一人暮らしのピッタリなWi-Fiはこれ!大学生にもおすすめしたい工事なしでも使えるインターネットについて

「初めての一人暮らしのマンションのWi-Fiはどうしよう?」

「Wi-Fiを家でつなぐためにはどうしたいいんだろう?」

「今使っているWi-Fiでいいのだろうか?」

いつも使っているWi-Fiですが、自分で用意するとなると色々な情報がありどれがいいのか正直迷ってしまいますよね。

この記事では、一人暮らしを始めた方や引越しのタイミングでインターネット環境を見直そうと思っている一人暮らしをされている方にオススメのWi-Fiをご紹介していきます。

この記事を読み終わるごろにはあなたにベストなWi-Fi環境を揃えることができますよ。

\\ドコモ公式代理店限定//

工事不要|home 5Gの申し込みで現金15000円

目次

そもそもマンションや戸建の一人暮らしにWi-Fiは必要なの?

「一人暮らしでWi-Fiの必要性はあるのだろうか?」と思う人もいると思います。

まずは、一人暮らしをしているあなたが本当にWi-Fiを必要としているかを考えるためにこの二つの項目を確認しておきましょう。

  • 部屋にWi-Fiがあるメリット
  • 無料でWi-Fiを使える場合がある

部屋にWi-Fiがあるメリット

一人暮らしでWi-Fiがあると、どんなメリットが確認しておきましょう。メリットを感じられない場合、月々固定がかかるWi-Fi環境を揃える必要はありませんからね。

自分の部屋にWi-Fiがあるメリットを理解するために「Wi-Fiでできることメリット」をご紹介していきます。

    そもそもWi-Fiとは?

    ※画像右がWi-Fiルーター

    Wi-Fiとは、パソコンやスマホをケーブルなしでインターネットに繋げたり、パソコンやスマホ同士をケーブルなしでお互いにデータ通信できるようにするための技術です。

    Bluetooth(ブルートゥース)と並び、世界中で使われている無線通信規格の1つです。

    基本的に、一般の人が自分の住宅や部屋でWi-Fiを使ってインターネットを利用するためには、

    1. インターネット回線とプロバイダの契約
    2. Wi-Fiルーターと呼ばれるもの

    が必要になります。

    Wi-Fiでできること

    Wi-Fiを使うと、何ができるのでしょう?

    Wi-Fiの最大の特徴は、パソコンやスマホなどのいろいろなデバイスのデータ通信をケーブルなしで行えることです。

    • パソコンをインターネットに接続
    • スマホをインターネットに接続
    • Wi-Fi接続できる最新の家電を使用

    など様々なデータ通信がケーブルなしでできます。

    データ使用量無制限のインターネット回線プランを契約していれば、スマホのデータ制限を気にせずにたくさんインターネットを使うことができます。

    例えば、

    • 高画質動画の視聴
    • オンラインゲームのプレイ
    • 動画のアップロード
    • 仕事上のデータ通信

    など、データ量や追加の通信費を気にせずに行えます

    Wi-Fiを提供しているカフェ・公共施設・商業施設などもたくさんあります。

    Wi-Fiのメリット

    一人暮らしの部屋にWi-Fiがあるメリットをまとめると、

    1. ケーブルやコードなしで部屋が整頓しやすい
    2. Wi-Fiが届く場所ならどこでもインターネットを使える
    3. 適切なプランを選べば、スマホ代などの通信費を節約できる

    一人暮らしの多くの人にとっては、Wi-Fiは必要なツールになると思います。

    無料でWi-Fiが使える場合

    自分でインターネット回線を契約しなくてもいい場合があることをご存知ですか?

    アパートまたはマンションを賃貸する場合、Wi-Fiを無料で使える物件があります。

    • Wi-Fi完備のアパート/マンション
    • インターネット完備のアパート/マンション

    の2パターンでWi-Fiを無料で使用することができます。

    インターネット無料のアパート/マンション

    「インターネット無料」とはどういうことでしょうか?

    ここで、賃貸検索などで「インターネット無料」と表示されるアパートやマンションについて解説します。

    一人暮らしの際には、不動産会社の担当者や管理人に確認しておきましょう。

    Wi-Fi完備の賃貸物件

    Wi-Fi機器が備え付けられているアパートやマンションでは、入居者がスマホやパソコンで接続設定をするだけでインターネットに接続できます。

    この場合は、部屋にWi-Fiルーターが据え置かれていたり、情報コンセントにWi-Fi機器が埋め込まれていたりします。

     

    インターネット完備の賃貸物件

    インターネットに有線で接続する機器が備え付けられていても、Wi-Fi機器のないアパートやマンションもあります。

    この場合は、入居者が自分でWi-Fiルーターを用意し、情報コンセント(インターネットモデム)とLANケーブルで繋ぎ、接続設定をします。

    一人暮らしでインターネットをつなぐWi-Fiの4つの選択肢

    一人暮らしでWi-Fiを使うための方法には、どんなものがあるでしょうか?ここでは、一人暮らしの人がWi-Fiを使う場合の、4つの選択肢について解説します。

    先に述べておくと、

    1. 光回線
    2. ホームルーター(置くだけWi-Fi)
    3. モバイルWi-Fiルーター(WiMAX、ポケットWi-Fi)
    4. スマホのテザリング

    4つのマンションや戸建の自宅でWi-Fiをつなぐサービスがあるのですが、先にオススメを言うとこの2つ!

    • 光回線
    • モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)

    あなたにはどの選択肢が合っているか、決める手助けにしてください。

    一人暮らしでは光回線とWiMAXどっちがいい?

    光回線とWiMAXではどっちが安いの?どっちがお得なの?どっちがおすすめなの?などの疑問を持つ人も多いと思います。

    先に述べておくと、

    迷う余裕があるなら光回線

    という答えになります。

    まずは、光回線とモバイルWiMAXの7つの大きな違いをご覧ください。

     

    集合住宅での光回線とWiMAXの比較表

    光回線 vs WiMAX
    月額実質3,000円〜4,000円 ①料金 月額実質3,000円〜4,000円
    最大2Gbps ②最大速度 最大440Mbps
    約160Mbps ③平均速度 約40Mbps
    完全無制限∞ ④データ量 3日で10GB
    申込から最短2週間前後で工事開通 ⑤開通までの期間 申込後約4〜6日で端末届けばすぐ
    工事が必要になる可能性あり ⑥引っ越し時 工事の必要なし
    家の中のみ ⑦使える場所 どこでも

    ①スマホとのセット割引やキャッシュバックなどの特典を考慮して、実質的な月額負担は、光回線の方が若干高いと言えます。

     

    ②最大速度は、光回線の方が4倍以上速いです。

     

    ③平均的な通信速度になると、光回線の方が4倍も速いです。

     

    光回線だと、どれだけ使っても使い放題です。完全に無制限です。

    WiMAXですと、インターネットを使い続けることはできるのですが、直近3日間のデータ使用量が10GBを超えると、次の日の夕方から8時間ほど最大速度が1Mbpsに下げられる対象になるという制限があります。高画質動画を見たい人などはきついです。

     

    ⑤開通までの期間は、光回線なら申し込みから、早くて2週間くらいに工事日を設定できます。工事には、立ち会いが必要です。一方、WiMAXでは、ネットで申し込めば、約4〜6日で端末が手元に届き、すぐに使い始めることができます。

     

    ⑥引っ越し時の手間として、光回線では撤去工事や引っ越し先での工事が必要になる場合があります。WiMAXは、元々工事が不要なので、端末を持っているだけでずっと使うことができます。

     

    ⑦使える場所ですが、光回線は回線を引いている住居でしか使えません。WiMAXは、端末を持ち歩けば、家の中はもちろん、エリア内であればどこでも使うことができます。

     

    光回線とモバイルWi-Fiで迷った場合やどちらか選ばなければならない場合は、あなたがスマホをもっているなら、データ使用が完全無制限というポイントのある光回線をおすすめします。

    ①光回線+Wi-Fiルーター

    一人暮らしでWi-Fiを使うための選択肢として、光回線とWi-Fi機器を組み合わせる方法があります。

    上記「無料Wi-Fiが使える場合」でも触れた形です。

    「インターネット無料」の物件でない場合は、自分でインターネット回線とプロバイダを契約することになります。

    プロバイダの多くは、Wi-Fiルーターを無料でレンタルする特典があるので、利用するとお得です。

    光回線+Wi-Fiルーターのメリット・デメリット

    光回線+Wi-Fiルーターを使うとどんな良い点や悪い点があるでしょう?

    一人暮らしの方にとって、光回線とWi-Fiルーターの組み合わせにどんなメリットやデメリットがあるのか紹介します。

    メリット

    • 回線速度が速い
    • 高画質の動画がスムーズに見放題
    • スマホのセット割引を申し込めるプロバイダがある
    • オンラインゲームでラグ(通信の遅れ)が出にくい
    • データ容量の心配をしなくていい

    デメリット

    • 事前に工事が必要になる(自分で契約する場合)
    • 工事のため、開通までに時間がかかる(約2週間〜1ヶ月)
    • 工事費がかかるケースがある(工事費無料の申込窓口はある)
    • 使えるのは家の中だけ
    • Wi-FiルーターやONUというネットワーク機器を部屋に置かなければならない

    賃貸のインターネット対応3パターン

    ここで、賃貸がインターネットに対応している場合の3パターンを紹介しておきます。

    • 「インターネット無料」や「インターネット完備」と呼ばれるものから1つと、
    • 「インターネット対応」と呼ばれるものから2つ

    です。

    賃貸のインターネット対応3パターン

    パターン 契約 月額利用料金イメージ
    インターネット完備(Wi-Fi完備含む) 入居者独自に契約する必要がない。(LAN配線方式だと遅い) 無料
    フレッツ光対応 光コラボを契約できる(最大速度100Mbps) 約4,000円
    フレッツ光以外の光回線対応 NURO光/auひかり/コミュファ光/eo光(最大速度100Mbps/2Gbps) 約2,500円〜(プランによる)

    一人暮らしを始める際には、不動産会社の担当者に確認しておきましょう。

    光回線+Wi-Fiルーターがおすすめな人

    光回線の特徴は、

    • 回線速度が速い(集合住宅プランの多くは最大100Mbps)
    • データ通信量は完全に使い放題

    なので、

    • 高画質動画をよく見る方
    • 通信速度や反応速度を要求されるオンラインゲームをプレイする方(この場合はWi-Fiよりも有線接続が最適)
    • 大容量のデータをやり取りする方

    などにおすすめします。

    ここで、大量のデータの目安を知るために、高画質動画のデータ量について解説します。

    WiMAXを運営している株式会社UQコミュニケーションズによると、

    PCでYouTubeを視聴する場合のデータ通信量

    画質 5分視聴のデータ通信量 10GBで視聴できる時間
    超高画質(4K) 約113MB 約7時間
    高画質(HD/1080p) 約60MB 約13時間
    標準画質(SD) 約17.5MB 約47時間
    低画質 約10MB 約83時間

    ということです。

    モバイルWi-Fiの代表格であるWiMAXでは、3日間のデータ使用量が10GBを超えると速度制限の対象になります。

    普段から超高画質でYouTubeなどの動画を見る人は、1日の間で3時間以上視聴すれば、ほぼ確実に速度制限の対象になると思われます。

    高画質(1080p)の画質で視聴したとしても、1日4時間視聴していれば、そのデータ使用量だけで速度制限の対象になる可能性が出てきます。

    上記はYouTube動画のみでのデータ使用量の話です。

    PCのオンラインゲームをダウンロードすれば1〜2GBはすぐに使用してしまいますし、ラインでビデオ通話を3時間すると、1GB近くデータを使用します。

    ですので、家にいる時間はインターネットを使っている時間が長いという人は、光回線の契約がおすすめです。

    ②ホームルーター(置くだけWi-Fi)

    画像元:UQ WiMAX

    ホームルーターをご存知ですか?

    一人暮らしでWi-Fiを使う方法の2つ目の選択肢として、「ホームルーター」または「置くだけWi-Fi」と呼ばれるものを解説します。

    具体的に、主要なサービスとして、

    • WiMAXのホームルーター
    • ソフトバンクのSoftbank Air

    があります。

    【ホームルーターサービスの比較表】

    サービス WiMAXギガ放題 SoftbankAir
    月額料金 約4,200円 約4,300円
    最大通信速度(下り) 110Mbps〜(キャリアアグリゲーションやエリアによる) 110Mbps〜(エリア等による)
    契約期間 1〜3年 2年(端末は3年間分割払い)
    通信制限 3日間で10GBを超えると速度制限の対象になる スマホ回線なので、混雑する時間は遅くなる

    上記、表の月額料金に関しては、キャッシュバックなどは含めていません。

    実質の通信速度の平均は、

    • WiMAX:約35Mbps
    • Softbank Air:約25Mbps

    辺りになると思われます。

    WiMAXの通信制限についてまとめておくと、

    WiMAXの速度制限の対象】WiMAXで3日間の通信データ容量が10GBを超えると速度制限の対象になります。

    WiMAXの速度制限の時間】3日間で10GB超過した翌日の18時〜翌2時頃まで

    WiMAXの制限時の速度】約1Gbps

    となります。

    また、Softbank AirはソフトバンクスマホのLTEネットワークを利用しているので、混雑時間帯などはスマホと同様に影響を受けます。

    WiMAXの速度制限時はYouTube見れる?

    YouTubeが公式に発表している通信速度の推奨値をみると、

    動画の解像度(画質) 推奨される回線速度
    4K 20Mbps
    HD 1080p 5Mbps
    HD 720p 2.5Mbps
    SD 480p 1.1Mbps
    SD 360p 0.7Mbps

    ということなので、WiMAXの速度制限時の最大速度1Gbpsが出れば、360pの解像度であれば、問題なく視聴することができると思われます。

     

    ホームルーター(置くだけWi-Fi)がおすすめな人はあまりいない

    ホームルーターや置くだけWi-Fiをおすすめできる人はあまりいません。

    理由は、せっかくWiMAXを使うのであれば、外出先でも使えるモバイルWi-Fiの方が便利だからです。

    ③モバイルWi-Fiルーター(WiMAX、ポケットWi-Fi)

    画像元:UQ WiMAX

    モバイルWi-Fiルーターについて、「聞いたことはあるけど、詳しくは知らない」という方もいると思います。

    一人暮らしの人がWi-Fiを使うための3つ目の選択肢として挙げるのが、モバイルWi-Fiルーターの使用です。

    主なサービスとして、

    • WiMAX(GMOとくとくBB)
    • Y!mobile(ポケットWi-Fi)
    • どんなときもWi-Fi
    • ネクストモバイル

    を比較した後、

    メリット・デメリットおよびおすすめな人を解説します。

     

    モバイルWi-Fiサービス比較

    サービス GMOとくとくBB WiMAX Y!mobile どんなときもWi-Fi ネクストモバイル
    月額料金 1〜2ヶ月目3969円

    3ヶ月目〜4689円

    ずっと4,818円 3,828円 1〜2ヶ月目2970円

    25ヶ月目〜3520円

    データ容量 無制限 無制限 無制限 月間30GB
    制限時の通信速度 3日で10GB 3日で10GB 使用著しいと 30GB超えると
    制限時の通信速度 1Mbps 128kbps 384kbps 128kbps
    備考 34,000円キャッシュバックキャンペーンあり 低速時の通信速度が非常に遅い 悪い評判が多い データ通信量に限度がある

    特に、

    データ無制限

    1. キャッシュバックを含めた料金総額が安い
    2. 速度制限時の速度が他のサービスより断トツに速い

    という3点を見ると、モバイルWi-Fiサービスエリアにおいて、WiMAXが最もおすすめできることが分かります。

    WiMAXのモバイルルーターのメリット・デメリット

    ここで、WiMAXのモバイルルーターを使用する上でのメリットとデメリットを紹介します。

    メリット

    • WiMAXなエリア内なら、どこでもインターネットを使える
    • 端末がコンパクトで邪魔にならない
    • 工事が不要で、端末が届いたらすぐに使用できる
    • スマホの回線とは別なので、スマホの混雑時にも影響を受けづらい
    • auまたはUQモバイルのユーザーならセット割を受けることができる

    デメリット

    • WiMAXエリア外だと使えない(それでも人口カバー率は90%超・LTEオプションを使えばスマホのエリアで使える)
    • 通信速度が光回線よりも遅い
    • 複数の端末を接続して同時に使うと遅くなる

    WiMAXのモバイルルーターがおすすめな人

    WiMAXのモバイルルーターが向いている人は、

    • 外出先でも高速インターネットをたくさん使いたい人
    • 光回線の工事ができない人
    • 引っ越しが多い人
    • 家のケーブルやコードを減らして整頓したい人
    • 高画質動画や大量データを頻繁に利用しない人
    • 家であまりインターネットを使わない人
    • 3日間で10GBを超えると速度が1Mbpsになるのを気にしない人

    などが挙げられます。

    ④スマホのテザリング

    画像元:ドコモ公式

    一人暮らしでWi-Fiを使うことができる方法として、スマホのテザリングを使うという選択肢もあります。

    テザリングとはなんでしょう?

    テザリングとは、スマホをモバイルルーターとして使うことで、他のデバイスをインターネットに接続することができる機能です。スマホによって、「アクセスポイント」や「インターネット共有」と呼ばれることもあります。

    先に述べておくと、あまりおすすめできる選択肢ではありません

    主な理由は、

    • スマホのデータが超過するとだいぶ遅くなる
    • スマホの大容量データ/ギガ放題の料金は高い

    というものです。

    スマホの速度制限時の速度

    スマホの速度制限時の速度がどれくらいのものか知るために、いくつかの主要なサービスと比較してみましょう。

    速度制限時の最大速度比較表

    サービス 制限時の通信速度
    ドコモ(ギガホ)、au(データMAX 4G LTE) 1Mbps(月末まで)
    ソフトバンク(ウルトラギガモンスター) 128kbps(月末まで)
    楽天モバイル(スーパーホーダイプラン) 1Mbps(月末まで)
    WiMAX(ギガ放題プラン) 1Mbps(8時間)
    WiMAX(7GBプラン) 128kbps(月末まで)
    UQ mobile(スマホプラン) 300kbps(月末まで)

    上の比較表を見ながら解説します。

    ドコモのギガホプラン(月間30GB)とauのデータMAX 4G LTEプラン(テザリングでは月間30GB)の制限時の通信速度は、1Mbpsなのですが、月末までずっと続きます。

    ソフトバンクのウルトラギガモンスターは、ドコモやテザリングのauよりもデータ容量は多いのですが、制限対象になると128kbpsと相当遅くなるので注意です。

    WiMAXの7GBプランは月間で7GBを超過すると月末までずっと128kbpsです。
    かなり不便なので、WiMAXの契約では、ギガ放題プランにすべきであることの主因です。

    UQモバイルのスマホプランでは、制限時(低速モード時)に300kbpsになります。128kbpsと比べると使いやすいです。YouTubeの最低画質(144p)と1つ上の240pなら、早送りなどをしなければギリギリ見ることができるレベルと言えます。

    楽天モバイルの制限時速度は、1Mbpsと健闘しています。しかし、データ量を超過してから月末までずっとであることを忘れないでください。

    WiMAXギガ放題プランの速度制限は、速度制限の対象になっても、翌日の午後6時から8時間ほど1Mbpsになるだけです。月末まで制限がかかるなんてことはありません。(ただし、LTEオプションの制限対象になると、月末まで128kbpsなので、注意しましょう。LTEオプションを利用しなければ心配ありません。)

     

    スマホの大容量/無制限プランの料金

    スマホのデータ無制限プランの料金はどれくらい高いのでしょうか?

    主要なサービスと比較しましょう。

    データ無制限プランの料金比較表

    サービス データ容量 月額料金
    ドコモ(ギガホ) 30GB 6,980円
    ソフトバンク(ウルトラギガモンスター) 50GB 〜7ヶ月5,480円、8ヶ月〜6,480円
    au(データMAX 4G LTE) テザリングでは30GB 〜6ヶ月4,460円、7ヶ月〜5,460円
    UQ WiMAXギガ放題+UQモバイル(スマホプランS) 無制限 5360円

    ※表の中全てのサービスで、家族割引なしおよび2年契約割引ありの料金です。

    WiMAXだけでは、通話のための料金が含まれていないので、公平を期すために、WiMAXの例として、UQ WiMAX(ギガ放題)とUQモバイル(スマホプランS)を組み合わせた料金を使用しました。

    3大キャリアの大容量プランには、実はデータ容量に制限があります。加えて、家族割引なしだと、コスパは相当に悪いです。

    一人暮らしでパソコンやスマホを繋ぎっ放しにすることを想定すると、コスパの点でWiMAXが優秀であることがお分かりになると思います。

     

    スマホのテザリングが向いている人

    スマホのテザリングという選択肢をおすすめできる人は、

    • パソコンでインターネットをしない人
    • オンラインゲームをしない人
    • 高画質動画を見ない人

    などに限られます。

    一人暮らしで失敗しない光回線の選び方

    オススメの光回線はどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

    • 「自分にあった光回線はどれ?」
    • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
    • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

    そんな迷いをお持ちのアナタへイチオシの光回線について詳しく解説します!

    絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いたします!

     

    (1) 光回線選び方のポイント

    光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

    ポイント : 光回線の選び方
    1. シンプルに2年間の月額支払い料金が安い物を選ぶ
    2. スマホとのセット割」で選ぶ
    3. 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ
    それでは、詳しく解説しましょう。

    1:シンプルに2年間の支払い総額の安いものから選ぶ

    『ahamo』『LINEMO』『Povo』などスマホ割の適応にならない新料金プランが大手三社から発表されています。

     

    スマホ割は基本的にスマホ料金の節約となり、光回線の料金が安くなるわけではなりません! 家計のスマホや光回線などの通信費を安くするのであれば『スマホ料金の節約』+『安い光回線』が一番、あなたの財布の支出が減ります!

    2:基本はシンプルに「スマホとのセット割」で選ぶ

    光回線選びで最も重視すべきなのは「料金」です。 理由は簡単で、光回線であればどこを選んでも速度面が問題になることは少ないからです。

    そして、料金が安いものは上記で解説しまいたが、携帯のプランを変更などが面倒であれば光回線とスマホのキャリアを合わせることで「セット割引」を受けるのがお得な選択肢です!

    光回線 携帯キャリア 割引台数 割引額
    ドコモ光 ドコモ 最大20回線 1台/最大1,100円
    ソフトバンク光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
    NURO光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
    auひかり au 最大10回線 1台/最大1,100円
    So-net光プラス au 最大10回線 1台/最大1,100円
    @nifty光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
    BiGLOBE光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
    enひかり UQモバイル 1回線 110円

    光回線の元々の月額料金は、どれを選んでも550円前後の違いしかありません

    だったら、「セット割引」によって1100円以上の割引を受ける方が断然お得です。

    上記で紹介した、2年間に実質支払う料金が少ない光回線とスマホ割が万が一適応になる場合、これほどないおすすめの光回線となります。

    3:「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

    基本的には、先ほどお伝えした通り実質支払う料金で決める+スマホ割が適応になればなおさらいい!という形で選ぶのがおすすめです。

    しかし、もっと詳しく吟味して選びたいという方もいると思います。

     

    そんなアナタは、まずは「光回線を契約する時に何をいちばん重視するか」考えてみましょう!

    ポイント : 光回線選びの判断基準
    • 月額料金
    • 通信速度
    • キャンペーン(キャッシュバック)

    大枠として、このようになると思います。 先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

    ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

    • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
    • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
    • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。
    月額料金 速度 キャンペーン
    auひかり
    ソフトバンク光
    ドコモ光
    NURO光

    基本は最初にお伝えした通り、料金で選ぶがのおすすめです!

    さらに、速度面を重視したい方にも「auひかり」がおすすめです。 auひかりはKDDIの独自回線を用いており、圧倒的な安定と速度を誇っています。

     

    また、auユーザーならセット割を受けることもできるので、スマホがauなら非常におすすめの光回線です。

     

    ただし、auひかりでなくても先ほどおすすめした4つの回線ならすべて十分な回線速度を持っています。

    また、速度を満足に出すための「IPv6接続」もすべての光回線で利用できます。

    そのため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

    IPv6接続とは?
    「IPv6接続」とは、IPアドレスの接続方法の名称です。
    以前はIPv4接続が利用されていましたが、アドレスは有限であるため接続アドレスが枯渇してしまい、速度が遅くなってしまいました。

    そこで登場したのがIPv6接続というわけです。

    光回線を利用していて、速度が遅いと言っている人はIPv6接続をしていないケースがほとんどです。
    口コミや評判だとアップロード速度が100Mbps以上出るはずなのに、ダウンロード速度すら1Mbpsや10Mbps前後の人はまさしくそうだといえるでしょう。

    通常はダウンロードの方が速いものです。 IPv6接続もアドレス数は一応有限なのですが、ほとんど無限に近いIPアドレスを取得できますので、同様の理由で速度が落ちる心配はないと言って良いでしょう。
    それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

    (2) おすすめの光回線4選

    それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきたいと思います。

     

    各光回線は申し込み窓口が「公式」「プロバイダ」「代理店」と3つありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

    「代理店」の月額料金の表記に要注意!
    たいていの場合、申し込み窓口は「代理店サイト」で申し込むとキャンペーンが充実していることがほとんどです。

    ただ注意が必要で、月額料金の表記がキャッシュバックした金額を絡めた表記になってることが多く、「表記されてる月額料金」+「キャッシュバック」が貰えると勘違いされる場合があります。

    さらに、キャッシュバックするには厳しい条件があったりします。

    例:「貰える時期が遅い」「オプションサービスの加入が必要」「手続きを忘れる内容」 当研究所で紹介する窓口は、 「貰える時期は開通から最短(2~3ヶ月後振込)」 「オプションサービス不要」 「手続きは申込時か開通前にできる」 と3拍子揃った条件+「最高額」で紹介します。

    当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

    提供元:auひかり公式代理店「NNコミニケーション」

    速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
    最大2Gbps 一戸建て 5,610円
    マンション 4,180円
    16,500円 0円
    • 工事費無料キャンペーン
    • キャッシュバック複数あり
    • 他社違約金キャッシュバック

    *初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

    auひかりは、NTT回線を借りているのではなく、独自の光回線を所有しています。

    最大2Gbpsの回線速度を有しており、速度ならNURO光の次に定評があります。auひかりのメリットを簡単にまとめてみましょう。

    ポイント : auひかりのメリット
    1. 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
    2. 月額料金が安め
    3. au携帯ならセット割引「スマートバリュー」を使ってさらに安く利用できる
    4. キャッシュバック金額業界No.1!!

    auひかりのもう一つの特徴は、デメリットがあまりないことです。

    ここまでデメリットの少ない光回線はありません!

    唯一のデメリットは、解約時に回線の撤去工事が必須であるため、解約時にかかる費用が少々高めなことくらいです。

    ポイント : auひかりのデメリット
    • 解約時にかかる費用が高い

    このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

    キャッシュバックの手厚さがいちばんの特徴で、 公式のキャンペーンで「違約金キャッシュバック最大30,000円」+「上乗せキャッシュバック25,000円」がもらえる上、さらにプラスして代理店からのキャッシュバックまで貰えます。

    au公式代理店「NNコミュニケーションズ」なら上記の公式キャンペーンのほかに、オプションなし、開通2ヶ月後振込52,000円キャッシュバックしてくれます。

    auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

    auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

    速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
    最大1Gbps 一戸建て 5,720円
    マンション 4,180円
    10,500円 0円*1
    • 工事費用キャッシュバック
    • 他社違約金キャッシュバック
    • 新生活応援キャッシュバック
    • 開通前WiFiレンタル無料

    *初期費用が別途3,300円かかります。
    *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。
    *1 引越し先で契約する場合、乗り換えで契約する場合に限ります。 (例:今住んでるところで、ネット契約ない場合にソフトバンク光を申し込んだら工事費用が2,200〜26,400円かかります。)

     

    ソフトバンク光は、キャンペーンに力を入れてる会社で「他社から乗り換え」「引っ越し先で新規で契約」する方にとって最高のキャンペーンを用意しています。

    キャンペーン キャッシュバック金額 適用条件
    ①新生活応援キャンペーン 24,000円or工事費0円 引っ越し先で新規に契約
    ②乗り換え新規キャンペーン 24,000円or工事費0円 他社回線から新規に契約
    ③安心乗り換えキャンペーン(違約金全般負担) 最大10,0000円まで 他社の解約明細の提出
    ④正規代理店エヌズカンパニー 37,000円(開通2ヶ月後) なし

    違約金負担を抜かしても、①+②+④キャンペーン併用でオプションなしでも85,000円分キャンペーンで還元してくれます。

    また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。 エヌズカンパニーならキャッシュバック金額が業界最大で、手続きも申し込み時に済ませるので翌月末に受け取ることができます。

     

    しかも、 ソフトバンク光のキャンペーンと代理店のキャンペーンを両方受けとれるので非常におすすめです!

    ポイント : ソフトバンク光のメリット
    • いちばんの魅力は豊富なキャンペーン!
    • 代理店エヌズカンパニー経由で申し込めば、オプションの利用なしでも最大85,000円ものキャッシュバックが受けられる
    • 開通前にモバイルルーターのレンタルが無料で受けられるので、申し込んだ翌日からネット利用が可能になる
    • 家族で複数台ソフトバンクスマホを利用していれば、それぞれの月額料金がセット割引で安くなる
    ポイント : ソフトバンク光のデメリット
    • 同一名義では対象外となってしまう
    • 工事が必要だった場合、工事費用が有料になる
    ※工事費用は2,200〜26,400円です。

    ドコモユーザーなら「ドコモ光」

    提供元:ドコモ光正規代理店

    速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
    最大1Gbps 一戸建て 5,720円
    マンション 4,400円
    一戸建て 14,300円
    マンション 8,800円
    0円
    • 工事費無料キャンペーン
    • 20,000円キャッシュバック
    • dポイント5,000Pt付与
    • 開通前WiFiレンタル無料
    • 無線ルーター無料

    *初期費用が別途3,300円かかります。
    *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

    ドコモ光は、光回線の中ではキャッシュバックが多くない光回線です。 ただ、スマホ割との相性が一番いい光回線でもあります。 その理由は、ドコモ光の継続年数によって割引金額が大きくなっていくからです!!

    そのため、
    • 携帯をドコモで長期利用してる方
    • 特に、今後携帯をドコモから乗り換える予定がない方
    には絶対におすすめです!!

    さらにドコモ光の公式特典として、dポイントが5,000Ptもらえるのでドコモユーザーなら間違いありません。 そして、ドコモ光を選ぶのなら絶対に外せないポイントがあります。

    ポイント : ドコモ光とお得に契約する方法
    1. オプションなしで20,000円貰える代理店「GMOとくとくBB」で申し込みをする

    代理店「GMOとくとくBB」で契約すると、キャッシュバックをオプション不要で最高額20000円受け取れ、無線ルーターも高性能のものが無料で利用できます。

     

    プロバイダで直接申し込むよりキャッシュバック金額は5,000円低くなりますが、 プロバイダだと半年後になってから手続きをする必要がありますので面倒ですし、もし忘れてしまったら全くキャッシュバックを受けられません。

     

    それでしたら簡単&確実に貰える「GMOとくとくBB」での契約がおすすめです。

    最安値・最高速度でみんなにおすすめしたいが開通まで2ヶ月のデメリットの「NURO光」

    提供元:NURO光公式

    速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
    最大2Gbps 5,217円 10,500円 0円
    • 45,000円キャッシュバック
    • 無線ルーター永年無料

    *初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

    NURO光は、速度に特化した光回線になり、NTTと違い独自の光回線を提供しています。 そのため、光回線の中でも速度の口コミや評判が高いです。 NURO光の特徴となるメリット・デメリットは以下の通りです。

    ポイント : NURO光のメリット
    • 光回線最安値!
    • 独自回線により、圧倒的スピードNo.1!
    • 無条件45,000円の高額キャッシュバック!!
    • 最短で開通後2ヶ月でキャッシュバック受け取り可能
    • IPv6接続可能な無線ルーターを無料レンタルできる
    • ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割でNURO光の月額料金が安くなる
    ポイント : NURO光のデメリット
    • 他社光回線と違い、工事が必ず2回必要
    • そのため、申し込みから開通まで1〜2ヶ月はかかってしまう
    • エリアが限られており、利用したくてもできない場合もある
    • 家族で複数台のソフトバンクスマホを持っていても、1,100円までしか安くならない

    以上がNURO光のメリットとデメリットです。 やはり、料金と回線速度を重視しなら必ず検討したい光回線だといえます。

    ただ、開通までに2ヶ月程度かかり2回の工事をしないといけないために非常にハードルの高い光回線でもあります。

    また利用できる条件も厳しいので、実際に対象エリアに住んでいても契約できない人も結構いるとか。。。

     

     

    もし、対象エリアに住んでいて2ヶ月待てるのであれば、NURO光は高額キャッシュバックが「無条件」かつ「最短6ヶ月」で受けられるのも非常に嬉しいポイントです。

    特に、ソフトバンクユーザーなら割引も受けれるので、非常に魅力的な選択肢ですね!

    (3) おすすめの光回線選びまとめ

    4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!!

    ポイント : 自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
    • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
    • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
    • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (GMOとくとくBBから申し込み)
    • 料金・速度が最上級!エリア対象内なら → NURO光(公式サイトから申し込み)

    これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです!! 是非参考にしてみてください!

     

    一人暮らしで失敗しないWiMAXの選び方

    UQ WiMAXが取り扱ってる「WiMAX」が「WiMAX2+」に移行されて、プロバイダで料金が変更になってきています。

    その中で、あなたがWiMAXで重視する点によって選ぶべきWiMAXは違ってきますが、大体の方は「速度」「料金」ではないでしょうか?

    まず、皆さんに知って欲しいポイントは

    ・プロバイダで速度は、変わりません。速度は利用する端末で変わります。
    ・3日で10GBの速度制限は全プロバイダ同じ。

    こういった部分を加味すると、あとは「料金」と「最新端末」次第でWiMAXのプロバイダを決めるのおすすめします。

    WiMAXプロバイダ比較

    プロバイダは何を選べばいいのでしょうか?どのプロバイダが最もお得でしょうか?

    WiMAXの利用にかかる金額を決めるのは、

    • 事務手数料
    • 端末代(ルーター代)
    • 月額料金
    • キャッシュバック

    の4つがポイントです。

    そして、WiMAXの3年契約では月額料金が低めに設定されているので、WiMAXのプロバイダ選びには、【3年間のトータル支払い金額】を見ることがキーポイントになります。

    そこで、主要なWiMAXプロバイダの比較表をご覧ください。3年間全料金の低い順に並べました。

    主要なWiMAXプロバイダ・ギガ放題プランの3年間全料金比較表

    プロバイダ キャッシュバック 3年間全料金
    GMOとくとくBB 最大33,000円 120,460円
    ASAHIネット 10,000円 122,990円
    JP WiMAX Amazon Amazonギフト券10,000円分 124,100円
    クラウドモバイル Amazonギフト券10,000円分 127,100円
    DTI WiMAX なし 129,670円
    カシモWiMAX なし 131,589円
    novasWiMAX なし 141,100円
    BIGLOBE 15,000円 142,300円
    UQ WiMAX なし 142,680円

    *3年間全料金は、事務手数料+3年間の月額料金合計+ルーター端末代−キャッシュバックの合計から算出しました。

    上の表から、

    • キャッシュバックありきの場合は、GMOとくとくBBが最も安い
    • キャッシュバックの受け取り忘れを避けるならDTIが最も安い

    ということが読み取れます。

    WiMAXの契約プランを選ぶ

    それでは、WiMAXを契約する場合、本当に「ギガ放題プラン」で良いのでしょうか?

    結論としては、【ギガ放題プラン】ということになります。

    WiMAXには、

    • ライトプラン(月間7GBまで高速通信)
    • ギガ放題(3日間で10GBまで高速通信)

    という2つのプランがあります。

    試しに、おすすめプロバイダのライトプランとギガ放題プランの3年間全料金を比較してみましょう。

    おすすめWiMAXプロバイダのプランごとの3年間全料金比較表

    プロバイダ プラン 3年間全料金
    GMOとくとくBB ライトプラン 98,224円
    GMOとくとくBB BB ギガ放題 120,460円
    DTI ライトプラン 129,000円
    DTI ギガ放題 129,670円

    *3年間全料金は、事務手数料+3年間の月額料金合計+ルーター端末代−キャッシュバックの合計から算出しました。

    上の表から読み取れるように、GMOとくとくBBのライトプランとギガ放題の差は、3年間で22,236円(1ヶ月換算で約617円の差)、DTIの場合でたったの670円です。料金の差は相当に小さいと言えます。

    さらに、プランごとの通信制限をご覧ください。

    WiMAXプランごとの通信制限・比較表

    ギガ放題 vs ライトプラン
    無制限 高速データ量 月間7GB
    直近の3日間で10GB超過 制限対象 7GB超過
    超過翌日の午後6時から8時間 制限期間 超過翌日の昼頃から当月末までずっと
    最大1Mbps 制限時速度 128kbps
    最大1Mbps 制限時速度 128kbps

    7GBで何ができるでしょうか?

    YouTubeの高画質ですと、約9時間の視聴で7GB超過します。よくYouTubeを見る人は、月始め1週間以内に制限にかかって、月末までずっとメッセージしかできないような速度になるということが想定できます。

    ギガ放題プランだと、速度制限にかかっても最大1Gbpsで通信できます。低画質(360p)でしたら、PCでYouTubeも普通に楽しめます。

    一方、ライトプランでの制限時128kbpsでは、YouTubeはまともに視聴することはできません。

    以上、

    1. ギガ放題とライトプランの3年間全料金の差は小さい
    2. ライトプランの制限時は使い物にならない

    の2点から、【WiMAXではギガ放題を契約すべき】という結論になりました。

    WiMAXギガ放題(LTEオプション)の注意点

    WiMAXのギガ放題プランであれば、基本的にガンガン、インターネットを使っていいと思います。

    スマホのウェブサーフィンくらいでしたら、制限がかかっていても気づかない人も多いと思います。

    ただし、1点注意すべきことがあります。

    • LTEオプションを利用した場合の通信制限

    LTEオプションとは、auのスマホ回線(4G LTE回線・ハイスピードプラスエリア)を利用することで、WiMAXの電波が届かないエリアでも高速通信ができるというオプションです。

    3年契約ギガ放題プランですと、LTEオプションは元々1000円のところが無料で提供されているプロバイダも多いです。

    ですので、LTEオプションの料金面での心配はほぼありません。

    問題は、LTEオプションで月間7GBを超過すると、「WiMAX 2+」および「au 4G LTE」の両方で速度が128kbpsに制限されてしまう、ということです。

    ですので、ギガ放題プランでLTEオプションが無料であっても、基本はWiMAXの回線のみを使いましょう。WiMAXルーターでLTEに切り替えなければ心配はいりません

    WiMAX機種は最新のものを選ぶといい

    WiMAXを契約するときに、端末はどの機種を選べばよいのでしょうか?

    答えは、特別なこだわりがない限り【最新のモバイル機種を選ぶ】です。

    現在、WiMAX 2+のモバイルルーターとして取り扱われている新しい2機種は、「Speed Wi-Fi NEXT WX06」および「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

    比較してみましょう。

    WiMAX2+モバイルルーター比較表

    WX06 製品名 W06
     

    画像元:UQコミュニケーションズ

    2020年1月 発売日 2019年1月
    NECプラットフォームズ 製造元 ファーウェイ・ジャパン
    440Mbps 下り最大速度 1.2Gbps
    約11.5時間 連続通信時間 約9時間
    自分で可能 電池交換 自分で不可

    まず第一に、WX06の方が新しい機種です。

    そして、一回の充電でのバッテリー使用時間もWX06の方が長いです。

    地味に嬉しいのが、WX06は交換用のバッテリーを購入すれば自分でバッテリーを交換できるので、電池の寿命が短くなっても対策が簡単です。

    注意点は、下り最大速度です。確かにW06の方が速いです。しかし、これはあくまでも「最大」速度であり、条件があります。

    W06の最大速度の前提条件になっているのは、【WiMAX2+とLTEオプションを同時に使う】(キャリアアグリゲーションと呼ばれる技術)ことです。

    そして、LTEオプションには落とし穴がありましたね。それは、データ通信量が7GBを超過すると、月末まで128kbpsという大幅な速度制限の対象になるということです。したがって、LTEオプションを使うのはWiMAXの電波が届かない場所で緊急的に使うことが便利な使い方になります。

    つまり、最大速度1.2Gbpsと表示されていてもあまり実用的な数字ではありませんが、7GB分高速で使えるメリットはあります。

    WX06の440Mbpsでさえも、対応エリアでの理論上の最大速度です。

    UQコミュニケーションズによると、エリア対応状況によって最大速度220Mbpsまたは110Mbpsになるということです。

    つまり、WiMAXとして下り最大速度440Mbpsなら十分ですね。

    ということで、どのプロバイダーを契約するとしても、「WX06」か「WX06」を選べば間違いありません

    WiMAX「GMOとくとくBB」のおすすめ申し込み窓口

    画像出典:GMOとくとくBB

    \端末0円!料金が業界No.1の最安値!/

    GMOとくとくBB公式窓口はこちら

    自身でキャッシュバックを受け取り忘れない自身があるのならば、GMOとくとくBBでの契約が一番安くなります。

    プラン名 ギガ放題プラン 7GBプラン
    事務手数料 3,300円 3,300円
    端末代金 0円 0円
    LTEオプション月額料金 0円 0円
    末発送月 利用料金 3,969円の日割り(キャンペーン割引) 3,069円の日割り
    1ヶ月目〜2ヶ月目 3,969円(キャンペーン割引) 3,969円
    3ヶ月目以降 4,689円 3,969円

    他のキャッシュバックが付いているプロバイダだと高くて1万円ぐらいですが、GMOとくとくBBのキャッシュバックは34,800円と飛び抜けています。

    圧倒的なキャッシュバック金額なのですが、貰えるのは契約してから12ヶ月後になります。

    しかも、契約から11ヶ月後にGMO専用メールアドレスに届くキャッシュバック特典振込先を確認するメールに翌月までに返信する必要があります。

    これを忘れるとキャッシュバックを受け取れないというリスクがあります。

    GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取り忘れない方法

    よほど記憶力が良くない限りはGMOとくとくBBのキャッシュバックを覚え続けるのは難しいです。

    12ヶ月間キャッシュバックのことを覚え続けなくても、11ヶ月後に届くキャッシュバック特典振込先確認メールに返信すればよいのです。

    なので、以下のような対策を行えばキャッシュバックを受け取り忘れないのでおすすめです。

    1. GMOとくとくBBと契約し端末が発送された月を1ヶ月目とし、スマホで11ヶ月後にアラームを入れます(4月に申し込んだら翌年2月)
    2. アラームが鳴ったらGMOとくとくBB専用メールアドレス内のメールをチェック
    3. 届いていればすぐに返信手続きを行い、届いてなければGMOとくとくBBにいつメールが届くか問い合わせて、再度アラームをセットする

    例えメールを確認して手続きを行っても振込先登録の申請書に不備があると受理されないので注意してください。

    利用料金未納・メール受け取り前にWiMAX2+サービス解約なども受け取ることができません。

    DTI WiMAXのおすすめ申し込み窓口

    提供元:DTI WiMAX公式

    今回一番オススメしているのがDTIのWiMAX2+サービスの利用です。

    プラン名 DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン(3年) DTI WiMAX 2+ モバイルプラン(3年)
    データ容量 使い放題 月間7GB
    事務手数料 3,300円 6,050円
    端末代金 0円 0円
    LTEオプション月額料金 0円 1,100円
    月額料金 1ヶ月目〜2ヶ月目 0円 3,850円
    月額料金 3ヶ月目 2,849円 3,850円
    月額料金 4ヶ月目〜 4,136円 3,850円

    DTIで契約すれば以下のようなメリットがあります。

    • 月額料金がどこよりも安い
    • キャッシュバックの受け取りがない
    • ○ヶ月無料のキャンペーンを行っている

    DTIはGMOとくとくBBやASAHIネットのようなキャッシュバックが無い代わりに、どのプロバイダよりも月額料金が安いです。

    しかも、2021年3月現在では最初の2ヶ月が無料となるキャンペーンを行っています。

    3ヶ月目は2,849円で、4ヶ月目~4,136円と一番高くなる4ヶ月目以降でもかなり安いです。

    また、キャッシュバックを受け取る必要がないので、手続きし忘れるといったことがありません。

    GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れて、結果高額になってしまう可能性を考えると、かなりお得だと言えるでしょう。

    \端末0円!月額が業界最安値級!/

    【DTI WiMAX公式窓口はこちら】

    一人暮らしで上手くWi-Fiルーターを使う方法

    さて、インターネット回線が準備できたら、Wi-Fiルーターの使い方が気になりますね。

    そこで、ここではWi-Fiルーターを上手に使うためのヒントを紹介します。

    Wi-Fiルーターはどこに置けばいい?

    一人暮らしの場合、

    • 光回線 + Wi-Fiルーター
    • WiMAXのモバイルルーター

    の2パターンのWi-Fiルーターを想定できます。

    家でルーターを置く場所としては、

    • 光回線の据え置きWi-Fiルーターは部屋の中心
    • WiMAXのモバイルルーターは窓際

    が正解です。

    光回線 + Wi-Fiルーターの場合

    Wi-Fiを家のどこでも使えるようにするには、できるだけ家の中心に置いてください。

    例えば、Wi-FiルーターのELECOM製WRC-2533GST2の接続環境として「4LDK(マンション)」と表記がありますが、これは部屋の中心に置いた場合の接続範囲の目安になります。

    マンションの角に置いてしまうと、その反対側の角で電場が弱い、ということが起こるかもしれません。

    光回線の契約で無料レンタルできるWi-Fiルーターでしたら、部屋の中心辺りに置いておけば、トイレの中やベランダ、寝室など一人暮らし部屋のどこでもWi-Fiが繋がる環境がつくれます

    どうしても繋がりにくいと判断できる場合は、Wi-Fiルーターのレンタル元に問い合わせましょう。

    WiMAXのモバイルルーターの置き場所

    WiMAXのルーターは、窓の近くに置きましょう。

    なぜなら、普通、【WiMAXの電波は外から飛んでくるから】です。

    そのため、部屋の奥まったところや窓のない部屋では通信速度が低下したり、通信できなくなる場合があります。

    賃貸部屋に複数の窓がある場合は、どこに置くと繋がりやすいか、置き場所をいろいろ試してみてください。

    どうやって設定するの?

    Wi-Fiルーターの設定ですが、細かい部分は機種によって異なりますので、基本的には付属の説明書を読みながら行いましょう。

    ここでは、基本的な流れを紹介します。

    光回線に接続するWi-Fiルーターの場

    画像元:GMOとくとくBB

    よくある据え置き型Wi-Fiルーターの始め方は、

    1. プロバイダーから提供された光回線の機器(モデム)の電源をOFFにする
    2. モデムにパソコンなどの機器がつながっている場合は、一旦それらのLANケーブルを抜いてから、モデムの電源をいれる
    3. モデムとWi-FiルーターのINTERNET端子をLANケーブルでつなぐ
    4. AUTO/MANUALスイッチが「AUTO」になっていることを確認
    5. Wi-FiルーターをACアダプター(電源アダプター)を使ってコンセントにつなぐ
    6. 約1分待つ
    7. スマホやタブレットの[設定]からWi-Fi設定画面でWi-FiをONにして電波の検索
    8. 検索されたWi-Fi電波のリストから、Wi-Fiルーター本体などに記載された「SSID」を選び、同様にWi-Fiルーターなどに記載された「暗号化キー(パスワード)」を入力する(ほとんどのWi-FiルーターのSSIDには、2.4GHz用と5GHz用の2種類があります。5GHzの方が通信速度は速いです。)
    9. インターネットに接続しているか確認

    といった流れになります。

    どうしても設定が上手く行かない場合は、ルーターのレンタル元に問い合わせましょう。

    WiMAXのモバイルルーターの設定

    ここでは、おすすめのWiMAXルーターであるWX06を例に、設定方法を解説します。

    1.WX06本体にICカードを入れる

    2.WX06本体の電源を入れ、ホーム画面から[情報][Wi-Fi設定]の順にタップし、SSIDとパスワードを表示する

     

    3.スマホやタブレットのWi-Fi設定画面でWX06に表示されたSSIDを選択し、パスワードを入力する

    4.インターネット接続を確認する

    ※画像元:GMOとくとくBB

    という流れになります。

    どうしても設定が上手く行かない場合は、契約しているWiMAXプロバイダーに問い合わせましょう。

    5-3.繋がらないとき/遅いときの対処方法

    いざWi-Fiの設定は終わったものの、

    インターネットに繫がらない
    電波が途切れる
    通信速度が遅い
    などの問題に直面するかもしれません。

    ここでは、そんな問題が発生した場合の対処法について説明します。

    対処法①距離が遠い/障害物がある場合

    一人暮らしですと、一戸建てに比べて距離や障害物の問題は解決しやすいと思います。

    できるだけルーターの近くで通信をするようにしたり、スマホとルーターの間にある障害物をなるべく取り除きましょう

    対処法②たくさんの端末を接続している場合

    Wi-Fiルーターの能力として、据え置き型なら10〜15台、モバイルルーターなら5〜10台の同時接続は可能ですが、ルーターが複数のSSIDを使用できる場合は、いくつかずつに分けて接続してみましょう

    負担が分散して通信が回復する場合があります。

    対処法③電波干渉がある場合

    Wi-Fiの電波には、2.4GHz帯のものと5GHz帯のものがあります。

    実は、電子レンジやコードレス電話も2.4GHz帯の電波を使用しています。

    これらのものを同時に近くで使用した場合、2.4GHz帯のWi-Fi電波が不安定になります。

    スマホが対応していれば(最近のiPhoneなど性能の高いスマホは5GHz帯のWi-Fiに対応しています)、2.4GHz帯ではなく、5GHz帯のSSIDを選択しましょう。詳しくは、お手持ちのマニュアルをご覧ください。

    対処法④ファイアウォールによる場合

    パソコンをWi-Fi接続する場合は、セキュリティソフトやWindows OSの影響を受ける場合があります。これらには、外部との通信を監視して、許可していない通信を遮断する「ファイアウォール」という機能があります。

    セキュリティソフトを停止させてWi-Fi通信が安定するなら、原因はファイアウォールにありそうです。

    ファイアウォールを無効化するか、例外ルールを設定する必要があります。詳しくは、セキュリティソフトまたはパソコンのサポートに問い合わせましょう。

    対処法⑤ルーターに不具合がある場合

    ルーターの不具合の例として、

    真夏のような暑い部屋だと熱暴走
    ファームウェアのアップデートが必要
    ルーターの再起動が必要
    といったケースが考えられます。

    まずは、ルーターの電源を切り、しばらくしてから電源を入れて接続を確認してみましょう

    また、ファームウェアのアップデートで不具合が解消するケースもありますので、マニュアルを読みながら行いましょう。

    実はスマホの不具合だった、というケースもあるので、その場合はスマホの再起動やアップデートを試し、それでもつながらなければスマホキャリアに問い合わせましょう。

    対処法⑥ルーターの接続方式がIPv6ではない場合

    「IPv6 IPoE」という接続方式にすることで光回線の高速通信をより生かすことができます。

    光回線の契約でIPv6オプションに加入しているなら、Wi-FiルーターがIPv6で通信できているか確認しましょう

    対処法⑦ルーター以外での不具合を探す

    通信に問題がある場合、原因がWi-Fiルーターではないこともあります

    そんなときは、プロバイダーに問い合わせましょう。

    まとめ

    本記事では、一人暮らしの方がWi-Fiをお得に使う方法を詳しく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

    一人暮らしで快適にWi-Fiを使う方法は、

    • 光回線 + Wi-Fiルーター
    • WiMAXのモバイルルーター

    の2種類でした。

    おすすめ光回線とWiMAX比較表

    光回線 WiMAX
    100Mbps〜2Gbps 最大速度 440Mbps
    必要 工事 不要
    なし 通信制限 3日間10GB
    スマホに合わせて/enひかり プロバイダ GMOとくとくBB/DTI
    3300円〜 月額料金 3760円(25ヶ月〜)
    100円/500円/1000円 スマホ割 300円(UQモバイル)
    実質無料/15000円 工事費 0円

    選択肢①光回線 + Wi-Fiルーター

    データ容量完全無制限かつ高速通信をしたい方におすすめの選択肢です。

    大手キャリアのスマホに合わせれば離れて暮らす家族含めて割引を受けることができますし、enひかりなら工事費はかかるものの月額料金を抑えることができます。

    選択肢②WiMAXのモバイルルーター

    WiMAXは、工事不要で手軽に始められ、どこでも使えるので、あまり家にいない方や引っ越しの予定がある方におすすめです。

    本記事が、あなたが最適のWi-Fiを選ぶための参考になれば幸いです。

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる