povoの審査の時間や期間について!未成年の契約や落ちた人はいるのか検証

auの新プランpovoは基本料金0円で利用でき、毎月自分の使う分の高速データ量だけを購入できるため乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

固定費が下がるのは非常にメリットではあるため、「月々の利用料金が下がるのであれば」と前向きな気持ちになる反面、申し込み方法がアプリを使うという特殊さがあることから「審査も特殊なのでは?」と不安に感じてしまいますよね。

特に、審査に落ちてしまった経験がある方は、povoの審査基準が厳しいのかpovoへ機種変更するまえにどうか気になるところだと思います。

そこで今回は、povoの審査時間や期間について徹底解説。落ちやすい人の特徴や契約できる年齢などについても紹介していきます。

povo 審査

povoでの契約を考えているのであれば、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

povo最新ニュース

povoでは、あと払い(ペイディ)で「データ追加3GB(30日間)」トッピングを購入すると、全額帰ってくるキャンペーンを開催しています。

キャッシュバック金額は990円。ペイディを利用するだけで帰ってくるとてもお得なキャンペーンなので、ぜひ利用してみてくださいね。

\今月のお得な楽天モバイルのお得なキャンペーン

楽天モバイルの三木谷キャンペーンがお得で申し込み殺到中!特別キャンペーンは5月31日まで期間限定なので急いで公式サイトを確認してね。。

再契約の方も対象になり乗り換えであれば14,000ポイントをもらえるお得なキャンペーンが開催中!

楽天モバイルの今月のお得なキャンペーンを実施中。初めての方は楽天ポイント20,000ポイントももらえお得に契約できますよ。

それ以外に下記のようにお得なたくさんの楽天モバイルのキャンペーンを実施しています。

 

iPhoneの乗り換えでは最大32,000円相当のお得になるキャンペーンやAndroid端末では最大26,930円値引きになるキャンペーンも実施しています。

今、スマホを探している方にとっても非常に魅力なキャンペーンをしており他社からの乗り換えにもおすすめ。

また、今年からは楽天モバイルの家族割楽天モバイルの学割もスタートしたので、色々な方にとって安くなるプランが充実。

\iPhone業界最安値|楽天ポイント最大20,000還元中/

目次

povoの申し込みに必要なものと申し込みできない原因

povo 審査

povoを契約するにあたって、以下の内容を解説していきます。

povoの契約
  • 申し込みに必要なもの
  • 申し込みできない原因

povoの申し込みを行う前に、一度確認しておくと安心です。スムーズに審査を通りたい場合は、事前に用意するものや申し込みできない原因を解決しておきましょう。

まずは最初に確認しておいてくださいね。

povoの申し込みに必要なもの

povoの申し込みに必要なものは以下の通り。

povoの申し込みに必要なもの
  • 契約者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • クレジットカード
  • SIMロック解除済みのスマホ
  • メールアドレス(キャリアメール以外のもの)

povoを申し込む際は、必ず上記を用意しておいてください。クレジットカードを持っていない場合は、Nudgeカードがおすすめ。

Nudgeカードは、決済金額に応じてギガがもらえるpovoのクレジットカードです。Nudgeカードを使えば使うほど、povoの利用がお得になりますよ。

Nudgeカードは、ナッジ株式会社によって審査が行われます。申し込み日から1~3営業日で審査が完了するので、povo申し込み前にNudgeカードを契約しておくといいでしょう。

povoの申し込みができない原因

povoの申し込みができない原因として以下のものがあります。

povoが申し込めない原因
  • MNP予約番号の有効期限が切れている、もしくは13日未満しか残ってない
  • auでMNP予約番号を発行している
  • au加入日と同日にpovoに移行しようとしている

povoへ乗り換える場合は、MNP予約番号の有効期限を13日以上残しておく必要があります。auからの乗り換えであればMNP予約番号は必要ありません。

また、au契約と同日中にpovoへ移行することはできません。povoはauが提供しているプランですが、auとpovoの申し込み窓口は別です。povoを申し込む際には注意してくださいね。

povo申し込み後、審査が完了するとSIMカードが発送されます。SIMカードは午前中の申し込みで翌日お届けが可能です。ただし、発送状況や地域によっては翌日以降に届く場合もあります。

できるだけ早くSIMカードが欲しい場合は、審査に落ちてしまわないよう細心の注意を払いつつ午前中にpovoの契約を行うようにしましょう。

povoの審査は厳しくない!未成年だからといって落ちることはない

povo 審査

povoの審査基準は非公開です。そのため、厳しいのか甘いのかの判断を明確に行うことはできません。未成年だからといって厳しくなるわけでもないので安心してください。

むしろ端末を購入できるキャリアと比較すると、povoの審査は通りやすいといえるでしょう。スマホの審査には契約時に行われる『新規契約審査』とスマホを分割で購入するときに行われる『分割審査』があり、分割審査のほうが審査は厳しいです。

povoではスマホを購入することができないので、月額料金の支払い能力を審査する新規契約審査のみ行われます。スマホをローンで購入する場合と比較すると、povoの審査は通りやすいでしょう。

審査は最短1時間から最長3日程度で完了しますが、以下に当てはまる場合は審査に時間がかかる・審査に落ちる可能性があります。

  • 料金の未納・滞納履歴
  • 強制解約
  • 信用情報に掲載【ブラックリスト】

povoはオンラインで申し込み可能なキャリアとなっており、即日審査完了するケースがほとんど。ただし、povoの審査は9時~21時までしか行われていないため、夜中に申し込むと翌日審査になることを覚えておきましょう。

【注意】povoは夜9時以降は審査をしていない!

povoの審査時間は9時から21時までです。21時以降は審査を行っていないので注意しましょう。21時以降の申し込みは翌日から順次審査が始まります。

povoの審査は、基本的に即日完了します。数時間待つだけで審査結果が届くことがほとんどです。ただ、まれに3日ほどかかる場合もあることも覚えておいてください。

審査を即日完了したい場合は、9時から21時までの申し込みがおすすめです。

そしてもうひとつ気になる土日や祝日の審査状況ですが、こちらは情報が一切情報がありませんでした。早く審査に合格したい場合は、できる限り平日の9時から21時までに申し込み手続きを行ったほうがよさそうですね。

povoの審査に落ちた人の共通点や口コミ|入力不備に要注意

povo 審査

povoの審査は厳しくないとはいえ、落ちてしまった人もいます。ここからは、povoの審査について以下の内容を解説。

povoの審査について
  • povoの審査に落ちた人の共通点
  • povoの審査に落ちた人の口コミ

povoの審査に落ちてしまわないか不安、という方は落ちやすい人の共通点を見て勉強しておきましょう。それでは解説していきます。

povoの審査に落ちた人の共通点|ブラックリスト入り、入力ミスなど

povoの審査に落ちた人の共通点は以下の通り。

povoの審査に落ちた人の共通点
  • 電話料金を滞納している
  • 強制解約履歴が残っている
  • 金融ブラックである
  • 本人確認書類の提出に不備があった
  • 入力情報にミスがあった

povoの審査に落ちてしまった人は、上記に当てはまっている方が多いです。本人確認書類の提出や入力情報のミスは、povo申し込み時にしっかり確認しながら進めれば問題ありません。

しかし、料金の滞納や強制解約、金融ブラックになっている方はその場で解消することができません。特に、料金滞納者は契約審査のみのpovoでは落ちる確率が高いでしょう。

とはいえ、上記に当てはまっていれば絶対受からないというわけではないので、念のため申し込んでみるのもアリですよ。

povoの審査に落ちた人の口コミ|複数回線の申し込みが複雑

povoの審査に落ちた人の口コミを紹介します。口コミをまとめると以下の通りです。

povoの審査に落ちた人の口コミ
  • 複数回線の申し込みで審査に落ちた
  • 免許書の顔と実際の顔の印象が違う
  • 料金の未払いがある
  • 名義で入力欄が漢字とカタカナだけしかなくて正しい名前入力ができない

povoの審査に落ちた人の実際の口コミはこちらです。

povo 4回線目で審査落ちしたんだけど5回線まで使えるんじゃないんか

X(旧Twitterより引用)

povoでは、複数回線の契約が少しややこしくなっています。実は、povoの3回線目は支払い実績が2回必要、4回線目の場合は2回線の支払い実績が2回必要です。5回線目の契約になると、3回線の支払い実績が2回分必要。

povoは支払い実績がなければ複数回線の契約ができないことを覚えておきましょう。

povo申込みで審査落ちしたんだけど、

本人確認のセルフ写真撮影で

無精髭を剃り落としてお肌すべすべで免許証の写真に近づけて撮り直したら

審査通りましたwww

X(旧Twitterより引用)

povo審査落ちワロタwww

未払いだろな

X(旧Twitterより引用)

povoの審査落ちたんだけど~~~面倒くさ
多分名義のとこで引っかかってるんだろうけど、入力欄が漢字とカタカナしか受け付けないのが悪いんじゃん

X(旧Twitterより引用)

povoの審査に落ちた人の口コミを見てみると、支払いの未払いや情報入力ミス、本人確認書類の不備が原因になっているケースがほとんどでした。

povoに提出する本人確認書類は、撮影方法にポイントがあるんですよ。こちらで詳しく解説しているので参考にしてください。

povoの審査落ちの原因は本人確認書類!失敗しやすいポイント3選

povo 審査

povoの本人確認では、ちゃんと求められているものを提出しているにもかかわらず、審査落ちしてしまうことがあります。

povoの本人確認はeKYCを使っています。eKYCとは、スマホやPCを使って本人確認が完了するシステムのことです。これまでのように表面と裏面の写真を送付するだけでなく、本人確認書類の厚みなどもチェックされるため、戸惑ってしまう人もいることでしょう。

ここからは、povoの本人確認で失敗してしまう原因3選を紹介します。失敗する原因を知っていれば、いざ申し込みを行うときでも気を付けながら進めることができますよ。

povoの本人確認で失敗する原因3選
  • 本人確認書類の厚みが確認できない
  • 被写体にピントが合っていない
  • 被写体と背景の色が同じ

povoの審査時に本人確認書類の提出で不備がないよう、あらかじめ確認しておいてくださいね。それでは解説していきます。

失敗する原因①本人確認書類の厚みが確認できない

povoの本人確認は、書類をカメラで撮影して提出します。表面の撮影後は、本人確認書類に記載されている顔画像がわかるように書類の厚みを撮影する必要があるんです。

本人確認書類を立てるようにして、斜め上から撮影しなくてはいけないのですが想像しているより難しく感じてしまいます。

撮影するときのポイントは、顔画像がしっかり映るようにするのではなく厚みがはっきりわかることを重視すること。

上の画像のような角度で撮影することを意識してくださいね。

失敗する原因②被写体にピントが合っていない

povoの本人確認では、本人確認書類や自身の顔を撮影して提出する必要があります。撮影を行う際には、しっかりと被写体にピントがあっているか確認をしましょう。

例えば、もし本人確認書類の文字にピントが合っていないと、書類に不備があるとして審査落ちしてしまう可能性があります。

被写体にうまくピントが合わない場合は、被写体を固定して両手でカメラを持つなど、ピント対策をしてから撮影するようにしてみてください。

失敗する原因③被写体と背景の色が同じ

撮影を行う際は、背景の色にも気をつけましょう。被写体と背景の色が同じだった場合、被写体の輪郭がうまく写らないため、本人確認で失敗する可能性が高いです。

本人確認書類の撮影時に、背景と被写体が同化しやすいので、撮影時は背景の色に気を付けて撮影しましょう。

できるだけ背景は白色を避けることを意識し、さらに後ろにものがない場所で撮影する用意してください。背景にイラストやものがあると、どうしてもピントが合いにくくなってしまいますよ。

povoの料金プランを解説|選べるデータトッピングが魅力的

povo 審査

povoは基本料金0円で利用できる料金プランです。毎月使いたいデータ容量(トッピング)を購入して利用できる、無駄のないプランとなっています。

au回線を利用できるのでエリアが広く、通信速度も安定しているのが特徴。少ない容量から大容量までそろっているので、用途に合わせて自分好みのプランを作成できますよ。

povoで提供しているトッピングは以下の通り。

povoで購入できるトッピング(データトッピング)
データ使い放題(24時間)330円
1GB(7日間)390円
3GB(30日間)990円
20GB(30日間)2,700円
60GB(90日間)6,490円
150GB(180日間)12,980円

データトッピング以外にも、コンテンツトッピングや通話トッピングの提供も行っています。

その他povoのトッピング
DAZN使い放題パック(7日間)925円
smash.使い放題パック(24時間)220円
5分以内の通話かけ放題(毎月継続)550円
通話かけ放題(毎月継続)1,650円

自分に必要なトッピングを選んで加入できるのはpovoならではですよね。使い方次第では日常生活を豊かにしてくれるでしょう。

povoの料金プランとahamo・LINEMOを比較!

povo 審査

ここまでpovoについて解説してきましたが、同じように他キャリアでも格安料金プランを提供しています。

『povo(au)』と『ahamo(ドコモ)』と『LINEMO(ソフトバンク)』の基本的なプランの違いは以下の通りです。

povoahamoLINEMO
月額料金0円2,970円
4,950円
990円
2,728円
データ容量基本0GB
追加上限なし
20GB・100GB3GB
20GB
国内通話22円/30秒5分以内通話無料
22円/30秒
22円/30秒
かけ放題:5分以内550円550円
かけ放題:時間無制限1,650円1,100円1,650円
特徴自分好みのプラン作成が可能基本プランにかけ放題つきLINEのデータ消費ゼロ

昔の携帯プランやスマホプランといえばどのキャリアを選んでも正直なところそれほど大きな差はありませんでした。しかし、当該の3プランは各社に明確な特徴の違いがあるため、自分に合うプラン選びをすることでより快適でお得なスマホライフが送れます。

自分に合った料金プランはどの格安SIMなのか、改めて検討してみてくださいね。

ahamoの料金プランとおすすめな人|平日も休日もたくさんデータ容量を使いたい

ahamoは、高速データも通話もまんべんなく楽しめるバランス型のプランを提供しています。

ahamo料金プラン通常ahamo大盛り
月額料金2,970円+1,980円
(合計:4,950円)
データ容量20GB+80GB
(合計:100GB)
通話料金5分以内の国内通話無料
超過:22円/30秒
かけ放題時間無制限:1,100円

通常プランは20GBですが、オプション『大盛り』をつけることで最大100GBまで対応可能です。ネットも動画も程よく使いたい方もたっぷりデータ容量を使いたい方にもおすすめです。

また、5分以内の国内通話がオプションなしで無料になるのもうれしいポイント。povoやLINEMOでは、550円の別料金が必要なのでahamoならではのメリットですよね。

ahamoがおすすめな人は以下に当てはまる方です。

ahamoがおすすめな人
  • 高速データも通話もそれなりに利用頻度が多い人
  • 100GB近く使っているのに4,950円以上使っている人(ドコモの割引額が少ない人)
  • 海外に行く可能性がある、または、海外渡航が多い人

大手キャリア格安プランの中でも100GBという大量通信に対応しているのはahamoだけ。ですが、実はahamo大盛りのライバルは大手キャリアの無制限プランです。家族割やインターネットとのセット割などを最大限活用すると無制限プランの方が安く済むことがあります。

ahamoに乗り換えれば安くなるというわけではないので、月額4,950円を目安に現在のスマホ代にいくら支払っているのかを見直してみましょう。

また、povoには24時間データ使い放題トッピングがありますが、トッピングの頻度が高いとその分支払いも増えてしまいます。平日も休日も関係なくデータ容量を使っているという方はahamoへの乗り換えがおすすめです。

LINEMOの料金プランとおすすめな人|LINEギガフリーでデータ消費0!

LINEMOは、全プランでLINEが使い放題(ギガ消費ゼロ)になります。

LINEMO料金プランミニプランスマホプラン
月額料金990円2,728円
データ容量3GB20GB
通話料金22円/30秒
かけ放題1回5分以内:550円
時間無制限:1,100円

povoやahamoにくらべてLINEMOが優れているのが、月額料金を安くするキャンペーンを積極的に実施しているということ。

現在はミニプラン最大3か月間実質無料、スマホプラン加入で10,000ポイントプレゼントのキャンペーンを開催しています。LINEMOがおすすめな人は以下に当てはまる方です。

LINEMOがおすすめな人
  • 連絡は基本LINEを使っている
  • 毎月3GBで足りている
  • 期間限定でもいいからスマホ代を易くしたい

povoが3GB 990円、20GB 2,700円であることを踏まえると、LINEMOはpovoと大体似たような通信量です。ですが、LINEMOはpovoとほとんど変わらない価格でLINEがギガフリー(高速データを消費しない)になりますよ。

メインの連絡ツールがLINEだという方は少なくないはず。メッセージはもちろん、画像・動画の送受信、音声通話やビデオ通話など、データ消費の多いコンテンツも使い放題。プランの高速データ量を使い切って通信制限がかかった後もLINEは高速通信が利用できます。

LINEをよく使っている方は、povoではなくLINEMOのほうが使い勝手がいいといえるでしょう。

povoの料金プランとおすすめな人|無駄のない料金プランが使える!

改めてpovoの料金プランを簡潔に解説します。povoは基本料金0円で各種トッピングを追加購入して利用するプランを提供しています。

povoのデータトッピング1回の価格
データ使い放題(24時間)330円
1GB(7日間)390円
3GB(30日間)990円
20GB(30日間)2,700円
60GB(90日間)6,490円
150GB(180日間)12,980円

ahamoとLINEMOがおすすめな人を踏まえたうえでpovoがおすすめな人は以下に当てはまる方です。

povoがおすすめな人
  • 利用環境に応じてプランをカスタムしたい
  • とにかく費用は抑えたい
  • 通話専用のプランを契約したい
  • サブ回線の契約を考えている

従来の料金プランに比べるとかなり個性的で独特なプラン展開です。一見わかりにくそうですが、実は一番単純明快でわかりやすく、自分好みの内容にプラン内容を作っていけるのがpovoのポイント。

povoが唯一苦手としているのはリーズナブルな大量通信くらいで、逆に言えば「ahamoもLINEMOもしっくりこない、合わない気がする」という方にはpovoがおすすめです。

povo|乗り換え・新規契約の流れと手順を解説

povo 審査

ここからは、povo契約の流れと手順を解説していきます。

povo契約の流れについて
  • 乗り換える流れと手順
  • 新規契約の流れと手順
  • 未成年の契約について

povoの契約方法は、他キャリアと比べるとすこし特殊です。事前に確認しておくと、申し込み時に慌てずに済むので流れを理解しておいてくださいね。

それでは早速見ていきましょう。

povo|乗り換える流れと手順

povoへ他社から乗り換える流れと手順を解説します。MNP予約番号は、各キャリアのマイページから発行可能なので、契約前に用意しておきましょう。また、auからpovoへ乗り換える場合はMNP予約番号不要です。

povoへ乗り換える手順
  1. povoで利用する端末が動作確認一覧に掲載されているのか確認
  2. 必要書類を用意する
  3. povo2.0アプリをダウンロード(AndroidiPhone
  4. アプリを起動してメールアドレスを登録する
  5. SIMの選択、重要事項説明の確認、クレジットカード情報の入力を行う
  6. eKYC(電子本人認証)で本人確認を行う
  7. eKYC認証後に届くメールから必要情報を入力
  8. 初期設定後に利用開始する

povoを契約する際に必要となる書類は以下の通り。

  • 契約者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • クレジットカード
  • MNP予約番号(auから乗り換える場合は不要)
  • SIMフリーの端末
  • メールアドレス

また、メールアドレスはpovo乗り換え後にも有効なものを登録してください。乗り換え前のキャリアメールは乗り換え後に使用できなくなってしまうため、GmailやiCloudなどのフリーメールアドレスがおすすめです。

※契約後にこれまで利用していたキャリアメールを使いたい場合は、月額330円の「メールアドレス持ち運びサービス」が使えます。

povoでは、SIMカードとeSIMを選択できます。SIMカードの場合、自宅にカードが届いたら端末からpovoアプリを起動し、SIMカードのバーコードを読み取ってカードを有効化してください。

その後、SIMカードを端末に入れてモバイルネットワーク設定を行って完了です。

eSIMの場合、povoアプリを起動して「eSIMを発行する」をタップ後、有効化にするだけで完了します。あとはeSIMの設定とモバイルネットワーク設定を行いましょう。

povo|新規契約の流れと手順

povoの新規契約について解説していきます。

povoの新規契約手順
  1. 必要書類を用意する
  2. povoのアプリをダウンロード(AndroidiPhone
  3. アプリを起動してメールアドレスを登録
  4. SIMタイプやクレジットカード情報を入力
  5. eKYC(電子本人認証)で契約者情報を入力
  6. eKYC(電子本人認証)を使って本人確認を行う
  7. 審査完了後、SIMカードが自宅に届くのを待つ
  8. 初期設定を行って完了

povo契約前に用意しておくものは以下の通り。

  • 契約者の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)
  • クレジットカード
  • SIMロック解除済みのスマホ
  • メールアドレス

また、povoではキャリアメールがないのでフリーアドレスを用意しておきましょう。AndroidであればGmail、iPhoneであればiCloudのメールアドレスをすでに持っているので、活用することをおすすめします。

povoを契約する際は、前もって端末を用意しておいてください。auで購入した端末であれば必要ありませんが、他キャリアで購入した端末を利用する場合はSIMロックの解除が必要となるケースもあります。

なお、2021年10月以降に発売された端末であればどのキャリアで購入してもSIMロックはかかっていません。2021年10月以前に発売された端末を使っている場合は、念のため各キャリアのマイページからSIMロックの有無を確認しておきましょう。

povoで利用できる端末はこちらから確認可能です。

povoは13歳から契約可能!審査も厳しくならない!

povoで契約できる年齢は、13歳以上です。

LINEMOやahamoは18歳以上となっているため、13歳以上で契約できるのはpovoの強みですね。13歳以上の未成年者がpovoを契約する際に必要なものは以下の通りです。

  • クレジットカード(親名義も利用可能)
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのどれか)

通常必要となる親権者の同意書についても、povoでは不要となっています。

また、未成年だからと言って審査が厳しくなることはなく、通常通りの審査が行われますよ。長期間の契約を考えている場合、子供の名義で契約しておけば途中で名義変更が不要になります。

これからずっとスマホを契約しておきたいと考えているのであれば、子供名義で契約も検討してみてくださいね。

povo審査のまとめ

povo 審査

povoの審査について解説してきました。今回の内容をまとめると以下の通りです。

povo審査のまとめ
  • povoの審査基準は非公開
  • ブラックや滞納などがない場合は最短1時間で審査完了
  • povoは13歳から契約可能!審査が特に厳しくなるわけでもない
  • 審査落ちの主な原因は本人確認の不備

格安料金プランのpovoは手続きを全てオンラインで行えるため、本人確認から審査までが非常にはやく、問題がなければ即日で開通および利用することができます。

早い人では申込みから数十分で利用できるといった場合もありますので、店頭で申し込みをするようなプランに比べてストレスが少なくて済みますので、おすすめの料金プランです。

povoの料金プランに魅力を感じている方は、ぜひ申し込みを行ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次