MENU

mineoのマイそくの料金プラン徹底解説|マイピタとの違いやデメリットについても

mineo マイそく

※本ページはプロモーション(広告)が含まれています

この記事ではmineoの独自プランである『マイそく』について解説します。

マイそくプランを一言で表すと、速度と時間に制約をつけることによってデータが使い放題になるプランです。どのキャリアも通常○GBのデータ通信量で△円とデータ容量で月額料金が決まるのに対して、マイそくプランは最大○Mbps(kbps)で△円と料金の決まり方に大きな特徴があります。

マイそくプランが気になっている方には、下記のような点が不安があってプラン変更やmineoへ乗り換えることに踏み込めない方もいるはずです。

  • マイそくの通信速度はどれくらい?普段使いできるの?
  • お昼休みにマイそくプランが使えないって本当?対処法はないの?
  • そもそもmineoの通信品質ってどうなの?ちゃんと使えるの?
  • どうしても高速データ通信がしたくなった時対応できるの?
  • 通話料は?

これらの疑問が全て解決できるように1つ1つ詳しく解説、安心してマイそくプランに乗り換えられるようにサポートします。

mineo マイそく

もちろん全ての人がマイそくプランにすべきではありません。ご自身がマイそくプランにすべきなのか、すべきでないのかもこの記事を読み終わる頃にはご理解いただけているはず。ぜひ最後までご覧ください。

mineo最新ニュース

〜mineoでiPhone SE(第3世代)販売開始〜

株式会社オプテージが運営するMVNOサービス「mineo」は2023年7月21日から「iPhone SE(第3世代)」の取扱いを開始した。

価格は64GBモデルが70,224円(24回払い2,926円/月、36回払い1,947円/月)、128GBモデルが77,880円(24回払い3,245円/月、36回払い2,156円/月)。

iPhone SE(第3世代)の最大の特徴はA15 Bionicチップを搭載していること。iPhone14/14 PlusやiPhone13シリーズと同じもので、高い処理性能を誇ります。リアカメラは広角レンズ1つだけですが綺麗な写真に仕上がりますよ。

また4.7インチのポケットサイズで、重さはたったの144g。手の小さな方でも扱いやすいのも特徴。

iPhone SE(第3世代)はiPhoneを使いたい、でも機種代金を安くしたいという方におすすめな機種です。ぜひmineoでお得にiPhoneを使ってくださいね。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

目次

mineoのマイそくとは?データ使用量制限で低料金を実現

mineo マイそく

mineoのマイそくプランは簡単に言うと、下記の3つの制限がかかるかわりにデータ通信し放題となるプランです。

  • 速度の制限…月額料金によって決められた速度(32kbps・300kbps・1.5Mbps・3Mbpsのいずれか)に制限される
  • 時間の制限…月〜金曜日の12時〜13時の1時間は最大32kbps(実質データ通信不可)に制限
  • 3日制限…3日で10GB以上利用した翌日は最大32kbps(実質データ通信不可)に制限

一見厳しい制限に見えますが、その分お得な料金設定となっています。まずはマイそくプランの3つの制限と通話料金について下記の順に解説します。

マイそくプランの3つの制限と通話料
  • mineoのマイそくスーパーライト(最大速度32kbps・月額250円)の解説
  • mineoのマイそくライト(最大速度300kbps・月額660円)の解説
  • mineoのマイそくスタンダード(最大速度1.5Mbps・月額990円)の解説
  • mineoのマイそくプレミアム(最大速度3Mbps・月額2,200円)の解説
  • 時間・3日間制限時の32kbpsについて解説
  • マイそくの通話料について解説

1つずつ詳しくみていきましょう。

mineoのマイそく|スーパーライト|月額250円

マイそくスーパーライトは月額250円で契約できるプラン。

他のプランはデータ無制限ですが、マイそくスーパーライトは24時間データ使い放題(198円/回)をオプションで購入する必要があります。

う〜ん、会社で相変わらず楽天の電波が悪いから、メイン回線を代えようかなぁ…。
通話にしか使っていないから、mineoのマイそくスーパーライトに10分かけ放題が良さげ。
デュアルSIMで通信はLINEMOで十分だし。

— HRS (@HRS_Tuba) March 13, 2023

速度が32kbpsとして普段使用することは現実的に考えられませんが、通話オプションに加入しデータは他の格安SIMで契約するのはおすすめですね。

マイそくのスーパーライトについてはデュアルSIMのおすすめプランとして今後、人気になりそうなプランです。

mineoのマイそく|ライト|月額660円

マイそくライトは月額660円で無制限にデータ通信できる(特定時間除く・3日間10GB制限あり)かわりに、通信速度が300kbpsに制限されます。300kbpsの使用感に対する口コミは下記のようなものが見つかりました。

テキストと音声データをやり取りする分には300kbpsでも十分なんだけど、画像は十中八九だめだし動画は無理

Twitterより引用

300kbpsではテキストベースのやりとりはできても画像や動画のやりとりは難しいと言うのが大方の意見です。ブラウザを使って調べ物をしようにも、画像の表示に時間がかかるため難しそうですね。

すなわちマイそくライトプランがおすすめできるのは以下のような使い方をしている方です。

利用目的が文字や音声のやり取りのみの方(インターネットでの調べ物も厳しい)

かなり利用用途は限られますが、月々たった660円で音声通話ができる回線が手に入るのは大きなメリットで、利用用途によってはお得に使えそうです。

mineoのマイそく|スタンダード|月額990円

マイソクそくタンダートプランは月990円でデータ通信が使い放題(特定時間除く・3日間10GB制限あり)となるかわりに通信速度が最大1.5Mbpsに制限されるプランです。一般的な速度制限時の速度最大128kbpsと比較すると10倍以上の速度が出ることになります。

1.5Mbpsに関してはmineoが使用感をユーザーに対して調査しています。その結果は下記の通りでなんと96%のユーザーが十分と答えています。

mineo1.5Mbpsアンケート
出典:mineo公式

特にZoom会議やアプリのアップデートといった重たいデータのやり取りが必要な使い方でなければ高い満足度であることがわかります。

ライトプランでは難しかったWebサイトの閲覧に対する満足度が高いのも安心できるポイントです。ただしYouTubeなどの動画視聴も少し満足度が低いようで、実際に下記の通りマイそくスタンダードプランでは動画視聴に時間がかかったと言う口コミも見られます。

mineo au KDDI マイソク 1.5 Mbps で
アニメを見る。
夏休みでトラフィックが多いので
ときどき止まる
30分のアニメの視聴に
40分ほどかかった。
3Mbpsなら、
もう少しなめらかかも?

Twitterより引用

したがってマイそくスタンダートは下記のユーザーにおすすめとなります。

月額料金を低価格で抑えつつ、データ通信量を気にしたくないユーザー

※動画を快適に見たい方や仕事等や学業でZoomなどテレビ会議を頻繁に使う方を除く

うまく使えば快適にかつ低価格でデータを使い放題することが可能です。

mineoのマイそく|プレミアム|月額2,200円

マイそくプレミアムプランは月2,200円でデータ通信が使い放題(特定時間除く・3日間10GB制限あり)となるかわりに通信速度が最大3Mbpsに制限されるプランです。

1.5MbpsでもYouTubeなどの動画視聴を快適に行えたという方が大半だったことを考えると、倍の速度である3Mbpsはネット利用のほとんどを快適に行える速度と言えるでしょう。

ただしネックとなってくるのは月額料金です。月額2,200円支払えばmineoのマイピタプランの最大容量である20GBプラン(2,178円)を契約可能です。すなわち最低でも20GB以上使うという方が対象となります。

従ってマイそくプレミアムは下記のユーザーにおすすめです。

月20GB以上のデータ通信を行う方で、下記に該当する方
  • データ通信容量を気にせずにデータ通信がしたい
  • YouTubeの高画質動画などある程度速度が必要なデータ通信を快適に行いたい

マイそくプレミアムに関しては2,200円と月額料金が高めの設定となっています。20GBというデータ通信量を1つの目安として意識しながら、データ通信量で決まるプランとどちらがお得と言えそうか、しっかり検討することが必要です。

mineoの特定時間及び3日10GB制限時の速度制限について

マイそくプランでは下記の時間帯の利用もしくは3日間のデータ使用量によって、データ通信速度が最大32kbpsとなる速度制限が実施されます。

  • 月〜金曜日の12時から13時の1時間
  • 3日間で10GB以上のデータ通信を行なった翌日

簡単に言うとデータ通信が行えない状態に近いと思っていただいても問題ないほどの速度です。この状況を分かりやすく表現した口コミがこちらです。

mineoマイソク32kbpsからの、povo無課金128kbpsに切り替えると、速さを実感できる。
32だとTwitter出来ないけど、128だとTwitter出来る。この違いはでかい。

Twitterより引用

128kbpsが我慢すれば使える速度だとしたら、32kbpsは我慢しても使えない速度といえるでしょう。すなわちマイそくプランにおいて月〜金曜の12時から13時及び3日で10GB以上のデータ通信を行なった翌日はデータ通信が行えないものとして考えておくのが賢明です。

mineoのマイそくの通話料金について

マイそくプランの通話料金はmineoのデータ容量で契約するマイピタプランと同じで、下記の料通りです。

項目料金
通常通話料22円/30秒
mineoでんわ10円/30秒
10分かけ放題550円
超過後11円/30秒
時間無制限かけ放題1,210円
スマート留守電319円

mineoでんわの料金10円/30秒はmineoアプリを経由した電話によって適用される料金です。多少の手間とはなりますが、通常の半分以下の料金で通話可能となるメリットがあります。

またかけ放題オプションも他キャリアと比べるとお得な料金で加入可能。かけ放題オプション利用時はアプリを経由する必要がないのも大きなメリットです。

もちろんマイそくプランにかけ放題オプションをつけることもできます。マイそくライトに10分かけ放題をつければ1,210円、時間無制限かけ放題をつけても1,870円となるため通話専用回線として運用することもできるのです。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

mineoのマイそくがおすすめのユーザーはこんな人3選

mineo マイそく
出典:mineo公式

ここではマイそくがおすすめできる人を3パターンご紹介します。

マイそくはこんな方におすすめ
  • 低価格でデータ通信をしたい通信速度にこだわりのない人
  • 動画視聴中心に20GB以上使う人
  • 通話専用回線としてお得に運用したい人

マイそくプランは通信速度・時間帯・3日間でのデータ通信量の3つの制限がかかるものの、低価格でデータ通信を使い放題にできるユニークなプランです。

ユニークゆえに全ての方におすすめできるものではありませんが、ハマればかなりお得に使えるプラン。ご自身がお得に利用できそうか、ぜひ見てみてくださいね。

mineoのマイそくがおすすめな人1|低価格でデータ通信をしたい通信速度にこだわりのない人

マイそくを最もおすすめできるのはこのパターンとなります。そこそこの速度が出ればOK、データ容量は気にしたくないという方にぴったりです。

特に下記に当てはまる方には、mineoのマイそくスタンダートタイプを強くおすすめします。

特におすすめな方
  • 月〜金曜12時から13時の時間帯にデータ通信をしない、もしくはWi-Fiなど代用手段がある
  • YouTubeの動画再生は最高画質でなくても満足できる
  • Zoomなどのテレビ会議は行わない
  • 本格的なゲームプレイを行わない
  • 3日で10GBは使わない

mineoスタンダードプランなら最大1.5Mbpsの速度のデータ通信を、たった月990円で使い放題です。1.5Mbpsで快適にできないことは最高画質での動画視聴とZoom等のWeb会議・本格的なゲームプレイくらいです。これらの用途で利用しない場合はかなりお得な運用が可能です。

ただし、月〜金曜の昼間のデータ通信手段の確保だけは考えておく必要があります。ご自身の生活習慣を考慮し、負担なく運用ができそうなら積極的にマイそくスタンダードプランを検討しましょう。

mineoのマイソクがおすすめな人2|動画視聴中心に20GB以上使う人

動画視聴中心で20GB以上のデータ通信を行う方にはマイそくプレミアムプランがおすすめです。

YouTube動画を例にするとHD720pという高画質で動画を視聴する場合に必要な速度は2.5Mbpsとなっており、マオそくプレミアムプランの範囲に収まっています。ちなみにスマホ視聴でHD720p画質なら十分綺麗な映像を楽しむことが可能です。

また720p画質で再生すると1時間あたり1.08GBのデータ通信が発生します。すなわち1ヶ月20時間以上という数字も1つの基準にしておくと、プラン選びの判断がしやすくなるでしょう。

mineoのマイソクがおすすめな人3|通話専用回線としてお得に運用したい人

マイそくスーパーライトプランと通話オプションを組み合わせることで、通話・メール専用回線としてお得に運用することが可能です。具体的には下記の料金で通話し放題です。

項目10分かけ放題時間無制限かけ放題
マイそくスーパープラン料金250円
オプション料金550円1,210円
合計金額1,210円1,870円

マイそくの制限速度である32kbpsでもメールやLINEでテキストベースのやりとりは十分可能。通話専用回線を作りたい場合はマイそくスーパーライトプランは1つの選択肢となるのです。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

mineoのマイそくの速度制限|3Mbpsってどう?

mineo マイそく
 出典:mineo公式

mineoマイそくプレミアムプランの速度3Mbpsはmineo独特の速度で、実際にどの程度使えるのか気になる方も多いでしょう。実際に最大3Mbpsの速度では難しいデータ通信は下記のものが挙げられます。

使用アプリケーション目安速度
マルチ対戦型オンラインゲーム最低10Mbps以上
高画質動画視聴:HD5Mbps以上
高画質動画視聴:4K20Mbps以上
Zoom等 ライブ配信10~30Mbps以上

このような短時間で大量のデータ通信を行う必要がある場合に限り、mineoのマイそくプレミアムプランでの運用は厳しくなってきます。

逆に言えばオンラインゲームをしない、ライブ配信をしない、動画視聴は最大画質にこだらわない(スマホなら推奨速度1.1Mbpsの480p解像度でも十分綺麗)場合はマイそくプレミアムプランを検討しても大丈夫と言えるのです。

mineoのマイそくでも適用できるキャンペーン

mineo マイそく
出典:mineo公式

ここからはmineoにマイそくプランで新規契約した際でも適用となるmineoのキャンペーンや割引を紹介します。具体的には下記の通りです。

しっかりお得を享受するためにも1つ1つしっかり見ておきましょう。

安心バックアップ最大6カ月無料キャンぺーン

引用:mineo

mineoでは、月額550円でスマホデータをバックアップするサービスを提供していますが、キャンペーンを利用すると最大6ヶ月分無料になります。

安心バックアップ最大6カ月無料キャンぺーン
特典月額550円が6ヵ月間無料
条件mineo通信サービスのオプションサービスとして「安心バックアップ」を申し込む
期間2023年12月1日~2024年5月31日

データのバックアップは自動でとることも可能なので、データ消失の心配もなくなります。

mineoで預けられるデータ容量は無制限。たくさんデータがある方でも安心して利用できますよ。

U-NEXT 最大3カ月分プレゼントキャンペーン

引用:mineo

mineoでは、U-NEXTを初めて申し込むと初月無料で利用でき、さらにU-NEXTで利用できる2,000ポイントを受け取れるキャンペーンを開催しています。

U-NEXT 最大3カ月分プレゼントキャンペーン
特典
  • 通常月額料金:2,189円
  • U-NEXTポイント:2,000ポイント付与
  • 利用開始から最大3カ月間、U-NEXTの月額料金2,189円からmineoとのセット割引の110円を差し引いた2,079円をキャッシュバック
条件mineo通信サービスのオプションサービスとして「U-NEXT」に申し込む
期間2023年12月4日~2024年3月31日

こちらのキャンペーンは、U-NEXTに初めて申し込む方限定です。3ヵ月間無料で利用できるのは、とてもお得だといえます。

まだU-NEXTを利用したことがない方は、ぜひこのキャンペーンを利用してみてくださいね。

かけ放題サービス

引用:mineo

mineoでは、10分間かけ放題のオプション・時間無制限かけ放題が初月無料になるキャンペーンを開催しています。

かけ放題サービス
特典10分間かけ放題のオプションが初月無料
条件
  • 新規契約者
    • 10分かけ放題または時間無制限かけ放題をmineoと同時に申し込む
  • mineoユーザー
    • 10分かけ放題または時間無制限かけ放題を、追加・変更する
期間2022年3月1日~2024年3月31日

mineoの通話かけ放題オプションへ加入予定の方は、キャンペーンを利用してみてくださいね。

マイピタまるっと990円キャンペーン

引用元:mineo

mineoでは、マイピタ デュアルタイプのどのコースを申し込んでも最大6ヵ月間990円で利用できるキャンペーンを開催しています。

マイピタまるっと990円キャンペーン
特典どのプランでも月額990円で利用可能
条件マイピタ デュアルタイプを新規契約
期間2024年2月1日~2024年6月3日

どのプランを選んでも月額990円になるのはかなりお得です。自分の使いやすいプランを選択し、990円で利用してみてくださいね。

パスケット

引用元:mineo

パスケットは、余ったデータ容量を無期限でためておくことのできるサービスです。そんなパスケットは月額110円必要ですが、キャンペーン利用で最大6ヵ月間無料利用が可能になります。

パスケットキャンペーン
特典月額110円が最大6ヵ月間無料
条件期間中にパスケットへ申し込む
期間2024年2月1日~2024年6月3日

パスケットは、余ったデータを預けることができるのでデータ容量を節約するとどんどんたまっていきます。無期限でためておけるため、使いたいときに利用できるのもうれしいポイント。ぜひこのキャンペーンを利用して、たくさんためてみてくださいね。

端末価格割引キャンペーン

引用元:mineo

mineoでは、スマホをお得に購入できるキャンペーンを開催しています。人気スマホがなんと最大26,400円引きです!

端末価格割引キャンペーン
特典
  • 新規契約:最大26,400円引き
  • 乗り換え:最大16,500円引き
条件端末を一括購入する
期間2024年2月1日~2024年3月31日

キャンペーン利用で割引が適用されるのは、端末一括払いが条件です。気になる対象端末はこちらから確認してください。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

mineoのマイそくを使ってる人の口コミや評判

mineo マイそく
出典:mineo公式

マイそくは気にはなっているけど、実際はどうなの?と思っている方は大勢いられると思います。ここからはmineoのマイそくプランを実際に使っている方々の声を集めてみました。

まずは990円で1.5Mbpsのデータ通信が無制限となるマイそくスタンダードプランから。

#マイそく にして日に2-3GBを快適に使えてます(少し誇張)
月60-90GB使っても990円ですよ
マイそくx2枚体制にしてますます快適

お陰で楽天モバイル使う頻度が目に見えて減りました
今月中に解約しておこ

マイそくは大きなDLには向いてないけど必要な時はpovo2の1日使い放題330円を使えば快適!

Twitterより引用

動画も快適に見れるという声が聞かれました。また大きなデータのダウンロードは向かないので、必要な場合は別途対応するのがベストという声もありますね。大きなデータ通信が必要な頻度がどれくらいかがカギになってきそうですね。

次に660円と破格の値段で300kbpsの通信が無制限となるマイそくライトプラン。こちらはいかがでしょう?

mineoの「マイそくライト」
月額660円
回線速度300kps
遅すぎて、さすがに使えない・・・
スタンダードに変えます
#mineo

Twitterより引用

やはりストレスなしには使えないという声が聞かれます。300kbpsでの運用は厳しいという意見が大半です。通話専用回線といった用途に限られそうです。

最後に2,200円で3Mbpsの速度で使い放題となるマイそくプレミアムプランです。2,200円なら20GBプランでいいのでは、という意見も聞かれる一方で、満足している声も多くありました。

https://twitter.com/ThomasAnago/status/1610429143761719296

マイネオのマイそくプレミアム2200円にして本当に良かった。お陰でanimegogoが見放題になった。ぐへへ。 #マイネオ #マイそくプレミアム

Twitterより引用

パソコンに繋ぐ前提で考えるのもありという意見が多くみられました。確かに1.5Mbpsではパソコン用のデータ通信に使うのは難しいので、この使い方は検討の余地がありそうです。またアニメなど動画をがっつり高画質で見たいという方の需要が高い傾向にありました。

最後に月から金曜12時から13時の速度制限に関する口コミです。

今(12:32)、外出してるんだけど
ネットが全然繋がらなくて
通信障害?って思ったけど
そういえばマイそく入れてたんだった!
つまり今は32kbps!
クソ遅せぇ!!!

Twitterより引用

予想通り32kbpsでは全く使えないという声が大半でした。マイそくプランにする場合、この時間帯をどうケアしていくかが一番の課題と言えそうです。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

mineoのマイそくのeSIMについて

mineo マイそく
出典:mineo公式

mineoのマイそくプランはeSIMに対応しています。ただしmineoでeSIM対応しているのは、料金プランに関わらずAプランとDプランでSプランでは使えません。すなわちeSIMにすることで選択できる回線がau回線とドコモ回線に限定されてしまうことに注意しましょう。

eSIMにするメリットは下記の3つです。

  • 開通までオンラインで完結するので最短即日開通可能
  • SIMカードの紛失・破損のリスクがない
  • 物理SIMで契約している別契約とデュアル運用が可能となる

1番のメリットはオンラインで契約から開通までが完結することで、最短数時間でmineo回線を利用開始可能なことです。

また1つの端末に2つの携帯電話回線を入れることをデュアルSIM運用と言います。日本で販売されている端末では「物理SIMカード+eSIM」もしくは「eSIM+eSIM」でデュアルSIM運用することになります(Zenfone 9などの一部端末を除く)。mineoがeSIMに対応していることで、デュアルSIMとして運用する組み合わせを増やすことが可能なのです。

mineoのマイそくのデメリット5つ

mineo マイそく
出典:mineo公式

マイそくプランは一見素晴らしいプランに見えますが、もちろんデメリットも存在します。具体的には下記の通りです。

マイそくの5つのデメリット
  • 平日の昼間1時間はほぼデータ通信不可
  • 3日10GBの利用での通信速度制限がある
  • 通信の最適化を非適用にできない
  • ゆずるね。サービスは対象外
  • 高速通信を使いたい場合は1日あたりのオプション加入が必要

メリットだけに目が行って契約してしまうと、のちに後悔することも多々あります。しっかりデメリットも見ていきましょう。

mineoのマイそくのデメリット① 平日の昼間1時間はほぼデータ通信不可

マイそくプラン加入時は月〜金曜日12時〜13時のデータ通信速度が最大32kbpsに制限されます。テキストベースのメールを送ることが限界で、インターネットで調べ物をすることは無理と考えていい速度です。

この時間が昼休みに当たり利用頻度が高い、出先で通信ができないと生活に支障が出るという方の利用は難しいでしょう。

なおどうしてもこの時間にデータ通信が必要な場合は24時間データ使い放題オプション(198円)を購入することでデータ通信が可能です。ただこれが頻発すると低価格というマイそくプランの強みを消すこととなるので、最低限の利用にとどめられるか検討しましょう。

mineoのマイそくのデメリット② 3日10GBの利用での通信速度制限がある

マイそくプランは厳密にいうと無制限で使い放題できるわけではなく、3日間で10GB以上のデータ利用した場合、翌日の最大速度が32kbpsに制限されてしまいます。

繰り返しになりますが、最大32kbpsの速度とはデータ通信不可能と同じレベルです。データ使用量を全く気にせずに通信をしたいという場合、特にデータ使用量に偏りがある方にはマイそくプランは向きません。

なお、この制限に関しても24時間データ使い放題オプション(198円)を購入することで解除可能。ただしオプションを使いすぎて月額料金が高額になるということがないように気をつけましょう。

mineoのマイそくのデメリット③ 通信最適化を非適用にできない

mineoでは通信の混雑を防ぐために、混雑時間帯に通信最適化という処理を行い通信量を減らし混雑を緩和する仕組みを導入しています。通信最適化とはデータのいらない部分を自動的にカットしてデータ通信を行うことでによって、データ通信量を減らすことです。一見ユーザーには不利益がないように思えます。

ただし通信最適がされると、例えばクラウドに写真をアップした際中に入っているメタデータ(撮影日や撮影場所といった画像以外の情報)が不要データとして処理され消えてしまうということがあり得ます。要は通信したデータの一部が破損する恐れがあるというわけです。

マイピタプランでは最適化しないように設定が可能ですが、マイそくプランの場合はできません。マイそくプラン回線経由のデータ通信は大切なデータのやり取りに向かないことは知っておきましょう。

mineoのマイそくのデメリット④ ゆずるね。サービス対象外

mineoではゆずるね。というお得なサービスを提供していますが、マイそくプラン加入者は対象外となります。ゆずるね。サービスとは11時30分までにゆずるね宣言をし、12時から13時のデータ通信を控えることで特典がもらえるサービスです。月の達成回数に応じて下記の特典がゲットできます。

達成回数特典内容特典説明
5回100MB獲得100MBのデータ通信量がもらえる
10回夜間フリー獲得達成した翌月1カ月間、23時~7時の間、パケットを消費しなくなる
15回200MB獲得200MBの通信量がもらえる
20回プレミアム1DAYパス獲得24時間だけ、高速通信ができるプレミアム帯域をお好きなタイミングで使えるチケット

特にプレミアム1DAYパスはマイそくプランでも魅力的ですが、残念ながら獲得できません。もし昼のデータ通信を控えることで、このような特典を得たい場合はマイピタプランを選びましょう。

mineoのマイそくのデメリット⑤ 高速通信を使いたい場合は1日あたりのオプション加入が必要

マイそくプランでも24時間使い放題オプション(198円)の購入により高速通信が可能です。ただし24時間限定で適用されるため、月に何度か高速データ通信を使いたいとなった時に都度課金が必要なのがデメリットです。

ちなみにマイピタプランのパケットチャージオプション(55円/100MB)を330円分購入すると600MB分。このうち50MBしか使用しなかった場合、マイピタプランなら持ち越しが可能ですが、マイそくプランだと24時間で消滅してしまいます。

高速データ通信の利用について、通信量自体は少なくても頻度が高い場合、オプション購入の回数が増えて逆に高額になってしまう可能性があるので注意しましょう。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

mineoのマイピタとマイそくってなにが違うの?|比較表

まずマイピタプランとマイそくプランの違いを一覧で比較します。

項目マイそくプランマイピタプラン
料金の決定方法速度によって250~2,200円通信量によって1,298〜2,178円
時間帯による速度制限月〜金曜日の12〜13時なし
3日10GB制限あり(翌日適用)あり(翌日適用)
制限中の速度32Kbps200Mbps
高速データ通信をしたい時24時間使い放題オプション
198円/回
追加パケット購入オプション
55円/100MB
ゆずるね。サービス非対応対応
通信最適化設定不可設定可能
音声通信オプション含め違いなし
mineoプチ体験利用不可利用可能

マイピタプランはスタンダードな料金プランといった印象を受ける方が多いのではないでしょうか。速度制限時の速度低下がマイそくプランより緩く、追加データの購入が可能、データ最適化のON/OFF設定ができるといったところが大きな違いと言えそうです。

マイピタプランの料金詳細

マイピタプランの料金テーブルは下記の通りです。

データ容量月額料金パケット放題Plusオプション料
1GB1,298円385円
5GB1,518円
10GB1,958円無料
20GB2,178円
超過後速度最大200Kbps
追加チャージ55円/100MB

mineoのマイピタプランは最小1GB〜20GBまでの比較的利用する方が多いデータ量の中から自身にぴったりの容量を選べることが特徴。20GB 2,178円という価格も最安値ではないものの安い水準に抑えられています。

またオプションのパケット放題Plusに加入すると下記の場合でも、最大1.5Mbpsの速度でデータ通信が可能です。

  • 契約の高速データ通信容量を使い切った後
  • mineoスイッチをONにした時(データ容量の温存が可能)

1.5Mbpsの速度であれば、高速データ通信が必要な一部のこと(高画質動画視聴やテレビ会議など)を除いて、利用可能です。普段はmineoスイッチONで1.5Mbpsの通信でデータ容量を温存しながら、いざという時に高速データ通信を使うという運用が可能なのも魅力です。

mineoは利用用途に応じて2つのプランが選べることが大きな特徴です。ご自身にぴったりと思ったプランはどっちか、しっかり検討して加入してくださいね。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

mineoのマイそくのプラン変更方法の手順と流れ

mineoのマイそくのプラン変更方法の手順と流れ
出典:mineo公式

マイそくプランの魅力とデメリットをしっかり理解した上で、マイそくプランに変えてみたいと思った方もいると思います。マイそくプランは下記の手順で変更可能です。

マイそくプラン変更手順
  1. マイページ の『コース変更(基本データ容量/速度変更)』をタップ
  2. コースを選択して『次へ進む』をタップ
  3. お申し込み内容を確認し、『申し込む』をタップして完了

なお即時に反映ではなく翌月からプラン変更となります。25日までならマイページよりキャンセル可能なので、申込後に気が変わった場合はキャンセル手続きをしましょう。

mineoのプラン変更する際に注意すべき点

mineoのマイそくプランに変更する際は注意すべき点がいくつかあります。具体的には下記の通りです。

マイそくプランに変更する際の注意点
  • 申し込み・キャンセルは25日までで翌月から適用
  • パケット放題Plusオプションは申し込み月の28日に強制解約
  • 現在受け付けていないプランに戻ることができなくなる
  • 持っているパケットは何もしないと消滅

どれも契約変更の前に知っておくべき事項です。1つずつ見ていきましょう。

申し込み・キャンセルは25日までで翌月から適用

マイそくプランへプラン変更する際の申し込みは毎月の25日が締め切りです。変更は即時適用されるわけではなく、翌月よりプラン変更される点にしっかり理解しておきましょう。

すぐにプラン変更が適用されたと勘違いして、データ使い放題と勘違いしてしまうと肝心なところでデータ通信ができないということになりかねません。またキャンセルも25日までなので、やっぱり変更をやめようと思った場合は早めに処理することが大切です。

26日以降は変更を受け付けてくれず、最短でプラン変更が翌々月となってしまいます。またキャンセルしたいと思っても翌月1ヶ月はマイそくプランを使う必要があるのです。25日という数字はしっかり意識しておきましょう。

パケット放題Plusオプションは申し込み月の28日に強制解約

パケット放題Plusはマイそくプランを申し込んだ月の28日に強制的にmineoを解約となります。つまり28日からの最大4日間はmineoスイッチをONにした場合や契約データ容量を使い切った場合の通信速度が200kbpsに制限されてしまいます。

普段からmineoスイッチをON、1.5Mbpsを前提に運用していた方は最後の4日間の分だけ契約データ容量を残しておくなどの対策が必要です。

現在受け付けていないプランに戻ることができなくなる

mineoには以前はラインナップしていたけど、現在は廃止されているというプランがいくつか存在します。廃止されたプランは今の所継続して利用可能ですが、マイそくプランに変更後再度廃止済みプランに戻ることはできないので注意しましょう。

特に現在は20GBプランが最大容量ですが、以前は30GBというプランも存在し現在も継続契約している方もいるでしょう。そのような方は特に以前のプランに戻れないことを理解した上でプラン変更の検討が必要です。

持っているパケットは何もしないと消滅

mineoで手に入ったパケット(データ通信量)は受け取った月の翌月末に消滅します。マイそくプランに変更すると通常の方法ではパケットを消費することができないので、なるべく使い切ってから乗り換えるか、消費できない分は諦めるのが原則です。

ただし残っているパケットの量があまりにも大きい場合、下記の2つの方法を使えばパケットを継続保持でき、マイピタプランに戻った際に使用することが可能です。

パスケットはパケットの貸金庫のようなイメージです。月額料金はかかりますが、手軽に保持しておきたいという方は契約を検討しましょう。

2つ目の方法に関しては裏技的な方法ですが、mineoが運営しているユーザーコミニュティーマイネ王にて公開されている情報です。どうしてもという場合は試してみましょう。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

mineoのマイそくによくある質問集

mineo マイそく
出典:mineo公式

ここからはmineoの下記のよくある質問に回答していきます。

mineoのマイそく よくある4つの質問
  • mineoはどこの回線?
  • mineoのマイそくの3日間制限とは
  • mineoってネットの速度が遅いの?昼休みは大丈夫?
  • mineoのマイそくはテザリングできる?
  • マイそくスーパーライトにプラン変更できないって本当?
  • マイそくスーパーライトはエントリーパッケージが使えない?その他注意点は?
  • mineoのマイそくは5G通信できますか?

どれも知ってから契約しないと、契約後に後悔する可能性がある事柄です。1つ1つ必ず解決してから契約するようにしましょう。

mineoはどこの回線?

mineoはドコモ(Dプラン)・au(Aプラン)・ソフトバンク(Sプラン)の回線から使いたい回線を選択して利用できます。ただし、eSIMについてはau回線のAプランでのみの提供であるため、ドコモ回線やソフトバンク回線では利用できません。

mineoは大手キャリアの回線の一部を借りてサービスを提供する、MVNOと呼ばれるキャリアです。そのため大手キャリア品質と同じ通信を使えるわけではないことも知っておきましょう。

なお3キャリア全ての回線から選択できる格安SIMは珍しく、3つの選択肢があることはmineoの強みの1つとなっています。

mineoのマイそくの3日間制限とは?どれくらい遅いの?

マイそくでは3日間で10GB以上データ通信をした場合、翌日に速度制限がかかり通信速度が最大32kbpsに制限されます。最大32kbpsはほぼデータ通信が行えない速度です。

どうしてもデータ通信を行いたい場合は24時間データ使い放題オプション(198円)を利用しましょう。

なお、口コミによると速度制限は「丸1日行われるわけではない」とのこと。おおむね早朝3時ごろ速度制限が開始され、当日20時くらいには解除されるようです。

mineoってネットの速度が遅いの?昼休みは大丈夫?

結論、大手キャリア本体の回線を比較するとmineo回線の速度は遅いというのが事実です。

実際に日本最大級の通信速度レポートサイト『みんなのネット回線速度』のデータを引用し、大手キャリアと速度を比較すると下記の通りです。

平均速度Ping値ダウンロード速度アップロード速度
mineo71.33ms41.52Mbps9.32Mbps
ドコモ51.19ms187.05Mbps17.97Mbps
au48.81ms77.33Mbps13.69Mbps
ソフトバンク35.23ms94.51Mbps20.76Mbps

出典:みんなのネット回線速度

やはり大手キャリア回線と比較すると大きく速度が劣ることがわかります。特に通勤通学時間帯やお昼休みは回線が混雑するため大きく速度が下がる傾向にあるため注意が必要。

ただし高画質動画の視聴も含め、一般的なスマートフォン利用であれば十分な速度が出ています。1秒の遅延が命取りとなるような本格的なゲームプレイでなければ、数字上は問題なく使えそうです。

ただしマイそくプランでの月曜〜金曜12:00〜13:00(最大速度32kbps)の利用は諦めてください。

mineoのマイそくはテザリングできる?

mineoのマイそくプランでも無料でテザリング可能です。

テザリング利用時でもマイそくプランのルールが適用されるため、契約に応じた速度に制限されます。月〜金曜12:00〜13:00と3日10GB利用した翌月は速度制限(最大32kbps)も同様に実施されます。

またテザリング時はPCがバックグラウンド上で勝手に大量のデータを同期する事があるため、想像以上にデータ通信量を消費してしまう事も多々あります。スマートフォンと同じ感覚で通信しているとあっという間に速度制限がかかる可能性があるのでご注意下さい。

mineoのマイそくスーパーライトにプラン変更できないって本当?

マイそくスーパーライトプランは申し込み時にのみ加入が可能で、コース変更による加入ができません。以下の通り、マイそくプランの注意事項に記載があります。

マイピタおよびマイそくの他コースからマイそくスーパーライトへコース変更することはできません。

出典:マイそく 注意事項

なおマイそくスーパーライトからマイピタプラン含む別プランへのプラン変更は可能です。しかし一度他のプランに変更してしまった場合、再度マイそくスーパーライトへ戻ることはできない点に注意しましょう。

mineoのマイそくスーパーライトはエントリーパッケージが使えない?その他注意点は?

マイそくスーパーライトはたった月250円で利用できるプランですが、エントリーパッケージが使えず、契約の際に3,300円の手数料(別途SIM契約手数料も必要)が必ずかかります。

前述した通り他のプランからマイそくスーパーライトへのプラン変更もできません。したがって、エントリーパッケージを使って手数料無料で他のプランに加入し、翌月にマイそくスーパーライトにプラン変更する手法も使えない点に注意。

そのつもりで、mineoに加入すると後にこんなはずではなかったとなってしまいます。

また他のプランにはない注意点が存在。具体的には以下の通りです。

マイそくスーパーライトの注意点
  • 最大速度の32kbpsでは、QRコード決済のバーコードを表示するだけでもストレスになるほどデータ通信が困難(データ通信はほぼ不可能に等しい)
  • 家族割・複数回線割引・eo×mineoセット割の対象外
  • 夜間フリーの対象外

マイそくスーパーライトは超低価格で提供している分、注意点が多いことに気をつけましょう。

mineoのマイそくは5G通信できる?

マイそくプランであっても5G通信が利用できます。追加料金は不要で、au・ドコモ・ソフトバンクどのキャリアの回線であっても使うことが可能です。

5G通信はオプションなので、新規でmineoに申し込む際に申し込みをするか、契約中に5Gを使いたくなった場合はマイページから申し込むようにしましょう。

なお、5G通信を使うためにはご自身の端末が5G通信に対応しているか確認する必要があります。

mineo対応端末であれば、動作確認済み端末検索|mineoで検索するか、使っている端末の公式HPから確認しましょう。

mineoのマイそくのまとめ

mineo マイそく
出典:mineo公式

ここまでマイそくプランについて解説してきました。

マイそくプランには『スーパーライトプラン(デュアルSIMとして)』『ライトプラン(超ライトユーザー向け)』『スタンダードプラン(一般ユーザー向け)』『プレミアム(ヘビーユーザー向け)』4種類のプランがあるので、普段の使い方に応じてお好みのプランを契約しましょう。

どのプランを選んでも利用状況に応じて通信速度が制限されます。

マイそくプランの速度制限

以下いずれかに該当すると最大32kbpsに速度制限される(ほぼ使えなくなる)

  • 月〜金曜日12時〜13時
  • 3日間で10GB以上利用した翌日

mineoのマイそくプランは比較的重めの条件を課すかわりに、低価格でデータを使い放題できるプランです。特に『お昼時の通信』『大量通信』はマイそくプランの弱点です。これらの弱点が気にならない、あるいは対策がある方にとってはメリットだらけのプランと言えるでしょう。

ハマる方にとってはとことんハマる料金プランです。ご自身にぴったりと思った方はぜひマイそくプランを契約し、お得なスマートフォンライフを送ってくださいね。

\毎月のスマホ代を抑えられる/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次