失敗しない!フレッツ光から引越し際の流れと手順と継続で使用する方法についても

「引越しで忙しいのにフレッツ光の引越し手続きでさらに忙しくなりそう」

「インターネットの引越しって大変そう複雑そう」

「フレッツ光って引越し先でも使えるの?」

フレッツ光を引越しする場合、移転手続きをしなければいけません。

この記事ではフレッツ光を使用している方が迷わないように、フレッツ光の引越しをする際の流れと手順をわかりやすく解説していています。

実はこのタイミングで他の光回線に乗り換えることで、これまで支払っていたインターネットの月額料金を大幅に安くできる可能性があるので、引越しと同時に乗換も検討していただければと思います。

目次

フレッツ光の引越しで継続使用よりも光回線に乗換えた方が月額料金が安くなるって知ってた?

実は引越し先でフレッツ光をそのまま使うよりも光コラボを使う方が利用環境は変わらずにお得にインターネットを使うことができます。

 

光コラボはNTTよりも月額利用料が安く設定されおり乗換えのキャッシュバックが高額なために、純粋に安くなります。またスマホとセットで使用すると割引もあります。

 

光コラボとはNTT東西が提供している光回線を違う事業者に卸して、その事業者がユーザーに提供できる光回線サービスです。

光コラボに切り替えるには、移転転用する方法新規申し込みする方法の2つあります。

この2つの違いは下の表の通りです。

移転転用 新規申し込み
固定電話番号 同じ番号を継続可能
*市外局番が異なる地域への引っ越しは変更になる
変更
*市外局番が異なる地域への引っ越しは変更になる
キャンペーン 事業者による あり
手続き あり あり
工事 あり あり
移転転用とは?

NTT東西のフレッツ光を利用しているユーザーが光コラボへ切り替える手続きを「転用」と言います。転用手続きをすることで、NTT東西から光コラボの事業者へ契約元が変更されるわけです。引っ越しの時に、フレッツ光で移転してから光コラボへ転用することを「移転転用」と言います。

結論から言うと、新規申し込みでの切り替えがキャンペーンが充実しているのでおすすめです。

 

現金キャッシュバックのキャンペーンを行なっている光回線を選べば純粋に支払う月額料金を安くすることができますし、フレッツ光の解約金などが発生しても乗換先の光回線業者が負担してくれるキャンペーンもあります。

 

キャンペーンを優先したいけど電話番号を変えたくない場合は移転転用しか選べないと思われがちですが、新規申し込みでも電話番号を変更せずに切り替えられる方法がありますのでご心配なく。

フレッツ光の引越しの際に乗換えでオススメの光回線は『ソフトバンク光』

フレッツ光の引越しの際に乗換えたいオススメの光回線は『softbank光』

月額料金* 戸建て マンション
5,720円 4180円
事務手数料金 3,300円
対象エリア 全国
スマホセット割 Softbank
工事費無料キャンペーン 実質無料
ソフトバンク公式キャンペーン 他社への違約金・撤去工事費|最大10万円
Wi-Fi機器無料レンタル(開通まで)
おすすめの代理店キャンペーン 最大48,000円キャシュバック 最大48,000円キャッシュバック
2年間の実際に支払う料金 92,580円 55,620円
IPv6接続
平均速度* 下り:244.07Mbps
上り:165.81Mbps
平均Ping値* 19.98ms
最安値になる正規代理店 ソフトバンク正規代理店『エヌズカンパニー』

*平均速度・平均Ping値はみんなのネット回線から引用
*月額料金×24+初期費用ーキャッシュバック(確実に受け取れる物だけ)=2年間に実際に払う料金
*月額料金はファミリープラン・マンションプランを採用

ソフトバンク光は光コラボレーションの一つの光回線です。

フレッツ光と同様の回線を使用するので、引越し先でソフトバンク光で使用してもフレッツ光と同様の条件(速度など)で使うことができます。

 

現在、他の光回線に契約していてソフトバンクに乗り換えると最大10万円まで違約金や工事費を負担してくれるのでどんなタイミングでもほぼタダでソフトバンクに乗り換えることができます。

もちろん、フレッツ光も対象ですので、違約金や解約料、工事費を払うことなく引越しをすることができます。

オススメの正規代理店である『エヌズカンパニー』から契約すると36000円のキャシュバックがプラスでもらえるのでかなりお得です。

もちろん、ソフトバンクのスマホを使用されているなら、それにスマホ割の適応になるかもしれないので更に安くなりますね。

ソフトバンク正規代理店:株式会社エヌズカンパニー

会社名 株式会社エヌズカンパニー
登録・届出 総務省届出番号:C1907221
設立日 2009年7月23日
キャッシュバックの詳細 戸建・マンション一律 48,000円
※WiFiルーターを選択の場合は5000円減額
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-24ー3 新宿スリーケービル3F
代表者 橋本 尚道
電話番号 0120-963-769
問い合わせ先 株式会社エヌズカンパニー・コーポレートサイト

ソフトバンク正規代理店の『株式会社エヌズカンパニー』は数々のコンテストで表彰され信頼できる会社としてソフトバンクの会社から表彰されています。

数多くのソフトバンクの代理店がある中で、表彰されている正規代理店は多くありません!

ユーザーに沿ったサービスを提供し、そして高額で確実に受け取ることができるキャッシュバックだけではなくクレームやサポートなどにもしっかりと対応してきた証だと思います。

 

コロナ渦で経営が大変な中でもしっかりサポートの対応をされているからこそ、スムーズに契約者に光回線のつなぐことができているのではないでしょうか。

ソフトバンク光を契約するのであれば『株式会社エヌズカンパニー』一択です。

 

フレッツ光から乗換えでも電話番号を変更せずに引越しする方法

それは「アナログ戻し」です。

アナログ戻しとはひかり電話をアナログ電話に戻すことを言います。

アナログ電話にしてから引越しをして新規申し込みをすれば、電話番号を変更せずに切り替えられる可能性があるのです。

ただし利用状況によって対応できない場合もあるので、気になる方はNTTに確認してみてください。

市外局番が異なる市区町村へ引越しをする場合は、どちらの方法でも電話番号は変わるので注意が必要です。

以上のことから、新規申し込みで光コラボに乗り換えることでお得に光回線を使用できます。

それでもフレッツ光で移転手続きをしたい方はフレッツ光の引っ越し手続きを最短で済ませる手順でご説明しているので参考にしてみてください。

フレッツ光の引越しで光コラボにソフトバンク光やドコモ光に乗り換えるメリット

フレッツ光を利用している方が引っ越しに伴って光コラボに切り替えるメリットが4つあります。

フレッツ光から乗換える4つのメリット
  1. 月額料金が安くなる
  2. 引っ越し先の工事費が無料
  3. キャンペーンが貰える
  4. 使い勝手は変わらない

    光コラボを使用した方が、お得であることがわかるのでこれから4つのメリットについて確認しておきましょう。

    フレッツ光の引越しの際に乗り換えると月額料金が安くなる

    光コラボの方が月額料金が安くなります。

    なぜ光コラボが安いかというと、NTT東西が光回線を各事業者に卸すことができるようになったから。

    各事業者が自社のサービスとともに光回線を提供することでフレッツ光よりもお得な料金プランでサービスを提供しています。

    光回線 プロバイダ 月額利用料 (戸建タイプ) 月額利用料 (集合住宅タイプ)
    フレッツ光ネクスト NTT東日本 ぷららの場合 6,490円 4,400円
    フレッツ光ネクスト NTT西日本 ぷららの場合 5,830円 5,005円
    OCN光(光コラボ) OCN 5,610円 3,960円
    So-net光(光コラボ) So-net 6,138円 4,928円
    NURO光 So-net 5217円 2,090〜2,750円
    ソフトバンク光(光コラボ) Yahoo!BB 5,720円 4,180円
    ドコモ光(光コラボ) ドコモ 5,720円 4,400円
    auひかり So-netの場合 6,160円 4,180円
    enひかり(光コラボ) enjin 4,730円 3,630円

    フレッツ光を提供するNTT東西はもともと国営の会社だったので様々な面で縛りがあります。

    NTT法と呼ばれる日本電信電話株式会社等に関する法律が存在していることも関係しているでしょう。

     

    経営や人事に関することだけではなく料金やサービスなども縛られています。

    しかし光コラボを始めることで、docomoセット割ができるなどユーザーが料金的にお得なサービスを受けられるようになったわけです。

    フレッツ光の引越しの際に乗り換えると引っ越し先の工事費が無料

    フレッツ光のまま移転手続きした場合は、手数料が発生します。

    戸建てへの引っ越し 集合住宅への引っ越し
    9,900円(330円/30ヶ月) 8,250円(275円/30ヶ月)

    *加入しているプランによって工事費用が違う場合があります。
    *2021年6月時点での情報です。

    光コラボなら新規申し込みで以下の工事費が無料となります。

    光回線 プロバイダ 工事費用 (戸建タイプ) 工事費用 (集合住宅タイプ)
    フレッツ光ネクスト NTT東日本 ぷららの場合 19,800円 16,500円
    フレッツ光ネクスト NTT西日本 ぷららの場合 19,800円 16,500円
    OCN光(光コラボ) OCN 19,800円 16,500円
    So-net光(光コラボ) So-net 26,400円 26,400円
    NURO光 So-net 44,000円 44,000円
    ソフトバンク光(光コラボ) Yahoo!BB 26,400円 26,400円
    ドコモ光(光コラボ) ドコモ 19,800円 16,500円
    auひかり So-netの場合 33,000円 33,000円
    enひかり(光コラボ) enjin 16,500円 16,500円

    フレッツ光の引越しの際に乗り換えるとキャンペーンが貰える

    光コラボはキャンペーンが充実している事業者が多いことが特徴です。

    現金キャッシュバックがある光コラボを契約すれば、解約金が発生しても差額ゼロで切り替えできることもあります。

    光回線 プロバイダ キャンペーン
    フレッツ光ネクスト NTT東日本 ぷららの場合 なし
    フレッツ光ネクスト NTT西日本 ぷららの場合 なし
    OCN光(光コラボ) OCN なし
    So-net光(光コラボ) So-net ネット月額利用料割引
    NURO光 So-net 45,000円キャッシュバック
    ソフトバンク光(光コラボ) Yahoo!BB 48,000円キャッシュバック
    ドコモ光(光コラボ) ドコモ 20,000円キャッシュバック
    auひかり So-netの場合 52,000円キャッシュバック
    enひかり(光コラボ) enjin なし

    これらのキャッシュバック以外にも、乗換えでかかった違約金や解約料金を負担してくれるキャンペーンがあります。

    フレッツ光→ソフトバンク光=純粋に48000円受け取れる

    違約金、解約料金、引越し先の工事費負担は全てソフトバンク光

    引越しの際に、光回線も一緒に引越しした方がお得にこれからインターネットを使うことができるので乗換えは本当にお得です。

    フレッツ光の引越しの際に乗り換えると使い勝手は変わらない

    光コラボはNTT東西の光回線を使用しているので、使い勝手は変わりません

    同一市区町村での引っ越しなら電話番号も同じまま使用できます。

    むしろ切り替え先によっては最大速度が2Gbpsになる光回線もあるので、利用環境の改善も見込めます。

    光回線 プロバイダ 最大速度
    フレッツ光ネクスト NTT東日本 ぷららの場合 1Gbps
    フレッツ光ネクスト NTT西日本 ぷららの場合 1Gbps
    OCN光(光コラボ) OCN 1Gbps
    So-net光(光コラボ) So-net 1Gbps
    NURO光 So-net 2Gbps
    ソフトバンク光(光コラボ) Yahoo!BB 1Gbps
    ドコモ光(光コラボ) ドコモ 1Gbps
    auひかり So-netの場合 2Gbps
    enひかり(光コラボ) enjin 1Gbps

    ※最大速度はご利用されている環境によって変わります。

    フレッツ光の引っ越しで光コラボにするデメリット

    フレッツ光を利用している方が引っ越しに伴って光コラボに切り替える場合に、2つのデメリットが発生する場合があります。

    フレッツ光の乗えの2つのデメリット
    1. プロバイダの解約手続きが必要になる可能性がある
    2. NTTのサービスが一部使えなくなる

      確認しないまま光コラボに乗り換えると、足が出てしまったり環境が変わったりしてしまいます。 そうならないためにも、一度確認しておきましょう。

      プロバイダの解約手続きが必要になる可能性がある

      プロバイダの解約手続きが必要になる可能性があります。

      フレッツ光はNTTと別にプロバイダの契約をしています。

       

      プロバイダを契約することでインターネット回線が接続されるのですが、光コラボはプロバイダが一体化されている光回線なので、今まで契約していたプロバイダは必要ありません。

       

      次に契約する光回線が現在使用しているプロバイダが提供している光コラボなら解約は不要ですが、フレッツ光から光コラボへ切り替える場合は解約手続きをせずにいるとプロバイダ契約が残ってしまうので月額利用料が発生します。

       

      使用しているプロバイダにこだわりが無ければ電話一本で解約できますが、今まで使用していたプロバイダのメールアドレスなどは使用できません。*GmailやYahoo!のフリーメールはそのまま利用できます。

      メールアドレスを変更したくない人は、メールアドレスだけ残せるプランが用意されているプロバイダもありますので、各プロバイダに確認してみましょう。

      2-2.NTTのサービスが一部使えなくなる

      フレッツ光にはポイントサービスがありますが、光コラボに切り替えるとポイントサービスが使用できなくなります。

      • NTT東日本:フレッツ光メンバーズクラブ
      • NTT西日本:CLUB NTT-West

      専用サイトから商品やサービスと交換できるポイントで、解約すると累積ポイントも抹消されます。 光コラボに切り替える場合は、累積ポイントを消化してから切り替えましょう。

      フレッツ光の引っ越しで光コラボにする場合の手順と流れ

      フレッツ光を利用している人が引っ越す機会に光コラボに切り替える場合2つの方法があります。

      フレッツ光で移転してから光コラボへ転用する方法

      レッツ光を解約して引っ越し先で新たに光コラボにする方法

      キャンペーンの還元率が高いので、特別な事情がなければ断然新規申し込みがおすすめです。

      その理由は、新規申し込みで光コラボに切り替えた方がキャンペーンが高額なので、移転前に使用していたフレッツ光に解約金が発生した場合でも経済的な負担を減らせます。

      それではそれぞれの手順についてご紹介するので参考にしてください。

      フレッツ光から光コラボへ「移転転用」する手順と流れ

      フレッツ光から光コラボへ移転転用する手順ですが、フレッツ光で移転手続きを取ってから光コラボへ転用する流れとなります。

      新規申し込みよりも工事日が早いと言われているので、キャンペーンが弱くても引っ越し後にすぐインターネットを使いたい方におすすめです。

      基本的な流れは次の通りになります。

      1. 引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるか確認する
      2. NTT東西に連絡して「転用承諾番号」を確認する
      3. 利用したい光コラボへ申し込みをする
      4. 引っ越して移転工事を行う
      5. フレッツ光の接続と設定を行う

      しかしこの移転転用の手続きをとる場合、新規申し込みと違って手続きが煩雑です。

      新規申し込みの方がシンプルですので、煩わしさが軽減されます。

      STEP1:引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるか確認する

      引っ越し先がNTTフレッツ光の提供エリアであるかどうか確認します。

      もし提供エリアではなかった場合は、NTTフレッツ光を使用することはできません。 確認先は次の通りです。

      STEP2:NTT東西に連絡して「転用承諾番号」を確認する

      フレッツ光の移転工事が終わったら、NTTフレッツに連絡して「転用承諾番号」を受け取ります。

      「転用承諾番号」とは、フレッツ光東西から光コラボへ切り替える際に必要になる番号です。

      発行された転用承諾番号には期限があるので、受け取ってから15日以内に光コラボへ申し込まなければいけません。

      問い合わせ先は次の通りです。

      NTT東日本 NTT西日本
      電話 0120-140-202
      受付時間:9:00~17:00
      日祝問わず(年末年始を除く)
      0120-553-104
      受付時間:9:00~17:00
      土日祝問わず(年末年始を除く)
      WEB 公式サイト
      受付時間:8:30~22:00
      土日祝問わず(年末年始を除く)
      公式サイト
      受付時間:7:00~25:00
      土日祝問わず(年末年始を除く)

      STEP3:利用したい光コラボへ申し込みをする

      転用承諾番号を取得したら、契約したい光コラボへ申し込みをします。

      申し込み手続きをする時に転用承諾番号を求められるので、先に取得した番号をお伝えしましょう。

      問題なければ光コラボの事業者から契約書が届きます。

      >>乗換えがお得にできる光回線の詳細はこちら

      STEP4:工事日を決める

      移転手続きを行ったら、引っ越し先で行う回線工事の日時を決めます。

      移転手続きは立会いが必要です。

      引っ越し後の立会いができる日程を押さえましょう。

      STEP5:移転工事と接続・設定

      移転工事は1時間程度で終了します。

      工事の内容は新規で申し込んだ場合と同じです。

      工事が終了したら、ホームゲートウェイと機器を接続します。

      この設定は自分で行わなければいけません。

      プロバイダの解約は、引っ越し前の廃止日が決まったタイミング

      光コラボに申し込みして満足してはいけません。

      プロバイダの解約が残っています

      光コラボはプロバイダ一体型の光回線なので、フレッツ光と違ってプロバイダの契約は不要です。

      プロバイダの解約し忘れると月額料金が発生してしまって、切り替えたのにお得にならないと言う状況になるので忘れずに解約しましょう。

      解約のタイミングは、引っ越し先の工事日を決めるときに現住所の廃止日も決めるので決まったらプロバイダに連絡をしましょう。

      フレッツ光を解約して光コラボへ「新規申し込み」する手順

      新規申し込みの場合は次のような手順になります。

      1. 引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるか確認する
      2. 利用したい光コラボに新規契約で申し込みをする
      3. フレッツ光とプロバイダを解約する
      4. フレッツ光の撤去工事をする
      5. 引っ越し先で光コラボ開通・接続と設定

      初期工事費用が無料でキャンペーンが高還元率だったり、移転転用よりも金額的にお得です。

      STEP1:引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるか確認する

      移転転用と同様、引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるかを確認します。

      光コラボはNTT東西の光回線を使って提供されているので、フレット光が使用できるエリアではないと光コラボも使用できません。

      STEP2:利用したい光コラボに新規契約で申し込みをする

      引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであることがわかったら、利用したい光コラボに新規契約で申し込みをします。

      光コラボによっては契約窓口でキャンペーンが異なるので、損をしないように事前の下調べが重要です。

      おすすめの光コラボは引越し先におすすめな光コラボでご紹介しているのでチェックしてみてください。

      この後、問題がなければ申し込み内容の確認や工事日を決める連絡が入ります。

      STEP3:フレッツ光とプロバイダを解約する

      光コラボを申し込んだら、フレッツ光とプロバイダの解約手続きをしましょう。

      解約の連絡をすると必要書類が送付されてくるので、必要事項を入力して返送してください。

      またフレッツ光の撤去工事が必要の場合は、解約の連絡をするタイミングで伝えましょう。

      STEP4:レンタル機器の返却

      フレッツ光の解約の連絡をしたら、数日後には「返却キット」が送られてきます。

      返却キットにルーターなどのレンタル機器を入れて返送してください。

      送料についてですが、着払い封筒なので自己負担にはなりません。

      しかし返却しなければいけない機器が足りなかったり故障したりしていた場合は、端末機器分の金額を請求されることがあります。

      STEP5:引っ越し先で光コラボの開通工事・接続と設定

      引っ越し先での光コラボの開通工事は立会いが必要です。

      工事は1時間程度かかります。

      工事開始時間を細かく指定することはできず、午前か午後のどちらかで洗濯します。

      何時から開始されるかわからないので、工事日には最低でも半日は在宅するようにしましょう。

      工事が終わったらホームゲートウェイと機器を接続して完了です。

      NTT東西エリアを超えて引っ越す場合の注意点

      もしあなたがNTT東西エリアを超えて引っ越す場合、希望していなくても今まで使っていたフレッツ光を解約することになります。

      その時に気をつけたい注意点を解説するので、引っ越し先が東西エリアを超える方は事前に確認しておきましょう。

      契約していたフレッツ光は解約になる

      同じNTTグループのフレッツ光でも「NTT東日本」と「NTT西日本」は別会社なので、東西エリアを超えて引っ越しをする場合は解約することになります

      タイミングが悪いと解約金工事費用の残債が発生することになるのです。

       

      絶対にNTTのフレッツ光を使いたい方はフレッツ光を解約後に新規でフレッツ光を申し込むことになりますが、特にこだわりがない方が再度フレッツ光の新規申し込みをすると損をしてしまうかもしれません。

       

      フレッツ光はキャンペーンが弱いですが、光コラボなら現金キャッシュバックのキャンペーンを行なっている事業者もあるので、解約金などの元が取れる可能性が高くなります。

      引っ越しにはお金がかかるので、少しでも経済的な負担が軽減できた方が良いでしょう。

      また光コラボならフレッツ光のように東西エリアで分かれていないので、今後引っ越す場合も解約することなく移転できます。

       

      フレッツ光の引越しで解約で発生する費用について

      NTT東西エリアを超えて引っ越す場合、発生してしまう費用は解約金初期工事費用の残債の2つです。

      一つずつ説明します。

      フレッツ光の解約金

      フレッツ光の割引プランに加入している場合、解約するタイミングを間違えると解約金が発生します。

      基本的に2年毎の自動更新なので、更新月とその翌月に解約しないと次の解約金を支払わなければいけません。

      NTT東日本(にねん割)

      ファミリータイプ 10,500円
      マンションタイプ 1,650円

      NTT西日本(はじめ割)

      ファミリータイプ 12,100円
      マンションタイプ 8,470円

      *NTT西日本には他の割引プランもあります。

      解約時に東西エリアを超えて引っ越しすると伝えると、上記の解約金が免除されます。

      しかし契約しているプロバイダにも解約金が発生するので気をつけましょう。

      プロバイダの解約金は5,500円〜33,000円と金額に差があります。

      初期工事費用の残り

      初期工事費用を分割払いにしている場合は、残りの金額を請求されます。

      屋内配線から工事を行なった場合は以下になります。

      工事費用 分割
      ホームタイプ 19,800円 初回:3,300円
      2ヶ月目以降:550円×30回
      マンションタイプ 16,500円 初回:3,300円
      2ヶ月目以降:440円×30回

      もしホームタイプを12ヶ月使用した場合、16ヶ月分の工事費用の残りが発生することになります。

      その場合は8,800円の工事費用の残りを解約時に支払う必要があるわけです。

      引越し先で契約したい光回線『インターネット』のオススメ

      光回線業者は数百社あり、月額料金速度キャンペーンなどが違います。

      数百社の光回線の中から、あなたに適した光回線を探し出すのは大変です。

      引っ越しをする場合はインターネットの事以外にも色々と手続きがあるので、インターネットの回線選びだけに時間を割くこともできません。

      そこで「結論、どこの光回線を契約すればいいのか?」「自分にあった光回線はどこ?」「比較してもどこがお得なのかよくわからない」 そういった、迷っている人向けにおすすめの光回線を詳しく解説します。

      当研究所は、光回線を10年間販売してきた経験があります

      ここでは、絶対に失敗しない光回線の選び方をみなさんに合わせてご紹介していきます。

      オススメの光回線はどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

      • 「自分にあった光回線はどれ?」
      • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
      • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

      そんな迷いをお持ちのアナタへイチオシの光回線について詳しく解説します!

      絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いたします!

       

      (1) 光回線選び方のポイント

      光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

      ポイント : 光回線の選び方
      1. シンプルに2年間の月額支払い料金が安い物を選ぶ
      2. スマホとのセット割」で選ぶ
      3. 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ
      それでは、詳しく解説しましょう。

      1:シンプルに2年間の支払い総額の安いものから選ぶ

      『ahamo』『LINEMO』『Povo』などスマホ割の適応にならない新料金プランが大手三社から発表されています。

       

      スマホ割は基本的にスマホ料金の節約となり、光回線の料金が安くなるわけではなりません! 家計のスマホや光回線などの通信費を安くするのであれば『スマホ料金の節約』+『安い光回線』が一番、あなたの財布の支出が減ります!

      2:基本はシンプルに「スマホとのセット割」で選ぶ

      光回線選びで最も重視すべきなのは「料金」です。 理由は簡単で、光回線であればどこを選んでも速度面が問題になることは少ないからです。

      そして、料金が安いものは上記で解説しまいたが、携帯のプランを変更などが面倒であれば光回線とスマホのキャリアを合わせることで「セット割引」を受けるのがお得な選択肢です!

      光回線 携帯キャリア 割引台数 割引額
      ドコモ光 ドコモ 最大20回線 1台/最大1,100円
      ソフトバンク光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
      NURO光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
      auひかり au 最大10回線 1台/最大1,100円
      So-net光プラス au 最大10回線 1台/最大1,100円
      @nifty光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
      BiGLOBE光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
      enひかり UQモバイル 1回線 110円

      光回線の元々の月額料金は、どれを選んでも550円前後の違いしかありません

      だったら、「セット割引」によって1100円以上の割引を受ける方が断然お得です。

      上記で紹介した、2年間に実質支払う料金が少ない光回線とスマホ割が万が一適応になる場合、これほどないおすすめの光回線となります。

      3:「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

      基本的には、先ほどお伝えした通り実質支払う料金で決める+スマホ割が適応になればなおさらいい!という形で選ぶのがおすすめです。

      しかし、もっと詳しく吟味して選びたいという方もいると思います。

       

      そんなアナタは、まずは「光回線を契約する時に何をいちばん重視するか」考えてみましょう!

      ポイント : 光回線選びの判断基準
      • 月額料金
      • 通信速度
      • キャンペーン(キャッシュバック)

      大枠として、このようになると思います。 先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

      ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

      • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
      • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
      • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。
      月額料金 速度 キャンペーン
      auひかり
      ソフトバンク光
      ドコモ光
      NURO光

      基本は最初にお伝えした通り、料金で選ぶがのおすすめです!

      さらに、速度面を重視したい方にも「auひかり」がおすすめです。 auひかりはKDDIの独自回線を用いており、圧倒的な安定と速度を誇っています。

       

      また、auユーザーならセット割を受けることもできるので、スマホがauなら非常におすすめの光回線です。

       

      ただし、auひかりでなくても先ほどおすすめした4つの回線ならすべて十分な回線速度を持っています。

      また、速度を満足に出すための「IPv6接続」もすべての光回線で利用できます。

      そのため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

      IPv6接続とは?
      「IPv6接続」とは、IPアドレスの接続方法の名称です。
      以前はIPv4接続が利用されていましたが、アドレスは有限であるため接続アドレスが枯渇してしまい、速度が遅くなってしまいました。

      そこで登場したのがIPv6接続というわけです。

      光回線を利用していて、速度が遅いと言っている人はIPv6接続をしていないケースがほとんどです。
      口コミや評判だとアップロード速度が100Mbps以上出るはずなのに、ダウンロード速度すら1Mbpsや10Mbps前後の人はまさしくそうだといえるでしょう。

      通常はダウンロードの方が速いものです。 IPv6接続もアドレス数は一応有限なのですが、ほとんど無限に近いIPアドレスを取得できますので、同様の理由で速度が落ちる心配はないと言って良いでしょう。
      それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

      (2) おすすめの光回線4選

      それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきたいと思います。

       

      各光回線は申し込み窓口が「公式」「プロバイダ」「代理店」と3つありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

      「代理店」の月額料金の表記に要注意!
      たいていの場合、申し込み窓口は「代理店サイト」で申し込むとキャンペーンが充実していることがほとんどです。

      ただ注意が必要で、月額料金の表記がキャッシュバックした金額を絡めた表記になってることが多く、「表記されてる月額料金」+「キャッシュバック」が貰えると勘違いされる場合があります。

      さらに、キャッシュバックするには厳しい条件があったりします。

      例:「貰える時期が遅い」「オプションサービスの加入が必要」「手続きを忘れる内容」 当研究所で紹介する窓口は、 「貰える時期は開通から最短(2~3ヶ月後振込)」 「オプションサービス不要」 「手続きは申込時か開通前にできる」 と3拍子揃った条件+「最高額」で紹介します。

      当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

      提供元:auひかり公式代理店「NNコミニケーション」

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大2Gbps 一戸建て 5,610円
      マンション 4,180円
      16,500円 0円
      • 工事費無料キャンペーン
      • キャッシュバック複数あり
      • 他社違約金キャッシュバック

      *初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

      auひかりは、NTT回線を借りているのではなく、独自の光回線を所有しています。

      最大2Gbpsの回線速度を有しており、速度ならNURO光の次に定評があります。auひかりのメリットを簡単にまとめてみましょう。

      ポイント : auひかりのメリット
      1. 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
      2. 月額料金が安め
      3. au携帯ならセット割引「スマートバリュー」を使ってさらに安く利用できる
      4. キャッシュバック金額業界No.1!!

      auひかりのもう一つの特徴は、デメリットがあまりないことです。

      ここまでデメリットの少ない光回線はありません!

      唯一のデメリットは、解約時に回線の撤去工事が必須であるため、解約時にかかる費用が少々高めなことくらいです。

      ポイント : auひかりのデメリット
      • 解約時にかかる費用が高い

      このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

      キャッシュバックの手厚さがいちばんの特徴で、 公式のキャンペーンで「違約金キャッシュバック最大30,000円」+「上乗せキャッシュバック25,000円」がもらえる上、さらにプラスして代理店からのキャッシュバックまで貰えます。

      au公式代理店「NNコミュニケーションズ」なら上記の公式キャンペーンのほかに、オプションなし、開通2ヶ月後振込52,000円キャッシュバックしてくれます。

      auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

      auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大1Gbps 一戸建て 5,720円
      マンション 4,180円
      10,500円 0円*1
      • 工事費用キャッシュバック
      • 他社違約金キャッシュバック
      • 新生活応援キャッシュバック
      • 開通前WiFiレンタル無料

      *初期費用が別途3,300円かかります。
      *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。
      *1 引越し先で契約する場合、乗り換えで契約する場合に限ります。 (例:今住んでるところで、ネット契約ない場合にソフトバンク光を申し込んだら工事費用が2,200〜26,400円かかります。)

       

      ソフトバンク光は、キャンペーンに力を入れてる会社で「他社から乗り換え」「引っ越し先で新規で契約」する方にとって最高のキャンペーンを用意しています。

      キャンペーン キャッシュバック金額 適用条件
      ①新生活応援キャンペーン 24,000円or工事費0円 引っ越し先で新規に契約
      ②乗り換え新規キャンペーン 24,000円or工事費0円 他社回線から新規に契約
      ③安心乗り換えキャンペーン(違約金全般負担) 最大10,0000円まで 他社の解約明細の提出
      ④正規代理店エヌズカンパニー 37,000円(開通2ヶ月後) なし

      違約金負担を抜かしても、①+②+④キャンペーン併用でオプションなしでも85,000円分キャンペーンで還元してくれます。

      また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。 エヌズカンパニーならキャッシュバック金額が業界最大で、手続きも申し込み時に済ませるので翌月末に受け取ることができます。

       

      しかも、 ソフトバンク光のキャンペーンと代理店のキャンペーンを両方受けとれるので非常におすすめです!

      ポイント : ソフトバンク光のメリット
      • いちばんの魅力は豊富なキャンペーン!
      • 代理店エヌズカンパニー経由で申し込めば、オプションの利用なしでも最大85,000円ものキャッシュバックが受けられる
      • 開通前にモバイルルーターのレンタルが無料で受けられるので、申し込んだ翌日からネット利用が可能になる
      • 家族で複数台ソフトバンクスマホを利用していれば、それぞれの月額料金がセット割引で安くなる
      ポイント : ソフトバンク光のデメリット
      • 同一名義では対象外となってしまう
      • 工事が必要だった場合、工事費用が有料になる
      ※工事費用は2,200〜26,400円です。

      ドコモユーザーなら「ドコモ光」

      提供元:ドコモ光正規代理店

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大1Gbps 一戸建て 5,720円
      マンション 4,400円
      一戸建て 14,300円
      マンション 8,800円
      0円
      • 工事費無料キャンペーン
      • 20,000円キャッシュバック
      • dポイント5,000Pt付与
      • 開通前WiFiレンタル無料
      • 無線ルーター無料

      *初期費用が別途3,300円かかります。
      *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

      ドコモ光は、光回線の中ではキャッシュバックが多くない光回線です。 ただ、スマホ割との相性が一番いい光回線でもあります。 その理由は、ドコモ光の継続年数によって割引金額が大きくなっていくからです!!

      そのため、
      • 携帯をドコモで長期利用してる方
      • 特に、今後携帯をドコモから乗り換える予定がない方
      には絶対におすすめです!!

      さらにドコモ光の公式特典として、dポイントが5,000Ptもらえるのでドコモユーザーなら間違いありません。 そして、ドコモ光を選ぶのなら絶対に外せないポイントがあります。

      ポイント : ドコモ光とお得に契約する方法
      1. オプションなしで20,000円貰える代理店「GMOとくとくBB」で申し込みをする

      代理店「GMOとくとくBB」で契約すると、キャッシュバックをオプション不要で最高額20000円受け取れ、無線ルーターも高性能のものが無料で利用できます。

       

      プロバイダで直接申し込むよりキャッシュバック金額は5,000円低くなりますが、 プロバイダだと半年後になってから手続きをする必要がありますので面倒ですし、もし忘れてしまったら全くキャッシュバックを受けられません。

       

      それでしたら簡単&確実に貰える「GMOとくとくBB」での契約がおすすめです。

      最安値・最高速度でみんなにおすすめしたいが開通まで2ヶ月のデメリットの「NURO光」

      提供元:NURO光公式

      速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
      最大2Gbps 5,217円 10,500円 0円
      • 45,000円キャッシュバック
      • 無線ルーター永年無料

      *初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

      NURO光は、速度に特化した光回線になり、NTTと違い独自の光回線を提供しています。 そのため、光回線の中でも速度の口コミや評判が高いです。 NURO光の特徴となるメリット・デメリットは以下の通りです。

      ポイント : NURO光のメリット
      • 光回線最安値!
      • 独自回線により、圧倒的スピードNo.1!
      • 無条件45,000円の高額キャッシュバック!!
      • 最短で開通後2ヶ月でキャッシュバック受け取り可能
      • IPv6接続可能な無線ルーターを無料レンタルできる
      • ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割でNURO光の月額料金が安くなる
      ポイント : NURO光のデメリット
      • 他社光回線と違い、工事が必ず2回必要
      • そのため、申し込みから開通まで1〜2ヶ月はかかってしまう
      • エリアが限られており、利用したくてもできない場合もある
      • 家族で複数台のソフトバンクスマホを持っていても、1,100円までしか安くならない

      以上がNURO光のメリットとデメリットです。 やはり、料金と回線速度を重視しなら必ず検討したい光回線だといえます。

      ただ、開通までに2ヶ月程度かかり2回の工事をしないといけないために非常にハードルの高い光回線でもあります。

      また利用できる条件も厳しいので、実際に対象エリアに住んでいても契約できない人も結構いるとか。。。

       

       

      もし、対象エリアに住んでいて2ヶ月待てるのであれば、NURO光は高額キャッシュバックが「無条件」かつ「最短6ヶ月」で受けられるのも非常に嬉しいポイントです。

      特に、ソフトバンクユーザーなら割引も受けれるので、非常に魅力的な選択肢ですね!

      (3) おすすめの光回線選びまとめ

      4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!!

      ポイント : 自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
      • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
      • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
      • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (GMOとくとくBBから申し込み)
      • 料金・速度が最上級!エリア対象内なら → NURO光(公式サイトから申し込み)

      これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです!! 是非参考にしてみてください!

       

      引っ越し先で光回線が使えなかった場合は「WiMAX」がおすすめ

      光回線を使用したくても、様々な事情で使用できないことがあります。

      例えば、光回線が開通していない地域引っ越し先の建物で工事ができなかったりした時です。

       

      その場合は、工事不要で使用できるポケットWi-Fiを契約する方が多いでしょう。

      ポケットWi-Fiの中でもおすすめなのがWiMAXです。 なぜならポケットWi-Fiの中でも速度が速いからです。

      キャリア 端末 最大速度(下り) 最大速度(上り)
      WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W06 1,237Mbps 75Mbps
      楽天モバイル Aterm MR05LN 375Mbps 50Mbps
      Y!mobile Pocket WiFi 803ZT 998Mbps 37.5Mbps

      利用環境次第では光回線より実測値が速いこともあります。

      さらにWiMAXは契約するプロバイダ毎にキャンペーンや月額利用料が異なるので、正しい選び方をすれば安い料金でインターネットを使用できます。

      絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選び方

      • 「自分にあったWiMAXのプロバイダはどれ?」
      • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない...」
      • 「結論、どこのプロバイダを契約すればいいの?」

        そんな迷いをお持ちのアナタへ、イチオシのWiMAXのプロバイダについて詳しく解説します!

        絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選びをアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 インターネットを10年間販売してきた当サイトの管理人が、日本一わかりやすく解説いたします!

        ①WiMAXのプロバイダ選びポイント

        WiMAXのプロバイダ選びは、「最新端末」が提供できるプロバイダを選びましょう。

        「最新端末」で選ぶ理由
        1. 速度はプロバイダではなく、「端末」で変わる
        2. 最新端末の方が年々、最大速度が向上している
        3. プロバイダごとに月額料金の差がそこまでない

          プロバイダで月額料金の差はありますが、倍違うということはもちろんありません。

          ただ、「端末」が最新端末でないと「実際の速度」に関して何倍も差が出てきます。 毎月、月額料金を支払って全く使いものにならないのであれば意味がありませんよね。 次に、2020年の「最新端末」を紹介していきます。

          【2021年最新版】WiMAXの最新機種を選ぶ

          現在、WiMAXの最新機種は「W06」と「WX06」の2つです。

          製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
          製造元 NECプラットフォームズ株式会社 ファーウェイ・ジャパン株式会社
          対応ネットワーク WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
          下り最大速度 440Mbps 1.2Gbps(440Mbps)*1
          上り最大速度 75Mbps 75Mbps

          *1 <東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。 また有線接続(USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)の購入)、ハイスピードプラスエリアモードでの利用に限られます。

          「W06」と「WX06」が2021年の最新端末になり、どちらもおすすめです。

          理由は、W06の方が最大速度が2倍以上違うように見えますが、最大1.2Gbpsで使う条件があるからです。

          「W06」の最大1.2Gbpsで使う場合、場所が限定されるのと有線接続が条件です。

          さらにハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えません。 万が一、7GB超えた場合は速度制限が1ヶ月かかりますので少しデメリットにもなりえます。

          ハイスピードプラスエリアモードとは?
          WiMAXは「WiMAX+2」回線を利用していますが、これに「au 4G LTE」回線を加えたものがハイスピードプラスエリアモードになります。

          このモードの方が通信速度が速く、通信エリアも広いです。 しかし、このモードでは月に7GB以上使うと通信速度が128kbpsまで落ちてしまいます。 一度この制限がかかると翌月まで戻りません。
          色々なサイトで「W06」を押してますが、「WX06」も通常の使い方をするなら「W06」と速度や性能はそこまで変わりません。

          「WX06」は電波を場所に合わせて飛び方を変えてくれるので「W06」より安定して繋がります。

          簡単に説明すると、「W06」は限定的に速度に特化した端末で、「WX06」は広範囲で使う際におすすめの最新機種になりますので好きな方を選びましょう。

          「W06」と「WX06」を提供しているプロバイダの料金を比較する

          次に、最新機種「W06」と「WX06」が対応したWiMAXプロバイダの料金を比較してみました。

          初期費用 3年間の月額料金 端末料金 キャッシュバック 3年間トータル料金
          JP WiMAX 3,300円 131400円 0円 ギフト券10000円 131,400
          GMOとくとくBB 3,300円 152,160円 0円 27,000円 128,060円
          DTI WiMAX 3,300円 126,670円 0円 なし 129,670円
          BroadWiMAX 3,300円 128,626円 0円(条件あり) なし 131,626円(条件あり)
          カシモWiMAX 3,300円 130,368円 0円 なし 133,368円
          Tikiモバイル WiMAX 0円 143,640円 0円 なし 143,640円
          hi-ho 3,300円 144,960円 0円 なし 147,960円
          BIGLOBE 3,300円 136,300円 19,200円 7,000円 151,500円
          UQWiMAX 3,300円 139,680円 15,000円 なし 157,680円
          @nifty 3,300円 150,890円 20,000円 なし 174,652円

          *全プロバイダWIMAX2+のギガ放題での料金計算になります。 *ギガ放題とは「通信量無制限の使い放題」+「au 4G LTEハイスピードエリアモード」が併用できるサービスです。(3日で10GBの制限はあります)

           

          この中で、キャッシュバックが多い「GMOとくとくBB」がトータル料金が最安値になりますが、少し落とし穴があるのでおすすめはしません。

          GMOとくとくBBをおすすめしない理由
          GMOとくとくBBのキャッシュバックは34,800円と飛び抜けています。
          圧倒的なキャッシュバック金額なのですが、貰えるのは契約してから実は12ヶ月後になります。
          しかも手続き方法も相当面倒で、 11ヶ月後にGMO専用メールアドレスに届くキャッシュバック特典メールを翌月までに返信する必要があります。
          これを忘れるとキャッシュバックを受け取れないというリスクがあります。
          キャッシュバックの手続きが必要なく、月額料金が最安値のDTI WiMAX」がおすすめです。

          WiMAXのキャッシュバックは条件があるので、月額料金が一番安いプロバイダを選ぶのが賢い選び方になります。

          WiMAXのプロバイダの多くは4年目以降料金が上がることが多いですが、「DTI WiMAX」は料金変わらないのでそのまま最安値で使えます。

          3年間の月額料金が最安値「DTI WiMAX2+」

          提供元:DTI WiMAX公式

          月額料金 3,850円
          1ヶ月〜2ヶ月目 0円
          3ヶ月目 2,849円
          4ヶ月目 4,136円
          事務手数料 3,000円
          端末代金 0円
          LTEオプション月額料金 0円

          「DTI WiMAX2+」で契約すれば以下のようなメリットとデメリットがあります。

          おすすめといってもメリットだけではないのでデメリットを把握して選びましょう。

          「DTI WiMAX2+」のメリット
          • 月額料金がどこよりも安い。
          • 最新端末の「W06」と「WX06」が無料。
          • ○ヶ月無料のキャンペーンを行っている。
          「DTI WiMAX2+」のデメリット
          ・キャッシュバックがない。 ・キャッシュバック含めた、トータル料金だと「GMOとくとくBB」に若干劣る。
          DTI WiMAX2+」は、キャッシュバックがありません。

          GMOとくとくBB」のキャッシュバックを受け取れる方や、キャッシュバックが欲しい方は「GMOとくとくBB」をおすすめします。

           

          ただ、「DTI WiMAX2+」は「GMOとくとくBB」のようなキャッシュバックが無い代わりに、どのプロバイダよりも月額料金が安いです。

           

          2021年3月現在では最初の2ヶ月が無料となるキャンペーンを行っており、3ヶ月目は2,590円で、4ヶ月目~3,760円と月額料金としては最安値になってます。 また、キャッシュバックを受け取る必要がないので、手続きし忘れるといったことがありません。

           

          GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れて、結果高額になってしまう可能性を考えるとおすすめです。

          最新端末「W06」と「WX06」の端末料金も無料なので、お得に利用ができます。 「DTI WiMAX2+」公式窓口はこちら

          フレッツ光の引っ越し手続きを最短で済ませる手順

          フレッツ光で移転手続きをする方法を説明します。

          1. 引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるか確認する
          2. 電話かインターネットで移転手続きの申し込みをする
          3. 引っ越して移転工事を行う
          4. フレッツ光の接続と設定を行う

          7-1.引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるか確認する

          引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであるかを確認します。 フレッツ光東西の公式サイトから確認することが可能です。

          7-2.電話かインターネットで移転手続きの申し込みをする

          引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであれば、電話かインターネットで移転手続きをします。 手続きのタイミングは、引っ越す1~2か月前が理想です。

          NTT東日本 NTT西日本
          電話  0120-116116 受付時間:午前9時〜午後5時 土日祝問わず(年末年始除く)
          インターネット こちら こちら

          必要な情報は3つあります。

          1. 引っ越し先の住所
          2. NTTの加入電話・ひかり電話の番号と契約者名義orフレッツ光のお客様IDと契約者名義
          3. 工事希望日

          お客様IDはフレッツ光の契約時に受け取っている「開通のご案内」に記載されています。

          「開通のご案内」を紛失している場合は上記のNTTの連絡先に問い合わせて郵送してもらいましょう。

          7-3.引っ越して移転工事を行う

          引っ越し後、決めた工事日に業者に来てもらって移転工事です。

          所要時間は1時間程度となります。 工事内容は初期工事と同じです。

          電柱から自宅へ光回線を引き込み、光コンセントをホームゲートウェイと接続します。

          移転にかかる工事費用は次の通りです。

          戸建てへの引っ越し 集合住宅への引っ越し
          9,900円(330円/30ヶ月) 8,250円(275円/30ヶ月)

          *加入しているプランによって工事費用が違う場合があります。
          *2021年の情報です。

          土日祝日に工事を希望する場合は、別途3,000円に手数料が発生します。

          フレッツ光の接続と設定を行う

          工事が終了したら、自分で接続と設定作業をします。

          フレッツ光の初期設定は「機器の接続設定」と「パソコンなどの端末での設定」が必要です。

          工事業者は光回線を回線終端装置(ONU)と呼ばれる機器に接続するところまで行います。

          ですので回線終端装置(ONU)からパソコンや無線LANへの接続は自分で設定しなければなりません。

          特に難しい設定ではありませんが、不安な方は設定サポートを利用することもできます。

          また、ホームページにも掲載されているので確認してみてください。

          フレッツ光の引っ越しに関わるよくある質問

          フレッツ光をご利用されている方が引っ越しをする場合のよくある質問をまとめてみました。

          公式サイトは情報量が多かったり見つけ出すのが大変だったりするのでぜひ参考にしてください。

          ひかり電話の移転手続きについて

          ひかり電話の移転手続きはホームページから手続きができます。

          NTT東日本 NTT西日本
          電話  0120-116116 受付時間:午前9時〜午後5時 土日祝問わず(年末年始除く)
          インターネット 電話・インターネットのお引越し手続きガイド|NTT東日本 お引越しのお手続き | フレッツ光公式 NTT西日本

          フレッツ光のインターネットの移転手続きも上記のホームページでできます。

          ひかりTVの移転手続きについて

          フレッツ光の対応エリアであれば、引っ越した後もひかりテレビを利用できます。

          変更する窓口は「MyひかりTV」で、ホームページ内の住所変更手続きを行いましょう。

          また引っ越した後は、利用しているチューナーの再設定が必要です。

          不明点があれば、ひかりTVのカスタマーセンターへ問い合わせてみてください。

          ひかりTVカスタマーセンター 009192-144 通話無料

          ひかり電話などからおかけの場合
          0120-001144  通話無料・携帯電話不可
          営業時間:10:00~19:00(年中無休)

          プロバイダの移転手続きについて

          フレッツ光の移転手続きはNTTだけではなく、契約しているプロバイダの移転手続きも必要です。

          手続き内容は基本的に住所変更となります。

          フレッツ光は1~2か月前に移転手続きの連絡が必要ですが、プロバイダへの移転手続きは1週間前を目処に行っても問題ありません。

          モデムやルーターの返却について

          フレッツ光を解約する場合と同様、引っ越し前の住居で使用していたモデムやルーターを返却する必要があります。

          移転の連絡をしてから専用の「返却キット」が送られてくるので、ルーターなどのレンタル機器を入れて返送するだけです。

          着払い封筒なので送料は無料で、コンビニエンスストアから返却します。

          ただし引っ越し前と引っ越し後の回線種別が同じ場合は、その限りではありません。

          フレッツ光の工事は立会いが必要?

          こちらは残念ですが、フレッツ光だけではなく全ての光回線の工事には立会いが必要となります。

          フレッツ光の引越しの流れと手順まとめ

          引っ越しをするなら、フレッツ光で移転手続きをとるよりも光コラボに切り替えてインターネットを使用した方がお得です。

          月額利用料が安かったりスマホ割もあります。そして光コラボへの切り替え方法は、新規申し込みを選びましょう。

          移転転用よりも新規申し込みの方がキャンペーンの還元率が高いので、現金キャッシュバックされたり月額利用料がさらに安くなったりします。

          フレッツ光で解約金が発生しても相殺できるくらいキャンペーンが手厚い光コラボもあるので、金銭的な負担も軽くなるでしょう。

          おすすめの光回線3選
          1. ソフトバンク光
          2. auひかり
          3. ドコモ光

          光回線が使えない場合は、「DTI WiMAX2+」で利用がおすすめです。

          よかったらシェアしてね!

          コメント

          コメントする

          目次
          閉じる