auひかりをマンションで申し込む手順!速度や料金のお得に契約する方法

auひかりのマンションタイプは料金の安さや導入のしやすさで人気のサービスですが、月額料金がいくらになるのかわかりにくいのが難点です。

この記事では、auひかりのマンションタイプを検討中の方向けにわかりやすく解説しています。

auひかり マンション

auひかり公式でそのまま契約すると損をしてしまう場合もあるので、契約前にこの記事をチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介している内容は以下の通りです。

  • 料金プランの違い
  • プランの確認方法
  • 工事内容
  • auひかりの公式キャンペーン
  • おすすめの申し込み窓口
  • マンションタイプに関するよくある質問

auひかりのマンションタイプをお得に契約したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

おすすめ窓口4選最大キャッシュバックとその他申し込み先

NNコミュニケーションズ

  • 77,000円
  • 18期連続表彰代理店
  • 翌月末振込
  • 50,000円乗り換えサポート適応
公式サイト

フルコミット

  • 93,000円
  • 2つ以上のオプションが必要
  • 63,000円|オプション不要時
  • 50,000円乗り換えサポート適応
公式サイト

グローバルキャスト

  • 66,000円
  • 2つ以上のオプションが必要
  • 50,000円乗り換えサポート適応
公式サイト

株式会社25

  • 66,000円
  • 50,000円乗り換えサポート適応
公式サイト

auひかり:キャッシュバック最大77,000円/

戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

目次

auひかりマンションプタイプの料金プランや速度の違い

auひかり マンション

auひかりのマンションタイプは全部で8種類あります。それぞれの月額料金と最大速度は以下の通りです。

マンションタイプ月額料金最大通信速度
タイプG
(VDSL)
4,180円~664Mbps
タイプV
(VDSL)
4,180円~100Mbps
タイプE
(LAN)
3,740円~100Mbps
タイプF
(光回線)
4,290円100Mbps
都市機構
(VDSL)
2,585円~16/100Mbps
都市機構G
(VDSL)
2,585円~16/100/664Mbps
ギガ
(光回線)
4,455円1Gbps
ミニギガ
(光回線)
5,500円1Gbps

auひかりのマンションタイプは、建物の設備によってプランが決まるのでご自身で選ぶことができません。プランによって月額料金も最大速度も異なるので、どのプランになるか事前にチェックしておきましょう。

プランの確認方法は、こちらで詳しく解説しています。

また、auひかりのマンションタイプには配線方式が3種類あります。それぞれの特徴は以下の通りです。

VDSL方式

  • 電線から建物共用部まで光ファイバー
  • 建物共用部から各戸まで既設の電話線を活用
  • 最大100Mbps
  • 新規格G.fast対応の場合は最大664Mbps
  • タイプG、V、都市機構、都市機構G

LAN方式

  • 電線から建物共用部まで光ファイバー
  • 建物共用部から各戸まで棟内LAN(イーサネット)を活用
  • 最大100Mbps
  • タイプE

光回線方式

  • 電線から建物共用部まで光ファイバー
  • 建物共用部から各戸まで光ファイバーを配線
  • タイプF、ギガ、ミニギガ
  • 最大1Gbps
  • タイプFは100Mbps対応なので最大100Mbps
  • ミニギガのみ共用部なしで電線から直接光ファイバーを引き込む

最大速度はあくまで理論値ではありますが、この中で1番速度が出やすいのは最大1Gbpsで光回線方式のギガとミニギガです。

ギガとミニギガは各戸まで光ファイバーが配線されるので、他の方式よりも速度が安定しやすい傾向にあります。

auひかりのマンションタイプは、配線方式・タイプ・建物の設備によって最大速度が決まってしまうので、乗り換えてから後悔しないよう必ず事前にどのプランになるか確認してくださいね。

ここからは、それぞれのプランについて詳しく解説します。

auひかりマンションタイプ
  • タイプG
  • タイプV
  • タイプE
  • タイプF
  • 都市機構、都市機構G
  • ギガ、ミニギガ

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

auひかりマンションタイプG

タイプGは、電線から建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸まで既設の電話線を活用するVDSL方式のプランです。

タイプGにはさらに2種類のプランがあります。

  • G契約:下り664Mbps/上り166Mbps
  • V契約:下り100Mbps/上り100Mbps

G契約の場合の月額料金は以下の通りです。

タイプG/G契約月額料金
お得プラン
(2年契約)
16契約以上
4,180円
お得プラン
(2年契約)
8契約以上
4,510円
標準プラン
(契約期間なし)
16契約以上
5,390円
標準プラン
(契約期間なし)
8契約以上
5,720円

続いて、違約金と契約更新期間は以下の通りです。違約金は契約日によって金額が変わります

タイプG/G契約違約金
2022年7月1日以降2,730円
2022年6月30日以前10,450円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

契約更新期間に解約すると違約金は0円になります。

続いて、契約できるプロバイダの種類は以下の通りです。

タイプG/Gのプロバイダ
  • @nifty
  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net
  • コミュファnet

タイプGのV契約は次で紹介するタイプVと同じ契約内容になります。タイプGのV契約になる方はタイプVをチェックしましょう。

auひかりマンションタイプV

タイプVは、電線から建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸まで既設の電話線を活用するVDSL方式のプランです。

タイプVへ申し込み後、棟内設備導入が完了すると自動的にタイプGのV契約に切り替わります。V契約に切り替わるとタイプGのG契約への変更も可能になるので、変更を希望する方はこちらから手続きしましょう。

タイプVの月額料金は以下の通りです。

タイプV月額料金
お得プランA
(2年契約)
16契約以上
4,180円
お得プランA
(2年契約)
8契約以上
4,510円
標準プラン
(契約期間なし)
16契約以上
4,180円
標準プラン
(契約期間なし)
8契約以上
4,510円

続いて、違約金と契約更新期間についてです。違約金は契約日によって金額が変わります。また、契約更新期間に解約すると違約金は0円になります。

タイプV違約金
2022年7月1日以降2,290円
2022年6月30日以前7,700円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

続いて、契約できるプロバイダの種類は以下の通りです。

タイプVのプロバイダ
  • @nifty
  • @T COM
  • Asahiネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • コミュファnet

タイプVは最大速度が100Mbpsなので、通信速度を重視する方は最大664MbpsのタイプGのG契約へ変更するのがおすすめですね。

auひかりマンションタイプE

タイプEは、電線から建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸まで棟内LAN(イーサネット)を活用するLAN方式のプランです。

タイプGやタイプVのような電話線を活用したVDSL方式よりも干渉が少ないので安定した速度が期待できます。ただし、最大速度が100Mbpsなので特別速いとはいえないでしょう。

タイプEの月額料金は以下の通りです。

タイプE月額料金
お得プランA
(2年契約)
16契約以上
3,740円
お得プランA
(2年契約)
8契約以上
4,070円
標準プラン
(契約期間なし)
16契約以上
3,740円
標準プラン
(契約期間なし)
8契約以上
4,070円

続いて、違約金と契約更新期間です。違約金は契約日によって金額が変わるので注意しましょう。

タイプE違約金
2022年7月1日以降2,290円
2022年6月30日以前7,700円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

費用を抑えて解約したい方は、違約金が0円になる契約更新期間に解約するのがおすすめです。

続いて、契約できるプロバイダの種類は以下の通りです。

タイプEのプロバイダ
  • @nifty
  • @T COM
  • Asahiネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • コミュファnet

タイプEは、auひかりマンションタイプで唯一LAN方式のプランですが、最大速度が100Mbpsなので速度を重視する方は注意しましょう。

auひかりマンションタイプF

タイプFは、電線から建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸まで光ファイバーを配線する光回線方式のプランです。

光回線方式は1番速度が出やすい方式ではありますが、タイプFは建物共用部の通信機器が100Mbps対応なので、最大100Mbpsまでしか速度が出ません

光回線方式だからといって必ず速度が出る訳ではありませんのでご注意ください。

タイプFの月額料金は以下の通りです。

タイプF月額料金
お得プランA
(2年契約)
4,290円
標準プラン
(契約期間なし)

タイプFは、お得プランAと標準プランどちらも月額料金が同じです。

続いて、違約金と契約更新期間は以下の通りです。これから契約予定の方は「2022年7月1日以降」をご覧ください。

タイプF違約金
2022年7月1日以降2,290円
2022年6月30日以前7,700円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

お得プランAの方は違約金が0円になる契約更新期間に解約するのがおすすめですね。

続いて、契約できるプロバイダは以下の通りです。

タイプFのプロバイダ
  • Asahiネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net
  • コミュファnet

タイプFは、タイプVやタイプEよりも契約できるプロバイダが少ないので注意しましょう。

auひかりマンション都市機構、都市機構G

都市機構/都市機構Gは、電線から建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸まで既設の電話線を活用するVDSL方式のプランです。

また、都市機構/都市機構Gは、UR都市機構の賃貸マンションに住んでいる方限定のサービスです。通常のマンションでは利用できませんのご注意ください。

ここからは、都市機構と都市機構Gそれぞれの月額料金や違約金などを解説します。

都市機構

まずは、都市機構の月額料金です。

都市機構月額料金最大速度
東日本/西日本DX
お得プランA
(2年契約)
4,180円100Mbps
東日本/西日本DX
標準プラン
(契約期間なし)
4,180円
東日本 16M(B)2,585円16Mbps
東日本 16M(R)3,025円
西日本 16M(B)3,025円
西日本 16M(R)3,465円

都市機構は、契約するプランによって最大速度が100Mbpsまたは16Mbpsになります。

違約金と契約更新期間は以下の通りです。

都市機構違約金
2022年7月1日以降2,290円
2022年6月30日以前7,700円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

続いて、都市機構で契約できるプロバイダは以下の通りです。

都市機構のプロバイダ
  • @nifty
  • @T COM
  • Asahiネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net
  • コミュファnet

都市機構は、最大速度が16Mbpsになる場合もあるので注意しましょう。

都市機構G

続いて、都市機構Gの月額料金です。

都市機構G月額料金最大速度
DX-G
お得プラン
(2年契約)
4,180円664Mbps
DX
お得プラン
(2年契約)
100Mbps
DX-G
標準プラン
(契約期間なし)
5,390円664Mbps
DX
標準プラン
(契約期間なし)
100Mbps
東日本 16M(B)2,585円16Mbps
東日本 16M(R)3,025円
西日本 16M(B)3,025円
西日本 16M(R)3,465円

都市機構Gも契約プランによって最大速度が664Mbps/100Mbps/16Mbpsになります。

違約金と契約更新期間は以下の通りです。都市機構Gは、都市機構と違約金額が異なります。

都市機構G違約金
2022年7月1日以降2,730円
2022年6月30日以前10,450円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

最後は、都市機構Gで契約できるプロバイダです。

都市機構Gのプロバイダ
  • @nifty
  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net
  • コミュファnet

都市機構と都市機構Gは、月額料金・違約金・最大速度などが異なるので間違えないようご注意ください。

auひかりマンションギガ、ミニギガ

ギガとミニギガは、どちらも最大速度1Gbpsの光回線方式プランですが、配線方法に違いがあります。詳細は以下の通りです。

ギガ

  • 電線から建物共用部まで光ファイバーを引き込み建物共用部から各戸まで光ファイバーを配線

ミニギガ

  • 建物共用部なしで電線から直接各戸へ光ファイバーを引き込む
  • 3階建て以下でかつ総戸数8戸以上の建物が対象

どちらも光ファイバーを各戸まで配線していますが、建物共用部の有無の違いがあります。

ここからは、ギガとミニギガそれぞれの月額料金などについて解説します。

ギガ

まずは、ギガの月額料金です。

ギガ月額料金
お得プランA
(2年契約)
4,455円
標準プラン
(契約期間なし)

ギガは、お得プランAと標準プランどちらも月額料金が同じです。

続いて、違約金と契約更新期間をまとめました。

ギガ違約金
2022年7月1日以降2,290円
2022年6月30日以前7,700円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

契約更新期間に解約すると違約金は0円になるので、費用を抑えたい方は契約更新期間に解約するのがおすすめです。

契約できるプロバイダは以下の通りです。

ギガのプロバイダ
  • @nifty
  • Asahiネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • So-net
  • コミュファnet

ギガは、@T COMとDTIには対応していないので注意しましょう。

ミニギガ

続いて、ミニギガの月額料金です。

ミニギガ月額料金
お得プランA
(2年契約)
5,500円
標準プラン
(契約期間なし)

ミニギガもギガ同様、どちらのプランも月額料金が同じです。ただし、ギガよりも月額料金が高く設定されています。

続いて、違約金と契約更新期間です。

ミニギガ違約金
2022年7月1日以降2,290円
2022年6月30日以前7,700円
契約更新期間利用開始月を1ヶ月目として
24〜26ヶ月目

違約金と契約更新期間はギガと全く同じです。契約日によって違約金額が変わるので注意しましょう。

最後は、契約プロバイダの種類です。

ミニギガのプロバイダ
  • @nifty
  • @T COM
  • Asahiネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

ミニギガは、auひかりマンションタイプで契約できるプロバイダ全てが対象です。お好きなプロバイダを選びましょう。

auひかりのマンションタイプを確認する2つの方法

先ほど解説した通り、auひかりのマンションタイプは自分でプランを選べません。プランによって最大速度も変わるので、契約前にどのプランになるか確認する必要があります。

確認方法は以下の2つです。

auひかりのマンションタイプを確認する方法
  • auひかり公式サイトで提供エリアを確認する
  • 代理店やプロバイダに申し込んで調べてもらう

ここからは、それぞれ詳しく解説していきます。

auひかり公式サイトで提供エリアを確認する

auひかり公式サイトの提供エリアの検索ページから契約予定のマンションのタイプを確認することができます。

具体的なステップは以下の通りです。

まずは、提供エリアの検索ページで住所など必要事項を入力します。

引用元:auひかり公式

続いて、入力した郵便番号に応じた地名が出るのでマンションの所在地を入力します。

引用元:auひかり公式

マンション名が表示されるので契約予定のマンションを選択します。

引用元:auひかり公式

マンションを選択すると、具体的なプランが表示されます。(この場合はタイプG個別型(16契約以上)にあたる部分)

引用元:auひかり公式

このステップを踏むことによって契約予定のマンションのタイプを判別することができます。

代理店やプロバイダに申し込んで調べてもらう

すでにauひかりへの契約を決めている方は、申し込みと同時に窓口でプランや料金を確認することもできます。

申し込み時点であればキャンセルしても費用は発生しないので、想定より高かった場合などはその場でキャンセルも可能です。

ただし、申し込みまでしてキャンセルは手間になるだけなので、先ほど解説した公式サイトからの確認の方がおすすめといえるでしょう。

また、auひかりへの申し込みは、auひかり公式サイトではなく最大77,000円のキャッシュバックがもらえる「NNコミュニケーションズ」がおすすめです。

auひかりの申し込み窓口については、こちらで詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

\最大77,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

auひかりのマンションプランの工事内容は?立ち会いが必要で1〜2時間程度かかる

auひかりマンションタイプを利用するには立ち会い工事が必要で、建物の設備や状況などにもよりますが1〜2時間程度かかります。

工事内容は以下の通りです。

建物共用部まで光ファイバーが導入されている建物

  • 建物共用部から各戸までの配線工事(宅内工事のみ)

建物共用部まで光ファイバーが導入されていない建物

  • 電線から建物共用部まで光ファイバーを引き込み建物共用部から各戸まで配線工事(宅外工事と宅内工事)

auひかりに対応しているマンションは、基本的に建物共用部まで光ファイバーが導入されているので、建物共用部から各戸までの配線工事のみの場合が多いでしょう。

また、光コンセントなどの設備がすでに導入されていてそのまま利用できる場合は、工事時間が大幅に短縮される可能性もあります。

工事の所要時間や内容は建物の設備や状況によって変わるので、工事業者の指示に従いましょう。

対応していないマンションはauひかりホームタイプを契約するのもおすすめ

契約したいマンションがauひかりマンションタイプに対応していない場合は、auひかりのホームタイプ(戸建て)を契約するという方法もおすすめです。

ホームタイプなら回線を独占できるのでマンションタイプより通信速度が速くなる可能性が高いというメリットもあります。

注意点は以下の通りです。

マンションでホームタイプを契約する際の注意点
  • 事前に管理会社に許可を取る必要がある
  • 月額料金が高くなる可能性が高い

マンションでホームタイプを契約するには、まず管理会社やオーナーに許可を取る必要があります。勝手にホームタイプを契約することはできないので事前に必ず許可を取りましょう。

また、ホームタイプを契約するとほとんどの場合、月額料金が高くなります。

ホームタイプ1Gbpsの月額料金は以下の通りです。

auひかり ホーム1ギガ
ずっとギガ得プラン
(3年)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目〜:5,390円
ギガ得プラン
(2年)
5,720円
標準プラン
(期間なし)
6,930円

マンションタイプで1番高額なのはミニギガの5,500円なので、ずっとギガ得プランの3年目以降のみホームタイプの方が安いですが、それ以外のプランで比較するとホームタイプの方が高額です。

費用面で問題ないかチェックしてから契約しましょう。

auひかりのマンションプランはおすすめ?スマホセット割に合わせるのがおすすめ!

ここでは、auひかりと他社の光回線を比較していきます。auひかりのマンションタイプにするか迷っている方はチェックしてみてくださいね。

まずは、光回線大手6社のマンションタイプの月額料金とスマホセット割の対象キャリア・割引額をまとめた表をご覧ください。

光回線月額料金
(マンション)
スマホセット割
(1回線あたり)
auひかり3,740円〜au、UQモバイル
最大1,100円/月
ドコモ光4,400円〜ドコモ
最大1,100円/月
ソフトバンク光4,180円〜ソフトバンク、ワイモバイル
最大1,650円/月
楽天ひかり4,180円セット割なし
楽天モバイル契約で月額料金6ヶ月間無料
NURO光2,090円〜ソフトバンク
最大1,100円/月
NUROモバイル
最大1,100円/12ヶ月間
ビッグローブ光4,378円〜au、UQモバイル
最大1,100円/月

表を見ると、NURO光がダントツで安いですが、他は数百円程度しか変わりません

スマホセット割は1回線あたり千円以上も割引されるので、スマホセット割の対象キャリアに合わせて光回線を選ぶのがおすすめといえるでしょう。

光回線の選び方については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

光回線のおすすめランキング人気33社を比較しカオスマップやフローチャートで図解

セット割でこのくらいお得になる

auひかりには、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」とUQモバイルとのセット割「自宅セット割」があります。

キャンペーン詳細は以下の通りです。

auスマートバリュー
特典
  • auスマホの契約プランに応じてau利用料金から1回線ごとに割引
  • 550円割引/回線
    • スマホミニプラン 5G/4G
  • 1,100円割引/回線
    • 使い放題MAX 5G/4G ※各種パックを含む

※その他受付終了プランでも対象プランがあります→詳しくはこちら

対象回線数最大10回線
対象者※すべての条件を満たす方

  • auスマホ・タブレット・ケータイの回線契約中
  • auひかりで「ネット+電話の回線契約をする
特典付与日毎月のau利用料金から割引
申し込み方法WEB、店頭(5回線以上の適用は店頭のみ)
UQモバイル 自宅セット割
割引額
(1回線あたり)
  • トクトクプラン、ミニミニプラン:1,100円/月
  • くりこしプラン+5G(S/M):638円/月
  • くりこしプラン+5G(L):858円/月
対象回線数最大10回線
対象者※すべての条件を満たす方

  • UQモバイルを上記プランで契約中
  • 自宅セット割(インターネットコースまたはでんきコース)を申し込む
特典付与日毎月のUQモバイル月額料金から割引
申し込み方法WEB、店頭

auスマートバリューと自宅セット割は併用が可能で、合わせて最大10回線が対象になります。それぞれ10回線ずつではありませんのでご注意ください。

また、スマホセット割は自動適用ではないので、手続きを忘れないようにしましょう。

【2024年5月】 auひかり公式の最新キャンペーン 一覧&詳細

引用元:キャンペーン・割引特典 | インターネット回線 | au

auひかりの公式キャンペーンは代理店からの申し込みでも受けられるものがあります。

2024年5月現在、auひかりで実施しているキャンペーンはこちらの通りです。

2024年5月 auひかりキャンペーン
  • auスマートバリュー
  • auひかり ピカ得プログラム
  • auひかり 乗り換えスタートサポート
  • 初期費用相当額割引
  • 超高速スタートプログラム
  • 10ギガスタート割引
  • au one netお申し込み特典(10,000円+10,000円キャッシュバック)
  • auひかり テレビ「ジャンルパック」「オールジャンルパック」
  • 【店舗限定】auひかり Pontaポイントプレゼント
  • 【お引っ越しサポート特典】アート引越センター×auひかり10,000円au PAYチャージ

以上、全10種類のキャンペーンについて、特典の内容や条件などを簡単にまとめました。

auひかり公式キャンペーン① auスマートバリュー

引用元:auスマートバリュー

auユーザーなら絶対活用したい特典が『auスマートバリュー』です。

auスマートバリュー
特典

au回線料金から550~1,100円引き×最大10回線

  • 550円引き
    • ピタットプラン 5G・4G LTE(新auピタットプランN) 1GB以上使用
    • ピタットプラン 5G(s)・4G LTE(s)
  • 1,100円引き
    • 使い放題MAX 5G・4G ※各種パックを含む

※povoは対象外
※その他対象プランあり(詳しくはこちら)

対象者
  • au回線を契約中
  • auひかりで『ネット』と『電話(月額550円)』の回線契約中

※すべての条件を満たす方

特典付与日毎月のau利用料金から値引き
申し込み方法WEB、店頭(5回線以上の適用は店頭のみ)

厳密に言うと、auスマートバリューはauひかりではなくauの割引サービスです。

そのため、申し込み先は『auひかり』ではなく『au』なので、申請先には注意しましょう。自動適用ではないので申し込み忘れにも要注意です。

また、auスマートバリューの適用にはauひかりで『auひかり電話』の契約が必要です。auひかり電話は最低割引額と同額の月額550円であるため、たとえ1人での適用であっても損する事はありません。

NTTの固定電話よりも基本料金・通話料ともに低額なので、現在固定電話を契約中の方はauひかり電話への乗り換えがおすすめです。

auひかり公式キャンペーン② auひかり ピカ得プログラム(ホーム/マンション)

引用元:auルーター→auひかり ピカ得プログラム ホーム

auユーザーの中でも『Wi-Fiルーター』の契約をしている方にお得なキャンペーンが『auひかり ピカ得プログラム』です。

ホームマンション
特典2,332円×最大12ヶ月割引
(最大27,984円割引)
902円×最大12ヶ月割引
(最大10,824円割引)
対象者

以下すべての項目に該当する方

  • auでWi-Fiルーターを契約中
  • プロバイダ『au one net』を契約者
  • ネット+auひかり電話を契約
  • 定期契約プランを契約
    • ホーム:ずっとギガ得プラン
    • マンション:お得プラン または お得プランA
適用条件
  • auひかり利用開始までにauスマートバリューに加入済み
  • 該当auスマートバリューグループにau Wi-Fiルーターを登録済み
  • au Wi-Fiルーターを12ヶ月以上利用している

最大50,000円以上の大幅な値引きが期待できるキャンペーンです。

『プラン』『プロバイダ』『契約日』『申込方法』など限定的な条件が多くあるのでよく確認しましょう。申し込み方法もauショップ等の店頭限定です。WEBからの申し込みは対象外になるのでご注意ください。

対象プランへの契約であれば代理店からの申し込みであってもピカ得プログラム対象になりますよ!

auひかり公式キャンペーン③ 乗りかえスタートサポート(ホーム/マンション)

引用元:auひかり 乗り換えスタートサポート ホーム

『auひかり 乗り換えスタートサポート』は、他社の光回線からauひかりに乗り換える方向けのお得なキャンペーンです。いわゆる他社の違約金・解約金の補填サポートキャンペーンなので、乗り換えでauひかりに契約する方は要チェック!

特典①ホームマンション
au PAY残高還元10,000円/5,000円相当10,000円相当
割引最大1,000円×最大20/10ヶ月
最大1,000円×最大20ヶ月
対象者

以下すべての項目に該当する方

  • 他社インターネット回線※契約からauひかりに乗り換えで契約
  • ネット+auひかり電話を契約
  • 定期契約プランを満期以上契約
    • ホーム:ずっとギガ得プラン
    • マンション:お得プラン または お得プランA

※auスマートバリュー/自宅セット割対象のインターネット回線契約からの乗り換えは対象外

指定プロバイダ

10,000円相当還元&20ヶ月割引

  • au one net
  • @nifty
  • @TCOM
  • BIGLOBE
  • So-net

5,000円円相当還元&10ヶ月割引

  • Asahi Net
  • DTI
  • au one net
  • @nifty
  • @TCOM
  • BIGLOBE
  • So-net
  • Asahi Net
  • DTI
  • コミュファnet
備考

実際に発生した違約金・解約金が還元上限額

auひかりではau PAY残高としてキャッシュバックが進呈されるため、手元に現金が来るわけではないのでご注意ください。最大30,000円相当の還元が受けられますが、実際に発生した違約金や解約金の金額が上限となるため、例えば解約金が5,000円だった場合には5,000円相当のau PAY残高の進呈のみが対象です。

また、上記に加えてauスマートバリュー加入者には、ホーム・マンションを問わずキャッシュバックのボーナスがあります。

特典②ホーム&マンション
au PAY残高還元1,000円×最大10ヶ月(最大10,000円分)
対象者auスマートバリュー/自宅セット割 加入者

auにスマホ回線契約がある方はさらなるお得のチャンスなので、こちらのキャンペーンのお申込みも忘れずに行いましょう。こちらの『auひかり 乗り換えスタートサポート』も代理店からの申し込みが対象になるキャンペーンのひとつです!

auひかり公式キャンペーン④ 初期費用相当額割引

引用元:初期費用相当額割引(auひかり ホーム)

auひかり利用開始時に必要な初期工事費は41,250円です。この工事費は『初期費用相当割引キャンペーン』によって相殺する事が可能です。

ホームマンション
特典

最大41,250円割引

ずっとギガ得プラン契約者

  • ネット料金
    • 644円×1ヶ月割引
    • 628円×34ヶ月割引
  • 電話料金
    • 550円×35ヶ月割引

ギガ得/標準プラン契約者

  • ネット料金
    • 1,254円×1ヶ月割引
    • 1,243円×22ヶ月割引
  • 電話料金
    • 550円×23ヶ月割引

最大33,000円割引

  • 1,443円×1ヶ月割引
  • 1,434円×22ヶ月割引
対象者auひかり契約者

こちらは初期費用を『長期的に利用料金を値引きする形で還元』するタイプの特典です。満期まで利用しないと全額還元を受ける事ができないので注意しましょう。途中で解約した場合は、解約時点までの割引は受けられますが、解約以降の割引分を受ける事はできません。

代理店からの申し込みであっても対象なので、対象者であれば多くの窓口から参加できるキャンペーンです。ただし、契約窓口によってはauスマートバリューとの併用ができない可能性があるため、必ず確認することをおすすめします。

auひかり公式キャンペーン⑤ 超高速スタートプログラム

引用元:超高速スタートプログラム

ネット配信を行う方やオンラインゲームをする方など、安定した高速通信が希望の方に人気の高速プランでは『超高速スタートプログラム』を実施しています。

超高速スタートプログラム
特典①

550円割引×最大36ヶ月=合計最大19,800円割引

特典②

550円割引×37ヶ月目~

対象者
  • 『auひかりホーム 5ギガ』または『auひかりホーム 10ギガ』を契約
  • 『ずっとギガ得プラン』で契約
  • プロバイダは『au one net』を選択

※すべての条件を満たす方

特典②はauスマートバリュー適用者のみ

特典付与日課金開始月から値引き開始
申し込み方法自動適用

こちらの特典はホームタイプ限定です。マンションタイプには高速プランがないため、こちらのキャンペーンは適用できません。auスマートバリュー適用者であればキャンペーンが終了しない限りはずっと利用料金から550円引きになりますよ!

auひかり公式キャンペーン⑥ 10ギガスタート割引

引用元:auひかり 10ギガスタート割引

高速タイプの中でも10ギガプランで契約する方には更にお得な『10ギガスタート割引』が利用できるかも知れません。

10ギガスタート割引
特典

858円割引×最大12ヶ月=合計最大10,296円割引

対象者
  • 『auひかりホーム 10ギガ』を契約
  • プロバイダは『au one net』を選択

※すべての条件を満たす方

特典付与日毎月のau利用料金から値引き
申し込み方法店頭のみ

先程ご紹介した『超高速スタートプログラム』が適用される方であればこちらのキャンペーンも対象になります。『超高速スタートプログラム』と違い、こちらは申し込みが必要なので忘れずに申し込みましょう!

また、注意点は店頭受付のみであるということです。WEBでの申し込みは対象外なのでご注意ください。

auひかり公式キャンペーン⑦ au one netお申し込み特典(20,000円キャッシュバック)

引用元:auひかり(au one net)キャッシュバック

auひかりのプロバイダに『au one net』を考えている方は、au one netお申し込み特典(10,000円キャッシュバック)』も要チェックです。

au one netお申し込み特典 キャッシュバック
特典

10,000円分のau PAY残高を進呈

対象者
  • auひかりで『ネット+電話』に契約
  • 定期契約プランを契約
    • ホーム:ずっとギガ得プラン
    • マンション:お得プラン または お得プランA
  • プロバイダ『au one net』を契約

※すべての条件を満たす方

特典付与日申し込み月を1ヶ月目として4ヶ月目の月末以降に付与
申し込み方法

WEB、電話

『キャッシュバック』とはなっていますが、実際にはau PAY残高でのチャージとなりますのでご注意下さい。いわゆる『プロバイダ特典』なので、au one net以外のプロバイダを契約したい方は対象外です。

auひかり公式キャンペーン⑧ 「ジャンルパック」「オールジャンルパック」

引用元:「ジャンルパック」「オールジャンルパック」

続いてご紹介するのはauひかりでテレビを契約する方向けのお得なキャンペーン『ジャンルパック』『オールジャンルパック』です。

ジャンルパック・オールジャンルパック
特典

auひかりテレビチャンネル『ジャンルパック』『オールジャンルパック』が最大2ヶ月間無料

対象者
  • auひかりテレビ契約者
  • 対象パックに初めて登録する

※すべての条件を満たす方

特典付与日登録初月+翌月分の利用料金請求なし
申し込み方法対象プランへの登録で自動適用

動画配信サービスなどでよくある『初月無料キャンペーン』のような感じですね。こちらはauひかりテレビチャンネルのキャンペーンなので、auひかりテレビユーザーなら誰でも参加可能です。

auひかり公式キャンペーン⑨ 【お引っ越しサポート特典】アート引越センター×auひかり10,000円au PAYチャージ

引用元:アート引越センター×auひかり10,000円au PAYチャージ

現在auひかりを契約中で、プロバイダが『au one net』の方は、アート引っ越しセンターで引っ越しをすることでau PAY還元や引っ越し代の割引が受けられます。

auひかり お引っ越しサポート特典
特典

特典① au PAY残高10,000円(不課税)相当還元

特典② 引っ越し元のauひかり各種費用全額割引&無料

特典③ 引っ越し基本料金最大30%OFF

対象者
  • 引っ越し元でauひかりを契約している方
    • ホーム:ギガ得プラン/ずっとギガ得プラン
    • マンション:お得プラン(A含む)のみ
  •  引っ越し先でauひかりを契約する方
    • ホーム:ずっとギガ得プランのみ
    • マンション:お得プラン(A含む)のみ
  • 引っ越し元・先ともにプロバイダ『au one net』を契約
  • アート引っ越しセンターで引っ越しを実施

※すべての条件を満たす方

特典付与日申し込み月を1か月目として、4か月目の月末以降
申し込み方法
  • auひかり:指定WEBサイトから申し込み
  • アート引越センター:指定WEBサイトまたは電話で見積もり
    • 電話番号:0120-0123-33
    • 営業時間:9:00~19:00(年末年始を除き年中無休)

引っ越し前後の両方で『auひかり(au one net)』の定期契約(2年/3年)することが条件になっています。引っ越しを機に他のプロバイダに変更したいと考えていた方は対象外になってしまいますが、特に問題なく利用できていた方なら活用できそうですね!

引っ越し元での回線撤去費用や工事費の残債などが残っていた場合は、特典②の適用により全額実質無料(割引&免除)になりますよ。もちろん契約解除料もかかりません。

また、アート引っ越しセンターで開催中の別のキャンペーンとは併用不可です。現在実施中のキャンペーンと比較した上で、お得な方で契約するのがおすすめです。

\最大77,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

auひかりのおすすめ申し込み窓口

auひかりには申し込み窓口が複数あり、それぞれ独自のキャンペーンを展開しています。詳細は以下の通りです。

申し込み窓口最大キャッシュバックオプション条件最短振込時期
NNコミュニケーションズ77,000円電話翌月末
フルコミット93,000円
または
63,000円
電話翌月末
(最大額は13ヶ月後)
グローバルキャスト66,000円指定オプション12ヶ月目末
2566,000円指定オプション詳細不明
INEライティング55,000円電話詳細不明
So-net100,000円なし10ヶ月後+20ヶ月後
@nifty30,000円なし12ヶ月目+24ヶ月目
BIGLOBE86,000円なし11ヶ月目+24ヶ月目
DTI38,000円なし13ヶ月目以降
@TCOM40,000円なし7ヶ月目

※振込時期は全て開通月を含む

この中で1番のおすすめは、最大77,000円が最短翌月末にもらえる「NNコミュニケーションズ」です。

次で詳しく解説しますが、NNコミュニケーションズは申請方法も簡単なので、キャッシュバックをもらい忘れる心配がありません

キャッシュバックが高額なフルコミットとSo-netは、以下の理由からあまりおすすめとはいえません。

フルコミットとSo-netをおすすめしない理由

  • キャッシュバック申請が1年後〜と遅いので申請忘れのリスクがある
  • 振り込み時期が遅い
  • フルコミットは翌月末の振り込みにすると63,000円に減額される
  • So-netは振り込みが2回に分かれている

高額キャッシュバックでも受け取れなければ意味がないので、申請が簡単で最短翌月末にもらえるNNコミュニケーションズの方がおすすめです。

ここからは、NNコミュニケーションズのおすすめポイントについて解説します。

auひかりはNNコミュニケーションズがおすすめ

引用元:NNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 最大77,000円の高額キャッシュバック
  • 申し込みと同時にキャッシュバック申請も完了
  • 最短翌月末に振り込み

NNコミュニケーションズは、申し込みの電話口で振り込み用の口座番号を伝えるだけでキャッシュバック申請が完了します。

こちらが忘れていてもオペレーターが確認してくれるので、伝え忘れる心配もありません。

NNコミュニケーションズよりもキャッシュバックが高額な窓口は複数ありますが、受け取りやすさ・振り込みの早さなどを総合的に見るとNNコミュニケーションズが1番おすすめといえるでしょう。

\最大77,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

auひかりのよくある質問

最後は、auひかりに関するよくある質問について紹介します。auひかりを契約してから後悔することがないよう疑問を解決してから申し込み手続きを始めましょう。

auひかりに関するよくある質問4選
  • auひかりの問い合わせは?
  • ルーターのレンタルはあるの?
  • auひかりが繋がらないときはどうすればいい?
  • 解約時の違約金は?

それでは、ひとつずつ解説していきます。

auひかりへの問い合わせは電話・WEB・アプリ・LINEからできる

auひかりへの問い合わせ方法は複数あります。電話で問い合わせたい方は、総合窓口がおすすめです。

    auひかりサポートセンター(総合窓口)
    • 電話番号:0077-777
    • 上記番号が利用できない場合:0120-22-0077
    • 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

    また、受付時間に電話ができない場合や電話以外で問い合わせたい場合は以下の3つの方法があります。

    問い合わせ方法営業時間
    Webメッセージ回答時間
    AI:24時間受付
    コミュニケーター:10:00~22:00※受付時間は24時間(年中無休)
    My auアプリ
    LINE

    AIであれば24時間いつでも質問できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

    auひかりの問い合わせ先については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

    auひかりの電話番号などの問い合わせ先一覧|すぐに解決サポートをプロバイダ・契約・料金・解約ごとの目的別に紹介

    ルーターのレンタルはある

    auひかりを契約すると、ONU(光回線終端装置)とホームゲートウェイが設置されますが、ホームゲートウェイの無線機能(Wi-Fi)を利用するには無線LAN利用料として月額550円を払う必要があります。

    ただし、auひかりのスマホセット割である「auスマートバリュー」または「自宅セット割」を適用させると、無線LAN利用料は永年無料になります。

    スマホセット割でスマホ代が割引されるだけでなく無線LAN利用料も無料になるので、auまたはUQモバイルユーザーにはauひかりがおすすめといえるでしょう。

    auひかりが繋がらないときは障害情報の確認や機器の再起動

    auひかりが繋がらない時は、まず通信障害が起きていないか確認しましょう。auひかりに限らず、光回線は通信障害が発生する場合があるので、こちらから最新情報をチェックしましょう。

    通信障害ではない場合は、機器のランプから状態を確認します。こちらからご自身の利用している機器を選択してランプの点灯状況に問題がないか見てみましょう。

    また、機器の再起動をすると元に戻る場合もあります。手順は以下の通りです。

    機器の再起動の手順
    1. パソコンの電源を完全に落とす
    2. 外付けの機器(モデム・ONU・ホームゲートウェイなど)の電源を電源アダプタを外して落とす
    3. 20秒待って宅内機器の電源アダプタを接続
    4. パソコンを起動
    5. ブラウザを起動してインターネットに接続

    再起動でも繋がらない場合は、ホームゲートウェイを再起動してみましょう。

    ホームゲートウェイの再起動の手順
    1. 電源プラグを抜いて10秒ほど待つ
    2. 背面の更新ボタンを押しながら、電源プラグを差し込む
    3. 約20秒後、前面ランプが同時に3回緑点滅したら更新ボタンから手を離す

    上記の手順で試しても繋がらない場合は、下記の問い合わせ先へ電話してください。

    auひかりが繋がらない時の問い合わせ先
    • 0077-7084(通話料無料)
    • 受付時間:9:00〜18:00(年中無休)

    こちらに電話をかけると音声ガイダンスが流れます。「1」をプッシュすると接続設定・故障に関する問い合わせができます。

    auひかりが繋がらない時の対処方法については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

    auひかりのWi-Fiが繋がらない!今できる解決方法と通信障害なのか原因と対処方法

    解約時の違約金はプランと契約日によって変わる

    auひかりのマンションタイプの違約金は以下の通りです。

    マンションタイプ違約金※
    お得プラン(2年)
    タイプG・都市機構G
    2,730円
    (10,450円)
    お得プランA(2年)
    上記以外のプラン
    2,290円
    (7,700円)
    標準プラン
    (期間なし)
    0円

    ※()は2022年6月30日までに契約した方の違約金額

    auひかりのマンションタイプは、プランと契約日によって違約金額が変わります。また、標準プランはいつ解約しても違約金は0円です。

    お得プラン・お得プランAで違約金を0円にするには、契約更新期間に解約する必要があります。

    auひかりの契約更新期間

    お得プラン・お得プランA

    利用開始月を1ヵ月目として24~26ヵ月目

    auひかりを解約する際に違約金を0円にしたい方は、契約更新期間に解約しましょう。

    まとめ

    今回は、auひかりのマンションタイプについて解説しました。

    auひかりのマンションタイプは、建物の設備によってプランが決まるので自分で選ぶことができません。プランによって最大速度も変わるので、必ず事前にどのプランになるか確認しておきましょう。

    auひかりのプラン検索はこちらからできます。また、プランの確認方法についてはこちらで詳しく解説しています。

    auひかりへの申し込みは、最大77,000円のキャッシュバックがもらえるNNコミュニケーションズがおすすめです。NNコミュニケーションズは、キャッシュバックの申請が簡単で最短翌月末に受け取れます。

    お得にauひかりのマンションタイプを契約したい方は、NNコミュニケーションズから申し込みましょう。

    \最大77,000円キャッシュバック/

    auひかりの評判はこちら
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次