ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える手順と流れを解説|引越し時の注意点も紹介

「スマホをソフトバンクからドコモに変えたから、光回線ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えたい」

「乗り換えの手続きって、面倒くさそう」

「乗り換えるときには解約違約金がかかるんだよね?」

「乗り換えても負担が増えたら嫌だな」

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えに関してこのような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。この記事ではこれらの悩みをすべて解決していきます。

この記事を読んでわかることは以下の通りです。

  • 乗り換え手続きの流れと失敗しないための注意点
  • 乗り換え費用を実質0円にする方法
  • ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるメリットとデメリット

不安を抱えたまま乗り換えると後悔のもとになります。この記事では乗り換えの利点と欠点がわかるので「乗り換えるべきか」「今のままの方がいいのか」も判断できるようになりますよ!

それでは、ぜひ最後まで読んでみてださいね。

おすすめ窓口5選キャッシュバックとその他申し込み先


NNコミュニケーションズ
  • 最大45,000円
  • 2,000dpt
  • オプション不要
  • 最新ルーター無料レンタル
公式サイト

GMOとくとくBB

  • 最大100,000円
  • 2,000dpt
  • オプション加入必須
  • 最新ルーター無料レンタル
公式サイト

WiZ

  • 最大20,000円
  • 2,000dpt
  • オプション不要
公式サイト

\当サイト限定:45,000円(オプション不要)/

最短1ヶ月受け取り

目次

ソフトバンク光からドコモ光へ引越しの際に失敗せずに乗り換える手順と接続方法

ドコモショップからドコモ光を申し込んだ方には、dポイントが付与されるドコモ公式特典があります。ポイント額は新規契約・事業者変更・転用それぞれで違うので、詳細については後述していきますね。

ここでは、ドコモ公式特典よりもさらに高額のキャッシュバックを獲得できる「代理店からの乗り換え手順」を紹介します。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換え手順
  1. ソフトバンク光サポートセンターで「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
  2. NNコミュニケーションズで「ドコモ光 1ギガ」を申し込む※
  3. 好きな提携プロバイダを選択
  4. 回線切替後にインターネット接続設定
  5. ソフトバンク光のレンタル機器を返却
  6. 開通の1ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれる

※申し込みと同時にキャッシュバック特典の申請もします

ドコモ光×NNコミュニケーションズのキャッシュバック適用条件は「ドコモスマホユーザー」であることだけです。それではここからは、乗り換えの手順や接続方法など以下の内容について詳しく解説していきます。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際のポイント6つ
  • 事業者変更で乗り換える方法
  • PCやテレビにネットを接続する方法
  • 準備すべき書類
  • 必要な期間
  • 工事費用や初期費用
  • ネットが繋がらない期間

それでは、見ていきましょう。

ソフトバンク光からドコモ光へ事業者変更で乗り換える方法

「事業者変更」とは、工事不要・簡単手続きで乗り換えられる光コラボ同士限定の乗り換え方法です。

ソフトバンク光とドコモ光は光コラボ同士なので「事業者変更」で乗り換えができます。事業者変更は「解約⇨新規契約」という乗り換え方法よりも手軽に乗り換えができる便利な方法です。

事業者変更のメリットは以下の通りです。

  • 新規開通工事が不要(事業者変更のみで乗り換え完了)
  • インターネットが使えない期間がない
  • 申し込みから乗り換え完了まで10日程度と早い
  • 固定電話の電話番号(光電話)をそのまま引き継げる※

※一部例外あり。詳細はこちらで紹介

光コラボ同士なら、他の光回線へ乗り換えるよりも面倒な手続きが少なく楽に乗り換えられます。

乗り換える手順はこちらの2ステップです。

ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える手順
  1. ソフトバンク光に「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
  2. ドコモ光に申し込む

    事業者変更で乗り換えるには「事業者変更承諾番号」を発行してもらう必要があります。発行はドコモ光ではなくソフトバンク光で行うので、間違えないようにしましょう。発行はこちらの窓口へ依頼してください。

    「事業者変更承諾番号」発行申し込み窓口

    ソフトバンク光サポートセンター
    0800-111-2009

    受付時間:10:00~19:00

    ※繋がりやすい時間帯:平日の11~12時または13時以降

    事業者変更承諾番号には有効期限があります。発行から15日間(発行日含む)が期限なので、取得したら期間内にドコモ光に申し込みましょう。

    事業者変更でドコモ光に乗り換えるときは、ソフトバンク光を解約せずにドコモ光に申し込みをしてください。ソフトバンク光を解約してしまうと、ドコモ光での手続きが「事業者変更」ではなく「新規契約」になり、費用が余分にかかってしまいます。

    なお、10ギガプランは事業者変更には非対応です。10ギガプランから10ギガプランへの乗り換えでも事業者変更は利用できません。ソフトバンク光で10ギガプランを契約している場合や、ドコモ光で10ギガプランの契約を考えいている方は、一度ソフトバンク光を解約の上でドコモ光に新規契約するようにしましょう。

    ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換え後、PCやテレビにネットを接続する方法

    ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えると、インターネット接続設定が必要になります。「面倒くさそう」と思う方も多いでしょうが手順はとてもシンプルです。こちらにドコモ光でインターネットに接続する方法や準備するものをまとめましたのでご覧ください。

    なお、設定の順番としては、先にPCの接続設定をしてからテレビやスマホのWi-Fi設定をするのがおすすめです。

    準備するもの

    • 接続用のIDとパスワード(ドコモ光のプロバイダから事前に送付される書類に記載されています)
    • LANケーブル
    • Wi-Fiルーター(無線利用する場合のみ)

    PCの接続設定の手順は以下の通りです。

    PCの接続設定の手順
    1. ONUとルーターをLANケーブルで接続
    2. PCを起動し、ルーターの説明書に記載されている設定用URLにアクセス
    3. 設定用URLでドライバーをインストール
    4. 接続用IDとパスワードを入力
    5. 設定完了

      ONUは、回線工事を行った際に設置される機器です。NTTからのレンタル品のため、本体にNTTのロゴがあるのが目印です。LANケーブルをつなぐ場所は、ルーターの「WAN」と書かれた穴です。「LAN」という穴もありますが、LANの方ではないので注意しましょう。

      なお、ルーターに接続設定用CDが付属している場合は、手順①の後、CDをパソコンに読み込ませるだけで設定が完了するので、活用してみてくださいね。

      続いて、Wi-Fiルーターでインターネットが使えるようになったら、次はテレビをインターネットにつないでいきましょう。Wi-Fi対応と非対応のテレビでは、接続方法が異なるので両方の手順を紹介しますね。

      まずは、Wi-Fi対応テレビの接続設定の手順です。

      Wi-Fi対応テレビの接続設定の手順
      1. テレビのWi-Fi設定画面を開く(リモコン操作で可能)
      2. 入力手順に沿って必要な情報を入力

        Wi-Fi設定画面で入力する情報に、ルーターの「SSID」と「パスワード」があります。

          SSIDとパスワードはルーター本体に記載されているので、すぐに分かりますよ。事前にスマホで写真を撮っておくと接続設定がスムーズにできるのでおすすめです。

          Wi-Fi対応していないテレビの場合は、ルーターとテレビを直接LANケーブルでつなぐ「有線接続」の方法をとります。手順は以下の通りです。

          Wi-Fi対応していないテレビの接続設定の手順
          1. ルーターとテレビをLANケーブルでつなぐ
          2. テレビ側でインターネットの設定

          テレビのLANポートの位置はテレビの種類によって異なります。背面か側面に設置されていることが多いので、まずはそのあたりを確認してみましょう。

          テレビ側でインターネットを設定する方法については、機種によって設定方法が異なります。テレビの取扱説明書を見ながら設定を進めてください。

            ドコモ光インターネット接続サポートサービス

            ここまでインターネット接続設定について紹介しましたが、「こういうの苦手で、自分一人では自信がないよ」という方もいらっしゃると思います。そんな方にはドコモ光の「ネットトータルサポートセンター」をおすすめします。

            初回申し込みの場合は31日間月額使用料無料で利用できます。申し込みはMy docomoからできますよ。

            ネットトータルサポートセンター
            • 受付時間:午前9時~午後8時 年中無休
            • 電話番号
              • 携帯電話専用窓口(無料):15716
              • 一般電話専用窓口(無料):0120-825-360 ※一部のIP電話は利用不可
            • LINE問い合わせ窓口

              無料期間が過ぎると月額使用料550円が発生するのでご注意ください。

              ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際に準備すべき書類について

              ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際に準備すべき書類は特にありません。「事業者変更承諾番号」とソフトバンク光での契約名義があれば乗り換えができます。

              ドコモ光へ申し込み後は「開通のご案内やプロバイダID/パスワード」などが送付されてきます。開通後のインターネット接続設定に必要なので大切に保管してくださいね。

              ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際に必要な期間は1〜2週間程度

              乗り換えに必要な期間は、ドコモ光への申し込みから1〜2週間程度です。

              申し込みからドコモ光へ切り替わるまでにタイムラグがあるので、月の上旬にドコモ光へ申し込むのがおすすめです。これにより、前述した利用料金の二重の支払いを最小限に抑えられます。

              もし、月末に申し込んだ場合は、翌月のはじめにドコモ光へ切り替わる可能性があり、その月の利用料金負担が増えかねませんので注意してください。

              ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際は初期費用はかかるが工事費はかからない

              ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際にかかる費用は以下のとおりです。

                  各項目について詳しく紹介していきますね。

                  ドコモ光の契約事務手数料

                  ドコモ光を契約する際に契約事務手数料として3,300円かかります。こちらの手数料は基本的にどの光回線でも発生するので、ドコモ光が特別というわけではありません。

                  手数料を割引してくれるキャンペーンはないので、乗り換えの必要経費として忘れずに用意しておきましょう。また、こちらの手数料は契約開始翌月の月額利用料金とあわせて請求されます。

                  ソフトバンク光の解約違約金

                  ソフトバンク光は、契約期間満了月の当月・翌月・翌々月以外で解約した場合に解約違約金が発生します。

                  ソフトバンク光の解約違約金は以下の通りです。

                  解約違約金戸建てマンション
                  5年契約1ヶ月分の定価利用料金
                  (16,500円)
                  2年契約1ヶ月分の定価利用料金
                  (10,450円)

                  ※()は2022年6月30日以前の契約者

                  契約更新期間なしのプランを契約している方は、いつ解約しても解約違約金は発生しません。

                  また、解約違約金が0円になる契約更新期間は以下の通りです。

                  課金開始日の属する月を1ヶ月目とする

                  • 5年契約:60〜62ヶ月目
                  • 2年契約:24〜26ヶ月目

                  解約違約金はソフトバンク光の契約日よって変わるのでMy Softbank」より「更新月」や「解約違約金額」を確認することをおすすめします。ログイン後に上部メニューの「お客様情報」から確認できますよ。

                  レンタル機器の返送費

                  ソフトバンク光からレンタルしている機器は、送料自己負担で返送しなければなりません。返送する機器の例は以下の通りです。

                  • 光BBユニット
                  • 電源アダプタ
                  • LANケーブル
                  • モジュラーケーブル(電話線)
                  • チューナー

                  なお、NTTのロゴが入った機器(ONU等)は引き続きドコモ光でも使うので返却しないようにしてくださいね。返却するのはソフトバンク光のレンタル機器のみです。

                  返却先は以下の通りです。

                  ソフトバンク光のレンタル機器返却先

                  〒272-0001
                  千葉県市川市二俣678-55
                  ESR市川ディストリビューションセンター 3階 北棟N8

                  ソフトバンク返品センター宛

                  ※宛先の電話番号の記載は不要

                  なお、返却期限は、ドコモ光へ切り替えた翌月の20日までなので、切り替わったら早めに返却してくださいね。

                  工事費の残金

                  ソフトバンク光の「工事費用補填キャンペーン」で工事費用を割引している途中でドコモ光へ乗り換える場合は、ソフトバンク光の工事費用の残債を一括払いしなければいけません。

                  こちらはドコモ光の工事費ではなく、ソフトバンク光工事費なので、問い合わせ先や確認先はソフトバンク光に行います。

                  残債がいくらあるかは「My Softbank」から確認できます。ログインした後、上部メニューの「料金確認」から今の残債額を調べてみてください。

                  事業者変更手数料

                  ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える際には、事業者変更手数料がかかる場合があります。

                  事業者変更手数料
                  2022年7月1日以降の契約無料
                  2022年6月30日以前の契約3,300円

                  ただし、2022年6月30日以前の契約者でも、2022年7月1日以降にプラン変更や移転(引っ越し)している場合は事業者変更手数料は発生しません。

                  詳しくはこちらをご確認ください。

                  オプション工事費用

                  ドコモ光へ乗り換える際に、新たにオプションを追加または変更する場合はオプション工事費用が発生します。ドコモ光ではオプション工事費用を割引してくれるキャンペーンはありません。

                  オプション工事が必要な方は、NNコミュニケーションズ最大45,000円キャッシュバックでオプション工事費を補填することをおすすめします。

                  なお、「追加」や「変更」をせず、そのまま利用し続けるだけの場合は費用はかかりませんので安心してくださいね。

                  ソフトバンクの利用料金

                  月の途中でドコモ光に乗り換えた場合でも、ソフトバンク光の利用料金は1ヶ月分請求されます。

                  一方、ドコモ光の利用料金は乗り換え日から月末までの「日割り」で請求されます。

                  月初にドコモ光に乗り換えた場合、両社へ約2ヶ月分の利用料金を支払うことになってしまうので、乗り換え月の費用を抑えたいのであれば月末の乗り換えがおすすめです。このポイントを押さえておかないと、Wi-Fiルーター1機分に相当する金額を無駄にしかねません。気をつけてくださいね!

                  ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際にネットが繋がらない期間はない

                  ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは事業者変更になるので、ネットに繋がらない期間はありません。回線切り替え後に接続設定を行えば、すぐにネットが使えるようになります。回線切り替えのタイミングで数時間ほど使えなくなる可能性はありますが、丸一日つながらないような事態にはなりませんよ。

                  ただし、前述のとおり事業者変更で乗り換えられない場合はネットに繋がらない期間が発生します。

                  事業者変更で乗り換えられない場合は、乗り換え先を開通させてから乗り換え元を解約することで、ネットに繋がらない期間をなくすことができます。

                  ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際の注意点

                  ここでは、ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際の注意点について紹介します。プロバイダやレンタルルーターなど見落としがちなポイントを解説しているのでチェックしてみてくださいね。

                  ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際の注意点4つ
                  • 固定電話の番号はNTT発番のみ引き継げる
                  • プロバイダは変更になる
                  • 引越す場合は新居でドコモ光を契約するのがおすすめ
                  • ソフトバンク光のルーターは返却が必要

                  それでは、ひとつずつ解説していきます。

                  ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えた際の固定電話の電話番号はNTT発番のみ引き継げる

                  事業者変更で乗り換えた場合、光電話の電話番号はそのまま利用できます。ただし、電話番号の発番元がソフトバンクの場合はそのまま使用できません

                  ソフトバンク光の光電話利用者には、以下の2パターンの方がいます。

                  • 「NTT発行の番号」を光電話で利用
                  • 「ソフトバンク発行の番号」を光電話で利用

                  この2パターンのうち、「ソフトバンク発行の番号」を利用しているパターンはドコモ光へ電話番号を移せません。

                  以下の具体例をご覧ください。

                  電話移行が可能なパターン

                  • NTT加入電話⇨光電話(N)⇨ドコモ光電話
                  • NTT加入電話⇨ホワイト光電話⇨ドコモ光電話

                  電話移行ができないパターン

                  • ホワイト光電話⇨ドコモ光電話
                  • BBフォン⇨ドコモ光電話

                  もし、自宅の電話番号が継続利用できないパターンだった場合、ドコモ光に乗り換える前に相手連絡先へ一報を入れておくことをおすすめします。

                  ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるとプロバイダは変更になる

                  ソフトバンク光のプロバイダ「Yahoo! BB」はドコモ光に対応していないので、乗り換えと同時にプロバイダも変更になります。

                  ドコモ光には21社のプロバイダがあり各社キャンペーン内容が異なるので、自身の利用状況やライフスタイルに合ったものを選んでくださいね。

                  プロバイダ選びで押さえておきたい5つのポイントは以下の通り。

                  ドコモ光のプロバイダを選ぶ際の5つのポイント
                  • ドコモ光の料金プラン
                  • WiFiルーターの無料レンタル
                  • 無料セキュリティソフト
                  • IPv6への対応 (※2024年2月現在、ドコモ光の全プロバイダが対応済み)
                  • 回線速度

                  ドコモ光のプロバイダ選びについては、これら5つのポイントはもちろん、さらに詳細な部分も解説した記事があります。興味のある方は下記リンクから覗いてみてくださいね!

                  ドコモ光のプロバイダを徹底比較!選び方とおすすめのiPv6対応のプロバイダはこれ!

                  引越しを機にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える人は新居でドコモ光を契約するのがおすすめ

                  引越しを機にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合のおすすめの乗り換え手順は以下の通りです。

                  引越しを機にソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える手順
                  1. 賃貸の管理会社へ撤去工事が必要かを確認する
                  2. ソフトバンク光のまま、新住所への引越し手続きをする
                  3. 引越し完了後、ドコモ光へ切り替える

                    この手順で乗り換えるとソフトバンク光の「お引っ越し工事費無料キャンペーン」が適用され撤去工事と新居の開通工事費を無料にできます。引越し費用は一括割引なので工事費の残債も発生しません。

                    引越し完了後は、前述した手順でドコモ光へ乗り換えてください。

                    ソフトバンク光の引越し手続きの手順は以下のとおりです。なお、引っ越しの1ヵ月から2ヵ月前には手続きを完了させましょう。特に引っ越しシーズン(2~4月)は混み合うので、引越し先が決まり次第すぐに申し込むことをおすすめします

                    ソフトバンク光の引越し手続き手順
                    1. 引越し申し込みに必要な情報の準備
                    2. ソフトバンク光へ引越し申し込み
                    3. 工事日程調整
                    4. 工事実施(立会が必要な場合あり)

                    引越し申し込みに必要な情報はこちらの通りです。

                    • 契約者情報
                      • 契約者の「氏名」「生年月日」「登録電話番号またはカスタマID」「S-IDとパスワード」
                      • 本人確認書類(Web手続きの場合は不要)
                    • 引越し先住所
                      • 郵便番号を含む住所(集合住宅の場合は、建物名・部屋番号まで)
                      • 引越し先住所が決まっていない場合は手続き不可
                    • 引越し予定日
                      • 旧居の退去日、新居の入居日
                    • 工事立ち会い者の名前と連絡先
                      • 工事に立会う契約者、または不動産管理会社の「名前または担当者名」「電話番号」
                      • 賃貸の場合、大家や不動産管理会社などの工事許可

                      また、レンタル元がソフトバンク光ではなくNTTのものは自分で引っ越し先まで持っていく必要がありますが、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えでも事業者変更に該当しない場合(解約と新規契約の場合)は、NTTへの機器返却が必要です。

                      事業者変更の場合でも、乗り換え前後で何かしらの契約内容が変更になる場合はNTTへの機器返却が必要です。新しい端末は新居に届く、または担当者が持参してくれますよ。

                      不安なことがあればソフトバンク光のチャットサポートを利用しましょう。電話窓口ほど待ち時間が長くないのでおすすめです。

                      また、ソフトバンク光の引越し手続きの詳細は下記にて確認できます。

                      SoftBank 光 引っ越しのお手続き

                      ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えた際のルーターは返却が必要

                        ソフトバンク光から光BBユニットをレンタルしていた場合は、乗り換えと同時にレンタル機器の返却が必要です。忘れずに下記の住所へ返却しましょう。

                        ソフトバンク光のレンタル機器返却先

                        〒272-0001
                        千葉県市川市二俣678-55
                        ESR市川ディストリビューションセンター 3階 北棟N8

                        ソフトバンク返品センター宛

                        ※宛先の電話番号の記載は不要

                        返却時の送料は自己負担で、返却期限はドコモ光へ切り替えた翌月の20日までです。ただし、NTTのロゴが入った機器はドコモ光でも利用するので、間違えて返却しないようご注意ください。

                        また、ソフトバンク光でルーターをレンタルしていた方は、ドコモ光で利用するルーターが新たに必要です。自前で用意することもできますが、プロバイダ特典でWi-Fiルーターを無料レンタルすることもできます。

                        おすすめのプロバイダは、GMOとくとくBBです。

                        • 「Wi-Fiルーター無料レンタル」で契約中ずっと無料レンタル可能
                        • ルーターの最大速度が速い
                        • 3種類のルーターから自由に選択可能

                        GMOとくとくBBのレンタルルーターは最大1,733Mbpsで3種類から選べます。ルーターのスペック詳細は以下の通りです。

                        メーカーBUFFALONECELECOM
                        データ転送速度※最大1,733Mbps最大1,733Mbps最大1,733Mbps
                        無線LAN規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
                        アンテナ方式5GHz/2.4GHz 4本(内蔵)5GHz :送信4 ×受信4
                        2.4GHz :送信4 ×受信4
                        (内蔵アンテナ)
                        内蔵アンテナ 8本
                        ・2.4GHz帯 : 送受信 4本
                        ・5GHz帯 : 送受信 4本
                        ビームフォーミング対応対応対応
                        v6プラス対応対応対応
                        本体ランプ常時点灯常時点灯常時点灯

                        もちろんルーターにこだわりのある方は、自前で用意することをおすすめしますが、特にこだわりがない方は、プロバイダ特典の無料レンタルがおすすめです。

                        ちなみに、NNコミュニケーションズから申し込み、プロバイダをGMOとくとくBBにすると代理店特典」と「Wi-Fiルーター無料レンタル特典」の両方を獲得できます。

                        「代理店特典」と「プロバイダ特典」を両方獲得する方法
                        1. NNコミュニケーションズからドコモ光を申し込み
                        2. プロバイダは「GMOとくとくBB」を選択
                        3. 会員専用ページ(BBnavi)より「Wi-Fiルーターレンタルサービス」を申し込む
                        4. 開通までにルーターが発送される
                        5. ドコモ光開通の1ヶ月後、最大35,000円の代理店特典が振り込まれる

                        開通までにWi-Fiルーターが届くため、ドコモ光が開通さえすればすぐにWi-Fiが使えるようになりますよ。

                        \当サイト限定:45,000円(オプション不要)/

                        最短1ヶ月受け取り

                        ドコモ光の基本情報|料金・速度・プロバイダ・解約料金・キャッシュバック一覧表

                        引用元:ドコモ光

                        ドコモ光はNTTドコモが運営する光回線業者で光コラボ業者のひとつです。

                        ドコモ光の特徴は以下の3点。

                        • 対応エリアが全国(一部地域除く)と広い
                        • スマホセット割がある
                        • 21社のプロバイダから選択できる

                        ここからは、ドコモ光を徹底解説していきます。

                        それでは、それぞれ見ていきましょう。

                        ドコモ光の利用料金(プラン別に紹介)

                        まずは、ドコモ光の戸建ての月額料金について紹介します。

                        戸建てタイプA/CタイプB
                        1Gbps
                        2年契約
                        5,720円5,940円
                        1Gbps
                        定期契約なし
                        7,370円7,590円
                        10Gbps
                        2年契約
                        6,380円6,600円
                        10Gbps
                        定期契約なし
                        8,030円8,250円

                        続いて、マンションタイプの月額料金です。

                        マンションタイプA/CタイプB
                        1Gbps
                        2年契約
                        4,400円4,620円
                        1Gbps
                        定期契約なし
                        5,500円5,720円
                        10Gbps
                        2年契約
                        6,380円6,600円
                        10Gbps
                        定期契約なし
                        8,030円8,250円

                        戸建てとマンションどちらも2年契約のタイプAが1番安いプランです。通常の利用であれば1Gbpsで十分なので、ドコモ光をお得に利用したい方は「1Gbpsの2年契約のタイプA」を選びましょう。

                        タイプA/Bは契約するプロバイダによって決まります。費用を抑えたい方はタイプAのプロバイダから選んでくださいね。また、タイプCはケーブルテレビの設備を使ったインターネットサービスなので、ほとんどの方はタイプA/Bのどちらかになります。

                        ドコモ光のプロバイダの種類については、こちらで詳しく解説しています。

                        また、10Gbpsプランは動画配信やオンラインゲームを頻繁にプレイする方におすすめのプランです。提供エリアが限られているので、乗り換え前にエリア確認をしてくださいね。詳しくは、以下の記事をご確認ください。

                        ドコモ光10ギガってどんなプラン?1ギガから乗り換える注意点や手順

                        ドコモ光の通信速度を大手3社と比較

                        ドコモ光と大手3社の通信速度を比較しました。以下の表をご覧ください。

                        平均実測値ダウンロードアップロードping値
                        ドコモ光264.12Mbps279.86Mbps18.86ms
                        ソフトバンク光304.23Mbps329.25Mbps15.37ms
                        auひかり517.68Mbps518.59Mbps14.24ms
                        楽天ひかり217.67Mbps235.61Mbps18.83ms

                        引用元:みんなのネット回線速度(24年3月現在)

                        他社と比較してみると、ドコモ光の速度は特別に速いとも遅いとも言えない程度の通信速度です。しかし、通信速度が重要なオンラインゲームでも100Mbps程度あれば快適にプレイできるといわれているので、4社とも十分な速度がでていることがわかりますね。

                        ただし、光回線は利用する時間帯や地域によって速度が大きく変わる場合があるので「みんなのネット回線速度」などで利用地域を調べてみるのがおすすめです。

                        ドコモ光のプロバイダはv6プラス対応がおすすめ

                        ドコモ光で利用できるプロバイダは全部で21社あります。1ギガ対応プロバイダは以下の通りです。

                        タイプA

                        ※新規受付終了

                        タイプB

                        続いて、10ギガ対応のプロバイダです。

                        タイプA

                        ※新規受付終了

                        タイプB

                        こちらでも解説していますが、タイプAの方が月額料金が220円安く設定されているので、費用を抑えたい方はタイプAのプロバイダを選びましょう。

                        また、速度を重視する方は、回線混雑による遅延が起きにくい次世代通信規格「v6プラス」に対応したプロバイダがおすすめです。

                        ドコモ光のプロバイダ選びについては、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

                        ドコモ光のプロバイダを徹底比較!選び方とおすすめのiPv6対応のプロバイダはこれ!

                        ドコモ光の解約金と解約金負担をゼロにする方法

                        ドコモ光の違約金は以下の通りです。

                        契約プラン戸建てマンション
                        1Gbps
                        2年契約
                        5,500円
                        (14,300円)
                        4,180円
                        (8,800円)
                        1Gbps
                        定期契約なし
                        なしなし
                        10Gbps
                        2年契約
                        5,500円
                        (14,300円)
                        5,500円
                        (14,300円)
                        10Gbps
                        定期契約なし
                        なしなし

                        ※()は2022年6月30日までに契約者した方の違約金額

                        また、これらの違約金を0円にする方法は以下の通りです。

                        • 契約更新期間(課金開始から24~26ヶ月目)に解約する
                        • 解約金負担キャンペーンがある光回線へ乗り換える
                        • キャッシュバック特典で違約金負担を相殺する

                        ドコモ光の契約更新期間に解約すれば違約金は0円になりますが、タイミングがあわない方は乗り換えキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを利用しましょう。

                        ドコモ光公式キャッシュバック

                        ドコモ光の公式サイトまたはドコモショップからドコモ光へ申し込むと適用されるキャンペーンは以下の通りです。

                        ドコモ光 公式特典
                        1ギガ
                        契約特典
                        dポイントプレゼント(最大)

                        • 新規&事業者変更:20,000pt
                        • 転用:15,000pt
                        10ギガ
                        契約特典
                        dポイントプレゼント(最大)

                        • 新規&事業者変更:35,000pt
                        • 転用:30,000pt
                        • 1ギガ→10ギガ:7,000pt
                        適用条件
                        • 2年契約プラン
                        • 契約者がdポイントクラブ会員
                        • WEBまたはドコモショップ

                        こちらを見ると分かる通り、ドコモ光公式の特典はdポイント還元のみとなっていて、有効期限が「進呈月含む6ヶ月間」と決まっています。

                        また、ドコモショップからの申し込みに関しては、2023年5月1日より進呈する特典内容やキャンペーン終了時期が地域により異なります。

                        ドコモ光を代理店から申し込むと現金でキャッシュバックされるので、使い道が自由で期限のないキャッシュバックが欲しい方は代理店からの申し込みがおすすめです。

                        中でも特におすすめの申し込み窓口は、最大45,000円のキャッシュバックがもらえるNNコミュニケーションズです。NNコミュニケーションズについては、こちらで詳しく解説しています。

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換え|事業者変更と新規契約の違い

                        「事業者変更と新規契約では、なにが違うの?」と疑問に思う方のために、以下は両者の違いをまとめました。

                        事業者変更解約⇨新規契約
                        回線工事不要必要
                        工事費用
                        解約手続き
                        開通までの時間平均1~2週間平均1~2ヵ月

                        事業者変更は手続きや費用が少ないので手軽に乗り換えることができます。

                        一方で、新規契約は手続きも費用も事業者変更に比べて多いです。光コラボ同士の乗り換えの場合は、あえて新規契約にする必要はほぼありません。

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換え|事業者変更=同一回線間での乗り換え

                        事業者変更とは「光コラボ⇨光コラボ」に乗り換える場合にのみ使える便利な乗り換え方法です。ドコモ光とソフトバンク光は、どちらも光コラボなので「事業者変更」ができます。

                        ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、ソフトバンク光の1ギガプランからドコモ光の1ギガプランに乗り換える方は事業者変更が利用可能です。

                        光コラボ同士の事業者変更による乗り換えは、使う光回線が「フレッツ光回線」で同じなので、基本的に開通工事は不要で工事費用も発生しません。切替時も光回線業者が変わるだけなので途切れることなくインターネットを使い続けられます。

                        ソフトバンク光からの乗り換えは、ドコモ光以外でも光コラボへの乗り換えであれば事業者変更が可能ですよ。

                        事業者変更ができる場合

                        • 光コラボへの乗り換え

                        ソフトバンク光からの乗り換えで事業者変更できない場合は以下の通りです。

                        事業者変更ができない場合

                        • 独自回線への乗り換え(auひかり、NURO光、eo光 など)
                        • 10ギガプランを含む乗り換え

                        また、この反対に上記の内容でソフトバンク光に乗り換える場合でも事業者変更で対応することはできません。

                        事業者変更による具体的な乗り換え手順はこちらで紹介しています。

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換え|新規契約=異なる回線への乗り換え

                        新規契約は、ソフトバンク光を解約後、ドコモ光を新たに契約することです。

                        ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、10ギガプランを含む乗り換えは必ず解約と新規契約が必要です。10ギガプラン同士の乗り換えはもちろん、ソフトバンク光の10ギガプランからドコモ光の1ギガプランへの乗り換えや、1ギガプランから10ギガプランに乗り換える場合も解約と新規契約を行います。

                        ドコモ光では新規契約時の開通工事費を無料にするキャンペーンを実施しているため、ドコモ光での開通工事費用は気にする必要がありませんが、開通工事のスケジュール調整や立ち合いなどが発生するので留意しておきましょう。

                        それ以外の方は新規契約で乗り換えるメリットはないので、事業者変更で乗り換えることをおすすめします。

                        新規契約で乗り換えるデメリット
                        • 工事が必要(スケジュール調整等の手続きが必要)
                        • 工事費用が必要
                        • インターネットが使えない期間がある

                        ドコモ光では、代理店を含め新規契約と事業者変更でキャッシュバックなどの特典に差を設けていないケースが多いので、新規契約で乗り換えるからといってそういった特典も特にありません。

                        特に事情がない限りは新規契約するメリットはないので、事業者変更で手続きするようにしましょう。

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えると貰えるキャッシュバック

                        ドコモ光へ乗り換える場合、申し込み窓口を「代理店」にするだけで「高額キャッシュバック」が獲得できます。ドコモ光の各代理店キャッシュバックを比較した表がこちら。

                        代理店最大キャッシュバック適用条件最短還元時期
                        NNコミュニケーションズ45,000円なし
                        (ドコモユーザー)
                        最短翌月
                        GMOとくとくBB ※100,000円あり開通月を含む5ヶ月目
                        代理店Wiz20,000円なし開通から6ヶ月後
                        OCN ※20,000円なし4ヶ月末
                        @nifty ※20,000円なし開通月を含む8ヶ月目
                        DTI ※最大11,000dptなし利用開始月の翌々月

                        ※プロバイダの選択不可

                        この中で1番のおすすめは、ドコモユーザーであれば簡単な手続きで最大45,000円のキャッシュバックが受け取れるNNコミュニケーションズです。

                        「キャッシュバックが高額なGMOとくとくBBの方がお得なのでは?」と考える方も多いと思いますので、NNコミュニケーションズとGMOとくとくBBを詳しく比較します。

                        NNコミュニケーションズGMOとくとくBB※
                        1ギガ契約
                        キャッシュバック
                        30,000円最大65,000円
                        (10,000円)
                        10ギガ契約
                        キャッシュバック
                        45,000円最大85,000円
                        (30,000円)
                        乗り換え特典なし+15,000円
                        (転用・事業者変更は対象外)
                        キャッシュバック条件ドコモユーザー
                        (ドコモ携帯とペア回線設定)
                        最大月額7,440円の有料オプション
                        申請方法折り返しの電話で口座番号を伝える開通月を含む4ヶ月目に送られてくるメールから口座登録
                        最短受け取り時期課金開始月の翌月末開通月を含む5ヶ月目以降

                        ※()は有料オプションなしの場合のキャッシュバック額

                        こちらを見ると分かる通り、最大キャッシュバックはGMOとくとくBBの方が高額ですが、有料オプションなし、新規契約で比較するとNNコミュニケーションズの方が高額になります。

                        そのため、オプション料金の支払いで損をしたくない方は、NNコミュニケーションズから申し込むのがおすすめです。また、NNコミュニケーションズは申請方法も簡単なので、手続きが苦手な方でも問題なく申請できます。

                        一方、GMOとくとくBBはキャッシュバック申請が4ヶ月後と遅いので申請を忘れる可能性があります。

                        キャッシュバックが高額でも申請を忘れてもらい損ねては意味がないので、簡単申請で高額キャッシュバックのNNコミュニケーションズがおすすめといえますね。

                        ここからは、NNコミュニケーションズのおすすめポイントについて解説します。

                        ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えはNNコミュニケーションズがおすすめ

                        引用元:NNコミュニケーションズ

                        NNコミュニケーションズのキャッシュバック適用条件はドコモユーザーであることだけです。

                        また、ドコモ光への申し込みとあわせてキャッシュバック申請も済ませてくれるので、手続きも簡単で最短開通月の翌月末にキャッシュバックが受け取れるのも嬉しいポイント。プロバイダ指定もなく、自由に選択できるのもメリットといえるでしょう。

                        なぜ、NNコミュニケーションズ以外の代理店をおすすめしないかというと、以下に示すデメリットのいずれかに該当しているからです。

                        • 有料オプション契約が必須である
                        • キャッシュバック金額が低い
                        • 指定プロバイダ以外の契約が認められていない
                        • 還元時期が遅い

                        これらのデメリットを知らずに代理店を選んで、「もっとお得に契約できたのに」と後悔してほしくありません。そのため、NNコミュニケーションズを代理店としておすすめしています。

                        ちなみに、NNコミュニケーションズはauひかりで17期連続表彰の実績をもつ優良代理店として高い信頼性をもっています。

                        画像引用:NNコミュニケーションズ

                        ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えで、最もおすすめな申し込み先はNNコミュニケーションズです。申し込みを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

                        45,000円キャッシュバック/

                        ソフトバンク光からドコモ光を比較|どっちがおすすめ?スマホキャリアで決めるのがおすすめ

                        乗り換えを検討している方で「いったいどっちがお得なの?」と疑問を持つ方は多いでしょう。結論は「スマホセット割が適用されるか否かで判断すればOK」です。

                        こちらで、両者の月額料金、スマホセット割、通信速度を比較していきますね。

                        まずは月額料金を比較してみましょう。

                        月額料金ドコモ光ソフトバンク光
                        戸建て5,720円~5,720円
                        マンション4,400円~4,180円

                        戸建ては両者変わりませんが、マンションはソフトバンク光の方が220円だけ安いですね。後述する「スマホセット割」をドコモ光で適用するならば、度外視してもよい程度の微差です。

                        スマホセット割ドコモ光ソフトバンク光
                        スマホキャリアドコモ
                        (ahamoは対象外)

                        ソフトバンク

                        ワイモバイル

                        割引料金/月
                        1回線あたり
                        220~1,100円

                        ソフトバンク:550~1,100円

                        ワイモバイル:550~1,650円

                        最大割引台数20回線合計10回線

                        スマホセット割は各スマホに適用されるため、家族全員がドコモまたはソフトバンク、ワイモバイルユーザーの場合は大幅に通信費用を抑えられるというわけですね。これが、両者を選ぶ際に「スマホセット割」を重要視する理由です。

                        そもそも、どちらも自社でスマホ回線を契約中の方にお得度の高い割引を実施している光回線なので、逆に言えば割引が適用できないのであればもっと安く契約できる光コラボはたくさんあります。ドコモ光かソフトバンク光で迷っているのであれば、契約中のスマホキャリアとそろえるのが正解です。

                        最後は通信速度の比較です。2社の平均速度をまとめた表をご覧ください。

                        平均実測値ドコモ光ソフトバンク光
                        ダウンロード速度264.12Mbps304.23Mbps
                        アップロード速度279.86Mbps329.25Mbps
                        ping値18.86ms15.37ms

                        引用元:みんなのネット回線速度(24年3月現在)

                        通信速度は、ソフトバンク光が全体的に少し速いですが両者ほぼ同じです。使用している光回線が同じ「フレッツ光回線」なので当然といえば当然です。やはり、スマホセット割で選ぶ方が合理的といえます。

                        まとめると、両者を比較しても大きな差は見られないため、ご自身や家族のスマホキャリアを基準に判断する方法が最もわかりやすくおすすめです。

                        45,000円キャッシュバック/

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える3つのメリット

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えると、どのようなメリットがあるのか気になっている方も多いかと思います。ここでは、乗り換えるメリットを3つに絞って紹介していきます。

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるメリット3選
                        • 乗り換え時にキャッシュバックを獲得できる
                        • ドコモユーザーはスマホセット割で通信費を安くできる
                        • 自分にピッタリのプロバイダが選べる

                        それでは、順番に紹介していきます。

                        メリット1: 乗り換え時にキャッシュバックを獲得できる

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際に、代理店経由で申し込むと「代理店キャッシュバック」を獲得できます。NNコミュニケーションズから申し込むと、有料オプション条件なしで最大45,000円のキャッシュバックがもらえます

                        このお金で新しい家電の購入や、ちょっとした旅行ができると思うと嬉しい特典ですね!

                        NNコミュニケーションズのおすすめポイントについては、こちらで詳しく解説しています。

                        メリット2: ドコモユーザーはスマホセット割で通信費を安くできる

                        家族がドコモユーザーなら、大幅に通信費を安く抑えられます。ドコモ光はスマホキャリア1台につき最大1,100円/月を永年割引してくれます。

                        最大20回線が対象になるので、もし、家族4人がドコモユーザーなら最大で月額4,400円の割引となり、マンションプランの毎月の光回線料金が実質無料になります。これは大きなメリットといえるでしょう。

                        メリット3 :自分にピッタリのプロバイダが選べる

                        ドコモ光には契約できるプロバイダが21社もあるので、利用目的にあわせて自由に選べます。

                        高性能のWi-Fiルーターを実質無料でレンタルしてくれるプロバイダもあるので、様々な特典を用意した個性的なプロバイダからピッタリのものを選べる楽しさがドコモ光の魅力のひとつです。

                        ドコモ光のプロバイダ選びについては、こちらで詳しく解説しています。

                        45,000円キャッシュバック/

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える3つのデメリット

                        ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えはメリットばかりではありません。むしろデメリットと注意点を把握しておくことの方が大切だといえます。

                        ここでは、乗り換える際のデメリットを以下の3つに絞って詳しく紹介していきます。

                        ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えるデメリット3選
                        • ソフトバンクやワイモバイルのスマホセット割が使えなくなる
                        • プロバイダ発行のメールアドレスが使えなくなる
                        • 光電話の番号が変更になる場合がある

                        それでは、順番に見ていきましょう。

                        デメリット1:ソフトバンクやワイモバイルのスマホセット割が使えなくなる

                        ソフトバンク光を解約すると、当然ですがソフトバンクの「おうち割光セット」やワイモバイルの「おうち割光セット(A)」が適用されなくなります。そのため、家族にソフトバンクまたはワイモバイルユーザーがいる場合は注意が必要です。

                        ただし、ドコモ光への乗り換えと同時にドコモスマホへ乗り換える場合は、乗り換え後にドコモ光の「スマホセット割」が適用されるのでデメリットは解消されますよ!

                        デメリット2:プロバイダ発行のメールアドレスが使えなくなる

                        ソフトバンク光のプロバイダ「Yahoo!BB」はソフトバンク光でしか利用できません。そのため、Yahoo!BBが発行しているメールアドレス「○○○@ybb.ne.jp」はドコモ光へ乗り換えると使えなくなります

                        Yahoo!BBのメールアドレスをサイトなどに登録している方は、乗り換え前にGmailなどへ変更しておきましょう。

                        デメリット3:光電話の番号が変更になる場合がある

                        ソフトバンク光の光電話利用者が事業者変更で乗り換える場合、基本的に電話番号をそのまま使い続けられます。しかし、前述のとおりソフトバンク光が発行した電話番号を利用している場合は、ドコモ光への乗り換えとともに利用不可となります。

                        ドコモ光への乗り換えが完了するまでに相手連絡先などに電話番号が変更になることを伝えておきましょう。

                        オプション解約漏れに注意

                        ドコモ光へ乗り換えた後もソフトバンク光のオプション契約が継続している場合があるので、ソフトバンク光のオプション解約を忘れないように注意しましょう。

                        オプションの解約方法は2通りで「①My SoftBankでする方法」と「②オプション提供会社へ直接解約申請する方法」があります。

                        My softbank解約する方法

                        24時間365日いつでも解約可能

                        1. My SoftBankにログイン
                        2. 解約したいオプションを選択
                        3. 利用停止⇨停止を選択

                        手続きした月末に解約が成立します。そのため、解約申請した月の月額料金は支払わなければなりません。ちなみに、電話窓口からも申し込み可能です。

                        おすすめはMy SoftBankからですが、電話での問い合わせ先は以下の通りです。

                        ソフトバンク光オプション解約問い合わせ窓口

                        ソフトバンク光 コールセンター

                        • 0800-111-2009(音声ガイダンス2⇒2)※通話料無料
                        • 受付時間:午前10時~午後7時(年中無休)

                        ソフトバンク チャットサポート

                        • 受付時間:午前10時~午後7時(年中無休)
                        • チャットはこちら

                        ※「既にご契約済の方」のチャットにアクセスしてください。

                        続いては、オプション提供会社へ直接解約申請する方法です。

                        下記のオプションを契約している方は、ソフトバンク光ではなくオプション提供会社へ直接解約申請が必要です。

                        • Cloud Box
                        • スマートレスキュー丸ごと安心パック

                        解約申請の窓口はこちらです。どちらのオプションも同じ窓口から手続きします。

                        オプション解約問い合わせ先

                        スマートレスキュー株式会社

                        • 電話番号:0120-952-621
                        • 受付時間:午前10時~午後8時

                        ※年末年始及びGWは休業

                        ドコモ光へ乗り換えた後、無駄な出費をしなくて済むようにオプション解約は忘れずにしましょう。

                        45,000円キャッシュバック/

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際によくある質問集

                        最後に、ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える際によくある質問とその回答を紹介していきます。ここを読めば「これってどうなの?」とモヤモヤしていた気持ちがすっきりするはずです。

                        今回紹介する質問はこちらの通りです。

                        それでは順番に紹介していきましょう!

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えてもネットが繋がらない時の問い合わせ先

                        ドコモ光には「チャット」「LINE」「電話」の3つの問い合わせ窓口があります。3つの問い合わせ窓口は以下のとおりです。

                        ドコモ光問い合わせ窓口

                        チャットサポート

                        LINE

                        電話

                        ※一般電話などからは利用できません。

                        電話だけでなく、チャットやLINE問い合わせが用意されていると、忙しくて時間が取れない方にとってはありがたいですね。また、問い合わせをする前にドコモ光お客様サポートの「よくある質問」を見てみることもおすすめですよ!

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えるとプロバイダ発行のメールアドレスは使えなくなる

                        ドコモ光へ乗り換えると、ドコモ光の提携プロバイダへ変更になります。ドコモ光にはソフトバンク光のプロバイダ「Yahoo!BB」がないので、Yahoo!BBが発行した「○○○@ybb.ne.jp」のメールアドレスは利用できなくなります

                        Gmailなどのクラウドメールサービスでしている方は特に影響ありませんが「○○○@ybb.ne.jp」をサイトなどに登録している方はご注意ください。

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換えると契約更新期間外は解約金がかかる

                        ドコモ光を違約金なしで乗り換える方法は以下の通りです。

                        • 契約更新期間中にドコモ光へ乗り換える
                        • ソフトバンク光で「契約期間なしプラン」を契約している

                        ソフトバンク光の「契約更新期間」はこちらで紹介しています。「契約期間なしプラン」の場合は、いつ解約しても解約金は発生しません。

                        これら2つの場合に該当しない場合は、ドコモ光へ乗り換えた際に解約金が発生します。「解約金の金額」はこちらで紹介していますので参考にしてください。

                        ちなみに、解約金が発生するからといって、ドコモ光への乗り換えをためらう必要はありません。なぜなら、解約金が発生したとしてもドコモ光へ乗り換えた際の代理店キャッシュバックで十分まかなえるからです。

                        前述のとおり、NNコミュニケーションズからドコモ光へ申し込むと最大45,000円のキャッシュバックが受け取れます獲得条件はドコモユーザーであることだけです。もし、解約金がネックで乗り換えを躊躇しているのなら、代理店キャッシュバックを活用する方法をおすすめします。

                        ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える手順のまとめ

                        今回は、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えについて紹介しました。ソフトバンク光からドコモ光へは事業者変更になるので「工事なし・簡単手続き・ネットに繋がらない期間なし」で乗り換えができます

                        詳しい乗り換え手順は以下の通りです。

                        ソフトバンク光からドコモ光への乗り換え手順
                        1. ソフトバンク光サポートセンターで「事業者変更承諾番号」を発行してもらう
                        2. NNコミュニケーションズで「ドコモ光 1ギガ」とキャッシュバックを申し込む
                        3. 好きな提携プロバイダを選択
                        4. 回線切替後にインターネット接続設定
                        5. ソフトバンク光のレンタル機器を返却
                        6. 開通の1ヶ月後にキャッシュバックが振り込まれる

                        光コラボ同士の乗り換えは意外に簡単なので、乗り換えをためらっていた方も不安が解消されたのではないでしょうか。

                        もしドコモ光へ乗り換えるのならば、NNコミュニケーションズからの申し込みがおすすめです。その理由は、簡単な手続きで最大45,000円のキャッシュバックが受け取れるからです。

                        この記事を読むことで、みなさんが少しでも「便利」に、「お得」に、光回線を利用できるようになることを心より祈っています。

                        45,000円キャッシュバック/

                        よかったらシェアしてね!
                        • URLをコピーしました!
                        • URLをコピーしました!
                        目次