MENU

auひかりのプロバイダを全社比較!実は料金や速度の評判について

「auひかりのプロバイダが速度が早いところはどこ?」

「auひかりのプロバイダで料金が安いところはどこ?」

「auひかりのオススメのプロバイダはどこなの?」

そんな方向けに、auひかりのプロバイダの違いや月額料金や速度を比較してみました。

申し込み当初は「速度」を重視していたので、相当調べた結果わからずauひかりに直接問い合わせた結果、「プロバイダで速度の違いはない」との回答をいただきました。

auひかりのプロバイダは、一般的なひかりのプロバイダと違い支払先やサービスの提供先として契約しているとのことです。

料金については、auひかりで決まってるので月額料金についても違いはありません。

プロバイダによって「キャンペーン」で受け取れる特典が違うところので全プロバイダを比較しオススメのプロバイダをご紹介していきます。

目次

auひかりの全プロバイダの月額料金は同じ!どこの窓口で申し込みをするのかが重要

auひかりはどこのプロバイダーから申し込みんでも実際にかかってくる月額料金は同じです。

auひかり基本的な月額料金は、戸建で6,160円、マンションで4,180円から。

各プロバイダーの月額基本料金は同じですが、このキャンペーンによって実質の月額料金が変わってきます。

ようは、auのプロバイダ選びはどこのプロバイダのキャンペーンが一番オススメでどこの窓口から申し込むといいのかということになります。

auひかりの月額料金は同じで速度もほとんど変わらないのであればプロバイダ選び単体で考えるのではなく、どこの窓口から申し込んだ方が多くのキャッシュバックやキャンペーンを受け取れ料金が安くなるのかということを考える必要があります。

auひかりの全ての窓口と全プロバイダのキャンペーン比較|2021年3月最新

auひかりキャッシュバック・キャンペーンの違いを一覧にして比較しました。

表を見るのが面倒な方のためにお伝えするとこちらの組み合わせがベストになります。

auひかりはNNコミュニケーションズnifty or So-net or BIBLOBEのプロバイダ

初めてauひかりに申し込む方と乗換えの方で受け取れるキャンペーンの総額が変わってきますので、あなたにあった状況のキャンペーン総額を確認しましょう。

auひかりに乗り換える方

申し込み窓口『乗り換えあり』 ホーム マンション 受取り時期
auひかり 公式 40,000円 40,000円 申し込みから4ヶ月目の月末以降
NNコミュニケーションズ 1位 148,250円 1位 130,000円 最短1ヶ月
NEXT 107,000円 2位 110,000円 開通月の翌月末
フルコミット 2位 121,000円 3位 95,000円 申し込み月を含めて10ヶ月目以降
グローバルキャスト 2位 121,000円 90,000円 開通月を含めて7ヶ月目
25 2位 121,000円 3位 95,000円 申し込み月を含めて10ヶ月目以降
INEライティング 115,000円 詳細不明 詳細不明
So-net 95,000円 85,000円 開通月を含む12ヵ月後
@nifty 60,000円 60,000円 開通月を含む12ヶ月目に1.5万円、24ヶ月目に1.5万円
BIGLOBE 85,000円 85,000円 サービス開始の翌月から11カ月目に3万円、24カ月目に2.5万円
DTI 38,000円 38,000円 開通月を1カ月目として、13カ月目以降
@TCOM 80,000円 80,000円 申請した月を1ヵ月目とした、7ヵ月目
アシタクリエイト 100,000円 90,000円 1ヶ月
現在、ソフトバンク光やドコモ光などに契約している方で光回線の乗換を検討しているの方はNNコミュニケーションズから申し込むと最大148250円キャンペーンを受け取ることができます。
そのうち申し込み翌月に受け取れる現金は戸建52000円・マンション45000円になります。
NNコミュニケーションズのキャッシュバック受け取り率は100%なので、他社のように複雑なキャッシュバック条件などありませんので確実に受け取れます。

auひかりに新規で申し込み方

申し込み窓口『乗り換えなし』 ホーム マンション
auひかり 公式 10,000円 10,000円
NNコミュニケーションズ 52,000円 1位 57,000円
NEXT 52,000円 2位 55,000円
フルコミット 1位 66,000円 55,000円
グローバルキャスト 1位 66,000円 45,000円
25 1位 66,000円 40,000円
INEライティング 60,000円 詳細不明
So-net 40,000円 40,000円
@nifty 30,000円 30,000円
BIGLOBE 55,000円 2位 55,000円
DTI 38,000円 38,000円
@TCOM 50,000円 50,000円
アシタクリエイト 45,000円 45,000円

これから新しくauひかりに申し込みをすること決めていて、どのプロバイダにしようか迷っている方もいると思います。

こちらの表では、新規に申し込んだ場合のauひかりのキャンペーンで受け取れる総額になります。

単純にキャッシュバックキャンペーンの金額を見ると代理店からの申し込みが高額なのがわかりますね。

ここで気をつけたいのが代理店やプロバイダからの申し込みの中には難しい条件もあるということ。

今回リストアップした代理店やプロバイダのキャンペーンに含まれる『難しい条件』がこちらです

  • 即日申し込み
    …問い合わせたらすぐに申し込まなければいけない(電話での問い合わせならその電話で契約、メールなら当日中)
  • 指定有料オプションの契約
    …1サービスあたり数百円のものを複数契約しなければいけない

高額なキャッシュバックキャンペーンを実施している代理店のフルコミット、グローバルキャスト、25では、『即日申し込み』『指定有料オプションの契約』のどちらもキャッシュバック条件に含まれています。

また、キャッシュバック受け取り時期が11ヶ月後、24ヶ月後などキャッシュバックの存在を忘れた頃に届く返信期限付きのメールにて手続きをしないと受け取れないキャンペーンもあります。

光回線のキャンペーンやキャッシュバックが受け取れないほとんどの方がこの二つの『条件を満たせない』『手続き忘れ』になります。

auひかりの半分以上の人が受け取れない、忘れるキャンペーンよりも翌月100%受け取れるNNコミュニケーションズから申し込んだ方が確実性があり心配はいりませんよ。

auひかり+nifty or So-net or BIBLOBEのプロバイダの選び方

auひかりで一番オススメでお得に申し込めるNNコミュニケーションズで選べるプロバイダはこの3つ。

@nifty、So-net、BIGLOBEどこのプロバイダで申し込んでも受けてるキャッシュバックの金額は同じになりますがプロバイダごとに特典が多少変わってきます。

もちろん、どこのプロバイダから申し込んでも月額料金は同じですよ。

プロバイダ 特典
@nifty
  • 無料出張サポート 2回まで無料
  • 常時安全セキュリティ24:開通月無料
  • @niftyまかせて365:初回無料
  • @niftyサギフォール:開通月無料
  • @nifty生活トラブルレスキュー:開通月無料
  • @niftyパスワードマネージャー:開通月無料
So-net
  • 無線ルーターレンタル最大:12ヶ月無料
  • サポート対応
  • 月額500円のセキュリティソフト:24ヶ月無料
  • So-net 安心サポートプラス:2ヶ月無料
  • So-net 住まいと暮らしの相談:2ヶ月無料
  • えらべる倶楽部 for So-net:2ヶ月無料
  • らくらくバックアップ無制限 for PC:2ヶ月無料
  • ライフサポートパック for So-net:2ヶ月無料
BIGLOBE
  • 出張サポート無料(初月から翌月まで何回でも無料)
  • BIGLOBE トータル・ネットセキュリティ:2ヶ月無料
  • お助けサポート:2ヶ月無料
  • BIGLOBEあんしんバックアップ:初月無料
  • インターネット端末保証
  • 暮らしのあんしん相談:初月無料
  • 生活かけつけレスキュー:初月無料
  • エンジョイプラス:初月無料

各プロバイダごとにたくさんの特典がありますが、重要な特典はこの2つ

『無料出張サポート』『2年間の無料セキュリティーアプリの使用』

パソコンやインターネットに詳しくない方は無料出張設定サポートが受けられる『@nifty』or『So-net』

パソコンのセキュリティをお金をかけずに強化したい方は『BIGLOBE』

どこのプロバイダから申し込むから決まった方は下記のリンクからお得にauひかりに申し込みましょう。

光回線のキャッシュバックがプロバイダよりも高額でお得な理由とは?

これまでご紹介したとおりauひかりの申し込みは、プロバイダーの他に「代理店」があります。

auひかり回線を選ぶ際は、プロバイダーと代理店の違いを知ることが大事です。

ほとんどの代理店はキャッシュバックや値引きが大きく、条件も有利になってきている理由をしることでなぜ当サイト正規代理店のNNコミュニケーションズをオススメする理由がわかるので腑に落ちますよ。

代理店のキャッシュバックや値引きが多い理由

プロバイダと正規代理店の違いを比較してみると、代理店が最もキャッシュバックが有利な場合が多いです。

代理店のキャッシュバックが多い理由

代理店は受け取る紹介手数料(インセンティブ)をユーザーに還元することによりキャッシュバックが多くなっています。

auひかり回線の場合、仕事は au > プロバイダー > 代理店と降りていきます。

(auひかりは直に申し込み窓口はなく、公式プロバイダーのau one netとなります)

auやプロバイダーがインセンティブを出し、代理店が受けます。

代理店はプロバイダに代わって回線契約を結び、インセンティブをキャッシュバックとしてユーザーに還元します。そのため、キャッシュバックが多くなっています。

そして優良な代理店ほど多くのお客様と契約するため、他の代理店よりも多くインセンティブをもらうことができますし、さらに大きなキャッシュバックとしてユーザーに還元できます。

これが代理店のキャッシュバックが大きい理由です。

代理店のキャッシュバックが多い理由

現在は昔のように広告を刷ったりする必要もないため、広告宣伝費をキャッシュバックにまわしています。

Webサイトを作り、申し込みページを作っておくとユーザーのほうから検索して申し込んでもらえます。

また、比較サイトや口コミサイトからリンクをたどってくることもあります。

電話営業をする所もありますが、断っても断ってもしつこい電話をするところはユーザーファーストを考えていないため、優良代理店とはいえません。

昔から比べると広告費が少なくて済み、その分をユーザーに還元することにより、大きなキャッシュバックが出せる理由となっています。

代理店のキャッシュバックが多い理由

加えて、プロバイダー・代理店間の競争が激しくなっているのもキャッシュバックが増えている理由です。

アクセス数が多い比較サイトや口コミサイトなどで取り上げられ、ユーザーはそれを見てプロバイダーや代理店を決めようとするため、キャッシュバックや値引きが大きくないとユーザーの目にも留まりません。

このような原因もキャッシュバックや値引きが大きくなっている理由です。

auひかり正規代理店「NNコミュニケーションズ」がおすすめ

代理店『NNコミュニケーションズ』の特徴

  • キャッシュバック額トップクラスの52,000円
  • 電話加入なし、ネットのみでも45,000円キャッシュバック
  • キャッシュバックをもらうのにオプション加入の条件なし!
  • 翌月振り込みで他社より早く翌月受け取り獲得可能
  • 申し込み時に口座番号を聞かれるため、申請ミスや忘れてしまいもらえないということがなく、確実にキャッシュバックがもらる。

 

KDDI(au)公式キャンペーンも併用できるため、オプション加入が必要ないNNコミュニケーションズがおすすめします。

フルコミットなどの代理店はオプション加入が必須で60,000円と高いですが、8,000円差でこの先どうなるかわからない1年後や2年後のキャッシュバックより、翌月に早く現金化したほうが得策だと考えます。

代理店25のようにオプション加入が必須の場合、1年しばりがあったり解約を忘れると月々2,500円以上、年間30,000円もの費用がかかってしまい、キャッシュバックの意味がなくなります。

また代理店25の場合、キャッシュバックの支払い手順が煩雑で少しでもミスをしたらキャッシュバックを受け取れない可能性があります。(11ヵ月目に申込書を書かされ、23か月目にも書かされ、様々なメールやアンケートに書かされます。)

また当日申し込み電話でキャッシュバックを申請しないと支払われません。

上記のことを検討すると、NNコミュニケーションズは口座申し込み時に振り込み先を聞き、翌月にはキャッシュバックが振り込まれ、確実に大きなキャッシュバックを貰えるためおすすめの代理店です。

auひかりに乗り換える際のメリット

auひかりに乗り換えると以下のようなメリットがあります。

メリット

  • auスマートバリュー割引きがある
  • 1ギガプランでも速度が速い。最速5ギガ・10ギガプランもある
  • 乗り換え違約金の負担がある・工事費割引がある
  • auWALLET

auスマートバリュー割引

画像元:NNコミュニケーションズ

あなたや家族がauスマホを利用している場合、スマホ料金が1台につき平均1,000円割引されます。

スマートバリューは、以下のパターンで申し込みすると割り引きが開始されます。

  • auスマホ + (auひかり回線・ずっとギガ得プラン + 電話
  • auスマホ + (auひかり回線・すっとギガ得プラン + 電話 + テレビ)
  • auスマホ + (auスマートポート WiMAX)

50歳以上で離れた所に住んでいる家族(両親など)にも適用されるため、家族が多ければ多いほど割引されていきます。

5人が適用されれば平均△5,000円も割引されます。

auひかり回線に変更した場合、またauスマホに変更した場合、auスマートバリューの申し込みは必須ですね。

ギガプランでも速度が速い。最速5ギガ・10ギガプランもある

auひかりは、KDDIが引いている独自の光回線を8社のプロバイダーで利用しているため、混雑して速度が遅くなることがありません。

それに比べてNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光回線はドコモ光やソフトバンク光など数十社のプロバイダーで共有し使用しています。

そのため昼休みや夜10時以降の皆がインターネットに接続する時間帯に、混雑して遅くなるケースが多いのです。

auひかりの速度はどのプロバイダーを利用しても変わりません。

みんなのネット回線速度

実際に「みんなのネット回線速度」より平均速度を出してみました。

ドコモ光回線速度(全国平均)

画像元:みんなのネット回線速度

auひかり光回線速度(全国平均)

画像元:みんなのネット回線速度

auひかりは下り平均268.13Mbps、ドコモ光は172.18Mbps で55%もauひかりが速いというデータが出ています。

auひかり5ギガ・10ギガ

画像元:KDDI公式

エリアは限られているものの、auひかり5ギガ・10ギガという高速回線の提供が始まっています。

auひかり5ギガは大抵のプロバイダーで無料で利用することができます。

auひかり10ギガは+780/月で利用できます。

エリアの確認 → [ auひかり5ギガ・10ギガ提供エリア ]

ドコモ光も、エリアは限られていますが10ギガの回線提供が始まっています。

乗り換え違約金の負担がある・工事費割引がある

乗り換え違約金は「auひかりスタートサポート」で最大33,000円の支払いを受けることができます。(auWALLETまたは郵便為替での支払い)

また、代理店によっては33,000円で足りない分を「上乗せキャッシュバック」としてさらに27,500円の支払いがあります。

工事費の割引(分割)があります

  • 戸建ての場合 △687円×60か月=37,500円
  • マンションの場合 △1,375円×24か月=26,400円

4-4.auWALLET

画像元:note

auWALLETはauが出している電子マネーです。

auWALLETは以下の方法で貯めることができます。

  • auひかりの基本料金の支払い(an one netのみ)
  • an one netでなくても、電話やテレビ料金は対象
  • au携帯基本料金の支払い
  • 通話料金・通信料金の支払い
  • auWALLETのポイントを利用して買い物
  • 通常200円で1ポイント、ポイントアップ店は200円で2ポイント
  • 他社の電子マネー、クレジットカードをauWALLETへ移動

     

    画像元:au公式

    auWALLETクレジットカードは、auWALLETにクレジットカードの機能が付いたものです。

    買い物200円につき2ポイントと、auWALLETに比べ2倍のポイントがつきます。

    auひかりに乗り換える際に確認したいデメリット

    auひかりに乗り換え時のデメリット

    • 一部のエリアで使えない
    • 違約金、工事費など解約金が高い
    • スマートバリューの適用には電話が必要

    一部のエリアで使えない

    画像元:インターネット回線比較

    auひかりは以下のエリアでは使えません。

    大阪・京都・三重・兵庫・奈良・愛知・岐阜・和歌山・滋賀・福井・静岡

    東海地方はコミュファ光、関西地方ではeo光とKDDIが提携しているため競合させないためだと考えられます。

    エリアの確認 → [ auひかりエリア ]

    また、マンションに引っ越しの際、まだauひかりが引かれてない場合は「エリア外」と表示されます。

    管理会社や大家さんにマンションに引いてもらうよう手続きすることで、auひかりを使うことができます。

    マンションタイプによっては速度が遅い

    auひかりのマンションタイプは以下の8種類があり、速度がまったく違うため注意しなければなりません。

    自分で変更することはできないため、次のような手段をとります。

    • ギガタイプのマンションに引っ越し先を変える
    • auスマホでauスマートバリュー割引が欲しいときは固定回線の代わりにauWIMAXを利用する
    • 回線業者を変える手段もあるが、auスマートバリューのスマホ割引が効かなくなるためスマホも変えなければならず、大変
    • ポケット無線WIFIという手段もあるが、これも同様にスマホ割引が効かない

    違約金、工事費など解約金が高い

    auひかりは違約金、工事費、撤去工事費など想像以上に請求されるため、十分注意してください。

    戸建ての場合

    内容 金額
    戸建て3年契約ずっとギガ得プラン 16,500円
    戸建て2年契約ずっとギガ得プラン 10,500円
    auひかり5ギガ・10ギガプラン
    高速サービスの解約
    2,750円
    工事費の未払い分
    例)1年で解約 625円×(60-12)ヵ月
    33,000円
    auひかり回線撤去費用 31,600円
    83,930円

    マンションの場合

    内容 金額
    2年契約 タイプG 10,500円
    2年契約 タイプV  7,700円
    工事費の未払い分
    例)1年で解約1250円×(24-12)ヵ月
    16,500円
    auひかり回線撤去費用 31,600円
    58,630円

    スマートバリューの適用には電話が必要

    auスマートバリューはauスマホ1回線につき平均1,100円、4回線では平均4,400円も割引きされるサービスです。

    4回線では年間52,800円も割引があります。

    ところがauスマートバリューを適用させるにはひかり電話に加入が必須となっています。

    基本料金は550円で、年間6,600円にもなり、割引の金額が減ってしまいます。

    また、auスマホ1回線しか使用してない方にはあまりメリットがありません。

    その弱点を補うためか、以下のプロバイダーでは電話基本料金を5年間割引無料にしています。

    • GMOとくとくBB
    • So-net
    • BIGLOBE
    • @nifty
    • @TCOM
    • Asahiネット

    auひかりのプロバイダを乗り換えたい場合は?

    auプロバイダーの変更は一旦解約して再申し込みしないとならないため、乗り換えはできません。

    フレッツ光の場合は「転用」「事業者変更」などの仕組みで、回線をそのままでプロバイダーだけを簡単に乗り換えできます。

    しかし、auひかりは回線とプロバイダーがセットで契約になっているため、回線の解約 > 申し込みが必要となります。

    莫大な解約費用がかかるうえ、同じ名義で再契約をすると、キャッシュバックやキャンペーンの二重取りとなるため受けることができません。

    何らかの事情でどうしてもプロバイダーを変更したい場合、下記のような流れになります。

    • 旧auプロバイダー、auひかり回線を解約
    • 回線等の撤去、レンタル機器の返却 (書類上真っ白な状態にする)
    • 別名義で再契約する(キャッシュバック等を受けるため、別名義にする)

    代理店NNコミュニケーションズがキャッシュバック最大52,000円が翌月支払いのもらえるのでおすすめです。

    以下の点に注意が必要です。

    • ひかり電話の番号が変わる(NTTへアナログ戻しという方法もあるが、確実ではない)
    • 電話などで「現在auを使っています」と絶対言わないこと
    • ネットが使えない期間がある

    色々考えても、基本的にはあまりメリットがないですね。

    まとめ

    代理店によっては良心的な会社、そうでもない会社があるので注意が必要です。

    申し込み窓口がいくつもある会社

    中には、申し込み窓口のサイトをいくつもつくっている会社があります。

    お金を出してグーグル検索画面の一番上に表示させてるページから申し込みをすると、キャッシュバックや割引が低めのページを表示させます。(キャッシュバック40,000円など、グーグルに広告費を払う為に安くなります)

    そしてなにも知らない初心者の方がグーグルで「auひかり」などで検索し、そのページから申し込みます。

    代理店はあまりキャッシュバックを払わずに、成績が上がることになります。

    2つめのページは、比較サイト用で、これはキャッシュバックを多めに出します(キャッシュバック52,000円など)

    すると、ちょっと詳しい人はそのページをみて、ここが一番いい、と申し込みをします。

    キャッシュバックや割引をしても、やはり成績が上がることになります。

    不要なオプションが気がつかないうちに勝手についている

    1つが300円~500円のオプションが多いですが、合計すると月額2,000円を超え、1年使うと20,000円を超えます

    Webなどでちゃんと確認せずに申し込みをすると、キャッシュバックが多くても勝手に不要なオプションがついていたりします。

    すごく小さな字で「このキャッシュバックにはこれらのオプションが必要」と書いてあることもあります。

    オプションにはだまされないようにしましょう。

    キャッシュバックの表示金額が高額すぎる

    これはよくあるのですが

    • auひかり 新スタートサポート(33,000円)
    • 工事費用割引(41,250円)

    などをキャッシュバックや割引に含めている場合があります。

    これはauひかりならどこでもつく割引ですので、勘違いしないようにしましょう。

    一見「11万5,000円キャッシュバック!」などとキャッシュバックが多く見えますが、他の会社にも同じキャッシュバックがあります。

    キャッシュバックを支払いたくない業者

    このような代理店も見かけます。

    • キャッシュバックの支払いが異様に遅い
    • キャッシュバックの支払い手順が煩雑(11ヵ月目に申込書を書かされ、23か月目にも書かされ、様々な書類に書かされる。ミスしたら支払われない)
    • 当日申し込み電話でキャッシュバックを申請しないと支払われない

    など、罠かと思える仕組みをたくさん作っています。このような会社は要注意です。

    一番良心的なのは、申し込み日の電話で口座まで聞き、翌月振り込みという代理店です。

    間違いなくキャッシュバックをもらえる、「ちゃんとキャッシュバックを支払いたい」業者です。

    プロバイダー・代理店を選ぶ際には以上の点を注意し、比較サイトを見ながら決めましょう。

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる