格安SIM+光回線のオススメはこれ!スマホセット割でお得にインターネットを使う方法と比較『マンション・戸建て』

「ネットとスマホのセットで契約すると安くなる」というキャンペーン、大手キャリアではよく見かけますよね。しかし、スマホ代の節約のために格安SIMを契約している方はどうなのでしょうか。

「大手キャリアでは一般的なセット割、格安SIMでも使えるの?」という疑問を抱えている方は多いはず。実は、格安SIMでもネットとセットで安く使えるキャンペーンを実施している回線があるので、格安SIMだからといってセット割を諦める必要はありませんよ!

格安SIMユーザーさんもセット割を活用して賢く通信費を節約してみましょう。

光回線の選び方やキャッシュバックキャンペーンについては、以下の記事でも詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

光回線のおすすめランキング比較|失敗しないマンション・戸建ての安いインターネットの選び方

光回線のおすすめキャッシュバックランキング!即日もらえる罠のない代理店・窓口『マンション・戸建て』

目次

格安SIM+光回線のセット割で契約したいオススメはこの4社!「マンション・戸建」

ここでは、セット割の有無に関わらず、格安SIMユーザーにおすすめの光回線を4社ご紹介します。

ランキングは以下の通りです。

  • 1位:とくとくBB光
  • 2位:ソフトバンク光
  • 3位:auひかり
  • 4位:セット割がある光回線

この中で「とくとくBB光」と「auひかり」は、格安SIMとのセット割を行っていませんが、セット割がなくてもお得に利用できるおすすめポイントがあります。

それぞれの光回線の基本情報や特徴について詳しく解説していきますので、格安SIMの光回線選びに迷っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

1位  とくとくBB光

引用元:とくとくBB光

格安SIMユーザーにおすすめの光回線1位は「とくとくBB光」です。とくとくBB光は、格安SIMとのセット割はありませんが、月額料金が安く、光コラボの中でも速度の速いプロバイダとして有名な「GMOとくとくBB」をセットで利用できるので、格安SIMユーザーに非常におすすめです。

とくとくBB光の月額料金などの基本情報は、以下の通りです。

とくとくBB光
戸建て1ギガ 月額 4,818円
マンション 月額 3,773円
おすすめ代理店 公式サイト
工事費 実質無料キャンペーンあり
セット割 なし
最低利用期間 なし
解約金 0円

 

とくとくBB光は…

  • 速度の速いプロバイダとして有名な「GMOとくとくBB」が利用できる
  • 月額料金がシンプルで安い!
  • プロバイダと一体型なのでシンプル!
  • 解約金0円
  • 最低利用期間なし!

とくとくBB光は、最低利用期間の縛りがなく解約金も発生しないので、お好きなタイミングで解約することができます。試しに使ってみたけど合わなかった場合や急な引っ越しで解約が必要になった場合などでも、スムーズに解約できるのは大きなメリットといえるでしょう。

月額料金もシンプルで分かりやすく、回線工事費が無料になるキャンペーンが行われていたり、工事完了までWiMAXのWi-Fiルーターのレンタルができたりと、サービス内容も充実しているので、料金が安いから不便なこともあるのではないかと不安に思っている方もご安心ください。

    2位 ソフトバンク光+ワイモバイル

    引用元:自宅のインターネットが超高速!SoftBank 光 | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

    おすすめの光回線2位は「ソフトバンク光」です。

    ソフトバンク光では、ソフトバンクのサブブランドでもあるワイモバイルとのセット割を行っているので、お得なプランで契約することができます。

    ソフトバック光の月額料金やセット割などの基本情報は、以下の通りです。

    ソフトバンク光
    戸建て1ギガ 月額 5,720円
    マンション 月額 4,180円
    おすすめ代理店 エヌズカンパニー
    キャッシュバック 37,000円
    工事費 実質無料キャンペーンあり
    セット割
    • ソフトバンク/ワイモバイル
      • 条件① ソフトバンク光で『ネット+電話』で契約
      • 条件② 対象のソフトバンク/ワイモバイルを契約 ※LINEMOは対象外
      • 条件③ 指定オプションに加入(+月額550円)

    ソフトバンク光は…

    • 光コラボ(NTTフレッツ光回線)だから契約&乗り換えしやすい
    • IPv6に対応で高速通信が見込める
    • ワイモバイルとセット割になる

    ソフトバンク光の回線は、全国で広く利用されているNTTフレッツ光の回線である「光コラボ」となっています。そのため、マンションによっては、すでに開通工事が済んでいて、工事なしで簡単に他社からの乗り換えや新規契約ができる場合があります。

    セット割を利用するためには有料オプションへの加入が必要ですが、その分、携帯料金が割引されるのでオプション代金は実質無料となります。さらに、このオプションに加入するとIPv6を利用できるようになるので、実質無料で高速インターネットが利用できて非常にお得といえるでしょう。

    有料オプションと聞くと、損をするのではないかと不安になる方も多いと思いますが、ソフトバンク光のセット割はそんなことはないのでご安心ください。

    また、ソフトバンク光では、開通工事にかかった費用を月額料金から割引して実質無料にするキャンペーンを、新規申し込みと他社からの乗り換えの両方で行っています。

    他社から乗り換えの場合は、さらに違約金のためのキャッシュバックなども行っているので、はじめて光回線を利用する方も乗り換えて利用する方も費用の負担を抑えることができます。

    \最大37,000円キャッシュバック/

    ソフトバンク光をお得に契約できる代理店については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

    ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンが一番高く貰える!即日2万円以上のおすすめ代理店窓口を徹底比較

    3位 auひかり

    引用元:auひかり

    おすすめの光回線3位は「auひかり」です。

    auひかりもとくとくBB光と同様に格安SIMとのセット割は行っていません。しかし、大手キャリアが運営している安心感や豊富なキャンペーンなど、セット割がなくてもおすすめできるポイントがたくさんありますので詳しく解説します。

    まずは、下記にまとめたauひかりの基本情報をご覧ください。

    auひかり
    戸建て1ギガ 月額 5,720円
    マンション 月額 4,455円
    おすすめ代理店 NNコミュニケーションズ
    キャッシュバック 最大76,000円
    工事費 実質無料キャンペーンあり
    セット割
    • 格安SIMとのセット割はなし
    • au
      • 条件① auひかりで「ネット+電話」で契約
      • 条件② 対象のauプランを契約

    auひかりは…

    • 自社回線だから通信速度が速い
    • 格安SIMのセット割はない
    • 代理店のキャッシュバックキャンペーンが充実していて総合的にお得

    auひかりは、通常のセット割はありますが、格安SIMとのセット割は行っていません。また、月額料金も他社の光回線とほぼ同じで、特別安いという訳ではありません。しかし、auひかりはキャッシュバックキャンペーンがとても充実しているため、他社のセット割よりもお得になる場合があります。

    弊社がおすすめしている代理店から申し込みをすると、auひかりの公式サイトと代理店の両方のキャンペーンが適応されるため、戸建てで最大16万円以上、マンションで最大14万円以上をauひかりではキャッシュバックを受け取ることができます。

    オプションへの加入なども必要なく、申し込みも電話で簡単にできるので、セット割がないからと諦める前に自分の場合はいくらキャッシュバックされるのか確認してみるのがいいでしょう。

    また、auひかりはソフトバンク光などとは違い、自社回線を使用しています。そのため、回線混雑による通信速度の低下が起きにくく、どの時間帯も比較的安定して利用できます。通信速度の低下は、ストレスがたまるという方も多いと思いますので、通信速度が安定しているのは、大きなメリットといえるでしょう。

    \最大76,000円キャッシュバック/

    auひかりのおすすめの代理店については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

    auひかりのキャッシュバックとキャンペーンの大手13社徹底比較!早く現金で受け取れるおすすめの申請代理店窓口

    4位 セット割がある光回線

    最後に4位でおすすめするのは「格安SIMとのセット割がある光回線」です。2位でご紹介したソフトバンク光とワイモバイルもセット割が可能でしたが、ソフトバンク以外にも格安SIMと光回線の組み合わせでセット割が利用できる光回線はいくつかあります。

    格安SIMとのセット割がある光回線の組み合わせを下記にまとめましたので、ご覧ください。

    セット割が使える格安SIM×光回線
    • OCNモバイル×OCN光
    • DTI SIM×DTI光
    • IIJmio×IIJmioひかり
    • BIGLOBEモバイル×ビッグローブ光
    • UQモバイル×enひかり

    格安SIMとセット割ができる光回線は…

    • 光コラボ(NTTフレッツ光回線)だから契約&乗り換えしやすい
    • 割引額は低い
    • 「通信費」として総合的に見るとスマホ代もネット代も大手より安い

    4位でおすすめした理由は、ソフトバンク光とワイモバイルのセット割に比べると割引額が低いためです。しかし、ワイモバイルより安く利用できる格安SIMもあるので、通信費として総合的に見ると「お得」になる場合もあります。

    すべての光回線がNTTフレッツ光の光コラボ回線なので、こちらも新規契約や乗り換えがしやすい光回線となっています。ワイモバイル以外の格安SIMを利用中の方やワイモバイルへの乗り換えに抵抗がある方などは、こちらの組み合わせで契約するのがおすすめです。

    格安SIMと光回線をお得に使う際に選ぶ際のポイント

    格安SIMと光回線の場合、セット割のある光回線を選べば必ずお得になるとも言い切れません。

    そこで、ここでは格安SIMと光回線をお得に利用するための選び方のポイントを

    • 月額料金が実際に安くなるのか?
    • 工事費が無料になるのかどうか
    • 光回線が対象エリア内なのか
    • 大手の光回線業者なのか
    • セット割があるのかどうか

    の5つに分けて詳しくご紹介します。

    契約してから後悔することがないよう、こちらをチェックしてから光回線を契約しましょう。

    月額料金が実際に安くなるのか?

    格安SIMと光回線を選ぶ上で1番重要になるのは、実際に支払う金額です。キャッシュバックキャンペーンで初期費用が抑えられても月々の支払いが高額の場合、損をしてしまう可能性があります。逆に、基本料金が高くてもキャンペーンによってそこから毎月割引されてお得になる場合もあります。

    そのため、以下の項目を順に確認し、実際の支払い金額がいくらになるのか確認するようにしましょう。

    • 契約プランの月額料金
    • キャッシュバックキャンペーンの金額&条件
    • その他割引キャンペーンの金額&条件
    • 利用期間の総合金額

    ここでの注意点は、キャンペーンの条件に自分が当てはまるのか確認することです。キャッシュバックや割引が高額でも、自分が条件に当てはまらなければ意味がありません。広告の数字に惑わされないように注意しましょう。

    また、月額料金は、長期利用を前提に安く設定されている場合があるため、最低利用期間より前に解約すると違約金が上乗せされたり、割引が受けられなかったりする可能性があります。

    段階的に月額料金が安くなったりすることもありますので、毎月の支払い金額だけでなく、契約期間の合計支払い金額も確認するようにしましょう。

    工事費が無料になるのかどうか

    光回線を契約すると、まずはじめに回線の開通工事を行いますが、工事費は1〜3万円程度なので、決して安い金額とはいえません。しかし、回線工事費を無料にして契約のハードルを下げている光回線会社もあります。

    例えば、以下のような例があります。

    • 工事費の請求が無い
    • 毎月分割請求される工事費分、毎月値引きがある
    • 一旦工事費は支払うが、工事費分のキャッシュバックがある
    • 一旦工事費は支払うが、工事費分の月額料金を値引き

    このような工事費を実質無料にするキャンペーンの適応条件は、光回線会社によって異なります。auひかりでは「マンションは条件なし、戸建ては電話+ネットの契約が必要」となっていて、ソフトバンク光では「他社からの乗り換え、他社利用なしの新規申し込みのどちらもOK」となっています。

    工事費無料キャンペーンを実施している場合は、適用条件の確認もお忘れなく!

    光回線の工事については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

    光回線の工事内容や期間・費用を徹底解説!工事費を無料にする条件は?

    光回線が対象エリア内なのか

    光回線を設置する場所が対象エリア内なのか事前に確認しておきましょう。

    auひかりのように自社回線を使用している場合は、NTTフレッツ光や光コラボよりも対象エリアが狭い場合もありますし、光コラボの回線であっても「近畿地方のみ」といった地域密着型で提供している光回線会社もあります。

    対象エリア外だった場合、契約はできませんので、光回線を設置する場所が対象エリア内となっている光回線の中から選ぶ必要があります。

    大手の光回線業者なのか

    大手の光回線業者かどうかという点も光回線を選ぶ上で大きなポイントとなります。大手ということはそれだけユーザー数や実績が多いという事であり、その分サポートや設備が充実している傾向にあります。

    お得かどうかに直結するポイントではありませんが、快適な使用感やトラブルがあった時のスムーズな対応など縁の下の力持ち的な要素なので、お得と同時に使いやすさも追求したい方はチェックしておくのがおすすめです。

    セット割があるのかどうか

    大手携帯キャリアでは、光回線とのセット割を行っている場合がほとんどですが、格安SIMでも光回線とのセット割を行っている場合があります。セット割で必ずお得になるとは言い切れませんが、お得になる可能性も十分ありますので、ぜひチェックしてみましょう。

    セット割が使える格安SIMと光回線の組み合わせは、以下の通りです。

    セット割が使える光回線と格安SIM

    セット割の内容や料金プランなどは、それぞれ異なりますので、ご注意ください。

    大手3社「ahamo・LINEMO・povo」のセット割で安くなる光回線はある?どの光回線がオススメ?

