auひかりの乗り換えを解約から開通まで流れ!キャッシュバックが早い窓口はここ!

NTTのフレッツ網の光コラボではなくKDDIの独自回線を使用している「auひかり」

  • 「auひかりは独自回線で速い」
  • 「auひかりは安い」
  • 「auひかりはキャッシュバックがいい」
  • 「auスマホ割がすごい」

このような話を聞いてauひかりへの乗り換えたい、または乗り換えを検討されている方もいらっしゃると思います。

この記事ではお得な窓口・乗り換え方法や解約費用、メリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

\最速で確実に45,000円キャッシュバックが受け取れる/

目次

auひかりの乗換える前に確認したいメリット・デメリット

他社の光回線からauひかりに乗り換えたい場合

まず、他社光回線からauひかりに乗り換えた場合のメリット・デメリットについて比較してみました。

  • auひかり回線は速いと噂だけど本当なの?
  • 同じ光回線のフレッツ網とはなにか違いがあるの?
  • また、キャッシュバックや工事費値引きなどは本当に多いの?

このような多くの方が疑問に思うことについて解説していきます。

auひかりのメリット

画像元:auひかり公式

auひかりには次のようなメリットがあります。

auひかりのメリット

  • 速度が速い
  • auひかり新スタートサポートで、他社から乗り換え時の違約金を3万円まで負担
  • auひかり新スタートサポートで、auスマホに2台以上申し込みで1台1万円還元
  • 工事費は実質無料
  • キャッシュバックが大きい
  • auスマートバリューが適用されると、家族みんなのスマホ料金が1,100円/月安くなる
  • IPV6 IPoE接続が無料で利用できる

auひかりは速度が速い

auひかりは速度が速いと言われています。

その理由として、他社光回線業者のほとんどはNTT東西のフレッツ光回線を利用していますが、auひかりはKDDIの独自回線を使用しているためです。

 

最近はIPv6 IPoE接続 ※1 で全体的に回線速度が上がっています。

しかしそれでも昼飯時や週末の夜間ではインターネットを利用する人が極端に増えてフレッツ光に集まり、全体的に速度が落ちる可能性があります。

 

KDDIの独自回線のauひかりは混雑しないため、スピードが落ちにくいと考えられます。

実際の速度データはこのようになっています。

※1 IPv6 IPoE接続 従来のPPPoE接続は混雑ポイントで速度が落ち、1Gbpsなどと言いながらかけ離れた通信速度になっていました。

IPv6 IPoEは、混雑ポイントをなくした新しい接続方法です。

◎ドコモ光平均速度

画像元:みんなのネット回線速度

フレッツ回線を使用しているドコモ光では、平均181.35Mbpsです。

◎auひかり平均速度

画像元:みんなのネット回線速度

KDDI回線のauひかりでは、平均262.67Mbpsで、40%も違います。

個別のデータを見てみましょう。

◎ドコモ光速度グラフ

画像元:みんなのネット回線速度

IPv6 IPoE接続で578.97Mbpsです。

◎auひかり速度グラフ

画像元:みんなのネット回線速度

auひかりの回線ではIPv6 IPoE接続で794.26Mbpsも出ており、37%も早くなっています。

これは極端な例かもしれませんが、平均値からすると速度に差があることは確かです。

 

「KDDIの独自回線」のauひかりは、コラボ光の利用者より少なかったり最大速度が2Gbpsなのが理由だと考えられます。

画像元:auひかり公式

さらに東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部では、次世代インターネット回線としてauひかりホーム10ギガ・auひかりホーム5ギガ※2という高速回線が選べます(ベストエフォート ※3 5Gbps、10Gbps)

※2 推奨スペック:LANポート10GBASE-T LANケーブルカテゴリ6a以上。
※3 ベストエフォート:理論上の最高速度

他社の違約金を3万円まで負担

画像元:auひかり公式

auひかり新スタートサポート」という割引サービスが2種類あります。

  1. 他社から乗り換えたら解約金を33,000円まで負担します。
  2. au携帯電話を2回線以上利用する場合、1回線につき最大11,000円還元されます

①他社から乗り換えたら解約金を33,000円まで負担

他社の更新月以外で契約をすると解約金を取られる場合が多いです。

auひかりでは、33,000円を上限に負担してもらえます。

画像元:auひかり公式

手続き方法

他社光回線またはポケット無線WiFiからauひかりずっとギガ得プラン」「電話」「電話オプションパックEX」に36か月以上の申し込み
auひかり回線の開通
他社回線の解約
他社の違約金請求書受け取り
auひかり申し込み日から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」で申請
auWALLET プリペイドカードにチャージまたは郵便為替にて受け取り

違約金受け取り可能なプロバイダ

受け取り可能な違約金 プロバイダ
最大33,000円 au one net 
@nifty
@TCOM
BIGLOBE
So-net
最大16,500円 Asahi Net
DTI

②au携帯電話を2回線以上登録した場合、1回線につき最大11,000円還元
(1,100円/月 × 最大10か月)

家族全員がau携帯に乗り換えた場合などに大幅還元してもらえます。

画像元:auひかり公式

手続き方法

au携帯電話を2回線以上新規登録
auひかり申し込み日から12か月以内に「スタートサポート共通申請書」で申請

工事費実質無料

画像元:auひかり公式

au回線に乗り換えたら、回線使用料から工事費が割引され実質無料になるサービスがあります。

auひかり公式サイトで見積もりをとると上図の画面が出てきますが、右側の青枠の(△625円×6ヵ月)=△37,500円が工事費の割引となります。

新規登録料 3,300円は必要です。

au one net※1 の場合の工事費割引

プラン 工事費 割引 条件
auひかり ホーム 41,250円 △41,250円
(△687円×60か月)
ひかり電話の申し込みが必要
ネットのみ、ネット+テレビのみは
△8,250円
(△137円×60か月)
auひかり マンション 33,000円 △33,000円
(△1,250円×24か月)
ひかり電話の申し込みが必要
ネットのみ、ネット+テレビのみは
△8,250円
(△137円×60か月)

※1 au one net:au公式のプロバイダ

注意点

ひかり電話の申し込みが必要になります。

5年間60ヵ月のひかり電話費用は月額550円×60ヵ月で33,000円、工事費用と割引を合算すると△8,250円となり大した割引にはなりません。

しかし、auスマートバリュー割にひかり電話が必須となっているため、はずすことができないのです。

デメリット

auひかりホーム回線の場合、ギガ得プランは3年契約です

しかし工事費の割引を受けると、60ヵ月で分割して割り引かれるため、結局は実質5年しばりとなってしまいます。

他社とキャッシュバック比較

他社光回線プロバイダのキャッシュバックは、以下のようになります。

auひかりと他社光回線のキャッシュバック
※1Gbpsの回線で比較 乗り換え時に発生する費用のみ記載

au one net
(auひかり)
ソフトバンク光 ドコモ光 NURO光
他社から乗り換え
解約金
33,000円まで 全額
自社携帯登録 2回線以上で
1回線につき
△11,000円
500円×24か月
△13,200円
工事費用 △41,250円
(△687円
×60ヵ月)工事費実質無料
SoftBank 光
新生活応援
キャッシュバック
△26,400円
工事費実質無料
他の光回線から
乗り換え
△19.800円工事費実質無料
工事費△44,000円
△44,000円
(30分割)工事費実質無料
キャッシュバック 52,000円 48,000円 20,000dポイント

転用の場合
5,000dポイント
45,000円

auひかりのキャッシュバックは他の光回線と比べても高いほうです。

auひかり・ソフトバンク光・ドコモ光は、スマートバリュー割、ギガホ割などでスマホ料金の割引があります。

そのため家族が多いほど、長期間使うほど、値引き額が多くなりNURO光を逆転していきます。

auスマホが安くなる

画像元:auひかり公式

①スマートバリューとは

スマートバリューとは、auひかり回線+電話または指定のWiMAX※1 の利用が適合されると、au携帯電話の利用料が安くなる仕組みです。

画像元:auひかり公式

②以下の組み合わせでスマートバリューが適合されます

(ずっとギガ得プラン auひかり + 電話) + スマホ
(すっとギガ得プラン auひかり + 電話 + テレビ) + スマホ
(auスマートポート WiMAX)  + スマホ

スマートバリューは申し込みが必要です。

 

③スマートバリューでスマホ料金が割引きされます

スマホのプランによって値引き額が変わります。

スマホのプラン 条件 割引額

新auピタットプランN

※受付終了プラン
新auピタットプラン

1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 翌月から
△550円/月

auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN

※受付終了プラン
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)

翌月から
△1,100円/月割引

auピタットプランN(s)

※受付終了プラン
auピタットプラン
auピタットプラン(s)

2GBまで

  • auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります
翌月から
△550円/月割引
2GB超~20GBまで 翌月から
△1,100円/月割引
※受付終了プラン
データ定額1
データ定額1cp
翌月から最大2年間
△1027円/月割引
3年目以降ずっと
△550円/月割引
※受付終了プラン
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
翌月から
△1027円/月割引
※受付終了プラン
U18データ定額20
翌月から適用期間中
△1,551円/月割引
※受付終了プラン
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間
△1,551円/月割引
3年目以降ずっと
△1027円/月割引
※受付終了プラン
データ定額10/13/30
翌月から最大2年間
△2,200円/月割引
3年目以降ずっと
△1027円/月割引

引用 auひかり公式 プラン別割引内容

※対象のすべてのネット・電話・auスマホ・タブレットが同一姓・同一住所または異姓・同一住所・家族割に加入してなければ適用されません。

IPv6対応

他社では機器変更などが発生するIPV6 IPoE接続が、無料で利用できます。

IPv6対応のauひかり接続サービス

現在、auひかりでは、IPv6への対応を進めております。
IPv4とIPv6の通信がそれぞれ可能なIPv4/IPv6デュアルスタックでの提供となります。
IPv6のご利用に際しては、サービス料金以外に追加となる料金はありません。

引用 auひかり公式

その他のサービス

①auひかりホーム10ギガ・5ギガ

au one netプロバイダにてauスマートバリュー対象の場合

(2021年4月段階)東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部では「高速サービス使用料」から3年間△550円(計19,800円)で高速回線を楽しむことができます。

◎auひかり ホーム10ギガ・5ギガ:ずっとギガ得プラン 3年

ずっとギガ得プラン ネット+電話(auスマートバリュー対象)

ネット
利用料
電話 高速サービス
利用料
超高速
スタート適用
1年目 5,610円 550円 550円 △550円 6,160円
2年目 5,500円 550円 550円 △550円 6,050円
3年目 5,490円 550円 550円 △550円 5,940円
4年目以降 スマートバリュー割 5,940円

・ずっとギガ得プラン ネット+電話+テレビ(auスマートバリュー対象)

上記の表の金額に、テレビ料金1,100~円が加算されます。月々が6,600円を超えます。

・ずっとギガ得プラン ネットのみ(スマートバリュー対象外)

ネット
利用料
高速サービス
利用料
超高速
スタート適用
1年目 5,610円 550円 △550円 5,610円
2年目 5,500円 550円 △550円 5,500円
3年目 5,390円 550円 △550円 5,390円
4年目以降 5,940円

一番シンプルなパターンで、auひかり5ギガ・10ギガのみを利用したい方向けです。
スマホは割引されません。

ずっとギガ得プラン3年は3年単位で自動更新されます。解約・プラン変更で解約料16,500円かかります。

◎auひかり ホーム1ギガ:ギガ得プラン 2年

・ギガ得プラン ネット+電話(auスマートバリュー対象)

ネット利用料 電話 合 計
 5,720円 550円 6,270円

スマートバリュー対象とするには電話サービスの申し込み550円/月が必要です。

 

・ギガ得プラン ネット+電話+テレビ(auスマートバリュー対象)

上記の表の金額に、テレビ料金550円/月が加算されます。

 

・ギガ得プラン ネットのみ

ネット利用料 合 計
5,720円 5,720円

ずっとギガ得プラン2年は2年単位で自動更新されます。解約・プラン変更で解約料が10,500円かかります。

 

◎auひかり ホーム1ギガ:標準プラン 契約なし

しばりなしの契約です。月額費用が高価になっています。

 

・ギガ得プラン ネット+電話(auスマートバリュー対象)

ネット利用料 電話 合 計
6,930円 550円 7,380円

スマートバリュー対象とするには電話サービスの申し込み550円/月が必要です。

 

・ギガ得プラン ネット+電話+テレビ(auスマートバリュー対象)

上記の表の金額に、テレビ料金550円/月が加算されます。

 

・ギガ得プラン ネットのみ

ネット利用料 合 計
 6,930円 6,930円

契約更新なし、解約・プラン変更で解約料なしです。

プロバイダ一覧

以下のプロバイダがauひかりを扱っています。

  • au
  • au one net
  • 他社
  • @nifty
  • @T COM
  • Asahi Net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

auひかりの口コミ・評判

auひかりを使用されている方の口コミや評判を探してみました。

インターネットの速度は非常に高速」との診断まで出ています。
357.0Mbps出ればまったく問題なく高画質動画再生ができます。

ツイート②

こちらの実家では410Mbps、お父さんは何に使っているのでしょう。

 

ツイート③

さらに下り639.48Mbps、先ほどの倍もでています。

auひかりのデメリット

auひかりのデメリットは以下のような事が考えられます。

auひかりのデメリット

  • 解約費用が高い
  • 工事撤去費用が高い
  • スマートバリュー割を受けるのに、必ず電話サービスに申し込みが必要
  • 各自スマホを持っていて割引してほしいためスマートバリューに入りたいだけなので、ユーザーに固定電話を強制する必要はないと考えられる
  • スマートバリュー割で、例えばスマホ料金を月△2,200円×3年で△79,200円割り引かれたとしても、電話代550円×3年で19,800円もの出費となるため、割引トータルが59,400円に減ってしまう。
  • これはメリットとも言うべきですが、速すぎて周辺機器を変えないといけない場合がある

 

このようなツイートがありました。

ツイート④

回線撤去費用が義務付けされました。28,800円は高すぎます。

ツイート⑤

やはりスマートバリュー割を受けるために固定電話を付けることに矛盾を感じておられるようです。

また、次のような困ったケースもあったようです。

ツイート⑥

auひかりはプロバイダー料とコミコミで請求されるはずですが、変な代理店で契約したのでしょうか。

auひかりの解約金

工事撤去費用について

auひかりの工事撤去費用は必須になりました。

2018年3月1日以降の契約では必須で31,680円
2018年2月28日以前の契約では11,000円または撤去不要

以上の費用が必須となります。

ただし、マンションや、引っ越し先でauひかりにする場合は不要です。

解約費用について

・更新期間以外で解約する場合、以下の解約金が必要となります

戸建て ずっとギガ得プラン(3年契約) 16,500円
ギガ得プラン(2年契約) 10,500円
マンション タイプG 10,500円
タイプV 7,700円

工事費費用について

・月割りにしているためつい忘れがちですが、未払い分が残っているので気を付けましょう。

タイプ 工事費 分割割引
戸建て 41,250円 687円×60回の未払い分
マンション 33,000円 1,375円×24回の未払い分

未払い分とは、例えば戸建てを2年で解約してしまうと、未払いの687円×(60ヵ月-24ヵ月)=24,750円の支払いが必要になります。

「工事費実質無料」の契約でも、実際は月額費用から工事費分を分割割引きしているため、上記と同じ計算方法で、工事費の請求がきます。

結論としては、auひかりは速度的に問題ないですが、一部の費用が高いようです。

auひかりの失敗談

★口コミ・評判などからデメリット紹介、解説

この方はどうやらauひかりホーム5ギガを導入したようです。

ベストエフォート5Gbpsなので、通信速度が1Gbpsや2Gbpは出ていたのでしょう。

しかし家のパソコンのLANカードやケーブル、ハブが1,000Mbps(1Gbps)にしか対応してなく、回線の性能を生かせなかったようです。

これは使い古した機器ではありがちで、LANカードなどやLANケーブルなどネットワーク機器を全部買い変えなきゃいけなくなった、という失敗ですね。

OCNも10ギガを出してますから、他の通信業者もどんどん早くなっていくはずです。

過去の機器はもう使えませんね。

 

これは計算外でしたね。

ずっとギガ得プラン解約(3年契約) 16,500円 + (工事費687円×(60-6ヵ月) = 37,070円)で約50,000円、これに光ケーブル撤去工事31,680円がプラスされます。

早期に解約すると計80,000円近くになります。

サービス提供エリアに注意

画像元:auひかりエリア外

上記のエリアはサービス提供エリア外となるので注意が必要です。

高速回線のauひかり5ギガ・10ギガは、まだ東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の一部の戸建でしか利用できません。今後の展開に期待しましょう。

auひかりに乗り換えの申し込み窓口について解説

まず、インターネットを開通するには3種の業者がかかわっています。

  1. 回線事業者
  2. プロバイダ
  3. 代理店

回線事業者とは

回線事業者とはインターネット回線を提供する会社のことです。

そしてKDDIという回線事業者が提供する光インターネット回線が「auひかり」です。

全国各地に光回線を張り、電柱から光ファイバーを引き込み、事務所や家庭に設置する役目をしています。

同様に、NTT東日本・NTT西日本という回線事業者が提供する光インターネット回線が「フレッツ光」です。

評価すべきなのは、光回線が全国どこまでつながるかという網羅率です。

プロバイダとは

光回線があるだけではインターネットに繋がりません。インターネットに接続する業者、プロバイダが必要です。

正確にはISP(インターネット・サービス・プロバイダ)といいます。

契約者に通信に必要なIPアドレスを割り当てたり、データ伝送などインターネット関連のサービスを行います。

以前は回線使用料をフレッツ光から、プロバイダ料や他サービス料をOCNから請求されるなと煩雑でしたが、最近は「光コラボ」といい料金を一括請求できる業者が多くなってきました。

他サービス料というのは、このようなサービスのことです。

  • メール
  • ホームページ開設
  • IP電話
  • ひかりテレビなど

auひかりに接続する大手プロバイダには以下のような会社があります。

  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net

フレッツ光に接続する大手プロバイダには以下のような会社があります。

  • OCN光
  • ドコモ光
  • DTI光

プロバイダに申し込み、光回線を開通させることができます。

プロバイダには工事費値引き、携帯キャリアであれば(au・ドコモなど)スマホの値引きがついていたりします。

代理店とは

代理店とは、回線業者やプロバイダの代わりに契約を取るための会社です。

プロバイダに申し込む代わりに代理店に申し込み、光回線を開通させることができます。

代理店は回線業者やプロバイダと代理店契約を結び、回線を販売します。回線の性能に差はありません。

そして代理店は無数に存在します。

代理店から申し込むメリットは、「キャッシュバックが多い」につきると考えます。

代理店によっては、キャッシュバックに数万円の差がでてきます。

【2021年6月】auひかりのお得な乗り換え窓口

引用元:auひかりキャンペーンなら11期連続表彰のNNコミュニケーションズ

あらゆる角度からauひかりのキャッシュバックキャンペーンを見てきましたが、

NNコミュニケーションズはどの角度からみてもランキングTOP3以内に入っている事にお気づきでしたか?

最初にご紹介したようにNNコミュニケーションズは

  • キャッシュバック金額が高い
  • キャンペーンへの申し込みが簡単
  • キャッシュバックが早くもらえる

という契約者にうれしい特徴が詰まったauひかりの代理店であるという事がわかります。

それぞれの観点から優秀な代理店と比較して、中でもNNコミュニケーションズが優れているポイントをご紹介しますね。

NNコミュニケーションズは『キャッシュバック金額が高い』

まずは最大のポイントであるキャッシュバック金額の多さについて。

ご紹介してきた契約窓口のTOP3はこちらです。

ホーム マンション
1位 NNコミュニケーションズ
最大 148,250円
NNコミュニケーションズ
最大 130,000円
2位 フルコミット、グローバルキャスト、25
最大 91,000円
NEXT
最大110,000円
3位 フルコミット、25
最大 95,000円

2位以下に比べて2万円以上も多くキャッシュバック金額が設定されています。

しかも、一戸建てでもマンションでも同じく一番お得なので『うちはマンションだから…』と悩む必要もありません。

また、ここでランクインしている他社(フルコミット、グローバルキャスト、25)のように特別な条件つきのキャッシュバックとは違って

NNコミュニケーションズはプロバイダ指定の有料オプションに加入する必要がないので月額料金が高くつく事も無いんです。

NNコミュニケーションズは『キャンペーンへの申し込みが簡単』

キャッシュバックキャンペーンへの参加の最低限の条件、それは『申し込み』です。

NNコミュニケーションズはキャンペーンの申し込みがとても簡単なため、なんと契約者のキャッシュバック率100%を誇ります。

ここが一般的なプランに2年間契約した場合の実費の項目でご紹介した他社よりも、NNコミュニケーションズをおすすめしたいポイントです!

マンションタイプ1位のBIGLOBEでは契約から1年後&2年後と2回に分けてのキャッシュバックなので、2回の申請が必要です。

いくらその都度メールで連絡が来るとはいえ

『メールが来た事そのものを忘れていた』『DMだと思って消した』『メールアドレスを変えた』

なんてことがあったらキャッシュバックを忘れてしまうかも知れません。

インターネットを使う上で長くお付き合いする可能性のある会社選びには『簡単』『わかりやすい』って結構重要ですよね。

NNコミュニケーションズなら『簡単さ』『わかりやすさ』の両方の面でも不足はありません。

NNコミュニケーションズならキャンペーンへの申し込みは契約時の電話1本で完結するため、忙しい方でも安心です。

『契約時の電話』というのもうれしいポイント!

契約時の電話はすべての契約者が必ず行うので申請し忘れるという事がありません。

他の代理店でのキャッシュバック受け取り率を見ても、明らかにNNコミュニケーションズのキャッシュバックが優れているのがわかります。

※株式会社東京商工リサーチ調べ

他社では半分以上の方がキャッシュバックを受け取れていない様子を見ると、

100%に近い確率でキャッシュバックが受け取れるNNコミュニケーションズがいかに簡単』で『安心』できる代理店という事がわかりますよね。

NNコミュニケーションズは『キャッシュバックが早くもらえる』

意外と確認し忘れがちなポイントとしては、キャッシュバックがいつ受け取れるのかという点です。

NNコミュニケーションズのキャッシュバックキャンペーンは最短1ヶ月で口座振り込みされるため、

他社のように半年以上待たされる事や分割での入金はありません。

契約して即受け取れるので受け取り忘れ・確認漏れもなく安心できますよね。

これらの3つのポイントから代理店からの申し込みはNNコミュニケーションズがおすすめです!

auひかりの間違いない乗り換え手順

NNコミュニケーションズを利用したauひかりの乗り換え手順

  1. Webから申し込み
  2. KDDIから申し込み内容の確認と工事日の電話連絡がある
  3. 旧回線の解約連絡
    先に旧回線を解約するとネットが使えなくなります。
    auひかりの工事日以降に解約日を決めましょう。
  4. 開通工事と宅内機器の接続
    戸建て:1、2か月程度。
    マンション:2週間程度。
    立ち合いが必要です。
    工事が終わればauひかり回線を 利用できます。
  5. 旧回線の撤去
    必要なら旧回線の撤去工事を行います。必要でないなら工事費用がもったいないためほうっておきます。

各回線業者の連絡先

解約、工事関連の連絡先 連絡先
NTT東日本フレッツ光(フリーダイヤル) 0120-116-116
NTT西日本フレッツ光(フリーダイヤル) 0120-116-116
ドコモインフォメーションセンター(フリーダイヤル) 0120-800-800
ドコモインフォメーションセンター(携帯) 151
ソフトバンク光サポートセンター 0800-111-2009
NURO光テクニカルセンター 0120-300-260
NURO光引越し相談ダイヤル 0120-080-790
enひかりカスタマーセンター 03-5534-9997

auひかりに乗り換える時の注意点

画像元:auひかり公式

auひかりに乗り換える場合、以下の点を考慮する必要があります。

auひかりに乗り換える場合の注意点

  • エリアの確認
  • マンションかどうか
  • 契約窓口
  • 旧回線の解約(費用の確認)

利用できないエリア

以下のエリアはサービス提供エリア外となるので注意が必要です。

画像元:フルコミット公式

以下のauひかりホームページから郵便番号や固定電話番号で確認することができます。

エリア確認 → [提供エリアの検索]

高速回線のauひかり5ギガ・10ギガは、東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の一部の戸建でしか利用できません。

マンションかどうか

マンションの場合、引いてある配線でプランが変わります。(通信速度も変わる)

ギガ」「ミニギガ」は1ギガ対応です。

タイプV」などは下り最大100Mbpsになります。

高解像度の動画再生や家族全員がスマホを使う際などに速度が出ません。

また、他の家とも共用しているため、その住民の回線使用量が多いと遅くなります。

こちらで変えることはできないため、別のマンションを探すか、WiMAXの申し込みになります。

契約窓口

以下がauひかりのプロバイダで、契約を行えます。

  • auひかりプロバイダ
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • au one net
  • @nifty
  • @TCOM
  • Asahi Net

旧光回線の解約(費用の確認)

他社光回線解約の費用

  • ひかり回線を使用して2~3年以内であればオプション解約費用
  • 普通は2年または3年ごとに契約更新月がくるため、それを外れていれば回線解約費用がかかってきます
  • 回線撤去費用が必要かどうか確認したほうが良いでしょう。

思わぬ出費になるため要注意です。

電話番号はどうなる?

基本的には引継ぎます。(NTTに発番してもらった場合)

しかし光・IP電話では電話番号を引継げない場合があります

例えばソフトバンク光の場合、ホワイト光電話やBBフォンなどは引き継げません。

auひかりから別の光回線へ乗り換える際の注意点

auひかり回線から他社ひかり回線に乗り換える場合の注意点、費用、およびおすすめの回線のメリット・デメリットをあげてみました。

 乗り換えチェックポイント

auひかりから乗り換える場合、以下の点に注意する必要があります。

auひかりから乗り換える場合の注意点

  1. auスマートバリュー、電話が使えなくなる
  2. 乗り換え先の回線契約
  3. auひかりの解約金の確認
  4. 機器の返却

auスマートバリュー、電話が使えなくなる

①auひかりを止めると、auスマートバリューのスマホ割引、ひかり電話が使えなくなります

スマホ割引きは家族全員のスマホ料金にかかわってくるため、例えば4人でスマホを使っていたら4,000円/月割引されていますが、それがなくなります。

携帯そのものを、割引がきくプロバイダに乗り換えなければならないため、大きな手間がかかります。

②携帯の乗り換えはわりと面倒です

メールアドレスなどの移行、使っていたすべてのアプリのダウンロード、ID/パスワードでのログイン認証などが必要ですが、パスワードを覚えていなかったりするため注意です。

株・FXのアプリ、ナントカpayなどお金にかかわるものは認証が厳しくなっているため、旧携帯が使えるうちにパスワードなどをあらかじめ確認しておきましょう。

③auプロバイダのメールアドレスも使えなくなるため、要注意です

通常、ネットバンキングやクレジットカードサイトのメールアドレスはフリーメール(gmailなど)を使用しないため、プロバイダのメールアドレスを使用する場合が多いはずです。

銀行やカード会社に登録してあるメールアドレスをすべて変更しなければならない手間がかかります。

乗り換え先の回線契約

①NUROなどの高速回線では、 使用できる回線エリアかどうか確認しましょう。

②使っているスマホ・タブレットなどの割引があるかどうかも重要です。

③窓口を代理店契約にする場合、キャッシュバック、その時期、オプションが必要かどうかもあらかじめチェックしておきましょう。

auひかりの解約時にかかるお金

auひかり解約時の費用

プランの解約費用
ずっとギガ得プラン(3年契約) 16,500円
ギガ得プラン(2年契約) 10,500円
工事費は60か月で割り引かれるため、残分を支払う形になります
住 居 工事費 工事費の残
戸建て 37,500円 625円×60回
の未払い分
12ヵ月で解約の場合
625円×(60-12)=30,000円
マンション 30,000円 1,250円×24回
の未払い分
12ヵ月で解約の場合
1,250円×(24-12)=15,000円
回線撤去費用
2018年3月1日以降の契約では必須 28,800円
2018年2月28日以前 10,000円
合 計(戸建てで12ヵ月で解約の場合 73,800円

※マンション、引っ越し先でauひかりにする場合は不要

機器の返却

  1. 解約手続き後、着払い伝票が送付さられてきます。
    着払い伝票には、返却する機器の製造番号やシリアル№が記載されています。
  2. 確認後、機器を梱包して、着払い伝票でコンビニや郵便局から郵送します。
  3. 解約手続き後も機器を返却しなかった場合、機器の代金が請求されます。

絶対に失敗しない光回線の選び方

オススメの光回線はどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

  • 「自分にあった光回線はどれ?」
  • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
  • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

そんな迷いをお持ちのアナタへイチオシの光回線について詳しく解説します!

絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いたします!

 

(1) 光回線選び方のポイント

光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

ポイント : 光回線の選び方
  1. シンプルに2年間の月額支払い料金が安い物を選ぶ
  2. スマホとのセット割」で選ぶ
  3. 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ
それでは、詳しく解説しましょう。

1:シンプルに2年間の支払い総額の安いものから選ぶ

『ahamo』『LINEMO』『Povo』などスマホ割の適応にならない新料金プランが大手三社から発表されています。

 

スマホ割は基本的にスマホ料金の節約となり、光回線の料金が安くなるわけではなりません! 家計のスマホや光回線などの通信費を安くするのであれば『スマホ料金の節約』+『安い光回線』が一番、あなたの財布の支出が減ります!

2:基本はシンプルに「スマホとのセット割」で選ぶ

光回線選びで最も重視すべきなのは「料金」です。 理由は簡単で、光回線であればどこを選んでも速度面が問題になることは少ないからです。

そして、料金が安いものは上記で解説しまいたが、携帯のプランを変更などが面倒であれば光回線とスマホのキャリアを合わせることで「セット割引」を受けるのがお得な選択肢です!

光回線 携帯キャリア 割引台数 割引額
ドコモ光 ドコモ 最大20回線 1台/最大1,100円
ソフトバンク光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
NURO光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
auひかり au 最大10回線 1台/最大1,100円
So-net光プラス au 最大10回線 1台/最大1,100円
@nifty光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
BiGLOBE光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
enひかり UQモバイル 1回線 110円

光回線の元々の月額料金は、どれを選んでも550円前後の違いしかありません

だったら、「セット割引」によって1100円以上の割引を受ける方が断然お得です。

上記で紹介した、2年間に実質支払う料金が少ない光回線とスマホ割が万が一適応になる場合、これほどないおすすめの光回線となります。

3:「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

基本的には、先ほどお伝えした通り実質支払う料金で決める+スマホ割が適応になればなおさらいい!という形で選ぶのがおすすめです。

しかし、もっと詳しく吟味して選びたいという方もいると思います。

 

そんなアナタは、まずは「光回線を契約する時に何をいちばん重視するか」考えてみましょう!

ポイント : 光回線選びの判断基準
  • 月額料金
  • 通信速度
  • キャンペーン(キャッシュバック)

大枠として、このようになると思います。 先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

  • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
  • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
  • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。
月額料金 速度 キャンペーン
auひかり
ソフトバンク光
ドコモ光
NURO光

基本は最初にお伝えした通り、料金で選ぶがのおすすめです!

さらに、速度面を重視したい方にも「auひかり」がおすすめです。 auひかりはKDDIの独自回線を用いており、圧倒的な安定と速度を誇っています。

 

また、auユーザーならセット割を受けることもできるので、スマホがauなら非常におすすめの光回線です。

 

ただし、auひかりでなくても先ほどおすすめした4つの回線ならすべて十分な回線速度を持っています。

また、速度を満足に出すための「IPv6接続」もすべての光回線で利用できます。

そのため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

IPv6接続とは?
「IPv6接続」とは、IPアドレスの接続方法の名称です。
以前はIPv4接続が利用されていましたが、アドレスは有限であるため接続アドレスが枯渇してしまい、速度が遅くなってしまいました。

そこで登場したのがIPv6接続というわけです。

光回線を利用していて、速度が遅いと言っている人はIPv6接続をしていないケースがほとんどです。
口コミや評判だとアップロード速度が100Mbps以上出るはずなのに、ダウンロード速度すら1Mbpsや10Mbps前後の人はまさしくそうだといえるでしょう。

通常はダウンロードの方が速いものです。 IPv6接続もアドレス数は一応有限なのですが、ほとんど無限に近いIPアドレスを取得できますので、同様の理由で速度が落ちる心配はないと言って良いでしょう。
それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

(2) おすすめの光回線4選

それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきたいと思います。

 

各光回線は申し込み窓口が「公式」「プロバイダ」「代理店」と3つありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

「代理店」の月額料金の表記に要注意!
たいていの場合、申し込み窓口は「代理店サイト」で申し込むとキャンペーンが充実していることがほとんどです。

ただ注意が必要で、月額料金の表記がキャッシュバックした金額を絡めた表記になってることが多く、「表記されてる月額料金」+「キャッシュバック」が貰えると勘違いされる場合があります。

さらに、キャッシュバックするには厳しい条件があったりします。

例:「貰える時期が遅い」「オプションサービスの加入が必要」「手続きを忘れる内容」 当研究所で紹介する窓口は、 「貰える時期は開通から最短(2~3ヶ月後振込)」 「オプションサービス不要」 「手続きは申込時か開通前にできる」 と3拍子揃った条件+「最高額」で紹介します。

当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

提供元:auひかり公式代理店「NNコミニケーション」

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大2Gbps 一戸建て 5,610円
マンション 4,180円
16,500円 0円
  • 工事費無料キャンペーン
  • キャッシュバック複数あり
  • 他社違約金キャッシュバック

*初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

auひかりは、NTT回線を借りているのではなく、独自の光回線を所有しています。

最大2Gbpsの回線速度を有しており、速度ならNURO光の次に定評があります。auひかりのメリットを簡単にまとめてみましょう。

ポイント : auひかりのメリット
  1. 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
  2. 月額料金が安め
  3. au携帯ならセット割引「スマートバリュー」を使ってさらに安く利用できる
  4. キャッシュバック金額業界No.1!!

auひかりのもう一つの特徴は、デメリットがあまりないことです。

ここまでデメリットの少ない光回線はありません!

唯一のデメリットは、解約時に回線の撤去工事が必須であるため、解約時にかかる費用が少々高めなことくらいです。

ポイント : auひかりのデメリット
  • 解約時にかかる費用が高い

このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

キャッシュバックの手厚さがいちばんの特徴で、 公式のキャンペーンで「違約金キャッシュバック最大30,000円」+「上乗せキャッシュバック25,000円」がもらえる上、さらにプラスして代理店からのキャッシュバックまで貰えます。

au公式代理店「NNコミュニケーションズ」なら上記の公式キャンペーンのほかに、オプションなし、開通2ヶ月後振込52,000円キャッシュバックしてくれます。

auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大1Gbps 一戸建て 5,720円
マンション 4,180円
10,500円 0円*1
  • 工事費用キャッシュバック
  • 他社違約金キャッシュバック
  • 新生活応援キャッシュバック
  • 開通前WiFiレンタル無料

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。
*1 引越し先で契約する場合、乗り換えで契約する場合に限ります。 (例:今住んでるところで、ネット契約ない場合にソフトバンク光を申し込んだら工事費用が2,200〜26,400円かかります。)

 

ソフトバンク光は、キャンペーンに力を入れてる会社で「他社から乗り換え」「引っ越し先で新規で契約」する方にとって最高のキャンペーンを用意しています。

キャンペーン キャッシュバック金額 適用条件
①新生活応援キャンペーン 24,000円or工事費0円 引っ越し先で新規に契約
②乗り換え新規キャンペーン 24,000円or工事費0円 他社回線から新規に契約
③安心乗り換えキャンペーン(違約金全般負担) 最大10,0000円まで 他社の解約明細の提出
④正規代理店エヌズカンパニー 36,000円(開通2ヶ月後) なし

違約金負担を抜かしても、①+②+④キャンペーン併用でオプションなしでも84,000円分キャンペーンで還元してくれます。

また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。 エヌズカンパニーならキャッシュバック金額が業界最大で、手続きも申し込み時に済ませるので翌月末に受け取ることができます。

 

しかも、 ソフトバンク光のキャンペーンと代理店のキャンペーンを両方受けとれるので非常におすすめです!

ポイント : ソフトバンク光のメリット
  • いちばんの魅力は豊富なキャンペーン!
  • 代理店エヌズカンパニー経由で申し込めば、オプションの利用なしでも最大84,000円ものキャッシュバックが受けられる
  • 開通前にモバイルルーターのレンタルが無料で受けられるので、申し込んだ翌日からネット利用が可能になる
  • 家族で複数台ソフトバンクスマホを利用していれば、それぞれの月額料金がセット割引で安くなる
ポイント : ソフトバンク光のデメリット
  • 同一名義では対象外となってしまう
  • 工事が必要だった場合、工事費用が有料になる
※工事費用は2,200〜26,400円です。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

提供元:ドコモ光正規代理店ネットナビ

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大1Gbps 一戸建て 5,720円
マンション 4,400円
一戸建て 14,300円
マンション 8,800円
0円
  • 工事費無料キャンペーン
  • 20,000円キャッシュバック
  • dポイント5,000Pt付与
  • 開通前WiFiレンタル無料
  • 無線ルーター無料

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

ドコモ光は、光回線の中ではキャッシュバックが多くない光回線です。 ただ、スマホ割との相性が一番いい光回線でもあります。 その理由は、ドコモ光の継続年数によって割引金額が大きくなっていくからです!!

そのため、
  • 携帯をドコモで長期利用してる方
  • 特に、今後携帯をドコモから乗り換える予定がない方
には絶対におすすめです!!

さらにドコモ光の公式特典として、dポイントが5,000Ptもらえるのでドコモユーザーなら間違いありません。 そして、ドコモ光を選ぶのなら絶対に外せないポイントがあります。

ポイント : ドコモ光とお得に契約する方法
  1. オプションなしで15,000円貰える代理店「ネットナビ」で申し込みをする
  2. プロバイダを「GMOとくとくBB」にする

代理店「ネットナビ」で契約すると、キャッシュバックが開通後2ヶ月後に貰えて、無線ルーターも高性能のものが無料で利用できます。

 

プロバイダで直接申し込むよりキャッシュバック金額は5,000円低くなりますが、 プロバイダだと半年後になってから手続きをする必要がありますので面倒ですし、もし忘れてしまったら全くキャッシュバックを受けられません。

 

それでしたら簡単&確実に貰える「ネットナビ」での契約がおすすめです。

最安値・最高速度でみんなにおすすめしたいが開通まで2ヶ月のデメリットの「NURO光」

提供元:NURO光公式

速度 月額料金 違約金 工事費用 キャンペーン
最大2Gbps 5,217円 10,500円 0円
  • 45,000円キャッシュバック
  • 無線ルーター永年無料

*初期費用が別途3,300円かかります。 *契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

NURO光は、速度に特化した光回線になり、NTTと違い独自の光回線を提供しています。 そのため、光回線の中でも速度の口コミや評判が高いです。 NURO光の特徴となるメリット・デメリットは以下の通りです。

ポイント : NURO光のメリット
  • 光回線最安値!
  • 独自回線により、圧倒的スピードNo.1!
  • 無条件45,000円の高額キャッシュバック!!
  • 最短で開通後2ヶ月でキャッシュバック受け取り可能
  • IPv6接続可能な無線ルーターを無料レンタルできる
  • ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割でNURO光の月額料金が安くなる
ポイント : NURO光のデメリット
  • 他社光回線と違い、工事が必ず2回必要
  • そのため、申し込みから開通まで1〜2ヶ月はかかってしまう
  • エリアが限られており、利用したくてもできない場合もある
  • 家族で複数台のソフトバンクスマホを持っていても、1,100円までしか安くならない

以上がNURO光のメリットとデメリットです。 やはり、料金と回線速度を重視しなら必ず検討したい光回線だといえます。

ただ、開通までに2ヶ月程度かかり2回の工事をしないといけないために非常にハードルの高い光回線でもあります。

また利用できる条件も厳しいので、実際に対象エリアに住んでいても契約できない人も結構いるとか。。。

 

 

もし、対象エリアに住んでいて2ヶ月待てるのであれば、NURO光は高額キャッシュバックが「無条件」かつ「最短6ヶ月」で受けられるのも非常に嬉しいポイントです。

特に、ソフトバンクユーザーなら割引も受けれるので、非常に魅力的な選択肢ですね!

(3) おすすめの光回線選びまとめ

4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!!

ポイント : 自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
  • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
  • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
  • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (ネットナビから申し込み、プロバイダはGMOとくとくBB)
  • 料金・速度が最上級!エリア対象内なら → NURO光(公式サイトから申し込み)

これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです!! 是非参考にしてみてください!

 

auひかりのプロバイダーだけ乗り換えられるのか?

結論を先に述べますと、auひかりはプロバイダ契約だけの乗り換えはできません。

auひかりのプロバイダを乗り換えようと思うと、必ず解約する必要があります。

乗り換えるなら一度解約する必要あり

なぜ一度解約する必要があるのでしょうか。

NTTフレッツ回線を使用している業者間では「事業者変更」「転用」という仕組みがあります。

事業者変更は「契約中の光コラボ」から「他社の光コラボ」へ工事なしで契約だけ変更することです。

NTT東日本、NTT西日本が所有しているフレッツ光を使っている事業者同士、例えばOCN光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、ドコモ光などの光コラボとの間で契約だけを変更がすることが可能です。

転用フレッツ光からお客様IDと光電話番号をそのままで、他の光コラボ業者へ変更することです。

しかし、auひかりはKDDIが所有するまったく違う光回線を使用しているため、事業者変更、転用ができません。

au one netとBIGLOBE、So-netなどはauひかり回線を使っているプランがありますが、現在のところauひかり同士の契約変更はできないようです。

必ず、解約 → 契約の手順を踏まなければなりません。

auひかりの解約金

auひかりの解約費用

ずっとギガ得プラン(3年契約) 15,000円
ギガ得プラン(2年契約)  9,500円
工事費は60か月で割り引かれるため、残分を支払う形になります。
(625円×60か月=37,500円の未割引分)
例えば12ヵ月で解約なら
625円×(60-12)48ヵ月30,000円
~37,500円
光ケーブル撤去が必要な場合の工事費用 28,800円
合 計 ~81,300円

さらに「新ひかりスタートサポート」の割引は【auひかり「ずっとギガ得プラン」「電話」「電話オプションパックEX」に36か月以上の申し込み】などの割引条件があります。

その解約金が加算される可能性があります。

プロバイダーを変えるメリット

au回線でプロバイダーを変えるメリット

  • 契約更新に合わせて代理店で契約する
  • 回線使用料の契約は戸建て36ヵ月、マンション24か月が一般的です。
  • 工事費を払い終わって0円になり、更新料0円の契約更新月に合わせてキャッシュバックが大きい代理店経由でプロバイダを変えるとお得になる場合があります。

上記以外は、特にはメリットは考えられません。

プロバイダーを変えるデメリット

プロバイダーを変えるデメリット

  • 速度は「わからない」
  • 解約金が高額
  • 速度については「わからない」

公式には、プロバイダーによる速度差はないとのことです。

しかし実際にはエリアによって差がでるようです。

今遅くても来年早くなるかもしれないし、遅くなるかもしれません。

 

料金について

解約料、工事費割引の未払い分がかかってきます。

工事費は37,500円を60分割で支払う(値引きはされる)ようになっています。

契約は戸建て36ヵ月、マンション24か月が一般的で、更新月をずれると解約金15,000円または9,500円の支払いが必要です。

それに加え、回線撤去料28,800円が必要です。

高額な解約料を支払わなければなりません。

オプションを利用している方はさらに高額になる可能性があります。

メリットの高速回線や携帯電話を変えた場合のみ、変更するべきです。

マンションでプロバイダーだけ変えるための窓口

auひかり回線はマンションでは遅い場合があります。こんな時にプロバイダだけを変更できるのでしょうか。

マンションでは、1つの光ファイバーを引き込み、住民で共有して使います。

従来のマンションタイプはLANケーブルなどで各家に分けているため、ベストエフォート100Mbpsと、戸建ての10分の1にもなってしまいます。

しかし光ファイバーの引き方を戸建てと同じやりかたにするマンションギガ/ミニギガで、ベストエフォート1Gbpsの速度が出せるようになりました。

ところがマンションタイプの方式は管理人と回線業者が決めるため、どっちになるかは住民には決めることができません。

プロバイダを変えたらなんとかなると考えがちですが、auひかりは「デュアルスタック(IPv4 over IPv6)方式」という「プロバイダを経由しないでインターネットに接続する」方式です。

よって、プロバイダを変えても意味がありませんし、auひかりはプロバイダだけの変更はできません。(解約 → 新規申し込みの費用が発生するだけ)

なので、プロバイダだけを変更する窓口はないです。

まとめ

auひかりを使用するメリット

  • フレッツ光回線より回線速度が速い場合が多い
    多くのプロバイダが利用しているNTT東日本・NTT西日本のフレッツ回線ではなく、KDDIの独自の回線を使用しているため、混雑しにくく、回線速度が速い傾向にあります。
  • キャッシュバックが多い
    他社から乗り換えの違約金支払いや工事費実質無料などキャッシュバックが最初から60,000円以上もあり、さらにスマホバリュー割、加えて代理店によるキャッシュバックがあります。
    フレッツ回線のプロバイダよりずっと多いです。
  • 高速回線展開中
    5ギガ・10ギガの高速回線は現段階は関東の一部ですが、将来的にはエリアが広がると考えられます。

 

anひかりを使用するデメリット

  • エリア外の地域がある中部地方の一部、関西地方の一部、沖縄県の一部はエリア外 (ただしプロバイダーによってはフレッツ光回線を代用して接続できますし、WiMAXも使用できます)
  • auひかりに乗り換えると、光電話・IP電話の番号が変わる
    (NTT発番以外の電話番号が変わります)
  • 事業者変更によるプロバイダーの乗り換えができない
    解約・新規登録手続きが必要になります

①auひかりに乗り換えをおすすめするのは、次のような方です

  • au携帯電話、またはau携帯に乗り換える場合
  • フレッツ光回線でどうしても速度が出ない場合
  • 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部で、au5ギガ/10ギガを使いたい方

②auひかりに乗り換えをおすすめしないのは、次のような方です

  • au以外の携帯電話を使い続けたい
  • 会社の電話番号を光電話にしている場合

キャッシュバックが他の光回線より多いため、上記①に当てはまる方はauひかりに乗り換えを検討されると良いでしょう。

\最速で確実に45,000円キャッシュバックが受け取れる/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる