MENU

DTI光の口コミ・評判からメリット・デメリットを徹底解説!

※本ページはプロモーション(広告)が含まれています

プロバイダとして昔から知られているDTI(ドリームトレインインターネット)。DTI光は光コラボのため、フレッツ光ネクストの「バーチャルコネクト 」を利用したIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6  接続サービスが利用できますDTIのプロバイダで次世代のIPv6と従来のIPv4の両方が利用可能です。

DTI光 評判

「スピードばかりを気にしてIPv6にしたら古いWebサイトのIPv4接続に繋がらなくなった」などということはなく、気にせずにインターネットを楽しめます。光回線のインターネットなので、安定性もバッチリです。

今回はDTI光について、口コミ・評判からメリット・デメリットを徹底解説します。これからDTI光の契約を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

DTI光 公式キャンペーン
新規最大24,000円キャッシュバック
  • 新規開通の方
  • 最大24,000円キャッシュバック
  • 工事費実質無料
10,000円キャッシュバック
  • 転用・事業者変更の方
  • 最大10,000円キャッシュバック
Wi-Fiルータープレゼント
  • Wi-Fiルータープレゼント
  • 契約の方全員
\DTI光の最新情報/

みんなのネット回線速度で調査した、2023年2月現在のDTI光の速度情報はこちら!

【戸建て住宅】

平均ダウンロード速度:188.34Mbps

平均アップロード速度:243.16bps

平均Ping値: 17.01ms

【集合住宅(マンション・アパート)】

平均ダウンロード速度:217.17Mbps

平均アップロード速度: 277.45Mbps

平均Ping値: 12.69ms

いずれも快適なインターネットが楽しめる速度が出ています。現在のDTI光の通信速度は十分に満足できる光回線と言えるでしょう。

 

    目次

    DTI光とは?

    DTI光 評判

    DTI光は、NTT東日本・NTT西日本の光回線「フレッツ光」に、DTIのプロバイダをセットにした光コラボのインターネット接続サービスです。次世代のIPv6 IPoE接続により、高速でストレスの少ないインターネット回線を実現できます。

    光コラボとは、NTT東日本・NTT西日本が提供している光回線「フレッツ光」を、プロバイダーなどの様々な事業者が借り受け、光回線サービスとプロバイダーサービスをセットにしてご提供するサービスのことです。よってDTIが提供している光コラボが「DTI光」です。数ある光コラボの中でもDIT光ならではの特徴は以下の通りです。

    DTI光の特徴
    • 契約期間の縛りがない
    • 比較的リーズナブルな基本料金
    • 最短2週間で開通できる
    • DTI光限定のauスマホセット割引がある

    DTI光限定のauスマホとのセット割では、DTI光の利用料金より最大1,320円割引されさらにお得になります。ただし、適用されるのは1回線でauスマートバリューとは併用できません。

    DTI光の料金

    まずDTI光の料金体系を詳しく見てみましょう。ここでは以下の費用を順番に解説していきます。

    DTI光の料金
    • 初期費用
    • 月額費用
    • キャッシュバック

    DTI光は光回線全体の料金プランの中では比較的リーズナブルな価格の光回線です。リーズナブルな光回線は定期契約が条件とされることも多いですが、DTI光にそのような契約期間の縛りはありません。また、DTI光はauスマホ回線とのセット割が適用できますが、auスマートバリューではなくDTI光独自の『auセット割』を導入しています。

    auスマホ回線契約に対してDTI光の料金を割引にするため1回線分の割引しか適用できないので、注意しましょう。

    DTI光の初期費用

    これからDTI光の初期費用について解説していきます。以下の表はこれまでに光回線を引いていない方が新規に光回線を引く場合の料金を戸建てとマンション別にしてまとめたものです。

    初期費用戸建てマンション
    工事費19,800円16,500円
    土日祝日+3,000円+3,000円
    事務手数料3,300円3,300円

    ※工事の内容によっては、別途工事費用が発生する場合があります。

    ちなみにDTI光では公式キャッシュバックを実施しているので、公式キャッシュバックにより工事費は相殺できます。詳しくはキャッシュバックについて解説している箇所にて解説しますね。

    DTI光の月額費用

    続いてDTI光の月額費用、最大速度、契約期間の条件、セット割引について見てみましょう。以下が戸建てとマンション別にまとめた表となっています。DTI光の月額料金は以下の通りです。

    月額料金戸建てマンション
    基本料金5,280円3,960円
    最大速度1Gbps1Gbps
    契約期間縛りなし縛りなし
    auセット割最大1,320円割引最大1,320円割引
    SIMセット割最大165円割引最大165円割引

    これを見て分かる通り、DTI光には契約期間の縛りがない事が他社と比べて魅力の一つです。DTI光はいつ解約しても違約金がかかりません。多くの光回線では最低契約期間を設けていますが、DTI光ならタイミングを気にせずに解約できますし、違約金等も発生しないのはメリットですね。

    また、ここまでの料金にプラスしてオプションをつける事も出来ます。オプションの一覧と料金は以下の通りです。

    オプション月額料金
    ホームゲートウェイレンタル330円
    DTI光電話550円
    ひかりテレビ825円
    安心リモートサポート550円

    DTI光ではホームゲートウェイがレンタル可能ですが、現在はキャンペーンにより新規契約者向けのWi-Fiルーターがプレゼントしてもらえます。新規契約者の方はキャンペーンを活用すればレンタル費用などなくWi-Fi機能が利用できますよ。

    キャッシュバック

    次は冒頭であったキャッシュバックについて詳しく見ていきましょう。

    キャッシュバック戸建てマンション
    ネットのみ新規契約20,000円17,000円
    ネット+電話を新規契約24,000円20,000円
    転用・事業者変更10,000円10,000円
    進呈時期開通から7カ月目
    申請方法開通から6ヶ月目にキャッシュバックの案内が届いてから、45日以内にWEB申請

    最大で24,000円のキャッシュバックがもらえますが、進呈時期が開通から7か月後と少し期間があるので気を付けておきましょう。因みに今ならDTI光スタート特典というお得な特典がついてきます。

    • DTI光申し込みが完了後、Wi-FiルーターがプレゼントされるのでWi-Fiルーターを新たに用意する必要がない。
    • 工事完了前に『IPv6接続サービス』に申し込めば、IPv6設定済みのWi-Fiルーターが送られてくるので便利!

    レンタルではなく完全無料のプレゼントのため、一度受け取ってしまえば返却の必要もありません。さらに、工事完了前にIPv6接続サービスに申し込んでおくことで設定済みの状態で送られてくるため、わずらわしい設定も不要です。この特典は他社光回線と比べてもかなり嬉しい特典です。

    Wi-Fiルーターが必要な方はお見逃し無く!

    DTI光の口コミや評価

    ここまで読んでみてDTI光について少し知識が深まりましたか? 次は実際にDTI光コラボを利用している方たちの意見はどのような感じなのかを見ていきましょう。以下ではインターネット上での口コミや評判を交えつつ、DTI光のメリット・デメリットを紹介していきます。

    これから光回線をDTI光コラボで新規契約しようと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

    メリット

    あまりメジャーとは言えないDTI光ですが、実はこんなメリットもあります。

    • IPv6 IPoE接続にすれば速度が速くなる(回線混雑を避けられる)
    • 新規契約者はIPv6設定済みのWi-Fiルータープレゼント
    • 新規開通者向けキャッシュバックあり(最大24,000円)
    • 契約期間、解約手数料がない

    ではメリットについて一つ一つ詳しく見ていきましょう。

    メリット①IPv6 IPoE接続にすれば速度が速くなる(回線混雑を避けられる)

    従来のIPv4 PPPoE回線であれば、夜中など皆がが一斉に回線を使い始める時間に、混雑して遅くなります。また、混雑ポイントで渋滞します。さらに、後から接続した人ほど遅くなるという欠点があります。IPv6 IPoE接続では、回線を使うユーザーで公平に分けられ、かつ混雑ポイントがないため、混雑を避けることができます。

    DTI光の測定結果
    ・IPv4 PPPoE
    下り速度: 473.1Mbps(非常に速い)
    上り速度: 277.56Mbps(非常に速い)
    ・IPv6 IPoE(v6プラス)
    下り速度: 698.29Mbps(超速い)
    上り速度: 318.56Mbps(非常に速い)

    xより引用

     

    DTI光 IPv6 接続方式、案外速度あるぞ。

    So-net光がそこそこ良かったけど、それよりいい時間帯もある。
    コスパではSo-net光に負けてるけど/(^o^)\

    xより引用

    口コミを見てもらえば分かる通り、やはりIPv6 IPoE接続にすれば速度が速くなるようです。快適なネットライフを夢見る方には嬉しい情報ですね。

    メリット②新規契約者はIPv6設定済みのWi-Fiルータープレゼント

    DTI光を新規申込した場合、光回線をWi-Fiで接続するために必要になるWi-Fiルーターがプレゼントという特典があります。これがあればパソコンへのWi-Fi接続だけでなく、スマートフォンやタブレットもDTI 光の回線をWi-Fi接続で利用する事が出来るので設定のわずらわしさがなくてありがたいですね。

    DTI光スタート特典
    対象者新規、転用、事業者変更を問わず、DTI 光への申し込みが完了した方
    特典内容IPv6設定済みのWi-Fiルーターを無料でプレゼント
    申込方法DTI 光の申し込み完了後、1週間をめどに登録した住所へ発送

    ルータープレゼントの特典は2023年05月から始まったものです。設定済みのルーターが送られてくるので非常にありがたい特典となっております。ただしこちらの特典は予告なく終了または内容が変更になる場合があると公式HPにも記載がありますので、ご注意ください。

    メリット③新規開通者向けキャッシュバックあり(最大24,000円)

    DTI 光に申し込むと、最大24,000円がキャッシュバックされます。詳しくは本記事上記にて詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。

    一つ注意点をあげるとするなら、キャッシュバックには条件があります。一旦工事費を自費で払い(マンション16,500円、戸建て19,800円)開通月の翌月を1カ月目として6カ月目まで継続していて、支払い方法の登録が完了している方へキャッシュバックの案内が送られてきます。

    例:4月1日に開通したお客様には、10月中にキャッシュバックの案内

    キャッシュバック受け取り手続き期間は45日間です。期間内に手続きを行わなかった場合、無効となってしまうので注意してくださいね。

    メリット④契約期間、解約手数料がない

    多くの方がDTI光の契約を決める一番のメリットと言えるのが契約期間や解約手数料がないことです。実際に口コミを見てみても、たくさんの方が契約期間に縛りがない事をDTI光の良い点として挙げています。

    DTI光で下り平均速度は「251.1Mbps」。しかも最低利用期間・契約解除料がないんだよね。上手に使えばコスパ良さそう。

    xより引用

    ahamoユーザーなら
    DTI光がオススメです!
    シンプルに安く縛りも無く
    サポートに繋がる

    xより引用

    多くの光回線が契約期間を設けている中で、契約期間に縛りがないDTI光は魅力的なプランですね。解約をしたい時にいつでも違約金などの発生なく解約出来るのは、利用者にとっても嬉しいメリットです。

    デメリット

    続いてデメリットについても見ていきましょう。

    • 24,000円のキャッシュバックの手続きが複雑
    • auセット割よりauスマートバリューの方がお得
    • プロバイダーが選べない
    • 現在は専用ルーター無料プレゼントで設定などは不要だが、特典が無かった場合(または利用しない場合)には自身で設定をする手間が発生する。
    • 工事費無料キャンペーンがない、他社解約違約金補填を行っていない

    これらのデメリットを把握しておくことで、DTI光が自分に合っているのか判断しやすくなりますよね。

    デメリット①24,000円のキャッシュバックの手続きが複雑

    DTI光のキャッシュバックの流れは以下の通りです。

    1. DTI光を新規で申し込む
    2. メルマネ送金メールで送信日、注意事項の連絡が来るのを待つ
    3. 楽天銀行へメルマネの送金手続き
    4. 自分のアドレス宛にメルマネ送金メールがくる(45日間以内に手続きを済ませる)
    5. 振り込み

    このようにキャッシュバックを受け取るのに少し面倒な作業があります。そしてキャッシュバックの案内がくるのは開通1ヶ月より約半年後です。うっかり忘れない様に気を付ける必要がありますね。

    デメリット②auセット割よりauスマートバリューの方がお得

    DTI光ではauセット割の方に割り引きが適応されますが、基本的にauスマートバリューの割引額の方が高額です。一部のプランではauスマートバリューと同等の割引が受けられますが、家族全員がauユーザーであれば、全員分割引になるauスマートバリューの方が圧倒的にお得です。

    スマホ1回線あたりの割引額550~1,320円×永年割引550~1,100円×永年割引
    対象回線数1回線最大10回線
    DTI光auセット割auスマートバリュー

    一人暮らしであれば、セット割でもお得になりますが、家族がいるならauスマートバリューがお得といえますね。

    デメリット③プロバイダが選べない

    DTI光は、プロバイダはDTIと決まっています。なので自身でプロバイダを選びたいという方には融通が利かなく感じるかもしれません。

    現在既に光回線を利用中の方の場合、DTI以外のプロバイダを契約中なら乗り換えと同時にプロバイダも変更されてしまいます。契約中のプロバイダのメールアドレスが利用できなくなってしまうので、仕事用のメールアドレスにしているなど、日常的に利用している方はご注意下さい。

    またこの縛りがある事によって、後に「開通後回線状況が悪いからプロバイダだけを変えたいな~」と感じてもできません。プロバイダを変えたい場合には、残念ですが解約するしかないのです。

    デメリット④専用ルーター無料プレゼント特典が無かった場合(または利用しない場合)には自身で設定をする手間が発生する

    現在は専用ルーターを無料でプレゼントしてもらえる特典があるので、それを使えば面倒な設定などは不要です。しかしルーターを自分で用意したい場合は自身で設定をする必要があります。この設定をする作業に不安のある方も少なくないでしょう。

    DTI光を契約することにしたのでIPv6について調べたけど設定方法を自分で設定するってことが結構怖い印象。
    ルーターに関しても無知なんで勉強します…有識者のかたはぜひアドバイスをお願いします!

    xより引用

    ただ設定が必要な光回線はDTI光以外にも多く存在しますので、設定をする作業に不安がある方は設定済みのWi-Fiがレンタル可能な光回線や、訪問サポートをしてくれる光回線をおすすめします。

    デメリット⑤工事費無料キャンペーンがない、他社解約違約金補填を行っていない

    多くの光回線が工事費無料キャンペーンや他社解約違約金補填を行っているなか、DTI光はキャッシュバック以外のサービスを現在はしていません。DTI光では「キャッシュバックによって開通工事費が実質無料」という事になっていますが、キャッシュバックの他に工事費を無料化するキャンペーンを実施している光回線もあります。

    こういった他社の存在を考えると、DTI光のキャッシュバックやキャンペーンは決して充実しているとは言えません。

    DTI光はおすすめできない?

    この記事ではDTI光について様々な角度から解説・紹介してきましたが、残念ながらDTI光に関する口コミはそう多く発見することができませんでした。

    しかしその中でも通信速度に関する口コミは評判が良く、DTI光ならではの魅力も有るには間違いないでしょう。

    ですが、DTI光は残念ながらおすすめできる光回線ではありません。ここからはDTI光がおすすめできない理由や、ユーザーによる口コミや評判がどうだったのか、順番に解説していきます。

    DTI光がおすすめしにくい理由

    具体的に何故おすすめしにくいのかを以下にいくつかまとめてみました。

    おすすめできない理由
    • 他社のキャンペーンの方が充実している
    • キャッシュバックの手続きが面倒
    • auスマートバリュー対象外

    特別大きなデメリットがある光回線ではありませんが、契約するメリットも少ないため、おすすめできる光回線とは言えません。理由を詳しく解説していきます。

     

    他社のキャンペーンの方が充実している

      工事費無料キャンペーンがない事と他社解約違約金補填を行っていないのは少し物足りなさを覚えてしまうかもしれません。多くの光回線では工事費無料や他社解約違約金補填を積極的にしているからです。

      キャッシュバック額に関しても、代理店から申し込めばもっと高額な光回線もあります。例えばauひかりの代理店は最大77,000円、ビッグローブ光では最大45,000円のキャッシュバックがもらえます。

      いずれも開通工事費は割引によって実質無料にしてくれるため、キャッシュバックで開通工事費を補填する必要はありません。このことからも他社のキャンペーンの方が充実しているといえるでしょう。

       

      キャッシュバックの手続きが面倒

      開通月から7カ月目まで使用して、支払い方法登録済の方のみがキャッシュバックを受け取れます。つまりキャッシュバックを受け取るとなると実質7ヵ月しばりという事になってしまいます。登録方法についてはデメリット①にて紹介しているので参照してください。

      手続きが少しでも間違ったり遅れたりすると、キャッシュバックが受け取れないので要注意です。ちなみに、他回線の代理店などでは、申し込みと同時にキャッシュバックの申請が行えるなど簡単に手続きをすることができます。

       

      auスマートバリュー対象外

      DTI光ではauセット割のみになっているので、auスマートバリューは対象外です。しかし残念ながらDTI光auセット割の割引額よりもauスマートバリューの方が全てにおいてお得となっています。
      スマホ1回線あたりの割引額550~1,320円×永年割引550~1,100円×永年割引
      対象回線数一回線最大10回線
      DTI光auセット割auスマートバリュー

      割引金額もですが、対象回線数も圧倒的にauスマートバリューの方が利用者にとって嬉しい内容となっています。

      DTI光の評判や口コミはどうなの?

      これまでDTI光についての解説から始まり、良い口コミ、良くない口コミを両方含めて紹介してきました。それでは実際にはどうなのか。DTI光はおすすめ出来る光回線なのか。結果的には残念ながらDTI光はそこまで強くおすすめ出来るという訳ではありません。

      全体のプラン内容を見てみても他の光回線に劣ってしまっている部分が少なくないからです。一番はやはり割引やキャッシュバックの金額が他よりも手厚くない事でしょうか。

      しかし良い点としてはIPv6 IPoE接続によって速度向上が望める事や、設定済みのWi-Fiルーターがもらえる事によって設定の手間が省ける事ですね。

      そして契約期間の縛りがなく解約手数料がないので、とりあえず気軽にDTI光を試してみようかなと思えるのは良い点です。気になるから試しに使ってみようかなというお手軽感は、他の光回線よりも敷居が低いかもしれませんね。

      絶対に失敗しない光回線の選び方

      光回線のおすすめはどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

      • 「自分にあった光回線はどれ?」
      • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない……」
      • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

      そんな迷いをお持ちのアナタへ、絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いていきますね!

      (1) 光回線選び方のポイント

      光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

      光回線の選び方
      • 「スマホとのセット割」で選ぶ
      • シンプルに月額料金が安い物を選ぶ
      • 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

      それでは、詳しく解説しましょう。

      基本は「スマホとのセット割」で選ぶ

      大手キャリアにスマホ回線契約がある方はスマホと光回線のセット契約で安くなる光回線がおすすめです。

      割引対象となるのはスマホ料金の方ですが、通信費全体で見れば料金が下がる点に加え、契約者の家族も割引対象になるため大幅な節約効果が期待できます。

      携帯キャリア最大割引数最大割引額/月
      ドコモ光ドコモ20回線1,100円
      ソフトバンク光ソフトバンク合計10回線1,100円
      ワイモバイル1,650円
      NURO光ソフトバンク10回線1,100円
      auひかりau合計10回線1,100円
      UQモバイル1,100円
      So-net光プラスau10回線1,100円
      @nifty光au10回線1,100円
      BiGLOBE光au10回線1,100円
      enひかりUQモバイル1回線110円

      enひかりを除く他社は10回線または20回線まで対象になるため、多くの家庭では家族全員が対象になるはずです。離れて生活する家族も割引対象になるので、一人暮らしの子世代や実家の祖父母世代もお得になりますよ!

      ごく一般的な「契約者夫婦+子供2人」という家庭に加え、離れて暮らす「契約者の親夫婦+配偶者の親夫婦」までセット割が適用されれば約8,800円の割引になります。割引額だけで光回線料金の元が取れる計算です。

      大手キャリアだけでなく、サブブランドの『ワイモバイル』『UQモバイル』も割引対象なので、スマホ代もネット代も節約したい方には特におすすめします!

      なお、大手キャリアの格安プラン『ahamo』『LINEMO』『povo』はセット割の対象外なのでご注意下さい。

      シンプルに月額料金の安いものから選ぶ

      スマホとのセット割は魅力的ですが、現在契約中のスマホ回線が『格安SIM』や『大手キャリアの格安プラン(ahamo、LINEMO、Povo)』の場合、セット割が受けられるキャリアに乗り換えるとかえって高額になってしまう事があります。

      このような、スマホセット割に期待できない方にはシンプルに月額料金の安い光回線を選ぶのがおすすめです。

      光回線戸建てマンション
      とくとくBB光4,818円3,773円
      エキサイトMEC光4,950円3,850円
      ドコモ光5,720円4,400円
      ソフトバンク光5,720円4,180円
      NURO光5,200円2,090円
      auひかり1年目:5,610円
      2年目:5,500円
      3年目~:5,390円
      4,455円 (ギガタイプの場合)

      比較対象として大手キャリアのセット割対象光回線をいくつか並べましたが、『とくとくBB光』と『エキサイトMEC光』は飛び抜けて安価なのがわかりますね。

      セット割対象外の格安SIMや格安プランを利用している方は、その時点でスマホ代が大手キャリアより2,000円前後安くなっているはずです。このように、これ以上スマホ代を節約するのは難しい場合には光回線料金をいかに安くするかが重要になります。

      「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

      ここまで「できるだけ安くインターネットを使いたい」という要望にフォーカスを当ててきましたが、これから光回線を選ぶ方の中には「何をどう選べば良いのかわからない」という状況の方も多くいるのではないでしょうか。

      そこで、光回線を選ぶ基準に何を一番重視したいのかハッキリさせると、契約する光回線が見えてきます。

      光回線選びの判断基準
      • 月額料金
      • 通信速度
      • キャンペーン(キャッシュバック)

      光回線の特徴の違いは大体上記の3点に表れます。先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

      ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

      月額料金速度キャンペーン
      auひかり
      ソフトバンク光
      ドコモ光
      とくとくBB光
      • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
      • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
      • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。

      基本は料金で選ぶがのおすすめなので、契約中のスマホ回線とセット割が適用できる光回線が一番お得です。

      ですが、通信速度の高速さや安定性を求めるなら総合的には『auひかり』が一番おすすめの光回線になります。

      auひかりはKDDI独自の光回線を使用しているため、NTTフレッツ光を共有している光コラボの光回線に比べると圧倒的な安定と通信速度を誇っています。

      同じく独自の光回線を使用しているNURO光よりもauひかりをおすすめする理由は、提供エリアの違いです。auひかりはNURO光よりも提供エリアが広く、全国展開なのも非常に助かりますね!

      ただし、KDDI関連子会社が独自の光回線を持つ東海・関西地方にお住まいの方はauひかりの契約ができないのでご注意下さい。(東海・関西地方で展開しているKDDI関連子会社の光回線でもau・UQモバイルユーザーはセット割の対象になります)

      なお、auひかり以外の4社も日常利用には十分な高速通信が可能な光回線です。すべての光回線で『IPv6接続』も利用できますよ。

      IPv6接続とは?

      従来の接続方法『IPv4』から変わる新しい接続方法です。

      IPv4接続の利用者が増え続けた事により、回線の混雑が起きやすく通信速度が低下しやすいという問題が発生しています。

      光回線ユーザーの「速度が遅い」という口コミの多くはIPv6接続をしていないケースです。口コミの中で他のユーザーに比べて極端に遅いケースなどがそれに該当します。

      どの光回線でも高速通信が利用できるIPv6に対応しているため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

      それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

      (2) おすすめのランキング光回線4選

      それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきます。

      各光回線は申し込み窓口に『公式から』『プロバイダから』『代理店から』の3種類ありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

      『代理店』からの申し込みは金額の表記に注意!

      多くの光回線では代理店から申し込むとキャンペーンが充実している傾向にあります。

      代理店では「キャンペーン適用後の月額料金を表記する」「受け取るのが難しい条件での最大キャッシュバック額を表記する」など、契約者にとって不親切な表記をしているケースが多々あるので注意が必要です。

      今回ご紹介する申し込み窓口は上記のような不親切な代理店ではないのでご安心下さいね。

      当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

      引用元:auひかり

      auひかりは、NTT回線を借りているのではなく独自の光回線を所有している光回線です。回線を共有するユーザーが少ないため、通信速度の速さや安定性への評価が高く、コスパの良い光回線として多くの方におすすめできます。

      auひかり
      戸建て/月1年目:5,610円
      2年目:5,500円
      3年目以降:5,390円
      マンション/月2,585円~5,720円(契約可能なプランによる)
      通信速度1Gbps
      違約金最大4,730円
      工事費用実質無料
      主なキャンペーン
      • キャッシュバック(公式、代理店、プロバイダ)
      • 他社違約金補填キャッシュバック
      スマホセット割
      • au(最大1,100円×最大10回線)
      • UQモバイル(最大1,100円×最大10回線)

      ※初期費用 別途3,300円
      ※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

      光回線の相場価格ど真ん中の価格帯の光回線ですが、auやUQモバイルユーザーならスマホのセット割が適用になります。家族みんなで同じキャリアを使用している方は通信費全体の大幅な節約が見込めます。

      auひかりのメリットを簡単にまとめてみました。

      auひかり 4つのメリット
      • 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
      • 大手光回線の中では月額料金が安め
      • auスマホやUQモバイルスマホの契約があればセット割で更にお得
      • キャッシュバック金額業界No.1!!

      auひかりのメリットを一言でまとめると、とにかく「コスパが良い」という事が挙げられます。通信速度は申し分ないですし、だからと言って料金が高いという事もありません。

      また、デメリットがほとんど無いのもauひかりの特徴です。ここまでデメリットのない光回線もなかなか見かけませんね。

      唯一のデメリットといえば、一部エリアは非対応ということでしょうか。

      auひかり 2つのデメリット
      • 関西エリア、東海エリアでは戸建てタイプの契約ができない
      • 沖縄県は「auひかりちゅら」になる

      これはKDDIの関連会社がそれぞれ独自の光回線を運営しているからです。『auひかり』にこだわらなければ、それぞれのエリアで独自回線を使用したauとのセット割が利用できる光回線が提供されています。

      このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

      auひかりはキャッシュバックも魅力的だというのはメリットでご紹介した通りですが、代理店からの申し込みで更にお得に契約できますよ!

      引用元:NNコミュニケーションズ

      契約の窓口としてはau公式代理店の『NNコミュニケーションズ』がおすすめです。

      NNコミュニケーションズはKDDIから何年も連続表彰されている優良代理店で、ユーザー側でトラブルを起こさない限りは100%のキャッシュバックを実施しています。

      NNコミュニケーションズの特徴
      • 最大77,000円のキャッシュバック
      • 乗り換えなら他社違約金負担キャッシュバック(最大30,000円)に上乗せして「+20,000円キャッシュバック」がもらえる
      • キャッシュバックの申請が簡単
      • 最短で開通の翌月末にキャッシュバックがもらえる

      キャッシュバック額の高さはさることながら、手続きが簡単でキャッシュバックが早いのもNNコミュニケーションズの特徴です。

      代理店のキャッシュバックは「郵送などの手続きが面倒」「申告を忘れたら対象外になった」「契約から1年後に申請が必要」など、受け取る条件が難しくてキャッシュバックが受け取れなかったという事がよくあります。

      せっかく高額なキャッシュバックがもらえる窓口で契約しても、受け取れないのでは意味がありませんよね。NNコミュニケーションズではオペレーター主導で手続きを進めてくれるので、どんな方でも安心して申し込めますよ。

      auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

      \最大77,000円キャッシュバック/

      auひかりの評判はこちら

      auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

      ソフトバンク光

      ソフトバンク光は、auひかりに次いで高額なキャッシュバックが期待できる光回線としておすすめです。NTTフレッツ光回線を使用した光コラボで提供エリアが広いため、全国どこにお住まいの方にもおすすめできます。

      ソフトバンク光
      戸建て/月5,720円
      マンション/月4,180円
      通信速度1Gbps
      違約金1ヶ月分の利用料金
      工事費用実質無料
      主なキャンペーン
      • キャッシュバック(公式、代理店)
      • 他社違約金補填キャッシュバック
      • 開通前Wi-Fiレンタル無料
      スマホセット割
      • ソフトバンク(最大1,100円×最大10回線)
      • ワイモバイル(最大1,650円×最大10回線)

      ※初期費用 別途3,300円
      ※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

      auひかり同様に工事費が実質無料であるのに加え、他社から乗り換える方は解約時違約金もキャッシュバックで補填してもらえます。

      ソフトバンク光 3つのメリット
      • 代理店『エヌズカンパニー』なら最大45,000円キャッシュバック
      • 開通前に無料でモバイルルーターレンタルが受けられるため、開通工事待ちでもインターネットが使える
      • ソフトバンクスマホやワイモバイルスマホの契約があればセット割でお得
      ソフトバンク光 2つのデメリット
      • 工事費実質無料割引を適用すると代理店キャッシュバック額が下がる
      • プロバイダが選べない(Yahoo!BB)

      ソフトバンク光も代理店独自のキャッシュバックがあるため、申し込みの窓口には代理店がおすすめです。

      引用元:エヌズカンパニー

      おすすめの窓口は最大45,000円のキャッシュバックがもらえるエヌズカンパニーです。

      工事費実質無料のキャンペーンを適用するとキャッシュバック額は下がりますが、それでも38,000円のキャッシュバックが受けられるため、新規契約者の方でも安心ですね!

      また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。

      \最大45,000円キャッシュバック/

      ドコモユーザーなら「ドコモ光」

      引用元:ドコモ光

      ドコモユーザーの方にはドコモ光をおすすめします。

      ドコモの運営元であるNTTが提供するNTTフレッツ光回線を使用している光コラボはたくさんありますが、ドコモのスマホ回線とセット割が有効な光回線はドコモ光のみです。

      ドコモ光
      戸建て/月5,720円
      マンション/月4,400円
      通信速度1Gbps
      違約金最大5,500円
      工事費用無料
      主なキャンペーン
      • キャッシュバック(代理店)
      • ポイントバック(公式)
      スマホセット割ドコモ(最大1,100円×最大20回線)

      ※初期費用 別途3,300円
      ※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

      『NTTドコモ』というブランドにこだわりがある方にとって、セット割ができるドコモ光は大きな魅力になるのではないでしょうか。最大20回線までセット割対象になるため、同居家族や別居家族の人数が多い方にもおすすめです。

      ドコモ光 4つのメリット
      • 代理店『NNコミュニケーションズ』なら最大35,000円キャッシュバック
      • 光コラボでは珍しくプロバイダが選べる
      • プロバイダ特典でWi-Fiルーター無料レンタルあり
      • ドコモスマホの契約があればセット割でお得
      ドコモ光 2つのデメリット
      • 公式特典で現金キャッシュバックを実施していない
      • NNコミュニケーションズ特典はドコモユーザー限定

      ドコモ光の公式キャンペーンはdポイントによる還元が中心なので、現金キャッシュバックが可能な代理店『NNコミュニケーションズ』からの申し込みがおすすめです。

      引用元:NNコミュニケーションズ

      NNコミュニケーションズではオプション契約条件なしで35,000円キャッシュバックを実施していますよ。ただし、NNコミュニケーションズのキャッシュバックはドコモスマホ回線とのペア設定が条件のため、ドコモユーザー以外にはキャッシュバックを実施していません。

      とはいえ、光コラボの中からドコモ光を選ぶ理由としては「ドコモユーザーだから」という方がほとんどだと思いますので、この点が問題になる方は少ないのではないでしょうか。

      35,000円キャッシュバック/

      スマホセット割対象外でも安心のとくとくBB光

      最後におすすめするのは、とにかくリーズナブルな月額料金が魅力のとくとくBB光です。

      とくとくBB光はドコモ光と同様、NTTフレッツ光回線を使用している光コラボの光回線です。提供エリアが広いのに加え、戸建てもマンションも相場価格を下回る月額料金のため、格安SIMなどのスマホセット割対象外の方にもおすすめです。

      とくとくBB光
      戸建て/月額4,818円
      マンション/月額3,773円
      通信速度1Gbps
      違約金なし
      工事費実質無料
      主なキャンペーン
      • 契約者全員5,000円キャッシュバック
      • 他社違約金補填 +一律60,000円キャッシュバック
      • ひかり電話契約で+4,000円キャッシュバック
      • ひかりテレビ契約で+20,000円キャッシュバック
      • Wi-Fiルーター無料レンタル(3年レンタル後、プレゼント)
      スマホセット割なし

      ※初期費用 別途3,300円
      ※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

      基本料金が安いだけでなく、工事費は実質無料ですし、Wi-Fiルーターも無料でレンタルできます。初期費用の持ち出しがほとんどない(契約手数料3,300円のみ)ため、気軽に始められる光回線と言えるでしょう。

      契約期間の縛りがなく違約金などの負担もありません。工事費は36ヶ月かけて実質無料となるため、36ヶ月以内に解約すると工事費残債が発生するのでご注意下さい。

      とくとくBB光 3つのメリット
      • とにかく月額料金が安い
      • Wi-Fiルーター無料レンタル(3年以上利用でプレゼント!)
      • 契約期間の縛りがなく、解約金0円
      とくとくBB光 2つのデメリット
      • 新規契約キャッシュバックが安い
      • スマホセット割の対象外

      新規契約者向けのキャッシュバックは他社に比べると控えめです。圧倒的に他社解約金補填キャッシュバックの方がお得なので、乗り換え先として検討している方におすすめです。

      月額料金ではなく「実際に支払う金額」であれば、月額料金が高くてもキャッシュバックキャンペーンの充実したauひかりの方がかえってお得という見方もできます。

      総額auひかりとくとくBB光
      3年間の利用料金198,000円173,448円
      新規キャンペーン77,000円5,000円
      新規:実質121,000円168,448円

      乗り換えキャンペーン

      137,000円60,000円
      乗り換え:実質61,000円108,448円

      「キャッシュバックの申請や代理店からの申し込みは不安なので、やっぱり公式が一番お得な光回線が良い!」という方には、月額料金の安いとくとくBB光がおすすめです。

      しかし、キャッシュバックを含めた「総合的に支出を抑えたい」という方にはauひかりをおすすめします。

      \最大77,000円キャッシュバック/

      auひかりの評判はこちら

      (3) おすすめランキング光回線の選び方まとめ

      4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!

      自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
      • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
      • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
      • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (NNコミュニケーションズから申し込み)
      • とにかく月額料金を抑えたいなら → とくとくBB光(公式サイトから申し込み)

      これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです。是非参考にしてみてくださいね!

      DTI光のよくある問い合わせ

      ここではDTI光に関してよく寄せられる問い合わせをいくつかピックアップして紹介していきます。様々な疑問が飛び交う中でも、より多くの方が抱いている疑問などをまとめてみました。

      よくある問い合わせ 7選
      • DTI 光が繋がらない・速度が遅い場合の対処方法は?
      • 一番いいキャンペーンはどこ?
      • 無線ルーターは無料?
      • 申込み方法は?
      • DTI光の解約方法は?解約金はいる?
      • DTI光問い合わせ先一覧
      • プロバイダーのみDTI光に乗り換えることはできる?

      以下から順番に詳しく解説していきますね。

      DTI 光が繋がらない・速度が遅い場合の対処方法は、まずは原因調査から

      以下の順番で原因を調査し、それに対応する改善策をとることで通信速度が上がる可能性があります。

      1. 回線
      2. ネットワーク機器
      3. 周辺機器
      4. パソコンの設定

        せっかくDTI光を開通していざインターネットを使おうとしたら、思ったより速度が遅い事も少なからずあるようです。そういった場合は次の事が原因として考えられるので、上記の順番で原因を探してみましょう。

        ①回線の問題

        回線速度が本当に遅いのかを確認してみましょう。[FAST.COMでスピードを測る]で回線速度を計ってみると回線速度を簡単に計る事が出来ます。

        DTI光の回線速度を計る
        画像元:FAST.COM
        ベストエフォート値は1Gbpsや2Gbpsとうたわれていますが、これは理論上の最高値です。実際は数100Mbps出ていれば十分です。混雑時はIPoEでも100Mbpsを切ることがあるようです。

        ②ネットワーク機器の問題

        次に、ネットワーク接続機器を疑います。ルーターからパソコンまでの間をWiFiなどでつないでいる場合はWiFiが原因で遅くなるケースが多いです。機械の調子が悪い時もありますので、リセットしてみましょう。

        以下の順に電源オフ/オンします。

        1. ルーター(Wi-Fi)
        2. モデム
        3. パソコン

          電源オフして、数分待ってから電源オンします。

           

          ③周辺機器が高速に対応していない場合

          昔からネット回線を使っている場合、LANケーブルが古いかもしれません。LANケーブルの規格はカテゴリー5e、6以上ないと速度が落ちてしまいます。疑わしい場合は、カテゴリー6または7のケーブルを購入しましょう。

          価格相場は1,000円前後なので費用もそこまでかかりませんので、気軽に試してみる価値はありそうです。

           

          ④パソコンが古すぎる

          昔のパソコンやスマホを使用している場合、回線速度に処理速度が追い付かない場合があります。あたかも回線が遅いように感じますが原因は本体であるパソコンである可能性もあるのです。5年以上昔の機器では、最新の回線速度に追い付いていないかもしれません。

          可能であれば機器を買い換える事も視野に入れた方がよいのかもしれません。

          DTI光で一番いいキャンペーンを実施しているのは『公式サイト』

          公式キャッシュバックキャンペーンを利用した新規申し込みです

          新規契約の方は最大24,000円、転用・事業者変更の方は10,000円のキャッシュバックを実施しています。DTI光は現在キャッシュバックキャンペーンしか実施していません。

          そのため、確実にキャッシュバックを利用する事が大切となっています。申し込みが少し面倒ではありますが、キャッシュバックの申請を期間内に忘れないよう必ずしましょう!

          DTI光では無線ルーター無料プレゼントを実施中

          DTI光ではWi-Fiルーターが無料でプレゼントされます。

          以前はルーターを自分で用意して設定も自身でしなくてはなりませんでしたが、2023年05月よりWi-Fi接続済みのルーターが無料でプレゼントしてもらえる特典を行っています。

          よって自分でルーターを用意する手間がなく、直ぐにインターネットを使う事が出来ます。

          DTI光の申し込み方法は、電話またはインターネットからできる

          電話またはインターネットでの申し込みが可能です。

          基本的には、申し込み時の時間を問わず24時間受け付けているインターネットからの契約がおすすめです。

          DTI光の公式HPよりインターネットから申し込みをする事が出来ます。[DTI光申し込みフォーム]こちらより必要事項を入力した後、DTI光会社から折り返しの電話がきます。

          メールによる申し込みが不安な方は電話での申し込みも可能です。

          DTI光電話申し込み

          電話番号 0120-665-495

          受付時間 10:00~19:00

          電話での申し込みは24時間対応ではありません。慌ただしいタイミングで電話してしまうと、あとから「あれはどうなっていたっけ?」と再度問い合わせる必要がでてきてしまうので、ゆっくり落ち着いてメモなどが取れる環境での通話をおすすめします。

          DTI光の解約方法はインターネットまたは電話で対応。解約金は無料!

          DTI光は電話またはネットから解約出来ます。解約金はかかりません。

          解約の場合はこちらの電話番号(0570-00-4740)へ連絡、またはMyDTI画面より解約手続きが可能です。どちらからでも解約手続きはできますが不安な方は電話での手続きの方をおすすめします。

          解約金に関しては違約金等が発生しない事を売りの一つにしているくらいなので、こちらは一切かかりませんので安心してください。ただし、キャッシュバック申請をしている方は最低6か月は継続利用しなければならないので注意しましょう。

          DTI光問い合わせ先一覧

          DTI光契約中の方はMyDTIから問い合わせが可能です。

          これからDTI光に契約する方の問い合わせは以下の通りです。

          DTI光問い合わせ先
          • 電話
            • 電話番号 0570-00-4740
            • 営業時間 10:00~17:00(平日) ※コールバック予約はこちら
          • メール お問い合わせフォームはこちら

          電話がなかなか繋がらない時は、コールバックの予約やメール問い合わせをうまく活用してみてくださいね。

          プロバイダのみDTI光に乗り換えるのは『フレッツ光』『ドコモ光』なら可能

          『フレッツ光』または『ドコモ光』の方は回線契約はそのままでプロバイダをDTI光に乗り換えられます。

          フレッツ光契約中の方は『DTI光 シンプルプラン』を利用しプロバイダを変更することができます。

          ただし、フレッツ光は光回線単体で提供しているサービスです。DTIに変更した場合、フレッツ光代金+DTI光シンプルプラン代金が別途で月額かかりますので注意してください。

          シンプルプラン戸建てマンション
          月額利用料金1,046円748円

          現在契約中のプロバイダの解約を忘れないようにしましょう。

          ドコモ光契約中の方は、ドコモ光のサービス内でプロバイダ変更ができます。ドコモ光にプロバイダ変更の申し込みをすればプロバイダをDTIに変更することは可能です。しかし、上記の『DTI光 シンプルプラン』を利用することはできないので要注意。

          その他、光コラボに契約中の方はプロバイダを変更することができないため、DTI光への乗り換えなければプロバイダをDTIにすることはできません。

          まとめ

          DTI光の評判を見る限り、回線スピードは十分にでているので、速度重視の方にはおすすめの光回線といえます。IPv6設定済みのWi-Fiルーターが送られてくるので、最初の設定をわずらわしく感じる方や苦手な方でも手軽に始められる光回線です。

          また契約期間の縛りなし、違約金もかからないので解約したい時に直ぐに出来るのもDTI光の魅力ですね。

          ただし、auスマホ契約者の方にはauスマートバリュー対象の光回線の方がおすすめです。割引費用はauスマホ利用か格安SIM割引で1台分のみ。ドコモ光やソフトバンク光のように回線数分割引きなどはありませんので、光回線やスマホ料金を節約したい人にとってはメリットはあまりないでしょう。

          キャッシュバックキャンペーンも実施していますが、7カ月使用した後に支払われるため、キャッシュバックを受け取りたい方は注意しましょう。

          よかったらシェアしてね!
          • URLをコピーしました!
          • URLをコピーしました!

          コメント

          コメントする

          目次