au

Povoの評判や口コミ|au新料金プランのメリット・デメリットのオススメ解説

スマホの料金って改めて見ると高く

格安SIMもおトクとは聞くけれど、種類が多すぎて一体どのキャリアが自分に合っているのかが分かりにくいと思っていませんか。

  • 今はauを使っているから、最近新しく登場した『Povo』を選べばいいのか
  • Povoはどんな特徴やメリットがあるのかな?
  • 安くなった分、デメリットもありそうだし‥

スマホがあまり詳しくない人にとって、携帯業界はキャンペーンや割引などの情報が多すぎて、理解しづらい内容になっていますよね。

細かな適用条件や注意事項は、理解するだけでもひと苦労です。

今回、スマホ大手の3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は、新料金ブランドを発表しました。

新ブランドドコモ:ahamo(アハモ)
au:Povo(ポヴォ)
ソフトバンク:LINEM(ラインモ)

プラン名はどれもユニークな名称で、愛着が湧きそうです。

3社に共通するのは、月額料金をグッとおさえたシンプルな料金体系にあります。

複雑な料金プランが多かった以前と比べれば、とてもスッキリとした印象です。

auユーザーであれば、この中でも『Povo』について詳しく知りたいところですよね

本記事は、そんな慎重派のあなたに向けた記事となっています。

Povoの特徴をざっと箇条書きにすると、以下のとおりです。

ポイント

  • Povoの料金プランや追加オプションを具体的に解説
  • 実際に使っている人のリアルな声を紹介
  • Povoのメリットとデメリット
  • Povoで使える対象機種について
  • Povoをおすすめしたいのはこんな人!

本記事さえ読んでいただければ、あなたが知りたい情報や疑問はすべて解決できます!

きっと、たくさんの魅力を知ることで「今すぐにでもPovoに乗り換えたい!」と前向きな気持になれますよ!

auでiPhone13がお得に購入できる

9月17日に予約開始され、9月24日に発売されたiPhone 13シリーズ!

スマホとくするプログラム約50%引きの半額で購入可能!

iPhone13が気になる人は公式サイトから詳細を確認しよう!

auの公式サイトからiPhone 13の詳細を確認する

Povoとは?

画像引用:Povo公式ページ

改めて『Povo』とは、KDDIが運営する携帯キャリア『au』が展開する新料金ブランドです。

オンラインでの手続きのみに限定されている代わりに、月額料金が非常にリーズナブルになっています。

お財布にやさしい料金プランに加え、ご自身の使い方にあわせたオプションを”+αでトッピング”できるのも魅力的です。

そこでPovoをより深く知るために、特徴を整理していきましょう!

Povoの特徴とは?

Povoの特徴をざっと箇条書きにすると、以下のとおりです。

Povoの基本情報
提供開始日 2021年3月23日
対象年齢 20歳以上
月額料金 0円[トッピングによる]
月間データ容量 最大150GB
20GB超過時の速度 最大1Mbps
通話料金 30秒あたり22円(税込)
SMS 送信:1通あたり3.3 円(税込)
受信:無料
ネットワーク 5G(2021年夏提供開始予定)/4G LTE
キャリアメール ご利用不可
留守番電話サービス ご利用不可
テザリング 追加料金なしで利用可能
家族割プラス・家族割
(家族間通話料・SMS利用料の割引)
割引・カウント対象外となります
(21年夏までのご加入者は早期申込特典として、家族人数のカウント対象となります)
契約事務手数料
契約解除料
au/UQ mobile/povo間の移行手数料
0円
お申し込み窓口、お問い合わせ窓口 オンライン限定

0GBであれば毎月タダでpovoを契約できるわけですが、0円のままだと128kbpsしか速度が出ないために現実的に使用は不可能!

まずはもっとも気になる現実的に「毎月いくらでPovoが使えるの?」について具体的に解説していきます。

Povoの月額料金は2,728円とお手頃価格

画像引用:Povo公式ページ

Povoの料金プランは、シンプルかつリーズナブルなのが特徴。

月額料金は『2,728円(税込)』1ヶ月に使用できるデータ量は『20GB』を当初、発表していましたが他者との差別化、そして個別にカスタマイズできるプランへと変更しました。

実際のトッピングの料金はこちら。

povo2.0のデータトッピング
利用期間 利用料金
1GB 7日間 390円
3GB 30日間 990円
20GB 30日間 2,700円
60GB 90日間 6,490円
150GB 180日間 12,980円
データ使い放題 24時間 330円

ahamoやLINEMOなどの同じようなサービスが展開している20GBだと2700円になります。

国内通話は30秒あたり22円(税込)と利用した分だけ通話料が発生しますが、次に説明するオプションのトッピング機能で柔軟にアレンジすることが可能です。

Povoを実際に使っている人の口コミと評判

Povoを検討しているあなたにとって「実際の使い心地はどうなの?」とリアルな感想は気になるポイントですよね。

Povoの良い評判と口コミ

こちらはTwitter上のコメントです。

月額コストや通信の質にも、満足している声が多く見られました!

Povoの悪い評判と口コミ

キャリアメールが使えないのは、格安simはじめ、サブブランドではどれも共通する注意点ですね。

会員サイトやID・パスワードは、一度整理しておくのをオススメします!

また家族でスマホをまとめる場合は、auを選んで家族間通話やWi-Fiとのセット割を充実させるのも無難です。

Povoのメリットを徹底解説

Povoの特徴が見えてきたところで、更に具体的なメリットを紹介します。

ポイント

  • 手数料が一切発生しない
  • 使う分だけトッピングでき20GBを超過してもネットが快適につながる
  • キャリア決済が可能(auかんたん決済)

おトクなプランなのは間違いありませんが、メリットを深堀りすることでイメージしやすくなりますよ!

手数料が一切発生しない

Povoは乗り換え時に生じる、手数料や契約解除料が発生しません。

スマホの手続きは手数料が意外と重くのしかかり、請求書を見てビックリ!

‥なんてことも珍しくありません。

その点、Povoへ乗り換えは手数料が発生しないので、心理的負担も軽くなりますよ!

具体的には以下の手続きにて、手数料が無料となっています。

注目すべきは『au』と『UQ mobile』から乗り換えた際の、契約解除料(解約金)もかからない点です。

【無料となる手続き】

  • 契約事務手数料:povoの新規契約時
  • 契約解除料:povoを解約時
  • au/UQ mobile/povo 3ブランド間の移行手数料
  • au/UQ mobile/povo 3ブランド間の契約解除料

いくら毎月の料金が安くても、手数料をガッツリ取られてしまっては、残念な気持ちになりますよね。

ですがPovoであれば無料で契約ができるので、気軽に乗り換えができそうです。

自由にトッピング!20GBを超過してもネットが快適につながる

Povoは月に20GBを超えた場合でも、トッピングをしちゃえばインターネットをストレスなく利用できます。

というのも超過した場合の速度は他社であれば『最大1Mbps』と、ネットサーフィンはもちろんのこと、高画質でなければyoutube視聴も可能なレベルのスピードだからです。

しかし, Povoは最大150GBまでトッピング可能!

どれだけYouTubeやネットフリックスなどの動画をみても速度制限になることはないでしょう。

たとえば有名な格安simブランド『mineo(マイネオ)』は速度制限がかかった場合、最大速度128kbpsと、動画はおろかWebページの閲覧も、歯がゆさを感じる状態になってしまいます。

※ロード画面がグルグルと回り続けるアレですね‥

その点、Povoは月末にギガ不足に陥っても、最低限のインターネットの通常使用は十分可能なので「画像の表示が少し遅いかな?」程度で、快適に使えます!

auかんたん決済が使える

Povoに乗り換えしたあとも、auユーザーの方は引き続き『auかんたん決済』が使えます。

※auかんたん決済とは、インターネット上で購入した商品の支払いを、毎月のスマホ代と合わせてお支払いできる決済サービスのこと。

クレジットカード支払いのように番号や契約者名などの入力が不要で、決済に時間がかからないのが便利ですよね。

Povoであれば、auかんたん決済を使えるので、ネットショッピングも楽ちんです。 

Povoのデメリットを徹底解説

スマホに限ったことではありませんが、商品やサービスを購入する際は、メリットだけでなくデメリットにも目を向けるべきです。

ポイント

  • キャリアメールが使えない
  • 家族間でも通話無料にならない

事前にデメリットも把握しつつ「自分にあったブランドなのか?」を見極めましょう!

キャリアメールが使えない

povoでは、キャリアメールが使えません。

キャリアメールとは、以下のようなアドレスを指します。
・@ezweb.ne.jp
・@au.com

さまざまな会員サイトやID登録などで、メールアドレスを使用している人は多いハズです。

Povoに切り替えた時点で、現在使っている携帯キャリアのアドレスは使えなくなるので、乗り換えをする前に、登録情報の変更をおこないましょう!

個人的にはgmailやヤフーメールのフリーアドレスで、十分に代用ができています!

家族間でも通話無料にならない

普段から家族と電話する人は、通話料の負担が重くのしかかってくる可能性があります。

家族間は当然のように24時間通話無料なイメージがありますが、シンプルな料金プランが売りのPovoは、残念ながら家族といえど有料なんですね‥

ahamoやLINEMOでも同じように、家族間でも通話料がかかるので「Povoユーザーだけ損している!」というわけではございません。

幸いにも、LINE通話などが比較的安定した品質で使えます。

気の知れた家族との通話であれば、LINE通話を代用するのも十分アリですよね。

Povoの回線のエリアはどれくらい?電波はいいの

画像引用:Povo公式ページ

現在auが問題なく使えている場合は、Povoでも引き続き安定した通信・通話ができます。

理由としてPovoは、auと同じネットワークを使用しているからです。

例えば、他の格安simブランドは、大手3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の電波を借りて運用をしています。

あくまでも借りている立場のため、提供されるネットワークの幅がどうしても”狭い”のです。

その点、Povoはauと同等の品質で使うことが可能。

Povoであればつながりやすさの不安なく、安心して使えます!

また話題の高速通信『5G』にも、2021年夏には提供開始が予定されています。

今後は5Gがメインになり、対応スマホもどんどん発売していくでしょう。

次世代の最新ネットワークが利用できる点は、他の格安simとは一線を画すメリットと言えます!

Povoの対象機種は?iPhoneは使えるの?

続いて、Povoの対応機種について説明します。

特にユーザーが多いiPhoneの事情は、気になるところですよね。

結論ですが、お手持ちのiPhoneはもちろんのこと、auから発売されている大半のAndroid端末はPovoでの利用が可能です。

【Povo対応端末のまとめ】

  • iPhone:販売元に関わらずiPhone 6sシリーズ以降が対応(最新はiPhone 13 Pro)
  • Android:2014年10月よりあとにauから発売したモデルが対応
  • SIMフリー端末は、基本動作(通話・データ通信)を確認は済んでいるが、全ての機能を100%の保証はしていない
  • 対応端末は順次更新されるので、こまめにホームページをチェックする

Povoへの手続きの前に、以下のホームページから対応端末を必ずチェックしてくださいね!

povo 対応端末

※以下のiPhoneモデルは、povoへの移行時にau ICカードの交換が必要です。
iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone SE(第1世代)
2021年4月に受付を開始する予定ですが、具体的な発表はホームページでおこなわれます。

Povoの公式サイトはこちら

Povoは結局どんな人にオススメなの?

ここまでPovoの特徴やメリット・デメリットについてまとめました。

対応端末も整理できたところで「Povoは結局どんな人にオススメか?」のターゲット層を明確にしましょう。

ポイント

  • 一人でもオトクにスマホを持ちたい人
  • 毎月のデータ量が20GBあれば足りる人
  • 自分でデータ量を調整したい人
  • 自力でスマホ操作や契約がおこなえる人

一人でもオトクにスマホを持ちたい人

Povoはどちらかというと、お一人でもスマホを安く使いたい人に向いています。

というのも大手キャリアであれば、家族間の通話が無料となったり、データ量を分け合えたりと複数人でのアレンジが可能です。

Povoの料金プランは、割引オプションがない代わりに月額2,728円(税込)と、十分にオトクな価格帯です。

また通話やデータ量の追加トッピングは、単身の場合でも使いやすい内容となっています。

毎月20GBあればデータ量が足りるひと

「毎月20GBあれば、インターネットは十分です!」

Povoは、スマホプランのなかでは、”中容量タイプ”と呼ばれるデータ量です。

Webページの閲覧をメインで使う人であれば、20GBもあれば十分でしょう。

どうしても『毎月50GB使える!』『データ量無制限!』のような大容量タイプとは違うため、動画を頻繁に再生するのであれば、トッピングでその都度追加をすればいいだけです。

20GBは一つの目安として考えていただければといいですよ。

自力でスマホ操作や契約がおこなえる人

「ホームページを検索すれば、ショップ店員さんに聞かずとも大体のことが解決できるよ!」

このように、Povoはスマホの操作やプランの見方など、不明点を自力で調べるのに抵抗がない人が向いています。

Povoは契約や各種手続きを”全てオンライン上で申し込む”という特徴がありました。

ネットで全ての手続きが完結するので、スマホ操作に慣れている人にはピッタリですね!

こんな人はPovoじゃなくて他のプランや他社のプランがオススメ

Povoのメリットが、十分に発揮されそうなユーザー層が分かりましたね。

反対にPovoがオススメでない人も、合わせてチェックしておきます。

ポイント

  • 通話メインで使いたい人
  • 故障やトラブル時にはショップがないと困る人

通話メインで使いたい人

普段から仕事やプライベートで、ガッツリ通話する人は向いていません。

Povoの通話料は、大手キャリアによくある『通話カケホーダイ』のように定額ではなく、使った分が加算される”従量課金制”だからです。

『5分以内通話かけ放題・550円/月』や『通話かけ放題・1,650円/月』のトッピング機能がありますが、一時的な利用を想定したもの。

毎月のようにトッピングすると、どうしてもオトク感が半減してしまいます。

故障やトラブル時にショップがないと困る人

ショップがないと困る人は、Povo使うのに苦労する可能性が高いです。

Povoは契約や手続きをする際、全てオンラインに限定されていましたよね。

「スマホが急に動かなくなった!」

「今月の料金が思ったより高いけれど、理由が全くわからない‥」

このような突発的なトラブルや不明点があっても、ショップでは対応ができません。

何かあったらとりあえずショップに行かないとサッパリ!という人は、このままauで契約しておくのが無難と言えます。

Povoにお得に乗り換えるキャンペーンはあるの?

2021年2月1日〜2021年3月22日まで、auPAY残高がプレゼントされる『Povo先行エントリーキャンペーン』をおこなっていましたが、期日のとおり終了しています。

ですがスマホ業界は、常に熾烈(しれつ)なユーザーの取り合いがおこなわれる世界です。

新しいキャンペーンが始まったタイミングに乗り遅れないように、公式ホームページは随時チェックするのをオススメします。

Povoの公式サイトはこちら

Povoの評判のまとめ

  • データ量が自分好みにカスタマイズ!他社と同じ20GBなら月額料金が2,728円(税込)
  • 追加トッピングで、通話やデータ量のアレンジが可能
  • auと同じネットワークなので、通話やネットも安定した品質
  • 契約や各種手続きはオンラインでのみおこなえる
  • 契約手数料や契約解除料が無料
  • 一人でもスマホ代を安くしたい人にピッタリ

以上がPovoの全体像です。

スマホの世界は常に情報がアップデートされて、最新機種もどんどん発表されます。

ぜひ自分に合うプランやスマホを見つけて、おトクなスマートフォンライフを送っていきましょう!

Povoの公式サイトはこちら

 

-au

© 2021 スマホログ