iPhone15シリーズのキャンペーンお得情報|iPhone14はiPhone15の発売まで待つべき?

最新iPhone15の予約が2023年9月15日に開始され、2023年9月22日(金)に発売されましたね。iPhone15はType-C(USB-C)ケーブル搭載や最も軽いProモデル、Dynamic Island全シリーズ搭載など気になる方も多いのではないでしょうか。

最新iPhone15をApple発売日と同時に取り扱うキャリアは、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4キャリアです。格安SIMでは、ahamoにてiPhone15・Plus・Proを取り扱っています。ほかの格安SIMでは取り扱っていません。

各キャリアのiPhoneのキャンペーンが気になる方も多いのではないでしょうか。iPhone15を安くお得に購入したい方は、それぞれのキャンペーンや特典を確認しておくと損をせず購入できますよ。

iPhone15 キャンペーン

この記事では、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの最新キャンペーン情報について、iPhone15の値段やスペックについて紹介しています。

iPhone15の最新ニュース

~ソフトバンクなら実質36,144円で購入できる!~

ソフトバンクでは、iPhone15 128GBが実質36,144円で購入できます。

対象条件は下記よりチェックしましょう。

  • 48回分割払いでMNPまたは5歳~22歳の新規契約
  • ソフトバンクオンラインショップにて購入
  • 新トクするサポートの利用

最新のiPhoneを1円でも安く格安でゲットしたい方やお子さまのスマホデビューを検討している方は、ソフトバンクオンラインショップから申し込みしてくださいね。

キャリア予約方法在庫確認

au

iPhone15のauの予約方法

楽天モバイル

iPhone15の楽天モバイルの予約方法

ドコモ

iPhone15のドコモの予約方法

ソフトバンク

iPhone15のソフトバンクの予約方法

\auのキャンペーン|見逃し厳禁/

6月はauのキャンペーンがお得!

2023年9月22日に発売されたiPhone15。auのキャンペーンを利用することで実質負担金額32,740円(月々1,434円)でiPhone15が購入可能!(スマホトクするプログラム他社から乗り換えキャンペーン適用時)

 

他社からの乗り換えであれば最大22,000円引きで購入できるキャンペーンは、最新機種のiPhone15だけではなくコスパがいいと言われているiPhone14シリーズや最新のAndroid端末へも適用されます。

 

これから新しくスマホの購入を考えている方はauオンラインショプの公式サイトを確認することをおすすめします。

\期間限定キャンペーン/

最新のGoogle Pixel 8aのスマホが機種代金が最大16,500円値下げになるキャンペーンも実施しています。

 

この6月にスマホの買い替えを考えている方にとっておすすめのキャンペーンになります。

目次

iPhone15最新キャンペーン情報まとめ|ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル

iPhone15 キャンペーン

iPhone15の取り扱いキャリアは、基本的にドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4つです。ahamoではiPhone15 Pro Maxと一部ストレージを除き販売しています。

各キャリアともiPhone15のお得なキャンペーンを紹介しています。4キャリアでは、お得にiPhone15が購入できる「端末購入プログラム」があります。

端末購入プログラムとは、一定期間利用後に端末の返却をすれば、返却以降の支払いが免除され定価より安く購入できるキャンペーンです。iPhone15を安くで利用したい方や最新iPhoneを使い続けたい方にとってうれしいサービスです。

2024年3月現在の各キャリアのiPhone15シリーズ 128GBとiPhone 15 Pro Max 256GBの販売価格は下記表のとおりです。

本体価格ドコモauソフトバンク楽天モバイル
iPhone1562,898円~76,820円~36,144円~65,880円~
Plus85,580円~85,790円~46,800円~73,392円~
Pro97,020円~99,705円~43,992円~87,336円~
ProMax(256GB)119,460円~123,360円~65,340円~105,385円~

上記表は各キャリアにて、「端末購入プログラム」を利用し購入したときの本体価格です。約2年間同じ端末を利用し返却したときの実質負担額は、1万円程度価格差があります。

各キャリアのiPhone15のキャンペーンを併用すれば、さらに安く購入できますよ。キャリア・端末によっては、キャンペーン割引にて20,000円~40,000円程度値下げされるでしょう。

キャンペーン内容によっては、自分の条件と合致せずあまりお得感がないこともあります。各キャリアのキャンペーンの特徴を比較し、1番お得なキャリアで機種変更しましょう。

iPhone15 キャンペーンの特徴

ドコモ

  • 1年ごとに買い替えられる「ドコモカエドキプログラム+」
  • iPhone15(128GB)は乗り換えで44,000円割引
  • iPhone 15(256/512GB)は乗り換えで22,000円割引
  • iPhone 15 Plusは乗り換えで22,000円割引または新規契約で20,000dポイントもらえる

au

  • iPhone15(128/256/512GB)は乗り換えで44,000円割引
  • iPhone15 Plus・15 Pro・Pro MAX(全容量)は乗り換えで22,000円割引
  • 既存auユーザーにも機種変更を対象とした5,500円~11,000円割引がある

ソフトバンク

  • ワイモバイルLINEMOなどの番号移行もオンラインショップ割にて43,968円割引可能
  • 1年くりあげオプションにて2年経つ前に機種変更ができる

楽天モバイル

  • 最大32,000円相当ポイント還元または割引にてお得
  • 楽天ユーザーは楽天市場や楽天カード利用分のポイントアップ

各キャリアにてポイント還元や端末購入割引、機種変更の前倒しができるなどそれぞれ特徴があります。自分の購入したいスタイルに合ったキャリアを選べば、お得に購入でき、満足度が高くなります。

さっそく、各キャリアのキャンペーン詳細をチェックしていきましょう。

iPhone15のキャンペーン|ドコモの最新情報

iPhone15 キャンペーン

ドコモの最新iPhone15のキャンペーンについて紹介していきます。その前にかんたんにドコモの料金プランなどを紹介しますね。

現在のドコモで新規加入可能な料金プランは「eximo」と「irumo」があります。

「eximo」は、どちらかというと大量通信を行う方向けのプランのため、基本料金は高額ですが、みんなドコモ割やドコモ光セット割、dカードお支払い割を適用することで

eximo~1GB1~3GB3GB~無制限
月額料金4,565円5,665円7,315円
各種割引みんなドコモ割(3回線以上) ▲1,100円

ドコモ光セット割またはhome 5G セット割 ▲1,100円

dカードお支払い割 ▲187円

割引適用後2,178円3,278円4,928円

eximoの料金プラン割引適用後は、月額4,928円にて無制限でネット通信が可能です。

つづいて、比較的に通信量が少ない方向けの「irumo」の基本料金はこちらです。

irumo0.5GB3GB6GB9GB
月額料金550円2,167円2,827円3,377円
各種割引ドコモ光セット割またはhome 5G セット割 ▲1,100円

dカードお支払い割 ▲187円

割引適用後550円880円1,540円2,090円

Wi-Fi環境での利用が多い方はirumoがおすすめです。3GBプランは割引適用後1,000円以内での基本料金です。

ドコモのiPhoneやAndroidスマホは、ドコモショップやドコモオンラインショップにて購入可能です。ドコモオンラインショップでは、24時間好きな時間に手続きができ、事務手数料と送料が無料です。

