楽天モバイル

【2022年10月最新】楽天モバイルのクーポン・キャンペーンのお得な使い方!手数料を無料で簡単な乗り換え・機種変更の手順

「楽天モバイルの一年無料キャンペーンはもう終わったの?」

「今、乗り換えるのはお得なの?」

楽天モバイルへ乗り換えることを検討しているけど、中々行動に移せないという方も多いかと思います。

本ページでは楽天モバイルの愛用者である筆者自身の体験を元に、現在の楽天モバイルでどんなキャンペーンが行われているのか、キャンペーンの詳細について解説しています。

こんな方におすすめ

  • 楽天モバイルの2022年10月現在の実施されているキャンペーンを知りたい方
  • 楽天モバイルへの乗り換え・新規契約の流れを知りたい方
  • 楽天モバイルのキャンペーンについての不明点を解決したい方

楽天モバイルの公式サイトはこちら

LINEMOのキャンペーン

LINEMOでは半年間、実質無料キャンペーン中!

データ容量が少ない人にピッタリ。スマホ代金が半年間無料

大容量データが必要な人でも20GBプランを申し込むと1万円相当のキャンペーンを実施中。

LINEMOの公式サイトはこちら

目次
  1. 楽天モバイルでiPhone14に使えるキャンペーンと本体価格
  2. 楽天モバイルでiPhone14の在庫と入荷状況を確認する方法と手順
  3. 楽天モバイルで2022年に使える紹介キャンペーンについて
  4. 楽天モバイルの最新の乗り換えキャンペーンまとめ
  5. 2022年10月現在、一番お得に楽天モバイルに乗り換え・MNPで契約する流れ
  6. 2022年10月|一番お得に楽天モバイルに新規で契約する流れ
  7. 楽天モバイルで使える対応機種一覧表
  8. 楽天モバイルキャンペーンのQ&A
  9. 楽天モバイルキャンペーンのまとめ

楽天モバイルでiPhone14に使えるキャンペーンと本体価格

先日iPhoneのニューモデルiPhone14シリーズが発売されました。

Appleファンの方はいち早く最新モデルを利用したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まず楽天モバイルでiPhone14に適用できるお得なキャンペーンをご紹介致します。

iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhone14シリーズがお得に購入できる

iPhone14・iPhone14Plus・iPhone14Pro・iPhone14ProMaxも対象となるこちらのキャンペーン。

初めて楽天モバイルに乗り換える方限定のキャンペーンで、最大24,000円相当のポイントが還元されます。

既に楽天モバイルを利用されている方は対象となりませんので、ご注意ください。

キャンペーンが適用される条件は以下の通りです。

  • 初めてRakuten UN-LIMIT VIIを申し込む方
  • Rakuten UN-LIMITを利用開始している
  • Rakuten Linkを10秒以上利用している

詳しい詳細はこちらをご参照ください。

iPhone14シリーズの本体価格はいくら?

iPhone14シリーズは4種類の展開になっています。

それぞれの特徴や本体の価格についてご紹介していきます。

【iPhone14】
本体価格:131,800円〜

iPhone14はブルー/レッド/パープル/スターライト/ミッドナイトの5種類のカラー展開です。

ディスプレイは6.1インチで、女性や手が小さい方でもコンパクトで持ち運びしやすいサイズ感です。

カメラはインカメラにもオートフォーカス機能がついており、このシリーズで新しく搭載された衝突事故検出機能もついています。

iPhone14シリーズの中では1番お手頃価格なので、コスパを求める方におすすめです。

 

【iPhone14Plus】
本体価格:148,800円〜

iPhone14PlusはiPhone14と同じく5色のカラー展開になっています。

ディスプレイサイズは6.7インチとiPhone14よりも少し大きめです。

基本的な機能はiPhone14と同じですが、大画面のスマホが欲しいという方におすすめです。

 

【iPhone14Pro】
本体価格:164,800円〜

iPhone14Proはディープパープル/ゴールド/シルバー/ブラックの4色展開です。

ディスプレイは6.1インチとiPhone14と同じサイズです。

iPhone14Proには進化した最新のCPUが搭載され、処理技術も上がっています。

またカメラの機能も4,800万画素になるなど、写真を撮るのが好きな方には文句なしのカメラ機能でしょう。

 

【iPhone14Pro Max】
本体価格:181,800円〜

iPhone14ProMaxもiPhone14Proと同じく4色のカラー展開です。

基本的な機能はiPhone14Proと同じですが、ディスプレイは6.7インチになっておりバッテリーの持ちが良いのも魅力の一つです。

キャンペーン適用でどれくらいお得になるのか

では実際トク得乗り換えキャンペーンを利用するとどれくらい安くなるのでしょうか?

各機種でキャンペーンを適用した場合の端末料金を算出してみましょう。

iPhone14

製品価格 131,800円
iPhoneアップグレードプログラム適用
(24ヶ月目に機種変更をする場合)
 ー66,000円
iPhoneアップグレードプログラム
適用によるキャンペーン
5,000円相当ポイント還元
だれでもポイントプレゼント 3,000円相当ポイント
iPhone14全機種発売記念キャンペーン 16,000円相当ポイント還元
実質料金 41,800円

iPhone14 Plus

製品価格 148,800円
iPhoneアップグレードプログラム適用
(24ヶ月目に機種変更をする場合)
 ー59,600円
iPhoneアップグレードプログラム
適用によるキャンペーン
5,000円相当ポイント還元
だれでもポイントプレゼント 3,000円相当ポイント
iPhone14全機種発売記念キャンペーン 16,000円相当ポイント還元
実質料金 65,200円

iPhone14 Pro

製品価格 164,800円
iPhoneアップグレードプログラム適用
(24ヶ月目に機種変更をする場合)
−82,408円
iPhoneアップグレードプログラム
適用によるキャンペーン
5,000円相当ポイント還元
だれでもポイントプレゼント 3,000円相当ポイント還元
iPhone14全機種発売記念キャンペーン 16,000円相当ポイント還元
実質料金 58,392円

iPhone14 Pro Max

製品価格 181,800円
iPhoneアップグレードプログラム適用
(24ヶ月目に機種変更をする場合)
−90,912円
iPhoneアップグレードプログラム
適用によるキャンペーン
5,000円相当ポイント還元
だれでもポイントプレゼント 3,000円相当ポイント還元
iPhone14全機種発売記念キャンペーン 16,000円相当ポイント還元
実質料金 66,912円

このように1番高いiPhone14 Pro Maxでも実質10万円以下で購入でき、スタンダードなiPhone14なら5万円以下とかなりお得な価格で最新モデルを利用できちゃうのです。

iPhone14シリーズの購入を検討している方は是非利用してみてください。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルでiPhone14の在庫と入荷状況を確認する方法と手順

では早速、iPhone14を購入しようと考えた際に在庫状況を確認する必要があります。

楽天モバイルでの製品の在庫状況を確認する方法は以下の3通りがあります。

  • オンラインで確認する
  • 店舗に電話をかけて確認する
  • 入荷通知設定をする

ご自身の自宅の状況や便利度に合わせて方法を選びましょう。

【オンラインで確認する
楽天モバイルの公式オンラインショップから購入を検討している製品を選択します。
色やメモリを選択すると在庫状況が表示されます。
【店舗に電話をかけて確認する】
楽天モバイル公式サイトから「店舗」を選びご自宅の最寄りの店舗を検索します。
「施設の詳細情報はこちら」を選択すると電話番号が表示されます。
表示された番号に電話をかけて問い合わせをします。
【入荷通知設定をする】
在庫状況を問い合わせてみたものの、該当製品の在庫がない場合があります。
そんな時は入荷通知設定をするのがおすすめです。
楽天モバイル公式サイトから、希望している製品を選択し「再入荷お知らせ希望にエントリーする」を選択します。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルで2022年に使える紹介キャンペーンについて

過去に楽天モバイルでは家族を紹介することで、紹介者・紹介された家族に最大15,000円相当のポイントがプレゼントされるキャンペーンを行なっていました。

しかし、残念ながら現在は紹介キャンペーンなどは実施しておりません。

ですが学割ママ割楽天ひかりが1年間無料など他にもお得なキャンペーンは沢山ございます。

自分にピッタリなものを選んでより安く最新機種をゲットしましょう。

楽天モバイルの最新の乗り換えキャンペーンまとめ

楽天モバイルでは、様々なキャンペーンを月ごとに実施しています。

以下にご紹介するのは、数あるキャンペーンの中でも乗り換え及び新規契約に関してのものです。

これらのお得なキャンペーンについて、さらに詳しく解説をしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

まずはスマホ一番人気、iPhoneのキャンペーンから。

このiPhoneトク得乗り換えキャンペーン楽天UN-LIMIT VIIを初めてお申し込みと同時に対象のiPhoneを購入することにより、最大で24,000円相当のポイント還元が受けられるという、文字通りかなりオトクなキャンペーンとなっています。

このキャンペーンで注意すべき点は3つあります。

それは、

ひとり一回のみの適用で、初めて楽天を申し込んだ場合であること

Rakuten UN-LIMIT VIIのプランを申し込み及び利用開始していること

対象のiPhoneを利用して『Rakuten Link』を利用すること

という点です。

三番目の『Rakuten Link』とは、楽天が提供している楽天モバイル専用のアプリのことで、通話やメッセージのやりとりができるというものです。

この『Rakuten Link』を最低でも10秒は使わないとポイント還元の条件を満たしたことにならないので、これは注意が必要ですね。

そして対象のiPhoneも決められているので、これも把握しておく必要があります。

しかも、対象のiPhoneの中でも還元されるポイントが分かれているので、以下に詳細をご紹介しましょう。

まずは最大の還元である24,000ポイントがもらえるiPhoneは以下の通り。

最大24,000ポイント還元対象のiPhone

  • iPhone13
  • iPhone13 Pro
  • iPhone13 Pro MAX
  • iPhone13 mini
  • iPhoneSE 3

次は最大で13,000ポイントの還元になるiPhoneは以下の通り。

最大13,000ポイント還元対象のiPhone

  • iPhone12
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 Pro MAX
  • iPhone12 mini

このように、たとえiPhoneであっても購入するモデルによってポイント還元の最大値は異なるので、これは知っておかなければならないですね。

さらに、この『最大~』という表現にも理由があります。

最大24,000円ポイント還元の内訳は以下の通りです。

初めての申し込みで3,000ポイント

対象iPhone(iPhone13シリーズ及びiPhoneSE 3)購入で16,000ポイント

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムで5,000ポイント※本体代48回払いの場合

同様に、最大13,000ポイント還元の内訳は以下の通りです。

初めての申し込みで8,000ポイント

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムで5,000ポイント※本体代48回払いの場合

このように、各条件を全てクリアした合計が最大24,000ポイントや最大13,000ポイントとなるのです。

単純にiPhoneを買えば必ず最大のポイントがもらえる、というわけではないので、注意をしましょう。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

スマホ/WiFiトク得乗り換えキャンペーン

次はandroidについてのお得なキャンペーンのご紹介です。

このスマホ/WiFiトク得乗り換えキャンペーンは、Rakuten UN-LIMIT VIIを初めて申し込みと同時に対象のandroidスマホまたはWiFiルーターを購入すると最大19,000円分の特典が受けられるというキャンペーンです。

このキャンペーンの注意点も以下の通りです。

ひとり一回のみの適用で、初めて楽天を申し込んだ場合であること

Rakuten UN-LIMIT VIIのプランを申し込み及び利用開始していること

対象のandroid/WiFiを利用して『Rakuten Link』を利用すること

このキャンペーンもiPhoneトク得乗り換えキャンペーンと同様に、Rakuten Linkを10秒は使わないといけないという点は注意しないといけません。

そして最大19,000円相当の特典の内訳としては、

初めてのRakuten UN-LIMITお申し込みで3,000円相当分のポイントを還元

対象製品をセット購入で最大16,000円値引き

となっています。

そして、対象のandroidスマホは以下の通り。

16,000円値引き対象androidスマホ

  • Rakuten Hand5G
  • Rakuten BIG s
  • OPPO A55s 5G
  • OPPO Reno5 A
  • Xperia 10 III Lite
  • AQUOS sense6
  • AQUOS sense6s
  • AQUOS wish
  • AQUOS zero6

ちなみにWiFiルーターの場合はRakuten WiFi Pocket 2C/Rakuten WiFi Pocket 2Bが対象でそれぞれ3579円値引きとなっています。

お持ちのスマホそのままOK!最大8,000ポイント還元キャンペーン

お持ちのスマホそのままOK!最大8,000ポイント還元キャンペーンも非常にお得なキャンペーンです。

こちらはスマホ/WiFiトク得乗り換えキャンペーンの機種購入なしバージョンという感じですね。

今利用しているスマホをそのまま楽天モバイルで利用するというパターンです。

注意点としては、

楽天モバイルでお持ちのスマホがそのまま使えるか確認をすること

が挙げられます。

実際に楽天モバイルで利用できるかどうかの確認はご利用製品の対応状況確認のページがかんたんに使えるので、事前にコチラで確認の上楽天モバイルの契約をしましょう。

その他の注意点は他のキャンペーン同様に、初めてのRakuten UN-LIMIT申し込みであること、Rakuten Linkアプリの10秒以上の利用となっています。

これらの条件を満たすことによって、Rakuten Link ご利用の翌々月末日頃に、期間限定ポイントとして最大8,000ポイントを付与されるようになっています。

今使っている機種を楽天モバイルでそのまま利用して、月々の利用料金を安くしたい、そんな要望をかなえることができるお得なキャンペーンですね。

Rakuten Hand 5G 実質1円キャンペーン

Rakuten Hand 5G 実質1円キャンペーン、コチラも大変お得なキャンペーンとなっています。

これは楽天モバイルの取り扱っているandroidスマホである『Rakuten Hand 5G』を、Rakuten UN-LIMIT VII申し込みに同時購入すると実質1円で手に入れられるというものです。

こちらの内訳としては、

スマホ/WiFiトク得乗り換えキャンペーン適用で16,000円値引き

初めてのRakuten UN-LIMITお申し込みで3,000円相当分のポイントを還元

となっています。

この二つが適用されることにより、Rakuten Hand 5Gの製品価格である19,001円(※製品価格は2022年10月現在)が実質1円となるものです。

コンパクトかつスリムなこのRakuten Hand 5Gが実質1円で手に入るこのキャンペーン、狙ってみる価値は十分ありそうです。

モバイルWiFi 実質0円キャンペーン

最後にご紹介するのはモバイルWiFi 実質0円キャンペーンです。

楽天モバイルでお得なのは、スマホだけではありません。

リモートワークなどが急激に普及してきた昨今、ネット環境の需要も高まりを見せています。

そのような需要に対して、この楽天モバイルのWiFiが実質0円で手に入るキャンペーンは非常に心強いものですね。

以下に詳細な内容の解説をしていきます。

キャンペーン対象WiFiルーター

  • Rakuten WiFi Pocket 2B
  • Rakuten WiFi Pocket 2C

対象のルーターは上記の2種類、スペックは同じでこれらの違いは充電口がマイクロUSB(Rakuten WiFi Pocket 2B)か、USB Type C(Rakuten WiFi 2C)かという部分と、重さが1gの差(2Bが106g、2Cが107g)という点に限られます。

現在お持ちの充電器の違いで、選択するルーターを決められて問題ありません。

この二つのルーターが実質0円になるという内訳は以下の通りです。

製品価格 7980円

プランセット値引き 3579円

最大4401ポイント還元

ポイント還元まで含めて実質0円が実現できることに。

ポイント還元に関しては、製品購入月の翌々月末日頃に1,401ポイント、「Rakuten UN-LIMIT VII」の開通が確認された月の翌々月末日頃に3,000ポイントを、期間限定ポイントとして付与されるようになっています。

さらに大手キャリアにありがちな契約事務手数料も完全に無料にするなど、楽天モバイルのお得さは進化しつづけています。

これらのキャンペーンを最大限活用して、スマホもWiFiルーターもまとめて楽天モバイルでお得に利用したいものですね。

2022年10月現在、一番お得に楽天モバイルに乗り換え・MNPで契約する流れ

楽天モバイルで現在行われている様々なキャンペーンについて解説してきましたが、2022年10月現在、最もお得に、さらにかんたんに乗り換えできる流れをここから解説していきます。

大まかなステップは以下の通りです。

step
1
必要書類の準備

当然のことながら、MNP及び新規契約には本人確認書類は必須となります。

代表的な本人確認書類は以下のようなものがあります。

本人確認書類

  • 運転免許証・運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • 精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳
  • 身体障がい者手帳※
  • 健康保険証※
  • 日本国パスポート※
  • 住民基本台帳カード※

※の書類には補助書類が必要。補助書類とは公共料金の領収書・請求書、住民票などで、三か月以内のものに限る。

step
2
MNP予約番号の取得

現在、他社で使っている電話番号を引き継いで楽天モバイルに乗り換えをする場合、MNP予約番号の発行が必要です。

予約番号を取得する方法は各キャリアショップや、お客様センターへの電話、Webでの取得など様々な窓口があります。

代表的なキャリアの予約番号発行窓口を以下に紹介します。

ドコモ MNP予約番号取得窓口

  • Web:『My docomo』より手続き
  • 電話:ドコモ携帯から151に発信、オペレータとの通話で手続き
  • 店頭:ドコモショップカウンターにて店頭スタッフに手続き依頼

※ドコモ携帯以外、一般電話などからのMNP予約番号取得は0120-800-000に連絡。

au MNP予約番号取得窓口

  • Web:『My au』より手続き
  • 電話:au携帯から157に発信、オペレータとの通話で手続き
  • 店頭:auショップカウンターにて店頭スタッフに手続き依頼

※au携帯以外、一般電話などからのMNP予約番号取得は0077-75470に連絡。

ソフトバンク MNP予約番号取得窓口

  • Web:『My Softbank』より手続き
  • 電話:ソフトバンク携帯から*5533に発信、オペレータとの通話で手続き
  • 店頭:ソフトバンクカウンターにて店頭スタッフにて手続き依頼

※ソフトバンク携帯以外、一般電話などからのMNP予約番号取得は0800-100-5533に連絡。

このように、各キャリアともいくつかの窓口が用意されているので、自身にあった取得方法で事前にMNP予約番号を取得しておきましょう。

注意点としては、予約番号の有効期限が15日間しかないというところです。

しかも楽天モバイルへの転入の場合、予約番号の有効期限が7日以上残っていないと申し込みができないという制約があるので、手続きには余裕をもった対応が必要となります。

step
3
楽天モバイル公式ページにて申し込みページへのアクセス

ここからいよいよ本格的なMNP・乗り換えの申し込みに入っていきます。

楽天モバイルは、大手キャリアのように店頭での受付はもちろんのこと、Webでかんたんに乗り換えの手続きを完了することが可能です。

楽天モバイルの乗り換えはコチラから。

step
4
プラン等確認の上、楽天モバイル乗り換え手続きの開始

楽天モバイルの公式ページの『お申し込み』のところに進んでいくと、上記の画面に遷移します。

プランはシンプルに『Rakuten UN-LIMIT VII』一択で迷うことはありません。

その後、オプションを選択。

通話のオプションや保証・セキュリティなどを選択します。

そして、SIMのタイプを選択。

通常の物理タイプのSIMのほかに、eSIMの選択も可能となっています。

ただし、eSIMは対応の製品でのみ使用可能で、選択する場合は自身が購入する機種が対応しているか否かを事前に確認する必要があります。

そして、楽天モバイルで利用する製品を購入の場合はここから選択をしていきます。

楽天モバイルの最大のポイント還元を受けたい場合は、iPhone13シリーズまたはiPhone SE 3を選択するのをおススメします。

step
5
MNP開通手続きを行う

ここまでの手続きを済ませたら、楽天モバイルからSIMカードおよび選択購入した製品が届くのを待ちます。

SIMカードが届いたら、購入した製品にSIMカードを挿入して開通の手続きを行います。

ここで忘れてはいけないのが、SIMカードが届いたら『my 楽天モバイル』から、『MNP転入を開始する』ボタンを押すということです。

そして手続きする時間帯によって、いつから開通できるかが変わってくることも注意点です。

9:00~21:00→当日中

21:00~翌8:59→翌日9時以降

できる限り、当日の夜9時までに開通手続きを済ませたいものですね。

2022年10月|一番お得に楽天モバイルに新規で契約する流れ

楽天モバイルに乗り換えで契約する流れを解説してきましたが、乗り換えではなく通常の新規で楽天モバイルを契約することも同じような流れとなります。

ここからは通常の新規契約で、今使っているスマホを楽天モバイルで活用するための必要なことを解説していきたいと思います。

新規楽天モバイル申し込み方法と特典の受け方

step
1
必要書類の準備

まずは契約に必要な書類の準備です。

こちらに関しては、先述のMNP契約の際の流れと一緒なので、詳細な必要書類はMNP契約の解説を参照していただければと思います。

補足ですが、本人確認書類とともに、引き落としに使う口座またはクレジットカードの準備がMNP・通常新規契約ともに必要という点はお忘れなくお願いします。

step
2
楽天モバイル公式ページにて申し込みページへのアクセス

こちらのステップ2もMNP契約時と同じです。

MNP契約時は、各キャリア窓口にて予約番号の取得が必要でしたが、通常の新規契約の場合はそちらの手続きは不要です。

楽天モバイル公式ページ、申し込みのページはコチラ

step
3
プラン等確認の上、楽天モバイル新規契約手続きの開始

楽天モバイル、公式ページの『お申し込み』のところにアクセスすると、上記の画面となります。

ここで、MNP契約時と同様、『Rakuten UN-LIMIT VII』を選択します。

その後のオプション選択もまた同様です。

SIM選択も同じく、物理SIMか、eSIMを選択します。

先ほどのMNP契約の際には楽天モバイルにて製品を購入する場合の流れを解説しましたが、ここでは現在使っているスマホを新規契約で利用する流れで解説していきます。

step
4
手持ちの端末が楽天モバイル対応製品であることを確認の上、SIMロック解除

もともとドコモ・au・ソフトバンク等で利用していたスマホを楽天モバイルで利用する場合、基本的にはSIMロック解除の手続きをしておかなければなりません。

そして、そのSIMロック解除をした端末がそもそも、楽天モバイル対応製品であることを事前に確認しておかなければならないのも忘れてはいけない大事なポイントです。

こちらの対応製品については、のちほど詳しく解説していきます。

SIMロック解除が無事に完了できれば、あとは新規契約した楽天モバイルのSIMカードをその端末に挿入して利用すればオッケーです。

ちなみにドコモ・au・ソフトバンク等の大手キャリアの製品のSIMロック解除は全てWebで完結可能、さらに手数料も無料です。

各キャリアショップの店頭にてSIMロック解除を依頼することも可能ですが、その場合手数料が請求されるので、できる限り自身のスマホでWeb手続きすることをおすすめします。

そしてSIMのみの契約でも8000円相当のポイント還元が受けられるキャンペーンもご紹介の通りなので、しっかり忘れずにポイントをもらってくださいね。

楽天モバイルで使える対応機種一覧表

ここまで楽天モバイルにMNP及び新規契約で加入する流れを解説してきました。

ここからは楽天モバイル加入時に製品を購入せず、今使っているスマホを利用する場合の、対応機種一覧を解説していきます。

ご自身が使っている機種が、楽天モバイルでそのまま使えるかどうか事前にチェックをしてみてくださいね。

まずはAppleから。

Apple

iPhone13 / iPhone13 Pro / iPhone13 Pro MAX / iPhone13 mini / iPhone SE(第三世代) / iPhone12  /iPhone12 Pro / iPhone12 Pro MAX / iPhone12 mini / iPhone SE(第二世代) / iPhone11 / iPhone11 Pro / iPhone11 Pro MAX / iPhone XS / iPhone XS MAX / iPhone XR / iPhone X / iPhone8 / iPhone8 Plus / iPhone7 / iPhone7 Plus / iPhone SE / iPhone6s / iPhone6s Plus / iPhone6 / iPhone6 Plus

続いては、android陣営の対応一覧です。

ASUS

ROG Phone 5 / ROG Phone 5s / ASUS ROG Phone 5s Pro / Zen Fone 7 / Zen Fone 7 Pro / Zen Fone 8 / Zen Fone 8 Flip

Baimuda

BALMUDA Phone X01A

Fujitsu Connected Technologies

arrows RX / arrows BZ02

Google

Pixel 4 / Pixel 4 XL / Pixel 4a / Pixel 4a(5G) / Pixel 5 / Pixel 5a(5G) / Pixel 6 / Pixel 6 Pro

HP

HP Chromebook x360 13c

HUAWEI

HUAWEI nova 5T / HUAWEI nova lite 3 / HUAWEI P30 lite

Inseego

M2000

Lenovo

ThinkPad X1 Nano Gen 1 / ThinkPad X1 Carbon Gen 9 / ThinkPad X1 Yoga Gen 6

Motorola

motorola edge 20

NEC Platforms

Aterm MP02LN / Aterm MR05LN RW

OPPO

AX7 / Find X / Find X3 Pro / OPPO A5 2020 / OPPO A54 5G / OPPO A55s 5G / OPPO A73 / OPPO Reno A 128GB / OPPO Reno3 A / OPPO Reno5 A / OPPO Reno7 A / R17 Pro / Reno 10x Zoom

SAMSUNG ELECTRONICS JAPAN

Galaxy A7 / Galaxy Note10+ / Galaxy S10

SHARP

AQUOS R compact SH-M06 / AQUOS R2 compact SH-M09 / AQUOS R5G / AQUOS R6 SH-M22 / AQUOS sense lite SH-M05 / AQUOS sense plus SH-M07 / AQUOS sense2 SH-M08 / AQUOS sense3 lite SH-RM12 / AQUOS sense3 plus SH-M11 / AQUOS sense3 plus SH-RM11 / AQUOS sense3 SH-M12 / AQUOS sense4 SH-M15 / AQUOS sense4 lite SH-RM15 / AQUOS sense4 plus SH-M16 / AQUOS sense5G SH-M17 / AQUOS sense6 SH-RM19 / AQUOS sense6 SH-M19 / AQUOS sense6s SH-RM19s / AQUOS wish SH-M20 / AQUOS zero SH-M10 / AQUOS zero2 SH-M13 / AQUOS zero6 SH-RM18

Sony

Xperia 5 III / Xperia 10 III Lite / Xperia 10 IV / Xperia 1 III / Xperia Ace / Xperia PRO-1

Xiaomi

Redmi Note 9s / Redmi Note 11 / Redmi Note 11 Pro 5G / Mi Note 10 Lite / Mi 11 Lite 5G

ZTE

ZTE Cute Wi-Fi

楽天モバイル

Rakuten BIG s / Rakuten BIG / Rakuten Hand / Rakuten Hand 5G / Rakuten Mini / Rakuten WiFi Pocket / Rakuten WiFi Pocket 2B / Rakuten WiFi Pocket 2C

以上がandroid陣営の楽天回線の対応製品一覧です。

iPhone・androidともに、これらの情報は2022年10月現在の情報で、今後もその対応製品は増えていくことが予想されます。

そのため、最新の情報は楽天回線対応製品でも確認されることもおすすめします。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルキャンペーンのQ&A

楽天モバイルには他社に負けない特典が多くあることはわかって頂けたと思います。

ただ特典の条件やポイントがいつ入ってくるかなど疑問に思う点があると思うので、楽天モバイルの特典でよくある質問をまとめてみました。

その質問について回答していきます。

楽天モバイルのキャンペーンのポイントはいつ入るの?

楽天モバイルでは様々なキャンペーンが毎月実施されており、そのキャンペーンによってポイント付与の時期は異なります。

しかし、基本的にそれぞれのキャンペーンの条件を満たしてから翌々月末日頃、というものがほとんどです。

2022年10月現在行われている主なキャンペーンのポイント付与日は以下のとおりです。

2022年10月現在・主なキャンペーンのポイント付与時期

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン…Rakuten Link 利用の翌々月末日頃に、期間限定ポイントとして最大24,000ポイントを付与

スマホ/Wi-Fiトク得乗り換えキャンペーン…対象製品購入時に最大16,000円の値引き、Rakuten Link 利用の翌々月末日頃に、期間限定ポイントとして3,000ポイントを付与

お持ちのスマホそのままOK!最大8,000ポイント還元キャンペーン…Rakuten Link 利用の翌々月末日頃に、期間限定ポイントとして最大8,000ポイントを付与

Rakuten Hand 5G 実質1円キャンペーン…Rakuten Link 利用の翌々月末日頃に、期間限定ポイントとして3,000ポイントを付与

モバイルWiFi実質0円キャンペーン…製品購入月の翌々月末日ごろに期間限定ポイントして4,401ポイント付与

たいていのキャンペーンのポイント付与タイミングが翌々月末日であることがわかります。

そして、ポイント付与を確実にうけるために、Rakuten Linkアプリを利用して最低10秒以上の通話をすることを忘れずにしましょう。

さらに注意すべき点としては、付与される楽天ポイントはあくまで『期間限定ポイント』なので、通常の楽天ポイントと異なり有効期限が設定されているものです。

有効期限は6か月で設定されているので、失効しないうちに活用することをおススメします。

楽天モバイルのポイントが還元されない場合の問い合わせ先は?

上記のように様々なキャンペーンで条件を満たしたとしても、実際にポイントが付与されるのは翌々月末日と、少し期間が開きます。

『そもそも、Rakuten Linkで10秒きちんと通話したっけな?』

そんな不安をいだくこともあると思います。

そんなときは、以下の方法で条件を達成しているかどうかの確認ができます。

  1. my 楽天モバイルにアクセス
  2. 画面下部メニュー・『利用状況』を選択
  3. 『通話』タブから『Rakuten Link(国内)』の通話記録を確認

以上の手順で確認して、きちんと10秒以上の通話ができていればまずは安心と思ってください。

それでもポイント付与の期間が過ぎてまだポイントが付与されない場合は

  • my 楽天モバイルにアクセスしてチャットで問い合わせ
  • 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)をご利用の方向け窓口 050-5434-4653に電話問い合わせ

の二つの手段があります。

チャットであれば空いた時間に手軽に問い合わせできるので、便利ですね。

ちなみに電話問い合わせの場合、Rakuten Linkを使えば通話料無料なので、電話問い合わせを利用する方はRakuten Linkを活用するのがベストです。

楽天モバイルの1年無料のキャンペーンは終わったの?

楽天モバイルが行っていた1年間基本料金が無料になるという破格のキャンペーンは残念ながら2021年4月7日をもって終了しています。

その1年無料に代わってスタートしたのが『3ヶ月無料キャンペーン』でした。

しかし、この3ヶ月無料キャンペーンも2022年2月8日をもって申し込み受付が終了しています。

期間を限定して無料で使えるというかなりオトクなキャンペーンは2022年10月現在は行われていませんが、その他のポイント還元キャンペーンは豊富にあるので、こちらを利用して少しでもスマホをオトクに使いたいものですね。

楽天モバイルはiPhoneが使えなくなるという噂は本当?iPhone13は?

『楽天モバイルだとiPhoneが使えなくなる』

という噂が流れているのを時々目にされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から申し上げると、そのような噂は真実ではありません。

『iPhoneトク得乗り換えキャンペーン』など、iPhoneをターゲットにしたキャンペーンを行っていることからもそれは明らかです。

使えなくなるのにキャンペーンを行うはずがないですよね。

ではなぜiPhoneが使えなくなるという噂があるのか。

それは、『iPhoneが使えなくなる』わけではなく、『iPhoneで利用できない機能がある』という事実と混同されているからだと思われます。

以下に、楽天モバイルのiPhoneで利用できない機能3つを挙げます。

楽天モバイルのiPhoneで利用できない機能

楽天回線・パートナー回線の自動切り替え

Rakuten Linkアプリからの折り返し電話

Rakuten LinkアプリでのSMS送受信

3つとも、使えないと致命的な欠陥になるわけではないのですが、かんたんに説明していきます。

1つめの『楽天回線・パートナー回線の自動切り替え』に関しては、パートナー回線を使用、そこから移動して楽天回線が使えるエリアに入ったとしても自動で楽天回線に切り替わってくれないというものです。

楽天回線エリアでの使用なら本来はデータ容量を消費しないで済むはずのところが、自動で切り替わってくれないのでそのままだとデータ容量を消費してしまうのです。

せっかく楽天回線エリアなのに、月に5GBの制限があるパートナー回線をつかってしまうのはとてももったいないことです。

2つめ、3つめのデメリットはRakuten Linkに関してのもので、Rakuten Linkを使っていない相手からの電話やSMSは、iPhoneの場合iOS標準の電話アプリやメッセージアプリで受けることになります。

着信やメッセージの受信は無料なので問題ありませんが、それに対して発信やメッセージ送信をそのまましてしまうと30秒で22円の通話、70文字で3円のメール送信代金が発生してしまいます。

そこまで大きな金額ではないようにも思えますが、せっかくRakuten Linkで無料にできるところを、お金を払ってしまうのは非常に無駄といえます。

折り返すときはきちんとRakuten Linkからするように気を付けましょう。

楽天モバイルの特別なクーポンってある?

楽天モバイルをオトクに契約できるクーポンはいくつか存在します。

2022年10月現在、主なものとして以下の通りです。

2022年10月現在楽天モバイルで利用可能なクーポン

楽天モバイル公式・楽天市場店で提供されている『回線契約と対象Apple商品購入で16,000円OFFクーポン』

楽天モバイル公式・楽天市場店で提供されている『回線契約と対象Android商品購入で16,000円OFFクーポン』

その他楽天会員向けのクーポンや、楽天カード申し込み時にもらえるクーポン、楽天銀行・楽天証券などと連動したクーポンも存在します。

今回取り上げた二つは、特に乗り換え・新規契約時に活用できるものです。

楽天モバイル単体でもオトクなキャンペーンがあることはここまで解説してきた通りですが、それをさらにオトクにするにはこうした楽天市場などとの連動が重要になってきます。

注意していただきたいのは、楽天モバイルの申し込みページの下の方にある『クーポンをお持ちの方』という箇所はほとんど意味がありません。

まず利用することはないので、それは無視しましょう。

楽天モバイルの店舗限定の特別クーポンって存在する?

楽天モバイルの申し込みは、ネットでされる方が多いと思いますが、もちろん実店舗で申し込まれる方もいらっしゃると思います。

そんな方にお伝えしたいのが、店舗限定のキャンペーン・クーポンです。

上記の画像のように、ショップでの申し込み限定でさらにポイントがもらえるものが存在します。

ドコモ・au・ソフトバンク等、三大キャリアに比べるとまだまだ楽天モバイルのショップは少ないですが、お住まいの近くにショップがある方は楽天モバイルの契約を実店舗で行うのもアリかもしれませんね。

楽天モバイルの店舗一覧表

楽天モバイルの店舗はなんと全国1000店舗以上あります。

これは大手三大キャリアのドコモ・au・ソフトバンクが持つ2000店舗に迫る勢いです。

独立した店舗だけでなく、郵便局内ショッピングモール内などに出店し買い物ついでに寄れることから利用者も増えてきています。

北海道
東北 青森県・岩手県・秋田県
宮城県・山形県・福島県
関東 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県
千葉県・東京都・神奈川県
中部 新潟県・富山県・石川県・福井県
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県
近畿 三重県・滋賀県・京都府・大阪府
兵庫県・奈良県・和歌山県
中国 鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国 鳥取県・香川県・愛媛県・高知県
九州沖縄 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県
宮崎県・鹿児島県・沖縄県

店舗の検索はこちらから。

楽天モバイルのキャンペーンコードが利用可能か確認する方法

楽天モバイルでは以前「紹介キャンペーン」でコード番号が発行され、申込時に番号を入力すると割引が適用されるキャンペーンを行なっていました。

また現在実施されている各種キャンペーンにもコード番号が表記されています。

しかしキャンペーンコードを入力する必要はありません。

紹介キャンペーンはすでに終了していますし、現在実施しているキャンペーンも適用条件を満たせば自動で適用されます。

公式サイトにて表記されているキャンペーンコードはあくまで、窓口での問い合わせ時に必要となるものです。

楽天モバイルキャンペーンのまとめ

ここまで、楽天モバイルへの乗り換えや新規契約で活用できるキャンペーン、そしてよくある質問に対しての回答を解説してきました。

以前提供されていた『1年間無料』や、『3ヶ月無料』などのキャンペーンは残念ながら終了していますが、それを補うだけの豊富なキャンペーンが2022年10月現在も多々行われていることが理解いただけたと思います。

大手3大キャリアに比べると、まだエリアが拡大しきれていないなどの問題も残されていますが、圧倒的な料金の安さやこれらキャンペーンの豊富さは乗り換え・新規契約を検討するのに十分な材料だと思います。

ご自身に適したキャンペーンを活用して、ぜひとも、オトクに楽天モバイルを利用しましょう。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

-楽天モバイル

© 2022 スマホログ