ドコモ

ドコモ新料金プランahamoとギガホプレミアを徹底比較!ahamoが使いやすい!

光回線のお得なキャンペーン開催中

老舗@nifty光のお得なキャンペーン情報

スマホの契約ギガ数を抑えて節約と自宅で快適な光回線!

\\新規契約で25000円のキャッシュバックが翌月受け取れる//

<<ニフティ光の代理店からキャッシュバックキャンペーンの詳細を確認する>>

2021年3月からドコモから「ahamo」「ギガホプレミア」という2種類の新料金プランがスタート。

報道やネットニュースを見て新料金プランがでることは分かりましたが、実際に安くなるのか?自分の使い方に合ったプランはどれ?と、不安や悩みを持っているユーザーの方も多いですよね。

私もその中の1人です。

  • データ使用量は維持したいけど料金は抑えたい
  • どのプランが一番メリットが出るのか知りたい

そう思ってプランを比較してみました。

いきなり結論ですが、私には「ahamo」が一番合っていました。

私の場合ですが、「ahamo」にすることで今までと変わらない使い方をしても月々の料金が約5,000円ほど下がることが判明したのです。

とはいえ、スマホの使い方は人それぞれです。

私の使い方であれば「ahamo」が一番合ってはいますが、皆様にとっても同じかとは一概には言えません。

そこで、今回はドコモ新料金プランである「ahamo」「ギガホプレミア」の特徴と、「ahamo」「ギガホプレミア」の比較、今の使い方ではどの料金プランがオススメなのかを既存の料金プランを含めご紹介します。

この記事を読むことで自分に合った料金プランが見つかりますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

※本記事では金額は全て税抜きで表示します。

ドコモオンラインショップはこちら!

 

ドコモ新料金プラン「ギガホプレミア」と「ahamo」を比較!

では早速「ahamo」と「ギガホプレミア」の違いを比べてみましょう。

月額料金を比較

まずは皆様が一番気になるであろう月額料金を比べてみましょう。

ahamo 2,980円
ギガホプレミア 2,880円~6,650円

通話による料金の発生を考えないのであれば、「ahamo」は2,980円固定のシンプルな料金となっているのに対し、「ギガホプレミア」はデータ使用量によって段階的に月額料金が設定されています。

実は低料金の新料金プランと発表された「ahamo」ですが、場合によっては「ギガホプレミア」の方が「ahamo」よりも月額料金が安くなることに気づきましたか?

「ギガホプレミア」は最安で2,880円で利用できるのに対し、「ahamo」は2,980円固定。

低料金とうたわれた「ahamo」より「ギガホプレミア」の方が安くなるなんておかしい!なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、詳しく解説していきます。

「ギガホプレミア」で最安料金の2,880円で利用するにはいくつかの条件があります。

その条件は以下の通りです。

  • 月間のデータ使用量が3GB未満
  • みんなドコモ割3回線以上(ファミリー割引グループ内に通話ができる回線が3回線以上)
  • ドコモ光セット割(「ドコモ光契約者」または「ドコモ光契約者のファミリー割引グループに入っている利用者」が対象)
  • dカードお支払割(dカードGOLDで携帯料金を支払っている利用者)または2年定期契約
  • ファミリー割引グループ間以外の通話はしない

いかがでしょうか。

これら全てを該当する予定、または全てに該当しているのであれば間違いなく「ahamo」にするメリットはないと思って良いでしょう。

しかし、これら全てに該当する方は少ないかと思います。

どれか1つでも当てはまらなければ「ahamo」の方が安くはなりますので、月額料金部門では「ahamo」に軍配が上がる場合が多いかと思います。

利用可能データ量を比較

次にデータ容量を比べてみましょう。

ahamo 月間20GBまで。超過後は通信速度が最大1Mbpsに制限。
ギガホプレミア 月間60GBまで(5G対応機種は無制限)。超過後は通信速度が最大1Mbpsに制限。月間3GB未満のデータ使用量であれば1,500円割引の対象。

「ahamo」は0GB~20GBで料金が変わらないシンプルな形となっており、「ギガホプレミア」は0GB~3GB、3GB~60GBの2段構えとなってます。

利用可能なデータ量は圧倒的に「ギガホプレミア」の方が多いですね。

「ギガホプレミア」に契約すれば毎日のように動画を視聴しても、どれだけネットサーフィンしても、制限にかかることはほとんどないのではないでしょうか。

とは言っても「ahamo」の20GBもなかなかの量です。
1ヶ月で20GB使用しない方も多いのではないでしょうか。

分かりやすいように1GBでどれだけのことができるか見てみましょう。

  • 写真付きメール:約2,090通(1日あたり約69通)
  • インターネットブラウザ:約3,500ページ(1日あたり約116ページ)
  • 動画(中画質):約4時間20分(1日あたり約8分)
  • 地図アプリ:約238時間(1日あたり約8時間)
  • LINE通話:約56時間(1日あたり約1時間50分)

上記で1GBの場合なので。「ahamo」であれば単純にこの20倍、「ギガホプレミア」であれば60倍以上使えるということになります。

やはり動画で使うデータ量が多くなりがちなので、動画以外でも使用することを考えると、1日1時間30分以上動画を視聴する方は20GBでは足りなくなってしまう可能性が高いかと思います。

国内通話料を比較

次は国内への通話料金を比べてみましょう。

ahamo
  • 1回につき5分までは何回通話しても無料。5分を超えた場合は30秒ごとに20円。
  • 無料通話分は月額料金の2,980円にコミコミ。
  • 別料金でかけ放題オプションが月額1,000円で利用可能。
ギガホプレミア
  • 月間60GBまで(5G対応機種は無制限)。
  • 超過後は通信速度が最大1Mbpsに制限。
  • 月間3GB未満のデータ使用量であれば1,500円割引の対象。

「ahamo」はデフォルトで5分通話無料がついており、必要に応じてかけ放題にすることもできるといった内容です。

イメージするなら2,280円の基本料金に強制的に700円の5分通話無料オプションがついているといったところでしょうか。

通話をまったくしない方にもついてはきますが、それでも2,980円の低料金なので気にならないかなと思います。

一方「ギガホプレミア」は、通話しなければ別途オプションをつける必要はないように設定されてますね。

利用者に応じてオプションをつけるかどうかは選択できます。

基本的に通話はせず、データ通信がメインでスマホを使う方も一定数いるとは思いますので、そういった方にはありがたい内容かと思います。

特典・割引を比較

次は各料金プランに契約することで受けられる特典や割引を比べてみましょう。

ahamo
  • 先行エントリーとして、「ahamo」開始前日(2021年3月26日から開始と発表されたので、その前日である2021年3月25日)までにエントリーしておくとdポイントを3,000ptプレゼントキャンペーン。
  • 2021年2月5日の報道でファミリー割引グループへの加入が可能になったと発表。ただし「ahamo」からの通話は5分無料のみ(かけ放題オプション未加入の場合)。他の料金プランのファミリー割引グループから「ahamo」への通話は無料でかけ放題。
ギガホプレミア
  • ファミリー割引グループ内への通話がかけ放題。
  • ずっとドコモ特典で毎年dポイントを500pt~3,000ptプレゼント。
  • ドコモ光セット割で最大月額1,000円割引。
  • みんなドコモ割で月額最大1,000円割引。
  • dカードお支払割で月額170円割引。
  • その他、学割やAmazonプライム1年間無料等、様々な特典あり。

特典・割引の手厚さは「ギガホプレミア」の方に軍配が上がるように見えます。

もちろん利用者によっては特典がほとんど使えなかったりする場合もありますので、自分が特典・割引の対象になるのかはしっかり確認する必要がありますね。

申し込み・対応窓口を比較

ahamo 申し込みはオンラインのみ受付。
ギガホプレミア 申し込みはオンライン、店頭、電話(157)で受付。

「ギガホプレミア」は今まで通りドコモショップの店頭でもプラン変更や契約の受付が可能となっていますが、「ahamo」はオンライン、つまりインターネット上でしかプラン変更や契約の受付を行っていません。

理由としては人件費等の店舗でかかるコストをカットし、その分安く提供する為だと言われています。

後ほど詳しく記載しますが、「ahamo」はプラン変更・契約だけでなくその後のアフターフォローや問い合わせ対応、機種変更等の手続きも全てオンラインのみでの受付となります。

今までドコモショップの店員さんに頼っていた方にとっては大きなデメリットになりそうですね。

ドコモオンラインショップはこちら!

 

ドコモ新料金プランはどれがおすすめ?

様々な面で比較を紹介してきましたが、結局どのプランがオススメなの?という声が聞こえてきそうなので、ここからは利用方法に応じてオススメのプランを解説していきます。

まず、ドコモの料金プランを既存・新料金含めおさらいしましょう。

  • ギガライト
  • ギガホ
  • ギガホプレミア
  • ahamo

現状ドコモが受け付けている料金プランは上記の通りです。

しかし、既存の「ギガホ」に関しては2021年3月31日で新規受付は終了となりますし、正直新料金プランが揃った中で「ギガホ」にするメリットもそこまで見受けられないので、今回は「ギガホ」は無いものとして考えます。

※ギガプランに関しては5G対応機種ならそれぞれ5Gギガプランに対応しています。

どの料金プランが合っているのかですが、データ通信を使う頻度と通話の頻度、ギガプランでの特典・割引の対象となるかどうかで変わってきます。

例えば、通話を長時間する場合があり、データ通信はWi-Fi環境下でしかしないで月間1GB未満でおさまり、さらにみんなドコモ割(3回線以上)を適用できるのであれば、「(5G)ギガライト」+かけ放題オプションがオススメです。

しかし通話を毎回5分以内に終えることができる場合は「ahamo」の方が料金は安くなりますし、他の端末(PC・タブレット等)でのデータ通信がないのであればネット回線を解約して新料金プランにした方がトータルで安くなったりします。(27GB以内にデータ通信量を抑えることができれば「ahamo」、28GB以上使用するなら「ギガホプレミア」が計算上安くなります。)

通話をする・しないにかかわらずデータ通信量が毎月30GBを超えている方は「ギガホプレミア」が良いと思います。

通話をするならかけ放題オプションや5分通話無料オプションをつけましょう。

 

通話もデータ通信もそこそこ使えて料金を安くしたい、またオンラインでの対応に抵抗がないのであれば「ahamo」がオススメです。

私自身は通話は基本1分~3分で終え、毎月のデータ通信量は平均15GB程度。

ドコモショップの待ち時間が苦手なので基本的にオンラインで全て済ませますので完全に「ahamo」が合っているという結果でした。

多くの方が「ahamo」にすることで大きなメリットを受けられるのではないかと思います。

ここまで新料金プラン「ahamo」と「ギガホプレミア」の比較をしてきましたが、次章以降はそれぞれのプランの特徴や、現在までに分かっていることを解説していきます。

ドコモオンラインショップはこちら!

ドコモ新料金プラン:ahamo

月額2,980円で20GBまで使え、さらに5分通話無料

「ahamo」の月額料金は条件なしで2,980円固定となります。

かけ放題オプションは月額1,000円で利用可能となっており、かけ放題オプションをつけなくても5分通話無料は最初からついています。

5分の無料通話分を超えてしまった場合は30秒ごとに20円の通話量が発生しますので、通話をする際は時間には気をつけましょう。

時間を気にせず通話を楽しみたい方はかけ放題オプションの利用を忘れずに。

データ通信は月間20GBまで使用でき、超過した場合は最大1Mbpsに通信速度の制限がかかります。データ通信量は1GB500円で追加できます。

ただ、多くの方が1Mbpsでも問題なく利用できると言っていたりもします。

1Mbpsの通信速度があれば、一般的に利用するLINEやテキストメインのブラウザページの閲覧、標準画質のYouTube動画視聴等は問題なくできるとのことです。

ただし高画質の動画の視聴はできない、また画像が多いSNSやブラウザページは読み込むのに時間がかかる場合があるようです。

5Gの利用も可能

「ahamo」は5G対応機種であれば5Gにも対応しています。

キャリアメールは利用不可

「ahamo」ではキャリアメール(ドコモメール)の利用ができません。

GメールやYahoo!メール等のフリーメールを利用しましょう。

サービス開始は2021年3月26日(金)から

2021年2月5日にサービス開始日の発表がありました。

開始日は2021年3月26日からとなっており、それに伴って先行エントリーは2021年3月25日までの受付となります。

申し込みはオンラインから

「ahamo」の申し込みはオンラインからのみ受け付けています。

専用の先行エントリーのページがありますので、そちらからお申込みください。
https://www.ahamo.com/index.html#campaign

なお、先行エントリーは仮予約みたいなもので、本契約は2021年3月26日以降となります。

そちらは別途手続きが必要となりますのでご注意ください。

対応機種は現時点では未定

「ahamo」に対応する機種は現時点では発表されていません。

iPhoneが対象になるかどうか心配の声が多く挙がっているようですが、決定ではないにしてもiPhoneも対象になるという可能性が高いとの情報があります。

2021年3月1日に対象機種が発表されるそうなので、こちらは一旦待ちですね。

ドコモ既存プランから「ahamo」への変更はMNPの必要なし

「ahamo」が発表された2020年12月時点ではドコモの既存プランから「ahamo」への変更の際には、システム上MNPをする必要があると言われていました。

しかし2021年2月5日に、システム対応を前倒しで行いMNPをする必要がなくなったと発表されました。

ドコモ新料金プラン:(5G)ギガホプレミア

5G対応機種であれば4Gエリアでも5Gエリアでも高速通信が無制限

「ギガホプレミア」に契約するとデータ通信料金は3GBまでは5,050円、3GB~60GBまでは6,550円で利用可能となっています。

また、5G対応機種を利用する場合は「5Gギガホプレミア」に契約することができ、データ通信料金は3GBまでは5,150円、3GB以上は6,650円で無制限に使い放題となっています。

これは5Gエリアにいる・いないにかかわらず(4Gエリアにいる場合でも)無制限で利用でき、もちろんテザリングもすることができます。

サービス開始は2021年4月1日(木)から

「(5G)ギガホプレミア」は2021年4月1日から開始となっています。

それに伴い既存の料金プラン「(5G)ギガホ」は2021年3月31日(水)に新規受付を終了するとのことです。

また、「(5G)ギガホ」から「(5G)ギガホプレミア」へは自動で移行はしないようなので、変更する際はショップ、オンラインまたは電話(157)で手続きをする必要があります。

従来通りドコモショップでのサポートを受けられる

同じ新料金プランである「ahamo」が完全オンライン対応であることを受けて、「(5G)ギガホプレミア」も新料金プランだからオンラインでしかサポートを受けられないと思っている方もいるようです。

ただ安心してください。「(5G)ギガホプレミア」は今まで通りドコモショップでもサポートを受けることができます。

ドコモオンラインショップはこちら!

ドコモ新料金プランにデメリットはある?注意点も解説

「ahamo」の注意点

料金が安く通話もデータ通信もじゅうぶんにできる「ahamo」ですが、気をつけておかないと損をする可能性もあります。

注意点をしっかりと理解したうえで「ahamo」にするかどうか考えましょう。

・全てオンラインでのみの受付となる

「ahamo」は契約からサポート、問い合わせ、機種変更等の全てをオンライン上で行わなければいけません。
電話でのサポートもなく、問い合わせは全てチャットで行います。

オンラインでのやり取りに慣れていない方は行き詰ってしまうことがあるかもしれません。
今のうちにインターネットに詳しい友人や知り合いを見つけておいた方がいいかも・・・

・キャリアメール(ドコモメール)が使えない

今までドコモメールを使って連絡を取ることが多かった方は要注意です。
「ahamo」にするとドコモメールは使えなくなります。

なので「ahamo」にしようと考えていて、ドコモメールをよく使っている方は、今のうちにGメールやYahoo!メール等のフリーメールを使いはじめて慣れておきましょう。

「(5G)ギガホプレミア」の注意点

「(5G)ギガホプレミア」は既存の「(5G)ギガホ」と比較する、料金は下がってデータ量は増えることになり、現状「(5G)ギガホ」を利用している方は変えない理由がないくらいにメリットが出る内容になっています。

そんな「(5G)ギガホプレミア」にする際の注意点は1点のみ

・月額料金がやはり高額

月額料金が既存のプランより安くなるとはいえ、「ahamo」という新料金プランが出たことによって料金差はやはり感じるかと思います。

もちろん、月間で60GBでも足りない方であったり、5Gエリアにお住まいで快適に5Gを堪能できる方で納得して料金を支払われる方にとっては最高のプランですね。

まとめ

今は多くの格安simが出回っていることによって大手3社以外にも選択肢は増えてきました。料金は以前の大手3社と比べ大幅に安く、格安simを手に取る方が増えてきた印象です。

しかし、電波の安定性を考えるとストレスなく通信ができる大手3社の回線が品質としては間違いなく、さらにネックとなっていた料金に関しても低料金のプランが発表され、今後はまた大手3社に追い風が吹くような予感がしています。

「ahamo」は2021年2月5日時点でなんと100万人の先行エントリーを獲得しているそうです。このうち何人が本契約をするのかは分かりませんが、私は「ahamo」に切り替える予定です。

また、私個人としては多くの方に一度「ahamo」を試していただくことをオススメします。

ドコモオンラインショップはこちら!

今回初めてドコモを利用しようと考えた方は最近のドコモ事情も気になりますよね。

機種変更やドコモオンラインショップのメリットなどを「ドコモオンラインショップのメリットと機種変更方法まとめ」の記事をご覧ください!

また、機種変更ではなくSIMのみで契約したいという方は「ドコモオンラインショップでSIMのみ契約する方法」をご覧ください!

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-ドコモ

© 2021 スマホログ