auひかりとSo-net光の違いや速度・料金など徹底比較!乗り換えやおトクな光回線でオススメか徹底検証

光回線に申し込みたいけど、auひかりとSo-net光のどちらにしようか迷っている人は多いですよね。

『auひかりとSo-net光はどっちがおすすめなの?』

『auひかりとSo-net光はどっちが安く利用できるの?』

『auひかりとSo-net光の回線はどっちが速くて安定してるの?』

以上のように、さまざまな疑問や心配に悩まされているのではないでしょうか。

そこで今回はauひかりとSo-net光のどちらを選ぶべきなのか、auひかりとSo-net光の違いや速度・料金などの重要ポイントを徹底比較します。

記事を読み終えてもらえば、これら重要ポイントでどちらがおすすめなのかを、自信を持って判断できるようになっているはずです。

最後まで目を通して、光回線選びの参考にしてください。

目次

auひかりとSo-net光を徹底比較!キャッシュバックや速度など

『auひかりとSo-net光はどこがどう違うのか』

これがわからないことには、どちらが良いのか判断のしようがありません。

そこでまずは、auひかりとSo-net光の基本スペック、そして契約条件など、光回線申込で重要なポイントを徹底的に比較検証していきます。

比較項目とチェックポイント

  • 月額料金
    • 月単位は数百~千円程度の違いでも長期に渡ると万単位の差に!
    • 年単位で計算して費用を計算
  • キャッシュバック金額
    • 場合によっては万単位得する可能性も
    • あるかないかで大幅な差になる
  • キャンペーン
    • 実施数よりも適用条件重視
    • 自分にとってメリットがあるかないかも要チェック
  • 工事費の補填
    • 万単位の工事費が無料になるかどうか
  • 他社解約金・違約金の補填
    • 乗り換えで契約する場合、乗り換え元の解約費用が無料になるか
    • 最大いくらまで対応可能か
  • 提供エリア
    • エリア内に住居があることが必須条件
    • 引越す可能性がある場合には引越し先も含めて検討
  • プロバイダ
    • 現在利用中のプロバイダが継続利用可能かどうか
    • キャンペーン内容はプロバイダごとに異なる

auひかりとSo-net光のどちらが、あなたにとってメリットの高い光回線かを考えながら読み進めていきましょう。

auひかりとSo-net光の料金について

光回線は一度契約すると長期間継続して利用する人が大半です。

そのため、月額料金の違いは長期的に見れば、大きな料金格差を生み出します。できれば、月額料金がお得な光回線を選びたいところです。

そこでまずは、auひかりとSo-net光の月額料金を比較してみることにします。

auひかり So-net光
戸建て 6,930円 ~ なし
– 2年定期契約 5,720円 ~ なし
– 3年定期契約 1年目:5,610円 ~

2年目:5,500円 ~

3年目:5,390円 ~

1年目:2,980円 ~

3年目:6,138円 ~

マンション 3,740~5,720円 ~ 1年目:1,980円 ~

3年目:4,928円 ~

auひかりもSo-net光も戸建てとマンションでそれぞれ料金が異なります。

auひかりのマンションタイプは住宅に設置された設備によってプランが決まるため、自分で選ぶことはできません。

マンションタイプに限っては一概にauひかりの方が安い・高いとも言えないので、今回は戸建てタイプの料金を比較します。

So-net光には『定期契約のないプラン』『2年契約プラン』が存在しません。

そこで両社共通プランである3年契約プランで料金を比較してみると……

So-net光は1・2年目の料金が激安ですが、3年目以降になるとauひかりの方が安いことがわりました。

So-net光は割引特典を適用させた金額なので要注意!

3年目からの料金が定価であるため、割引特典を適用させない場合には1・2年目も3年目と同じ利用料金になります。

後述するキャッシュバック特典を受け取る場合には割引特典は適用されません。

先に言ったように光回線は一度契約すると、長期間継続して利用する傾向があります。事実、総務省の発表では、回線利用者の利用継続年数は、10年以上が36.7%で断トツです。

画像引用先:総務省 固定系ブロードバンド市場(小売市場)

仮に10年間、上記月額料金のままでauひかりを利用したとしましょう。

累計の支払い額で見ていくとこのようになります。

累計 auひかり So-net光
1年目 67,320円 35,760円
2年目 133,320円 71,520円
3年目 198,000円 145,176円
4年目 262,680円 218,832円
5年目 327,360円 292,488円
6年目 392,040円 366,144円
7年目 456,720円 439,800円
8年目 521,400円 513,456円
9年目 586,080円 587,112円
10年目 650,760円 660,768円

9年目を堺にauひかりの方が安くなるのがわかりますね!

このことから期間利用であればSo-net光、長期利用であればauひかりの方が安いと言えます。

auひかりとSo-net光の月額料金を比較する時には、利用期間が短期か長期かが重要です。

また、これに加えてキャッシュバックや割引等のキャンペーンもあるため、単純な月額料金だけでは確実にどちらがお得とは断言できません。

キャッシュバックや割引等の特典が適用できなかった場合にはこの結果を参考にしてどちらがお得かを考えてみてくださいね!

auひかりとSo-net光の速度について

次は回線速度を比較します。

auひかりとSo-net光の回線速度は基本的に『最大速度1Gbps』で同じです。 ※auひかりはプランによって5Gbps/10Gbpsが選べます

しかし実はこれはどちらもベストエフォートと呼ばれる理論的に出せる最大速度であって実測値ではないということ。実際に1Gbpsで通信できる光回線は存在しないと言っても過言ではありません。

ここで注目したいのが使用している光回線の種類です。

auひかり

  • KDDIの独自回線を使用
  • 利用者はauひかりユーザー

So-net光

  • NTTのフレッツ光を転用(借りて運営)している『光コラボ』の回線
  • 利用者はフレッツ光ユーザー+光コラボ回線(ドコモ光、ソフトバンク光 等 たくさん!)ユーザー

よく言われる『光回線の遅延』は、回線利用者が多いことで起きる回線混雑が原因とされています。フレッツ光を共同回線として利用しているSo-net光はどうしても回線の遅延が否めません。

ですが、独自回線を単独利用しているauひかりなら、So-net光よりも回線混雑が避けられるため、遅延が少なく安定した回線スピードを維持できます。

同じ1Gbpsの通信速度でも、回線スピードの安定性においてはauひかりの方が断然上というわけです。

しかも、auひかりは戸建てタイプ限定で、さらに高速通信が楽しめる下記『auひかり ホーム 高速サービス(5ギガ/10ギガ)』のプランを提供しています。

基本の月額料金に加えて、以下の高速サービス料の支払いが発生しますが、最大で10Gbpsの高速通信が楽しめます。

  • auひかり ホーム5ギガ……月額+550円
  • auひかり ホーム10ギガ……月額+1,408円

現在、So-net光では同一のサービスは提供されていません。

通常の光回線よりもさらに快適な環境でインターネットを楽しみたいという人には、auひかりの方が断然おすすめです。

auひかり ホーム 高速サービス(5ギガ/10ギガ)は割引が適用される!

また、この高速サービス料は下記の割引サービス適用が可能です。

適用割引サービス ホーム5ギガ ホーム10ギガ
超高速スタートプラグラム 550円×36ヶ月
auひかり 10ギガスタート割引 858円×12ヶ月
割引合計/月 550円 1,408円

『auひかり ホーム5ギガ』は3年間無料、『auひかり ホーム10ギガ』は1年間無料、そして2年目・3年目は月額858円で利用できます。

特に注目してほしいのは『auひかり ホーム5ギガ』です。

『auスマートバリュー』に加入すれば4年目以降も永年無料で『auひかり ホーム5ギガ』を利用可能なので、高速通信を求める方には特におすすめです。

『auスマートバリュー』の詳細については後述しますが、実質高速料金0円で5Gbpsの高速通信を利用できるのは利用者にとって本当に大きなメリットです。

これは高速サービスを提供していない、So-net光との大きな差別化ポイントになるでしょう。

しかし、この高速サービスに申し込む際、下記の2点には注意してください。

  • 『ずっとギガ得プラン』への加入が必須
  • 対応エリアが限られている

『auひかり ホーム 高速サービス(5ギガ/10ギガ)』のサービスを利用するには、『ずっとギガ得プラン』に加入する必要があります。

その詳細も後述しますが、『ずっとギガ得プラン』はauひかりを3年自動更新の継続利用を条件に、ネットサービス利用料金の割り引きが受けられるプランです。

3年利用という縛りがあり、途中解約すると16,500円の契約解除料の支払いが必要になりますが、3年利用前提が問題なければぜひおすすめしたい割引サービスです。

また、対応エリアは下記の一部に限られます。(*2021年8月現在)

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県

対応エリアが関東のみなのは残念です。今後のエリア拡大に期待したいところですね。

対応エリアの検索はこちら

auひかりとSo-net光のキャッシュバックについて

次はauひかりとSo-netひかりの公式キャッシュバックを比較します。

auひかり So-net光
金額 10,000円ポイントバック 45,000円キャッシュバック
条件
  • ネット+電話をセットで契約
  • プロバイダは『au one net』
  • au Payプリペイドカードの申し込み(無料)
回線新設の方(乗り換え、転用は対象外)
付与のタイミング 申し込み月から4ヶ月目末以降
  • 1回目 30,000円:利用開始から3ヶ月後
  • 2回目 15,000円:利用開始から12ヶ月後
注意 pontaポイントによるポイントバックのため、現金の付与ではない 他キャンペーンとの併用不可(1・2年目の基本料金割引なし)7万円

パッと見て分かる通り、明らかにSo-net光の方が高額なのがわかりますね!

しかし実はauひかりもSo-net光も公式のキャッシュバック特典はおすすめできないので、この点はあまり重視する必要がありません。

それぞれおすすめできない理由はこちらの通りです。

auひかりの公式キャッシュバックがおすすめできない理由

  • ポイントバックなので利用用途が限られる
  • 代理店キャッシュバックの方が充実している(Pontaポイントバック併用不可)

So-net光の公式キャッシュバックがおすすめできない理由

  • 全額獲得までに1年かかる
  • どうせ待つなら割引特典の方がお得(戸建て/マンション共に累計7万円以上お得)

ということで、キャッシュバックだけではなく『得が多いキャンペーンはどれか』という視点から比較するのであれば、auひかりの代理店特典 VS So-net光の割引特典という見方が正解です。

auひかりの代理店ではこのようなキャッシュバックを実施しています。

代理店名 キャッシュバック金額 適用条件(オプション加入)
NNコミュニケーションズ 最大52,000円
  • ネット+電話申込
    • ネットのみの場合は45,000円
  • 指定プロバイダ申込
NEXT 最大52,000円
  • ネット+電話申込
    • ネットのみの場合は45,000円
  • 指定プロバイダ申込
アシタクリエイト 45,000円
  • 指定プロバイダ申込(ビッグローブのみ)

一見するとキャシュバック金額は横並びですが、この中ではNNコミュニケーションズが一番お得です。

その理由については、後述する『NNコミュニケーションズからの申し込みが一番オススメ』で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください。

また、So-net光も代理店からの申込みが可能で、So-net光でも代理店独自のキャッシュバックを行っています。

So-net光の代理店で実施しているキャッシュバックはこちらの通りです。

代理店名 キャッシュバック金額 適用条件(オプション加入)
NEXT 最大30,000円 なし
BIGUP 最大30,000円 なし
bloom 最大20,000円 なし
ネットナビ 最大10,000円 なし

So-net光に関しては、公式サイトのキャッシュバックと代わりがありません。代理店から申し込むメリットはさほどないでしょう。むしろ公式サイトから申し込んだ方がお得になります。

その理由については後述する『公式サイトからの申し込みが一番オススメ』で詳しく解説しているので、こちらを参考にしてください。

auひかりとSo-net光のキャンペーンについて

次は、auひかりとSo-net光が実施している公式キャンペーンです。

キャンペーン内容・キャンペーン数は各社異なりますが、有効利用すればかなりお得な申し込みができます。

auひかり So-net光
  • auスマートバリュー
  • auひかり ピカ得プログラム
  • auひかり新スタートサポート
  • 初期費用相当額割引
  • 超高速スタートプログラム
  • 10ギガスタート割引
  • 10,000円キャッシュバック(pontaポイントバック)
  • auひかり テレビ『ジャンルパック』『オールジャンルパック』
  • 代理店独自のキャンペーン
  • So-net光プラス 割引特典
  • キャッシュバック特典
  • So-net光プラス+光テレビ+光電話 3セットの申し込みで光テレビ・光電話が1年間無料
  • 動画×ネット特典
  • ネット×ゲーム特典
  • So-net v6プラス対応ルーター同時申し込みで月額料金 永年無料
  • 無料訪問設定サポート

※2021年8月現在

数で言えば、auひかりの方が圧倒的に勝りますが、キャンペーンを比較する際は数だけでなく中身にも注目。

キャンペーン比較のチェックポイント

  • 特典内容
    • 何をどう得するのか
    • 自分にとって魅力的な内容か
  • 対象者
    • 誰が得するのか
    • 自分が対象になるかどうか
  • 併用の可否
    • 併用可の場合、どのキャンペーンと併用できるか
    • 併用不可の場合、どのキャンペーンが一番得か

この3点についてチェックしていくと、自分が得するのかそうでないのかがわかりますよ!

それでは、auひかりとSo-net光の公式キャンペーン内容を簡単に紹介します。どちらの方があなたにとって、お得なキャンペーンなのかを確認しながら見ていきましょう。

auひかりの公式キャンペーン内容

auひかりの公式キャンペーン内容は下記のとおりです。

キャンペーン名 キャンペーン内容
auスマートバリュー
  • auスマホの利用金額を最大1,100円永年割引
  • 無線LAN(Wi-Fi)が永年無料レンタル
  • 超高速スタートプラグラム延長
auひかり ピカ得プログラム ホーム・マンション
  • au Wi-Fiルーターからの乗り換えで、ネット月額料金を割引
    • 戸建て:最大55,968円
    • マンション:最大21,648円
新スタートサポート ホーム・マンション
  • 他社乗り換えの解約違約金相当額を最大30,000円還元
  • 『auスマートバリュー』2回線以上新規登録で最大10,000円/1回線還元
  • 最大25,000のキャッシュバック上乗せ
    • ホーム:25,000円
    • マンション:15,000円
auひかり ホーム・マンション 初期費用相当額割引
  • 申込時の初期費用相当額を月額料金から割引
    • 戸建て:最大41,250円
    • マンション:最大33,000円
超高速スタートプラグラム
  • 高速サービス利用料(5ギガ)から3年間、月額550円割引
  • auスマートバリューユーザーなら4年目以降も永年割引
auひかり 10ギガスタート割引
  • 高速サービス利用料(10ギガ)から1年間、月額858円割引
  • 超高速スタートプラグラムと併用可能

※2021年4月現在

auひかりのキャンペーンの特徴は下記の3つです。

  • ネットの月額料金割引となるキャンペーンが多岐にわたる
  • au携帯の月額料金が安くなるキャンペーンが実施されている
  • 工事費や違約金をしなくてすむキャンペーンが実施されている

ネットと携帯電話の月額割引がしっかりと受けられ、申込時の工事費や違約金の補填もカバーされています。十分メリットが感じられるキャンペーンですね。

これら公式キャンペーンを適用するには、auひかりの出す諸条件を満たす必要があります。詳しくは下記ページで確認してください。

au公式サイト:キャンペーン・割引特典

So-net光の公式キャンペーン内容

So-net光の公式キャンペーン内容は下記のとおりです。

キャンペーン名 キャンペーン内容
So-net光プラス 割引特典
  • ネット月額料金割引(2年間)
  • ネット月額料金から工事費用を分割割引
  • v6プラス対応ルーターの月額料金が永年無料
  • パソコン1台相当が設定無料
  • 申込時に自動適用
So-net光プラス+光テレビ+光電話 3セットの申し込みで光テレビ・光電話が1年間無料
  • 月額基本料金からネット料金・光テレビ・光電話の利用料金を3,158円×12ヶ月割引
  • 回線新設の場合+10,000円キャッシュバック
  • ※特設ページからの申込み限定
動画×ネット特典
  • U-NEXT+So-net光プラスの利用料金を3,697円×12ヶ月割引
  • 13ヶ月目以降は539円×12ヶ月割引
ネット×ゲーム特典
  • PlayStation™ Now 最大2年間無料(12ヶ月プロダクトコード×2)
  • 30,000円キャッシュバック
  • 回線新設の場合、最大36ヶ月基本料金割引
    • 1ヶ月:990円割引
    • 2~36ヶ月:726円割引
So-net v6プラス対応ルーター同時申し込みで月額料金 永年無料
  • 『So-net v6プラス対応ルーター』永年 月額440円割引
無料訪問設定サポート
  • パソコン1台相当の設定につき、1回分のサポートが無料
    • 接続設定(ブロードバンド接続に必要なネットワーク設定)
    • 無線LANの設定(親機・子機一式)

So-net光のキャンペーンの特徴は下記の3つです。

  • 付帯サービスを含めた併用不可の大型キャンペーンが中心
  • 回線新設者が優遇
  • どのキャンペーンにも『ルーター無料』『無料設定サポート』がついてくる

So-net光はベースとなる『割引特典』の他に、特設ページから申し込める大型キャンペーンを実施しています。

大型キャンペーン同士は併用することができずそれぞれが独立したキャンペーンなので、トータルで見て自分に合うキャンペーンで契約するのが一番お得です。

残念ながらauひかりのようなスマホセット割等はありません。

こういったauひかりとSo-net光のキャンペーンを比較した結果、わかりやすさや充実度、継続的な割引ならauひかりの圧勝と言えるでしょう。

So-net光は回線新設者だとキャッシュバック額が上がるキャンペーンが多いので、他社からの乗り換えではなく新しく光回線を契約したい方はSo-net光のキャンペーンが魅力的と言えそうです。

auひかりとSo-net光の工事費について

気になる開通工事の工事費ですが、これはauひかり・So-net光共に、先に紹介したキャンペーンで全額還元が受けられます。

auひかり So-net光
適用キャンペーン 新スタートサポート So-net光プラス 割引特典
戸建て
  • 3年契約(ずっとギガ得プラン)
    • ネット契約:644.6円×1ヶ月、628.1円×34ヶ月
    • 電話:550円×35ヶ月
    • 合計:41,250円
  • 2年契約(ギガ得プラン)/通常プラン
    • ネット:1,254円×1ヶ月、1,243円×22ヶ月
    • 電話:550円×35ヶ月
    • 合計:41,250円
  • 990円×1ヶ月、726円×35ヶ月
  • 合計:26,400円
マンション
  • 1,443.2円×1ヶ月、1,434.4×22ヶ月
  • 合計:33,000円

どちらも工事費を分割した金額を長期間割引することにより全額還元します。

両社ともに工事の内容に関わらず以上の割引が受けられるため、補填額の大きいauひかりの方が得といえば得ですね!

とはいえ工事費の補填を決め手に光回線を選ぶのは得策とは言えません。

『どちらも工事費は実質無料化になる』程度の認識でOKです。

auひかりとSo-net光の違約金、解約金について

auひかりとSo-net光はともに、契約解約時には下記のような費用が発生します。

  • 解約違約金
  • 撤去工事費
  • 購入端末機器などの残債

auひかりとSo-net光の契約解除時に、発生する違約金や解約金は下記のとおりです。

auひかり So-net光
違約金
  • 2年契約:10,450円
  • 3年契約:16,500円
20,000円
違約金がかからないタイミング
  • 2年契約:契約から24~26ヶ月目
  • 3年契約:契約から36~38ヶ月目
契約から36~38カ月目
撤去工事費 31,680円 要 見積もり
開通工事費の残債
  • ホーム:最大41,250円
  • マンション:最大33,000円
最大26,400円
レンタル機器の返送料

無料 ※返送を忘れた場合のみ自己負担

無料 ※返送を忘れた場合のみ自己負担

解約違約金は契約期間途中に解約した場合に発生します。契約更新期間中に解約すればauひかり・So-net光ともに解約違約金は発生しません。

また、両社ともに工事費補填の割引終了前の契約から36ヶ月以内に解約する場合には開通工事費残債が一括請求されます。

発生する工事費残債は解約するタイミングによりますが、解約が早ければ早いほど残債が多いため支払う金額も増えます。

とはいえ、解約に関する費用は他社への乗り換えであれば乗り換え先光回線のキャンペーン適用などによって無料化することも可能なので、あまり重視しなくても良いでしょう。

auひかりとSo-net光のエリアについて

So-net光は全国対応ですが、auひかりは下記3地区が提供エリア外です。

回線名 未対応エリア
So-net光 なし
auひかり 中部地区:静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
関西地区:大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
九州地区:沖縄県

残念ながら、上記3地区にお住まいの人はauひかりを利用できません。これはauひかりのデメリットの1つです。

ただしauひかり対象エリア外であってもマンションタイプのみ対応している可能性があるので、集合住宅にお住まいの方は一度エリア検索をしてみましょう!

この点においては、全国対応しているSo-net光の方に分があります。

これは両社ともに言えることですが、提供エリアであっても必ず利用できるとは限らないので要注意です。

一部未対応エリアとなっているケースもあるので、必ず提供エリアに入っているかを確認してください。

auひかり:提供エリア検索

So-net光:無料で提供エリア確認!

auひかりとSo-net光のプロバイダについて

auひかりとSo-net光で利用できるプロバイダは下記のとおりです。

auひかり So-net光
  • So-net
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • @Tcpm
  • au one net
  • BIGLOBE
  • AsahiNet
  • DTI
So-netのみ

So-net光はSo-netのみですが、auひかりは上記8つのプロバイダから任意で選ぶことができます。

プロバイダに関しては自由度の高いauひかりの方が優れていると言えますね!

プロバイダは独自のキャンペーンを実施しているので、多くのプロバイダの中から選べるau光ならばお得なキャンペーンのプロバイダを選べる可能性も出てくるでしょう。

また、現在使用中のプロバイダと同じプロバイダがある場合には、プロバイダを変えずに光回線を乗り換えることも可能です。

同じプロバイダが継続利用できると『IP電話の電話番号を変えずに乗り換えられる』『プロバイダのメールアドレスをそのまま使える』などのメリットがあります。

auひかりとSo-net光はどっちがオススメ?

ここまでauひかりとSo-net光を徹底比較してきましたが、総合的に判断した結果……auひかりを断然おすすめします。

大きなおすすめポイントはこちらの3点!

  • 必ず発生する費用の料金割引が充実している
  • 長期的に利用すればauひかりの方が安い
  • 安定した高速通信ができ、5ギガ/10ギガの高速プランも充実している

『他社の解約金・工事費残債』『auひかりの開通工事費』など、必ず発生する費用に対して補填する特典が充実しているため、高額な支払いを気にせずに契約できるのは乗り換えやすさを後押しするメリットです。

また、費用面でいえば利用料金の安さという点でも実はSo-net光よりも優れているため節約意識の高い方にはauひかりがおすすめです。

特にauユーザーの方はauスマートバリューを活用すればスマホ代の大幅な節約が実現できるかもしれません!

auひかりならではのおすすめポイントとしては、KDDIの独自回線を使用することで安定した高速通信を提供している点です。

実測値で見れば同じ1GbpsのプランでもSo-net光より高速通信が可能ですし、最大速度10Gbpsのプランにも対応しています。

au以外のドコモやソフトバンクのユーザーだけどauひかりを契約してもいいの?

auひかりにスマホキャリアによる契約の制限はありません。対象エリア内にお住まいであれば誰でも契約可能です。

ただし、au回線契約者限定の『auスマートバリュー(スマホセット割)』は対象外となるのでご注意ください。

各キャリアには『ドコモ=ドコモ光』『ソフトバンク=ソフトバンク光/NURO光』というセット割対象の光回線がありますが、それを差し引いてもauひかりには魅力があります。

その魅力とは、先程も解説した通りauひかりはKDDIの独自回線を使用した高速通信が可能な光回線ということです。

ドコモ光もソフトバンク光もSo-net光と同じ光コラボの光回線なので、どうしても独自回線を使用しているauひかりほどの速度は出せません。

各社のスマホセット割は大変魅力的ではありますが、『料金よりも速さが大事』『とにかく安定した通信を希望する』など、通信速度重視派の方にはauひかりがおすすめです。

ahamoやpovo、LINEMOの契約者にオススメの光回線はauひかり

大手キャリアから発表された格安 新プラン『povo(au)』『ahamo(ドコモ)』『LINEMO(ソフトバンク)』はそれぞれスマホセット割の対象外です。

そのため、スマホのセット割について考える必要はありません。

つまりセット割のメリットを考慮する必要がないので、その他のポイントから光回線を選べば良いというわけです。

となればやはり『安くて速いauひかり』がおすすめですよ!

乗り換える前に確認しておくべき注意点

ドコモやソフトバンクの契約者がauひかりに乗り換える際に一番注意したいのは、現在セット割を受けている家族が何人いるかです。

まず『ドコモ=ドコモ光』『ソフトバンク=ソフトバンク光/NURO光』以外で契約している方はセット割は適用されないので気にせず乗り換えてしまって大丈夫です!

ドコモユーザーがドコモ光を契約している場合、ソフトバンクユーザーがソフトバンク光/NURO光を契約している場合はセット割が有効になっている可能性があります。

また、セット割は家族回線も対象となるため複数人でセット割を適用しているかもしれません。

セット割対象の家族(回線)が多ければ多いほど高額な割引を失うリスクが高いのでよく検討する必要があります。

場合によっては、大きな割引を逃すことにもなりかねません。失う割引総額がいくらになるかを計算し、auひかりへの乗り換えを考えるべきでしょう。

こういったケースの解決策としてはこのような例があります。

  • スマホを格安SIMに乗り換えて料金節約
  • スマホをauに乗り換えてauでもセット割を使う
  • 諦めて今の光回線を使い続ける

また、セット割対象の回線が1回線程度だった場合にはあまり気にする必要はありません。

割引額も少額であることや、セット割のために加入したオプションによって相殺されている可能性が高いため、失ってもあまり痛手にはならないためです。

auひかりの特徴やメリット・デメリット

ここからはauひかりとSo-netひかりの特徴とメリットを確認します。これも光回線を選ぶ際には、重要な選択肢の1つです。

ここまでの比較結果を参考にして、その特徴とメリット・デメリットを検証しました。両社を比較しながら読み進めていきましょう。

それでは、まずはauひかりの特徴やメリット・デメリットから見ていくことにします。

auひかりの特徴

auひかりはKDDIが提供している光回線サービスです。最大の特徴はKDDI独自の光回線網による通信サービスだという点が挙げられます。

一般的な光回線はNTTのフレッツ光を共同利用しており、その割合はなんと全体の70%という高さです。利用者が多いことが影響し、回線混雑による速度遅延が発生しやすい点が指摘されています。

しかし、auひかりは他の光回線事業者に回線網を提供していないため、回線混雑による速度遅延が発生しにくいのが特徴です。

これはauひかりの最大の特徴であり、メリットの1つと言えるでしょう。

また、auひかりはプロバイダがセットになっている光回線ですが、8つの中からプロバイダから選べる自由度もあります。

料金は一括請求なので、毎月の利用料金がわかりやすいのも1つの特徴ですね。

auひかりのメリット

auひかりのメリットは回線速度の遅延が少ないことだけではありません。他にも下記のメリットが挙げられます。

  • 最大10Gpsの高速通信サービスに対応している
  • au携帯の月額料金が安くなる
  • 公式キャンペーンが豊富
  • 長期間利用すれば月額料金が安くなる
  • プロバイダを8つの中から選べる

これは、ここまでのauひかりとSo-netひかりの比較結果を見れば、みなさん異存はないでしょう。

特に申込者にとってメリットの高い下記2点は見逃せません。

  • 公式キャンペーンも代理店キャンペーンも充実
  • auの携帯ユーザーの月額料金が安くなる

光回線の月額料金は割引前なら、各社横一線です。さほど大きな違いはありません。

そのため、確実にどれだけの割り引きをキャンペーンで受けられるかが、重要なポイントになってキます。その点においてauひかりはSo-netひかりよりも確実に上です。

auひかりのデメリット

また、auひかりにはメリットだけでなく、下記のデメリットが存在します。

  • 提供エリアが限定的
  • 最大10Gpsの高速通信サービスは更にエリアが限定される
  • マンションでは利用できないケースが多い
  • 契約中にプロバイダ変更ができない

全国対応のSo-net光と比べ、auひかりは一部地域が未対応です。また、最大10Gpsの高速通信サービス利用も一部地域限定ですから、全国的に見れば利用できない人の方が大半を占めます。

その上、auひかりを導入しているマンションが多くありません。マンション居住者も利用できない人が出てくるでしょう。

このようにauひかり最大のデメリットは、サービス提供地域が限られる点に尽きます。今のところどうしようもありませんが、この点は覚えておいてください。

また、申し込みと契約後の支払い窓口がプロバイダとなっているため、契約後はプロバイダ変更ができません。

どうしてもプロバイダを変更したい場合にはauひかりを一度解約して再度申し込むしかないのです。そうなると解約違約金が発生する可能性があります。

途中変更することがないように、プロバイダ選びは慎重にしてください。

auひかりの評判について

それでは実際にauひかりに申し込んで、回線利用している人の意見をTwitter等の口コミから見てみます。

ここまで挙げたauひかりの特徴やメリット・デメリットが、利用者に対してどう影響しているのかを確認しながら読み進めていきましょう。

So-net光の特徴やメリット・デメリット

次はSo-net光の特徴やメリット・デメリットを見ていきます。

au光との違いは、ここまでの記事で理解してもらえているでしょう。ここではおさらいの意味を込めて、確認しながら目を通してください。

So-net光の特徴

So-net光はソニーネットワークコミュニケーションが提供している光回線サービスです。auひかりとは異なり、NTTのフレッツ光の光回線を共同利用した通信サービスになります。

全国対応と提供エリアが広いのですが、先に話した回線混雑による通信速度の遅延は否めません。

回線速度の遅延を少なくし、快適な環境でインターネットを楽しみたいのであれば、auひかりの方がおすすめでしょう。

So-net光のメリット

So-net光のメリットは下記のとおりです。

  • 短期間の利用なら月額料金が安い
  • 提供エリアが全国対応
  • 訪問設定サポートが無料
  • v6プラスに対応

一番のメリットは短期間利用時の月額料金の安さです。

キャンペーンの適用によって相場の半額程度の月額料金で利用できるため、数年程度の利用であればSo-net光はトップクラスの安さになります。

ただし、キャッシュバックなどのキャンペーンが適用できなくなるので、auひかりのようにキャッシュバックキャンペーンを実施している光回線と比較する際はよく計算してみることをおすすめします。

総合的にどちらが得するのかを判断しましょう!

また、自分でパソコン設定ができない人にとって、訪問設定サポートが無料で受けられるのは嬉しいところですね。

So-net光のデメリット

So-net光のデメリットは下記のとおりです。

  • 通信回線の遅延や途切れがある
  • キャッシュバックと解約違約金補填の併用ができない
  • 3年目以降の月額料金が急に跳ね上がる
  • 選べるプロバイダがSo-netのみ

これらデメリットは、当サイトがSo-net光よりも、auひかりをおすすめしている理由でもあります。

利用開始頃の『安い月額料金』に惹かれて申し込みを考えている人は、3年目から定価に戻る点には要注意です。

また、キャッシュバック特典を適用させた場合も『安い月額料金』にはなりません。

So-net光が一見安く見えるのは、すべて割引特典を適用させた結果です。

So-net光の評判について

それでは先程のauひかりと同じように、So-net光を利用している人の意見をTwitter等の口コミから見てみます。

実際に回線利用すれば、So-net光はauひかりよりも利用上で避けられない、いくつもの問題があります。これは今回挙げたデメリットを見てもらえば明らかです。

このデメリットに対して、利用者がどう感じているのかを、確認しながら読み進めていきましょう。

auひかりの光回線をオススメする人はこんな人

それでは最後にauひかりとSo-netひかりが、どのような人におすすめなのかお教えします。

当サイトはあらゆる条件面から考慮した結果、auひかりをおすすめしますが、それでもSo-net光でなければという人もいますよね。

あなたにとって、どちらがおすすめな回線なのかを確認しながら見ていきましょう。

まず最初は、当サイトがおすすめするauひかりからです。

今回紹介したauひかりの特徴やメリット・デメリットを考慮すると、auひかりは下記のようなタイプの人におすすめな光回線になります。

  • できるだけ早い高速通信を楽しみたい
  • 回線の遅延や途切れなくインターネットを楽しみたい
  • auの携帯ユーザー
  • 多くの中からプロバイダを選びたい
  • 契約後はころころ回線を乗り換えたくない(長期利用希望者)

これら条件に該当するならば、断然auひかりがおすすめです。

しかし、先に話したとおり、auひかりは全国対応ではありません。しかも、最大10Gbpsの高速通信が利用できる地域も一部に限定されています。

auひかり 1ギガ 未対応エリア
中部地区:静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
関西地区:大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県
九州地区:沖縄県
auひかり 5ギガ・10ギガ 対応エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

申し込む際は、あなたのエリアが申込可能かを必ず確かめるようにしてください。

NNコミュニケーションズからの申し込みが一番オススメ

NNコミュニケーションズからの申し込みがおすすめ

引き続きauひかりに申し込む時に、おすすめしたいのがauひかり正規代理店の『NNコミュニケーションズ』です。

当サイトがNNコミュニケーションズをおすすめするのには理由があります。

  • 高額キャッシュバックが確実に受けられる
  • 12期連続でKDDIから表彰を受けている

NNコミュニケーションズは高額キャッシュバックが確実に受けられる上、KDDIから高く評価されている信頼できる代理店なのです。

いくら高額キャッシュバックを謳っていても、確実に受け取れなくては意味がありません。その点においてNNコミュニケーションズは自信を持っておすすめできる代理店になります。

最大52,000円の高額キャッシュバックが受けられる

NNコミュニケーションズは下記の独自キャッシュバックを実施しています。

住居タイプ ネット+電話 ネットのみ
ホームタイプ 27,000円 20,000円
マンションタイプ 32,000円 25,000円

注目してほしいのは電話加入なしのネット申し込みだけでも、無条件で20,000円もしくは25,000円のキャッシュバックが受けられる点です。

また、これに加えてプロバイダを@nifty・So-net・BIGLOBEのいずれかを選べば、さらに下記キャッシュバックが加算されます。

住居タイプ キャッシュバック金額
ホームタイプ 25,000円
マンションタイプ 20,000円

このキャッシュバックを加えれば、最大52,000円のキャッシュバックを受けられるのです。

また、@niftyのキャッシュバックは下記の2つが用意されているので、必要に合わせて任意で選ぶこともできます。

住居タイプ キャッシュバック① キャッシュバック②
ホームタイプ 現金25,000円 現金20,000円+Wi-Fi6ルーター
マンションタイプ 現金20,000円 現金10,000円+Wi-Fi6ルーター

また、もう1つ注目してほしいのはのは受け取り条件です。

代理店の中にはキャッシュバックの受け取り条件が面倒で複雑なところが多く、せっかく申し込んでもキャッシュバックが受け取れなかったという人が少なくありません。

受け取り条件を満たせなかったことで、キャッシュバック対象外にされてしまうのです。

しかし、NNコミュニケーションズの受け取り条件は明快で簡単なため、そんな心配はいりません。申込時に振込先の口座情報を申告すれば全てが完了します。

しかも、キャッシュバック振込は、回線開通月の最短1ヶ月後という早さです。これなら申し込みを忘れたり、受け取り条件をミスすることもありません。

間違いなく、確実にキャッシュバックが受け取れるでしょう。

12期連続でKDDIから表彰を受けた超優良代理店

代理店から光回線を申し込むのに、不安を感じる人は少なくないでしょう。

知名度の高いauひかりの代理店であっても、知名度の高い代理店は存在しません。おそらく、誰もが初めて聞く会社名ばかりでしょう。

よって、代理店からの申し込みを不安に感じる人がいるのは当然のことです。

確実にキャッシュバックを受けたいなら、できるだけ信頼度の高い安心できる代理店を選ぶ必要があるでしょう。

その点において、NNコミュニケーションズは安心しておすすめできます。

NNコミュニケーションズは、12期連続でKDDIから感謝状を授与されている超優良代理店だからです。

KDDIが12期も続けて感謝状を出していることからも、KDDIがNNコミュニケーションズをいかに高く評価しているかがわかります。

『信頼度の高い代理店』というお墨付きを、KDDIから受けた代理店と言っても過言ではないでしょう。

高額キャッシュバックも見逃せませんが、当サイトが自信を持っておすすめするのは、この高い信頼度のある代理店だからこそなのです。

So-net光の光回線をオススメする人はこんな人

それでは次はSo-net光の光回線がおすすめな人のタイプを見ていきます。So-net光の特徴やメリット・デメリットを考慮した結果、下記のタイプの人はSo-net光がおすすめです。

  • auひかりの提供エリア外
  • 動画などの大容量データをあまり取り扱かわない
  • 回線速度をあまり気にしない
  • できるだけ月額料金を安くしたい

光回線としてのメリットはauひかりの方が確実に上です。これは理解してもらえているでしょう。

しかし、auひかりの提供エリアは全国対応ではありません。そのため未対応エリアの人は、So-net光を選ばざるをえません。

また、下記のような人にも、So-net光はおすすめです。

  • 回線スピードや回線の安定性はあまり気にしない
  • たまに遅延や途切れがあっても気にしない
  • 利用頻度が低いので回線の質までこだわらない
  • 定期的に乗り換えてあらゆる光回線のキャンペーンを利用しつくしたい

頻繁に利用しない人なら、回線速度や回線の安定性をさほど気にすることはないでしょう。それならば月額料金が安いSo-net光の方がメリットは高くなります。

しかし、この時代、あまりインターネットを利用しないという人はまれです。パソコンがなくてもゲーム機やスマホでWi-Fiを利用しますよね。全部含めればインターネット利用時間はなかなかのものです。

そのため、So-net光がおすすめなのは、下記2つのタイプに該当する人になります。

  • auひかりの提供エリア外
  • 自宅でインターネットをあまり利用しない

公式サイトからの申し込みが一番オススメ

So-net光にも多くの代理店があり、それぞれが独自キャッシュバックを実施しています。しかし、So-net光の場合は公式サイトから申し込むのが一番お得です。

各社キャッシュバック額を比較すると、下記のように公式キャッシュバックの30,000円とさほど大差はありません。

代理店名 キャッシュバック金額
NEXT 最大30,000円
BIGUP 最大30,000円
bloom 最大20,000円
ネットナビ 最大10,000円

これならわざわざ代理店を通して契約するよりも、直接申し込みをした方が個人情報やトラブル防止等の点から見ても安心できると思いませんか?

auひかりとは違い、So-net光は代理店から申し込むメリットは無いと言えるでしょう。

auひかりとSo-net光を徹底比較のまとめ

今回はauひかりとSo-net光の違いや速度・料金などの必要情報を徹底比較しました。

最後まで読んで頂いた方であればどちらを選ぶべきか判断できたのではないでしょうか。

確かにSo-net光の安い月額料金は魅力です。しかし、回線スペック、契約後の割り引き条件など、総合的に判断すればSo-net光より断然auひかりの方が上です。

一部、未提供エリアがあるのは残念ですが、利用できる人には自信を持ってauひかりをおすすめします。

まだ決心がつかないなら、もう一度記事を読み直して、後悔しないようによく考えるようにしてくださいね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる