LINEMOのeSIMを徹底解説!開通方法や手数料・注意点について

LINEMO eSIM

SIMカード不要ですぐに乗り換え手続きができると話題のeSIM。ですが、「LINEMOに乗り換えたいけど、eSIMには対応しているのかな?」「eSIMってなんだか難しそう」と考えている方もいることでしょう。

LINEMOでは、SIMカードだけでなくeSIMの利用も可能。eSIMで契約すると、LINEMOの申し込み後もSIMカード発送を待つことなく、すぐに開通手続きができます。ただ、eSIMの利用にはSIMカードとは違う手続きが必要になるため、初心者だと戸惑ってしまうことも。

そこで今回は、LINEMOでeSIMの手続き方法を徹底解説していきます。開通方法や注意点などもわかりやすく解説していくので、初めてeSIMを申し込む方でも安心して申し込みしてくださいね。

LINEMO eSIM

これからLINEMOをeSIMで契約したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。それでは早速見ていきましょう。

LINEMOおすすめキャンペーン概要条件
スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン

スマホプラン加入で10,000ポイント還元他社から乗り換えが条件
通話オプション割引キャンペーン2

5分以内の国内通話オプションが7ヵ月目まで無料

かけ放題になる通話オプション「通話定額」なら1,650円が1,100円で利用可能!

LINEMO契約時に通話定額オプションに加入

※8ヶ月目以降通常料金

LINEMOおかえりだモンキャンペーン

過去に契約したことがある方限定

スマホプラン:4,000pt

ミニプラン:2,000pt

他社からの乗り換えで再度LINEMOを契約する
LINEMO最新ニュース

LINEMOでは、ソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えで初月0円になるキャンペーンを開催しています。

キャンペーン期間中にソフトバンクやワイモバイルからLINEMOへ乗り換えた際、LINEMO回線の基本料、対象のオプションサービス料および月額使用料が初月0円!

ソフトバンクやワイモバイルを利用している方がLINEMOへ乗り換えたい、という場合はぜひ利用してみてくださいね。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

\お得なクレジットカード情報/

普段の買い物など、日常的に使用している人も多いPayPayのクレジットカード。

PayPayカードは申し込み&審査で最短5分で使えることができ、審査完了後すぐに利用できるのが特徴です。

日頃から使用している方はPayPayカードうまく利用して、ポイントをさらに貯めましょう!

PayPayカードの種類年会費還元率特典PayPayポイント
PayPayカード*無料最大1.5%最大5,000円相当
PayPayゴールドカード11,000円最大2%最大7,000円相当

*PayPayカード新規入会&3回利用で最大5,000円相当のPayPayポイントプレゼント

LINEMOやソフトバンク、ワイモバイルなどの毎月のスマホ代金もPayPayカードでお支払いすることもでき効率よくポイントを貯めることができますよ。

\今月のお得な楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルの三木谷キャンペーンがお得で申し込み殺到中!特別キャンペーンは5月まででしたが期間延長しています。ただ期間限定なので急いで公式サイトを確認することおすすめしますよ。

再契約の方も対象になり乗り換えであれば14,000ポイントをもらえるお得なキャンペーンが開催中!

楽天モバイルの今月のお得なキャンペーンを実施中。初めての方は楽天ポイント20,000ポイントももらえお得に契約できますよ。

それ以外に下記のようにお得なたくさんの楽天モバイルのキャンペーンを実施しています。

 

iPhoneの乗り換えでは最大32,000円相当のお得になるキャンペーンやAndroid端末では最大26,930円値引きになるキャンペーンも実施しています。

今、スマホを探している方にとっても非常に魅力なキャンペーンをしており他社からの乗り換えにもおすすめ。

また、今年からは楽天モバイルの家族割楽天モバイルの学割もスタートしたので、色々な方にとって安くなるプランが充実。

\iPhone業界最安値|楽天ポイント最大32,000おトク/

目次

LINEMOはeSIMにも対応!

LINEMO eSIM

LINEMOは物理SIMだけでなく、eSIMにも対応しています。

従来のSIMカードでは、SIMカード内にあるプロファイルと呼ばれる契約者情報を読み込むことで通話やデータ通信を行っていました。

しかし、eSIMの場合は端末に内蔵されているチップにネットワークを経由してプロファイルをダウンロードすることが可能。インターネット経由で契約者情報を読み込むことで、通話やデータ通信ができるようになります。

従来のSIMカードを利用する場合は、通信会社からカードが発送されるまで待つ必要がありましたよね。しかし、eSIMの場合はSIMカードが不要になるため手元にSIMカードが届くまで待つ必要なく、スマホの利用が可能になります。

LINEMOではミニプランとスマホプラン、2つの料金プランを提供しています。

ミニプランスマホプラン
月額料金990円2,728円
データ容量3GB20GB
速度制限後300kbps1Mbps
通話料30秒/20円30秒/20円
データ容量1GB追加550円550円
LINEギガフリー利用可能利用可能

LINEMOの料金プランは、SIMカードであってもeSIMであっても料金は変わりません。自分の利用しやすいプランを選択してくださいね。

LINEMOの料金プランミニプランスマホプランについてはこちらのページから詳しく知ることができます。どちらが自分に合ったプランなのか迷ったときは、参考にしてみてくださいね。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIMで適応になる今月のキャンペーン

LINEMOのeSIMを契約した際、利用できる今月のLINEMOのキャンペーンは以下の通り。

LINEMOのキャンペーン一覧
  • 通話オプション割引キャンペーン2
  • 追加申込でPayPayポイント3,000円相当プレゼントキャンペーン
  • 基本料初月0円特典
  • LINEMOおかえりだモンキャンペーン
  • スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • 僕が見たかった青空 キャンペーン
  • データ追加購入が半年間おトクキャンペーン
  • ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • LINEMO契約者限定ポストキャンペーン

LINEMOでは毎月お得になるキャンペーンが開催されています。また、期間限定キャンペーンでは、普段よりお得にLINEMOを契約できますよ。ぜひ、お得にLINEMOを契約したい場合はキャンペーンを利用してみてくださいね。

ただし、LINEMOで開催されているキャンペーンは、プランによって利用できない場合があります。利用する際は必ず、キャンペーン適用条件を確認してください。

LINEMOで開催されているキャンペーン情報は、こちらから詳しく確認できます。

LINEMOで開催中のキャンペーン一覧

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIM|申し込み手順

LINEMOでeSIMを申し込む際、以下の内容を読んでおけばスムーズな契約が可能となります。

LINEMOのeSIM|申し込み手順
  • 事前に用意するもの
  • 申し込みの流れと手順

LINEMOの契約は、すべてオンライン上で完結します。オンライン契約は、店舗へ足を運ぶ必要がないというメリットがありますが、事前に準備するものや申し込み手続きはすべて自分で行う必要があるため、初めてオンライン契約を行う場合は少し不安に感じてしまいますよね。

LINEMOをeSIMで契約する際は、一度用意するものや申し込みの流れを把握して、少しでも不安を軽減させておくといいでしょう。それでは解説していきます。

事前に用意するもの

LINEMOをeSIMで契約する際、事前に用意しておくものは以下の通り。

事前に用意するもの
  • eSIM対応端末
  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたはキャッシュカード

LINEMOのeSIMを契約する前に、上記のものを用意しておきましょう。LINEMOで利用できる本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証(国保以外) + 補助書類
  • 国民健康保険証 + 補助書類
  • パスポート(2020年2月4日以降に申請)+補助書類
  • 旧型パスポート(2020年2月3日以前に申請)
  • 住民基本台帳カード + 補助書類
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者手帳

LINEMO契約時は、本人確認書類をカメラで撮影してアップロードする必要があります。この時、本人確認書類に光が反射してしまったり、名前や生年月日が見えにくくなってしまった場合は審査に落ちてしまうので注意しておきましょう。

LINEMOを契約する際は、支払いに利用したいクレジットカードまたはキャッシュカードを用意してください。LINEMOで利用できるクレジットカードは以下の通り。

利用可能なクレジットカード一覧
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

LINEMOで利用できる金融機関はこちらから確認可能。LINEMOは口座振替にも対応しているのが魅力的ですよね。クレジットカードを使いたくない場合は、口座振替で申し込み手続きを行うといいでしょう。

申し込みの流れと手順・開通時間

LINEMOのeSIMを契約する前に、事前準備しておく書類をそろえたら申し込みを行っていきます。LINEMOのeSIMに申し込む手順は以下の通り。

LINEMOのeSIM|申し込みの流れと手順
  1. LINEMO公式サイトを開く
  2. 「今すぐ申し込む」をタップ
  3. MNP転出もしくは新規契約のどちらかを選択
  4. 「eSIM」を選択
  5. 利用予定の端末を選択
  6. 契約者情報、本人確認書類のアップロード
  7. 入力情報を確認し、申し込み完了メールを受け取る
  8. 審査完了のメールが届くまで待つ

LINEMOの申し込みは、SIMカード選択時にeSIMを選択するだけで手続きが行えます。注意点として、LINEMOでeSIMを申し込む場合はパソコンやタブレットから手続きできないということ。

LINEMOの申し込みは現在利用しているスマホから申し込み手続きを行ってください。開通にかかる時間は、最短数時間です。審査にかかる時間によって異なりますが、SIMカード発送を待たなくていいのはかなり時短になりますね。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIM対応端末一覧|iPhone・Android

LINEMOのeSIMを申し込む際は、現在利用している端末がeSIMに対応しているものなのか確認しておく必要があります。

ちなみに、LINEMOでは端末の販売を行っていないため、eSIMに対応していない端末だった場合は、Appleストアや家電量販店、乗り換え前のキャリアで購入しておくことをおすすめします。

iPhoneのeSIM対応端末はこちら。

eSIM対応端末|iPhone
  • iPhone 14 / Plus / Pro / Pro Max
  • iPhone SE 2022年(第3世代)/ 2020年(第2世代)
  • iPhone 13 / mini / Pro / Pro Max
  • iPhone 12 / mini / Pro / Pro Max
  • iPhone 11 / Pro / Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS / Max

上記のiPhoneであれば、eSIMに対応しています。SIMロックがかかっている端末を利用している場合は、LINEMOへ乗り換える前に解除しておいてくださいね。ソフトバンクやワイモバイルからの乗り換えであれば、SIMロックの解除は必要ありません。

続いて、eSIM対応のAndroid端末はこちら。

eSIM対応端末|Android
  • FCNT
    • arrows We
  • Google
    • Google Pixel 4
    • Google Pixel 4 XL
    • Google Pixel 4
    • Google Pixel 4a (5G)
    • Google Pixel 5
    • Google Pixel 5a (5G)
    • Google Pixel 6
    • Google Pixel 6 Pro
    • Google Pixel 4a (5G)
    • Google Pixel 5
    • Google Pixel 6
    • Google Pixel 6 Pro
    • Google Pixel 7
    • Google Pixel 7 Pro
  • HUAWEI
    • P40 Pro
  • 京セラ
    • Android One S9
    • かんたんスマホ2+
  • OPPO
    • OPPO Reno5 A (eSIM対応版)
    • OPPO A55s 5G
    • OPPO A73
    • OPPO Find X3 Pro
    • OPPO Reno5 A
    • OPPO Reno7 A
  • SHARP
    • AQUOS R7
    • AQUOS sense7 plus
    • AQUOS sense6
    • AQUOS sense6s
    • AQUOS wish
    • AQUOS wish2
    • AQUOS zero6
    • シンプルスマホ6
  • SONY
    • Xperia 10 III Lite
    • Xperia 1 IV
    • Xperia 10 IV
    • Xperia 5 IV
  • Xiaomi
    • Redmi Note 10T
    • Redmi Note 11 Pro 5G
  • Samsung
    • Galaxy A23 5G
    • Galaxy Z Flip4
    • Galaxy Z Fold4
  • ZTE
    • Rakuten BIG
    • Rakuten BIG s
    • Rakuten Hand
    • Rakuten Hand 5G
    • Rakuten Mini

LINEMOの対応端末は、こちらから確認できます。eSIM契約前に確認しておかなければ、いざ契約した際に通話やデータ通信ができないなどのトラブルになることも。Androidの場合は、端末の数が多いのでしっかり確認しておきましょう。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIM設定|QRコードでeSIMプロファイルダウンロードの手順

LINEMOの申し込みが完了し、審査に合格した後はいよいよeSIMのプロファイルをダウンロードしていきます。まず、iPhoneとAndroidで共通している手続き方法は以下の通り。

LINEMOのeSIM設定|iPhone・Android共通手順
  1. 登録したメールアドレスに「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」が届いたらメールを利用する端末以外で開く
  2. URLにアクセスし、ワンタイムパスワード受け取り方法を選択
  3. ワンタイムパスワードを入力し、QRコードを表示させる

上記の流れはiPhoneとAndroid、どちらにも共通している手順です。QRコードは、eSIM設定を行う端末以外から表示させるようにしてください。ここからは、以下の流れで解説していきます。

LINEMOのeSIM設定
  • iPhoneのeSIM設定方法
  • AndroidのeSIM設定方法
  • LINEMOアプリで簡単ダウンロード!

それでは早速解説していきます。

iPhoneのeSIM設定方法

iPhoneでeSIM設定を行う手順は以下の通り。

eSIM設定方法|iPhone
  1. 設定から「モバイル通信」をタップ
  2. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
  3. QRコードを読み取る
  4. 4桁のネットワーク暗証番号を入力して「次へ」をタップ
  5. 「アクティベート中…」の終了まで待機してダウンロード完了
  6. 最初のQRコード表示画面の下部へ進み、「次へすすむ」をタップ
  7. 回線切り替え手続きを行い、APN設定を行って完了

上記の手順で手続きを行えば、LINEMOのeSIM設定が完了します。QRコードを表示させる端末にさえ注意しておけば、あとは流れに従うだけで簡単にダウンロードできます。

QRコードを読み取れない場合は、読み込み画面にて「詳細情報を手動で入力」をタップしてください。すると、「SM-DP+アドレス」「アクティベーションコード」「確認コード」を入力する画面になるので入力してくださいね。

AndroidのeSIM設定方法

AndroidでeSIM設定を行う手順は以下の通り。

eSIM設定方法|Android
  1. 設定から「ネットワークとインターネット」をタップ
  2. 「モバイルネットワーク」をタップ
  3. 「代わりにSIMをダウンロードしますか?」をタップ
  4. 「次へ」をタップしQRコードを読み取る
  5. 「有効化」をタップ
  6. 4桁のネットワーク暗証番号を入力後「続行」をタップ
  7. 「LINEMOは有効です」と表示されたら「完了」を選択
  8. 最初のQRコード表示画面の下部へ進み、「次へすすむ」をタップ
  9. 回線切り替え手続きを行い、APN設定を行って完了

Android端末でQRコードが読み取れない場合、手動でeSIMプロファイルをダウンロードする必要があります。QRコードの下側にある「QRコードが読み取れない場合」を選択してください。

すると、コードが表示されるのでそちらをコピーします。その後、同じ画面内にあるヘルプを選択し、「自分で入力」をタップします。あとはコピーしたコードを張り付けして完了です。

QRコードが読み取れない場合も、あせらず対処してくださいね。

LINEMOアプリで簡単ダウンロード!

LINEMOには、プロファイルダウンロードから開通手続きまで完結できるアプリを提供しています。面倒な手続きをすべて一つのアプリで完結できるのはうれしいポイント。

LINEMOが提供しているLINEMO かんたんeSIM開通(iPhoneAndroid)アプリを、利用する端末でダウンロードし、指示に従っていくだけで手続き完了。QRコードの読み取りや開通手続きなどに不安を感じている方は、ぜひアプリを利用してみてくださいね。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIMがアクティベートできない時の対処法

LINEMOでeSIMはアクティベートできないときは、以下の原因が考えられます。

アクティベートできないときの原因
  • 回線切り替え完了していない
  • APN設定が間違えている
  • 開通前にeSIMプロファイルを削除した
  • SIMロック解除がされていない

基本的にアクティベートできないときは、入力ミスや回線切り替えがまだできていない、APN設定の誤りが原因として考えられます。再度回線切り替えを行い、端末を再起動させてみるとアクティベートされることがほとんどです。

しかし、開通前にeSIMプロファイルを削除してしまった場合や端末のSIMロックを解除していない場合はLINEMOで対処することはできません。

eSIMプロファイルは、開通後であればLINEMOマイページから再ダウンロード可能ですが、開通前の場合はログインできませんよね。また、最初に送信されるQRコードは再ダウンロード不可。

もし間違えて削除してしまった場合はLINEMOに問い合わせを行い、マイページのログイン情報を教えてもらうようにしましょう。

また、SIMロックを解除していない端末を利用している場合はアクティベートできないため、端末にある「デバイス情報」などから解除が必要な端末なのか確認してください。ロック解除されていない場合は、もともと利用していたキャリアでSIMロック解除手続きを行いましょう。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIM|再発行にかかる料金や時間

LINEMOのeSIMは、機種変更などで再発行することがあります。そこで今回は、LINEMOのeSIMを再発行する場合に気になる以下の内容を解説。

LINEMOのeSIM|再発行
  • 再発行方法と必要な時間は?
  • 再発行にかかる事務手数料は無料!
  • 再発行できない時の対処法

LINEMOのeSIMを再発行する際は、参考にしてください。それでは解説していきます。

LINEMOのeSIM|再発行方法と必要な時間は?

LINEMOのeSIMを再発行する方法は以下の通り。

LINEMOのeSIM|再発行手順
  1. My Menuにログイン
  2. 「eSIM再発行手続き」を開く
  3. 「申込する」をタップ
  4. 注意事項を確認する
  5. 「お手続き状況の通知先」から「Eメールアドレスに送信する」を選択
  6. 申込内容を確認し「同意する」にチェック
  7. 「申込」をタップ

上記の手順通り進めると、登録したメールアドレスに「eSIMプロファイル発行完了のお知らせ」という件名のメールが届きます。メールにはURLが記載されているので、新しい端末でQRコードを読み取ってプロファイルをダウンロードしましょう。

LINEMOのeSIM再発行受付時間は、9:00から21:00まで。受付時間内に申し込みを行うと、すぐにeSIMを再発行できます。再発行手続き自体は、10分程度で完了しますよ。

LINEMOのeSIM|再発行にかかる事務手数料は無料!

LINEMOのeSIM再発行に必要となる事務手数料は無料です。LINEMOでは、契約から解約までの手続きに必要となる費用はありません。

その代わり、LINEMOの手続きはすべてオンラインで行う必要があります。初期費用やeSIM再発行手数料が必要ないのはうれしいですよね。LINEMOのeSIMを再発行する必要がある場合も、安心して手続きを進めてください。

LINEMOのeSM|再発行できない時の対処法

LINEMOのeSIMを再発行できない原因は以下の通り。

LINEMOのeSIM|再発行できない原因
  • Wi-Fi環境が悪い
  • eSIM対応機種ではない

LINEMOのeSIMを利用する際は、必ずWi-Fi環境がある場所で手続きを行ってください。手続き中に「モバイル通信プランを完了できません」と記載がある場合は、通信環境が悪いことが原因です。通信環境のいい場所に移って、再度手続きを進めましょう。

また、機種変更を行った際にeSIMを再発行できない場合は、そもそも準備した端末がeSIMに対応していない可能性も。機種変更を考えている場合は、LINEMOの動作確認端末一覧から「eSIM対応」のものを選んで購入するようにしてください。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOでeSIMから物理simに変更する方法と手数料

eSIMの利用は、契約時にすぐ利用できるようになるというメリットがありますが、機種変更のたびにプロファイルをダウンロードしなくてはいけないというデメリットもあります。

機種変更のことを考えると、eSIMではなく従来の抜き差しするだけで完了する物理SIMのほうがわかりやすくて単純ですよね。このことから、LINEMOでeSIMを利用していたけど物理SIMに変更したくなることもあるでしょう。

LINEMOでeSIMから物理SIMへ変更する場合、LINEMOの問い合わせチャットサービスを利用する必要があります。

こちらのサイトを開き、「SIMカード」を選択するとeSIMからSIMカードへ変更する手続きを相談するためのチャットページが開くので、変更依頼を進めてください。受付は年中無休、24時間対応していますが21時以降の申し込みの場合、発行は翌日になるので注意しておきましょう。

ここからは、実際にLINEMOでeSIMからSIMカードに変更した場合、どれくらいでSIMカードが発行されるのかについて解説します。また、物理SIMからeSIMへの変更手順も合わせて紹介するので、参考にしてくださいね。

LINEMOのSIMカードが届くまでの時間

LINEMOのSIMカードは、最短翌日発送。発送後は、LINEMOから佐川急便の配送伝票番号がメールで届くので、佐川急便のホームページから配達状況を確認しましょう。

SIMカードをできるだけ早く手に入れたい場合は、21時より前に申し込み手続きを行いましょう。21時以降の手続きは翌日受付になるため、発送も翌日以降になってしまいます。午前中に申し込みを済ませると午後から発送になる可能性が高いですよ。

LINEMOで物理SIMからeSIMに変更する方法と手数料

LINEMOで物理SIMからeSIMへ変更する場合も、eSIMから物理SIMへの変更と同様にこちらのサイトから手続きを進めていきます。

ページを開いたら、「eSIM」を選択してチャットサービスから依頼していきましょう。eSIMであれば、21時までの申し込みで当日利用可能。

21時ギリギリに手続きし始めてしまうと、21時を超えてしまう可能性があるので時間には余裕をもって手続きを開始してくださいね。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIMは機種変更できない?

LINEMOのeSIMでは、eSIM対応端末を自分で利用することで機種変更可能です。機種変更を行う場合は、新しい端末からeSIMの再発行手続きが必要となります。LINEMOでeSIM端末同士の機種変更を行う場合は、eSIMの再発行方法を参考にしてくださいね。

ここからは、LINEMOの機種変更について以下の内容を解説します。

LINEMOの機種変更
  • LINEMOの機種変更で物理SIMからeSIMへ変更する方法
  • LINEMOの機種変更でeSIMから物理SIMへ変更する方法

どうせ機種変更をするなら、一緒にSIMも変えたいと考えている方もいることでしょう。機種変更時にSIMの種類を変えたい場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEMOの機種変更で物理SIMからeSIMへ変更する方法

LINEMOの機種変更で物理SIMからeSIMへ変更する方法は以下の通り。

LINEMOの機種変更|物理SIM→eSIM
  1. eSIM対応端末を用意する
  2. 物理SIMを差し込んでデータ移行などを済ませる
  3. こちらにアクセス
  4. 「eSIM」を選択してチャットから変更依頼する
  5. 「LINEMO かんたんeSIM開通」(iPhoneAndroid)をダウンロードして手続きを行う

上記の流れで機種変更と同時にSIMの変更が可能です。注意点としては、機種変更する端末は必ずeSIM対応端末を選ぶということ。eSIMに興味がある方はぜひ、機種変更のタイミングで変更してみてくださいね。

LINEMOの機種変更でeSIMから物理simへ変更する方法

LINEMOの機種変更でeSIMから物理SIMに変更する手順は以下の通り。

LINEMOの機種変更|eSIM→物理SIM
  1. 動作確認端末一覧を確認し、新しい端末を用意する
  2. こちらのページを開く
  3. 「SIMカード」を選択し、SIM変更依頼手続きを行う
  4. SIMカードが届いたら、用意した新しい端末に差し込む

LINEMOでは、eSIM対応端末よりSIMカード対応端末のほうが多いですが念のため、利用したい端末が動作確認端末に入っているか確認しておきましょう。

SIMカードには、標準SIMとmicroSIM、nanoSIMの3種類がありますよね。LINEMOではマルチSIMを利用しているため、利用しているスマホにぴったりのSIMサイズに切り取りが可能。申し込み時にサイズ指定する必要はありません。

ただ、SIMカードの差し込み時に小さいサイズで切り取ってしまった場合は大きいサイズへの変更ができません。万が一、誤って小さいサイズに切り取ってしまった場合は再発行手続きが必要なので注意しておきましょう。

SIMカードの切り取りは慎重に行うようにしてくださいね。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIMを利用するメリット・デメリット

LINEMOのeSIMを利用するに考えられるメリットとデメリットについて解説していきます。もし、今LINEMOのeSIMを利用するか迷っている場合は、メリットとデメリットを参考にしてみてください。

ここでは、以下の流れで解説していきます。

LINEMOのeSIM
  • メリット
    • 最短契約が可能
    • デュアルSIM運用可能
  • デメリット
    • 自分で初期設定を行う必要がある
    • 機種変更に手間がかかる

それでは早速見ていきましょう。

LINEMOのeSIM|メリット

LINEMOのeSIMを利用するメリットは以下の通り。

メリット
  • 最短契約が可能!
  • デュアルSIM運用ができる

LINEMOのeSIMに関するメリットは上記のものになります。基本的に、eSIMのメリットはLINEMOを新規契約または乗り換えで利用する方向けのものになっており、物理SIMからeSIMへ変更するほどのものではないことがわかりますね。

それぞれのメリットについて、さらに詳しく解説していきますので参考にしてください。

LINEMOのeSIMメリット①最短契約が可能!

LINEMOをeSIMを利用し、新規契約または乗り換えを行った場合は最短で即日開通可能です。SIMカードの場合は、発送と配達時間がかかるためその分、早く開通手続きが可能になりますよ。

さらに、eSIM契約用のアプリである「LINEMO かんたんeSIM開通」(iPhoneAndroid)を利用することで、開通手続きがよりスムーズに!アプリの利用で申し込みから開通まで約10~30分で完了します。

どんなに手続きに不慣れな方であっても、1~2時間ほどあれば開通手続きまで済ませることができるのはeSIMの大きなメリットですよね。

LINEMOのeSIMメリット②デュアルSIM運用ができる

LINEMOのeSIMを利用した場合、デュアルSIM運用が可能になります。

デュアルSIMとは

1台のスマホで2枚のSIMを利用し、用途に合わせて使い分けること

デュアルSIMを利用する場合、2枚のSIMを契約することで1台のスマホで仕事とプライベートに分けることが可能。特に仕事用のスマホを持っている場合は、1台忘れてしまう心配もないためデュアルSIMはかなり便利な使い方ですよね。

これまではスマホのスロットは1つしかなかったため、1枚のSIMカードしか入れることができませんでした。しかし、現在は2スロットのスマホも販売されています。

ただ、2スロットできるスマホはごく一部で現在もまだ1スロットのスマホのほうが多く販売されています。今利用しているスマホでデュアルSIM運用をしたい場合で1スロットしかないのであれば、SIMカード不要のeSIMの利用が必須であることがわかりますね。

eSIMに対応している格安SIMはまだ数が少ないため、LINEMOでeSIMを契約して他社でSIMカードを契約するとスマホ料金を安く押さえつつ、2台分の利用が可能になるのは大きなメリットだといえるでしょう。

LINEMOのeSIM|デメリット

LINEMOのeSIMを利用するデメリットは以下の通り。

デメリット
  • 自分で初期設定を行う必要がある
  • 機種変更がめんどくさい

LINEMOのeSIMを利用した際のデメリットについて、ここからさらに詳しく解説していきます。LINEMOのeSIMに関するメリットだけを見て契約するのではなく、デメリットを読んだうえで契約を検討しなければ後悔してしまうことも。

契約後に後悔してしまわないためにも、デメリットはしっかり理解しておいてくださいね。

LINEMOのeSIMデメリット①自分で初期設定を行う必要がある

LINEMOでeSIMを契約した場合、プロファイルをダウンロードなどを自分で行う必要があります。SIMカードの場合は、差し込むだけでダウンロードが開始するため、QRコードの読み取りなど複雑な設定は不要です。

eSIMはすぐに開通できるというメリットがありますが、すべての手続きを自分で行う必要があるというのはデメリットになりますね。

「自分で設定できるか不安」という方のために、「LINEMO かんたんeSIM開通」(iPhoneAndroid)も提供していますがそれでも不安な場合は、eSIM契約をやめておいたほうがいいでしょう。

LINEMOのeSIMデメリット②機種変更がめんどくさい

eSIM利用中に機種変更を行った場合、新しい端末でeSIMの再発行を行う必要があります。例えば、ソフトバンクオンラインなどで端末返却が必要な新トクするサポートを利用して機種変更したい端末を購入した場合、24ヶ月ごとに機種変更するケースが多いでしょう。

そうなってしまうと、24ヶ月目おきにeSIMの再発行が必要。SIMカードを利用した場合は、新しい端末に差し込むだけで完了するため、再発行手続きに手間がかかってしまいます。

機種変更を頻繁にする方にとって、eSIMの再発行手続きはデメリットだといえますね。もし、これらのデメリットに当てはまる場合は、eSIMではなくSIMカードを利用するといいでしょう。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

LINEMOのeSIMに関するよくある質問

LINEMOのeSIMに関するよくある質問に答えていきます。今回答えていく質問は以下の通り。

LINEMOのeSIMの質問集
  • LINEMOをデュアルSIMとして使う場合は特別なプロファイル設定が必要なの?
  • LINEMOのeSIMが繋がらない!原因は何?
  • LINEMOのeSIMに変更するデメリットはある?

LINEMOのeSIMについて、疑問や不安な部分がある場合はよくある質問で解決しておきましょう。これまでの内容と若干かぶる可能性がありますが、ご了承ください。

それでは質問に答えていきますね。

LINEMOをデュアルSIMとして使う場合は特別なプロファイル設定が必要なの?

LINEMOをデュアルSIMとして利用する場合も、通常通りのプロファイル設定・ダウンロードで問題ありません。

デュアルSIMとして利用するeSIMとSIMカード、それぞれで初期設定を行ってください。「設定」を開き、「ネットワークとインターネット」から「モバイルネットワーク」を開くと利用しているSIMが表示されます。

SIMには名前がついていますが、もしわかりにくい場合は名前を変更するとより切り替え時にも使いやすくなりますよ。

LINEMOのeSIMが繋がらない!原因は何?

LINEMOのeSIMが繋がらない場合の原因は以下の通り。

eSIMが繋がらない原因
  • eSIM対応端末を利用していない
  • APN設定ができていない
  • 回線切り替えができていない
  • iPhoneの場合、iOSのアップデートができていない
  • モバイル通信がOFFのままもしくは機内モードになっている

eSIMが繋がらない場合は、まず自分がどの原因に当てはまっているのか確認していきましょう。特に多いLINEMOのeSIMでつながらない原因は、iPhoneのiOSアップデートができていないこと回線の切り替え作業が完了していないというもの。

また、まれにiPhoneやAndroidの設定で機内モードにしたままになっていることも。今一度、上記に当てはまった状況になっていないか確認して対処してみてくださいね。

LINEMOのeSIMに変更するデメリットはある?

LINEMOの物理SIMからeSIMへ変更するデメリットは以下の通り。

物理SIM→eSIMへの変更|デメリット
  • 機種変更がめんどくさくなる
  • 初期設定を行う必要がある
  • eSIM対応端末ではない場合は新しい端末が必要

現時点で物理SIMを利用している場合、eSIMに変更することで上記のデメリットが考えられます。LINEMOを契約する際にeSIMを利用するのであれば、早く利用できるというメリットがありますが、物理SIMからeSIMへの変更には特にメリットはありません。

むしろ紹介しているような3つのデメリットが浮上してしまうため、物理SIMからeSIMへの変更は避けたほうがいいでしょう。

LINEMOのeSIMのまとめ

LINEMOのeSIMに関する内容を解説してきましたがいかがでしたでしょうか。今回の記事のまとめはこちら。

LINEMOのeSIMのまとめ
  • LINEMOはeSIMに対応している!
  • オンラインから簡単に申し込み可能
  • 申し込みから開通まで最短当日完了!
  • eSIMは自分で設定する必要がある
  • eSIMから物理SIMの変更も手数料なしで可能!
  • 物理SIM→eSIMへの変更も可能だが特にメリットはない

LINEMOを契約する際、「今すぐスマホを利用したい」「SIMカード発送を待つ時間がない」という場合はぜひeSIMを利用してみてくださいね。

LINEMOの「LINEMO かんたんeSIM開通」(iPhoneAndroid)を利用すればプロファイルのダウンロードから開通作業まで簡単に行えます。初めてeSIMを利用する方でも、安心ですね。

ただ、LINEMOでeSIMを契約する際にはデメリットもあります。デメリットも理解したうえで、eSIMの申し込みを行うようにしましょう。

最新のLINEMOキャンペーン情報

LINEMOの公式サイトから詳細を確認

https://www.linemo.jp/

LINEMOの評判

LINEMOの機種変更

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次