク画像をもとに予想したものでした。

これらは、ほんの数ミリのずれだけでほぼ予想サイズと一致していましたね。

iPhone14ではminiは廃止?→廃止が確定!Plusが復活!

iPhone14ではminiは廃止され、5年ぶりにPlusが復活することが確定しました。

以前Plusの発売があったのは、2017年の「iPhone 8 Plus」が最後でしたが2022年に復活です。

ちなみに、iPhone8 Plusのスペックと比較するとこのようになっています。

iPhone8 Plus iPhone14 Plus
液晶画面
解像度
1,920 x 1,080
5.5インチ
401ppi
2,778×1,284
6.7インチ
458ppi
高さ

厚さ
158.4 mm
78.1 mm
7.5 mm
160.8 mm
78.1 mm
7.8 mm
重量202 g203 g
システムチップ6コア A11/M11
ニューラルエンジン
A15
2つの高性能コア
4つの高効率コア
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
記憶容量64/256GB128/256/512GB
メインカメラ
画素数
1,200万画素 デュアルカメラ
広角:f1.8
望遠:f2.8
光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
1,200万画素 デュアルカメラ
超広角 f2.4
広角 f1.5
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
センサーシフト光学式手ぶれ補正
True Toneフラッシュとスローシンクロ
Photonic Engine
ナイトモード
自動調整
写真のスマートHDR 4
フォトグラフスタイル
インカメラ700万画素
f2.2Retina Flash
1080p HDビデオ自動手ぶれ補正
自動HDR
人体検出と顔検出
1,200万画素
f1.9
4Kビデオ(24/25/30/60fps)
Retina Flash
Photonic Engine
映画レベルの手ぶれ補正(4K,1080p,720p)
1080p HD(25/30/60fps)
1080pスローモーション(120/240fps)
写真のスマートHDR 4
Dolby Vision対応HDR(最大4K,60fps)
ナイトモード
Deep Fusion
QuickTakeビデオ

フォトグラフスタイル
シネマティックモード(最大4K HDR,30fps)
ビデオ撮影4K撮影(24fps/30fps/60fps)
1080p HD撮影(30fps/60fps)
720p HD撮影(30fps)光学ズーム
6倍デジタルズームビデオの光学式手ぶれ補正手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
1080p(120fps/240fps)のスローモーションビデオ
連続オートフォーカスビデオ
4K(24/25/30/60fps)
1080p HD(25/30/60fps)
Dolby Vision対応HDR(最大4K,60fps)
アクションモード
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
QuickTakeビデオ
1080pスローモーション(120/240fps)
ステレオ録音
ナイトモードのタイムラプス
シネマティックモード(最大4K HDR,30fps)

本体サイズや重さはiPhone8 Plusとほぼ変わらないながら、液晶解像度や画面の大きさはアップし、特にカメラ機能の進化がすさまじいですね。

今、iPhone8 Plusを使っていてそろそろ機種変更を考えている、という方には大きさはそのまま、性能が格段にアップしたiPhone14 Plusというのはかなりおすすめです。

miniに関してはiPhoneの著名リーカーであるミンチー・クオ氏をはじめ、多くのリソースでiPhone14 miniの発売可能性が低いことを示唆していたので、miniの廃止に関してはリーク情報が正しかったですね。

そして、miniがない代わりにMAXシリーズが登場する可能性が非常に高いといわれていましたが、Plusの復活となりました。

ミンチー・クオ氏はTwitterに投稿した情報でも、iPhone14シリーズは「iPhone14」「iPhone14 Max」「iPhone14 Pro」「iPhone14 Pro Max」の4モデルで、いずれも6.1インチまたは6.7インチモデルと言っていましたが、唯一「Max」ではなく「Plus」となってリリースが決定しています。

iPhone12 miniは発売2ヶ月でiPhone12シリーズ全体の6%しか売れず、iPhone13 miniは僅か3%しか売れなかったという情報がありました。

注目されていた割にはに売れ行きが伸びなかったという結果を鑑み、今回のminiの発売はなさそうと言われていましたが、その通りの結果となりましたね。

miniを楽しみにしていた方は、13シリーズの検討が必要になりそうです。

噂:iPhone14に指紋認証はつくのか?→つかないことが確定!

出典:Youtube.com

iPhone14でも指紋認証(Touch ID)はつかないことが確定しました。

最新iPhoneに指紋認証が付くのかどうかは、新型コロナウイルスの流行以降は非常に注目されてきました。

マスクの着用が当たり前になってからは、Touch ID(指紋認証)がついていない新しいiPhoneだとFace IDでロックを解除するのが不便だったためです。

しかし、今年2022年3月、iPhone12以降のモデルではマスクを着用したままFace IDを利用できるようアップデートされました。

これにより、マスク着用時のFace ID利用に対するストレスは大幅に減ったため、指紋認証はつかずFace IDが継承されるのではないかと言われていましたが、実際その通りとなりました。

iPhone15に指紋認証が搭載されるという噂について→今後注目

iPhone15

iPhone14に指紋認証が付くかもしれないという噂は、結局つかないという結果に終わりましたが、指紋認証がつくのはiPhone15なのではないかという噂も既にあります。

もし本当にフェイス認証と指紋認証の2つが搭載されるなら、状況に応じて認証方法を使い分けられるので、非常に便利になるのではないかと予想できます。

実際にどのような噂があるのかTwitter上で見てみましょう。

こちらの方が聞いた噂によると、iPhone14では指紋認証の搭載が間に合わなかったため、iPhone15で搭載されるようです。

もうひとつiPhone15の指紋認証に関するツイートを紹介しましょう。

こちらの方もiPhone14ではなくiPhone15で画面内指紋認証が搭載されるという噂を聞いたようです。
先ほど紹介したツイートに「iPhone14で間に合わなかった」とありましたが、Appleが画面内指紋認証を新たに開発しているのだとしたら話が繋がりますよね。

今回iPhone14では指紋認証は尽きませんでしたが、iPhone15以降の指紋認証に関する動向は今後も気になりますね。

iPhoneの指紋認証はいつからなくなった?

そもそも、iPhoneの指紋認証はいつからなくなったのでしょうか。

それは、2018年のiPhone X(テン)発売以降です。

iPhone Xに初めての顔認証機能であるFace IDが搭載されてから切り替えが進んでいきました。

これによってそれまで主流だった指紋認証機能のTouch IDはiPhone SEなどの一部機種を除き、ほぼなくなっています。

今後もFace IDが主流となっていくという見方が有力のようですが、これからの動きは要チェックですね。

iPhone14を待つべき人はどんな人?知恵袋の意見もチェック


今回記事の中で紹介されていた情報を見て、「このアップデートに期待したい!」と感じることが1つでもあれば、iPhone14は待つべきだと言えます。

  • iPhone14/Plus/Pro/Pro Maxの4種類!miniは廃止
  • Pro/Pro MAXは4,800万画素に!
  • Pro/Pro Maxは「ノッチの廃止」と「ダイナミック アイランド」の誕生
  • バッテリーの持ちが大幅アップ

特に、プロモデルの性能のアップは近年の新型iPhoneのアップデートより大幅な変化があるため性能アップを期待している方は検討してみることをお勧めします。

iPhone14について知恵袋の声をまとめてみた!みんなはどう考える?

知恵袋
次に、様々な疑問を解消してくれるYahoo!知恵袋で、Yahoo!知恵袋のユーザーたちがiPhone14に対してどのような考えを持っているのかを調査してみました。

pro以外ほぼ変わりないです。proはA16と新しいチップになりカメラの画素が上がりました。あとはノッチが小型化されたこと。それくらいですね。あくまでもマイナーチェンジ。15で大きな変化があると自分は見てます。
(引用:Yahoo!知恵袋

やはり、Proモデルの変化は大きいが、無印モデルはiPhone13とあまり変わらないという意見もありました。

一方で、iPhone11から買い換えようか検討している方の質問の回答に関しては、iPhone14に買い換えた方が良いという意見が集まっていました。

iPhone13と14は大きく変わりませんが、値段も12000円しか変わりません。それを考えると14を購入する方がお得です。
数年後に売却するときにも高く売れますし、何よりも最新機種で気持ちよく使えます。iPhone11は最大の下取り金額で34000円です。
(引用:Yahoo!知恵袋

今回調査した結果をまとめると、iPhone14はProモデルは変化を十分に感じるが、無印モデルはiPhone13からの変化には少し欠けているため、次に期待する人が多いという印象でした。

iPhone14を待たずに、別のiPhoneを購入して後悔してしまった人は?

実際に、iPhone14の発表を待たずに前のモデルを購入した人はどのように思っているのでしょうか。

バッテリーや容量の問題で、待ち切れずにiPhone13やそれ以前のモデルを購入してしまっている人も多くいます。

しかし、その後発表されたiPhone14をみて、そのような方々がどう思っているか気になりますよね。

Twitterにあがっている感想を見てみましょう。

https://twitter.com/__yamatama/status/1568582827373117440?s=20&t=K4X7AywThP2-w5YBwCEe9w

今回、iPhone14シリーズにはカラーとしてパープルが出ているため、カラーに対する後悔をしている人が多い印象です。

パープルはiPhoneでも人気のカラーなので、実際に見てからでも間に合う人は見てみることをおすすめします。

https://twitter.com/aipom_purin11/status/1516225029062918148?s=20&t=K4X7AywThP2-w5YBwCEe9w

機能面に対しても、「iPhone14を待てばよかった」と後悔している方は多くいます。

カメラの画素数が大幅にアップしたり、ノッチがなくなるなどの大幅な変化は予測していなかった人も多いのかもしれません。

まだ検討の余地がある方は、ぜひ慎重に選んで後悔のないように自分にとってベストな選択をしてくださいね。

iPhone14を待たずに、今すぐiPhoneを購入しても後悔しない人はどんな人?

今回記事の中で紹介されていた情報を見て、「iPhone14に期待するアップデート内容がない」と感じたり「どうしても早めに新しいiPhoneに買い換えたい」という人は今すぐiPhoneを購入しても後悔しないでしょう。

iPhone 13シリーズもiPhone SEも、普通に使う分には十分高スペックなので、十分買い換えを検討する対象になり得ます。

円安により、価格も高騰しているのであえてiPhone13を狙うという方もいるでしょう。

今すぐ買うならどのiPhoneがいいの?iPhone12からの機種変更

iPhone14に期待するアップデート内容が無かったし、iPhone14は待たずに今すぐiPhoneを買うぞ!と心に決めたのであれば、どのシリーズにするか選ばなければなりません。

これまでにもiPhoneはシリーズがいくつもあるため、どれにすればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、2024年に買い換えたい方におすすめしたいのが下記の3つのシリーズです。

  • iPhone 13
  • iPhone 8
  • iPhone SE

それぞれのシリーズの特徴とお得に買う方法を紹介します!

おすすめ① 2021年発売iPhone13

出典:Apple

iPhone 13は2021年9月に発売された現在最新のシリーズです。

iPhone14以前では一番新しい機種ですので、バッテリーの持ちが良くサクサク動くのはもちろん、カメラの性能も歴代シリーズの中ではトップです。

ただ、価格が高いのが難点で、一番サイズが小さいiPhone13miniでも86,800円(Apple公式販売価格)と気軽に買い換えられない方も多いと思います。

しかし、最新のiPhoneを使って後悔することはほぼありません。

価格は高いですが、思い切って購入するのはありだと思います。

最近iPhone 13に買い換えた方の投稿

iPhone 13シリーズはバッテリー駆動時間が進化しており、iPhone 13 miniでも連続バッテリー駆動時間が19時間となっています。
ですので、バッテリーの持ちが良くなった!と購入した方の喜びの声が多く見られました。

iPhone 13シリーズはバッテリーだけでなく、カメラ性能も向上し、写真の画質がキレイ!だとiPhone 13の性能に満足している方がとても多いです。

iPhone 13を安く買うには?

出典:Apple

大手キャリアの割引キャンペーンを利用する

大手キャリアでは、対象機種を2年程度で返品する代わりに、支払代金の1/3~50%割引するキャンペーンを行っています。

【このサービスでお得になるのはこんな人】
  • いつも最新機種を使いたい方
  • 買い換える度に本体を下取りに出している方

各社でiPhone 13(128G)を購入した際の見積もりをとりましたので、ぜひご参考にしてみてください。

キャリア
サービス

(クリックで詳細)

機種代金111,672円115,020円115,920円98,800円
割引金額-55,440円-52,920円-57,960円-49,408円
支払金額56,232円

(2,444円/月×23回))

62,100円

(2,700円/月×23回)

57,960円

(2,415円/月×24回)

49,392円

(2,058円/月×24回)

ドコモのお得なクーポンとキャンペーン

auのお得なクーポンとキャンペーン

ソフトバンクのお得なクーポンとキャンペーン

楽天モバイルのお得なクーポンとキャンペーン

おすすめ② とにかく安く手に入るiPhone8

出典:Apple

iPhone8シリーズは発売から時間が経過しており、とにかく価格を抑えたいという方にはぴったりです。

新品での入手が難しいかもしれませんが、中古であればiPhoneSEよりも低価格で買い替えられることも十分あります。

Apple公式サイトやAmazon、楽天などの大手通販サイトでは、iPhone8以前のシリーズは取り扱いが終了しています。

お求めの際はApple製品取扱店へ出向くか、中古ショップを利用することになります。

ワイモバイルのタイムセールでiPhone8認定中古品を1円で手に入れる

ワイモバイルでは毎日21時から翌朝9時まで限定のタイムセールを実施中。その目玉が1円で購入できるiPhone8となります。

のりかえ限定となりますが、オンラインショッピングで全国どこにいても1円でiPhoneが買えます。

iPhone8は今年のiOSのアップデートにも対応したため、まだまだ現役で使っても問題ない機種。もちろん数年使うとなると話は別ですが、まずはiPhoneをお試しで使ってみてよければ来年くらいに新機種にという使い方なら十分元が取れる金額です。

ぜひ1円でiPhoneが欲しいという方は、ワイモバイルのタイムセールを利用しましょう。

ワイモバイルの公式サイト|https://www.ymobile.jp/storeでご確認ください。

iPhone8を安く買うには?

中古ショップのハピネスネットがおすすめです。

ハピネスネットは実店舗を持たず、査定はオンラインで行うことで高品質なiPhoneを低価格で販売しています。

中でもハピネスネットのiPhone8は、1年保証付きで価格が15,800円~(税込)と非常に安い!(2024年時点)

中古の購入は保証期間が無かったり、短かったりすると不安に思いますよね。

しかし、1年保証付きのハピネスネットであれば低価格でも安心して購入することができるのでおすすめです!

ハピネスネットとは?

当店は、中古iPhoneを専門に取り扱うお店です。
買取・チェック・販売まで一貫して行うことにより、低価格・高品質なiPhoneをご提供。
皆様にご満足いただけるよう日々努力しております。
(引用:ハピネスネット

 

【ハピネスネットの通販サイトはこちら】
中古iPhoneの通販なら【ハピネスネット】

おすすめ③ コスパ抜群&指紋認証できるiPhone SE3

iPhone SE3

iPhone SE3にはA15 BionicチップというiPhone 13と同じチップが入っています。

そのため処理速度は超高速で、重たいゲームでもサクサクプレイできます。

超高性能にもかかわらず、価格はなんと57,800円からというミドルレンジスマホ並の安さであるため、コスパを求める方に最適なスマホだと言えるでしょう。

加えて指紋認証(Touch ID)も搭載。マスクを着けたままでもロック解除できるので、コロナ禍でも使いやすいですよ。

最近iPhoneSE3に買い換えた方の投稿

やはりスマホに指紋認証(Touch ID)を欲しがる方は多いようです。

こちらの方はiPhone 12 Pro Maxからの乗り換えです。
カメラ性能などは劣ってしまいますが、指紋認証や本体の軽さはiPhone 12 Pro Maxにはない部分ですね。

最近のスマホは大型化しているので、iPhone SE3が小さいと感じる方は多いようです。
片手で操作できるので、とても使いやすく感じるはずですよ。

iPhone SE3を安く買うには?

1.大手キャリアの割引キャンペーンを利用する

iPhone SE3もiPhone 13と同様、大手キャリアでは対象機種を2年程度で返品する代わりに、支払代金の1/3~50%割引するキャンペーンを行っています。

【このサービスでお得になるのはこんな人】
  • いつも最新機種を使いたい方
  • 買い換える度に本体を下取りに出している方

各社でiPhone SE(第3世代)を購入した際の見積もりをとりましたので、ぜひご参考にしてみてください。

キャリア
サービス

(クリックで詳細)

機種代金65,230円65,335円67,680円

 

57,800円
割引金額-31,920円-30,720円-33,840円-28,904円
支払金額33,310円

(1,448円/月×24回)

34,615円

(1,505円/月×23回)

33,840円

(1,410円/月× 24回)

28,896円

(1,204円/月×24回)

2.楽天ポイントと下取りで割引を受ける

上記紹介したキャリアのサービスは2年で返品しないと最大限の割引を受けることができません。

1つのiPhoneを長く使っていきたい方は機種代金が安い楽天モバイルか、Apple公式サイトからの購入がおすすめです。

Apple公式サイトで購入する方は、楽天のポイントバックサービス「Rakuten Rebates」を経由するだけで楽天ポイントをゲットすることができ、さらにお得に買い物ができますよ!

楽天リーベイツのサービス紹介ページのスクリーンショット
出典:Rakuten Rebates
Rakuten Rebates(リーベイツ)とは?

Rebates(リーベイツ)は、お買い物をもっと賢くお得にできる、楽天が運営する高還元率ポイントバックサービスです。
いつものお買い物にプラス1ステップで有名ストアでも楽天ポイントが貯まります。
(引用:Rakuten Rebates

Apple公式サイトで購入する場合、Rakuten Rebatesを経由してiPhone SE3を購入し、さらに手持ちのiPhoneをお持ちの方は購入と同時に下取りに出すことで2つの割引を受けられます。

【どのくらい安くなるの?】
  • 楽天Rebates(リーベイツ)経由でApple公式サイトにアクセス
    → 購入金額の1%がポイントバック
  • 手持ちのiPhoneを下取りに出す
    → 最低でも2000円~新しい機種であればあるほど高い下取りが可能

一概にいくら割引になるとは言い難いのですが、ポイントと下取りで2つの割引が受けられます!

まずはRakuten Rebatesにアクセス!

iPhone14を待つべきかについてのまとめ

本ページでは、iPhone14について様々な最新情報を紹介しました。

毎年新iPhoneがでる時期は情報があふれ、どうすればいいかわからなくなってしまう方も多いと思います。

せっかくであれば、値段・機能ともに自分にぴったりのものを選びたいですよね。

いよいよ発表となった正式情報を得て、本記事が最新のiPhone14シリーズを買うのかiPhone13シリーズを買うのか考えるきっかけになれば幸いです。

  • iPhone14Proシリーズのアップデートが顕著
  • 9月9日より予約開始
  • Proモデルが不要であれば、iPhone 13で満足できる可能性も高い
  • iPhone 13、iPhone SEを安く買うならキャリアのキャンペーンの利用がおすすめ
店頭で買うよりもAppleストアやオンラインで購入がおすすめ
  • 店頭で並ぶ必要がない
  • 手数料が掛からずに安く購入できる
  • オンライン限定で半額の50%で引きでiPhone 13シリーズが購入できる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次