ドコモiPhone15キャンペーン

ドコモでは、約半額でiPhone15の購入ができるキャンペーンや他社から乗り換えでスマホの本体代金が割引で購入できるキャンペーンなどがあります。詳しくみていきましょう。

いつでもカエドキプログラム+

ドコモのいつでもカエドキプログラムとは、残価設定型24回払いでスマホの購入し、一定期間利用後に返却することでその後の支払いが免除されるサービスです。高額なハイエンドスマホを約半額で使えるため、最新機種をお得に買いたい方におすすめのキャンペーンです。

ドコモのいつでもカエドキプログラムを利用したスマホの本体代金の支払いイメージは、下記のとおりです。

【例】iPhone15 128GBを購入
定価149,490円
5G WELCOME割44,000円割引
分割払い1,372円×23回

残価:73,920円

いつでもカエドキプログラム+
12回目の支払い時に端末返却
+早期利用料12,100円
実質負担額
28,564円
23回目の支払い時に端末返却実質負担
31,570円
24回目以降も端末利用を継続3,080円×24回
※返却時以降は支払い免除

割引と併用して23回目の支払いまでにスマホを返却すると、定価よりも10万円以上も安く最新iPhoneが使えます。必ず返却する必要はなく、そのまま支払いを続け同じスマホの利用が可能です。その際は、24回目の支払い予定額を再度24回の分割払いに変更します。

iPhone15は、最大36回の支払いを免除する「いつでもカエドキプログラム+」対象機種です。12ヶ月目までプログラム利用後、13か月目にプログラム早期利用料12,100円を支払えば、残りの分割金の支払いが不要です。

端末返却時にスマホに故障などがあると、返却時に故障時利用料が発生します。

いつでもカエドキプログラム注意点

故障時利用料:22,000円または2,200円(ケータイ補償サービス加入時)

  • 本体の破損
  • 電源投入不可
  • 液晶表示不良またはタッチパネル操作不良
  • ボタン操作不可
  • SIMトレイの破損または損傷
  • 初期化されていない

返却時に故障時利用料が発生しないよう、購入したスマホはケースなどを付け大事に使いたいですね。ドコモのいつでもカエドキプログラムを利用すれば、最新iPhone15をお得に使えますので、ぜひ活用したいキャンペーンです。

5G WELCOME割

ドコモの5G WELCOME割は、他社から番号そのままドコモに乗り換えるとスマホの本体代金最大22,000円割引または20,000ポイント進呈されるキャンペーンです。

5GWELCOME割の詳細や、対象のiPhone15シリーズは以下の通りです。

5G WELCOME割乗り換え
iPhone15
128GB
22,000円割引

残念ながらiPhone15以外は対象外です。今後、キャンペーン対象機種になるといいですね。22,000ポイントは、開通手続き完了後の翌々月にdポイント(期間・用途限定)にて進呈されます。

iPhone15以外にも、ドコモの認定中古品『docomo Certified』のiPhoneシリーズやAndroidのXperiaやGalaxyなども割引対象になっています。新品にこだわりがない方や、Androidに機種変更する可能性がある方は、ぜひチェックしてみてください。

少しでも安く最新のiPhone15をゲットしたい方は、MNPにてドコモに乗り換えてもいいですね。

\iPhone15がお得に買える/

事務手数料0円、待ち時間ゼロ!

iPhone15のキャンペーン|auの最新情報

iPhone15 キャンペーン

4月12日時点の情報です。
※最新情報は公式サイトを確認してください。

auの最新iPhone15のキャンペーンについて紹介していきます。その前にauの料金プランなどについてチェックしておきましょう。

auの料金プランは、ギガ使い放題プランと小容量プランに分けられます。

使い放題プランは、標準プランのほかにamazon primeやTELASA、NETFLIXなどのサブスクリプションがセットになったお得なプランもあります。

料金プランエンタメサービス月額料金割引適用後※
使い放題MAX 5G/4G7,238円4,928円
with AmazonプライムAmazon prime
TELASA
8,008円5,698円
DAZNパックDAZN9,768円7,458円
Netflixパック(P)Netflix
TELASA
amazon prime
8,338円6,028円
ドラマバラエティパックTELASA
FOD
U-NEXT
9,108円6,798円
5G ALL STARパック2Netflix
Apple MUSIC
YouTube Premium
TELASA
DAZN
ピッコマ
Amazon prime
10,648円8,338円

※「家族割プラス(3人以上)」「auスマートバリュー」「au PAY カードお支払い割」適用

ほかにもau PAYカードとau じぶん銀行とセットで使うと割引される「au マネ活プラン5G/4G」があります。

小容量プランの『スマホミニプラン5G/4G』は、使用したデータ容量に応じて月額料金が変動します。

スマホミニプラン5G/4G~1GB~2GB~3GB~4GB
月額料金3,465円4,565円5,655円6,215円
各種割引家族割プラス(3人以上)▲550円

auスマートバリュー ▲550円

au PAY カードお支払い割 ▲187円

割引適用後2,178円3,278円4,378円4,928円

データ量を問わず同額の割引があります。auスマートバリューの割引額は、使い放題MAXでは1,100円ですが、スマホミニプランでは550円になるので注意しましょう。4GB以上通信するなら使い放題MAXがお得です。

iPhone15が安くお得に購入できるauのキャンペーンは下記のとおりです。

auでは機種代金の実質負担金が約半額になるキャンペーンやMNPにて本体代金が割引されるキャンペーンなどがあります。さっそく、特典内容や条件などをみていきましょう。

スマホトクするプログラム

auのスマホトクするプログラムは、25ヶ月目に利用していた機種を返却すれば約半額で最新機種が使えるキャンペーンです。

iPhone15 128GBを参考にシミュレーションしてみました。

iPhone15 128GBの機種代金は145,640円ですが、スマホトクするプログラムを利用すれば、実質負担32,820円~です。他社から乗り換えた際のau Online Shop おトク割を適用した価格です。

【例】iPhone15 128GBを購入
定価145,640円
5G機種変更おトク割5,500円割引
分割払い初回1,434円
2回目以降(×22回)1,423円
(最終回 107,400円)
23回目の支払い時に端末返却実質負担
32,740円
24回目以降も端末利用を継続107,400円を24回分割払い可能

23回目の支払いを待たずに返却し、最新機種への変更も可能です。23回目の支払い時に返却がなければ、24回目の分割金を再度24回払いの分割にて支払うことで、そのままiPhone15 Proの利用ができますよ。

2年前に機種購入した方は、今利用中の端末を返却しiPhone15をお得にゲットしてもいいですね。

スマホトクするプログラムは、スマホの本体代金が約半額で利用できるお得なキャンペーンですが注意点もありますので、チェックしておきましょう。

スマホトクするプログラムの注意点
  • 購入した機種は12ヶ月以上利用
  • 破損や水濡れ、電源投入不可などは返却時に支払いが必要
    (22,000円または故障紛失サポート加入者は2,200円)

