auひかりの乗り換えを解約から開通まで流れ!キャッシュバックが早い違約金負担してくれる窓口はここ!

光回線を大きく2種類に分類すると、『NTTのフレッツ光を使用している光回線』と『独自回線を使用している光回線』にわけられます。

そのうち、独自回線を利用している光回線の筆頭とも言えるのが『auひかり』です。

  • 「auひかりは独自回線で速い」
  • 「auひかりは安い」
  • 「auひかりはキャッシュバックがいい」
  • 「auスマホ割がすごい」

このような話を聞いてauひかりへの乗り換えたい、または乗り換えを検討されている方もいるのではないでしょうか。

この記事ではお得な窓口・乗り換え方法や解約費用、メリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

auひかり:キャッシュバック最大76000円/

戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

あわせて読みたい
【2022年9月】auひかりのキャッシュバックとキャンペーンの大手13社徹底比較!早く現金で受け取れるおす...
【2022年9月】auひかりのキャッシュバックとキャンペーンの大手13社徹底比較!早く現金で受け取れるおす...「auひかりって申込窓口が多すぎてよく分からない…、それぞれ何が違うの?」auひかりは申込窓口によって、受けられるキャンペーン特典やキャッシュバックの金額が異なり...
目次

auひかりの乗換える前に確認したいメリット・デメリット


auひかりに乗り換える前に他社光回線からauひかりに乗り換えた場合のメリット・デメリットについて知っておきましょう。

auひかりには独自の回線を使用しているからこそのメリットやデメリットがあります。

特に『NTTフレッツ光』やフレッツ光を使用している『光コラボ』から乗り換える方は確認しておいてくださいね!

auひかりのメリット

他社からauひかりに乗り換える際のメリットは以下の通りです。

auひかりに乗り換えるメリット

  • 通信速度が速い
  • 他社解約時の違約金を最大3万円負担してもらえる
  • 開通工事費が実質無料
  • 他社光回線よりもキャッシュバックが高額
  • auスマホ/UQモバイルスマホとセット契約で最大1,100円割引(10回線まで対象)
  • IPv6(IPoE)が無料

これらのメリットの中でもauひかりならではとも言えるのはやはり『通信速度が速い』『au/UQモバイルとのセット割』の2点です。

auひかりは速度が速い

auひかりはNTTフレッツ光ではなく、KDDI独自の回線を使用しています。

共有するユーザー数がフレッツ光に比べて少ないため、フレッツ光よりも混み合う可能性が低く安定しやすい傾向にあります。

また、auひかりで契約可能なプロバイダのすべてでIPv6(IPoE)に対応しているため、基礎的な通信速度も高速です。

auひかりのIPv6(IPoE)

  • 『IPv6』とは、従来のIPv4と比べて高速通信が可能になった新しい通信規約
  • 従来のIPv4も新しいIPv6も高速で新しい接続方式『IPoE』で接続可能

auひかりもプラン上はフレッツ光や光コラボと同じ『最大1Gbps(ベストエフォート型)』をうたっていますが、実際に使用した時の速度には差が生じます。

参考までに、他社光回線との実測値で見る通信速度の違いをご覧ください。

ダウンロード アップロード
auひかり 430.18Mbps 364.48Mbps
フレッツ光 267.64Mbps 205.82Mbps
ドコモ光 267.78Mbps 205.15Mbps
ソフトバンク光 313.0Mbps 209.25Mbps

参考:みんなのネット回線速度(2022年2月)

ダントツでauひかりが高速なのがわかります。

動画視聴やSNSといった、あまり高速通信を必要としない通信しかしない場合にはここまでの高速通信は必要ないかもしれません。

しかし、オンラインゲームやライブ通信、大きなデータのダウンロードの際は安定した高速通信は大きなメリットになります。

最近はテレワークやオンライン授業の普及により、今まではインターネットを利用してこなかった方もインターネットが身近な生活に変わって来たのではないでしょうか。

日常生活の中にインターネットが組み込まれている方にとって、高速通信ができるauひかりは魅力的な光回線と言えます。

au/UQモバイルユーザーはスマホ代が安くなる

auひかりは『au(auスマートバリュー)』『UQモバイル(自宅セット割)』とのセット割が利用できる光回線です。

どちらも割引が実施されるのはスマホの利用料金であるため、光回線料金が安くなるわけではありません。

とはいえ、通信費全体で見た場合には大きな節約効果が見込める割引のひとつなので、auユーザー/UQモバイルユーザーは注目すべき光回線と言えるでしょう。

割引額/1回線 最大適用回線数
au 550~1,100円 10回線
UQモバイル 638円/858円 10回線

例えば4人家族全員がauユーザーの場合、2,200~4,400円の割引が期待できるということです。

契約者本人だけでなく家族分まで割引が適用されるので、該当する方はぜひ活用してくださいね!

どちらの割引もキャリアへの申し込みが必要です。自動適用ではないので注意しましょう。

auひかりのデメリット

他社からauひかりに乗り換える際のデメリットは以下の通りです。

auひかりに乗り換えるデメリット

  • auひかり回線の開通工事が必要
  • 戸建てプラン解約時の撤去工事費が高額
  • 戸建てプランは全国展開していない
  • マンションプランは住居によって契約できるプランが異なる
  • スマホセット割の適用には『auひかり電話』の契約が必要

auひかりは高速通信が可能であるというメリットがありましたが、高速通信を実現するためにNTTとは異なる独自の光回線を使用しています。

そのため、すでにNTTフレッツ光の開通工事が完了済みの住宅でも契約時には開通工事、解約時には撤去工事がほぼ必須です。

また、戸建てプランは提携企業の関係から全国展開をしていません。

一方でマンションプランは全国展開していますが、建物に導入された設備によって契約できるプランが異なるため、戸建てであってもマンションであっても提供エリアの検索は必須です。

auひかり『ホームタイプ(戸建て向け)』は全国展開していない

auひかりのホームタイプは中部・関西地方が提供エリア外となっています。

中部・関西地方はKDDI系の提携企業が地域密着型の光回線を提供しているエリアなので、今後もauひかりが提供される可能性は低いと言えるでしょう。

具体的には以下の地域にお住まいの方はauひかり『ホームタイプ』の提供エリア外です。

  • 東海地方(静岡県/愛知県/岐阜県/三重県)
  • 関西地方(大阪府/京都府/奈良県/滋賀県/和歌山県/兵庫県/福井県)
  • 沖縄県

いずれも各地で提携企業が光回線を提供しており、au/UQモバイルとのセット割が適用できます。

また、ホームタイプを提供していないエリアであってもマンションタイプは提供していることもありますよ!

auひかり『マンションタイプ(集合住宅向け)』は建物によってプランが違う

auひかりのマンションタイプはプランが複雑で、建物に導入された設備によって契約できるプランが決まる仕組みになっています。

そのため、自分で契約するプランを選ぶことができません。

auひかりは『最大1Gbps(ベストエフォート型)』をうたっていますが、マンションタイプの場合には導入されている設備によっては最大16Mbpsというケースもあります。

「auひかりだから高速!」と思って契約すると大失敗する可能性があるため、マンションでauひかりの契約を考えている方は事前に契約予定の建物でどんなプランが契約できるのかを確認しておきましょう。

契約可能なプランはauひかりの提供エリア検索から確認できますよ!

提供エリア検索 | インターネット回線 | au

auひかりに乗り換えの申し込み窓口について解説

auひかりの契約窓口は主に3種類あります。

  • auひかり 公式
  • 代理店
  • 家電量販店

それぞれの窓口にメリット・デメリットがありますが、特に「どれだけお得に契約できるか」という点においては代理店からの申し込みがおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットについて簡単にご紹介していきますね。

契約窓口① auひかり 公式

1つの目の契約窓口は『auひかり』のサービス公式です。

  • 仲介業者を挟まないのでやりとりがシンプル
  • KDDIのプロバイダ『au one net』の特典が充実
  • キャッシュバック特典がそれほど多くない
  • au one net以外のプロバイダ契約者は他窓口の方が充実している

auひかりの公式は、auひかりを運営するKDDIが提供するプロバイダ『au one net』の特典が充実しています。

5ギガや10ギガといった高速プランの割引特典などがあるため、オンラインゲームやライブ配信がストレスなく楽しめる高速回線をお探しの方にはおすすめです。

契約窓口② 代理店

2つ目の契約窓口は『代理店』です。

auひかりサービス全体のKDDI正規代理店であったり、auひかりと契約可能なプロバイダが窓口になり、auひかりと契約します。

  • 独自キャンペーンが充実している
  • 特に高額なキャッシュバックが魅力的
  • プロバイダ経由で契約すると、プロバイダが選べない
  • WEBまたは電話からしか契約できない

代理店各社はそれぞれ別の会社なので、それぞれが独自のキャンペーンを実施しています。

優良な代理店では難しい条件もなく5万円以上のキャッシュバックがあるなど、公式よりも契約者にとって使い勝手の良い特典が充実している傾向にあります。

auひかり自体は提携プロバイダの中から選んで契約できるサービスですが、プロバイダを代理店として選んだ場合はそのプロバイダしか選択できなくなるので注意しましょう。

例えば、BIGLOBEから申し込んだ場合は『auひかり×BIGLOBE(プロバイダ)』が強制契約となり、So-netやニフティといった他社プロバイダは選べません。

契約窓口③ 家電量販店

3つ目の契約窓口は『家電量販店』です。

ヤマダ電機やエディオン、ノジマなどの家電量販店でもauひかりに申し込む事ができます。

  • インターネットに精通したスタッフに直接対応してもらえる
  • 家電等のお買い物のついでに申し込める
  • 待ち時間や店舗訪問の手間がかかる
  • 家電量販店独自のキャンペーンに偏りがち

他の契約窓口に比べると手間がかかりすぎるのが大きなデメリットと言えるでしょう。

おそらく多くの方が店舗に足を運ぶまで時間でWEB申し込みにかかる時間(約5分程度)を超えるはずです。

とはいえやはりインターネットに詳しいスタッフに対応してもらえるのは大きなメリット。

特に「自分は本当にauひかりで良いのかな?」など、複数の光回線で悩んでいて踏ん切りがつかない方はスタッフにアドバイスを受けると安心できますよね。

auひかりは工事不要で乗り換えられる?

auひかりはNTTフレッツ光とは違うKDDI独自の光回線を使用しています。

そのため、すでにフレッツ光の開通工事を行った住居であっても、auひかり契約時には開通工事が必要です。

ただし『初期費用相当額割引』というキャンペーン適用によって、開通工事費は実質無料になるのでご安心ください。

戸建て マンション
開通工事費 41,250円 33,000円
3年プラン/ネット割引 644.6円×1ヶ月
628.1円×34ヶ月
合計:22,000円
+電話割引 550円×35ヶ月
合計:19,250円
2年プラン/契約期間なし 1,254円×1ヶ月
1,243円×22ヶ月
合計:28,600円
1,443.2円×1ヶ月
1,434.4円×22ヶ月
合計:33,000円
+電話割引 550×23ヶ月
合計:12,650円

このキャンペーンはauひかり公式だけでなく、代理店から申し込んだ際も適用されます。

注意点としては、戸建てプランの場合はauひかり電話を契約しないと工事費全額分の割引が受けられないことが挙げられます。

一応ひかり電話を契約しなくても半額程度にはなりますが、満額割引にはならない点を覚えておいてくださいね。

なお、au/UQモバイルとのセット割を考えている方であれば使う予定がなくてもひかり電話を契約して損はありませんよ!

auひかり ホームタイプを解約する際は撤去工事も必要

auひかりのホームタイプを解約する際には、撤去工事も行わなければいけません。

利用規約上では「撤去工事費は任意」となっていますが、撤去工事を実施しない場合には回線維持費を支払い続ける必要があります。

実質的には撤去工事必須と言える状況です。

戸建て マンション
撤去工事費 31,680円

マンションの場合、設備を残したまま解約できるため撤去工事費はかかりません。

ただし、建物や設備の都合でマンションでホームタイプを契約している場合には撤去工事費がかかるので注意しましょう。

auひかりが「auひかりの撤去工事費を割引にする」といったキャンペーンは実施していません。

もしもauひかり解約に関わる費用を低減したい場合には、乗り換え先のキャンペーンをチェックしてくださいね。

auひかりは違約金負担キャンペーン『乗り換えスタートサポート』がお得

他社を解約してauひかりに乗り換える際、どうしても気になるのが『他社を解約する際に発生する違約金や工事費の残債』です。

auひかりでは『乗り換えスタートサポート』という他社解約金負担キャンペーンを実施しているため、違約金や工事費残債があっても安心して乗り換えられますよ!

乗り換えスタートサポートの特典は全部で2種類あります。

  • 他社解約違約金を最大30,000円負担
  • 最大10,000円のau PAY残高プレゼント

違約金が発生してしまうタイミングでの乗り換えになる方は絶対にチェックしておきたい特典内容となっています。

純粋なキャッシュバック特典ではなく、au PAY残高での支給となる点はご留意ください。

それではそれぞれの特典の詳細について順番にご紹介していきますね。

特典① 他社解約違約金を最大30,000円負担

他社から乗り換える方にとって大きなメリットとなるのが他社解約金を最大30,000円分負担してもらえる特典です。

特典の付与方法や条件はホームタイプかマンションタイプかによって異なります。

特典 ホーム マンション
au PAY残高 ① 30,000円分

② 15,000円分

10,000円分
割引 1,000円×20ヶ月
条件 ホーム マンション
契約プラン 3年契約(ずっとギガ得プラン) すべて
オプション契約 auひかり電話 auひかり電話
プロバイダ ①au one net、@nifty、@TCOM、
BIGLOBE、So-net②Asahi Net、DTI
au one net、@nifty、@TCOM、
BIGLOBE、So-net、Asahi Net、
DTI

ホーム/マンションのタイプにかかわらず最大額は30,000円相当です。

ホームタイプが一括でau PAY残高支給なのに対し、マンションタイプは一部割引還元である点が異なります。

特典が受け取れるプロバイダも限定されているため、契約時にはプロバイダにも注意しましょう。

また、こちらの特典もauひかり電話の契約が必須条件となっています。

このようにauひかりではauひかり電話を契約することで受けられる割引・特典がたくさんあるため、au/UQモバイルユーザーならauひかり電話を利用しなくてもauひかり電話の契約がおすすめです。

特典② 最大10,000円のau PAY残高プレゼント

他社から乗り換える方の中でも、au/UQモバイルユーザーの方には最大10,000円のau PAY残高ボーナスが追加されます。

ホーム マンション
au PAY残高 1,000円×10ヶ月
契約条件
  • 3年プラン(ずっとギガ得プラン)
  • auひかり電話
  • auスマートバリュー/自宅セット割を申し込む
  • auひかり電話
  • auスマートバリュー/自宅セット割を申し込む

この特典は『auスマートバリュー(auスマホセット割)』『自宅セット割(UQモバイルスマホセット割)』を適用している方向けの特典です。

どちらもauまたはUQモバイルへの申し込みが必要な割引特典で、自動適用ではありません。

auひかりに申し込んだあとにスマホセット割にも申し込んで獲得(申請)できる特典です。

せっかくスマホ割を適用するなら取りこぼしなく獲得したい特典なので、こちらの申し込みも忘れずに行っていきましょう!

auひかりのお得な乗り換え窓口を一覧で比較!キャッシュバックはいつ受け取れる?

auひかりには様々な申し込み窓口がありますが、各種窓口から契約した場合に受け取れるキャッシュバックを一覧で比較してみました。

キャッシュバックの金額だけでなく、有料オプションの契約が条件かどうかや、いつキャッシュバックが振り込まれるかなども比較します。

窓口 最大キャッシュバック オプション条件 付与時期
auひかり 公式 20,000円相当※ なし★ 申込みから4ヶ月
NNコミュニケーションズ 76,000円 なし★ 開通の翌月末
NEXT 62,000円 あり★ 開通の翌月末
フルコミット 66,000円 あり★ 申込月を含む10ヵ月目~
グローバルキャスト 66,000円 あり★ 開通月を含む7月目末日
25 66,000円 あり★ 申込月を含む10ヵ月目~
INEライティング 55,000円 なし★ 詳細不明
So-net 70,000円 なし なし(割引は初月から)
@nifty 30,000円 なし 開通月を含む12ヶ月目+24ヶ月目
BIGLOBE 60,000円 なし 利用開始から12ヶ月目+25ヶ月目
DTI 38,000円 なし 開通月を含む13ヶ月目~
@TCOM 40,000円 なし 利用開始月を含む7ヶ月目

※au PAY残高
★ひかり電話(月額550円)契約で最大額獲得

キャッシュバックの金額で見ると『フルコミット』『グローバルキャスト』『25』が高額に見えます。

しかし「この3社の中から選ぶのがお得!」なのかというと、実はそう単純なものでもないのです。

確実に言える事は「キャッシュバック金額だけで契約窓口を選ぶのは絶対に避ける」ということです。

auひかりのキャッシュバックは代理店の『罠』に注意

本当にお得なauひかりの窓口選びをするためのチェックポイントとして、キャッシュバック金額だけでなく以下の2点にも注意しましょう。

  • 有料オプションの契約条件が高額ではないか
  • キャッシュバックは確実にもらえる内容になっているか

ご紹介した窓口の中でもバッチリ該当する窓口があります。

実例を交えながらどんなポイントに注意すべきかを簡単に解説していきますね。

有料オプションの契約条件が高額ではないか

キャッシュバックキャンペーンと一言で言ってもその条件は様々です。

中には「実質的には損する」というキャンペーンも多々あるため、有料オプション契約が条件づけられているかどうかは必ず確認してください。

一覧表の中から特に高額なキャッシュバックを実施している『フルコミット』『グローバルキャスト』『25』を見てみましょう。

窓口 最大キャッシュバック オプション条件 付与時期
auひかり 公式 20,000円相当※ なし★ 申込みから4ヶ月
フルコミット 66,000円 あり★ 申込月を含む10ヵ月目~
グローバルキャスト 66,000円 あり★ 開通月を含む7月目末日
25 66,000円 あり★ 申込月を含む10ヵ月目~

※au PAY残高
★ひかり電話(月額550円)契約で最大額獲得

auひかりでは『ひかり電話』は公式もキャッシュバックの条件に設定しており、スマホセット割の適用条件にもなっています。

こういった背景からauひかりにおいてのひかり電話契約はほぼスタンダードなオプションと言っても良いでしょう。

問題はひかり電話以外のオプション契約についてです。

高額なキャッシュバックを実施している3社の代理店は、ひかり電話以外の有料オプションへの申し込みと継続利用が条件となっており、有料オプションの利用料金だけで70,000円を超えます。

高額なキャッシュバックと思いきや……実はキャッシュバックを上回るオプション契約が条件となっていては、はっきり言って「損」ですよね。

得がないならまだしも損をするのはいただけません。

このように無茶なオプション契約が条件になっていないかは必ず確認しましょう。

キャッシュバックは確実にもらえる内容になっているか

いくら高額なキャッシュバックで無茶なオプション契約がなくても受け取れないのでは意味がありません。

申請方法や獲得時期がクリアできそうかどうかも確認しておく必要があります。

今回の例ではキャッシュバックも高額でオプション条件が一切ない『@nifty』『BIGLOBE』に注目してみましょう。

窓口 最大キャッシュバック オプション条件 付与時期
@nifty 30,000円 なし 開通月を含む12ヶ月目+24ヶ月目
BIGLOBE 60,000円 なし 利用開始から12ヶ月目+25ヶ月目

こちらの2社は、初回のキャッシュバックが契約から1年後と2年後にわかれており、2回分獲得しないと最大額のキャッシュバックが受け取れません。

また、それぞれで個別にキャッシュバック申請手続きが必要です。

申請期間中に手続きをしないとキャッシュバックを受け取ることはできません。

せっかく条件のゆるい高額キャッシュバックを実施していても、キャッシュバック0円になるリスクが伴うということです。

きちんとスケジュール管理ができて「申請手続きも忘れない」と言い切れる方であれば問題ありませんが、多忙な方や忘れっぽい方は特に注意しましょう。

auひかりへの乗り換えは最大5.2万円キャッシュバックのNNコミュニケーションズがおすすめ

引用元:NNコミュニケーションズ

様々な窓口のキャンペーン一覧と選び方の注意点を挙げましたが、結局のところ一番お得な代理店はどこなのか?

おすすめはKDDI正規代理店の『NNコミュニケーションズ』です。

契約者にとってデメリットのないキャンペーンを実施しており、簡単・早い・確実なキャッシュバックで誰にでもおすすめできます。

NNコミュニケーションズ
最大キャッシュバック 76,000円 60,000円
オプション条件 auひかり電話(月額550円) なし
キャッシュバック時期 代理店キャッシュバック:開通の翌月末

プロバイダキャッシュバック:開通から2~4ヶ月後

プロバイダ条件 So-net、BIGLOBE、@nifty

NNコミュニケーションズでは『公式キャッシュバック増額』『代理店独自キャッシュバック』『プロバイダキャッシュバック』の3種類のキャッシュバックを獲得できます。

auひかりと提携している全プロバイダから選んで契約できますが、指定プロバイダ以外のプロバイダで契約するとプロバイダキャッシュバックが獲得できません。

NNコミュニケーションズからは『So-net』『BIGLOBE』『@nifty』のいずれかのプロバイダでの契約がおすすめです!

また、最大キャッシュバック獲得条件であるauひかり電話はあくまでもスタンダードなオプションであることは先述の通りですが、auひかり電話を契約しなくても最大60,000円のキャッシュバックがあります。

ほぼ無条件とも言える状態で最大60,000円ものキャッシュバックが獲得できるのはとてもありがたいですね!

NNコミュニケーションズは申請方法が簡単で確実

キャッシュバックの金額で見るとそれほど高額には見えないかもしれませんが、キャッシュバック申請のシンプルさと確実さはトップクラスです。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック申請方法は「契約確認の電話で振込先口座情報を伝えるだけ」です。

後日アンケートに答える必要もないですし、契約から何ヶ月も経ってから申請書を提出する必要もありません。

auひかりの契約の流れの中でキャッシュバック申請も完了してしまうため、キャッシュバックのために手間をかけなくて良いのです!

その上、最短で開通の翌月末には振り込みが完了します。これは数ある契約窓口の中でも公式をしのぐ早さです。

記憶に新しいうちにキャッシュバックが完了しているかどうか確認できるので、忙しい方や忘れっぽい方でも安心して申し込めるのではないでしょうか。

簡単かつ確実にキャッシュバックを獲得したいなら、NNコミュニケーションズからの申し込みがおすすめです。

auひかりの間違いない乗り換え手順

auひかりは独自回線を使用した光回線なので、他社から乗り換える際には「他社の解約」と「auひかりの新規契約」を行うことになります。

順番を間違えるとお得なキャッシュバックが獲得できない可能性があるため、一番お得な乗り換え手順を確認しておきましょう。

今回はご紹介した窓口の中でももっともおすすめなNNコミュニケーションズを利用した乗り換え手順でご紹介します。

auひかりに乗り換える手順
①申し込み NNコミュニケーションズのWEBサイトからauひかりに申し込む
②契約確認 NNコミュニケーションズから契約確認の電話がある

※ここでキャッシュバック申請を行います

③工事予約 KDDIから電話がある

※立ち会い可能な日で工事の予約を取ります

④旧回線の解約 現在契約中の光回線で解約手続きを開始する

※解約手続きは必ずauひかりに申し込んだ後に行いましょう!

⑤開通工事 自宅での工事(立ち会いが必要です)
⑥開通 機器の設定を行い、開通

ポイントは「現在契約中の光回線を解約するタイミング」です。

必ずauひかりに申し込んだ後に旧回線を解約するようにしてください。

解約してからauひかりに申し込んだ場合、2つのデメリットが生じて不利益を被る可能性があるので注意しましょう。

旧回線を先に解約してしまうと……

  • 『乗り換えスタートサポート』の対象外になり、違約金補填のキャッシュバックが受け取れなくなる
  • 解約と開通のタイミングが合わず、インターネットが使えない期間が生じる

どちらもかなり大きな影響のあるデメリットと言えるため、解約のタイミングには十分気をつけてくださいね!

auひかりの契約自体はとても簡単で、スタッフの案内に従うだけで完了してしまいます。

ただし、申し込みから工事の予約が取れるまでに1~2ヶ月程度かかる事が予想されます。

「絶対にこの日までに開通したい!」という希望があるなら、前倒しして早めの申し込みがおすすめです。

auひかりに乗り換える時の注意点

実際にauひかりの契約手続きを始める前に、auひかりに乗り換える際の注意事項も確認しておきましょう。

主に以下の4点は契約や支払いにかかわる事柄なのでよく見ておいてくださいね。

  • 提供エリア内かどうか
  • 契約可能なプランかどうか
  • 現在契約中の光回線で発生する諸費用
  • 現在契約中の光回線で利用中のサービスが使えなくなる

上2点はauひかりでの注意点、下2点は現在契約中の光回線での注意点です。

それそれの光回線で注意すべき事について要点を簡単にご紹介します。

auひかりでの注意点|提供エリア、契約可能なプラン

まず、auひかりは全国展開の光回線ではないので、契約する住所が提供エリア内かどうかは必ず確認してください。

主な提供外エリアは以下の通りです。

中部 長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
関西 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
その他 沖縄県

以上のエリアではauひかりのホームタイプは契約することができませんが、マンションタイプであれば例外として契約できる可能性もあります。

また、マンションタイプの場合は建物の設備によって契約可能なプランが異なるため、契約可能なプランがどのプランであるかを確認する必要があります。

どちらもauひかりの『提供エリア検索』ページから簡単に検索できますよ!

申し込んでから「契約できない」「思っていたプランと違う」といった事のないよう、必ず確認してくださいね。

提供エリア検索 | インターネット回線 | au

契約中の光回線での注意点|解約諸費用、サービス提供の終了

auひかりに乗り換えるということは、同時に現在契約中の光回線を解約するということでもあります。

契約中のプランや解約のタイミングによっては、解約時に以下のような諸費用が発生する可能性があるので注意しましょう。

  • 契約更新期間外の解約による違約金
  • 開通工事費の残債
  • 機器費用の残債
  • 回線撤去工事費

発生するかどうかは契約中の光回線の種類やプラン、住居の管理人との取り決め等によるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

なお、auひかりに乗り換えることで『乗り換えスタートサポート』が適用でき、最大3万円までキャッシュバックがあります。

解約違約金だけであれば3万円以内に収まるケースがほとんどですので、安心できますね!

また、解約に伴って契約中の光回線で利用中のサービスはすべて利用できなくなることも覚えておいてください。

ただし同じ乗り換え前と後で同じプロバイダを契約する場合には引き継げる事もあります。

光電話を契約中の場合

auひかりへの乗り換えで気になるのが光電話の電話番号についてではないでしょうか。

これは電話番号の発行者によって引き継げるかどうかが異なります。

NTTが発行した電話番号……引き継ぎOK※

プロバイダが発行したIP電話……引き継ぎNG

※遠方への引っ越しを伴う場合はNTTの電話番号変更基準に準ずる

「050」から始まるIP電話を利用中の方は引き継ぎができません。

ただし、現在契約中のプロバイダと同じプロバイダを利用する場合、引き継げる可能性があるのでプロバイダの窓口にご相談ください。

auひかりから別の光回線へ乗り換える際の注意点

中にはauひかりから他社の光回線に乗り換える方もいるのではないでしょうか。

ここではauひかりから他社の光回線に乗り換える際の注意点についてまとめました。

  • auひかりが提供・連携するサービスが利用できなくなる
  • 契約中のプランと解約のタイミングによっては違約金が発生する
  • ホームタイプは撤去工事費が発生する

auひかりは独自回線であるため、他社回線に乗り換える場合にはauひかりを解約することになります。

上記の3つの注意点はお財布に直撃する注意点となるので必ず確認しておいてくださいね。

注意点① auひかりが提供・連携するサービスが利用できなくなる

auひかりを解約すると、auひかりが提供・連携するサービスは利用できなくなるのでご注意ください。

特に一番影響が大きいのは『auスマートバリュー(auセット割)』『自宅セット割(UQモバイルセット割)』の停止です。

セット契約が解除されることにより、セット割も停止するため解約のタイミングでスマホ代が値上がりします。

ただし、以下の2パターンに該当する場合はセット割も継続することができます。

  • 乗り換え先がau/UQモバイルのセット割対象光回線
  • 光回線の乗り換えと一緒にスマホキャリアも乗り換える

どちらかといえばセット割対象の光回線に乗り換える方が現実的ですね。

おすすめの乗り換え先光回線については後ほど詳しく解説します!

注意点② 違約金が発生する可能性がある

契約中のプランと解約のタイミングによっては違約金が発生する可能性があります。

違約金が発生するプランは以下の通りです。

プラン 契約更新期間※ 違約金
ずっとギガ得プラン 36~38ヵ月目 4,730円
ギガ得プラン 24~26ヶ月目 4,460円
タイプG/お得プラン 24~26ヶ月目 2,730円
お得プラン(A含む) 24~26ヶ月目 2,290円

※利用開始月(契約更新月)を1ヶ月目とする

契約更新のタイミングで解約すれば違約金は発生しません。

具体的な月はauひかりのマイページ(My au)で確認できるので、解約する前にチェックしておきましょう。

注意点③ ホームタイプは撤去工事費が発生する

現在ホームタイプでauひかりを契約中の場合、回線撤去工事を実施しなければいけません。

一応、auひかりでは「撤去工事は任意」となっているものの、撤去工事を行わないと回線維持費を請求されてしまいます。

回線維持費については非公開ですが、撤去工事費は31,680円として公開されています。

マンションタイプの場合には撤去工事の必要はなく、もし撤去工事が必要になっても費用の請求はありません。

ただし、マンションで独自にホームタイプのauひかりを契約していた場合は撤去工事費がかかるのでご注意ください。

auひかりを解約する方法

番外的な注意点として、auひかりの解約窓口はauひかりではないということが挙げられます。

auひかりの解約手続きは各プロバイダが窓口となって請け負っているため、解約の連絡は契約中のプロバイダに行いましょう。

契約中のプロバイダが『au one net』の場合のみ、auひかりが連絡先となります。

乗り換え先は『スマホセット割』で選ぶのがおすすめ

auひかりから乗り換える光回線はどこにするかお決まりですか?

もしも「光回線と一緒にスマホキャリアも乗り換える」というのでなければ、au/UQモバイルとのセット割が可能な光回線への乗り換えがおすすめです。

実はau/UQモバイルはセット割が適用可能な光回線の種類がとても豊富なスマホキャリアです。

そのため、auひかり以外にもセット割が適用可能な光回線の選択肢が多く、乗り換え先もよりどりみどり!

具体的には以下の光回線で『auスマートバリュー(auセット割)』『自宅セット割(UQモバイルセット割)』が適用できます。

光回線 回線タイプ 提供エリア
ビッグローブ光 光コラボ 全国
So-net光 光コラボ 全国
@nifty光 光コラボ 全国
@T-COM 光コラボ 全国
エディオンネット 光コラボ 全国
ひかりJ 光コラボ 全国
コミュファ光 独自回線 東海地方
eo光 独自回線 関西地方
ピカラ光 独自回線 四国地方
Mega EGG光 独自回線 中国地方
BBIQ光 独自回線 九州地方
ひかりゆいまーる 独自回線 沖縄県

全国展開の光コラボから地域密着型の独自回線まで、その数なんと12社!

上記すべての光回線でauスマートバリュー/自宅セット割が利用できるので、auひかりからの乗り換え先には上記の光回線を検討してみてはいかがでしょうか。

絶対に失敗しない光回線の選び方

ここからはスマホキャリアごと乗り換える方や、auやUQモバイルとのセット割の枠にとらわれずに光回線を探している方に向けて光回線選びのポイントをご紹介します。

光回線のおすすめはどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

  • 「自分にあった光回線はどれ?」
  • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
  • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

そんな迷いをお持ちのアナタへイチオシの光回線について詳しく解説します!

絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いたします!

(1) 光回線選び方のポイント

光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

ポイント : 光回線の選び方
  1. シンプルに2年間の月額支払い料金が安い物を選ぶ
  2. スマホとのセット割」で選ぶ
  3. 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

それでは、詳しく解説しましょう。

1:シンプルに2年間の支払い総額の安いものから選ぶ

『ahamo』『LINEMO』『Povo』などスマホ割の適応にならない新料金プランが大手三社から発表されています。

スマホ割は基本的にスマホ料金の節約となり、光回線の料金が安くなるわけではありません!

家計のスマホや光回線などを含めた通信費を安くするのであれば『スマホ料金の節約』+『安い光回線』が一番、あなたの財布の支出が減ります!

2:基本はシンプルに「スマホとのセット割」で選ぶ

光回線選びで最も重視すべきなのは「料金」です。 理由は簡単で、光回線であればどこを選んでも速度面が問題になることは少ないからです。

そして、料金が安いものは上記で解説しまいたが、携帯のプランを変更などが面倒であれば光回線とスマホのキャリアを合わせることで「セット割引」を受けるのがお得な選択肢です!

光回線 携帯キャリア 割引台数 割引額
ドコモ光 ドコモ 最大20回線 1台/最大1,100円
ソフトバンク光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
NURO光 ソフトバンク 最大10回線 1台/最大1,100円
auひかり au 最大10回線 1台/最大1,100円
So-net光プラス au 最大10回線 1台/最大1,100円
@nifty光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
BiGLOBE光 au 最大10回線 1台/最大1,100円
enひかり UQモバイル 1回線 110円

光回線の元々の月額料金は、どれを選んでも550円前後の違いしかありません

だったら、「セット割引」によって1100円以上の割引を受ける方が断然お得です。

上記で紹介した、2年間に実質支払う料金が少ない光回線とスマホ割が万が一適応になる場合、これほどないおすすめの光回線となります。

3:「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

基本的には、先ほどお伝えした通り実質支払う料金で決める+スマホ割が適応になればなおさらいい!という形で選ぶのがおすすめです。

しかし、もっと詳しく吟味して選びたいという方もいると思います。

そんなアナタは、まずは「光回線を契約する時に何をいちばん重視するか」考えてみましょう!

ポイント : 光回線選びの判断基準
  • 月額料金
  • 通信速度
  • キャンペーン(キャッシュバック)

大枠として、このようになると思います。 先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

  • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
  • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
  • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。
月額料金 速度 キャンペーン
auひかり
ソフトバンク光
ドコモ光
NURO光

基本は最初にお伝えした通り、料金で選ぶがのおすすめです!

さらに、速度面を重視したい方にも「auひかり」がおすすめです。 auひかりはKDDIの独自回線を用いており、圧倒的な安定と速度を誇っています。

また、auユーザーならセット割を受けることもできるので、スマホがauなら非常におすすめの光回線です。

ただし、auひかりでなくても先ほどおすすめした4つの回線ならすべて十分な回線速度を持っています。

また、速度を満足に出すための「IPv6接続」もすべての光回線で利用できます。

そのため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

IPv6接続とは?
「IPv6接続」とは、IPアドレスの接続方法の名称です。
以前はIPv4接続が利用されていましたが、アドレスは有限であるため接続アドレスが枯渇してしまい、速度が遅くなってしまいました。

そこで登場したのがIPv6接続というわけです。

光回線を利用していて、速度が遅いと言っている人はIPv6接続をしていないケースがほとんどです。
口コミや評判だとアップロード速度が100Mbps以上出るはずなのに、ダウンロード速度すら1Mbpsや10Mbps前後の人はまさしくそうだといえるでしょう。

通常はダウンロードの方が速いものです。 IPv6接続もアドレス数は一応有限なのですが、ほとんど無限に近いIPアドレスを取得できますので、同様の理由で速度が落ちる心配はないと言って良いでしょう。
それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

(2) おすすめのランキング光回線4選

それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきたいと思います。

各光回線は申し込み窓口が「公式」「プロバイダ」「代理店」と3つありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

「代理店」の月額料金の表記に要注意!
たいていの場合、申し込み窓口は「代理店サイト」で申し込むとキャンペーンが充実していることがほとんどです。

ただ注意が必要で、月額料金の表記がキャッシュバックした金額を絡めた表記になってることが多く、「表記されてる月額料金」+「キャッシュバック」が貰えると勘違いされる場合があります。

さらに、キャッシュバックするには厳しい条件があったりします。

例:「貰える時期が遅い」「オプションサービスの加入が必要」「手続きを忘れる内容」 当研究所で紹介する窓口は、 「貰える時期は開通から最短(2~3ヶ月後振込)」 「オプションサービス不要」 「手続きは申込時か開通前にできる」 と3拍子揃った条件+「最高額」で紹介します。

当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

引用元:auひかり

auひかり
月額料金

戸建て:5,610円~

マンション:4,180円~

通信速度

1Gbps

違約金

最大4,730円

工事費用 実質無料
主なキャンペーン
  • キャッシュバック(公式、代理店、プロバイダ)
  • 他社違約金補填キャッシュバック

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

auひかりは、NTT回線を借りているのではなく独自の光回線を所有しているため、速度ならNURO光の次に定評があります。

auひかりのメリットを簡単にまとめてみましょう。

ポイント : auひかりのメリット
  1. 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
  2. 月額料金が安め
  3. au携帯ならセット割引「スマートバリュー」を使ってさらに安く利用できる
  4. キャッシュバック金額業界No.1!!

auひかりのもう一つの特徴は、デメリットがあまりないことです。

ここまでデメリットの少ない光回線はありません!

唯一のデメリットは、全国展開している光回線ではないということでしょうか。

ポイント : auひかりのデメリット
  • 戸建てタイプは関西エリア、東海エリア、沖縄県で契約できない

これはKDDIの関連会社がそれぞれ独自の光回線を運営しているからです。

『auひかり』にこだわらなければ、それぞれのエリアで独自回線を使用したauとのセット割が利用できる光回線が提供されています。

このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

引用元:NNコミュニケーションズ

契約の窓口としてはau公式代理店の『NNコミュニケーションズ』がおすすめです。

キャッシュバックの手厚さがいちばんの特徴で、 公式のキャンペーンで「違約金キャッシュバック最大30,000円」+「上乗せキャッシュバック25,000円」がもらえる上、さらにプラスして代理店&プロバイダからのキャッシュバックまで貰えます。

代理店とプロバイダのキャッシュバックを合わせると、オプションなし、開通2ヶ月後振込で最大76,000円キャッシュバックという手厚さは魅力的ですよね。

auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

\最大76,000円キャッシュバック/

auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

ソフトバンク光
月額料金

戸建て:5,720円~

マンション:4,180円~

通信速度

1Gbps

違約金

1ヶ月分の利用料金

工事費用 実質無料
主なキャンペーン
  • キャッシュバック(公式、代理店)
  • 他社違約金補填キャッシュバック
  • 開通前Wi-Fiレンタル無料

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

ソフトバンク光も高額なキャッシュバックが期待できる光回線です。

auひかり同様に工事費が実質無料であるのに加え、他社から乗り換える方は解約時違約金もキャッシュバックで補填してもらえます。

さらに、代理店から申し込む事で代理店独自のキャッシュバックが受けられます。

引用元:エヌズカンパニー

エヌズカンパニーなら特別な条件無く最大37,000円のキャッシュバックが受け取れます。

工事費実質無料の割引を受けたとしても30,000円のキャッシュバックが受けられるため、新規契約者の方でも安心ですね!

また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。 

ポイント : ソフトバンク光のメリット
  • 代理店エヌズカンパニー経由で申し込めば、オプションの利用なしでも最大37,000円のキャッシュバックが受けられる
  • 開通前にモバイルルーターのレンタルが無料で受けられるので、申し込んだ翌日からネット利用が可能になる
  • 家族で複数台ソフトバンクスマホを利用していれば、それぞれの月額料金がセット割引で安くなる
ポイント : ソフトバンク光のデメリット
  • 工事費実質無料割引を受けると代理店のキャッシュバック額が下がる
  • プロバイダが選べない

\最大37,000円キャッシュバック/

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

引用元:ドコモ光

ドコモ光
月額料金

戸建て:5,720円~

マンション:4,400円~

通信速度

1Gbps

違約金 最大5,500円
工事費用 無料
主なキャンペーン
  • キャッシュバック(代理店)
  • ポイントバック(公式)

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

ドコモ光は、光回線の中ではキャッシュバックが多くありません。一方でスマホ割との相性が一番いい光回線でもあります。

というのも、国内トップのシェア率を誇るドコモ回線とのスマホセット割が最大20回線まで受けられるためです!

ドコモ光公式では5,000円相当のdポイントが特典ですが、代理店NNコミュニケーションズ経由で申し込みをする事で最大20,000円のキャッシュバックが受け取れます。

ポイント : ドコモ光とお得に契約する方法
  1. オプションなしで当サイト限定最大:23,000円貰える代理店「NNコミュニケーションズ」で申し込みをする

引用元:NNコミュニケーションズ

代理店「NNコミュニケーションズ」で契約すると、キャッシュバックをオプション不要で当サイト限定申し込み:23,000円受け取れ、無線ルーターも高性能のものが無料で利用できます。

プロバイダで直接申し込むよりキャッシュバック金額と同じです。

プロバイダから申し込むとキャッシュバック申請が半年後になってから手続きをする必要がありますので面倒ですし、もし忘れてしまったら全くキャッシュバックを受けられません。

それでしたら簡単&確実に貰える「NNコミュニケーションズ」での契約がおすすめです。

42,000円キャッシュバック/

最安値・最高速度でみんなにおすすめしたいが開通まで2ヶ月のデメリットの「NURO光」

引用元:NURO光

NURO光
月額料金 5,200円
通信速度 2Gbps
違約金 3,850円
工事費 実質無料
主なキャンペーン
  • 45,000円キャッシュバック
  • 無線ルーター永年無料

*初期費用が別途3,300円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

NURO光は速度に特化した光回線で、NTTと違い独自の光回線を提供しています。 そのため、光回線の中でも速度の口コミや評判が高いです。

NURO光の特徴となるメリット・デメリットは以下の通りです。

ポイント : NURO光のメリット
  • 独自回線により、圧倒的スピードNo.1!
  • 無条件45,000円の高額キャッシュバック!!
  • 最短で開通後2ヶ月でキャッシュバック受け取り可能
  • IPv6接続可能な無線ルーターを無料レンタルできる
  • ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割でNURO光の月額料金が安くなる
ポイント : NURO光のデメリット
  • 他社光回線と違い、工事が必ず2回必要
  • そのため、申し込みから開通まで1〜2ヶ月はかかってしまう
  • エリアが限られており、利用したくてもできない場合もある

以上がNURO光のメリットとデメリットです。 やはり、料金と回線速度を重視しなら必ず検討したい光回線だといえます。

ただ、開通までに2ヶ月程度かかり2回の工事をしないといけないために非常にハードルの高い光回線でもあります。

また利用できる条件も厳しいので、実際に対象エリアに住んでいても契約できない人も結構いるとか。。。

もし、対象エリアに住んでいて2ヶ月待てるのであれば、NURO光は高額キャッシュバックが「無条件」かつ「最短6ヶ月」で受けられるのも非常に嬉しいポイントです。

特に、ソフトバンクユーザーなら割引も受けれるので、非常に魅力的な選択肢ですね!

\最大45,000円キャッシュバック/

(3) おすすめランキング光回線の選び方まとめ

4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!!

ポイント : 自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
  • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
  • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
  • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (NNコミュニケーションズから申し込み)
  • 料金・速度が最上級!エリア対象内なら → NURO光(公式サイトから申し込み)

これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです!! 是非参考にしてみてください!

auひかりのプロバイダーだけ乗り換えられるのか?

結論を先に述べますと、auひかりはプロバイダだけ乗り換えることはできません。

auひかりの契約自体がプロバイダを通して締結されているため、プロバイダを乗り換える=解約という形になってしまいます。

当然と言えば当然ですが、解約→再契約の流れを踏めばプロバイダを変更できるという事でもあります。

解約や再契約(=新規契約)に関わる手続きはすべて他のケースと同様に実施しなければいけないので、かなり手間がかかることは覚悟しましょう。

auひかりのプロバイダ変更について迷っている方は、メリット・デメリットについて整理していくとどうすべきか判断できるかも知れません。

auひかりでプロバイダを変えるデメリット

まずはauひかりでプロバイダを変更するデメリットを一覧表にしてまとめてみました。

  • 解約に伴う費用が高額かも知れない
    • ホームタイプは撤去工事費31,680円
    • 現在の契約の開通工事費残債の一括請求
    • タイミングによっては解約違約金が発生(最大16,500円)
  • 再度の開通工事が必要
    • 予約が取れるまで開通できない
  • プロバイダオプションがすべて使えなくなる
    • IP電話番号が使えなくなる
    • プロバイダメールが使えなくなる

主なデメリットは以上の3つです。

「莫大な費用がかかるかも」「解約・再契約にまつわる手間がかかりすぎる」といった点が大きなデメリットとなるでしょう。

auひかりでプロバイダを変えるメリット

続いてauひかりでプロバイダを変更するメリットを一覧表にしてまとめました。

  • 新規契約キャンペーンが適用できる
    • 代理店のキャッシュバックも対象になる!
    • 代理店によっては最大5万円以上のキャッシュバックも見込める
  • 好みのプロバイダで契約できる

主なメリットは以上の2つです。

費用の面においては代理店やプロバイダの新規契約キャンペーンが適用できるため、解約に伴う費用がカバーできる可能性があります。

場合によってはキャンペーンの適用によってプラスになる方もいるはずです。

それを踏まえた上で「好きなプロバイダで契約できる」という事にどれだけ魅力を感じるかを考えてみましょう。

例えば「対応に不信感があって今のプロバイダを一刻も早く解約したい」というようなケースであればプロバイダを乗り換えた方がメリットが大きいと感じる方が多いのではないでしょうか。

お金のカバーはできても時間・手間がかかってしまうことは確実ですので、多忙な方はよく検討してくださいね。

まとめ

auひかりはNTTフレッツ光回線を使用せず、独自の回線を提供する光回線です。
フレッツ光や光コラボ間での乗り換えの時には『転用』『事業者変更』といった手続きがありましたが、auひかりの場合は全員が『新規契約者』になります。
そのため、auひかりに乗り換える場合はすべての方が必ず開通工事を実施しなければいけません。
auひかりは全国展開をしていない光回線であり、マンションタイプの場合には建物に導入された設備によって契約できるプランが変わります。
戸建ての方もマンションの方も必ず提供エリアと契約可能なプランを確認してから申し込みましょう。
auひかりに申し込む際は、代理店+プロバイダ+公式の3主催のキャンペーンが受け取れる代理店からの契約がもっともお得です。
中でもNNコミュニケーションズは簡単・確実・早いという三拍子揃っており、一押しの正規代理店です。auひかりにお申し込みの際はぜひ検討してみてくださいね。

\\最速で確実に66,000円キャッシュバックが受け取れる//

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる