ソフトバンク光とドコモ光を徹底比較!どっちに乗り換える・新規契約するのがオススメなのか料金や速度を徹底比較

『ソフトバンク光とドコモ光って、どっちを契約したらお得なんだろう?』

『それぞれの速度や料金、キャッシュバックを徹底的に比較して判断したいな』

『通信費は下げたいけど、回線も安定して速い方が良い…コスパの良い光回線を知りたい!

上記のような悩みを解決しましょう!

今回はソフトバンク光とドコモ光を徹底的に比較します。

本記事で紹介する主な内容の要約は以下のとおりです。

  • ソフトバンク光とドコモ光の基本情報を徹底比較
  • ソフトバンク以外のドコモやauのスマホユーザーが、ソフトバンク光を契約してもいい理由
  • ソフトバンク光とドコモ光のメリット・デメリット、最終的に選ぶべき光回線

本ページを読んでいただくことで、あなたがソフトバンク光とドコモ光のどちらと契約するべきか判断できます。

光回線を変えるのは勇気が必要なものの、自分に合った光回線を選べば満足度の向上や料金の節約に繋がるかもしれません。

>>ソフトバンク光の詳細を確認する<<

目次

ソフトバンク光とドコモ光はIPv6対応の高速光回線

比較の前に、まずは簡単にソフトバンク光とドコモ光の基本情報をおさらいしておきましょう。

実はソフトバンク光とドコモ光は共通する部分の多い光回線です。

ソフトバンク光 ドコモ光
運営 ソフトバンク ドコモ
使用回線 NTTの光回線 NTTの光回線
プロバイダ 選べない 選べる
スマホセット割 ソフトバンク/ワイモバイル ソフトバンク/ワイモバイル

詳しくは後ほど解説していきますが、光回線としてもっとも違う点はプロバイダが選べるかどうかという所です。

ソフトバンク光もドコモ光も共通してNTTのフレッツ光の回線を転用して(借りて)運営しているため、基本的に光回線自体が持つ性能は同じです。

もちろん従来の『IPv4』だけでなく、通信遅延の起きにくい新しい通信規格『IPv6』にも対応しています。

それではどこがどう違ってどんな所をポイントに選べばいいのか?

次の項目からは両社の違いを様々な観点から比較していきます。

ソフトバンク光とドコモ光を徹底比較!

それでは、ここからは細かい視点で『ソフトバンク光』と『ドコモ光』を比較していきます。

ひとまず各光回線の詳しい基本情報について下記の表にまとめました。

■ソフトバンク光とドコモ光の基本情報

比較項目

ソフトバンク光 ドコモ光
速度

(下り/上り)

基本プラン 1Gbps

※理論値(ベストエフォート型)

1Gbps

※理論値(※ベストエフォート型)

その他プラン あり あり
月額基本料金(税込) 基本プラン

※2年契約

【ホーム】

5,720円(税込)

【マンション】

4,180円(税込)

【ホーム】

5,720円(税込)

【マンション】

4,400円(税込)

その他プラン あり あり
キャンペーン

ソフトバンクの公式キャンペーン

代理店独自のキャンペーン

ドコモ光の公式キャンペーン

代理店独自のキャンペーン

キャッシュバック

各種プランによる 各種プランによる
事務手数料

3,300円(税込) 3,300円(税込)
乗り換え違約金負担

あり(最大10万円) なし
契約解除料

※2年契約

ホーム 10,450円(税込) 14,300円(税込)
マンション 8,800円(税込)
工事費

実質無料

※割引前料金:26,400円(税込)

実質無料

※割引前料金

ホーム:19,800円(税込)

マンション:16,500円(税込)

対応エリア

ほぼ全国

※フレッツ光エリアに準拠

ほぼ全国

※フレッツ光エリアに準拠

プロバイダ

Yahoo!BBのみ 合計24社のプロバイダから選択

※プランにより一部選べないプロバイダあり

スマホセット割引

ソフトバンク/ワイモバイルのスマホプランを契約

毎月最大1,100円割引×最大10台

ドコモのスマホプランを契約

毎月最大1,100円割引×最大20台

ぱっと見ても、ソフトバンク光とドコモ光のプランは非常に似ているのがわかりますよね。

違いをよく知るため、以降はひとつひとつの項目に焦点を当てて順番にわかりやすく解説しましょう。

ソフトバンク光とドコモ光の速度について

ソフトバンク光とドコモ光のインターネット回線速度は以下のとおりです。

■ソフトバンク光とドコモ光の最大通信速度(理論値・ベストエフォート型)

プランタイプ ソフトバンク光 ドコモ光
ホーム 10Gbps※/1Gbps/200Mbps/100Mbps 10Gbps※/1Gbps/200Mbps/100Mbps
マンション 1Gbps/200Mbps/100Mbps 1Gbps/200Mbps/100Mbps

※両社の『10Gbpsプラン』は、フレッツ光の一部エリアのみ提供

ソフトバンク光もドコモ光も、フレッツ光系列である光コラボレーションモデルであるため、理論上の回線速度は一緒です。

ただし、各社のプランごとに最大回線速度は違うので、契約するときは注意しなければなりません。そこで、それぞれのプランごとの回線速度について注目しましょう。

ソフトバンク光の速度をプランごとにまとめると、以下のとおりです。

■ソフトバンク光のNTT東日本プランの速度

住居形態 回線タイプ 下り最大速度 上り最大速度

ホーム
ファミリー・10ギガ 10Gbps 10Gbps
ファミリー・ギガスピード 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ハイスピード 1Gbps 100Mbps
ファミリー/ファミリーライト 100Mbps 100Mbps
マンション マンション・ギガスピード 1Gbps 1Gbps
マンション・ハイスピード 1Gbps 100Mbps
マンション 100Mbps 100Mbps

■ソフトバンク光のNTT西日本プランの速度

住居形態 回線タイプ 下り最大速度 上り最大速度
ホーム ファミリー・10ギガ 10Gbps 10Gbps
ファミリー・スーパーハイスピード 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ハイスピード 1Gbps 200Mbps
ファミリー・ファミリーライト 100Mbps 100Mbps
マンション マンション・スーパーハイスピード 1Gbps 1Gbps
マンション・ハイスピード 1Gbps 200Mbps
マンション 100Mbps 100Mbps

※数値はすべて『IPv6 IPoE + IPv4』方式を使った最大速度

データ引用:ソフトバンク光公式サイト

ソフトバンク光はプランを東日本・西日本で非常に細かくわけています。

プランは速度や通信量でも選べるため、ユーザーは自分の利用目的に適した速度を求められます。

基本的には日頃のネットサーフィンやYouTube動画の視聴程度であれば、最大通信速度は1Gbpsでも十分満足できるレベルです。

ただし判定がシビアなオンラインゲームや4k動画を頻繁に楽しむ人は10Gbpsの高速通信を選んだ方が快適に使えるでしょう。

続いて、ドコモ光の速度別プランを見てみましょう。

■ドコモ光の速度別プラン

住居形態 回線タイプ 下り最大速度 上り最大速度



ホーム
10ギガ タイプA 10Gbps 10Gbps
10ギガ タイプB 10Gbps 10Gbps
10ギガ 単独タイプ 10Gbps 10Gbps
1ギガ タイプA 1Gbps 1Gbps
1ギガ タイプB 1Gbps 1Gbps
1ギガ 単独タイプ 1Gbps 1Gbps
 ドコモ光ミニ 1Gbps 1Gbps
 マンション

1ギガ タイプA  1Gbps 1Gbps
1ギガ タイプB 1Gbps 1Gbps
1ギガ 単独タイプ 1Gbps 1Gbps

ドコモ光のプランには1Gbpsか10Gbpsかしかないので、ソフトバンク光のように100Mbpsという制限のかけられたプランはありません。

『光回線といえば1Gbps』という認識の方も安心して利用できるのではないでしょうか。

 

さて、ここまで説明したのはあくまでも理論値に過ぎません。

光回線の速度を重視するなら、もっとも大切なのは実際の数値(実測値)です。

そこで、一般ユーザーの回線速度を掲載している、みんなのネット回線速度からソフトバンク光とドコモ光の回線速度の平均実測値を取り出してみます。

■ソフトバンク光とドコモ光の回線速度(平均実測値)

プランタイプ ソフトバンク光 ドコモ光
ダウンロード速度 275.48Mbps 230.64Mbps
アップロード速度 178.32Mbps 184.51Mbps
応答速度 19.27ms 22.62ms

データ引用:みんなのネット回線速度

実測値のデータから、ダウンロード速度と応答速度はソフトバンク光の方がわずかに優れており、アップロード速度はドコモ光の方がわずかに優れていると判明しました。

メリット・デメリットに繋がるほどの大きな差はなく、やはり同じ回線を使用しているだけあるという結果になりました。

両社ともにダウンロードもアップロードも日常使用には問題ない速度が出ているため、ソフトバンク光とドコモ光を比べる際に通信速度を気にする必要はあまりないと言えるでしょう。

ソフトバンク光とドコモ光の月額料金について

はじめに、契約人数が多いと予想される組み合わせ『契約期間あり』+『回線速度1Gbps』を比較します。一般ユーザーの日常使用にはぴったりのプランですね!

両者の月額料金については、下記のとおりです。

■ソフトバンク光とドコモ光の基本プラン『1Gbpsプラン』の月額料金

プランタイプ

ソフトバンク光

ドコモ光
5年契約 2年契約 2年契約
ホーム 5,170円 5,720円 5,720円
マンション 対象外 4,180円 4,400円

ホームタイプ2年契約の場合、月額料金は一緒でした。

ソフトバンク光には5年契約がありますが、ソフトバンク光テレビとのセット契約が条件なので光テレビが不要な方にとっては逆に損をするのでご注意ください。

光テレビとの契約を希望している方は5年契約で月額料金が下がるソフトバンク光の方がお得です。

また、それ以外にもソフトバンク光はドコモ光よりもマンションタイプの基本料金が安いので、集合住宅にお住まいの方はソフトバンク光の方がお得です。

 

さて次は、両者のすべてのプランの月額料金を見てみましょう。

■ソフトバンク光の月額料金(税込)

住居形態 回線タイプ 契約期間
5年契約 2年契約 なし
ホーム ファミリー・10ギガ 6,380円 6,930円 8,140円
ファミリー・ギガスピード 5,170円 5,720円 6,930円
ファミリー・ハイスピード
ファミリー・スーパーハイスピード
ファミリー
ファミリー・ライト 対象外 4,290円~6,160円 6,050円~7,920円
マンション マンション・ギガスピード 対象外 4,180円 5,390円
マンション・ハイスピード
マンション・スーパーハイスピード
マンション

 

■ドコモ光の月額料金(税込)


住居形態

回線タイプ
契約期間
2年契約 なし
ホーム 10ギガ タイプA 6,930円 8,580円
10ギガ タイプB 7,150円 8,800円
10ギガ 単独タイプ 6,490円 8,140円
1ギガ タイプA 5,720円 7,320円
1ギガ タイプB 5,940円 7,590円
1ギガ 単独タイプ 5,500円

+別途プロパイダ料金

7,150円

+別途プロパイダ料金

 ドコモ光ミニ 2,970円~6,270円 4,620円~7,920円
マンション 1ギガ タイプA  4,400円 5,500円
1ギガ タイプB 4,620円 5,720円
1ギガ 単独タイプ 4,180円

+別途プロパイダ料金

5,280円

+別途プロパイダ料金

『最大通信速度』や『契約期間』が変わると料金が変わるのは両社共通しています。

異なるのはこのような点です。

ソフトバンク光 ドコモ光
プロバイダ 選べない タイプA/Bのグループから選び、料金が決まる
回線単独契約 できない できる
最大契約期間 5年 2年

各プランの具体的な説明は省きますが、実際に掛かる通信費は各種キャンペーンやキャッシュバックにより大きく変化するので注意が必要です。

また、光回線がお得かどうかは月額料金だけでなくキャッシュバックや値引き額を考慮してトータルで考えましょう。

あわせて読みたい
光回線のおすすめランキング!2021年10月最新版徹底比較|マンション・戸建ての選び方をフローチャート...
光回線のおすすめランキング!2021年10月最新版徹底比較|マンション・戸建ての選び方をフローチャート...「動画が止まってストレスだから回線の速く安定してるネットが欲しい」「引っ越しの際に乗り換える光回線を探している」「光回線ってたくさん種類があるけどどれがいい...

ソフトバンク光とドコモ光のキャンペーンについて

ソフトバンク光とドコモ光のキャンペーンについて比較しましょう。

2021年7月現在、各光回線で実施中のキャンペーンは下記のとおりです。

■ソフトバンク光とドコモ光のキャンペーン

ソフトバンク光 ドコモ光
  • Softbank光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン
  • スマホデビュープラン限定!ネットもデビューキャンペーン
  • Softbank光 ファミリー・10ギガ限定キャンペーン
  • おうち割
  • Softbank あんしん乗り換えキャンペーン
  • Softbank光 (光回線)加入特典
  • 代理店独自のキャンペーン
  • ドコモ光工事料無料特典
  • 【ドコモ光 1ギガ】dポイントプレゼント特典
  • 【ドコモ光 10ギガ】dポイントプレゼント特典
  • ドコモ光セット割
  • 光★複数割
  • 代理店独自のキャンペーン

ぱっと見てわかるとおり、ソフトバンク光の方がキャンペーン数は非常に豊富です。

もちろん、契約内容によりキャンペーンを適用できるかどうか違うので、キャッシュバックの受け取り条件や割引条件をチェックする必要があります。

そこで以降は、各キャンペーンのキャッシュバック条件や割引条件について解説します。

ソフトバンク光とドコモ光のキャッシュバックについて

ソフトバンク光とドコモ光で受け取れるキャッシュバックについて、順番に見てみましょう。

まずはソフトバンク光のキャッシュバック金額です。

■ソフトバンク光のキャンペーン別キャッシュバック金額(実質込み)

キャンペーン 簡単な説明 キャッシュバック金額(実質込み)
Softbank光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン 他社からの乗り換えの場合、工事費をサポート 最大24,000円

または

最大月額1,100円×24ヶ月割引

スマホデビュープラン限定!ネットもデビューキャンペーン スマホデビュープランの契約者による光回線の申し込み 最大12,000円

または

月額1,100円×12ヶ月割引

Softbank あんしん乗り換えキャンペーン 他社への違約金・撤去工事費を満額還元 最大100,000円
代理店独自のキャンペーン 代理店が独自に実施しているキャッシュバックキャンペーン 例:代理店『エヌズカンパニー』

新規申込:36,000円キャッシュバック

ソフトバンク光では3つの公式キャッシュバック+代理店独自のキャンペーンを展開しています。

公式で受け取れる主なキャッシュバックは乗り換える方の『他社解約金分』と『工事費』の2点です。

他社からソフトバンク光に乗り換える方にとっては高額なキャッシュバックとなります。

代理店のキャッシュバックは代理店ごとに金額や条件が異なりますが、中でもおすすめは具体例として挙げた『エヌズカンパニー』です。

業界最高水準のキャッシュバック金額でありながら、受け取り条件が非常にシンプルかつ簡単なので多くの方が満足できるはず!

『エヌズカンパニー』については、本記事の後半でまた解説します。

続いて、ドコモ光のキャンペーンで得られるキャッシュバック金額を見てみましょう。

■ドコモ光のキャンペーン別キャッシュバック金額(実質込み)

キャンペーン 簡単な説明 キャッシュバック金額
ドコモ光工事料無料特典 ドコモ光の新規申し込みで工事費が無料 工事費分割引
【ドコモ光 1ギガ】dポイントプレゼント特典 ドコモ光の2年契約プランに申し込んだdポイントクラブ会員が対象 新規:10,000ポイント

転用:5,000ポイント

【ドコモ光 10ギガ】dポイントプレゼント特典 ドコモ光の2年契約プランに申し込んだdポイントクラブ会員が対象 新規:20,000ポイント

転用:5,000ポイント

+1,600ポイント×12ヶ月

代理店独自のキャンペーン 代理店が独自に実施しているキャッシュバックキャンペーン 例:代理店『ネットナビ』

新規申込:20,000円キャッシュバック

ドコモ光では3つのキャンペーン+代理店独自のキャンペーンを実施しています。

ソフトバンク光とは違い、乗り換えよりも新規のユーザーに還元が多いのが特徴です。

ただし、現金ではなくポイントバックである点やそのポイントにも利用用途・使用期限があるなど、日常的にdポイントを使いこなしている方でないと利益を受けにくいという特大デメリットがあります。

 

これらの特徴をまとめると、

乗り換えならソフトバンク光、新規ならドコモ光がお得

ということになります。

と言っても『現金かポイントか』『ソフトバンクかドコモか』などの違いも大きいので、その他の状況も考慮する事が大切です。

月額料金で比較したときは僅かな金額差でもトータルの料金では大差になるため、自分にとってお得なキャンペーンはどちらなのかよく考えましょう。

ソフトバンク光とドコモ光の事務手数料について

事務手数料は、ソフトバンク光もドコモ光も変わらず、一律3300円発生します。

■ソフトバンク光とドコモ光の事務手数料

ソフトバンク光 ドコモ光
3,300円(税込) 3,300円(税込)

ソフトバンク光とドコモ光の工事費について

工事費については、ソフトバンク光もドコモ光も実質無料です。

■ソフトバンク光とドコモ光の工事費

ソフトバンク光 ドコモ光
実質無料 実質無料

しかし、実質無料になるのは一定の契約期間を経過したときのみです。

契約期間中に解約してしまうと、工事費の残額を支払うことになり、実質無料ではなくなるので注意しましょう。

ソフトバンク光とドコモ光の違約金、解約金について

ソフトバンク光とドコモ光の違約金・解約金を比較しましょう。

はじめに、『他社から乗り換えるときの違約金・解約金を補填してくれるかどうか』を見てみましょう。

■乗り換え時の他社違約金・解約金分のキャッシュバック補填

ソフトバンク光 ドコモ光
あり(最大100,000円) なし

ソフトバンク光は最大10万円も補填してくれますが、残念ながらドコモ光では乗り換え時の解約違約金を負担していません。

最大10万円をソフトバンクが負担してくれるなら、大抵の人は乗り換え時の自費はゼロに抑えられるはずです。

そのため、他社回線に加入したばかりで違約金や工事費残債が多い方でも安心して乗り換えられるのではないでしょうか。

以上から、現在他社で光回線を契約中の方の乗り換え先としてはソフトバンク光がおすすめです。

 

次は反対に、ソフトバンク光とドコモ光自体を解約するときに発生する、解約違約金(契約解除料)を比較しましょう。

■ソフトバンク光とドコモ光自体の解約違約金(契約解除料)

ソフトバンク光

ドコモ光
5年契約 2年契約 2年契約
ホーム 16,500円 10,450円 14,300円
マンション 対象外 8,800円

※解約時は契約解除料以外にも、開通工事費の残債や撤去工事費の支払いが必要となる場合があります。
※契約期間なしのプランでは、契約解除料は発生しません。

上記のとおり、ソフトバンク光は契約年数ごとに、ドコモ光は住宅形態ごとに解約金は異なるとわかります。

なかでもソフトバンク光の5年契約プランの契約解除料は16,500円と高額です。5年契約をするときは、将来的に解約する可能性がないか十分検討しましょう。

ただし、契約解除料の支払いは一度きりで継続するものではないため、割り切っても良いポイントではあります。

また、ソフトバンク光のように他社解約金を補填するキャンペーンを実施している光回線に乗り換えればこれらの解約金も実質0円になるので、光回線を選ぶ決め手としてはかなり弱いです。

ソフトバンク光とドコモ光の対応エリアについて

ソフトバンク光とドコモ光の対応エリアは下記のとおりです。

■ソフトバンク光とドコモ光の対応エリア

ソフトバンク光 ドコモ光
ほぼ全国

※フレッツ光エリアに準拠

ほぼ全国

※フレッツ光エリアに準拠

対応エリアは、どちらも一緒です。

両者とも光コラボレーションであるため、フレッツ光の対応エリアに準拠しています。

そのため、対応エリアを基準にソフトバンク光とドコモ光を選ぶ必要はないといえます。その他の項目に着目して検討しましょう。

ソフトバンク光とドコモ光のプロバイダについて

ソフトバンク光とドコモ光で契約可能なプロバイダは下記のとおりです。

■ソフトバンク光とドコモ光で契約可能なプロバイダ

ソフトバンク光

ドコモ光
タイプA タイプB
Yahoo! BBのみ
  • ドコモnet
  • plala
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • BIGLOBE
  • andline
  • hi-ho
  • Tigers-net.com
  • SIS
  • エディオンネット
  • ic-net
  • BB.excite
  • SYNAPSE
  • 楽天ブロードバンド
  • TIKITIKI
  • 01光コアラ
  • @ネスク
  • OCN
  • @T-COM
  • TNC
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • @ちゃんぷるネット

ソフトバンク光はプロバイダが限定されているのに対し、ドコモ光では好みのプロバイダを選んで契約ができます。

ドコモ光にはプロバイダを契約しない(光回線のみの契約)プランもあるので、このリストにないプロバイダと組み合わせて契約することも可能です。

プロバイダ選びの視点から見ると圧倒的にドコモ光の方が自由度が高いと言えます。

プロバイダにこだわりがある方や現在使用中のプロバイダをそのまま継続利用したい方などはドコモ光がおすすめです。

また、IP電話を使用している方はプロバイダを変えると電話番号が変わってしまうので、プロバイダが選べるドコモ光は嬉しいですね!

ソフトバンク光とドコモ光のセット割引について

最後にソフトバンク光とドコモ光に適用されるセット割引について比較します。

両者に適用できるセット割引キャンペーンは下記のとおりです。

■ソフトバンク光とドコモ光に適用されるセット割引キャンペーン

ソフトバンク光 ドコモ光
利用料金 550円 0円
加入条件 ソフトバンク/ワイモバイルと回線契約がある ドコモと回線契約がある
割引 ソフトバンク/ワイモバイル回線×最大10回線 ドコモ回線契約割引×最大20回線
その他特典 以下オプションセット

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • 光電話
なし
申し込み 必要 不要(自動適用)

スマホのセット割に関してはかなり違いがありますね!

ソフトバンク光はソフトバンク光を使うならあると嬉しいオプションセット込の価格なので有料ではあるものの実はかなりお得です。

一方ドコモ光にはその他のお得な特典はありません。

しかし、ドコモ光は『無料』『自動適用』『最大20回線』の三拍子でお手軽で嬉しいセット割になっています。

セット割に関してはどちらの内容が優れているかどうかを重視するよりも、使用中のスマホ回線と同じ事業者が運営する光回線と契約するのがベストです。

各セット割引の詳細は下記のとおりです。

■ソフトバンク光のセット割引の詳細

スマホ契約先 詳細なプラン 割引額
ソフトバンク
    • データプラン メリハリ
    • データプラン ミニフィット
    • データ定額 50Gプラス
    • データ定額 ミニモンスター
    • データ定額 50/20/5GB
-1,100円
データ定額ミニ 2/1GB -550円
ワイモバイル スマホプランL -1,100円
スマホプランM/R -770円
    • スマホベーシックプラン
    • データベーシックプランL
    • スマホプランS
-550円

 

■ドコモ光のセット割引の詳細

詳細なプラン 割引額
    • 5Gギガホ
    • ギガホ
    • ギガライト(7GB以下)
    • ギガライト(5GB以下)
-1,100円
ギガライト(3GB以下) -550円
ギガライト(1GB以下) 0円(割引対象外)

両キャリアとも、契約しているスマホプランによって割引額が違うのは同様です。スマホプランの料金が高いほど、光回線との割引額も高くなる傾向があります。

セット割を適用させたいからといってわざわざスマホ回線を乗り換える必要はありませんが、節約を考えてスマホの乗り換えも検討しているのであればソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光はソフトバンクのサブブランドである『ワイモバイル』の契約であってもセット割が適用できるので、現在使用中なのが大手キャリアであれば大きな節約が見込めます。

『LINEMO(ソフトバンク)』『ahamo(ドコモ)』はセット割の対象外です

ソフトバンク光とドコモ光はどっちがオススメ?

ソフトバンク光とドコモ光は同じNTTフレッツ光の回線を使用した光回線なので、機能はほとんど同じです。

大きく異なるのは『運営している事業者』であり、つまり『セット割の対象となるスマホ回線』です。

そのため、基本的には利用中のスマホキャリアと同じ運営事業者の光回線がベストです。

ソフトバンク/ワイモバイルユーザー、あるいはドコモユーザーさんたちは、この点において悩む必要はありません。

格安SIMユーザーまたはこれから格安SIMに乗り換えたい方の場合

ワイモバイルへの乗り換えが視野に入っている場合はソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光はスマホ代の大幅節約が可能なワイモバイルでもセット割が使えます。

ワイモバイルへの乗り換えは考えていない場合には、キャンペーンの内容を重視して契約するのがおすすめです。

ドコモ・auのユーザーだけどソフトバンク光を契約してもいいの?

どんなスマホ契約をしていてもソフトバンク光と契約することは可能です。

ただし、契約しているスマホとセット割になる光回線があるならそちらを優先した方がお得ではあるため、よほどの事情がなければあえてソフトバンク光を選択する必要はありません。

セット割が適用となる家族が多ければ多いほどセット割で受ける恩恵は絶大です。

4人家族なら目安として月額2,200~4,400円ほど割引になり、年間26,400~52,800円もの節約になります。

目先のキャッシュバックも嬉しいですが、これだけの料金を『永年割引』してもらえる特典をみすみす逃すのはもったいないですよ!

ahamoやpovo、LINEMOの契約者にオススメの光回線はソフトバンク光

セット割対象外に指定されている安価プラン『ahamo』『povo』『LINEMO』に契約中の方や、格安SIMに契約中の方にはどちらかといえばソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク/ワイモバイル、ドコモ以外と契約中の場合にはセット割が適用されません。

その場合、その他のキャンペーンや特典の多さを決め手に選ぶのがおすすめです。

キャンペーンを中心に比較すると、ポイントバックが中心となるドコモ光よりもキャッシュバックで汎用性の高いソフトバンク光の方が多くの方にとって嬉しい特典と言えます。

更に代理店からの契約であれば代理店独自のキャッシュバックも獲得できるため、契約時には高額キャッシュバックが期待できますよ!

ちなみに、セット割を期待して安価プラン・格安SIMからソフトバンク/ワイモバイル・ドコモに乗り換えるのはおすすめできないのでご注意ください。

セット割を適用しても安価プランや格安SIMよりも安くなるケースはほとんど無く、それであればセット割を適用させなくても安価プラン・格安SIMを使い続けた方が金額的には安いです。

乗り換える前に確認しておくべき注意点

ソフトバンク光を契約するにあたって、注意しておくべきことは以下の3つです。

乗り換える前に確認しておくべき注意点

  • スマホセット割『おうち割 光セット』は有料オプション
  • IPv6(高速通信)を使うには、光BBユニットが必要
  • 悪質な代理店に引っかからないこと

これら3点は、ソフトバンク光と契約するにあたりかなり大事な注意事項です。

契約した後に『こんなはずじゃなかった』とならないためにも必ず確認しておきましょう。

『おうち割 光セット』は有料オプション

ソフトバンク/ワイモバイルユーザーの月額料金が安くなる『おうち割 光セット(ソフトバンク光のスマホ割』は月額550円の有料オプションです。

例えばソフトバンクの契約者が1人で割引額550円の対象プランを契約している場合だと、オプション代で±0円ということになります。

ただし、おうち割 光セットは割引だけの特典ではありません。

おうち割 光セットに含まれる特典はこちらの通りです。

  • ソフトバンク/ワイモバイル回線料金の割引(割引550円~)
  • 光BBユニットのレンタル(月額513円 相当)
  • Wi-Fiマルチパック(月額1,089円 相当)
  • ホワイト光電話/N電話及びBBフォン/BBフォン のいずれか(無料~)

このように、少なくとも1,602円以上の価値があるセットオプションです。たとえ割引額が±0円だとしても絶対に損はしないのでご安心ください。

『自前のWi-FiがあるしIPv6は必要ない』という方以外なら全員得なので、加入をおすすめします!

IPv6(高速通信)を使うには、光BBユニットが必要

従来の『IPv4』による通信ではなく、新しい高速通信規格の『IPv6』を使うためには光BBユニットが必須です。

光BBユニットよりも安価でレンタルできるNTTのルーター『ホームゲートウェイ(N)』や自前のルーターではIPv6による通信はできません。

光BBユニットは月額513円でレンタルできますが、おうち割 光セット対象の方はセット内容に含まれるためソフトバンク/ワイモバイルユーザーはお得に利用できます。

また、光BBユニットは単体では有線接続しかできない点にもご注意ください。

光BBユニットでWi-Fi接続(無線接続)をするためには『Wi-Fiマルチパック(月額1,089円)』の契約が必要です。

悪質な代理店に引っかからないこと

最後に、ソフトバンク光を契約するときは『悪質な代理店』に十分注意しましょう。

悪質な代理店は、キャッシュバックの受け取り条件が厳しかったり、問い合わせの電話対応で相手にされなかったりします。

ソフトバンク光を契約するときは、本記事の後半で紹介する代理店『エヌズカンパニー』を利用するのがオススメです。

    ソフトバンク光の特徴やメリット・デメリット

    次は『ソフトバンク光』単体に焦点を当てて、特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

    ソフトバンク光の特徴・メリット

    ソフトバンク光の主な特徴・メリットは、以下の3点です。

    ■ソフトバンク光のメリット

    • 乗り換え元料金を最大10万円まで負担
    • 高額キャッシュバックが受け取れる
    • ワイモバイルもセット割になる

    ソフトバンク光は『他社からの乗り換え』を検討している方にメリットが多い光回線です。

    乗り換え時に発生する違約金や工事費の残債を最大10万円まで負担してくれます。最大10万円もあれば、実際に負担する料金は0円がほとんどです。

    工事費の残債がたくさん残っている方でも安心して乗り換えられるのではないでしょうか。

    さらにソフトバンク光は、公式のキャンペーン+代理店独自のキャンペーンを実施しているので、お得度重視の方は絶対に代理店から申し込むのがおすすめです。

    また、通信費の節約という面からは格安SIMの『ワイモバイル』もセット割対象になり、更にお得です。

    格安SIMでここまで高額なセット割が有効になるのはワイモバイル×ソフトバンク光だけなので、通信費全体の節約をしたい方にはイチオシの組み合わせです!

    ソフトバンク光のデメリット

    ソフトバンク光の主なデメリットは、以下の3点です。

    ■ソフトバンク光の主なデメリット

    • プロバイダが選べない
    • 回線速度は『auひかり』『NURO光』よりも低速
    • 悪質な代理店が存在

    ソフトバンク光は、プロパイダに『Yahoo! BB』を指定されているので、利用者には選ぶ余地がありません。

    『ネットができればOK』という方にとってはそれほど重視すべきポイントではありませんが、『使用中のIP電話の番号を変えたくない』『お気に入りのプロバイダがある』という方にとってはデメリットになります。

    また、回線速度に関しては『auひかり』や『NURO光』には敵わないのが事実です。

    決して通信速度の遅い光回線というわけではありませんが、光コラボではない独自回線を使う2社には負けるでしょう。

    より安定・高速な光回線を求めている方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

    あわせて読みたい
    速度が速いオススメの光回線3選!オンラインゲームもラグや遅延がなくサクサク楽しめるプロバイダなど徹...
    速度が速いオススメの光回線3選!オンラインゲームもラグや遅延がなくサクサク楽しめるプロバイダなど徹...インターネットの回線の選び方といえば『安さ』が注目されがちですが、『安定して高速通信ができるのが第一条件!』という方もいるはず。特にオンラインゲームやライブ...

    契約の窓口は代理店がおすすめですが、中には悪質な代理店もあるので十分注意しましょう。

    代理店の数が多い分、どうしても利益を優先して消費者をないがしろにする悪質代理店もあるので、見極めなければいけません。

    当サイトでは、読者が悪質な代理店に引っかからないよう、優良代理店としてソフトバンクから表彰を受けている『エヌズカンパニー』をおすすめしています。

    ソフトバンク光の評判について

    Twitter上で、実際のソフトバンク光の評判を調べてみました。

    下記の2ツイートは、ソフトバンク光の良い評判・口コミです。

    他と比較してソフトバンク光の強みがわかったとの報告です。

    また、下記のような接続方法に関するツイートもありました。

    当初は遅く感じても、IPv6に切り替えたら爆速になったとの報告です。

    速度が遅いという人は、IPv6接続を使うべきだとわかります。

    もちろん、良い評判だけではなく、下記のような悪い評判・口コミも当然ありました。

    ソフトバンク光の回線速度に不満な声もあがっています。

    また、接続方法の違いにより速度が遅いとの情報もありました。


    IPv6切り替え前は、夜の時間帯の速度低下に悩まされるケースもあるのでしょう。

    ソフトバンク光にしたら、必ず高速な通信環境が手に入るとは言い切れません。

    他の光回線からソフトバンク光へ乗り換える手順

    現在のインターネット回線からソフトバンク光へ乗り換える手順は、次の3パターンにわかれます。

    現在のインターネット回線 具体例
    パターン① NTT フレッツ光
    パターン② 他社の光コラボ 楽天ひかり、ドコモ光、OCN光、ぷらら光、ビッグローブ光、So-net 光プラスなど
    パターン③ ①と②以外の回線 NURO 光、auひかり、ケーブルテレビインターネット、電力系光回線、モバイルWi-Fiなど

    各パターンの手順について、詳細に説明します。

    ■パターン①:NTT純粋のフレッツ光

    1. NTT東日本・NTT西日本の窓口から転用承諾番号を取得
    2. 申し込み

    ■パターン②:他社の光コラボ

    1. 乗り換え元のコラボ事業者に連絡して事業者変更承諾番号を取得
    2. 『ひかり電話』『フレッツ・テレビ』を契約中の場合は、NTTのホームページまたは電話にて情報開示許諾の手続きを行う
    3. 申し込み

    ■パターン③:①と②以外の回線

    1. 乗り換え元のインターネット回線の解約手続き
    2. 申し込み

    『転用承諾番号』『事業者変更承諾番号』といった耳慣れない言葉が出てきて難しそうに感じる人もないるかもしれませんが、問題ありません。

    基本的に電話連絡で乗り換え元の回線を解約することになれば、相手側が今後の手続きに必要な番号を教えてくれるのでご安心ください。

    他にもわからないことがあれば遠慮なく質問しましょう。

    ドコモ光の特徴やメリット・デメリット

    次は『ドコモ光』単体に焦点を当てて、特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

    ドコモ光の特徴・メリット

    ドコモ光の主な特徴・メリットは、以下の3点です。

    ■ドコモ光の主な特徴・メリット

    • プロバイダの選択肢が24社と非常に多い
    • ドコモスマホユーザーなら、セット割引がお得
    • セット割対象が20回線まで(ソフトバンク光の2倍)

    ドコモ光は選べるプロバイダが24社もあるため、プロバイダ選びの自由度が高い光回線です。

    今使っているプロバイダを継続したり、お気に入りのプロバイダを選べるので、プロバイダを変更したくない方には嬉しい特徴ですね!

    また、月額料金やキャッシュバック金額に突出する魅力はないものの、ドコモユーザーならセット割引の恩恵が大きいのでドコモユーザーさんにはドコモ光がおすすめです。

    ドコモ光はソフトバンク光のセット割よりも対応回線数が多いので、別居家族を含めても全員割引対象になる可能性が高いのではないでしょうか。

    ドコモ光のデメリット

    ドコモ光の主なデメリットは、以下の3点です。

    ■ドコモ光の主なデメリット

    • 乗り換え時の解約違約金・工事費残債の負担がない
    • 回線速度や月額料金、キャッシュバック金額などに突出する魅力がない
    • ドコモユーザー以外にメリットが少ない

    残念なことに、ドコモ光は乗り換え時の解約違約金・工事費残債の負担がないので、乗り換えでドコモ光を契約する方は高額の解約金・工事費残債を一括払いするリスクがあります。

    こういったキャンペーンは一般的なので、光回線の乗り換え先としてはハードルが高いと言わざるを得ません。

    また、回線速度や月額料金、キャッシュバック金額などに突出する魅力がないのも事実です。

    キャッシュバックではなくdポイントによるポイントバックを採用しているなど、良くも悪くもドコモユーザーのための光回線という立ち位置に落ち着いています。

    ドコモ光の評判について

    Twitter上で、実際のドコモ光の評判を調べてみました。

    下記の2ツイートは、ドコモ光の良い評判・口コミです。

    ドコモ光でも、回線速度が非常に速い結果もあるようです。

    また、下記はルーターに関するツイートです。

    回線速度が遅くても、ルーターに問題があるパターンもありそうです。

    ルーターを変えた途端、高速になることもあるので一概にドコモ光の回線が遅いとは言い切れません。

    もちろん、良い評判だけではなく、下記のような悪い評判・口コミも当然ありました。

    ドコモ光に対する怒りをあらわにしています。

    また、下記のような速度以外に関するツイートもありました。

    導入の前段階からトラブルに遭ってしまったとの報告でした。

    ドコモ光に限らないでしょうが、サポート面における不安材料は契約をためらいます。

    他の光回線からドコモ光へ乗り換える手順

    現在のインターネット回線からドコモ光へ乗り換える手順は、次の3パターンにわかれます。

    現在のインターネット回線 具体例
    パターン① NTT フレッツ光
    パターン② 他社の光コラボ 楽天ひかり、ソフトバンク光、OCN 光、ぷらら光、ビッグローブ光、So-net 光プラスなど
    パターン③ ①と②以外の回線 NURO 光、auひかり、ケーブルテレビインターネット、電力系光回線、モバイルWi-Fiなど

    各パターンの手順について、詳細に説明します。

    ■パターン①:NTT純粋のフレッツ光

    1. NTT東日本・NTT西日本の窓口から転用承諾番号を取得
    2. 申し込み

    ■パターン②:他社の光コラボ

    1. 乗り換え元のコラボ事業者に連絡して、事業者変更承諾番号を取得
    2. 『ひかり電話』『フレッツ・テレビ』を契約中の場合は、NTTのホームページまたは電話にて情報開示許諾の手続きを行う
    3. 申し込み

    ■パターン③:①と②以外の回線

    1. 乗り換え元のインターネット回線の解約手続き
    2. 申し込み

    『転用承諾番号』『事業者変更承諾番号』といった耳慣れない言葉が出てきて、難しそうに感じる人もなかにはいるでしょうが、問題ありません。

    基本的に電話連絡で乗り換え元の回線を解約することになれば、相手側が今後の手続きに必要な番号を教えてくれます。

    わからないことは、遠慮なく質問しましょう。

    ソフトバンク光の光回線をオススメする人はこんな人

    ソフトバンク光とドコモ光を比較した結果、以下に当てはまる人に『ソフトバンク光』をオススメします。

    ■ソフトバンク光の光回線をオススメする人

    • ソフトバンク/ワイモバイルユーザー
    • プロバイダは『Yahoo! BB』が良い
    • 高額なキャッシュバックを受け取り、トータルでお得になりたい

    『ソフトバンク』の名をもつだけあり、ソフトバンクとそのサブブランドワイモバイルユーザーへの特典には非常に大きなメリットがあります。

    割引だけでなく必要な有料オプションまでセットになっているのはソフトバンク光ならではと言えるでしょう。

    ドコモ光でも単独タイプで契約すれば『Yahoo! BB』をプロバイダとして指定することも可能ですが、割高になってしまうためYahoo! BBを使いたい方にはソフトバンク光がおすすめです。

    また、キャッシュバックを中心とした特典はソフトバンク光のほうが充実しているため、現金特典を重視している方にもソフトバンク光がおすすめです。

    ソフトバンク光はエヌズカンパニーからの申し込みが一番オススメ

    ソフトバンク光を申し込むとき、オススメの代理店は『エヌズカンパニー』です。

    エヌズカンパニーは、ムダなオプションに加入せずとも高額キャッシュバックを受け取れ、安心安全な契約先として有名な代理店です。

    エヌズカンパニーの主な特徴は以下のとおりです。

    ■エヌズカンパニーの主な特徴

    • キャッシュバック金額は最大10万円以上
    • ムダなオプション加入なしでキャッシュバックを受け取れる
    • ソフトバンク本社から数々のコンテストで表彰を受けている

    たとえソフトバンク光とのセット割が有効な『ソフトバンク』『ワイモバイル』以外の格安SIMを契約していても、ソフトバンク光に申し込んで高額キャッシュバックを狙えば、コストパフォーマンスは抜群です。

    あわせて読みたい
    エヌズカンパニーの代理店の評判!ソフトバンク光のキャッシュバックの受け取り条件や工事費・違約金に...
    エヌズカンパニーの代理店の評判!ソフトバンク光のキャッシュバックの受け取り条件や工事費・違約金に...『キャッシュバックがスムーズなエヌズカンパニーは安心できる代理店?』『オプション加入なしで3万円以上のキャッシュバックがあるって本当?』『工事費や違約金などを...

    ドコモ光の光回線をオススメする人はこんな人

    ソフトバンク光とドコモ光を比較した結果、以下に当てはまる人に『ドコモ光』をオススメします。

    ■ドコモ光の光回線をオススメする人

    • 家族にドコモスマホユーザーが多く、セット割引額が大きい
    • プロバイダを選びたい
    • dポイントを運用している

    ソフトバンク光と比べると、おすすめできる方が限定されやすいのがドコモ光の特徴と言えるでしょう。

    まず第一にセット割が適用になるドコモユーザーさんにはイチオシの光回線です。

    最大20回線対応なので、別居中の家族がいればぜひファミリーに追加してセット割を適用してください。

    ドコモ光にはプロバイダを選択する自由があるので、希望するプロバイダがある方は自動的にドコモ光一択となります。

    また、ドコモ光は積極的なキャッシュバックを行っておらず、基本的にはdポイントによるポイントバックで特典を獲得します。

    普段からdポイントを運用している方でないと特典をうまく使いこなすことができないかもしれません。

    ドコモ光の申し込みはネットナビからの申し込みが一番オススメ

    ドコモ光を申し込むとき、オススメの代理店は『ネットナビ』です。

    ネットナビは、ムダなオプションに加入せずとも高額キャッシュバックを受け取れ、安心安全な契約先として有名な代理店です。

    ネットナビの主な特徴は以下のとおりです。

    ■ネットナビの主な特徴

    • キャッシュバック金額は、最大20,000円
    • キャッシュバックの受取時期が翌月末と最速で受け取れる
    • ネットナビ独自のキャンペーンだけでなく、公式キャンペーンもあわせて狙える

    ネットナビは、ドコモ光の公式キャンペーンのキャッシュバック金額が少ない弱点を補える、メリットの大きい優良代理店です。せっかくドコモ光を選ぶのであれば、キャッシュバック金額の大きい代理店を選ぶのが最善の選択でしょう。

    あわせて読みたい
    株式会社ネットナビのドコモ光代理店の評判と口コミ!キャンペーンの詳細と他社との徹底比較
    株式会社ネットナビのドコモ光代理店の評判と口コミ!キャンペーンの詳細と他社との徹底比較「ドコモ光の代理店ネットナビの評判が悪いって本当?」「最大2万円キャッシュバックって書いてあるけど、ちゃんともらえるの?」「勧誘電話がかなりかかってくるって聞...

    ソフトバンク光とドコモ光を徹底比較のまとめ

    本記事では『ソフトバンク光とドコモ光』について徹底的に比較しました。

    最後に大切なポイントをおさらいしましょう。

    ソフトバンク光 ドコモ光
    プロバイダ Yahoo! BBのみ 全24種+プロバイダ別プラン
    セット割 ソフトバンク/ワイモバイル ドコモ
    高額特典 キャッシュバック ポイントバック
    他社解約金補填 最大10万円 なし
    工事費実質無料 乗り換え契約の方のみ 新規契約の方のみ

    やはりスマホをどのキャリアで契約しているかが契約の大きな決め手になります。

    セット割が有効なスマホ回線を契約している場合には、運営元が同じ光回線に契約すれば最大限のメリットが得られます。

    セット割が無効なスマホ回線を契約している場合には、特典が現金で受け取れるソフトバンク光の方が運用しやすくおすすめです。

    ソフトバンク光は代理店によってキャッシュバック金額が違うのでどこで契約するかでお得度が変わる光回線です。

    文中でもご紹介してきた『エヌズカンパニー』はソフトバンク光代理店の中でも超優良店です。

    キャッシュバックを獲得して、お財布に優しく光回線を契約しましょう!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる