iPhone14の最新情報!予約・在庫情報まで

【iPhoneのデメリット】アンドロイドからiPhoneに機種変して後悔することって何?

アンドロイドOSを搭載したスマホ

iOSを搭載したiPhone

どちらも使いやすくて便利なんですが、国内ではデザイン性や操作性のよさなどからiPhoneの人気が高いですよね。

アンドロイドスマホをずっと使ってきた人の中には、「次の機種変更はiPhoneにしてみようかな」と検討している人もいると思います。

しかし、iPhoneに機種変更したからといって、すべての人がアンドロイドスマホよりも使いやすくて便利になるということではありません

実際、アンドロイドスマホからiPhoneに機種変更して後悔しているという人もたくさんいます。

そこでこの記事では、アンドロイドスマホからiPhoneに機種変更して後悔することについてまとめてみました。

アンドロイドスマホからiPhoneに機種変更しようと思っている方は必見です!

アンドロイドからiPhoneに機種変して後悔すること

アンドロイドスマホからiPhoneに機種変更した際に、後悔する主な理由は以下の通りです。

  • Androidの方が操作性・カスタマイズ性に優れている
  • Androidの方がスペック・便利機能が多く搭載されている
  • 端末代金がiPhoneの方が高い

それぞれ解説していきます。

iPhoneの操作性・カスタマイズ性のデメリット

アンドロイドスマホとiPhoneを比較した場合、まず初めに着目すべき点は操作性・カスタマイズ性です。

操作性・カスタマイズ性は、スマホを使用する上で非常に大切な部分になります。

具体的にどのような部分に違いがありデメリットになるのでしょうか。

  • 使えるアプリに違いがある
  • キーボードが使いづらい
  • アプリの一括終了ができない

それぞれ見ていきましょう。

使えるアプリに違いある

アンドロイドとiPhoneでは、使えるアプリに違いがあります。

アンドロイドスマホとiPhoneのどちらにも対応しているアプリは多いですが、未だに対応していないアプリがあるのも事実です。

その理由はApple StoreとGoogle Playのアプリ審査基準の違いにあります。

Apple Storeではアプリ審査基準を厳しめに設定しているため、審査に通ることができずに製品化できなかったアプリがたくさん存在するのです。

一方でGoogle Playでは、Apple Storeほどの厳格な基準を設定しているわけではないので、Apple Storeの審査に通らなかったアプリでも、製品化することができています。

必然的にGoogle Playの方が対応しているアプリが多くなってしまうというわけです。

実際、私自身もアンドロイドスマホで重宝していたアプリがiPhoneに移行した後に使えなかった経験があり、非常に歯がゆい思いをしました。

アンドロイドからiPhoneへ機種変更する際は、必ず普段使用しているアプリが対応しているか確認してからにしましょう。

キーボードが使いづらい

アンドロイドからiPhoneに機種変更すると、キーボードの入力方法も変わります。

iPhoneの方が使いやすいならいいんですけど、キーボード入力についてはアンドロイドの方が断然使いやすいと言われています。

アンドロイドのキーボードでは、カーソルを自由に移動することができますよね。

例えば、

「こんにちは」と入力したときに

「は」のところにカーソルがあって「に」の前にカーソルを持っていきたいとき

「←」をタップすれば簡単にカーソルが移動が可能

でも、iPhoneには「←」がありません

iPhoneでカーソルを移動する場合は、文字のところで長押しをしてそのまま指を移動させるようにするとカーソル移動ができます。

しかしアンドロイドスマホとの使用感の違いから使いづらいと感じてしまう人が多くいるようです。

それ以外にも、キーボードが「かな」「数字」「英字」で分かれてしまっているのも使いづらいと感じます。

iPhoneでは英字と数字が別の設定になっているので、わざわざキーボードを変更して入力しなければいけなくて手間が多いです。

もしもiPhoneのキーボードが使いづらいと感じている方は、キーボードを変換するアプリがあるので、そちらをインストールしてみてください。

アプリの一括終了ができない

アンドロイドスマホでもiPhoneでも、アプリを終了せずにホームに戻った場合は、バックグラウンドでアプリが起動したままです。

多くの方は、ある程度アプリを起動させた後にアプリを終了すると思いますが、アンドロイドスマホとiPhoneにはこの機能が異なります。

アンドロイドスマホではバックグラウンドで起動しているアプリを一括で終了するボタンが存在しているのに対して、iPhoneでは一つ一つをスワイプして終了させなければいけません。

私自身、バックグラウンドのアプリを終了させるときには10個以上のアプリが溜まっているので、いちいちスワイプして終了させるのは非常にめんどくさいです。

現在のiPhoneでは、3つまでは同時にスワイプしてで消去できるので、少しは改善されていますがやはり不便さは感じてしまいます。

まとめてバックグラウンドのアプリを終了したい方には、あまりおすすめできない部分ですね。

iPhoneのスペック・便利機能面でのデメリット

続いてはiPhoneのスペック・便利機能面のデメリットについて解説していきます。

操作性・カスタマイズ性に比べると大きなデメリットにはなりませんが、やはり気になるところです。

  • 電子マネーで使えないものが多い
  • マルチウィンドウが使えない
  • 外部メモリが使えない

それぞれ見ていきましょう。

電子マネーで使えないものが多い

アンドロイドスマホのおサイフケータイ&Google Payと、iPhoneのApple Payでは対応している電子マネーが異なります。

決済サービス Apple Pay Google Pay おサイフケータイ
対応電子マネー Suica Suica Suica
QUICPay nanaco nanaco
iD 楽天Edy 楽天Edy
PASMO WAON WAON
WAON(2021年対応) QUICPay QUICPay
nanaco(2021年対応) iD iD
PASMO
モバイルスターバックス

こうして比較してみると、電子マネーの対応数にはAndroidに軍配が上がります。

おサイフケータイでは、Apple Payでは使えない「楽天Edy」「モバイルスターバックス」が使えるので非常に便利ですね。

もしもこの二つを普段使いしている場合には、iPhoneへの機種変更はおすすめできません。

しかし、以前はApple Payで使えなかった「WAON」「nanaco」も2021年には対応しているので、今後対応する可能性はあります。

なのでそこまで大きなデメリットとは言えないかもしれません。

マルチウィンドウが使えない

アンドロイドスマホには、2つのアプリを同時にディスプレイに表示させられるマルチウィンドウ機能が搭載されています。

動画を視聴しながらSNSを投稿したり、マップを見ながらメッセージを送ったりすることができる便利な機能ですが、この機能はアンドロイドスマホ独自の機能です。

iPhoneでも、複数のアプリを起動してアプリを切り替えながら操作することができるマルチタスクという機能はあります。

しかし、iPhoneのマルチタスクはディスプレイに1つのアプリしか表示させることができません。

一方のアプリはバックグラウンドで表示させておくことしかできないため、2つの画面を同時操作するということはできません

アンドロイドスマホでマルチウィンドウをよく利用していた人は、iPhoneにすると非常に不便に感じることになるでしょう。

もしも不便な場合は、iPhoneでもアプリを使用することでマルチウィンドウ機能を使用することができます。

外部メモリが使えない

アンドロイドスマホではSDカードにてメモリの増設ができるのに対して、iPhoneではメモリの増設ができません。

もしもiPhoneでメモリの増設をしたい場合は、オンラインのクラウドサービス(iCloudストレージ等)に登録する必要があります。

iCloudストレージでは5GBまで無料で利用することができますが、それ以上になると有料になります。

iCloudの容量 料金
50GB 月額130円
200GB 月額400円
2TB 月額1,300円

月額料金で見ればそこまで高い金額ではありませんが、数年単位で見ると大きな金額になります。

それよりもSDカードを購入した方が安く済むのは間違い無いです。

もしも容量を多く使いたい方は、iPhoneの容量が大きいモデルを購入するか、AndroidでSDカードによるメモリの増設をおすすめします。

詳しくはこちらの記事でも解説しているので、ご覧ください。

参考記事
【増設不可?】iPhone11のギガ数(容量)の選び方を用途別に提案

光回線のお得なキャンペーン開催中 老舗@nifty光のお得なキャンペーン情報スマホの契約ギガ数を抑えて節約と自宅で快適な光回線! \\新規契約で25000円のキャッシュバックが翌月受け取れる// &l ...

iPhoneの価格・修理面でのデメリット

次に紹介するのは、iPhoneの価格・修理面でのデメリットです。

端末を購入する際に検討する面として一番大きいのはやはり価格面ですよね。

  • 本体価格が高い
  • 修理などのアフターサービスが困難

この2点を詳しく解説していきたいと思います。

本体価格が高い

一般的にアンドロイドスマホよりもiPhoneの方が本体価格が高い傾向にあります。

実際に表にして比較してみましょう。

機種 本体価格
iPhone 13 98,800円(税込)
iPhoneSE(第3世代) 57,800円(税込)
Galaxy S21 5G 99,792円(税込)
Xperia 10 III SO-52B 51,480円(税込)
OPPO Reno5 A 39,980円(税込)
AQUOS sense4 lite 25,001円(税込)

ハイエンド機種であるGalaxy SシリーズはiPhoneと同等、もしくはそれ以上の価格ですが、それ以外のミッドレンジ機種は2万円台から購入することができます。

一方で、iPhoneSEで本体価格が57,800円(税込)と最安でも6万円近くしますので、本体価格の幅が広いアンドロイドスマホの方がニーズに合ったスマホを提供していると言えますね。

あまり経済的に余裕がない方や、スマホにそこまでのスペックを求めていない方にはアンドロイドスマホをおすすめします。

修理などのアフターサービスが困難

残念ながら各携帯キャリアでは、限られた店舗でしかiPhoneの修理ができません。

iPhoneを修理したい場合は、Apple正規サービスプロバイダ修理・もしくは非正規店を利用して修理する必要があります。

即日で修理したいという場合に、Apple正規サービスプロバイダ修理は適していません。

修理価格も高くなってしまうので、非正規店での修理をする方も多いです。

しかし、非正規店で修理をしてしまうと、

  • メーカー保証が受けられなくなる
  • 純正品を使用していない

というデメリットがあります。

どちらも一長一短ですし、修理やアフターサービスが整っているとはまだまだ言えない状況ですね。

一方で、アンドロイドスマホは各携帯キャリアのほとんどの店舗で、修理をすることができます。

即日修理にも対応しているので、気軽に修理を申し込むことができますね。

AndroidからiPhoneに変えるとアドレスは変わるの?

AndroidからiPhoneに変更しても、アドレスは変わりません。

メールアドレスや電話番号といった個人情報は端末に紐付いているわけではないので、どの機種であろうと変更せずに使うことができます。

以前登録していた電話番号やメールアドレスを、再び登録し直す手間はかからないので安心してください。

しかし注意点として、機種変更をする場合はデータのバックアップと移行をする必要があります。

機種変更をする前には、必ず行うようにしてください。

データ移行に関して、詳しくはこちらの記事で解説しているのでご覧ください。

参考記事
【注意点あり】androidからiPhoneに機種変更する時のデータ移行はどうする?

光回線のお得なキャンペーン開催中 老舗@nifty光のお得なキャンペーン情報スマホの契約ギガ数を抑えて節約と自宅で快適な光回線! \\新規契約で25000円のキャッシュバックが翌月受け取れる// &l ...

AndroidからiPhoneに変えるとアプリ移行ができないときはどうするの?

基本的にGoogle PlayとApple Storeの両方で使用できるアプリが多いので問題ありませんが、以下のデータは移行することができません。

  • インストールしてあるアプリとアプリのデータ
  • Google Playで購入した有料アプリ
  • Googleアカウントにバックアップしたデータ

これらのデータは、アプリ移行できないので再び初めからやり直す必要があります。

特に問題となるのは、Google Playで購入した有料アプリの移行ができないことです。

せっかくお金を払って購入したアプリでも、AndroidからiPhoneに変わってしまうと再び購入し直さなければなりません。

それ以外のデータであれば、Google Playの「iOSに移行」というアプリをインストールすることで容易にデータを移行することができます。

AndroidからiPhoneに変えるメリットはある?

AndroidからiPhoneに機種変更するデメリットについて紹介してきましたが、当然メリットも存在します。

  • シンプルなデザインでわかりやすい
  • 利用している際の動作が早い
  • 他のApple製品との連携がしやすい

それぞれ解説していきます。

シンプルなデザインでわかりやすい

iPhoneの売りは、そのスタイリッシュなデザインにあります。

無駄なものを省いているので、スマホを初めて扱う人でもわかりやすい設計です。

一方で、Androidのスマホはカスタマイズ性に富んでいるため、逆にスマホの扱いが苦手な方には使いにくい印象を受けるかもしれません。

使いこなせる場合は、カスタマイズ性に富んでいた方がいいかもしれませんが、使いこなせない場合はシンプルなデザインの方が使いやすいです。

自分の性格やスマホの使い方によってどちらが向いているかは変わります。

利用している際の動作が早い

よくAndroidの方がiPhoneよりも優れているという意見を聞きますが、どちらも使用した私自身、明らかにiPhoneの方が動作が早いと感じました。

Webサイトにアクセスする際にも、Androidではページを読み込むのが少し遅いです。

その一方で、iPhoneでは何の遅延も感じずにWebサイトにアクセスすることができます。

ほんの少しの差ではありますが、私の感想としては、Webサイトにアクセスすることが多いので、遅延がない方がストレスがなくて助かりますね。

気にならない方は大丈夫ですが、気になってしまう方はiPhoneを使用した方が良いでしょう。

他のApple製品との連携がしやすい

最後のメリットは他のApple製品との連携がしやすい点です。

私は現在iPadとMacbook Airを使用していますが、データや写真の移行がスムーズに行えるので、仕事の際には重宝しています。

Androidを利用していて何より困ったのは、パソコンにデータや写真を転送するときにコードをわざわざ購入したり、クラウドサービスに登録したりと手間がかかった点です。

仕事上、データや写真の移行が多い方にとっては、この作業がスムーズになった方が間違いなく効率が良いです。

他のApple製品を利用している場合や、職場の方がiPhoneを使っている場合はiPhoneの利用をおすすめします。

そもそもなんでiPhoneにしないの?みんなiPhoneで気持ち悪いから?

私自身、iPhone→Android→iPhoneにした経緯がありますが、Androidの利用期間が一番長かったです。

その理由の一つには、確かにみんなiPhoneを使っているということもありました。

しかし、Androidの利用期間が長かった一番の理由はやはり操作性・カスタマイズ性ともに自分自身に合っていたのが一番大きかったです。

iPhoneを利用していた当時、ホーム画面のカスタマイズができなかったので、いつも同じ画面では飽きてしまうと感じました。

そこでAndroidを利用してみた結果、カスタマイズ性に富んでいるので、全く飽きずにスマホを利用することができたのです。

しかし現在はiPhoneでもウィジェットの追加等、ホーム画面のカスタマイズも可能になったので、iPadとMacbook Airを使っていることもあり、再びiPhoneに戻しました。

iPhoneにしない理由には人それぞれあり、みんなiPhoneを使っているからという方ももちろんいると思いますし、私のように操作性・カスタマイズ性が合っていると感じた方もいると思います。

みんなが使っているからといって無理に合わせる必要は全くないので、ご自身に合った機種を使うのが一番ですね。

アンドロイドからiPhoneに機種変するならデメリットをよく考えてみる

iPhoneはシンプルで操作性もよく、スペックも非常に高いという魅力がありますが、アンドロイドスマホと比べてすべての面でiPhoneがいいということではありません。

今回解説してきたようなデメリットが多々あるのも事実です。

アンドロイドからiPhoneに機種変更するときは、

デメリットの部分に納得できるのか

自分が利用していて困ることはないのか

何よりも大切なのは、よく考えて機種を選び取ることです。

わざわざアンドロイドからiPhoneに機種変更することもないと思いますし、今の機種に不満があるなら他のアンドロイドスマホに機種変更することを検討してみるのもいいかもしれません。

アンドロイドスマホには多くのメーカーが多彩な特徴を持った機種を発表しているというメリットがあります。

iPhoneにしなくても自分にピッタリなアンドロイドスマホを探してみましょう。

iPhoneを格安で購入するなら『ハピネスネット』がおすすめ!

ハピネスネットはここがおすすめ

  • 保証内容が凄い1年保証
  • iPhoneのバッテリー容量を記載
  • 過去のiPhoneも特価で購入できる

iPhone13などの最新シリーズであれば、applestoreやドコモ、ソフトバンクといったキャリアでも購入可能ですし、多くの店で購入できます。

しかし、現在でも人気の高いホームボタンのある機種のiPhone8が購入できる場所は多くありません。

ハピネスネットは他では購入できなくなった人気機種でも質の高い状態で1年保証のまま購入することが可能です。

例えば、iPhone8であれば4万円しない金額で購入することができます。

キャリアの縛りの機種からSIMフリーまで使用用途に合わせて購入することができます。

中古のiPhone屋ですが、新品未使用のiPhoneも購入することができるのであなたの探しているiPhoneがどれくらいの金額なのか、調べてみて比較してみましょう。

ハピネスネットの公式サイトはこちら

iPhoneのデメリットまとめ

iPhoneのデメリット

  • iPhoneはカスタマイズ性が低い
  • アンドロイドと比べアプリも少ない
  • おサイフケータイといった機能が使えない
  • SDカードが使えない
  • 本体価格が高額

日本ではシェア率が高く非常に人気のあるiPhoneですが、そんなiPhoneにもやはりデメリットがあります。

しかし、AndroidからiPhoneに機種変更をするメリットが全くないわけではありませんし、Androidにもデメリットが存在します。

今回紹介したiPhoneのデメリットを参考にしながら、ご自身に合った方を選択してください。

結局はどのスマホを使うのかは、自分の好み次第です。

周りが使っているから、周りが使っていないからという考えに捉われずに、自分が使いやすいと思うものを選択してみてください。

-iPhone14の最新情報!予約・在庫情報まで

© 2022 スマホログ