端末返却時に故障や破損があると別途料金が発生しますので気を付けてくださいね。スマホケースやフィルムを付けて利用すると安心です。

au Online Shop お得割

au Online Shopお得割は、新規または他社から番号そのまま乗り換えると、機種代金が最大22,000円割引されるキャンペーンです。

iPhone15もキャンペーン対象機種です。新規契約と他社から乗り換えによって、割引金額が異なります。最新のiPhone15や取り扱っているiPhoneの割引額を下記表にまとめました。

対象機種乗り換え新規契約
iPhone15シリーズ(全容量)22,000円11,000円
iPhone14シリーズ(全容量)
iPhone SE 第3世代(64GB/128GB)
iPhone SE 第3世代(256GB)

iPhoneのほかAndroidスマホやケータイ(ガラホ)も割引対象です。現在、他社回線にてスマホ利用中の方は、auへ乗り換えれば最新のiPhone15をお得に購入できますよ。ぜひ、検討してみてくださいね。

5G機種変更おトク割

現在auを利用中の方は、5G機種変更おトク割を使って最新iPhone15を安く購入しましょう。auでは、機種変更の際最大5,500円割引されます。auで販売されている端末はほとんど対象です。

最新のiPhoneに限らず、現在利用中の端末が12ヶ月以上経っていれば利用できるうれしいキャンペーンです。適用条件は下記のとおりです。

5G機種変更おトク割適用条件
  • 機種変更で対象機種の購入
  • 現在使っている機種の利用期間が12ヶ月以上
  • 対象の料金プランへの加入または加入中(使い放題MAXなど)
  • 故障紛失サポートへの加入

これらの条件をすべて満たすことで、5,500円の割引が受けられます。機種変更の割引キャンペーンは少ないため、ぜひ活用したいですね。

\iPhone15がお得に買える/

事務手数料0円、待ち時間ゼロ!

iPhone15のキャンペーン|ソフトバンクの最新情報

iPhone15 キャンペーン

ソフトバンクの最新iPhone15のキャンペーンについて紹介していきます。その前にソフトバンクの料金プランなどについて確認しましょう。

ソフトバンクの料金プランは、データ容量をたくさん使いたい人とあまり使わない人向けのプランがあります。

メリハリ無制限は、YouTube Premiumが半年間無料で使え、7ヶ月目以降の25%オフで利用できます。

メリハリ無制限
データ量無制限
基本料金7,238円
各種割引新みんな家族割 ▲1,210円

おうち割光セット ▲1,100円

割引適用後4,928円

割引を適用すれば、5,000円以内でネット通信が使い放題です。ただし、テザリングは30GBまでのため、気を付けましょう。

ミニフィットプラン+は、使用したデータ容量に応じて毎月の料金が変動します。

ミニフィットプラン+~1GB~2GB~3GB
月額料金3,278円4,378円5,478円
各種割引新みんな家族割 ▲1,210円

おうち割光セット ▲1,100円

割引適用後2,178円3,278円4,378円

ソフトバンクの料金プランは、使い方に応じて自分にあったプランが選べます。さっそく、ソフトバンクのiPhone15のキャンペーンについて紹介していきます。

ソフトバンクでは、新トクするサポートの特典を利用すればiPhone15をお得に購入できますよ。

新トクするサポート

引用:ソフトバンク

ソフトバンクの新トクするサポートは、端末代金を48回払いの分割にて購入し、端末を返却すれば25回目以降の支払いが不要、端末の返却は13ヶ月目以降ならいつでも可能です。

iPhone15(128GB)総額145,440円にて、シミュレーションしてみましょう。48回払いで購入し、13ヶ月目に端末返却をしたときの負担金額です。

【例】iPhone15 128GBを購入
定価145,152円
分割払い1,506円×24回
24回目の支払い時に端末返却実質負担36,144円

端末返却時に破損や故障がある場合は、別途料金の支払いまたは回収できないことがありますので注意しましょう。

新トクするサポートの注意点

故障時利用料:22,000円(場合によっては「あんしん保証パックサービス」加入者の減額あり)

  • 電源投入不可
  • 破損・液晶不良・タッチパネル動作不良
  • 改造などによるメーカー保証対象外

ソフトバンクの新トクするサポートは、ソフトバンク回線の契約がなくても利用できるキャンペーンです。新トクするサポートを使えば、最新のiPhone15もお得に購入できますよ。

オンラインショップ割|最大43,968円割引

引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの【オンラインショップ割】は、対象機種に他社から乗り換えで最大43,968円割引されます。さらに、新トクするサポートとの併用可能なキャンペーンです。

iPhone15を新トクするサポートとともにオンラインショップ割を適用させた場合は以下の金額になります。

【例】iPhone15 128GBを購入
定価145,152円
オンラインショップ割21,984円割引
分割払い1~24回:590円(916円割引)
25~48回:4,542円
24回目の支払い時に端末返却実質負担14,160円

iPhone15は13回目、iPhone15 Plus・Pro・Pro Maxは24回目の支払い後に返却すれば、半額以下でお得に購入可能です。最新のiPhone15をお得に使いたい方は、web割と新トクするサポートを利用しましょう。

\iPhone15がお得に買える/

事務手数料0円、待ち時間ゼロ!

iPhone15のキャンペーン|楽天モバイルの最新情報

iPhone15 キャンペーン

楽天モバイルの最新iPhone15のキャンペーンについて紹介していきます。楽天モバイルの料金プランは、格安SIMに負けないくらい安い料金プランです。さっそく、チェックしてみましょう。

楽天モバイルの基本料金は、データ容量の使用した分に応じて支払い金額が変動する段階制の料金プランのみです。

楽天最強プラン~3GB~20GB無制限
月額料金1,078円2,178円3,278円
各種割引最強家族プログラム ▲110円
割引適用後968円2,068円3,168円

あまりギガ数を使わなかった月は安くなり、たくさん使っても3,278円以上料金があがることなく、無制限で利用可能です。安い基本料金にて無制限で利用したい方や毎月のギガ数の使用状況が月によって異なる方は楽天モバイルの料金プランがおすすめです。

また、22歳以下の契約者はさらに『最強青春プログラム』の適用により、毎月楽天ポイントで110円相当の還元がありますよ。

楽天モバイルのiPhone15キャンペーンは、下記のとおりです。

楽天モバイルでは、楽天ポイント還元のキャンペーンや楽天モバイルユーザー限定のキャンペーンなどお得な特典が多くあります。開催中のキャンペーンを下記よりチェックしていきましょう。

楽天モバイル買い替え超トクプログラム

楽天モバイル買い替え超トクプログラムは、端末を48回の分割払いで購入し、24回支払い後に返却することで残りの支払いが不要になるサービスです。

25ヶ月目に端末の返却をすれば、残り24回分の支払いの必要がありません。キャンペーンと併用すれば、ポイント還元にて実質負担は半額以下で済みますよ。

【例】iPhone15 128GBを購入
定価131,800円
iPhoneトク得乗り換えキャンペーン32,000ポイント還元
分割払い2,745円×24回

残価:65,920円

24回目の支払い時に端末返却実質負担
35,800円
25回目以降も端末利用を継続2,745円×23回+2,785円
※返却時以降は支払い免除

2年使用したあとの返却時に故障や破損などがあると、故障費用最大22,000円支払いが必要です。ケースなどをつけて取り扱いには気を付けたいですね。万が一、故障した際は、返却時までに修理しておきましょう。

楽天モバイル買い替え超トクプログラムの注意点
  • ディスプレイの割れや深い傷、複数の傷
  • 画面焼けや線、ドット抜け
  • 重度の外装の傷や打痕、割れ
  • カメラレンズの傷や割れ
  • 電源投入不可や正常に機能しない
  • 水濡れ
  • 初期化されていない、改造品など

破損や故障がひどい場合は、受付不可となり返却できなくなりますので、気を付けましょう。また、楽天モバイルにて機種変更せず端末のみ返却する場合は、事務手数料3,300円がかかります。

楽天モバイル買い替え超トクプログラムを利用することで、高額に最新iPhoneをお得に購入できます。楽天モバイルなら、毎月の料金を抑えつつ最新機種が使えますので、節約したい方におすすめです。

iPhoneトク得乗り換え!対象のiPhoneが最大32,000ポイント還元!

引用元:楽天モバイル

楽天モバイルにて初めて申し込みされる方がiPhoneの購入と条件を満たせば、最大32,000ポイント還元されるWeb限定のお得なキャンペーンです。

iPhoneトク得乗り換え!
特典
  • 1括または24回払い
    • 最大20,000円割引&最大12,000pt還元
  • 48回払い
    • 最大12,000pt還元
条件
  • 初めてのプラン申し込み + 他社から乗り換え
  • プランの利用開始
  • Rakuten Linkで10秒以上通話
期間2024年2月1日~終了日未定

上記すべて達成することで最大32,000ポイント還元されます。未達成の項目があるとポイント還元が減りますので、注意しましょう。

初めてプランの申し込みは、申し込みの翌月までにプランの利用開始とRakuten Linkにて10秒以上の通話が条件です。

楽天モバイルで取り扱っているiPhoneは、買い替え超トクプログラム対象端末です。購入時に48回払い(楽天カード支払い)を選択しましょう。

対象のiPhoneストレージ容量ポイント還元
15128GB/256GB/512GB32,000ポイント
15 Plus128GB/256GB/512GB
15 Pro128GB/256GB/512GB/1TB
15 Pro MAX256GB/512GB/1TB
14128GB/256GB/512GB
14 Plus128GB/256GB/512GB
13128GB/256GB/512GB
SE 第3世代64GB/128GB/256GB12,000ポイント

iPhone購入時は必ず利用してみてくださいね。

\iPhone15がお得に買える/

4キャリア最安値、待ち時間ゼロ!

iPhone15は高くなるのか値段&発売日予想と結果|キャンペーン割引でお得に購入!

iPhone15 キャンペーン

iPhone15の発売日と各キャリアの本体価格をまとめました。iPhone15の発売日例年通りとなり、本体価格も高額化しています。

iPhone15の本体価格と発売日
  • iPhone15の発売日は2023年9月22日(金)
  • iPhone15の本体価格は今まで以上に高額化

近年iPhoneは円安や部品の高騰から値上がりの傾向があるため、iPhone15の値段はiPhone14よりも高額です。

iPhone15は今まで以上に高額シリーズになった

iPhone15は高額になると各メディアなどで予想されていましたが、予想通りiPhone14よりも2万円程度値上げされました。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの4キャリアによるiPhone15の値段は、上記の値段よりも1万円から2万円程度高くなっています。ただし、各キャリアのキャンペーンを活用することで最新のiPhone15を安く購入できますよ。

Appleストアのほかドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイルの本体価格を確認していきましょう。

iPhone15の本体価格|Appleストア

Appleストアにて販売されているiPhone15は、SIMフリー版です。本体価格は下記のとおりです。

iPhone15販売価格
128GB124,800円
256GB139,800円
512GB169,800円
iPhone15 Plus販売価格
128GB139,800円
256GB154,800円
512GB184,800円
iPhone15 Pro販売価格
128GB159,800円
256GB174,800円
512GB204,800円
1TB234,800円
iPhone15 Pro MAX販売価格
256GB189,800円
512GB219,800円
1TB249,800円

iPhone15 Pro Maxではストレージ容量128GBがなくなり、256GB・512GB・1TBの3つに変更されています。

Appleでの購入は、一括払いまたは36回払いで支払い可能です。使用中のiPhoneを下取りに出すことで、4,000円~115,000円割引されます。機種変更後、端末の使い道がない方は下取りに出してiPhone15シリーズを安くゲットしましょう。

iPhone15の本体価格|ドコモ

ドコモオンラインショップでのiPhone15の本体価格は、下記のとおりです。

iPhone15本体価格いつでもカエドキプログラム
128GB149,490円62,898円
256GB172,040円73,040円
512GB212,300円89,540円

iPhone15 Plus本体価格いつでもカエドキプログラム
128GB168,740円85,580円
256GB190,080円96,360円
512GB230,890円116,050円
iPhone15 Pro本体価格いつでもカエドキプログラム
128GB192,060円97,020円
256GB218,790円110,550円
512GB255,090円131,010円
1TB291,830円158,510円
iPhone15 Pro MAX本体価格いつでもカエドキプログラム
256GB236,940円119,460円
512GB273,680円145,640円
1TB305,910円169,950円

ドコモではiPhone15シリーズがいつでもカエドキプログラム対象機種です。いつでもカエドキプログラムプラス対象機種は、1年で支払いを免除することも可能です。その際は、早期利用料12,100円を支払う必要があるので、場合によっては割高になるので注意しましょう。

ドコモのiPhone15キャンペーン情報

iPhone15の本体価格|au

au販売のiPhone15の本体価格は下記のとおりです。キャンペーンを活用することで安く購入できます。

iPhone15本体価格5G機種変更おトク割スマホトクするプログラム
128GB145,640円140,140円32,740円
256GB166,780円161,280円82,130円
512GB206,930円201,430円102,485円
iPhone15 Plus本体価格5G機種変更おトク割スマホトクするプログラム
128GB163,490円157,990円80,290円
256GB184,850円179,350円91,330円
512GB225,360円219,860円111,915円
iPhone15 Pro本体価格5G機種変更おトク割スマホトクするプログラム
128GB185,860円180,360円94,205円
256GB211,930円206,430円107,430円
512GB248,560円243,060円126,060円
1TB285,420円279,920円144,920円
iPhone15 Pro MAX本体価格5G機種変更おトク割スマホトクするプログラム
256GB230,360円224,860円116,860円
512GB267,100円261,600円135,605円
1TB303,850円298,350円154,350円

auでは他社乗り換えのほか機種変更でも5,500円割引されます。

auのiPhone15キャンペーン情報

iPhone15の本体価格|ソフトバンク

ソフトバンクのオンラインショップでのiPhone15の本体価格は下記のとおりです。こちらは新トクするサポートとオンラインショップ割を適用させています。

iPhone15本体価格新トクするサポート+オンラインショップ割
128GB145,152円14,160円
256GB166,320円83,160円
512GB206,640円103,800円
iPhone15 Plus本体価格新トクするサポート
128GB163,440円46,800円
256GB184,320円52,200円
512GB224,640円63,360円
iPhone15 Pro本体価格新トクするサポート
128GB185,760円24円~(プレミアム)
256GB211,680円53,820円
512GB248,400円71,280円
1T285,120円81,540円
iPhone15 Pro MAX本体価格新トクするサポート
256GB229,680円65,340円
512GB266,400円76,320円
1TB293,040円85,320円

ソフトバンクの新トクするサポートは、1年くりあげオプションの特典利用可能です。ただし、別途「早トクオプション利用料」12,100円が必要になることを覚えておきましょう。

ソフトバンクのiPhone15キャンペーン情報

iPhone15の本体価格|楽天モバイル

楽天モバイルでは初めてのプラン申し込み&他社から乗り換えにて条件を満たせば、最大13,000ポイント還元されます。

楽天モバイルiPhone15の本体価格は下記のとおりです。

iPhone15本体価格 iPhoneトク得乗り換え!買い替え超トクプログラム
128GB131,800円最大32,000ポイント還元65,880円
256GB153,800円76,896円
512GB199,800円99,888円
iPhone15 Plus本体価格 iPhoneトク得乗り換え!買い替え超トクプログラム
128GB156,800円最大32,000ポイント還元73,392円~
256GB178,800円83,880円
512GB218,900円102,384円
iPhone15 Pro本体価格 iPhoneトク得乗り換え!買い替え超トクプログラム
128GB174,700円最大32,000ポイント還元87,336円
256GB192,800円96,384円
512GB225,800円112,896円
1TB259,800円129,888円
iPhone15 Pro MAX本体価格iPhoneトク得乗り換え!買い替え超トクプログラム
256GB210,800円最大32,000ポイント還元105,384円
512GB244,800円122,400円
1TB276,800円138,384円

1円でも安くiPhone15の購入をしたい方は、番号そのまま他社へ乗り換えし、各キャリアの端末購入プログラムを活用するとお得に購入できますよ。詳しくは各キャリアのキャンペーン情報をチェックしましょう。

楽天モバイルのiPhone15キャンペーン情報

iPhone15の発売日は2023年9月22日(金)

iPhone15は2023年9月15日に予約開始され、2023年9月22日(金)に発売開始されました。

iPhone15の予約開始日と発売日は例年通りの流れになりましたね。iPhone15発売されましたが、各キャリアストレージ容量やカラーによっては即日購入可能です。

iPhone15の予約をせずに購入をあきらめていた方は、各キャリアの在庫後状況をチェックしましょう。

各キャリアのオンラインショップでの購入がおすすめです。オンラインショップなら24時間待ち時間なく受付可能です。

iPhone14・iPhone14 Pro値下げ開始!|在庫切れに注意

iPhone15 キャンペーン

iPhone14の値下げが2024年1月から始まりました。楽天モバイルでは端末割引、ドコモとソフトバンクでは購入プログラムにて実質の値段が安くなっています。各キャリアのiPhone14の販売価格と実質価格を比較してみましょう。

キャリアiPhone14
128GB※
詳細
ドコモ11,834円
  • 5G WELCOME割:20,000pt
  • いつでもカエドキプログラム(23カ月目に返却)
au販売終了
ソフトバンク48円
  • オンラインショップ割:43,968円
  • 新トクするサポート(25カ月目に返却)
楽天モバイル60,384円
  • 端末割引:20,000円
  • ポイント還元:12,000pt

※実質負担額

iPhone14の値下げに伴い、auでは販売を終了しています。他キャリアでも在庫がなくなり次第、販売を終了する可能性は高いでしょう。

ドコモとソフトバンクは購入プログラムにより端末返却が必要ですが、楽天モバイルは返却不要です。iPhone14を長く利用したい方は、楽天モバイルにて購入したほうがいいでしょう。

iPhone14・iPhone14 Proの購入がおすすめな人

iPhone15発売後にもiPhone14・iPhone14 Proの購入をおすすめな人は、値下げされたタイミングでお得に購入したい、最新機種にこだわらない方です。

iPhone15発売後にiPhone14・iPhone14 Proを値下げのタイミングで購入するメリットは下記のとおりです。

iPhone15発売後にiPhone14・iPhone14 Proを購入するメリット
  • 値下げされお得に購入可能
  • iPhone14でも普段使いでは十分なスペック
  • キャンペーンや特典が増える可能性有

iPhoneは最新機種でなくても普段使いでは困らない性能です。負荷のかかるゲームをしたかったり、最新機種のカメラ性能などを使いたかったりする方は、最新のiPhoneを購入したほうがいいかもしれませんね。

iPhone14・iPhone14 Proが安くなるタイミングでの購入は、下記の点に注意しましょう。

  • 人気のカラーや容量が早々に売り切れる可能性有
  • 店頭(ショップ)受け取りは混み合う可能性有

毎年あることですが、値下げされたタイミングでの購入を逃すと、欲しかったカラーや容量が売り切れることもあります。欲しいカラーや容量が決まっている方は、各キャリアのキャンペーン情報をチェックしておきましょう。

購入場所は、ショップ(店頭)よりもオンラインショップがおすすめです。オンラインショップでの購入なら手続き後届くまで待つだけです。ショップにて申し込みした場合、店内が混み合い時間がかかる可能性があります。

iPhone15の発売やiPhone14の値下げを待つべきか、知恵袋の意見も調査

iPhone14の値下げが始まりましたが、iPhone15発売前のiPhone14の値下げを待っていた方の声を参考にみてみましょう。

iPhone15の発売やiPhone14の値下げを待ったほうがいいのか、知恵袋でも同様の質問をしているiPhoneユーザーは多数見かけました。

iPhone14を購入するかiPhone15を待つべき迷っています。
現在はiPhone XRを3年ほど使っています。iPhone15はおそらく秋頃にでますよね?
14を買わないで待つべきでしょうか

引用元:Yahoo!知恵袋

いまiPhone14にするのは、もったいないですか?
15を待つべき?

引用元:Yahoo!知恵袋

これに対し、知恵袋では「値下げを待つべき!」という意見と「円安などの物価高で型落ち商品も値上げする可能性を考えたら今買うべき!」という意見が見られました。

15発表と同時に14は1万円程度値下げされます。
14を買うにしてもあと1ヶ月待つ方が良いです。
15も値段は変わらないと噂されています。
もし14と15の値段差が1万円程度なら新しい15を買うべきです。

引用元:Yahoo!知恵袋

昨年は7月に、型落ちなのに12も値上げし13も14発売直前なのに円安で値上げされましたね
13は9月に14発売時に型落ちで1万円だけ値下げされました、12も同様に少し値下げし、次の15発売で終売でしょう、14発売で11終売です
4万円値上げで1万円だけ値下げして3万円値上げしたままです。
円相場がどうなるか読めない以上、少しでも好条件の時に買っておくのが鉄則です。

引用元:Yahoo!知恵袋

確かにどちらの意見も納得できますね。知恵袋では「疑問に対しての回答」という形での意見でしたが、X(旧Twitter)ではより悩んでいる方のリアルな意見が見られました。iPhone15の値段を見てどちらを購入するか決めようと考えているという方が多いようです。

んー
14でもいいのかなぁ。

15出て値段見て決めてもいいのか?
一年遅れの14も嫌だが15はかなりの値上げと聞くし、、、。

とにかく出るまで待つしかないのか😭

X(旧Twitter)より引用

生まれる前にiPhone14に変えときたいけど15の発売まで待つと安くなるとかあるかな…でもそれで売れ切れて買えないとかもやだしな…

X(旧Twitter)より引用

iPhone15の充電方法がUSB Type-Cに変わるとのうわさを聞き、iPhone15の発売日まで待つとの口コミもありました。

そろそろスマホ買い替えするけど
俺はiPhone15が出るまで待つぜ
type cが魅力的すぎんよ

X(旧Twitter)より引用

iPhone14に買い換えようとしたんだけど15まで待つって決めた!
USB-Cになったら14までのLightningの価値が爆下がりしそう…。
さすがに15発売以降にLightningモデルのiPhoneを新規で買うってなかなか無さそうだし15発売以降に14以下を下取りに出す場合価値が下がってそうで怖い。
ってかiPhone高過ぎ

X(旧Twitter)より引用

口コミを見てみると、iPhone15の発売日を待ってどちらにするか決める方が多いようですね。iPhone15が発売日され値段やスペックなどiPhone14と比較できますね。自分にとってどちらがいいのか決められそうです!

2024年にiPhone14が値下げされてからの購入を検討している方や実際購入した方の口コミを紹介しましょう。

iPhone14が値下げしたようなので機種変しようか迷ってる。(なぜ14かというとFF14が好きだからってだけ)今はiPhone8使ってる。

X(旧Twitter)より引用

政府の規制のためiPhoneを一括で安く買うことはできなくなったみたいなので、今回はiPhone14をSoftbankさんから2年間24円で借りてみることにしました。
でも借り物だと壊しちゃうのが心配です。なので灼熱の夏の球場なんかでは古いiPhone12を使えるよう維持していこうと思います。

X(旧Twitter)より引用

キャリアの端末購入プログラムを利用すればiPhone14を安く利用できますね。iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxは、すでに終売していますので、iPhone 14・14 Plusも在庫がなくなる可能性もあります。安くiPhoneを利用したい方は在庫切れになる前に契約しましょう。

iPhone15のデザインやスペック|追加された機能やProとの違いなど

iPhone15 キャンペーン

iPhone15が発表され、デザインやスペックが明らかになりました。iPhone15のデザインやスペックなどについて紹介していきます。

iPhone15 デザインやスペック
  • iPhone15のラインナップ
  • iPhone15のデザイン・カラー
  • iPhone15のスペック
  • iPhone15とiPhone15 Proの違い

iPhone15のカラーや容量は若干変化しています。さらに、iPhone15のデザインは、は、より洗練されたデザインになっています。カメラ性能の向上やUSB-Cへの対応など新しくなったiPhone15のラインナップやスペックなどさっそくチェックしましょう。

iPhone15のラインナップ

iPhone15のラインナップは、iPhone14と同じラインナップになりました。変更点は、iPhone15 Pro MAXのストレージ容量から128GBが廃止された点。256GB・512GB・1TBの3種のみになりました。

iPhone15 ラインナップ
  • iPhone15(128GB/256GB/512GB)
  • iPhone15 Plus(128GB/256GB/512GB)
  • iPhone15 Pro(128GB/256GB/512GB/1TB)
  • iPhone15 Pro MAX(256GB/512GB/1TB)

iPhone15シリーズのラインナップは、iPhone14シリーズと同じです。予想通りminiシリーズの販売はありませんでした。iPhone15へ買い換える際は、現在お使いのストレージ容量から検討し購入してくださいね。

iPhone15のデザイン・カラー

iPhone15では、少し丸みを帯びたラウンドエッジデザインになりました。

iPhone15シリーズのカラー展開は、下記のとおりです。

iPhone15無印 /PlusPro/Pro MAX
カラー

  • ブルー
  • ピンク
  • イエロー
  • グリーン
  • ブラック

  • ナチュラルチタニウム
  • ブルーチタニウム
  • ホワイトチタニウム
  • ブラックチタニウム

iPhone15とiPhone15 Plusは、パステルカラーのような淡い色合いです。iPhone15 ProとiPhone15 Pro MAXは、シックでモダンな色合いです。

iPhone14のカラー展開は、後日イエローが販売されました。iPhone15でも後日新色の発売があるかもしれませんね。

iPhone15のスペック

iPhone15のスペックは、カメラ性能の向上やCPUチップの性能アップ、USB-C(Type-C)に対応しました。

iPhone14からiPhone15のスペック変更点
  • チタニウムとアルミニウムフレームにより軽量化
  • ベゼル薄型化
  • 全シリーズDynamic Island対応
  • 4,800万画素のメインカメラ
  • 最大10倍の光学ズーム(Pro)
  • A17 Bionic Proチップ搭載(Pro)
  • アクションボタン搭載(Pro)
  • Type-Cへの変更

iPhone15・iPhone15 Proに共通して変更された点は、ベゼルの薄型化やDynamic Islandへの対応、充電がこれまでのLightningケーブルからType-Cを搭載したこと、4800万画素のカメラに対応したことです。

Type-Cへ変更に伴い、ケーブルが同梱されています。ただし、高速充電したい方は別売りの20W USB-C電源アダプタを購入しましょう。20W USB-C電源アダプタがあれば、約30分間で最大50%の充電ができます。

iPhone15 ProとiPhone15 Pro MAXは、カメラ性能が向上し最大10倍の光学ズームができるようになりました。遠くのものがより鮮明に撮影でき、本格的に写真撮影したい方に重宝されそうです。

また新しくアクションボタンがボリュームキーの上部に搭載されました。デフォルトモードはこれまで通りマナーモードへの切り替えですが、自分好みの設定へ変更ができます。

また、最新のA17 Pro Bionicチップを搭載し、さらにレスポンス良く、高性能な処理能力に期待が高まりますね。

iPhone15は軽量化されたほかスペックが向上し使い勝手がとてもよくなっています。iPhone14を検討していた方の中には、iPhone15の購入を決めた人もいるかもしれませんね。

iPhone15とiPhone15 Proの違い

iPhone15とiPhone15 Proの異なる点は、見た目のカラー展開やカメラの数のほか機能面や価格などが挙げられます。

iPhone15とiPhone15 Proの違う点は、下記表より確認しましょう。

iPhone15iPhone15 Pro
本体価格(Apple)124,800円~159,800円~
サイズ147.6mm/71.6mm/7.8mm146.6mm/70.6mm/8.25mm
重量171g187g
ディスプレイ常時表示ディスプレイ
スイッチ着信/消音スイッチ(従来通り)アクションボタン
チップA16 BionicチップA17 Proチップ
カメラメイン/超広角メイン/超広角/望遠
USB-CUSB 2に対応USB 3に対応(最大20倍速データ転送可能)
ストレージ128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB/1TB

iPhone15 Proのほうが高性能で価格も高く設定されています。iPhone15 Proのカメラ機能は、ナイトモードポートレートやマクロ撮影、Apple ProRAW、手振れ補正の強化、3倍の光学ズームオプションなどiPhone15にない機能が多く搭載されています。

常時表示画面やチタニウム素材の使用なども違いますね。iPhone15でも普段使いでは十分すぎる性能です。カメラ機能や新しい機能を試したい方は、iPhone15 Proを選んでみてもよいでしょう。

予算や機能などから自分に合ったほうを購入してくださいね。

iPhone15のキャンペーンに関する質問

iPhone15 キャンペーン

iPhone15のキャンペーンについてよくある質問をまとめました。購入場所や予約開始日、下取りについてなど気になることはたくさんありますね。

iPhone15のキャンペーンに関する質問集
  • iPhone15は店頭とオンラインではどっちがお得?
  • iPhone15を買わないほうがいい人は?
  • iPhone15の予約はいつから始まる?
  • iPhone15のキャンペーンと下取りは併用できる?
  • iPhone15の発売でiPhone13が値下げされる可能性はある?
  • iPhone15のキャンペーン家電量販店でやってる?
  • iPhone15でスマホデビューしたい!おすすめのプランはある?

iPhone15の発売に伴い旧モデルが安くなる可能性が高いことやオンラインショップまたは店頭独自のキャンペーンが開催されるかもしれません。損せずiPhone15を購入したい方は、質問の回答もぜひチェックしましょう。

iPhone15は店頭よりもオンラインのほうがお得

iPhone15は、一般的にはオンライン購入のほうがお得です。オンライン限定キャンペーンにて割引が多くなる可能性があります。最新iPhone15の発売時のショップは、例年混み合い、受け取りまでに時間がかかることも多くあります。

待ち時間なくスムーズに受け取りたい方は、オンラインにて申し込むことをおすすめします。ただし、ショップによっては、事前予約すると店頭独自のキャンペーンや特典のプレゼントをしていることもあります。

お近くのショップにてお得なキャンペーンを開催していれば、店頭のほうがお得になるかもしれません。

ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアでは、オンラインショップで購入しても送料無料、24時間受付しています。キャンペーンや利便性を含め、オンラインショップでの購入がお得ですね。

iPhone15を買わないほうがいい人は最新機種にこだわりがない人

iPhone15を買わないほうがいい人は、最新機種にこだわりのない方や今お使いの端末が故障している方などです。iPhoneの最新機種は、カメラ性能の向上や新機能が追加され高額化しています。

最新機種の機能や性能を使いたいといったことがなければ、型落ちiPhoneでも十分です。現在お使いの端末が故障しているまたは調子が悪い方は、できるだけ早めに買い替えたほうがいいでしょう。

万が一、iPhone15の在庫を待っている間に、端末が壊れデータがなくなる可能性もあります。最新のiPhone15の最新機能や性能は魅力的ですね。1台の端末を長く利用したい方などは、iPhone15を購入しても良いでしょう。

iPhone15の予約は2023年9月15日より開始・9月22日に発売

iPhone15の予約は、Appleのイベント後にドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの各キャリアで予約開始されました。最新iPhoneの予約は、例年9月の第2週目の発表後の週の金曜日に予約開始されています。

例年通りiPhone15の予約開始日は、2023年9月15日(金)です。翌週の2023年9月22日(金)に発売されました。詳しくは下記ページよりご確認ください。

iPhone15の発売日は2023年9月22日(金)

iPhone15のキャンペーンと下取りは併用できる

下取りについては、各キャリアほぼ全てのキャンペーンと併用可能です。他社から乗り換えと同時に下取りすると、下取り金額が機種変更よりも高額に設定されておりお得です。

楽天モバイルでは、下取りすれば下取り金額のほかプラスでポイント還元されます。

iPhone15の値段は高額になると予想されることから、下取りしてお得に機種変更できるといいですね。

なお、現在使用中の機種に買い替えプログラムを適用したい場合には端末の返却が必要なので、下取りキャンペーンは適用することができません。下取りよりも買い替えプログラムの方がお得になるケースも多いため、注意してください。

iPhone15の発売でiPhone13が値下げされる可能性はあり

iPhone15の発売に伴いiPhone13は値下げされています。Appleストアでは、iPhone13が95,800円~購入可能です。

また、これまで取り扱いのなかったUQモバイルやワイモバイルにてiPhone13の販売が開始されています。iPhone13の値下げは、今後も拡大すると予想されます。

ただし、iPhone13は発売当初から人気が高く、大幅値下げ前に在庫切れになる可能性もあります。気になる方は、早めの購入を検討してくださいね。

iPhone15のキャンペーン家電量販店でもある|ポイント還元など

iPhone15のキャンペーンは、それほど目立って多くはありませんが家電量販店でも行われているようです。家電量販店のキャンペーン情報は、ホームページなどで掲載しておらず、店舗独自で行われています。

ポイント還元や下取り額の増額の口コミがみつかりました。実際の口コミをみてみましょう。

法改正前のiPhone13 一括が話題なってますが、僕はどうしてもType-CのiPhoneが欲しかったので、オープンしたてのエディオン横浜西口本店でiPhone15 Pro買ってしまいました。
エディオンカード必要ですが、iPhone購入でも20%ポイントつくのでちょっとは安く買えました。
カメラすごすぎて感動です。

引用元:X(旧Twitter)

SIMフリーiPhone15好評販売中!

店舗限定
SIMフリーiPhone購入で最大10,000円の買取増額クーポン発行中!
12/31(日)まで

引用元:X(旧Twitter)ビックカメラ公式

気になる方は、家電量販店へ直接足を運び、キャンペーン内容を確認するとよいでしょう。よく利用する家電量販店ああれば、ポイント還元にてお得に購入できますね。

iPhone15でスマホデビューにおすすめのプランやキャンペーン

iPhone15の購入と同時にスマホデビューを考えている方もいますよね。大手キャリアでは、お子様に

のスマホを持たせたい方と、ガラケーからスマホに乗り換えたい方に向けてスマホデビューにピッタリのプランを用意しています。

まずはお子様のスマホデビュー向けのプランの比較です。

お子様向けドコモソフトバンクau
データ量5GB/10GB※4GB/20GB4GB/20GB
月額料金
(2~7か月)
5GB:1,815円
+500dポイント還元10GB:2,695円
+1,000dポイント還元
1,078円1,265円
月額料金
(8~13か月)
4GB:1,078円
20GB:2,728円
月額料金
(14か月~)
5GB:1,815円
10GB:2,695円
4GB:2,266円
20GB:3,916円
4GB:2,453円
20GB:4,103円
かけ放題1回5分以内無料
加入時対象年齢15歳以下5~22歳22歳以下

※満19歳以降はデータ量が1GB/2GBに制限

各社プランには様々な特色がありますが、お子様向けのプランを大手キャリアで契約するなら保護者や家族と同じキャリアで契約するのがもっともおすすめです。

お子様単体で一人だけプランを契約することもできないことはありませんが、家族みんなで同じキャリアにそろえた方がポイントの貯まりやすさや支払いやすさ、割引など細かい部分でメリットが大きくなるでしょう。

つづいて、ガラケーからの機種変更でスマホデビューしたい方向けのプランです。

ガラケーから機種変更ドコモソフトバンクau
データ量1GB4GB/20GB4GB/20GB
月額料金
(2~13か月)
1,078円4GB:1,078円
20GB:2,728円
4GB:1,265円
20GB:2,915円
月額料金
(14か月~)
1,628円4GB:2,266円
20GB:3,916円
4GB:2,453円
20GB:4,103円
かけ放題1回5分以内無料

月額料金やかけ放題つきなどの特徴を踏まえても、もっともリーズナブルなのはドコモですが、データ量が極端に少ない点には注意しましょう。外出の頻度が高く、外でもスマホを使う方は1GBでは不足する可能性があります。その場合には無理して初心者向けプランにこだわらずにプランを選んでも良いですね。

ソフトバンクとauはほとんど価格が変わらないので、原則的には今お使いのキャリア内でのプラン変更や家族と同じキャリアがおすすめですが、これを機に通信料全体の見直しも考えているなら比較して検討してみても良いでしょう。

各社プランの詳細について、順番にご紹介していきますね。

ドコモ『U15はじめてスマホプラン』『はじめてスマホプラン』

ドコモの「はじめてスマホプラン」は、ガラケーや3G回線利用中の方が対象の、初めてスマホを持つ方にぴったりなプランです。

はじめてスマホプランの契約対象者
  • ドコモにてFOMA利用中の方
  • 他社3G回線利用中の方

かなり限定されたユーザーが対象のプランではありますが、3G回線の提供終了も間近なので、まだ3G回線を利用中の方は検討の価値がありますよ。

はじめてスマホプランの最大の特徴は、1回5分以内の通話かけ放題が標準でついているところです。

はじめてスマホプラン
データ量1GB
かけ放題5分以内の国内通話が無料
(超過分は22円/30秒)
月額料金1,815円
各種割引dカードお支払い割 ▲187円

はじめてスマホ割 ▲550円×12か月

1~12ヶ月間1,078円
13か月目以降1,628円

『はじめてスマホ割』の適用で加入から1年間は月額1,078円で利用可能です。

データ容量は1GBと各社のスマホ初心者向けプランの中でも最少量なので、「スマホの機能をフル活用!」というよりは「連絡手段として持っておきたい」という方におすすめです。また、外出する機会が少なく自宅にWi-Fiがある方にもピッタリです。

つづいて、「U15はじめてスマホプラン」について紹介します。

「U15はじめてスマホプラン」は、15歳以下で初めてスマホを契約する方向けの料金プランです。

U15はじめてスマホプランの契約対象者

利用者は15歳以下に限る

  • 新規契約
  • ドコモ(FOMA/Xi)からの契約変更
  • 他社ガラケー(3G回線 )からのMNP

15歳以下の新規契約時に利用できる料金プランのため、お子さまのスマホデビューにピッタリですね。また、はじめてスマホプランと同じように、1回あたり5分以内の国内通話料金が無料です。

U15はじめてスマホプラン
データ容量5GB10GB
かけ放題5分以内の国内通話が無料
(超過分は22円/30秒)
月額料金1,980円2,860円
各種割引dカードお支払い割 ▲187円

U15はじめてスマホISP割 ▲165円

U15ポイント特典
(最大12ヶ月)
500ポイント1,000ポイント
18歳まで1,628円2,508円

データ容量に応じて最大12ヶ月間500ポイントまたは1,000ポイントもらえることや18歳まで基本料金が変動しないこともうれしいですね。ドコモ回線を使用しているお子さまのスマホデビューにおすすめです。

ドコモのU15はじめてスマホプランは中学生にお得か?アンダー15の料金プランの詳細

ソフトバンク『スマホデビュープラン+ ライト/ベーシック』

ソフトバンクの「スマホデビュープラン+」は、5歳から22歳で新規契約の方やガラケーからの乗り換え、機種変更の方向けの料金プランです。

スマホデビュープラン+ ライト/ベーシックの契約対象者

いずれかに該当する人

  • 5歳~22歳以下の新規契約
  • 機種変更
  • 他社から乗り換え・LINEMOまたはワイモバイルから番号移行

※機種変更・乗り換え・番号移行の場合、旧機種はガラケー・キッズフォンなどの利用に限る

5歳~22歳以下の契約なら新規契約でも利用可能なため、お子さまの初めてのスマホ契約におすすめの料金プランです。また、LINEMOやワイモバイルの系列格安SIMからの乗り換えが対象な点もうれしいですね。

データ容量は、使い方に合わせて4GBまたは20GBから選べます。

スマホデビュープラン+ライトベーシック
データ容量4GB20GB
翌月から1年間1,078円2,728円
14か月目~2,266円3,916円
通話料従量制 22円/30秒

「1年おトク割+」適用で1,078円~利用可能です。自宅などのWi-Fi環境で主に利用する場合は4GB、外での利用が多い学生は20GBと選べる点もうれしいですね。スマホデビュープラン+ライト4GBとベーシック20GB間であれば、申し込みした翌月からプラン変更できますよ。

【ソフトバンク】スマホデビュープランの条件|月額料金・対象機種は?

au『スマホスタートプラン / ライト』

auの「スマホスタートプラン / ライト」は、ガラケーや他社ガラケーから乗り換えや22歳以下の新規契約の方を対象とした料金プランです。

auスマホスタートプラン/ ライトの契約対象者

いずれかに該当する人

  • 22歳以下で新規契約
  • auケータイ(ガラケー)からの機種変更
  • 他社ケータイ(ガラケー)からの乗り換え
  • 「スマホスタートプランライト 5G/4G」「スマホスタートプラン(S) 5G/4G」「スマホスタートプラン(フラット) 5G/4G」からの変更

22歳以下の方はデータ容量は4GBと20GBから選べますが、契約から1年間の月額料金は同額のため、20GBのスマホスタートプランがおすすめです。

auスマホスタートプランスマホスタートプラン
ライト
データ容量20GB4GB
翌月から1年間1,265円
2年目以降4,103円2,453円
通話料従量制 22円/30秒
年齢制限22歳以下なし

スマホスタートプラン(22歳以下限定)は、スマホスタート1年割の1,188円割引とスマホスタート応援割の1,650円割引により、1年間月々1,265円で利用可能です。さらに、au PAYカードお支払い割を適用すれば、月々187円割引されます。

スマホスタートプランとスマホスタートプランライトの使い始めの1年間は同額ですが、2年目以降の月額料金は異なるため気を付けましょう。

スマホスタートプランは、「Prime Student」1年ついてくる特典によりPrime Studentのギフトコード1年分もらえお得ですよ。

iPhone15のキャンペーンまとめ

iPhone15 キャンペーン

iPhone15は、2023年9月22日(金)に発売されました。

チタニウムにより最も軽量化されたProシリーズへと進化し、最新のA17 Proチップを搭載しています。無印iPhoneは、4800万画素のカメラとDynamic Island機能が追加されました。iPhone15シリーズは、充電ケーブルはUSB-C(Type-C)です。

iPhone15シリーズでは、最新機能の追加やカメラ性能が向上し、人気が高まりそうです。

iPhone15の値段は高額化しており、各キャリアのキャンペーンを活用してお得に最新のiPhone15をゲットしたいですね。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルのどのキャリアでも端末購入プログラムがあり、iPhoneを約半額で使えます。さらに、MNPにて他社から番号そのまま乗り換えれば、本体代金が20,000円程度割引されたり、ポイント還元されたりと、各社それぞれでiPhoneシリーズを安く提供するキャンペーンも実施されていますよ。

キャンペーンを使ってお得にiPhone15へ機種変更してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次