    大手携帯キャリアでは、それぞれ格安プランとして「ahamo(ドコモ)」「LINEMO(ソフトバンク)」「povo(au)」を展開しています。しかし、2022年現在、提供元の光回線とのセット割は行われていないため、携帯は安く利用できても光回線をお得にすることはできません。

    ですが、enひかりが「勝手に割り」という名称で「ahamo(ドコモ)」と「povo(au)」とのセット割を行っているので、こちらを利用すれば割引価格で光回線を利用することができます。

    セット割の内容は以下の通りです。

    enひかり『勝手に割り』

    • ahamoまたはpovoとenひかりの契約者が同一 または 同居家族名義の場合、enひかりの月額料金から110円引き
    • ahamoまたはpovoで複数回線の契約があっても値引き額は110円のみ

    大手キャリアの格安プランは、ユーザー数がさらに増えていくと予想されているので、今後はenひかりのように光回線側が割引を実施する可能性はありそうですね。また、状況によっては大手キャリアがセット割に対応する動きもあるかも知れません。

    とはいえ現時点では大手キャリアの格安プランとのセット割を大々的にうたっている光回線はほとんど見かけないため「格安プランのセット割はほぼ存在しない。今後の動きを見守りたい」といった状況にあります。

    絶対に出るとも限りませんし、enひかりの例を参考にするなら割引額も決して多いとは言えません。光回線の契約を急いでいる場合は、セット割が使える格安SIMへの乗り換えやセット割なしでの光回線契約をおすすめします。

    格安SIMでセット割で安くなる光回線はある?

    ここからは、光回線とのセット割で安くなる格安SIMについて詳しくご紹介します。光回線とのセット割がない格安SIMもありますが、お得に契約できるおすすめの光回線を一緒にご紹介しています。ご自身が利用している格安SIMをチェックしてみましょう。

    今回ご紹介する格安SIMは、以下の通りです。

    • ahamo
    • LINEMO
    • povo
    • ワイモバイル
    • OCNモバイル
    • DTI SIM
    • IIJmio
    • BIGLOBEモバイル
    • UQモバイル
    • 楽天モバイル
    • NUROモバイル

    料金プランなどの基本情報やおすすめの光回線、セット割の内容など詳しく解説していきます。

    ahamo

    引用元:ahamo

    ahamo」は、ドコモが展開する格安SIMブランドですが、ドコモ光とのセット割は行っていません。

    セット割が利用できるのは、先ほどご紹介した「enひかり」のみです。しかし、enひかりのセット割は割引額が小さいため、ahamoを利用している方におすすめの光回線は「auひかり」といえます。また、auひかりがエリア外の方は「ドコモ光」がおすすめです。

    まずは、ahamoの基本情報を以下にまとめました。

    ahamo
    主なプラン
    • 20GB…月額2,970円
    音声通話SIM 全て音声通話SIM
    かけ放題オプション
    • 5分以内の国内通話はオプションなしで無料
    • 無制限かけ放題…月額1,100円
    端末のセット販売 あり

    ahamoの料金プランは1種類で分かりやすく、5分以内の国内通話であればオプションなしで無料になります。そのため、スマホで軽く動画を見たり、電話をたまにかけるくらいの使い方をしていて、シンプルな料金プランがいいという方におすすめの格安SIMとなっています。

    また、月々のギガを増やしたい方や通話をかけ放題にしたい方は、オプションで自分好みにカスタマイズもできるので、ギガが足りなくて困るという心配もありません。

    ahamoを利用している方におすすめの光回線「auひかり」の料金プランは、以下の通りです。

    auひかり
    戸建て1ギガ 月額 5,720円~
    マンション 月額 4,455円~
    キャッシュバック 最大76,000円
    工事費 実質無料キャンペーンあり
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ 選択式

    auひかりの特徴は、

    • 一部エリアに対応していない
    • 格安SIMとのセット割はない

    auひかりの月額料金は、大手他社の光回線と同じくらいの価格設定となっていますが、キャッシュバックキャンペーンが充実しているため、結果的に他社よりもお得に光回線を利用することができます。

    auひかりの代理店で申し込むと、公式+プロバイダ+代理店の3つのキャッシュバックキャンペーンを同時に受けることができ、戸建てで最大16万円以上、マンションで最大14万円以上のキャッシュバックを受けることができます。

    さらに、キャッシュバックによって乗り換え時にかかる違約金や工事費も実質無料できる場合もあるので、初期費用を抑えることもできます。

    また、auひかりは自社の独自回線を使用しているため、混雑する時間帯でも通信が安定しやすく、快適にインターネットを利用できるのも大きなメリットといえるでしょう。

    費用を抑えつつ、安定した通信環境を手に入れたい方には、auひかりをおすすめします。

    \最大76,000円キャッシュバック/

    auひかりがエリア対象外の場合はドコモ光がおすすめ

    しかし、auひかりは、一部のエリアでは対応していないため、対象エリア外の方には「ドコモ光」がおすすめです。

    「ドコモ光」の基本情報や特徴を以下にまとめました。

    ドコモ光
    戸建て1ギガ 月額 5,720円~
    マンション 月額 4,400円~
    キャッシュバック 42,000円
    工事費 実質無料キャンペーンあり
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ 選択式

    ドコモ光の特徴は、

    • 格安SIMとのセット割はない

    ドコモ光の月額料金も大手他社とほぼ同額となっているため、基本情報だけで見ると特別お得とはいえません。しかし、ドコモ光の代理店であるNNコミュニケーションズから申し込みをすると、オプション加入などの複雑な条件なしで42,000円キャッシュバックされるため、非常にお得といえます。

    また、ドコモ光は、日本一契約数が多い光回線のため、トラブル時の対応などサポート体制も充実していて安心感があります。

    はじめての光回線で何かと不安だという方や、現在利用中の光回線の対応に不満があるという方は、ドコモ光を利用していみてはいかがでしょうか。

    42,000円キャッシュバック/

    LINEMO

    引用元:LINEMO

    「LINEMO」は、ソフトバンク光が展開する格安SIMブランドですが、セット割を行っている光回線はありません。そのため、LINEMOを利用している方におすすめの光回線は、セット割なしでもお得になる「auひかり」または「ドコモ光」となります。

    まずは、LINEMOの料金プランなどをチェックしましょう。

    LINEMO
    主なプラン
    • 3GB…月額990円
    • 20GB…月額2,728円
    音声通話SIM 全て音声通話SIM
    かけ放題オプション
    • 5分以内の国内通話かけ放題…月額550円
    • 無制限かけ放題…月額1,650円
    端末のセット販売 あり

    LINEMOは、大容量と低容量の2種類の料金プランが用意されているので、ガッツリ使いたい方と軽く使いたい方どちらにも対応しています。

    LINEMOは使いやすい料金プランだけではなく、LINEMOのキャンペーンや特典が充実。

    また、契約途中で料金プランを変更することもできるので、光回線を利用するようになってギガをあまり使わなくなった場合でも簡単にプラン変更ができます。

    LINEのトークや通話がギガーフリーになるなどLINEMOにしかない特典もあるので、LINEをよく使う方におすすめの格安SIMといえるでしょう。

    LINEMOは、先ほどもご紹介した通り、光回線とのセット割を行っていないので、おすすめの光回線はセット割なしでもお得に利用できる「auひかり」となっています。ただし「auひかり」は対象エリアが狭いので、対象エリア外の方は「ドコモ光」の利用がおすすめです。

    auひかりとドコモ光のおすすめポイントを以下にまとめました。

    <auひかりのおすすめポイント>

    • キャンペーンが充実しているため、最大10万円以上のキャッシュバックを受け取ることができる
    • 独自回線を提供しているので、回線混雑による通信速度の低下が起きにくい

    <ドコモ光のおすすめポイント>

    • 条件なしで42,000円のキャッシュバックを受け取ることができる
    • 契約件数が日本一でサポート体制などが充実しているため、安心感がある

    「auひかり」と「ドコモ光」の基本情報やおすすめポイントについては、ahamoで詳しく解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。

    Povo

    引用元:povo

    「povo」は、auが展開する格安SIMブランドですが、auひかりとのセット割は行っていません。

    先ほどもご紹介した通り、povoとのセット割を行っているのは「enひかり」のみです。しかし、あまりお得感がないので、povoを利用している方におすすめの光回線は「auひかり」または「ドコモ光」といえます。

    まずは、povoの基本情報をご覧ください。

    povo
    主なプラン
    • 3GB…990円(30日間)
    • 20GB…2,700円(30日間)
    • 60GB…6,490円(90日間)
    • データ使い放題…330円(24時間)
    音声通話SIM 全て音声通話SIM
    かけ放題オプション
    • 5分以内の国内通話かけ放題…月額550円
    • 無制限かけ放題…月額1,650円
    端末のセット販売 あり

    povoは料金プランがなく、データ量・通話・コンテンツなどのオプションを全て自分で選んで、自分好みのスマホにカスタマイズして利用する仕組みとなっています。そのため、ギガの消費量が月によって大きく変動する方におすすめの格安SIMといえます。

    契約期間の縛りもなく、使わないときはオプションをつけずに0円のまま持っておくこともできるので、サブ機としての利用にもおすすめです。

    povoを利用している方におすすめの光回線は、キャッシュバックキャンペーンが充実していてお得に利用できる「auひかり」もしくは、契約件数日本一を誇り条件なしでキャッシュバックが受け取れる「ドコモ光」となっています。

    「auひかり」と「ドコモ光」のおすすめポイントに関しては、ahamoで詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。

    ワイモバイル

     

    引用元:【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで

    ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」は、おすすめの光回線2位でご紹介した「ソフトバンク光」とのセット割が利用できます。格安SIMの中では比較的高めの料金プランではありますが、それに見合うほどの安定した通信速度に定評があります。

    ワイモバイルの料金プランなどの基本情報は以下の通りです。

    ワイモバイル
    主なプラン
    • 3GB…月額2,178円
    • 15GB…月額3,278円
    • 25GB…月額4,158円
    音声通話SIM 全プランが音声通話SIM
    かけ放題オプション
    • 10分かけ放題…月額770円
    • 無制限かけ放題…月額1,870円
    端末のセット販売 あり

    ワイモバイルは、格安SIMとしては珍しく時間無制限のかけ放題に対応しているため、音声通話をよく利用する方におすすめの格安SIMとなっていますが、かけ放題オプションは、なしにもできるので、オプションをつけたくない方もご安心ください。

    セット割が利用できる「ソフトバンク光」の主な料金プランはこちらの通りです。

    ソフトバンク光
    戸建て1ギガ 月額 5,720円~
    マンション 月額 4,180円~
    工事費 実質無料キャンペーンあり
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ Yahoo!BB

    ソフトバンク光は、格安SIMとのセット割が利用できる光回線の中では、利用料金がやや高めですが、その分セット割の割引額も高く設定されています。

    ワイモバイルとソフトバンク光のセット割の内容は、以下の通りです。

    ワイモバイル×ソフトバンク光 セット割
    割引内容 ワイモバイル1回線につき1,188円引き×最大10回線
    条件
    • ソフトバンク光で『自動更新プラン(2年/5年)』を契約
    • 指定オプションに加入(+月額550円)
      • BBユニットレンタル(通常なら月額513円)
      • Wi-Fiマルチパック(通常なら月額1,089円)
      • ホワイト光電話(通常なら月額513円)

    ワイモバイル×ソフトバンク光の特徴は、

    • セット割の割引額が高く、ワイモバイルの契約回線が多いほどお得
    • セット割で加入できる有料オプションがお得
    • 基本料金は高めの価格帯
    • セット割適用条件を満たすために1,100円かかる

    ソフトバンク光では、ワイモバイルで契約している回線が多いほど割引額が上がります!例えば、4人家族なら毎月4,752円引きとなり、光回線の利用料金の7割以上をカバーする割引が受けられます。

    そのため、ワイモバイルとソフトバンク光の組み合わせは、家族で格安SIM&光回線を利用したい方におすすめです。

    1人で利用する場合は、電話回線料金とセット割条件のオプション分で料金と割引がほぼ相殺されます。しかし、通常であれば2,115円するオプションが550円で利用できるなどメリットもありますので、損をするという訳ではありません。

    \最大37,000円キャッシュバック/

    OCNモバイル

    引用元:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

    NTTグループのNTTコミュニケーションズが運営する「OCNモバイル」は、同社が運営する「OCN」とのセット割が利用できます。OCNモバイルの料金プランは、対応通信量が500MB~10GBと比較的コンパクトなので、通信量が少ない~ほどほどの方にピッタリです。

    OCNモバイルの基本情報は、以下の通りです。

    OCNモバイル
    主なプラン
    • 500MB…月額550円
    • 1GB…月額770円 ※音声通話SIMのみ
    • 3GB…月額858円
    • 6GB…月額1,188円
    • 10GB…月額1,628円
    音声通話SIM +月額132円
    かけ放題オプション
    • 10分かけ放題…月額935円
    • トップ3かけ放題…月額935円
    • 無制限かけ放題…月額1,430円
    端末のセット販売 あり

    OCNモバイルも格安SIMとしては珍しく時間無制限のかけ放題に対応している他、自動的に通話時間の長い電話番号との通話料金を無料にするトップ3かけ放題にも対応しているため、音声通話をよく利用する方の中でも特定の相手との通話が多い方におすすめの格安SIMです。

    セット割が利用できる「OCN光」の主な料金は以下の通りです。

    OCN光
    戸建て1ギガ 月額 5,610円~
    マンション 月額 3,960円~
    工事費 キャッシュバックキャンペーンで相殺可
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ OCN

    OCN光は、格安SIMとセット割が利用できる光回線の中で比較すると、やや高めの料金設定ではありますが、OCNモバイルとの契約回線数が増えると割引額が上がります。

    OCNモバイルとOCN光のセット割の内容は、以下の通りです。

    OCNモバイル×OCN光 セット割
    割引内容 OCNモバイル1回線につき220円引き×最大5回線
    条件 特になし

    OCNモバイル×OCN光の特徴は、

    • OCNモバイルの回線契約が多いと割引額が増える
    • セット割の条件が無い
    • 基本料金はやや高めの価格帯
    • 「キャッシュバックキャンペーン」はあものの「工事費無料」のキャンペーンは未実施

    OCNモバイルとOCN光のセット割は、セット割の条件としてよく見かける「○○年契約」や「光電話も契約」といった縛りがないため、シンプルに格安SIMとネットのみの光回線を契約したい方におすすめです。

    また、スマホ回線契約が増えると割引額が増えるといった特徴から、家族で格安SIMを利用している方や複数のサブ機用にネット回線のみで格安SIMを利用している方もお得を実感しやすいといえます。

    DTI SIM

    引用元:DTI SIM|用途で選べる格安SIM

    老舗プロバイダとして有名なDTIが運営している「DTI SIM」は、同社が運営する「DTI光」とのセット割が利用できます。DTI SIMでは、端末のセット販売がないので、自分でスマホやタブレット等の端末を用意する必要があります。

    DTI SIMの料金プランなどの基本情報を以下にまとめましたので、ご覧ください。

    DTI SIM
    主なプラン
    • 1GB…月額660円
    • 3GB…月額924円
    • 5GB…月額1,342円
    • 10GB…月額2,310円
    • 毎日1.4GB…月額2,420円
    SMS SIM +月額165円
    音声通話SIM +月額770円
    (1GBプランは+月額660円)
    かけ放題オプション 10分かけ放題…月額902円
    端末のセット販売 なし

    格安SIMの通信量上限といえば月単位の設定が定番ですが、DTI SIMには日単位で上限が設定されている珍しいプランがあります。1ヶ月が30日とすれば月間最大42GB利用できる計算となり、大量通信を行う方でも満足できる通信量プランになっています。

    例えば「毎日、朝昼晩に1時間ずつ動画を見ている」といったような、毎日大体同じくらいの通信量の方におすすめです。上限が日単位であるため、毎日の通信量に大幅なムラがある方の場合は、メリットを十分に実感できないプランなのでご注意ください。

    セット割が利用できる「DTI光」の主な料金はこちらの通りです。

    DTI光
    戸建て1ギガ 月額 5,280円
    マンション 月額 3,960円
    工事費 実質無料キャンペーンあり
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ DTI

    DTI光は、シンプルでわかりやすい料金プランとなっています。セット割の内容もとてもシンプルなので、迷うことなく料金シミュレーションができるでしょう。

    DTI SIMとDTI光のセット割の内容は、以下の通りです。

    DTI SIM×DTI光 セット割
    割引内容 DTI光の利用料金から165円引き
    条件 特になし

    DTI SIM×DTI光の特徴は、

    • プランが超シンプル
    • 違約金や解約金がない
    • セット割の割引額が低い
    • ルーターをレンタルする場合は有料

    DTI SIMとDTI光のセット割は、回線数などは関係なく、一律で165円引きとなっています。セット割としての割引額こそ控えめではありますが、DTIの強みは「シンプルさ」にあります。

    光回線といえば「2年契約で○○円引き(違約金あり)」といったプランが一般的なところ、DTI光では、他社の定期契約による割引適用後よりもやや低めの価格帯でありながら定期契約も違約金もありません。

    いつ解約しても解約料金が発生しないため、引っ越しの予定が読めない方やひとまず光回線を契約してみたい方におすすめです。

    IIJmio

     

    引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio

    格安SIMが流行する前からSIMサービスを提供している実績を持つ「IIJmio」は、同社が運営する「IIJmioひかり」とのセット割が利用できます。IIJmioは、国内ではまだ珍しい「eSIM」のプランが存在するなど、老舗でありながらも常に新しい取り組みに挑戦している格安SIM会社です。

    IIJmioの基本料金やオプションについて、以下にまとめましたのでご覧ください。

    IIJmio
    主なプラン
    • 2GB…月額850円
    • 4GB…月額990円
    • 8GB…月額1,500円
    • 15GB…月額1,800円
    • 20GB…月額2,000円
    • eSIM(データ通信のみ)
      • 2GB…月額440円
      • 4GB…月額660円
      • 8GB…月額1,100円
      • 15GB…月額1,430円
      • 20GB…月額1,650円
    音声通話SIM eSIM以外は全プラン音声通話SIM
    かけ放題オプション

     

    • 5分かけ放題…月額500円
    • 10分かけ放題…月額700円
    • 無制限かけ放題…月額1,400円
    端末のセット販売 あり

    IIJmioは、料金プランが豊富で月額料金も他社と比べて安い価格設定になっています。2022年10月31日まで以下キャンペーンを行っているので、さらに安く利用することができます。

    • 音声SIM月額440円割引×6ヵ月間!※ご利用開始月の翌月より6ヵ月間適用
    • 通話定額オプション4か月間410円割引キャンペーン!

    また、IIJmioは、新しい取り組みや通信速度の改善に力を注いでいるため、価格だけでなく速度・使用感・サポートを総括したユーザービリティの高い信頼のおける企業と契約したい方におすすめです。

    セット割が利用できる「IIJmioひかり」の主な料金はこちらの通りです。

    IIJmioひかり
    戸建て1ギガ 月額 5,456円
    マンション 月額 4,356円
    工事費
    • 新規…2,200円~19,800円
    • フレッツ光/光コラボからの転用…無料
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ IIJmioひかり

    IIJmioひかりも料金プランはシンプルです。定期契約による割引等はありませんが、最低利用期間である24ヶ月以内に解約すると違約金が発生するのでご注意ください。

    IIJmioとIIJ mioひかりのセット割の内容は、以下の通りです。セット割の内容もわかりやすく料金シミュレーションしやすい内容となっています。

    IIJmio×IIJmioひかり セット割
    割引内容 利用料金から月額660円引き
    条件 特になし

    IIJ mio×IIJ mioひかりの特徴は、

    • プランがシンプル
    • スマホの大容量プランがリーズナブル
    • 最低利用期間内に解約すると違約金が発生する
    • 4人家族など複数人で利用するならセット割の割引額が少ないかも…?

    IIJmioとIIJmioひかりのセット割では、IIJmioでの契約回線数や契約プランに関わらず割引が適用されます。今回ご紹介するセット割が使える格安SIMの中でも、20GBの大容量プランが安く利用できるため、スマホでの通信もたっぷり行いたい方におすすめの格安SIM&光回線のセット割といえます。

    回線数で割引額が変わらないため、どちらかというと一人暮らしなど格安SIMの契約回線数が少ない方におすすめです!

    BIGLOBEモバイル

    引用元:【公式】格安SIM・スマホのBIGLOBEモバイル

    プロバイダとして有名なBIGLOBEが運営する「BIGLOBEモバイル」は、同社が運営する「ビッグローブ光」とのセット割が利用できます。

    BIGLOBEモバイルは、30GBの大容量に対応しているものの「本当にそれで“格安”なの?」という価格設定になっているため、ここまでの大容量通信を考えるなら他の格安SIMか大手キャリアの新プランを利用する方がお得です。

    BIGLOBEモバイルの料金プランなどを下記にまとめました。

    BIGLOBEモバイル
    主なプラン
    • 3GB…月額990円
    • 6GB…月額1,595円
    • 12GB…月額2,970円
    • 20GB…月額4,950円
    • 30GB…月額7,425円
    音声通話SIM

    1回線目→2回線目以降

    • 1GB…月額1,078円→858円
    • 3GB…月額1,320円→1,100円
    • 6GB…月額1,870円→1,650円
    • 12GB…月額3,740円→3,520円
    • 20GB…月額5,720円→5,500円
    • 30GB…月額8,195円→7,975円
    かけ放題オプション
    • 3分かけ放題…月額660円
    • 10分かけ放題…月額913円
    端末のセット販売 あり

    BIGLOBEモバイルは、20GB・30GBの大容量通信プランの料金が他社よりも高額なため、あまりおすすめできません。しかし、1〜12GBまでの月額料金は他社とほぼ同額で、音声通話SIMの場合、2回線目以降の月額料金が220円引きになるため、通信使用量が少なく家族みんなで利用する方はお得に利用できるでしょう。

    セット割が利用できる「ビッグローブ光」の主な料金は以下の通りです。

    ビッグローブ光
    戸建て1ギガ 月額 5,478円
    マンション 月額 4,378円
    工事費 実質無料キャンペーンあり
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ BIGLOBE

    ビッグローブ光は、基本的に3年(36ヶ月)の定期契約となっており、契約更新のタイミング以外で解約すると違約金が発生します。

    BIGLOBEモバイル×ビッグローブ光のセット割は、以下の通りです。

    BIGLOBEモバイル×ビッグローブ光 セット割
    割引内容
    • 1年間光回線の月額料金3,300円引き
    • モバイル月額料金が220円引き
    条件
    • 光回線は3年契約プランのみ
    • モバイルは音声通話SIMプランのみで家族割との併用不可

    BIGLOBEモバイル×ビッグローブ光の特徴は、

    • 3~12GBの音声通話SIMプランがリーズナブル
    • セット割の割引額が高額
    • 3年契約プランのみ適応で契約更新のタイミング以外で解約すると違約金が発生
    • BIGLOBEモバイルは家族割との併用ができない(家族割と割引額が同じなので損にはならない)

    BIGLOBEモバイルとビッグローブ光のセット割を利用すると1年間毎月3,520円割引になるので、かなりお得といえるでしょう。また、BIGLOBEモバイルは、家族割との併用はできないものの、セット割でも家族割と同額の220円引きが適用されるので、損することなくセット割の恩恵をうけることができます。

    しかし、セット割が適応されるのは3年契約プランのみで、契約更新のタイミング以外で解約すると違約金が発生してしまうので、引っ越しなどが多い方などは注意が必要です。

    UQモバイル

    引用元:【公式】UQ mobile(モバイル)│安心・お得の格安スマホ/格安SIMで【顧客満足度No.1】

    次にご紹介するのは、auのサブブランド「UQモバイル」ですが、こちらはちょっと特殊で、UQモバイル側とは無関係に「enひかり」がセット割を提供しています。

    まずは、UQモバイルの基本情報からご覧ください。

    UQモバイル
    主なプラン
    • 3GB…月額1,628円
    • 15GB…月額2,728円
    • 25GB…月額3,828円
    音声通話SIM 全プランが音声通話SIM
    かけ放題オプション
    • 10分かけ放題…月額770円
    • 無制限かけ放題…月額1,870円
    端末のセット販売 あり

    UQモバイルは、同じく大手キャリアのサブブランドであるワイモバイルよりも、全体的に利用料金が安く設定されています。25GBのプランだと330円以上の差が出るため、家族で大容量を希望しているならUQモバイルの方がスマホ代を節約できます。

    また、UQモバイル最大の強みはなんといっても「通信速度の速さ」です。格安SIMに変えたからといって通信速度を落としたくない方にはUQモバイルが断然おすすめですよ!通話についてもかけ放題の他に「月間60分/月額550円」という通話パックオプションもあるので、通話時間にムラがある方でも安心です。

    UQモバイルとのセット割を提供している「enひかり」の主な料金はこちらの通りです。

    enひかり
    戸建て1ギガ 月額 4,620円
    マンション 月額 3,520円
    工事費 工事費無料キャンペーンあり
    電話回線 +月額 550円
    プロバイダ enひかり

    enひかりは、プランがとにかくシンプルで解約金や解除料金がありません。更には利用料金も他社に比べて圧倒的な安さです!

    しかし、他社によくある「代理店からの申し込みで○円キャッシュバック!」などといった、高額なプレゼントや節約が見込めるキャンペーンが一切存在しません。また、UQモバイルとのセット割は、enひかりが独自で提供するサービスなので、UQモバイルとは無関係です。

    UQモバイルとenひかりのセット割の内容は、以下の通りです。

    UQモバイル×enひかり セット割
    割引内容 利用料金から月額110円引き
    条件 enひかりへの申し込み

    UQモバイル×enひかりの特徴は、

    • UQモバイルの通信速度は超高評価
    • enひかりはトップクラスの安さで解約金なし
    • UQモバイルとenひかりは無関係なので両社間では連携が取れない
    • セット割の割引額が低い

    enひかりはUQモバイルとは無関係なので、セット割を受けるには、enひかりへの別途申し込みが必要なのでご注意ください。また、UQモバイルで何回線契約していても割引額は同じなので、セット割目的で契約するのはちょっとメリットが薄いかも知れませんね。

    とはいえ月額料金の安さならトップクラス!他社のキャンペーンが対象外になってしまうために月額料金の低い光回線を探している方にはおすすめです。

    楽天モバイル

    引用元:楽天モバイル

    楽天モバイル」は、楽天が展開する格安SIMブランドで「楽天ひかり」とのセット割を利用することができます。セット割以外にも楽天のサービスが数ヶ月無料で利用できたり、楽天ポイントがもらえたりと、楽天ならではのお得なサービスが盛りだくさんあります。

    普段、楽天を利用している方におすすめの格安SIMですよ

    楽天モバイルの基本情報は、以下の通りです。

    楽天モバイル
    主なプラン
    • 3GB…月額1,078円
    • 20GB…月額2,178円
    • 無制限…月額3,278円
    音声通話SIM 全プランが音声通話SIM
    かけ放題オプション
    • 「Rakuten Link」アプリを使えば国内通話無料
    • 15分かけ放題…月額1,100円
    端末のセット販売 あり

    楽天モバイルは、データ使用量に応じて段階的に料金が上がっていく仕組みなので、データ容量に合わせてプランを選ぶという手間を省くことができます。また「Rakuten Link」アプリを使用すれば国内通話も無料になるので、プランが分かりやすく通話も無料になるスマホを探している方におすすめです。

    楽天モバイルとのセット割を提供している「楽天ひかり」の基本情報は、以下の通りです。

    楽天ひかり
    戸建て1ギガ 月額 5,280円
    マンション 月額 4,180円
    工事費 16,500円~19,800円
    電話回線 なし(別途NTTとの契約が必要)
    プロバイダ 楽天ブロードバンド

    楽天ひかりの月額料金は大手他社とほぼ同額となっていて、特別安い訳ではありませんが、楽天市場でのお買い物でもらえる楽天ポイントが最大16倍になるなど、楽天サービスがお得に利用できるようになります。

    また、別途ルーターを準備する必要はありますが、IPv6にも対応しているので、高速通信を利用することもできます。

    楽天モバイルと楽天ひかりのセット割の内容は以下の通りです。

    楽天モバイル×楽天ひかり セット割
    割引内容 楽天ひかりの1年目の利用料金が無料
    条件 特になし

    楽天モバイル×楽天ひかりの特徴は、

    • 12ヶ月分の光回線料金が無料になる
    • セット割の条件がない
    • 工事費が発生する

    楽天モバイルと楽天ひかりのセット割では、楽天ひかりの利用料金が12ヶ月無料になるため、かなりお得なセット割内容となっています。戸建ての場合は63,360円、マンションの場合は50,160円も割引になるので、他社のキャッシュバックキャンペーンよりも結果的にお得になる可能性もあります。

    ただし、他社ではキャンペーンなどで無料になることも多い開通工事費が有料となっているので、NTTフレッツ光の回線をはじめて利用する方は、初期費用が他社より高額になってしまう場合があります。

    NUROモバイル

    引用元:NUROモバイル

    「NUROモバイル」は「NURO光」とのセット割が利用できます。NUROは光回線としては有名ですが、実はモバイルも展開していて、SNSに特化したプランなど珍しい料金プランがいくつも用意されています。

    NUROモバイルとNURO光のセット割は、同時申し込みが条件となっているので、これを機にスマホも光回線もNUROに変えてみるのもいいですね。

    NUROモバイルの基本情報は、以下の通りです。

    NUROモバイル
    主なプラン
    • 0.2GB…月額330円〜
    • 3GB…月額627円〜
    • 5GB…月額825円〜
    • 10GB…月額1,320円〜
    • 20GB…月額2,090円または月額2,699円
    音声通話SIM 選択式
    かけ放題オプション
    • 5分かけ放題…月額490円
    • 10分かけ放題…月額880円
    端末のセット販売 あり

    NUROモバイルは、音声通話付きSIM・データ通信+SMS SIM・データ通信専用SIMの3種類からSIMを選ぶことができます。また、LINE・Twitter・Instagram・TikTokがデータ通信量0で利用できるプランや0.2GBの超低容量プランなど、プランの種類も豊富に用意されています。

    そのため、NUROモバイルは、SNSをたくさん利用する方や音声通話なしのSIMを利用したい方などにおすすめといえるでしょう。

    NURO光の基本情報は、以下の通りです。

    NURO光
    戸建て2ギガ 月額 5,200円
    マンション 月額 2,090円〜
    工事費 実質無料
    電話回線
    • 北海道・関東:月額550円
    • 東海・関西・中国・九州:330円
    プロバイダ So-net

    NURO光の月額料金は、戸建ての場合は他社とほぼ同額ですが、マンションは他社より数千円安く利用できるので、マンションにお住まいの方に特におすすめの光回線といえます。また、開通月を含む3ヶ月以内の解約の場合、違約金や工事費残債の支払いなしで解約することもできるので、お試しで利用できる手軽さも魅力のひとつです。

    キャッシュバックや引越しサポートといった定番の特典から、プレイステーション5が月額990円〜レンタルできる少し変わった特典まで、他社にはないサービスも充実しているので、それを目的に利用することもできます。

    NUROモバイルとNUROひかりのセット割の内容は、以下の通りです。

    NUROモバイル×NURO光 セット割
    割引内容 NUROモバイルの月額料金を12ヶ月間792円割引
    条件 NUROモバイルとNURO光の同時申し込み

    NUROモバイル×NURO光の特徴は、

    • 音声通話SIM3GBプランであれば、12ヶ月間の携帯料金が実質無料
    • NURO光の戸建ての場合、月額料金1年間980円特典と併用できる
    • すでにNUROモバイルを利用している方は対象外
    • 音声通話SIMプラン以外は対象外

    NUROモバイルとNURO光のセット割では、モバイルの月額料金が12ヶ月間792円割引になります。高額な割引とは言えませんが、3GBプランの場合は実質無料になるので、プランによってはかなりお得になります。

    ただし、NUROモバイルとNURO光の同時申し込みが条件なので、どちらかをすでに契約中の方はセット割対象外となります。また、NUROモバイルは音声通話SIMのみ対象となるので、料金プランの選択にも注意が必要です。

    \最大45,000円キャッシュバック/

    格安SIMと光回線のセット割に関するQ&A

    最後に、格安SIMと光回線のセット割に関する、よくある疑問点を

    • 格安SIMとおすすめのインターネットは光回線以外にある?
    • 格安SIMに大手3社から乗り換えるべき?
    • スマホ代金を安くするオススメは?
    • ahamoにしようと思うけど光回線も乗り換えるべき?
    • LINEMOにしようと思うけど光回線も乗り換えるべき?
    • povoにしようと思うけど光回線も乗り換えるべき?
    • 格安SIMフリーのホームルーターでおすすめはある?
    • 固定回線の代用として格安SIMは使えるの?

    の8つの項目に分けて詳しくご紹介します。

    気になるポイントを解決して、納得してから契約するようにしましょう。

    Q.格安SIMとおすすめのインターネットは光回線以外にある?

    コンセントや充電だけで利用できる無線回線(Wi-Fi)があります。

    家庭で利用できるインターネットには光回線(有線回線)契約の他に、無線回線契約があります。セット割は適用されませんが、光回線とは違って工事が不要のため工事費がかかりません。

    そのため、光回線工事ができない集合住宅や転居等の関係で光回線工事がしづらい方でもお手軽に利用できるインターネット回線となっています。一人暮らしの格安SIMユーザーなら持ち運べるポケットWi-Fi(モバイルルーター)で利用できる「WiMAX」がおすすめ!

    工事がいらないWi-Fiルーターに関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。

    工事不要の安いインターネットWi-Fiランキング!家の工事なし光回線や自宅に置くだけホームルーター徹底比較

    Q.格安SIMに大手3社から乗り換えるべき?

    大手キャリアで満足できているなら無理に乗り換える必要はありません。

    大手キャリアのデメリットはやはり「料金が高いこと」ではありますが、一方で「大手キャリアのセット割が活用できる」「通信費として支払いを一本化できる」「実店舗窓口完備」といったメリットがあります。

    ただし、通信費全体で見た時に「とにかく安くしたい!」というのであれば乗り換えを検討するのがおすすめです。ご紹介してきたように格安SIMでもセット割が利用できる事業者はあるので、まずはご紹介してきた6社から検討してみてはいかがでしょうか。

    Q.スマホ代金を安くするオススメは?

    外出時の通信量の使用量によって、おすすめの組み合わせは異なります。

      <おすすめの組み合わせ>

      • 外出時の通信量が多いなら…大手キャリアの新プラン × 光回線
      • 外出時の通信量が少ないなら…格安SIM × 光回線
      • 一人暮らしの方なら…格安SIM × 無線回線(Wi-Fi)

      先程の疑問とやや重複しますが「スマホ代金をとにかく安く!」というのであれば格安SIMへの乗り換えを検討しましょう。大手キャリアから発表された格安プランよりも、格安SIMを利用するメリットがあるのは、通信量が少なめの方です。

      格安SIMでは「月10GB未満 月額1,000円代」といったコンパクトサイズのプランが一般的。通信量が少ない方にとっては、まだまだ格安SIMの方がお得ですよ!

      光回線の選び方については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

      光回線のおすすめランキング比較|失敗しないマンション・戸建ての安いインターネットの選び方

      Q.ahamoにしようと思うけど光回線も乗り換えるべき?

      特別困っていなければ乗り換える必要はありませんが、enひかりではセット割を提供しています。

      2022年現在、enひかりが独自にahamoとのセット割を提供していますが、セット割を目的にして乗り換えるにしては割引額が少ない(月110円引き)ため、よく検討する必要があります。利用中の光回線とenひかりの料金やオプション、サポート等を検討してどちらが自分に合うかを考えてみましょう。

      Q.LINEMOにしようと思うけど光回線も乗り換えるべき?

      特別困っていなければ乗り換える必要はありませんが、おすすめは『ソフトバンク光』です。

      2022年現在、LINEMOとセット割になる光回線はありません。しかし、今後セット割が発表されるとすれば運営元が同じ「ソフトバンク光」ではないかと予想されます。まだ予想でしかないため「絶対」とは言い切れません。

      現在使用中の光回線に不満がないのであれば積極的に乗り換える必要はありませんが、今後の展開を期待して乗り換えるのもありですね!また、同じソフトバンク運営ならLINEMOではなくソフトバンク光とのセット割が有効になるワイモバイルへの乗り換えを検討するのもおすすめです。

      Q.povoにしようと思うけど光回線も乗り換えるべき?

      特別困っていなければ乗り換える必要はありませんが、enひかりではセット割を提供しています。

      2022年現在、ahamoと同様、enひかりが独自にpovoとのセット割を提供しています。しかし、割引額が月々110円とセット割としては少ないので、よく検討する必要があります。現在利用中の光回線とどのくらい金額に差があるのか、オプションやサポート体制の違いはどうなのかなど、比較してみるところからはじめましょう。

      格安SIMフリーのホームルーターでおすすめはある?

      SIMフリー対応のホームルーターか確認する

      ホームルーターは、回線工事なしでコンセントに差すだけでインターネットが利用できるので、工事ができない家にお住まいの方や手軽にWi-Fiを利用したい方におすすめです。

      格安SIMフリーのホームルーターを選ぶ際のポイントは、以下の通りです。

      • 「SIMフリー対応」と記載されているか確認する
      • 快適な通信速度を維持したいなら2.4GHzと5GHzの両方に対応した機器にする
      • 最大接続台数が実際に接続台数に足りているか確認する
      • 設定が苦手な方は専用アプリがあるホームルーターを選ぶ

      おすすめのSIMフリーのホームルーターをご紹介します。

      <NEC Aterm HT100LN/HT110LN>

      引用元:NEC

      NEC Aterm HT100LN/HT110LNは、2.4GHzと5GHzの両方に対応したSIMフリーのホームルーターです。最大接続数が10台なので、家族みんなで使うこともできます。

      専用アプリの「Aterm らくらく設定アシスト」を利用すれば、初期設定なども簡単に行うことができるので、はじめてホームルーターを利用する方も簡単に設定できるでしょう。

      格安SIMの利用回線によって対応端末が変わるので、ご自身の格安SIMがどの回線を使っているのか事前に確認してから購入してください。

      固定回線の代用として格安SIMは使えるの?

      格安SIMは、固定回線の代用として使うことが可能です。

      上記でご紹介している通り、ホームルーターに格安SIMをセットして利用すれば、固定回線の代用として利用することが可能です。面倒な工事や契約更新などの手続きも簡単になり、価格も安く抑えることができます。

      また、モバイルルーターを利用すれば、家以外でもWi-Fiが利用できるので、外出が多くあまり家にいない方はむしろ格安SIMを利用する方がいいでしょう。

      ただし、回線の安定感などは固定回線より劣ることが多いので、安定した通信を重要視している方にはあまり向かいないですね。

      格安SIM+光回線のまとめ

      格安SIMと光回線のセット割はそれほど一般的ではありませんが、ごく一部の格安SIMではセット割を実施しています。しかし、セット割が適用にならなくてもキャンペーンによってセット割以上にお得になる光回線もあるため、セット割」という言葉だけにとらわれずに光回線を探してみるのがおすすめです。

      ただし、対象となるキャンペーンが少ないなどキャンペーンでのメリットが得られない方は、セット割対応の格安SIMと光回線の組み合わせから契約するとお得を実感しやすくなりますよ!

      おすすめの光回線や選び方などは、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

      光回線のおすすめランキング比較|失敗しないマンション・戸建ての安いインターネットの選び方

      よかったらシェアしてね!

      コメント

      コメント一覧 (3件)

      コメントする

      目次
      閉じる