インターネットの事業者変更承諾番号ってなに?お得なキャンペーンとどんな手続きで行うのか手順や確認すべき注意点

インターネットの契約について調べていると、必ず目にするのが『新規』『乗り換え』『事業者変更』『転用』といった、契約の呼び方です。「乗り換えと事業者変更は違うの?」「新規契約と事業者変更では契約方法が違うの?」など、気になることはたくさんあります。

そもそも「自分はどれに該当するのかわからない……」なんて方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、このうちの『事業者変更』に注目し、事業者変更とは一体なんなのかという基本的な情報からお得なキャンペーン情報まで徹底解説していきます!

以下の表に光回線の事業者変更で適用されるキャンペーンの一例をまとめました。

事業者変更でもらえるキャンペーン
ソフトバンク光
  • 最大45,000円キャッシュバック
  • 事業者変更費用全額負担
ドコモ光
  • 最大45,000円キャッシュバック
  • dポイント2,000pt
  • WiFiルーター無料
ビックローブ光
  • 最大10,000円キャッシュバック
楽天ひかり
  • 6ヶ月月額料金無料
@nifty光
  • 10,000円キャッシュバック
賢くお得に光回線の契約をしたい方は必見ですので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。
目次

インターネットの事業者変更番号とは?取得方法は?

まずはインターネットの『事業者変更』とは一体なんなのかをご紹介します。事業者変更とは、インターネット回線の光コラボから『光コラボ』または『フレッツ光』に乗り換えることを指します。

ここでは、事業者変更について知るために以下の3つの項目をご紹介します。

  • 事業者変更とは?
  • 転用との違い
  • 事業者変更承諾番号とは?

『光コラボ』や『フレッツ光』といった光回線の種類についてもわかりやすく解説します。

事業者変更とは?

私たちが契約できるインターネット光回線契約は、大きくわけると以下の3つに分類できます。

光回線の種類使用回線運営
フレッツ光NTTNTT
代表的な事業者:NTT東日本、NTT西日本
光コラボNTTプロバイダ等 の事業者
代表的な事業者:ドコモ光、ソフトバンク光、BIGLOBE光など 600社以上
独自回線独自多くの場合で回線と同じ
代表的な事業者:auひかり、NRUO光、J:COM(ケーブルテレビ)など

「フレッツ光」と「光コラボ」はどちらもNTTの光回線を使ったインターネットサービスです。「独自回線」は、NTTの光回線ではなく各社独自の回線となります。

このうち、光コラボから『光コラボ』または『フレッツ光』に乗り換えることを事業者変更といいます。具体的には、ドコモ光からソフトバンク光への乗り換えなどです。事業者変更の場合、使用する回線がどちらもNTTのフレッツ光なので、基本的には回線工事が必要ありません。

また、フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」といいます。こちらについては次項で解説していきます。

さらに、使用する光回線の種類が異なるフレッツ光・光コラボ↔独自回線業者は『解約して新規契約』となります。言葉では「光回線の乗り換え」とも言いますが、手続き上は乗り換えにはなりません。

転用との違い

「転用」は、フレッツ光から光コラボへの乗り換えへ乗り換えることを指します。NTT東・西日本のフレッツ光を利用している方が、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボへ変更する場合は転用となります。

事業者変更と同じく転用の場合も使用する回線はフレッツ光なので、乗り換えの際に基本的には工事は必要ありません。

事業者変更承諾番号とは?

光回線(NTTフレッツ光)はそのまま継続利用して、契約の窓口を変える手続きを行うのが事業者変更です。携帯電話回線の契約では「電話番号そのままで乗り換え(MNP)」というサービスが有名ですが、MNPの光回線バージョンだと思っていただくとイメージしやすいのではないでしょうか。

事業者変更を行う際には『事業者変更承諾番号』というものが必要です。手続きのための整理番号のようなもので、乗り換え前の光回線事業者が発行し、乗り換え先の光回線事業者での契約に使用します。

事業者変更承諾番号には有効期限が決められているため、期間内に乗り換えの手続きを完了させる必要があります。

インターネットの事業者変更の切替日にやることの流れと手順について

それでは事業者変更を行う場合にはどんな流れて手続きを進めていけば良いのでしょうか。大まかな手続きの流れは以下の通りです!

  1. 乗り換え前の光回線(現在使用)で、事業者変更承諾番号を取得
  2. 事業者変更承諾番号を使い、乗り換え先の光回線に申し込む
  3. 自動的に契約が切り替わり、乗り換え前の光回線が解約される
  4. 乗り換え前の光回線にレンタル機器を返却する

乗り換え前・後の光回線でそれぞれ手続きを行わなければいけませんが、事業者変更自体は自動的に切り替わります。事業者変更当日に自分でしなければいけないことは何もありません。

事業者変更はいつから行うの?解約日や解約手続き方法は?

事業者変更はいつでも好きなタイミングで行えます。

ただし、事業者変更は乗り換え前の光回線を解約するため、契約期間に縛りのあるプランを利用している場合は、解約金や違約金に注意しましょう。解約金の発生しない更新期間内に事業者変更をおこなうのがおすすめです。

更新期間がいつになるかは、契約会社やプランによって異なります。多くの会社では、契約満了の当月・翌月・翌々月の3ヶ月間を更新期間としています。ご自身の更新期間は、契約書やWEBのマイページ、またはカスタマーセンターへ問い合わせで確認することができます。

事業者変更は解約金のかからない更新期間に行うのがおすすめ。乗り換えの費用を抑える方法については下記の記事も参考にしてみてください。

インターネットの乗り換えの際に発生する違約金や工事費が0円に!解約金を負担してくれるオススメの光回線のキャッシュバックキャンペーンについて

事業者変更の切替日の時間を変更することは可能?

事業者変更の切替日の時間を変更することはできません。事業者変更は基本的には工事が必要ないので、開通日にNTT担当局で提供元の光回線の切り替え作業がおこなわれるだけです。

基本的には、開通日の午前中に切り替えられ、開通日の午後からは乗り換え先の光回線に替わるようになります。この切替日の時間はユーザーが指定や変更をすることはでないので、自動的に切り替わるのを待ちましょう。

事業者変更の手数料は発生する?

事業者変更を行う際、事業者承諾番号を発行手数料として3,300円が発生します。事業者変更に関わる手数料は3,300円ですが、乗り換え前の光回線を解約するにあたって以下の料金が発生する可能性があります。

  • 違約金・解約金
  • 開通工事費残債
  • 撤去工事費
  • 端末残債

これらの料金は契約状況や解約するタイミング、住居の状態などによって決まるので、契約中の光回線(乗り換え前の光回線)に確認してみてくださいね。

事業者変更承諾番号の有効期限と期間

事業者変更承諾番号には15日間の有効期限が定められています。有効期限が切れてしまうと再取得が必要なので、有効期限内に乗り換え先の光回線に申し込み手続きを行いましょう。有効期限の都合上「○日以上の有効期限が必要」「取得から○日以内」といった注意を設けている光回線がほとんどです。

有効期限自体は2週間以上と長めではありますが、油断していると「事業者変更承諾番号はあるけど手続きできない!」なんてことにもなりかねません。必ず乗り換え先の光回線の申込み条件を確認しておきましょう。

事業者変更で電話番号は引き継げる?

光回線を使用した固定電話サービスの「光電話」を使っている方は、事業者変更後も同じ番号を引き継ぐことができます。ただし、一部の光電話(ソフトバンク光のホワイト光電話やBBフォンなど)は、事業者変更で番号を引き継ぐことができないのでご注意ください。

光電話の電話番号を引き継ぐ際には、NTT東日本または西日本で「情報開示承諾」の手続きをおこなう必要があります。情報開示承諾の手続きは、事業者承諾番号を受け取る手続きと同時期におこないましょう。

Webまたは電話での申し込みが可能です。申し込みページは以下の通り。

NTTで情報開示承諾の手続きをしないと、事業者承諾番号だけでは光電話の番号が引き継げないのでご注意ください。

事業者変更するおすすめの光コラボとキャッシュバックなどのキャンペーン一覧

光回線各社ではお得なキャッシュバックキャンペーンを実施しています。実は一部の光回線では公式よりも代理店から契約した方がお得なんです! 何かとお金がかかる光回線ですから、代理店も活用して少しでもお得に契約していきたいですよね。

なかでも下記2つの光回線は代理店からの契約がお得です。それぞれのおすすめの代理店は以下の通りです。

  • ソフトバンク光×エヌズカンパニー
  • ドコモ光×NNコミュニケーションズ

エヌズカンパニーからソフトバンク光を契約すると15,000円、NNコミュニケーションズからドコモ光を契約すると45,000円のキャッシュバックが受け取れます。それでは順番にご紹介していきますね。

ソフトバンク光  × エヌズカンパニー

引用元:エヌズカンパニー

ソフトバンク光といえばソフトバンクユーザーは絶対にチェックしておきたい光回線のひとつです。ソフトバンク光は代理店窓口の『エヌズカンパニー』からの申し込みがおすすめです。以下の表にソフトバンク光をエヌズカンパニーから申し込んだ際のキャンペーン内容をまとめました。

ソフトバンク光  × エヌズカンパニー
公式キャンペーン
  • SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
  • おうち割 光セット(スマホ割)
キャッシュバック額45,000円
獲得時期課金開始の翌々月末
申請方法契約時の電話

エヌズカンパニーのキャッシュバックは、契約時に電話で振込口座を伝えるだけで申請が完了し、翌々月末に受け取ることができます。有料オプションの加入条件もありません。

さらに、公式キャンペーンとの併用が可能なので、乗り換えの際に発生した違約金や撤去工事費を最大10万円まで補填してもらえる「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホと併用でスマホ料金が月額最大1,650円×10回線割引になるおうち割 光セット」も適用されます。

\最大45,000円キャッシュバック/

ドコモ光 × NNコミュニケーションズ

引用元:NNコミュニケーションズ

ドコモユーザーにおすすめな光回線はドコモ光です。ドコモ光は代理店窓口の『NNコミュニケーションズ』から申し込むと、以下のキャンペーンが適用されます。

ドコモ光 × NNコミュニケーションズ
公式キャンペーン
  • ドコモ光 dポイントプレゼント特典
  • ドコモ光セット割
  • Wi-Fiルーター無料レンタル(GMOとくとくBB特典)
キャッシュバック額45,000円
獲得時期最短1ヶ月
申請方法契約時の電話

NNコミュニケーションズのキャッシュバックの受け取り条件は、NTTドコモの携帯電話回線をセットで利用していることです。その他の有料オプション加入などは必要ありません。申請方法も契約時に電話で振込口座を伝えるだけと簡単で、最短1ヶ月で受け取れます。

また、公式キャンペーンと併用できるので、2,000pt(10Gプランは17,000pt)のdポイントがもらえる「ドコモ光 dポイントプレゼント特典」、ドコモのスマホと併用でスマホ料金が月額最大1,100円×20回線割引になるドコモ光セット割」も適用できます。

さらに、プロパイダを「GMOとくとくBB」にすると、Wi-Fiルーターを契約期間中ずっと無料でレンタルできる特典もあります。Wi-Fiルーターはv6プラス対応の高性能モデルとなっているので、Wi-Fiルーターをお持ちでない方や新しい機種への買い替えを希望している方におすすめです。

ドコモ光を契約する際は、NNコミュニケーションズからプロパイダを「GMOとくとくBB」にして申し込むのがおすすめです!

45,000円キャッシュバック/

事業者変更でかかる費用は公式の特典で補填できるケースがある

事業者変更では乗り換え前の光回線を解約することになるため、解約金や工事費残債などの違約金が必要なことも。そんな事業者変更でかかる費用は、乗り換え先の光回線の公式特典で補填できる場合があります。

以下の表に、事業者変更にかかる費用を負担してくれる公式特典のある光回線をまとめました。

光回線費用負担特典
NURO光あんしんのりかえサポート

  • 最大60,000円の違約金を還元(特設サイトから申し込んだ場合不可)
  • レンタルWi-Fi 最大2ヶ月間無料
ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーン

  • 最大100,000円の違約金・撤去工事費を還元
auひかりauひかり 乗りかえスタートサポート

  • 最大30,000円の違約金をau Pay残高と月額料金割引で還元
コミュファ光光乗り換えキャンペーン

  • 違約金を全額還元
  • 無料セットアップ
eo光他社違約金補填

  • 最大60,000円(マンションは最大15,000円)の違約金を還元
GMOとくとくBB光他社違約金キャッシュバック

  • 最大60,000円の違約金を還元

上記の光回線の公式特典では、事業者変更でかかる他社違約金の補填キャンペーンをおこなっています。事業者変更は違約金のかからないタイミングでおこなうのがベストですが、違約金が発生してしまう場合は乗り換え先の他社違約金補填特典をうまく活用しましょう

事業者変更でもキャッシュバックが簡単なのは代理店

事業者変更でもらえるキャッシュバックは、金額だけでなく「申請方法の簡単さ」や「受け取り時期の早さ」にも注目してください。申請方法が複雑だったり、受け取り時期が遅かったりすると、キャッシュバックをもらい損ねてしまう可能性もあります。

申請のし忘れを防ぎ、確実にキャッシュバックをもらうためにも、手続きが簡単な代理店から申し込むのがおすすめです!

今回ご紹介したソフトバンク光の代理店エヌズカンパニーでは、契約時の確認電話で振込口座を伝えるだけでキャッシュバックの申請手続きが完了。利用開始の翌々月末には現金一括で受け取ることができます。

ドコモ光の代理店NNコミュニケーションズも、契約時の確認電話でキャッシュバック申請が完了、最短翌月末に現金一括で受け取りが可能となっています。

中には、高額のキャッシュバックを謡う代理店もありますが、有料オプション加入が条件や受け取り時期が1年先などデメリットもあります。当サイトおすすめの代理店は手続きが簡単で確実にキャッシュバックがもらえる代理店です。申し込む際はぜひ検討してみてください。

おすすめの光回線と代理店については、下記の記事でも比較して解説していますので参考にしてみてください。

光回線のおすすめランキング!最新版徹底比較|マンション・戸建ての選び方をフローチャートで図解

事業者変更のルーター設定方法

事業者変更で光回線とプロパイダを変更した後には、ルーターを再設定する必要があります。ルーターとは、パソコンやスマホなど複数の端末に光回線を接続してインターネットを使えるようにする役割の機器で、有線や無線(Wi-Fi)タイプがあります。

事業者変更では、乗り換え前に使っていたルーターをそのまま使用できますが、再度設定が必要です。無料の訪問設定サービスをおこなっている光回線もありますが、ルーターの設定は方法を知っておけば簡単にできるので下記を参考にしてみてください。

ルーターの設定

事業者変更後のルーターの設定は以下の手順でおこないます。

  1. ONUの電源を抜く
  2. (前と同じものを使う場合)ルーターを初期化する
  3. ルーターの電源とLANケーブルを抜く
  4. ルーターのツマミをRTモードに切り替える
  5. ONUの電源を入れて数分待つ
  6. ONUとルーターをLANケーブルで繋ぐ(ルーター側はWANポートに差し込むこと!
  7. ルーターの電源を入れて5分〜30分待つ

ルーターの初期化方法は型によって違うので、説明書を見るか「〇〇(型番) 初期化方法」などで検索してご確認ください。多くの場合はリセットボタンを押すだけで初期化できます。

上記の手順でルーターを設定後は、スマホやパソコンに接続すればインターネットを使えるようになります。Wi-Fiルーターの場合は、本体機器の側面などに貼ってあるシールにSSIDとパスワードが書かれているので、利用する端末のWi-Fi設定に入力しましょう。

事業者変更によくある質問集

最後に、事業者変更にまつわるありがちな質問・疑問をまとめました。

  • マイソフトバンクから事業者変更番号を確認する方法は?
  • 事業者変更が切り替わらない時は?
  • 事業者変更承諾番号の一覧
  • 事業者変更承諾番号の発行日数
  • 事業者変更してもルーターはそのまま使える?
  • 事業者変更は工事が必要なの?

それではこれらの疑問について、順番に解説していきますね。

マイソフトバンクから事業者変更番号を確認する方法は?

原則ありません。

ソフトバンク会員ページのマイソフトバンクでは、契約プランや月額料金などの確認はできますが、事業者変更番号を確認することはできません。ソフトバンク光の事業者番号を確認する方法は、電話窓口のみとなっています。問い合わせ先は下記の通り。

SoftBank 光 サポートセンター

電話番号:0800-111-6710(通話料無料)
受付時間:10:00 ~ 19:00

上記窓口に問い合わせれば、即日で事業者変更番号を発行してもらえます。翌日中にはSMSでも再度通知されます。

事業者変更が切り替わらない時は?

事業者変更には7~8日程度の時間がかかります。

申し込んですぐ切り替わるわけではないので、乗り換えまでしばらくお待ち下さい。1週間以上契約が切り替わらない場合には申込みが完了できていない可能性があるため、乗り換え先の光回線に問い合わせてみましょう。

申し込みが完了していなかった場合、事業者変更承諾番号を取り直さなければいけない可能性もあります。

事業者変更承諾番号の一覧

事業者変更承諾番号は『アルファベット1文字+数字10桁』で成立しています。

発行元の管轄がNTT東日本かNTT西日本かで、以下のようにアルファベットが異なります。

NTT東日本F – 数字4桁 – 数字6桁
NTT西日本T – 数字4桁 – 数字6桁

電話で口頭で伝えられることがほとんどなので、必ずメモを取れるように用意をしておきましょう!乗り換え先の申し込み時には必ず入力を求められます。忘れた場合には再取得が必要です。

事業者変更承諾番号の発行日数

基本的には即日・即時発行です。

ただし、場合によっては契約中の光回線の判断で発行してもらえないことがあります。例えば以下のケースの場合は注意が必要です。

  • 料金の滞納がある
  • プラン変更などの手続きが完了していない
  • 15日以内に事業者変更承諾番号を発行した

このような場合にはそれぞれの原因を取り除くことが解決策になります。料金はきちんと全額支払い、途中の手続きがある場合にはすべてキャンセルしましょう。事業者変更承諾番号を紛失した場合にはその旨を伝え、前の番号は破棄してもらうようにお願いします。

事業者変更してもルーターはそのまま使える?

ルーターはそのまま使えますが、古い機種は交換がおすすめです。

乗り換え前に使っていたルーターは、事業者変更した後もそのまま使えます。ただし、使用年数が経ってしまっている古い機種は通信速度が遅くなる可能性があるので、新しいものに交換することをおすすめします。

とくに、IPv6非対応のルーターをお使いの場合は、買い替えまたはレンタルで最新機種に交換するのがいいでしょう。新しくする場合は「IPv6 IPoEサービス対応」のルーターがおすすめです。無線ルーターの選び方については、下記の記事も参考にしてみてください。

光回線でWi-Fiを使うためにベストな無線ルーターと回線を紹介!モデムやバファロールーターについても

事業者変更は工事が必要なの?

工事は必要ありません。

事業者変更は、光コラボ同士または光コラボからフレッツ光への乗り換えです。

使用する光回線はすべて同一のNTTの「フレッツ光」のため、自宅での撤去工事や開通工事の必要はありません。回線工事が必要ないので、インターネットが使えない時期がなくスムースに乗り換えられます。事業者変更予定日にNTTの担当局で操作がおこなわれ、自動で回線が切り替わるようになっています。

まとめ

事業者変更とは、光コラボから光コラボ・フレッツ光に乗り換える方が行う手続きのことです。NTTの光回線契約はそのままに、契約窓口の事業者を変更するためにそう呼ばれています。事業者変更の際は乗り換え前の光回線に『事業者変更承諾番号』を取得する必要があり、事業者変更承諾番号には有効期限があるので注意しましょう!

また、乗り換え先の光回線では「○日以上の有効期限」「取得から○日以内の申込み」など、事業者変更承諾番号の有効期限に関する申込み条件が設けられています。有効期限が足りない場合には事業者変更承諾番号を再取得することになるので、一連の流れはできるだけ滞らないようにしましょう。

スムーズに乗り換えられるように準備を進めていきましょうね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次