au

auのMNPの手数料について!無料になる条件と乗り換えから開通までの流れ

本日のテーマはこちら
「auのMNPの手数料について!無料になる条件と乗り換えから開通まで流れ」

auから他社の携帯電話会社へMNPするのって難しいですよね。

でも大丈夫です。本記事では「auから他社の携帯電話会社へMNPする方法」をどこよりも分かりやすく解説しているので。

本記事は総務省の掲載情報+au携帯会社の掲載情報+他社の携帯会社の掲載情報を元に制作してるので、信頼性が高い+分かりやすい情報を提供することができています。

本記事の要約:auのMNP転出手数料は無料です。ただし、MNP転出手数料とは別の解約手数料に注意する必要があります。

本記事を最後まで読むと、「auからMNPする際の転出手数料を無料にする方法」「auから他社の携帯電話会社に乗り換えする手順」について理解することができます。

難しい内容も分かりやすく解説していますので、知識に自信がない方も安心して読み進めていってください。

→auオンラインショップこちら

auのMNPの転出手数料って本当に無料なの?その条件は?

au

auでは、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用してau(UQモバイル含む)から他社の通信事業会社(NTTやソフトバンクなど)に乗り換える際にかかる3000円の転出手数料が廃止されました。

2021年4月1日からこの制度は開始されています。

他の携帯会社も同じ制度が適用されているので、MNPの転出手数料はどこの会社でも無料になっています。

総務省の発表
→他社移動による携帯電話会社の競争を促進する目的からMNPの転出手数料がなくなることになりました。

 

auのMNPの転出手数料がかかるケースについて

au転送手数料

auのMNP転出手数料はかかりません。

しかし、各種契約していた内容によっては解約手数料がかかる場合があります。

これまでの乗換え
MNP転出手数料:3000円
auの解約手数料:1100円〜10450円

これからの乗換え
MNP転出手数料:0円
auの解約手数料:1100円〜10450円

auの解約手数料に関してはご自身の契約プランによって異なります。

解約手数料一覧
2年契約N:1100円
2年契約:10450円
1年契約:3300円
更新期間:0円

つまり、auプランの契約更新時であれば、無料で他社に乗り替えることが可能なのです。

auから他社に乗り換えを検討している方は、是非auの契約更新期間に乗換えするのことをおすすめします。

 

ドコモやソフトバンクのMNP転出手数料について

他の携帯会社のMNP

総務省は「スイッチング円滑化」、携帯電話の他社乗り換えの円滑化に取り組んできました。

その結果、2021年4月1日から全ての携帯電話会社で乗り換え費用であるMNP料金が廃止されました。

  • au→ドコモ
  • ドコモ→ソフトバンク
  • ソフトバンク→楽天

どこからどこの乗り換えであっても、MNP転出手数料は発生しないのです。

ただ、注意点としては、契約プランの途中だとMNPとは別に解約手数料が発生してしまう点があります。

 

ドコモのMNPが無料になるケース

基本的にはドコモでMNPを利用した場合の転出手数料は無料です。

ただ、2021年3月30日までにMNP予約番号を取得し、2021年4月1日以降に解約した場合は従来と同じ3300円が請求されるので注意しましょう。

ドコモから他社の携帯電話会社へ乗り換えを検討している方は2021年4月1日以降に乗り換えるようにしましょう。

 

 

ソフトバンクのMNPが無料になるケースは?

ソフトバンクでもMNPを使用した乗り換え時の転出手数料は無料です。

ただ、契約プランによっては解約手数料が発生するので、その点は注意しましょう。

また、ソフトバンクでの解約手数料に関してはMy SoftBankで閲覧可能です。

My SoftBank

また、ソフトバンクでは携帯乗り換え専用のカスタマーサポートが充実していますので、ご不安方はカスタマーサポートにお問い合わせしてみましょう。

 

 

auからMNPで転出する際の注意点

注意点

ここまでをまとめると、どの携帯会社もMNPの転出手数料は2021年4月以降であれば無料になるということです。

ただ、MNPとは別に注意しなくてはいけない点が数点ありますので、本記事でその点に関して詳しく解説していきます。

auからMNPで転出する際の注意点

  • 契約解除料金が発生する
  • 分割支払い残額の支払い
  • キャリアメールが使えなくなる

この点を理解せずに、MNPしてしまうと思った支出やマイナスなことが起きてしまいます。

auから他社に乗り換えしたい方であれば、必ず上記の3つは正しく理解しておきましょう。

 

注意点①契約解除料金が発生する

先ほども触れましたが、auから他社に乗り換えをする際には契約解除料金が請求されます。

更新期間中の契約解除であれば、問題ないのですが、契約途中での解約には手数料が発生してしまいます。

解約手数料一覧
2年契約N:1100円
2年契約:10450円
1年契約:3300円
更新期間:0円

ご自身がどの契約プランに申し込んでいるか確認した上で他社乗り換えを検討しましょう。

おすすめは更新期間中にMNPを利用して他社に乗り換えをする方法です。

更新期間中にMNPを利用することで、実質無料で他社に乗り換えすることができるのです。

 

注意点②分割支払い残額の支払い

auでスマートフォンや携帯電話を分割購入した方は契約を解除しても、分割支払い残額の請求がされます。

分割支払い残額の支払い方法は2つあります。

  • 引き続き分割支払い
  • 分割支払残額の一括精算

例えば、2021年4月時点で月々3000円×12ヶ月の場合、

引き続き分割支払いをする方は2022年4月まで月額で料金を支払う必要があります。

一方で、分割支払い残額の一括精算を希望する方であれば、36000円を一括で支払えます。

auのデフォルトだと、引き続き分割支払いが適用されるので、一括精算を希望する方はウェブからお申し込みをしましょう。

お申し込みはすぐにできるので、一括精算を希望する方は必ずお申し込みをしましょう。

 

キャリアメールが使えなくなる

auを解約してしまうと、

@ezweb.ne.jp/@au.comを使用したキャリアメールは使えなくなります。

  • 仕事で利用している
  • 友人達との連絡している

上記のような方は、キャリアメールが使えなくなる前に、仕事の方、友人の方達に事前に連絡しておきましょうり

また、大事なメールなどはバックアップするようにしましょう。

→auオンラインショップこちら

 

auから他社へMNPへする方法

auから他社にMNPする方法

ここからは、実際にauから他社携帯電話へとMNPする方法を具体的に解説していきます。

  • auからドコモ
  • auからソフトバンク

1つ1つ丁寧に解説していくので、MNPに自信がない方も安心して読み進めていってください

 

auからドコモへMNPする手順と流れ

auからドコモ

auからドコモへMNPする手順は2つだけです。

  1. MNP予約番号を取得する
  2. 新規申し込み手続きをする

MNPする前に必要なものは下記の通りです。
・MNP予約番号
・契約者本人の確認証明書
・毎月の支払いに必要なもの
・必要な費用(3300円)

準備ができた方はMNPの手順を始めていきましょう。

  1. まずはMNP予約番号をau携帯会社で取得します。
  2. その次に、auの窓口へMNP予約番号の申し込みを行いましょう。
  3. その後、「MNP予約番号」をお受け取りください。

auでMNP予約番号を受け取る方法は4つほどあります。

・WebでMNPのご予約:24時間
・EZwebでMNPのご予約:24時間
・お電話でのご予約:9時〜21時
・店頭でのMNPのご予約:店による

MNP予約番号を取得できた方は新規申し込み手続きをしていきましょう

新規申し込み手続きの場合は、来店するかオンラインで手続きをする必要があります。

来店する場合は、通常の来店とは異なるため、事前に予約する必要があります。

auからドコモへMNPする流れ
・auにてMNP予約番号を取得
・ドコモにて新規申し込み

 

auからソフトバンクへMNPする手順と流れ

ソフトバンク

auからソフトバンクへMNPする手順はドコモと基本的には変わりません。

  1. auにてMNP予約番号を取得
  2. ソフトバンクにて新規申し込み

auにてMNP予約番号を取得する方法は先ほど解説した通りです。

・WebでMNPのご予約:24時間
・EZwebでMNPのご予約:24時間
・お電話でのご予約:9時〜21時
・店頭でのMNPのご予約:店による

Webからの申し込みが1番楽ですが、インターネットに自信がない方は店頭での予約をおすすめします。

MNP予約番号を取得できた方はソフトバンクの店頭まで足を運びましょう。

少し不安な方は他社からの乗換え(MNP)のお客様専用サポートを使用してみてください。

ソフトバンクカスタマーサポート:0800-100-5533

 

auのMNPの手数料についてのまとめ

ここまでで「auのMNPの手数料」について詳しく解説してきました。

auのMNPの手数料

  • 総務省は全ての携帯電話会社に対して、手数料を2021年4月から0円に制定した
  • MNPする際の注意点は携帯会社の契約プランを途中で解約すると解約手数料がかかる
  • 費用を抑えたい方はau契約プランの更新期間中に他社の携帯会社に登録するべき

auからドコモにMNPする手順

  • MNP予約番号を取得する
  • ドコモにて新規予約を申し込む

auからソフトバンクにMNPする手順

  • MNP予約番号を取得する
  • ソフトバンクにて新規予約を申し込む

他社の携帯電話会社へMNPする際は本記事を参考にしてみてください。

→auオンラインショップこちら

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-au

© 2021 スマホログ