インターネット開通でオススメは開設契約ここ!戸建や賃貸マンションで最適なネット回線と損しない選び方

スマホ代の節約やオンラインゲームなどなど…自宅にインターネットがあるとおうち時間が充実しますよね!

とはいえ『一言で“インターネット”と言われても何がなんだかわからない、どれを選べばいいの?』という方はたくさんいるはず。

確かにインターネットといえば『光回線』や『Wi-Fi』『ポケットWi-Fi』などいろいろ聞きますが、

『みんな同じなの?』『合う・合わないで損する事はあるの?』など疑問もありますよね。

そこで今回はインターネット契約の第一歩である、インターネット回線契約の種類について解説しています!

この記事を読むことであなたに生活にぴったりあったベストなインターネットの回線が見つかりますよ。

目次

光回線の一番簡単で損しない選び方はスマホとセットの『スマホ割』での選び方

基本的にスマホ割は光回線の料金が安くなるのではなく、あくまでもスマホの料金を割引してくれるサービスになります。

あなたの使用しているスマホと同じ光回線を契約することで、スマホの月額料金を1100円値引きすることが可能になります。

 スマホ会社 光回線 セット割引額 詳細
ドコモ 最大1,100円 一部プランのみ550円~3,850円割引
詳細はこちら
ソフトバンク 最大1,100円 一部データ定額/パケットし放題プランのみ550円割引

詳細はこちら


au 最大1,100円程度 一部プランのみ550円~2,200円の割引
詳細はこちら
今、一番人気の格安プラン『ahamo・povo・LINEMO』は残念ながらスマホ割の対象外。
セット割が使える格安SIM×光回線

上記の格安SIMを使用している方でも、スマホ割が適応になるケースがあります。

基本的な特徴は、携帯会社と同じ光回線を使用することですが、もともと格安SIM自体の料金が安いのでメリットを受けられる条件のハードル低くありません。

また、格安SIMを使用していても料金も安く安定したインターネットを楽しみたい方は、こちらのフローチャートに沿ってあなたにぴったりの光回線を探してみてください。

ドコモユーザーに一番おすすめの光回線。

ドコモのスマホ料金が最大毎月1100円安くなる唯一の光回線になります。

キャッシュバックも20000円と高額でドコモユーザーに一番おすすめの光回線

→ドコモ光を20000円のキャッシュバックを受け取れる公式サイトはこちら

auスマホユーザーに一番おすすめの光回線。

月々のスマホ料金が毎月最大1100円引きに!

キャッシュバックが最大52000円と高額にもかかわらず最短翌月には指定口座に振り込まれます。

また、独自回線を使用している安定して高速回線でインターネット可能!

→auひかりを52,000円のキャッシュバックを受け取れる公式サイトはこちら

auひかりエリア外の関西地方在住はeo光

auのスマホユーザーで関西に住んでいる方にオススメの光回線

eo光もauユーザーであれば毎月のスマホ料金が最大で1100円引きになります。

独自回線を使用していることから光コラボに比べると安定して速い速度でインターネットができ、光回線の月額料金が1年目は3000円代ということで非常におすすめの光回線です。

→関西在住のauスマホユーザーが絶対に契約したいeo光の公式サイトはこちら

auひかりエリア外の東海地方在住はコミュファ光

auスマホユーザーの東海地方在住の方に一番おすすめの光回線。

コミュファ光もauユーザーであれば毎月のスマホ料金が最大で1100円引きに。

独自回線で安定した高速回線、キャッシュバック最大35000円が翌月末受け取り可能と本当におすすめの光回線『コミュファ光』

→東海地方在住に一番おすすめのコミュファ光の35,000円キャッシュバックを受け取れる公式サイトはこちら

ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線。

業界最安値で最速の光回線!キャッシュバック45000円の超高額。

デメリットは対象エリアが狭いこともあり、対象外の人はソフトバンク光がオススメ!

NURO光のエリア対象のソフトバンクユーザーは一番に契約したい光回線です!

→NURO光を45,000円のキャッシュバックを受け取れる公式サイトはこちら

ソフトバンクユーザーは毎月1100円スマホ料金が安くなる光回線。

そして、キャッシュバックも申し込み翌月には最大37000円受け取れます

回線速度もドコモ光と同様の回線を使っているので、他社と同等の安定したインターネットを楽しめます!

ソフトバンクユーザーは『NURO光』→エリア外なら『ソフトバンク光』

この二つの選び方がベストです!

→ソフトバンク光を37,000円のキャッシュバックを受け取れる公式サイトはこちら

インターネット回線は大きくわけると有線と無線の2種類

『インターネット回線』は大きくわけると2つの種類があります。

  • 有線回線
    • 電柱から自宅にケーブルを引いてインターネットに接続する
    • 相場は月額5,000~6,000円前後※
    • 主なメリット:安定した通信、大量通信に対応したプランが多い
    • 主なデメリット:開通工事や撤去工事が必要
  • 無線回線
    • ケーブルを引かなくても機器単体でインターネットに接続できる
    • 相場は月額4,000~5,000円前後※
    • 主なメリット:工事不要、持ち運び可能なタイプもある
    • 主なデメリット:電波の安定性はイマイチ

※キャッシュバックや割引特典などの値引きは除く

『有線』と『無線』の一番大きな違いは、電柱から自宅までインターネット回線を引くかどうかです。

あくまでも電柱から自宅(設置場所)まで回線をひくかどうかが有線か無線かの違いです。

有線だからパソコンやスマホをインターネットのケーブルに接続しなければいけないというわけではないのでご安心ください。

有線回線であっても『Wi-Fiルーター(無線LANルーター)』を設置すれば、スマホやパソコンから無線でインターネットを楽しめます。

有線回線にも無線回線にもそれぞれのメリットやデメリットがあり、普段の使い方によってどちらが合うかが決まりますよ!

光回線など有線の特徴

一般的な有線回線といえば『光回線』です。 ※以前一般的だったADSLは新規受付を停止しています

光回線の主な特徴がこちら!

  • 契約時の開通工事や解約時の撤去工事が必要
  • 無線回線よりも通信が安定している
  • もっとも通信が安定した『有線接続』が可能

有線回線の一番大きな特徴は『通信の安定性』です。

具体的には、

  • 通信量が多くなっても速度制限などが発生しない
  • 常時高速通信が期待できる
  • 家族で回線を共有しても不安定にならない

といった特徴があります。

 

『いつでも高速通信ができる』という点においては無線回線よりも圧倒的に優れています。

一方で無線回線と比べた際のデメリットに見えるのは『工事が必要』ということ。

実は工事費については公式キャンペーンなどを利用すれば無料になることも多いのであまり心配ありません。

問題は費用よりも『契約したらすぐ使えるわけではない』ということです。

開通工事のために直近でも1ヶ月近く待つような事も珍しくはありません。

今すぐインターネットを使いたい方や工事の日程が取れない多忙な方にとってはもどかしい時間を過ごす事になりそうですね。

また、有線回線契約が行える会社には

  • NTTの回線を使用して提供(フレッツ光、光コラボ)
    • 具体例:フレッツ光、ドコモ光、Softbank光 等
    • メリット:業界最大手の安心感、対応エリアが広い
    • デメリット:ユーザー数が多く混雑時に低速になりやすい
  • 自社の回線を提供(独自回線業者)
    • 具体例:auひかり、NURO光 等
    • メリット:混雑時でも速度が出やすい
    • デメリット:対応エリアが限られる

という2つのパターンがあります。

独自回線業者の対応エリア外の場合はフレッツ光または光コラボの回線しか契約できません。

光回線などの有線をオススメするユーザーはどんな人

通信が安定している有線回線(光回線)でのインターネット契約がおすすめなのはこんな方々です。

  • 動画視聴など一度の通信量が多いコンテンツをたくさん楽しみたい人
  • ライブ配信を行うなど常に安定した通信速度が必要な人
  • 複数人で共有する予定がある人
  • 家でインターネットを利用する人

どの方にとっても『通信の安定性』はとても重要なポイントなので、光回線がぴったり!

通信の安定性の面では『速度』の他に『強さ』もおすすめポイントです。

壁や扉を隔てた場所でもしっかり電波が入るので自宅内なら場所を選ばず快適にインターネットを楽しめます。

よほどの大家族でない限りは複数人で接続しても速度が遅くなることもないので、家族みんなが快適にインターネットを使えますよ!

関連記事:オススメの光回線をランキング形式で戸建・マンション別にご紹介

WiMAXやSoftbank Airなど無線の特徴

続いて無線回線についてですが、インターネットの無線回線契約には2つのタイプがあります。

  • モバイルルータータイプ(ポケットWi-Fi)
    • スマホよりも小さなミニサイズ端末
    • 充電して使用
    • 持ち運びに便利
  • ホームルータータイプ(据え置きWi-Fi)
    • 有線Wi-Fiのようなやや大きめの端末
    • コンセントから電源を取る
    • モバイルタイプよりも通信が安定している

ふたつの違いは『機器の違い』であって、どちらも『無線でインターネットができる』という点では変わりません。

モバイルルータータイプは基本的に持ち運びが前提となる機器なので、

使用用途がスマホやタブレットなどの持ち運べる端末でのインターネット利用に使いたい方向けです。

ただし電波が拾えるのはポケットWi-Fiの機器周辺のみ

機器を持ち出してしまうと家でインターネットを使う事ができなくなるので注意しましょう。

スマホだけでなくパソコンやゲーム機などでインターネットを楽しみたい方は据え置きWi-Fiが使える契約がおすすめです。

モバイルタイプよりも安定しているので通信量の多いコンテンツを利用する際も安心できます。

無線回線契約が行えるサービスには、

  • モバイルルータータイプのみを提供
  • ホームルータータイプのみを提供
  • モバイルルータータイプとホームルータータイプの両方を提供

といった3パターンが存在しています。

モバイルルータータイプのみを取り扱う会社は、主に格安SIMや携帯通信会社など『モバイル通信』をメインに取り扱う会社です。

今回は『自宅でインターネットを使うこと』に焦点を当ててモバイルタイプ専用の無線回線は除いてご紹介していきますね。

WiMAXやSoftbank Airなどの無線をオススメするユーザーはどんな人

引用元:UQコミュニケーションズ

有線回線と比べて無線回線でのインターネット契約がおすすめの方はこのような方々です。

  • 引っ越しが多い人
  • 一人暮らしの人(回線を一人で使用する人)
  • インテリアをスッキリさせたい人

無線回線は工事不要のため、引っ越しのたびに開通工事を行う必要がないというお手軽さが魅力です。

工事のスケジュールや工事費などを気にせず引越し先でもすぐにインターネットに接続できますよ!

コンセントから機器の電源を取るだけで利用できるので、配線が苦手な方やごちゃごちゃした見た目が嫌いな方安心ですね。

モバイルタイプとして使用する場合には『使用者が外出してしまうと家でインターネットができなくなる』という難点がありましたが、

回線を一人で使用するのであればこの点も問題にはならないのではないでしょうか。

関連記事:オススメのモバイルWi-Fiの月額料金などの詳細を確認する

インターネットの選び方と確実に抑えるべき4つのポイント

インターネットをどこで契約するか考える時、チェックしておきたいポイントが4つあります。

  • 料金
    • 予算内に収まるかどうか
    • 割引オプションがある場合はスマホ代を含めて通信費全体で予算をチェック
  • 使用頻度
    • 月にどれくらい通信するのか
    • 一人 or 家族
    • なんのためにインターネットを使用するのか
      例)SNSチェック→通信量が少ない、動画配信したい→通信量が多い
  • 使用場所
    • 自宅がメインか持ち運びメインか
    • 持ち運ぶ場合はスマホのプラン見直しも!
  • 新規契約なのか乗り換えなのか
    • 乗り換える場合は高額キャッシュバックが見込める事も

これらの4つのポイントに既に決まっている事やこだわりたい事を当てはめていくと、自分に向いているインターネット回線が見えてくるでしょう。

順番としては、

  1. 以上の4つのポイントをもとに『有線回線 / 無線回線』を決める
  2. 無線回線で契約するなら『持ち運ぶかどうか』を決める

という順番で見ていくと、契約すべきインターネット回線が絞りやすいですよ!

ある程度候補が絞れたら、次は注意ポイントをチェックしながら契約する会社を選ぶのがおすすめです。

インターネット回線を選ぶ際に注意すべき5つのポイント

インターネット回線を選ぶポイントと併せてチェックしておきたい注意点もまとめました。

こちらはインターネット契約時に『絶対重視すべき』というわけではないですが、

『損しない』『快適に利用できる』といった利用中の満足度に関するポイントなのでぜひ一緒にチェックしてみてくださいね。

  • 実質の料金
    • キャッシュバック込みで考えるとどうか
    • 有料オプション契約が条件になっていないか
  • 一番お得な窓口や代理店なのか
    • 複数の窓口や代理店を比較したか
    • お得度よりサポートを重視するのもアリ◎
  • 契約期間と違約金
    • 定期契約の場合はその期間
    • 期間内に解約する際の違約金はいくらか
  • スマホ割は気にしすぎない
    • 格安SIMユーザーならスマホ割なしでも安い場合が多い
    • 大手キャリアの新料金プラン(ahamo、povo、LINEMO)はスマホ割対象外
  • 通信速度
    • 使用量による速度制限がないか
      例)○日以内に△GB以上の利用で速度制限 等
    • 無線の場合は設置場所のエリア速度はどれくらいか
    • 最高速度だけでなく平均速度もチェック

まずひとつのポイントとなるのが料金面をどれくらい重視するかということ。

 

とにかく安く済ませたいのであれば『少ない条件でたくさんキャッシュバックがもらえる代理店』が強いですし、

逆に料金は安くなくても困ったときに手厚いサポートが受けられる安心感を求めるなら『対面対応も可能な公式店』に勝るものはありません。

 

また、大きく『通信費』として見たときにはスマホの利用料金も併せて考える事も大切です。

大手キャリアの通常プランを利用しているのであれば大手キャリアで提供しているインターネット回線とのセット契約がお得です。

ただし格安SIMや大手キャリアでも新料金プランで契約しているのであればそのままの方がお得なケースもあり、

かならずしも『ネットとスマホはセット契約の方がお得』とは言い切れないので注意しましょう。

  • 安さ重視なら…代理店(キャンペーンを利用)
  • サポート重視なら…公式店
  • 大手キャリアの通常プラン契約者なら…スマホとネットをセット契約がお得

もうひとつのポイントが通信量や通信速度をどれくらい求めるかです。

 

こちらは普段どんな通信を行っているかを考えればわかりますよ。先にご紹介した4つのポイントを考えておけば一緒に答えが出ているはずです。

特に通信量が多い方は『通信制限の条件』をチェックするのをお忘れなく!

関連記事:月額料金の安いオススメの光回線はこちら

インターネットの月々の料金節約し安く抑える方法

既にインターネット契約済みの方で、料金を見直すために他社への乗り換えを考えている方もいるのではないでしょうか。

インターネット料金を節約する際に見直したいポイントについてもまとめてみたので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

ネット料金の節約方法 4選
  • まずはスマホ代金を見直す
  • スマホ+ネットのセット割を使う
  • 高額キャッシュバックを必ずゲットする
  • 公式キャンペーンを利用する

これから新規でインターネット契約をする方もチェックしておいて損はないポイントなので、

まだインターネットを契約していない方もぜひ参考にしてみてください。

インターネット料金の節約方法① まずはスマホ代金を見直す

まず、インターネット料金を見直す際には『スマホもインターネットも通信費としてまとめて考える』というところから始めてみましょう。

もう何年もプランを変更していない方は、新たなプランへの変更で安くなるケースもあります。

通信量が少ない方は大手キャリアから格安SIMへの乗り換えという手段もありますね。

スマホ利用料金が使用量に見合ってない方は特に節約のチャンスです!

ちょっと極端な例ですが、

『スマホの回線契約は解約してスマホでの通信はモバイルルータータイプのWi-Fiを使用する』

といったパターンも考えられます。

二台持ちのサブ機など、通話回線が不要な端末には効果的なので一度検討してみてはいかがでしょうか。

インターネット料金の節約方法② スマホ+ネットのセット割を使う

『スマホは大手キャリアとの契約が妥当だな』と感じている方は、スマホとインターネットのセット割を活用しましょう。

大手キャリアでは、キャリア提携のインターネット回線とセットで契約することでスマホ代が割引になる事があります。

例えば2台契約中なら『1回線あたり1,100円×2台=毎月2,200円引き』といったように、

契約中のスマホ回線ごとに値引きされるので、家族みんなで大手キャリア契約をしている方は絶対に確認しておきましょう!

ただし、

  • 格安SIMユーザーで大手キャリアに乗り換える予定がない方
  • 大手キャリアでもセット割対象外のプランで満足している方

の場合には、無理にセット割を適用するよりも今のままの方が安く済む可能性が高いので、セット割に頼りすぎるのは禁物です。

また、au&ソフトバンクユーザーの場合は電話も光回線で契約しないとセット割の対象外となってしまいます。

auユーザーとソフトバンクユーザーの方は電話回線も光回線でまとめて契約するのがおすすめです。

※ドコモはNTTの子会社なので電話回線を光回線契約に変更しなくてもセット割が有効になります

インターネット料金の節約方法③ 高額キャッシュバックを必ずゲットする

インターネット契約ができる窓口ではキャッシュバックキャンペーンを実施している場合があります。

その場合には必ずキャッシュバックを受け取ることが大事です!

高額キャッシュバックが受け取りやすいのは、インターネット回線を提供している会社やプロバイダの代理店

キャッシュバック獲得を目指すなら代理店からの契約がおすすめです。

ひとつのインターネット回線でも代理店はたくさんあるので、以下のポイントをチェックしつつ窓口を決めるのが良いでしょう。

  • キャッシュバックの条件
  • キャッシュバックがいつもらえるのか
  • キャッシュバックの申請方法は難しくないか

中には『友達を紹介する』『ウォーターサーバーを契約する』などといったハードルの高い条件があったり、

『契約とは関係のないタイミングでこちらから申請しないともらえない』『キャッシュバックがもらえるのは契約から24ヶ月後』など

キャッシュバックキャンペーンの存在を忘れてしまうようなタイミングや申請方法だったり、

高額なキャッシュバックをうたっていても受け取れない可能性が高い窓口もあるので注意しましょう。

既に契約中の方は、キャッシュバックキャンペーンを受け取る期日がいつなのか再確認しておくと良いですね!

\\キャッシュバック受取率100%のオススメ代理店//

戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

インターネット料金の節約方法④ 公式キャンペーンを利用する

必ず確認しておきたいのは『公式キャンペーン』でどんな割引を行っているかです。

自分で申請しない限り適用されないキャンペーンもあるので『こんなキャンペーンあるんだ』で終わっちゃ駄目ですよ~!

キャッシュバックなど契約時にドン!と得するキャンペーンの他に、セット割のような月々の料金から値引きするタイプのキャンペーンもあります。

光回線で『ネット』の他に『電話』や『テレビ』もセットで契約する方はキャンペーンの対象になりやすい傾向にあるため、

回線契約をまとめて契約する方は絶対にチェックしてみてくださいね。

安いオススメの光回線と選び方とオススメの窓口『プロバイダについても』

なんとなく『有線回線がいい!』『無線回線がいい!』というところまでは比較的かんたんに決まるのではないでしょうか。

問題は、その後の『有線(無線)回線がいいけどどこを選べばいいの?』というところですよね。

ここからはそれぞれの回線で利用者の状況から見たおすすめのインターネット回線をご紹介していきます!

まずは有線回線のおすすめからです。

インターネットの戸建てでオススメな安くて速いお得な光回線

戸建てにお住まいの場合『家族みんなで大手キャリアでスマホを契約し、家族割を適用している』という方も多いのではないでしょうか。

大手キャリアでスマホを契約中の方なら、各キャリアでスマホセット割が使える会社で契約するとお得です。

ドコモユーザー
おすすめ回線 ドコモ光
おすすめ窓口 ネットナビ
1ギガタイプ月額料金 5,720円~
auユーザー①
おすすめ回線 auひかり
おすすめ窓口 NNコミュニケーションズ
1ギガタイプ月額料金 6,160円~
備考 自社回線のため対応エリアが限られる
auユーザー②
おすすめ回線 So-net光プラス
おすすめ窓口 So-net光プラス 公式
1ギガタイプ月額料金 6,138円~
※契約から24ヶ月はこの金額から割引あり
備考  auひかりのエリア対象外のauユーザーにおすすめ
ソフトバンクユーザー
おすすめ回線 ソフトバンク光
おすすめ窓口 エヌズカンパニー
1ギガタイプ月額料金 5,720円~

以上の4社であればスマホとインターネットの契約でセット割が適用になります。

インターネット契約料金からの値引きではなく、スマホ利用料金から値引きされますよ!

セット割が適用されるとスマホ1回線あたり最大1,100円値引きになるので、4人家族なら最大4,400円値引きに。

ただし、セット割を有効にするためには条件があります。

セット割の条件
  • ネット契約と同時に電話回線も光回線で契約する(NTT子会社のドコモを除く)
  • ネット割対象のスマホプランで契約する(ahamo、povo、LINEMO等の安価なプランは対象外)

以上の条件を満たせない方はセット割の対象外となるのでご注意ください。

また、スマホのセット割は利きませんが速度重視の方にはこんな回線もおすすめです。

速度重視の方におすすめ
おすすめ回線 NURO光
おすすめ窓口 NURO光 公式
1ギガタイプ月額料金 5,217円~
備考 自社回線のため対応エリアが限られる

NURO光はセット割対象外となる格安SIMユーザーの方にもおすすめできる光回線です。

なお、auひかりとNURO光はNTTの光回線(フレッツ光)ではなく自社で回線を用意しているサービスです。

auひかりとNURO光は回線速度が落ちにくく速度面では満足度が高い一方、対象エリアが狭いのがデメリット。

対象外のエリアにお住まいの方やahamoなど対象外プランを利用中の方、格安SIMを利用中の方など、

スマホセット割対象外の方は重視するポイントによっておすすめ回線が変わります。

速度重視の方なら…
👉 auひかり、NURO光

料金重視の方なら…
👉 ソフトバンク光、So-net光プラス

ご紹介したようにNURO光とauひかりは対象エリアが限られているので、対象エリア外だった場合にはソフトバンク光かSo-net光プラスがおすすめです。

それではソフトバンク光かSo-net光プラスのどちらがお得かというと…

  • スマホ代も節約するなら『ソフトバンク光』
    • ソフトバンクサブブランドのワイモバイルでもセット割が適用される
    • ソフトバンク光×ワイモバイルでスマホ代節約に!
  • 期限付きでも低価格で使いたいなら『So-net光プラス』
    • 24ヶ月限定なら他社の光回線より安い!
    • セット割のように永続的割引ではないので注意

このような形で、ワイモバイルユーザーやワイモバイルへの乗り換えを検討している方にはソフトバンク光、

それ以外の方にはSo-net光プラスがおすすめとなります。

一人暮らしやマンションのオススメな光回線

一人暮らしやマンションにお住まいの場合、物件によって利用できる光回線が限定されている事があります。

まずは管理会社や大家さんに確認を取って利用できる光回線を把握しましょう。

その上で、おすすめの光回線は基本的に『戸建てと同じ』です。

  1. まずは大手キャリアとのセット割を考える
    1. ドコモユーザーなら『ドコモ光
    2. auユーザーなら『auひかり』『So-net光プラス
    3. ソフトバンク/ワイモバイルユーザーなら『NURO光』『ソフトバンク光
  2. セット割対象外なら速度重視で考える
    1. NURO光
    2. NURO光エリア外なら『auひかり
  3. エリア対象外なら料金重視で考える
    1. So-net光プラス

このような感じで上から順番にチェックしていくと当てはまるところがあるはず!

もしも管理会社や大家さんに確認した際、

『インターネットには非対応。開通工事もしないで!』『マンションに備え付けのもの以外は使わないで!』など、

お住まいの集合住宅で光回線が利用できない際には無線回線での契約がおすすめです!

オススメのWiMAXと選び方とオススメの窓口

引用元:【公式】UQ WiMAX(ルーター)│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

続いては無線回線のおすすめです!

WiMAXはホームルータータイプもモバイルルータータイプも選べるので幅広い方におすすめできる無線回線です。

使用しているうちにタイプを変更したくなっても機種変更(一律18,150円)で対応できるため、回線を乗り換える必要がありません。

WiMAX
月額料金 4,268円
月間データ上限 なし
速度制限 3日間で10GB以上利用で速度制限
通信回線 WiMAX、LTE
対応ルーター ホームルーター、モバイルルーター
端末代金 新規契約の方は無料キャンペーン中

中でも特に『モバイルルーター』を使いたい方におすすめです。

モバイルルーターは格安SIMでも提供されていますが、自宅での通信を含めて考えるなら格安SIMよりもWiMAXの方がお得で便利な可能性も高いですよ!

月間のデータ上限がないので自宅でのリラックスタイムも通信量を気にせず利用できます。

ただし使いすぎると速度制限がかかってしまうため利用のペースには注意しましょう。

WiMAXはUQの公式窓口以外にも20社以上の代理店から申し込めます。

どの代理店から申し込んでも契約できるプランやエリアは同じですが、特典やサポートなどの面で違いがあります。

特におすすめしたい窓口はこちら!

年間費用重視の方
おすすめ代理店 GMOとくとくBB
おすすめポイント
  • 数ある代理店の中でもキャッシュバックが最高額
  • 総合して見た時に年間費用が最安値
注意点
  • 口座登録が必要(支払い方法に口座振替は選べません)
  • 振り込みはだいたい1年後
サポート重視の方
おすすめ代理店 BroadWiMAX
おすすめポイント
  • キャッシュバックではなく料金値引き特典で還元している
  • 数ある窓口の中でももっとも充実したサポート対応範囲
  • 口座振替に対応
注意点 プレゼント系キャッシュバックキャンペーンなし(違約金負担などの実費無料系キャッシュバックはあります)

キャッシュバック系のキャンペーンの充実度はイマイチですが『値引き還元で楽してお得』『口座振替でクレカ不要』などの点から、

個人的には『BroadWiMAX』 の方がメリットを多く感じました。

もっと詳しくWiMAXの代理店比較をみたい方はこちら

インターネットの開通工事が不要なホームルーターで一番おすすめのドコモ『home 5G』とオススメ窓口

home 5G
月額料金 4,950円
違約金 なし
端末代金 39,600円(分割払い可能 12,24,36回)
キャンペーン 15000円(キャッシュバック)
オススメ窓口 アイティーエックス
月間データ上限 なし
速度制限
  • 登録と異なる住所で利用すると速度制限(解除可能)
  • 混雑する時間帯に速度制限
対応ルーター ホームルーターのみ
備考
  • ドコモのスマホ契約でセット割になる
  • ドコモ光とのセット割がある
  • ルーターは『home 5G ターミナル』のみ

2021年8月27日にドコモから新発売したホームルーターの『home 5G』

これまでホームルーターといえばソフトバンクエアーが知名度があり多く人が使用しており認知度があったかと思います。

これまで大手がどこも参入しなかったホームルーターに市場に新参入したのがドコモ!

ドコモのスマホとセット割があり、ソフトバンクエアーのホームルーターとしての一つの問題としての速度と開通エリアが改善されていると言っても過言ではない新ホームルーターです。

工事なしのホームルーターでこれだけの速度がでれば最高です!

Zoomなどのテレワーク、オンライン授業、ネットフリックスなどの動画視聴、どれもストレスなく楽しむことができます。

自宅が光回線の工事ができない人やサクッとWi-Fi環境を作りたい人はコンセントにさすだけで使える『home 5G』はオススメです!

ドコモ『home 5G』の予約・在庫状況!お得なキャンペーンでの申し込み手順から購入までの流れ

WiMAXとホームルータはどっちがいいの?

無線回線にはWiMAXのような『モバイルルーター』とソフトバンクエアーやhome 5G(ドコモ)のような『ホームルーター』の2つのタイプがあってとても便利ですが、

選択肢があるだけにどちらにすればいいか悩んでしまうものですよね。

しかし、どちらの方が良いかは『利用者の状況によって違う』というのが答え。

ここでもう一度モバイルルーターとホームルーターの特徴をおさらいして、どちらが自分に合うか確認しておきましょう!

モバイルルーター ホームルーター
通信の安定性 場所によっては電波が悪い 比較的安定している
室内での利用 クレードルにセットして強化 比較的安定している
外出時の利用 可能 不可
月額料金 数百円~4,000円程度 4,000円~5,000円程度
プランの幅 数GBが上限の格安SIMプランから上限なしの使い放題プランまで幅が広い 基本的には上限なしの使い放題プランのみ

細かく見ていくと料金やプランなどに違いはあるのですが、もっとも大きな違いは『持ち運べるかどうか』です。

例えば一人暮らしの方なら自分だけの都合で使えるので持ち運べるWi-Fiはスマホ代の節約にもなり便利です。

しかし家族みんなで利用するとなるとそうはいきません。

誰かが持ち出してしまえば他の家族はインターネットが利用できずに困ってしまいますよね。

また、『持ち運べる』というメリットはどうしても『電波の安定性』という面で劣ってしまうところがあるため、

一人暮らしの方でも安定した速度を求めるなら据え置きのホームルータータイプの方が安心して利用できるはず。

考えるべきはこの2つのポイントなので、普段の使い方を考えて自分に合うのはどちらか決めましょう。

普段からWi-Fiを持ち歩きたいなら…モバイルルーターがおすすめ!

家で安定した通信を行いたいなら…ホームルーターがおすすめ!

光回線の契約からインターネットを使うまでの流れ

定額の契約ですし工事費がかかる光回線の契約って結構不安ですよね?

業者がやってくれることと自分がやるべきことがはっきりしていると、事前準備も進めやすいのではないでしょうか。

ということで、ここでは実際の光回線契約の流れを簡単にご紹介します。

光回線契約から使用までの流れ
  1. 光回線を選ぶ
  2. 光回線を申し込む
  3. 工事の立会い
  4. ルーターの設定
  5. インターネットの開通

以上の5つの手順が『こちらでやるべき事』です。

それぞれどんなことをすればいいのか順番にご紹介していきますね!

光回線でインターネットを始める① 光回線を選ぶ

まずは契約する光回線を選ぶところから始めましょう。

決めること
  1. 光回線の種類(フレッツ光、NURO光、auひかり 等)
  2. プロバイダ(@nifty、BIGLOBE 等)
  3. 申し込む窓口(公式、代理店ならどの代理店か 等

『どんな回線』を『どのサービス(プロバイダ)を通じて』『どこから』申し込むかまで決めておきます。

この時、希望する光回線の対応エリア内に自宅があるかどうかを必ず確認しておきましょう!

また、プロバイダ一体型ではない光回線に申し込む場合には別途プロバイダへの契約が必要です。

インターネットを利用するには『光回線』と『プロバイダ』の両方への契約が必要

光回線でインターネットを始める② 光回線を申し込む

申し込む回線や窓口が決まったらいよいよ申し込みましょう!

主な申し込み窓口
  • 店頭
    • ドコモ光など大手回線の公式店舗や家電量販店が中心
    • 店頭で契約書に記入または入力する形で申し込む
    • メリット:スタッフに相談・確認しながら契約できる
    • デメリット:営業時間中に店舗に行かなければいけない
  • WEB
    • 代理店での申し込みはほとんどこちら!
    • 申し込みフォームに必要事項を入力して申し込む
    • メリット:自分のタイミングで申し込める
    • デメリット:基本的には自力で申し込む必要がある
  • 電話
    • 公式、代理店ともに対応
    • メリット:電話1本のみで申し込める可能性がある
    • デメリット:電話1本では申し込めない会社もある

この中なら代理店でのWEB申し込みがおすすめです。

キャッシュバックキャンペーンなど代理店独自で実施しているお得なキャンペーンが受けられるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

光回線でインターネットを始める③ 工事の立会い

実際に申し込みが完了したら、次は光回線を自宅で利用できるようにする開通工事の立ち会いです。

これから初めて光回線を利用する方は工事は必須!

ですが、光回線を乗り換える方は場合によっては工事が不要のケースがあります。

開通工事が不要なケース
  • 一戸建てにお住まいの場合
    • フレッツ光から光コラボに乗り換え(転用)する
    • 光コラボから光コラボに乗り換え(転用)する
  • マンション(集合住宅)にお住まいの場合
    • 利用したい光回線が既に部屋まで通っている

工事を行った場合、契約者はこの工事に立ち会うだけでOK!

大体1時間前後で工事が完了します。

『インターネットを利用できるようにする工事』と『インターネットを利用するための機器(ルーター)の設置』までは業者が行ってくれるので、

難しい配線などを自分で1から行う必要はありません。

光回線でインターネットを始める④ ルーターの設定

業者がルーターを設置してくれたら、そのルーターの設定は自分で行いましょう。

パソコンやスマホから設定画面にアクセスして設定をします。

光回線やプロバイダから送付される資料にやり方が書いてある場合がほとんどなので、参考にしながらゆっくり落ち着いて行いましょう。

もし不安がある場合には、初期設定まで行ってくれる有料のセットアップサービス等がある回線を選ぶのもひとつの手段です。

光回線でインターネットを始める⑤ インターネットの開通

これでインターネットが開通しました!

スマホでWi-FiをONにすると自宅のインターネットの電波が拾えているはず。

ルーター本体に記載されている『SSID』を選択し、同様にルーター本体に記載された『パスコード』を入力して接続しましょう。

スマホ以外にもパソコンやゲーム機等、様々な機器でインターネットが接続できますよ!

WiMAXの契約からインターネットを使うまでの流れ

引用元:【公式】UQ WiMAX(ルーター)│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX

続いてはWiMAXの契約の流れについてもご紹介します。

WiMAXは開通工事が不要なため、基本的にすべて自分で行う必要があります。

WiMAX 契約から使用までの流れ
  1. 契約窓口とルーターを選ぶ
  2. WiMAXを申し込む
  3. WiMAXの設定
  4. インターネットの開通

設定自体は光回線よりもかなり簡単なので、多くの方にとってそれほど悩まずにできるのではないでしょうか。

それでは順番にどんなことをするかご紹介していきますね。

WiMAXでインターネットを始める① 契約窓口とルーターを選ぶ

WiMAXの場合『利用する回線』と『プラン』は決まっているので、契約窓口とルーターの種類を選ぶところから始めます。

決めること
  1. 契約窓口(公式か、どの代理店か)
  2. ルーターの種類(ホームルーターか、モバイルルーターか)

光回線とは違ってプロバイダを契約する必要はありませんが、無線回線に対応したルーターを用意しなければいけません。

ルーターはWiMAXで販売されているので、契約と同時に購入する方は購入する機器も決めておきましょう。

既にルーターをお持ちの場合には動作確認済みの端末であるかをチェックし、SIMロックを解除してWiMAXの回線に対応できるように準備してくださいね。

WiMAXでインターネットを始める② WiMAXを申し込む

契約内容が決まったらWiMAXへの申し込みを行います。

主な申し込み窓口
  • 店頭
    • UQスポット(UQmobile/WiMAX公式店舗)
    • WiMAX提供会社(ヤマダ電機、エディオン 等)
  • WEB
    • UQ WiMAX 公式
    • 代理店
  • 電話
    • UQ WiMAX 公式
    • 代理店

キャッシュバック等のキャンペーンを受けるなら代理店のWEB申し込みがおすすめ!

『ルーター選びに迷っている』等、スタッフに相談事項があるならUQスポットからの申し込みや事前相談をしても良いですね。

この時、ルーターを購入する場合には同時に購入するのをお忘れなく。

WiMAXでインターネットを始める③ WiMAXの設定

契約が完了すると、ルーターや設定方法などが書かれた資料が送られてきます。

一式届いたらWiMAXの設定を行いましょう。

SIMカードをセットしたルーターに直接『SSID』と『パスワード』を設定するだけなのでとても簡単ですよ!

WiMAXでインターネットを始める④ インターネットの開通

設定が完了するとWiMAXでインターネットが開通した状態になります。

スマホでWi-FiをONにすると先程設定したSSIDの電波が拾えるはず!

パスワードを入力してWi-Fiに接続し、インターネットを楽しみましょう。

SoftbankAirの契約からインターネットを使うまでの流れ

引用元:SoftBank Air(ソフトバンクエアー)自宅・家庭用Wi-Fi(ワイヤレス) | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

最後はSoftBank Airの契約の流れについてもご紹介します。

こちらもWiMAX同様に開通工事が不要で基本的にすべて自分で設定するようになっています。

SoftBank Air 契約から使用までの流れ
  1. 契約窓口を決める
  2. SoftBank Airを申し込む
  3. SoftBank Airの設置
  4. インターネットの開通

全体的な流れはWiMAXと同じですね!

SoftBank Airの場合、申し込みが当日のうちに完結しないのでその点だけ留意しておいてください。

それでは順番にどんなことをするかご紹介していきますね。

SoftBank Airでインターネットを始める① 契約窓口を決める

SoftBank Airの場合『回線』『プラン』『ルーター』まで決まっているので、契約窓口を決めるだけで良いですよ!

公式か代理店か。

代理店ならどの代理店から申し込むのか。

代理店によって実施中のキャンペーンが異なるため、自分の好みの代理店を探せると良いですね!

なお、SoftBank Airのルーターとなる『SoftBank Air ターミナル』は購入かレンタルか選べます。

自前の端末を持ち込むことはできないのでご注意ください。

SoftBank Airでインターネットを始める② SoftBank Airを申し込む

契約窓口が決まったらSoftBank Airへの申し込みを行います。

主な申し込み窓口
  • 店頭
    • ソフトバンクショップ
    • 家電量販店 等
  • WEB
    • SoftBank Air 公式
    • 代理店
  • 電話
    • SoftBank Air 公式
    • 代理店

キャッシュバック等のキャンペーンを受けるなら代理店がベストです。

申し込みが完了すると、スマホをお持ちの方はSMS、スマホがない方には郵送で『ご利用開始の案内』が届きます。

こちらの案内に従って利用料金の支払情報などを登録すると申し込みが完了します。

申し込み完了後すぐにSMSが届くわけではないので要注意!

完全に申し込みが完了となるまでは『最初の申し込みから大体2~3日前後』程度です。

SoftBank Airでインターネットを始める③ SoftBank Airの設置

申し込みが完了するとSoftBank Air ターミナルや設定方法などが書かれた資料が送られてきます。

設定資料にしたがってSoftBank Airの設置を行いましょう。

SSIDやパスワードなどは既に設定済みなので、自分で行うのは『SoftBank Airを置いてコンセントをさす』だけ!

めちゃくちゃ簡単ですね。

SoftBank Airでインターネットを始める④ インターネットの開通

設定が完了してSoftBank Airターミナルに電源をいれれば、インターネットが開通した状態になります。

SoftBank Airターミナルに設定されているSSIDやパスワードはターミナル本体に記載されているので、

そちらを参考にスマホ等からWi-Fiの電波を拾って接続してみましょう!

ソフトバンクエアーの公式サイトはこちらから

インターネットについてよくある質問

最後になりますが、改めて『結局これってどうなの?』と思いやすいポイントをまとめてみました。

インターネットに関するよくある質問 5選
  • 一人暮らしのインターネットはどれが一番おすすめ
  • プロバイダってなに?
  • インターネットの速度はどれくらいが速い?なんで変わるの?
  • 私のネット代は高い?相場はみんなどれくらい払ってる?
  • 結局、一番お得なインターネットはどれ?

これらの質問について、簡単ではありますが順番に解説していきますね!

Q.一人暮らしのインターネットはどれが一番おすすめ

『日常的に大量通信を行う』という方以外にはWiMAXがおすすめです

WiMAXは開通工事などの必要もなく、契約開始と終了が手軽に行えるメリットがあります。

また、モバイルルーターを選択すれば外出中のスマホ通信量の節約にも繋がります。

『格安SIMで必要最低限のプランを契約×インターネットは常にWiMAXで利用』

といった通信費の節約が見込めるため、一人でインターネットを利用したい方にはWiMAXがおすすめです。

ただし、ネットゲームや動画配信などといった大量通信を日常的に行う方には通信が安定した光回線がおすすめです。

光回線の選び方はこちらを参考に!

Q.プロバイダってなに?

契約した有線回線(光回線)をインターネットに繋げるためのサービスを提供している接続事業者です。

いわゆる『光回線』とは、単に『回線』のことだけを指すためそのままではインターネットを利用することができません。

例えば大手キャリアが提供している『ドコモ光』『auひかり』『ソフトバンク光』などは、

プロバイダ一体型の回線契約なので『光回線への契約』の中にプロバイダとの契約も含まれています。

フレッツ光などプロバイダとの契約が別の回線サービスもあるため、契約したい回線契約にプロバイダ契約も含まれているかチェックしましょう。

Q.インターネットの速度はどれくらいが速い?なんで変わるの?

スマホの通信なら5Mbps以上、パソコンの通信なら10~30Mbpsが快適と言われています。

通信速度は『回線の混雑具合』『電波の強さ』等によって変化します。

たとえば『auひかり』ならauひかりユーザーみんなでauひかりの光回線を使用するため、

たくさんの人が一斉にインターネットを利用するとその分回線に負荷がかかり通信速度が下がります。

中でも『フレッツ光』やドコモ光やソフトバンク光などの『フレッツ光コラボ』はもっともユーザー数が多く、通信速度が低下しやすいと言われています。

また、特に無線回線の場合は設置場所や利用者の所在地によっては電波が悪く通信速度が落ちる事があります。

Q.私のネット代は高い?相場はみんなどれくらい払ってる?

光回線 月額5,000~6,000円前後

無線回線 月額4,000~5,000円前後

が相場です。

回線選びによって月1,000円前後の幅があります。

光回線に関して言えば『エリア対応しているかどうか』が最優先になるため、回線選びで節約できる場合とできない場合があります。

また、公式窓口でも代理店窓口でも回線契約元が同じであれば月額料金に違いはありません。

申し込み窓口によってキャッシュバックキャンペーンや月額料金が割引になるキャンペーンが適用できるため、

どれだけ多くのキャッシュバック、どれだけ高額な値引きが得られるかによって結果的に支払う額に差が出ます。

キャンペーンも条件次第では受けられる・受けられないが変わってくるので、自分に合った窓口選びをするのが大切です!

Q.結局、一番お得なインターネットはどれ?

『利用状況』『使用エリア』によって違います。

すべての人にとって100%お得なインターネットは存在しません。と言い切ります!

何が一番お得かという話になると『個人個人に合うインターネット契約を行うのが一番お得』だからです。

一概に『金額が安いからお得』というわけでもなく、例えば『自分はサポートをガンガン利用するから他社より高くてもむしろお得』という考え方もできますよね。

曖昧な結論のようですが、それだけそれぞれの利用状況に合う契約が展開されているということ!

多くの方がもっとも安く契約できるのはauひかりになります。

関連記事:月額料金の安いオススメの光回線はこちら

Q.インターネットの契約に審査ってあるの?

審査はありません

インターネットの契約では基本的に審査はありませんのでご心配はいりません。

Q.光回線の工事でトラブルってあるの?

基本的にはないです。

光回線のトラブルになることはありませんが、工事予定に在宅していなかったり、工事が思ったより長く時間がかかることなどはあるかもしれません。

インターネットの契約のまとめ

探せば探すほど出てくるといっても過言ではないインターネットの契約窓口。

窓口選びの第一歩として、まずは『自分がどんなタイプのインターネット契約を行いたいか』を考えてみましょう。

有線がいいか無線がいいか。

持ち運べる利便性を求めるか快適な安定性を求めるか。

回線の種類が決まったら、次はお得な代理店がいいかサポート重視の代理店がいいか…

などなど、こうしてひとつずつ自分の要望を決めていくと次第に自分に合った契約窓口が見つかりますよ!

あわせて読みたい
光回線とWiMAX2+を徹底比較|どっちがオススメかユーザー別に紹介
光回線とWiMAX2+を徹底比較|どっちがオススメかユーザー別に紹介「光回線」と「WiMAX2+」のどちらに加入すればいいのか迷っている人も多いでしょう。それぞれ特徴が異なりますが、具体的にどのような差があるのか、どういった人にどち...
あわせて読みたい
光回線のおすすめランキング!2021年10月最新版徹底比較|マンション・戸建ての選び方をフローチャート...
光回線のおすすめランキング!2021年10月最新版徹底比較|マンション・戸建ての選び方をフローチャート...「動画が止まってストレスだから回線の速く安定してるネットが欲しい」「引っ越しの際に乗り換える光回線を探している」「光回線ってたくさん種類があるけどどれがいい...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる