MENU

auひかりの引越しの時に迷わない!完全マニュアルをわかりやすく戸建て・マンションでの手続き方法

※本ページはプロモーション(広告)が含まれています

auひかり契約中に引越しをする場合、以下のような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

  • auひかりを引っ越し先でも使う方法が分からない
  • auひかりは引っ越し先でも使える?
  • auひかりが引っ越し先で使えないときはどうする?

引越し元での契約内容や解約のタイミング、引越し先の環境などによって手続き方法も変わるので、どうすればいいかわからず困っている方も多いことでしょう。

auひかりを契約中に引っ越す場合、費用や手続き方法など事前に確認しておかなくてはいけないことがいくつもあります。

この記事では、auひかり契約中に引っ越す場合、どんな手続きが必要か、お得にするにはどうすればいいかなどについて詳しく解説します。

乗り換え先特徴キャッシュバック額


ドコモ光
(新規契約)
  • 開通工事費完全無料
  • プロバイダが選べる
  • Wi-Fiルーター無料レンタル可
最大35,000円
NNコミュニケーションズ


NURO光
(新規契約)
  • 月額料金が安い
  • 通信速度に定評がある
  • セキュリティソフトを無料で使える
最大65,000円
キャンペーン専用サイト


ソフトバンク光
(新規契約)
  • 月額料金が安い
  • IPv6対応で高速通信が可能
  • 提供エリアが全国区
最大45,000円
エヌズカンパニー

auひかり:キャッシュバック最大77,000円/

戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

目次

auひかりを引越しの手続きや新居先での工事日などフローチャートで図解

auひかり 引越し

auひかりを利用している方の引越しの手続きは、主に以下の3通りに分けられます。

  • 移転
  • 解約新規
  • 乗り換え

        それぞれどんな方にどんな手続きをおすすめするかはこちらのフローチャートをご覧ください。

        auひかり 引越し

        それぞれメリット・デメリットがあります。どの方法で乗り換えるか迷っている方は、次で詳しく解説していきますので参考にしてくださいね。

        auひかりの引越し『移転』

        auひかりは契約者の住所が変更になる(引越しする)場合、引越し先でも「移転」という形で現在のauひかりの契約をそのまま引き継ぐことができます。

        ただし、移転を行うためには重要な条件がひとつあります。それは、移転先がauひかり提供エリア内かつauひかりが利用できる環境であることです。

        引越し先がエリア外だった場合、auひかりに問い合わせるとKDDI系の他のサービスを紹介してもらえます。

        auひかりの引越し『解約新規』

        引越し先がauひかり提供エリア内だった場合、他の家族名義で契約できる方は「解約新規」という方法もあります。解約新規はその名の通り「一度解約して改めて新規契約を行う」というパターンです。

        解約新規の重要な条件は、契約者が別名義でないと「新規」扱いにならないことが挙げられます。同一名義で解約して契約し直しても、auひかりでは「再契約」という扱いになってしまいます。

        解約新規の場合、引っ越しで行う手続きは「解約」と「新規契約」です。

        解約にともない以下のような条件で料金が発生することに注意しましょう。

        • 初期費用が残っている場合は、残債を一括払いしなければならない
        • 更新月以外に解約すると、違約金が発生する
        • 「auひかり ホーム」は撤去工事費が発生する場合がある

          どれくらいの金額になるかは解約時の状況次第ですが、出費総額よりも新規契約時に受け取れるキャッシュバックが大きければ移転よりもお得に引越し手続きができます。

          解約新規は、代理店のキャンペーン内容や解約時に支払うべき料金次第でお得に引越せるのが特徴です。

          auひかりの引越し『乗り換え』

          引越し先が対象エリア外の場合は、光回線そのものを乗り換えるしかありません。また、移転可能であっても「お得」「キャッシュバック」を重視する方には光回線自体の乗り換えがおすすめです。

          他社の光回線と契約することで、新しい契約先で実施しているキャッシュバックや工事費無料キャンペーンを利用できるため、移転よりもお得になる場合もあります。

          他社の回線にするなら、速度が速いと評判なNURO光か、違約金や撤去工事費の還元キャンペーンがあるソフトバンク光がおすすめです。

          乗り換えの場合、auひかりで行うのは「解約」のみで、光回線の契約は他社で行います。

          \最大77,000円キャッシュバック/

          auひかりの評判はこちら

          auひかりが新居先で使用できるかエリアを確認する

          ここからは、auひかりの引越し先のエリア確認方法や引越しにかかる費用、手続きの流れなど以下の内容について紹介します。

          auひかりの引越し手続き
          • すぐにできる新居先でのauひかりのエリア対象確認方法
          • auひかりは新居でも使用可能!エリア対象内での引越し手続き
          • auひかりの引越しにかかる費用や工事費について
          • auひかりの引越しの際の手続きの全ての流れについて

          引越しの種類によってパターンが大きく異なるのでそれぞれ比較しましょう。

          すぐにできる新居先でのauひかりのエリア対象確認方法

          新居先でauひかりを使用できるか確認する方法は3通りあります。

          • 公式ホームページから確認
          • KDDIブロードバンドキャンペーンセンターに問い合わせる
          • 代理店に問い合わせる

            中でももっとも手軽で早いのは公式ホームページからの確認です。

            以下は公式ホームページから確認する場合の手順です。

            まずは、auひかりの提供エリア確認ページへアクセスして「住居タイプ」「郵便番号」のほか、希望であれば継続する固定電話番号も入力します。

            すべて入力できたら「エリアを確認する」をクリックしましょう。

            引用元:auひかり

            提供できるプランがない場合は、上記の手順で入力すると「提供しておりません」と表示されます。また、KDDIブロードバンドキャンペーンセンターか、代理店に電話で確認することも可能です。

            中部エリア、関西エリア、沖縄など対象外のエリアもあるので、引越しの際は必ず対象エリアを確認しましょう。

            auひかりは新居でも使用可能!エリア対象内での引越し手続き

            引越し先でauひかりが提供エリア内であれば、auひかりの移転手続きが行えます。重ねての解説になりますが、移転とは同一契約者のまま住所を変更してauひかりの契約を継続する手続きのことです。

            移転手続きを行う際には以下のような工事が必要です。

            引越し元の住居で撤去工事

            ホームタイプ

            • 2022年6月30日以前の契約者は必須
            • 2022年7月1日以降の契約者は任意

            マンションタイプ

            • 基本的に不要

            引越し先の住居での開通工事

            auひかりは独自回線なので住居のタイプに関わらず基本的に工事が必要

            引越し元の住居での工事は、タイプや契約日によって回線撤去工事を行うかどうかが変わります。また、引越し先では改めて開通工事が必要です。

            auひかりの引越しにかかる費用や工事費について

            引越し時、auひかりを移転する場合にかかる費用はこちらの通りです。

            費用ホームタイプマンションタイプ
            登録料3,300円
            引越し元:工事費残債初期費用相当額割引の残債分
            (プロバイダによる減額や還元あり)
            引越し元:撤去工事費31,680円
            (2022年7月1日以降の契約者は任意)
            0円
            引越し先工事費41,250円33,000円
            土日工事手数料+3,000円

            auひかりに契約する際に「初期費用相当額割引」というキャンペーンを利用している方は多いのではないでしょうか。

            初期費用相当額割引とは…

            ネットやひかり電話の契約で、初期工事費相当を月額料金から割引するキャンペーン

            最初の契約期間満期を迎えると初期工事費が実質無料になる

            一度でも契約更新をしている場合は残債はありませんが、まだ契約更新を迎えていない場合は、残債の支払いが必要になります。ただし、この残債を減額・還元してくれるキャンペーンをプロバイダごとに行っているので、うまく活用することで引越し費用を抑えることができます。

            引越しキャンペーンを行っているプロバイダは以下の通りです。

            auひかりの移転は「工事費の残債が残っているか」「撤去工事が必要か」「プロバイダの引越しキャンペーンは何か」によって費用が大きく変わります。移転手続きをしてから後悔することがないよう、費用がいくらになるのか事前に計算してみることをおすすめします。

            auひかりの引越しの際の手続きの全ての流れについて

            解約新規の方がお得に契約できますが、契約者の名義を変えるのはなかなか大変ですよね。解約新規で契約せずに引き続きauひかりを使用したい場合は、移転の手続きで引越しを行うしかありません。

            auひかりで移転手続きを行う際は、以下のような手順で行います。

            1. 「au one netを契約中の方」はauひかりの公式サイトの「お引越し情報フォーム」から連絡する
              「au one net以外のプロバイダを契約中の方」は契約中のプロバイダに引越ししたい旨を伝える
            2. 工事日について連絡が入る ※光電話も申し込んだ場合、新しい電話番号についても連絡がくる
            3. 利用開始の案内が届く
            4. 光回線工事の立ち会い
            5. 宅内機器の接続

              また、引越しの申し込みから開通までの期間は以下が目安になります。

              引越し先の居住形態引越し申し込みから開通するまでの期間
              ホームタイプ2週間~1ヵ月程度
              マンションタイプ10日~2週間程度

              それぞれ実際に行う工事の内容が違うため、これだけ差が出てしまいます。

              ホームタイプの工事

              • 近くの電柱から自宅まで光ファイバーケーブルを引き込む
              • 電柱や周囲の状況確認や現地調査が必要

              マンションタイプの工事

              • auひかり対応済みのマンションは、建物の共用部分まで工事済みの状態
              • 共用部分から各戸までの配線工事を行う

              このように、マンションタイプの方は一部の工事が完了しているため、ホームタイプよりも早く完了する傾向にあります。

              ただし、いずれも混雑状況によって利用開始時期が遅れる場合がありますので、予定が決まり次第早めに申し込みましょう。

              \最大77,000円キャッシュバック/

              auひかりの評判はこちら

              auひかりの引越し際に確認しておくべき注意点4つ

              ここでは、auひかりを契約中の方が引越しをする際に確認しておくべき注意点についてご紹介します。引越し手続きをはじめてから後悔することがないよう、こちらをチェックしておきましょう。

              主な注意点は以下の通りです。

              auひかりの引越し際に確認しておくべき注意点4つ
              • auひかりの提供エリアを確認
              • auひかりのマンションタイプのプランを確認
              • auひかりで使用中の電話番号が継続できない可能性がある
              • auひかりを移転する時はスケジュールに余裕を持って!

                  それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

                  注意点① auひかりの提供エリアを確認

                  auひかりは一部利用できない地域もあるため、提供エリアは必ず確認しておきましょう。自社独自の設備を使っているauひかりは、NTT回線網のように全国展開ではありません。

                  中部エリア・関西エリア・沖縄県は、グループ会社同士での競合を避けるためにauひかりのホームタイプの契約を受け付けていません。

                  中部エリアや関西エリアではマンションタイプのみauひかりが提供していますが、沖縄県ではマンションタイプもauひかりちゅらで請け負っています。引越し先でもauひかりを使うなら、auひかりの提供エリアかどうかの確認をお忘れなく!

                  注意点② auひかりのマンションタイプのプランを確認

                  引越し先がマンションである場合は、プラン変更に注意しましょう。auひかりのマンションプランは建物に導入された設備によって決まっているため、入居者の希望で好きなプランを選択することができません。

                  auひかりには複数のマンションプランがあり、それぞれ最高速度も料金も違います。

                  場合によっては現在契約中のプランよりも速度が出ないプランになってしまうこともあるので、契約可能なプランのチェックも忘れずに行ってください。

                  マンションの場合はauひかりの提供エリアを検索した際に、提供エリア内であれば契約可能なプランが表示されます。希望に合わないプランだった場合には光回線の乗り換えをおすすめします。

                  注意点③ auひかりで使用中の電話番号が継続できない可能性がある

                  auひかりの電話番号は、移転や解約をすると継続できない場合もあります。

                  引き継ぎ可能な電話番号とそうでない電話番号の違いはこちらの通りです。

                  引き継ぎできない電話番号

                  • auひかり電話で取得した電話番号で区画外に引っ越す場合
                  • 市外局番の異なるエリアへの引越し

                  引き継ぎできる電話番号

                  • auひかり電話で取得した電話番号で同一区画内に引っ越す場合

                  電話番号が引き継ぎできないときは、引越し先で新たに電話番号を取得する必要があります。

                  注意点④ auひかりを移転する時はスケジュールに余裕を持って!

                  auひかりの引越しは、申し込みから開通まで2週間〜1ヶ月程度かかります。特に3〜4月などの引越しシーズンは工事も混雑しやすく、通常より時間がかかってしまう場合があります。

                  引越し先ですぐにインターネットを使いたい方は、引越し先が決まり次第なるべく早く手続きを行いましょう。

                  また、引越し元の撤去工事が必要な方は、引越し元と引越し先の2ヶ所の工事に立ち会わなければならないので、その点を考慮してスケジュールを組みましょう。

                  auひかりの解約新規ってなに?メリットは?

                  続いては、auひかりの「解約新規」についてご紹介します。改めて解約新規について解説すると、契約中のauひかりを一度解約して、改めてauひかりに別の名義で契約する方法です。

                  同じ名義人で契約すると「再契約」という扱いになってしまうので要注意!

                  例えば「引越し前:夫名義→引越し先:妻名義」といった契約ができる場合には「解約新規」となります。

                  解約新規のメリット

                  • 新規契約者向けのキャッシュバックキャンペーンが受けられる
                  • 移転先で発生する工事費がキャンペーンで実質無料
                  • 契約内容を改めて見直しできる

                  このように、解約新規は金銭的なメリットが大きいため、引越し先でもauひかりを使用したい方には特におすすめの方法です。

                  特に新規契約者向けのキャンペーンでは窓口によっては高額キャッシュバックが受け取れます。

                    auひかりで引越し先でも工事費や無駄な出費をなくす方法は?

                    auひかりで引越しすると想像以上にお金がかかる……と、落胆している方も多いのではないでしょうか。そんなauひかりの引越しに関わる諸費用を減らす方法は主に3種類あります。

                    無駄な出費をなくす方法3つ
                    • 必ず一度は契約更新する
                    • 契約更新期間内に解約する
                    • プロバイダのキャッシュバックキャンペーンなどを活用する

                      それぞれ詳しく解説していきます。

                      auひかりの引越し費用節約方法① 必ず一度は契約更新する

                      引越し元の住居で行った工事費の残債は、引越し(移転・解約)と同時に一括請求されます。もともとこの費用は「初期費用相当額割引」というキャンペーンで相殺できるようになっています。

                      ホームマンション
                      3年契約
                      • ネット料金から
                        • 644円×1ヶ月割引
                        • 628円×34ヶ月割引
                      • 電話料金から
                        • 550円×35ヶ月割引
                      2年契約
                      • ネット料金から
                        • 1,254円×1ヶ月割引
                        • 1,243円×22ヶ月割引
                      • 電話料金から
                        • 550円×23ヶ月割引
                      • 1,443円×1ヶ月割引
                      • 1,434円×22ヶ月割引

                      3年契約の場合は35ヶ月、2年契約の場合は23ヶ月かけて実質0円になります。そのため、一度契約更新期間を過ぎていれば初期工事費は完済済みとなり、一度も契約更新を迎えていない場合は工事費の残債が発生します。

                      ただし、工事費の残債については、プロバイダごとに減額や還元のキャンペーンを行っているので、詳しくは節約方法③をご覧ください。

                      また、プロバイダや代理店経由で契約している場合は、長期契約を条件にキャッシュバックを受け取っている可能性もあります。その場合であっても契約更新期間を超える長期契約条件はほとんど無いなので、そういった意味でも一度以上の契約更新をしていからの移転・解約がおすすめです。

                      auひかりの引越し費用節約方法② 契約更新期間内に解約する

                      解約新規をする方は、契約中のauひかりを解約しなければいけません。契約更新期間外に解約すると違約金が発生してしまいますが、契約更新期間内に解約すれば違約金は発生しません。

                      契約期間や違約金はどんなプランで契約しているかによって異なります。

                      プラン名契約期間違約金
                      ずっとギガ得プラン3年4,730円
                      (16,500円)
                      ギガ得プラン2年4,460円
                      (10,450円)
                      お得プラン/A2年タイプG:2,730円
                      (10,450円)
                      その他:2,290円
                      (7,700円)
                      標準プランなしなし

                      ※()は2022年6月30日までの契約者

                      また、契約更新のタイミングは以下の通りです。

                      契約更新期間

                      • 契約期間:2年
                        • 利用開始月を1ヵ月目として、24~26ヵ月目
                      • 契約期間:3年
                        • 利用開始月を1ヵ月目として、36~38ヵ月目

                      このタイミングで解約できれば違約金は発生しません。「引越し」という事情から、自分でタイミング調整を行うのはなかなか難しいこととは思います。

                      しかし「あと2日早く解約していれば……」なんてことも有り得るので、まずは契約中のプランと契約更新期間をチェックしてみてくださいね!

                      auひかりの引越し費用節約方法③ プロバイダのキャッシュバックキャンペーンなどを活用する

                      実は、auひかりのプロバイダによっては移転(引越し)のキャンペーンを実施している場合もあります。

                      以下のプロバイダは、キャンペーンで回線撤去費用や工事費残債の減額や還元などが可能です。

                        プロバイダのキャンペーンを活用すれば解約新規に迫るほどお得に引越しできる可能性もあるので、auひかりだけでなくプロバイダのキャンペーンまで要チェック!

                        ただし、この方法は移転先でも同じプロバイダを継続して契約しなければ適用できないため、プロバイダを乗り換えたい場合は使うことができません。

                        auひかりの引越しで電話番号は変わるの?再契約が必要?

                        auひかりの引越しに関する注意点でも触れた通り、auひかりの引越しでは引き継げる電話番号と引き継げない電話番号があります。

                        改めて確認しておきましょう。

                        引き継ぎできない電話番号

                        • auひかり電話で取得した電話番号で区画外に引っ越す場合
                        • 市外局番の異なるエリアへの引越し

                        引き継ぎできる電話番号

                        • auひかり電話で取得した電話番号で同一区画内に引っ越す場合

                        固定電話の電話番号は区画外に引っ越すと変更になりますのでご注意ください。

                        auひかりのキャンペーンや料金をわかりやすく図解

                        auひかりの引越しを検討するにあたり、このままauひかりを継続して良いのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

                        「移転」「解約新規」のほかに「他社の光回線へ乗り換える」という選択肢を検討している場合、auひかりの料金やキャンペーンについて改めて確認する必要があります。

                        ここでは、以下の内容について詳しく解説します。

                        auひかりについて
                        • auひかりの利用料金
                        • auひかりのキャンペーン
                        • auひかりの契約はNNコミュニケーションズがおすすめ

                        それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

                        auひかりの利用料金

                        auひかりでは一戸建てや集合住宅で個人契約する方向けの「ホームタイプ」と、集合住宅向けの「マンションタイプ」の2タイプのプランを展開しています。

                        auひかり ホームタイプの料金はこちらの通りです。

                        auひかりホームずっとギガ得プランギガ得プラン標準プラン
                        契約期間3年更新2年更新なし
                        1ギガ5,610円5,720円6,930円
                        5ギガ6,160円6,270円7,480円
                        10ギガ7,018円7,128円8,338円

                        契約期間が長くなるほどお得なのは他社光回線と同じで、価格帯としても相場程度といったところです。

                        auひかり マンションタイプの価格はこちらの通りです。

                        auひかりマンションお得プラン(A)標準プラン
                        契約期間2年更新なし
                        タイプG4,180円~5,390円~
                        タイプV4,180円~4,180円~
                        都市機構4,180円~2,585円〜
                        都市機構G4,180円~2,585円〜
                        タイプE3,740円~3,740円~
                        タイプF4,290円4,290円
                        ギガ4,455円4,455円
                        ミニギガ5,500円5,500円

                        auひかりのマンションタイプは建物どんな設備が導入されているかによって価格や通信速度が変わる設計になっています。

                        料金の違いは上図の通りで、通信速度は「16Mbps」から「1Gbps」まで幅広いため、引越し先でどのプランに対応しているかの確認は必須です。

                        auひかりのキャンペーン

                        つづいてauひかりで実施中のキャンペーンをご紹介します。

                        現在のauひかりでは以下のような公式キャンペーンを実施しています。

                        auひかり公式キャンペーン
                        • auスマートバリュー
                        • auひかり ピカ得プログラム
                        • auひかり 乗り換えスタートサポート
                        • 初期費用相当額割引
                        • 超高速スタートプログラム
                        • 10ギガスタート割引
                        • 10,000円キャッシュバック
                        • auひかり テレビ「ジャンルパック」「オールジャンルパック」
                        • Pontaポイントプレゼント

                        auひかりならではのキャンペーンしては、やはり「auスマートバリュー」ですね。

                        auスマートバリューとは…

                        • 特典:au回線から 550円~1,100円 × 最大10回線割引!
                        • 条件:au回線契約者がauひかり+auひかり電話をセットで契約する

                        家族のauスマホ回線も対象なので、家族みんなでau回線を利用している場合は、かなりお得になります。また、auひかりには高速回線(5ギガ・10ギガ)の料金を割引にするキャンペーンもあるため、高速プランに興味がある方にもおすすめです。

                        以上の公式キャンペーンに加え、契約する窓口によってはその窓口独自の特典を受け取ることができます。

                        主な窓口は「auひかりの公式」「auひかりの提携プロバイダ」「auひかりの代理店」の3種類です。

                        それぞれの窓口で受け取れるキャッシュバックや特典はこちらの通り!

                        すべてのプロバイダや代理店でこういった特典になるとは限りませんが、多くのプロバイダや代理店ではこのような形で特典を提供しています。そのため、お得にauひかりを契約するなら代理店からの契約がイチオシです。

                        auひかりの公式キャンペーンについては以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

                        auひかりのキャッシュバック比較|最大77,000円|キャンペーンの大手10社窓口から安心申し込み

                        auひかりの契約はNNコミュニケーションズがおすすめ

                        引用元:NNコミュニケーションズ

                        auひかりの契約には、auひかり正規代理店のNNコミュニケーションズがおすすめです!

                        代理店からの申し込みに不安を感じる方もいるかも知れません。確かに「代理店」というと、しつこい営業電話や詐欺まがいのプランといったマイナスイメージもありますよね。

                        しかし、NNコミュニケーションズはKDDIから16期連続で表彰されるほどの優良代理店で、キャッシュバックキャンペーンも「ユーザー第一」というのがよくわかる内容になっています。

                        NNコミュニケーションズのキャッシュバックは……

                        • 申し込みが簡単!
                          契約確認の電話でキャッシュバックに申し込める
                        • 条件がほとんど無い!
                          高額な有料オプションの契約は必要ありません
                        • キャッシュバックが早い!
                          最短翌月末の迅速キャッシュバック

                        これといってユーザー側で特別な気配りをしなくても簡単にキャッシュバックに申し込めます。何かと忙しい引越し時でも申請漏れなく確実にキャッシュバックが受け取れるのは嬉しいですよね!

                        \最大77,000円キャッシュバック/

                        auひかりの評判はこちら

                        auひかりへの申し込み方法

                        auひかりへの新規契約は以下のような手順で行います。

                        1. NNコミュニケーションズからauひかりへWEB申し込みをする
                        2. 契約内容確認の折り返し電話でキャッシュバック申請をする
                        3. KDDIと工事の日程調整をする
                        4. 開通工事の立ち会う
                        5. 機器の初期設定をして完了

                          WEB申し込みさえ完了すれば、あとはオペレーターの指示に従って進めるだけなので、特別難しいことはありません。

                          ただし、工事の日程はタイミング等によって1ヶ月以上待つことも有り得るので、その点は注意が必要です。また、配線の関係で希望の場所に機器が設置できない場合もあるので、事前にいくつか設置場所を検討しておくとスムーズに工事が進められますよ!

                          auひかりの解約方法の手順

                          auひかりを解約するときの手順は以下で行います。

                          1. 契約中のプロバイダへ解約の連絡を入れる
                          2. 撤去工事に立ち会う(必要な場合のみ)
                          3. ONUやモデムなどレンタル機器がある方は返却する
                          4. 乗り換え予定の方は料金明細を取得する

                            auひかりを解約する場合は、auひかりではなく契約中のプロバイダへ連絡します。また、レンタル機器の返却が遅れると追加料金が発生するので、返却用の着払い伝票が届き次第、速やかに返却しましょう。

                            また、ホームプランのみ撤去工事が必要な場合がありますが、撤去工事の有無は契約日によって変わります。詳細は以下の通りです。

                            ホームプラン2022年6月30以前2022年7月1日以降
                            撤去工事費31,680円31,680円
                            (工事をしない場合は0円)
                            工事対応必須任意

                            ホームプラン契約者は、ご自身がどちらに当てはまるか事前に確認しておきましょう。

                            auひかりの引越しでBIGLOBEひかりに乗り換えるのはどう?

                            実は、BIGLOBE光もauスマートバリューが適用できるお得な光回線です。引越し先がauひかりの対象外だった時にauスマートバリューを継続したい方にはおすすめの光回線です。

                            BIGLOBE光は「光コラボ」と呼ばれる、NTTフレッツ光の通信網を使用した光回線なので、提供エリアもフレッツ光と同じ。回線のクオリティもNTTフレッツ光と同じです。

                            ただし、BIGLOBE光はプロバイダが運営する光コラボなので、プロバイダは「BIGLOBE」に限定されてしまいます。

                            auひかりとBIGLOBE光どちらにするか迷っている方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

                            auひかりとビックローブ光を徹底比較!どっちがオススメなのか料金や速度、お得度で比べてみた

                            auひかりがエリア対象外!引越し先で使えない時のおすすめの速い光回線は?

                            残念ながら引越し先がauひかりの提供エリア外だった場合は、他社の光回線に乗り換えるしかありません。また、auひかりに不満がある場合や光回線の通信環境の改善を考えている方にも光回線の乗り換えはおすすめです。

                            BIGLOBE光もその選択肢のひとつですね!

                            しかし「auひかり」といえば通信速度の速い光回線。「引越し先でも高速な光回線を使用したい」という方も少なくないはずです。

                            そこで、ここからは通信速度に定評のある高速通信が期待できる光回線のおすすめをご紹介していきます。

                            今回おすすめする光回線は以下の2社です。

                            おすすめの光回線2社
                            • NURO光
                            • ソフトバンク光

                              それぞれどんな点がおすすめできるのか、概要をご紹介しますね。

                              NURO光

                              引用元:NURO光

                              NURO光は通信速度の速さが特に好評の光回線のひとつです。auひかりと同じ独自回線により運営している光回線のため、高速で安定した通信が期待できます。

                              NURO光では標準プランを「2Gbps(ベストエフォート)」としており、相場よりも安価に一般的な光回線の2倍の速度プランを提供しています。

                              戸建てプランとマンションプランの料金は以下の通りです。

                              NURO光(戸建て)2Gbps10Gbps20Gbps
                              3年契約5,200円5,700円
                              2年契約5,700円
                              契約期間なし6,100円8,300円8,517円
                              NURO光 for マンション2Gbps10Gbps
                              3年契約2,090円~2,640円~
                              2年契約2,530円~
                              契約期間なし2,970円~3,520円~

                              NURO光のマンションプランは、同じ建物内にNURO光契約者が何人いるかによって料金が変動します。

                              また、NURO光のプロバイダはSONYの「So-net」に限られているので、他のプロバイダで契約したい方はご注意ください。

                              NURO光のデメリットはauひかり同様に「独自回線のため提供エリアが狭い」ということが挙げられます。

                              NURO光の特徴

                              • 標準の速度プランが「2Gbps」と一般の光回線より高速
                              • 最大速度プランが「20Gbps」まで対応
                              • マンションプランは価格がリーズナブル
                              • プロバイダは「So-net」のみ
                              • 提供エリアが狭い

                                  NURO光についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しているのでぜひご覧ください。

                                  【最新版】NURO光のキャンペーンを徹底比較!最もお得なキャッシュバックはここ!

                                  ソフトバンク光

                                  ソフトバンク光

                                  ソフトバンク光はNTTフレッツ光と同じ回線を使用した「光コラボ」の光回線です。

                                  戸建てとマンションの料金は以下の通りです。

                                  戸建てマンション
                                  1Gbps10Gbps1Gbps10Gbps
                                  5年契約(+TV)5,170円6,380円
                                  2年契約5,720円6,930円4,180円6,380円
                                  自由契約6,930円8,140円5,390円7,590円

                                  価格的にはauひかりとあまり変わりありませんが、ソフトバンクが提供する光回線なのでソフトバンク回線やワイモバイル回線とのセット割(おうち割 光セット)が適用できます。

                                  1回線につき550~1,188円が最大10回線まで割引されるので、ソフトバンクまたはワイモバイルユーザーに特におすすめしたい光回線といえるでしょう。

                                  ソフトバンク光の特徴

                                  • ソフトバンクの回線契約がセット割対象
                                  • ワイモバイルの回線契約がセット割対象
                                  • 提供エリアが広い
                                    • プロバイダは「Yahoo! BB」のみ
                                    • NTT回線ならではの回線混雑の可能性がある

                                    ソフトバンク光についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しているのでぜひご覧ください。

                                    ソフトバンク光のキャッシュバックは45,000円!いつ振り込まれるのかおすすめ代理店はここ

                                    auひかりの引越しについてのQ&A

                                    最後に、au ひかりを利用している方が引越すときによく抱える疑問について解説していきます。

                                    auひかりの引越しについてよくある質問7選
                                    • auひかりを引越しすると電話番号は変わるの?
                                    • 東日本と西日本をまたぐ引越しするとどうなるの?
                                    • 今、使っているWi-Fiルーターの引越し際のモデムなどの機器はどうしたらいいの?
                                    • auひかりが引越し後に繋がらない時の対処方法は?
                                    • auひかりの引越し手続きの問い合わせ先はどこ?
                                    • auひかりの引越しはSo-netでできる?
                                    • auひかりの引越しを工事不要でできる?

                                      以上のような疑問に対し、簡単な解説や解決策についてご紹介していきます。

                                      auひかりを引越しすると電話番号は変わるの?

                                      引越し先の住所によって、変わらない場合と変わる場合があります。

                                      電話番号が変わるかどうかのポイントは引越し元と引越し先が「契約中の電話番号の区画内かどうか」によります。

                                      引き継ぎできない電話番号

                                      • auひかり電話で取得した電話番号で区画外に引っ越す場合
                                      • 市外局番の異なるエリアへの引越し

                                      引き継ぎできる電話番号

                                      • auひかり電話で取得した電話番号で同一区画内に引っ越す場合

                                      遠方への引越しは電話番号が変わることは間違いありません。

                                      近隣への引越しなら電話番号が変わらない可能性もあるので、まずはauひかりに問い合わせてみましょう。

                                      東日本と西日本をまたぐ引越しするとどうなるの?

                                      auひかりでは東日本↔西日本の引越しの影響は特にありません。

                                      auひかりでは、提供エリア内なら移転も解約新規も可能です。

                                      ただし、光回線を「フレッツ光」や「光コラボ」へ乗り換える場合は、東日本と西日本で料金プランが異なるので、手続き方法も異なります。

                                      引越しと同時に乗り換えを検討している方は注意しましょう。

                                      今、使っているWi-Fiルーターの引越し際のモデムなどの機器はどうしたらいいの?

                                      引越し先に一度持っていきますが返却が必要です。

                                      1. 使用していた機器をいったん引越し先に持っていく
                                      2. 解約手続きを行う
                                      3. 返却用の伝票を受け取る
                                      4. 返却機器の梱包
                                      5. 着払いで返送

                                      引越し元の住所に返却用伝票が届いてしまうことのないように、必ず郵便物の転送手続きを済ませることが大切です。また、引越し先では新しい機器を使用します。

                                      機器の返却が遅れると追加料金が発生する場合がありますので、返却用の着払い伝票が届き次第すぐに返却しましょう。

                                      auひかりが引越し後に繋がらない時の対処方法は?

                                      auひかりがまったく繋がらない時は以下のポイントを再確認しましょう。

                                      • 配線
                                      • 接続中の機器の設定
                                      • 家電による電波干渉
                                      • auひかりの障害情報

                                      単純に「コンセントが抜けていた」「ケーブルの挿入場所を間違えている」といった初歩的なミスも考えられますので、まずは身近なポイントからチェックしていきましょう。

                                      スマホなどの携帯機器なら「機内モードになっていた」「そもそも接続設定をしていなかった」ということも考えられますね。

                                      そして、Wi-Fiで無線接続する場合は家電による電波干渉を受けやすいので注意が必要です。

                                      特に電子レンジ使用中は一切インターネットが利用できなくなる場合もあり、その場合には電波強度の高いWi-Fiルーターに買い替えたり家具の配置を変えたりするのも良いでしょう。

                                      また、auひかりで障害が起きている可能性も考えられます。スマホ等でauひかりの障害情報を確認の上、どこにも問題が見つけられなければauひかりに問い合わせてみましょう。

                                      auひかりの引越し手続きの問い合わせ先はどこ?

                                      auひかりの引越し手続きは、au one net契約者はauひかり公式、au one net以外を契約中の方はプロバイダへ直接問い合わせてください。

                                      それぞれのプロバイダの問い合わせ先は以下の通りです。

                                      各社、引越しの際にお得になるキャンペーンなどを実施しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

                                      auひかりの引越しはSo-netでできる?

                                      auひかりのプロバイダをSo-netにしている方は、こちらから引越し手続きを行ってください。

                                      auひかりの引越し手続きは、契約中のプロバイダから行います。auひかり公式から手続きできるのは、au one net契約者のみとなりますのでご注意ください。

                                      また、So-netでは引越し者限定の特典なども実施していて「引越し元の工事費残債の割引」や「引越し先のネット開通までWi-Fi無料レンタル」などがあります。

                                      引越しにかかる費用を抑えたい方は、チェックしてみてくださいね。

                                      auひかりの引越しを工事不要でできる?

                                      auひかりは独自回線なので、引越し先での開通工事は必須となります。

                                      ただし、引越し元の撤去工事については、マンションタイプは基本的に不要で、ホームタイプは契約日によって変わります。詳細は以下の通りです。

                                      ホームプラン2022年6月30以前2022年7月1日以降
                                      撤去工事費31,680円31,680円
                                      (工事をしない場合は0円)
                                      工事対応必須任意

                                      2022年7月1日以降に契約した方は撤去工事が任意なので工事をしなければ0円にできますが、2022年6月30以前に契約した方は撤去工事が必須です。

                                      工事費も31,680円と高額なので、事前にどちらにあてはまるか確認しておきましょう。

                                      auひかりの引越しについてのまとめ

                                      auひかりを利用中の方が引越しする場合、以下3パターンのいずれかの手続きが必要です。

                                      移転

                                      • 引越し先でもauひかりの契約を継続する
                                      • 引越し前後で同じプロバイダならプロバイダ特典が受け取れる可能性がある

                                      解約新規

                                      • 引越し前で一度auひかりを解約する
                                      • 引越し先で新たに別の名義でauひかりを契約する
                                      • 代理店など契約窓口独自の新規契約者向け特典が受け取れる

                                      乗り換え

                                      • 引越し前で一度auひかりを解約する
                                      • 引越し先で新たにauひかり以外の光回線を契約する
                                      • 代理店など契約窓口独自の新規契約者向け特典が受け取れる

                                      どの方法が向いているかは契約状況や引越し先のエリアによります。auひかりを継続して契約したい方は、まず引越し先がauひかり提供エリアかどうかを確認しましょう!

                                      また、光回線を乗り換えたい方や乗り換えなければいけなくなった方には、auスマートバリュー対象の「BIGLOBE光」や、通信速度の速い「NURO光」「ソフトバンク光」などがおすすめです。

                                      \最大77,000円キャッシュバック/

                                      auひかりの評判はこちら
                                      よかったらシェアしてね!
                                      • URLをコピーしました!
                                      • URLをコピーしました!

                                      コメント

                                      コメントする

                                      目次