@T-COMヒカリの口コミ・評判からメリット・デメリットを徹底解説!

@T-COMヒカリは、ドコモ光ソフトバンク光と同じくNTTフレッツ光の回線を利用した光コラボの1つです。

光コラボはフレッツ光と同じでほぼ全国で利用できる光回線のため、利用者も多く人気がある一方で、種類が多くどの光コラボを選べばいいのか迷っている方も多いと思います。

そこで今回は、光コラボの1つである@T-COMヒカリに関して、実際の利用者の口コミやメリット・デメリットなどを徹底解説します。

T-COMヒカリ 評判

先に結論を述べると、@T-COMヒカリには魅力的なメリットがあるため、非常におすすめの光回線です。

@T-COMヒカリの詳細は記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

@T-COMヒカリの申し込み窓口ごとのキャッシュバック額を一覧で紹介しているので、どの窓口から申し込むか迷っている人はぜひ参考にしてください。

窓口キャッシュバック額受取時期

公式サイト

40,000円
または
50,000TLCポイント
7か月目

ブロードバンドナビ

戸建て:55,000円
マンション:48,000円
5か月目

@T-COMヒカリの場合、申し込み窓口自体が少ないため、公式サイトから申し込むのがもっともお得です。

\40,000円キャッシュバックオプション不要/

目次

@T-COMヒカリとは?

T-COMヒカリ 評判

@T-COMヒカリとは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供している、光回線を利用したインターネットサービスです。

@T-COMヒカリの回線自体は、NTTのフレッツ光と同じ回線を利用しており、ドコモ光やソフトバンク光と同じく光コラボレーションの1つにあたります。

フレッツ光の場合、プロバイダを別途契約しなければならずいろいろと面倒ですが、@T-COMヒカリのような光コラボであればプロバイダ一体型のため、契約手続きや支払管理に関して非常にラクになるメリットがあります。

また、いずれも同じフレッツ光回線を使用したサービスなので、光コラボ同士の乗り換えの際には開通工事が不要です。フレッツ光から乗り換える場合も工事は必要ありません。

@T-COMヒカリを提供しているのはTOKAIコミュニケーションズ

@T-COMヒカリを提供しているのは、「株式会社TOKAIコミュニケーションズ」です。

株式会社TOKAIコミュニケーションズは、@T-COMヒカリやLIBMOなどの通信事業だけでなく、クラウドサービスなどのデータセンター事業なども行っている老舗企業です。

またプロバイダ事業も行っているため、さまざまな光回線のプロバイダとしても知られています。

@T-COMヒカリの月額料金は他社光回線と比較して平均的な金額

T-COMヒカリ 評判

@T-COMヒカリが数ある光コラボの1つとわかった所で、続いて@T-COMヒカリの料金面に関して、他社光回線と比較して高いのか安いのか解説していきます。

比較するのは以下の4つです。

@T-COMヒカリの比較
  • 月額料金
  • 基本工事費用
  • 事務手数料
  • 解約金

月額料金だけでなく、基本工事費用や解約金も戸建住宅とマンションなどの集合住宅とで異なるため、まずは戸建住宅から順番に比較していきます。

戸建住宅の料金比較│月額料金は平均的で解約金が安い

戸建住宅の料金比較表は以下の通りです。

月額料金基本工事費用事務手数料解約金
@T-COMヒカリ5,610円22,000円3,300円3,300円
NURO光5,200円44,000円3,300円3,850円
auひかり5,610円41,250円3,300円4,730円
ドコモ光5,720円19,800円3,300円5,500円
ソフトバンク光5,720円26,400円3,300円5,170円
enひかり4,620円16,500円3,300円
@nifty光5,720円19,800円3,300円4,840円
ビッグローブ光5,478円19,800円3,300円4,100円

※NURO光、auひかり、@nifty光、ビッグローブ光は3年契約の場合の料金、その他は2年契約の場合の料金

まず比較するべきなのは月額料金ですが、@T-COMヒカリの月額料金は他社光回線と比較して、高くも安くもない平均的な金額になっています。

基本工事費用はいずれの光回線もキャンペーンによりドコモ光とenひかりは完全無料、それ以外は実質無料になっており、事務手数料に関しても一律で同じ金額です。

解約金に関しては電気通信事業法の改正により、いずれの光回線でも1ヶ月分の基本料金よりも高額になることはありません。解約時に一度支払うだけの金額だと思えば、解約金の高い・安いで選ぶ意味はなくなってきています。とはいえ、その中でも@T-COMヒカリは安く設定されています。

マンションの料金比較│月額料金は平均的で解約金が安い

マンションの料金比較表は以下の通りです。

月額料金基本工事費用事務手数料解約金
@T-COMヒカリ4,180円22,000円3,300円2,200円
NURO光2,090〜2,75044,000円3,300円3,850円
auひかり4,180~5,500円33,000円3,300円2,730円
ドコモ光4,400円16,500円3,300円4,180円
ソフトバンク光4,180円26,400円3,300円4,180円
enひかり3,520円16,500円3,300円
@nifty光4,378円16,500円3,300円3,630円
ビッグローブ光4,378円16,500円3,300円3,000円

※NURO光、@nifty光、ビッグローブ光は3年契約の場合の料金、その他は2年契約の場合の料金

@T-COMヒカリのマンションも、全体的には戸建てと同じ結果です。

月額料金は高くも安くもない平均的な金額であり、開通工事費がキャンペーンで実質無料になる点や、解約金が他社よりやや安い点なども同じです。

\40,000円キャッシュバックオプション不要/

@T-COMヒカリの口コミや評判│カスタマーサポートの対応が良い

T-COMヒカリ 評判

@T-COMヒカリを実際に利用している方の評判には、独自調査を行なったところ以下のようなものがありました。

@T-COMヒカリの評判
  • カスタマーサポートの対応が良かった
  • 回線切れが発生する
  • 通信速度が遅い

たまたま行った家電量販店でキャンペーンの宣伝をやっていたので、今の回線から変更しました。
キャッシュバックが4万円と高く、尚且つ、今の光回線の金額が7,530円だったので、
それが5,610円に下がるといった点を評価し、また、工事費も無料だったので、
このキャンペーンを使わない手はないと思いました。
実際に変更してみて通信自体は問題なかったのですが、
キャンペーンをやっておられたせいか乗り換えする人が多かったので、工事日が1ヶ月くらい先延ばしになってしまったのが、残念でした。

近くの家電量販でキャンペーンに惹かれて申し込まれた口コミです。月額料金も安くなりキャッシュバックが4万円もらえるのは嬉しいですよね。工事について不満な口コミがありますが、繁忙期はどうしても混み合うので工事日が長く設定されるのかもしれませんね。

この回線にしたのは、キャッシュバックで検索して条件が良かったからここにしました。
あまり聞き馴染みのない会社ですが、自宅近くにTOKAI支店があり、この会社のネット光会社なら近いから何かあればそこに行けるという安心感からが、決め手です。
ポイントサイトから18000円分。T COM光からポイントなら50000円分。現金なら40000円分。
工事の期間は約2週間だったのでまぁちょうど良いのかと思いました。我が家のネットは初めて引きました。

この口コミでは工事期間が2週間と短めでした。やはり時期や住んでいる地域によって工事日については状況が異なりますね。

申し込みから開通までは約3週間だったので、思っていたよりは早くて助かりましたし、10ギガプランを契約したので、キャッシュバックは60,000円と非常に豪華で有り難かったです。しかし、時間帯問わず急に通信速度が1Mを切ってしまう事が頻繁にあるので、オンラインゲームや動画視聴をしていても止まってしまい非常に不便ですし、あまりにも不便なので他な光回線に乗り換えをしたくても、2年契約という縛りがあり契約解除料が必要なので解約し難いです。

申し込みから開通まで3週間は比較的短いほうではないかと思います。キャッシュバック60,000円はかなり大きなキャンペーンですよね。

やはり、TCOM光は現在、キャッシュバック額が非常に高額なのでおすすめですね。

\40,000円キャッシュバックオプション不要/

@T-COMヒカリのメリット│高額キャッシュバックがある

T-COMヒカリ 評判

@T-COMヒカリでは、キャッシュバックキャンペーンや基本工事費が実質無料になる割引サービスなどを実施しているほか、スマホのセット割も用意されているため、契約することでさまざまな恩恵を受けられます。

@T-COMヒカリの契約で得られる主なメリットは以下の通りです。

@T-COMヒカリの3つのメリット
  • 高額キャッシュバックがある
  • 基本工事費が実質0円になる
  • スマホセット割を受けられる

それぞれのメリットについて、具体的に解説していくので参考にしてみてください。

@T-COMヒカリのメリット① 高額キャッシュバックがある

@T-COMヒカリのキャッシュバックは、現金40,000円、もしくは50,000TLCポイントの好きな方を選んで受け取り可能です。

TLCポイントは、@T-COMヒカリの料金の支払いに使用できるほか、WAONポイントやTポイント、Pontaポイントやdポイントなどさまざまなポイントに交換可能です。

キャッシュバックキャンペーン
特典内容【好きな方を選択】

  • 現金40,000円
  • 50,000TLCポイント
適用条件【共通】

  • 公式サイトから2年バリューパックを新規申し込み
  • 申し込みから90日以内に開通しサービスの利用開始、またサービス開始から4か月以内に利用料金を口座、またはクレジットカードにてお支払い

【現金40,000円の場合】

  • 開通7か月目の下旬に届くキャッシュバック案内メールから手続きを行う

【50,000TLCポイントの場合】

  • サービスの利用開始後4か月目の末日時点で、@T-COMヒカリユーザーIDに紐づくTLC会員IDを持っている

キャッシュバックの受け取りに関して難しい手続きはありませんが、公式サイトに記載されている適用条件をきちんと読み、もらい忘れることのないようにしましょう。

@T-COMヒカリのメリット② 基本工事費実質0円

通常、@T-COMヒカリの基本工事費は22,000円かかりますが、公式サイト限定の申し込み特典で基本工事費が実質0円になります。

基本工事費実質0円
特典内容基本工事費22,000円 実質無料

  • 初回:1,188円割引
  • 2~23回目:946円割引
適用条件公式サイトから2年バリューパックを新規申し込み
注意事項
  • 土日の追加工事費、夜間深夜工事費は別途発生
  • 分割払いの途中で解約、もしくはプラン変更した場合は工事費の残債が一括請求

基本工事費実質0円は、公式サイトから2年バリューパックを新規申し込みすると自動的に適用されるため、手続きの必要はありません。

基本工事費が実質0円になる仕組みは以下の通りです。

工事費割引額請求額
初回1,188円-1,188円0円
2~23回946円-946円0円
合計22,000円-22,000円0円

基本工事費実質0円が適用されると、22,000円の工事費が23分割払いとなり、分割払いの金額と同額が毎月割引されるため、実際に請求される金額が0円になるという仕組みです。

途中解約することなく2年間利用すれば問題ありませんが、工事費の残債が残っている段階で途中解約した場合は、残債を一括請求されるので注意してください。

@T-COMヒカリのメリット③ スマホセット割を受けられる

@T-COMヒカリ+ヒカリ電話を契約すると、以下に該当するユーザーはスマホセット割を受けられます。

@T-COMヒカリのスマホセット割対象キャリア
  • au
  • UQ mobile
  • LIBMO

スマホセット割とは、特定の光回線契約とスマホ契約を組み合わせることで受けられる割引サービスで、毎月のスマホ料金が永年割引されるため、非常にお得です。

割引額はどの携帯会社と契約しているかや、スマホの契約プランによって異なっているため、順番に詳しく解説していきます。

@T-COMヒカリ×au「auスマートバリュー」

auユーザーが@T-COMヒカリ+ヒカリ電話を契約すると、auスマートバリューの対象として割引を受けられます。

auスマートバリュー
特典内容スマホ料金が毎月最大1,100円割引
対象者【最大10回線まで割引対象】

  • @T-COMヒカリの契約者
  • 条件を満たした契約者の家族
適用条件【以下のすべてを満たすこと】

  • auスマホの対象プランを契約
  • @T-COMヒカリ+ヒカリ電話を契約
  • auスマートバリューを別途申し込み
注意事項povoユーザーは対象外

auスマートバリューの対象となる料金プランは以下の通りですが、auのオンライン専用ブランドであるpovoユーザーは対象外なので注意してください。

対象プラン割引額/月
使い放題MAX 4G/5G 各種パックプラン1,100円
使い放題MAX 4G/5G
auマネ活プラン 4G/5G 各種パックプラン
auマネ活プラン 4G/5G
スマホミニプラン 4G/5G550円

auスマートバリューは最大10回線まで割引対象となるため、家族内に対象プランを契約しているauユーザーが複数人いたとしても、ほぼ全員が割引対象になるので安心ですね。

また、上限10回線内でauスマートバリューとUQモバイルの自宅セット割は混在可能です。家族内にauユーザーとUQモバイルユーザーがいる場合、合わせて10回線まで割引適用できますよ。

@T-COMヒカリ×UQ mobile「自宅セット割」

UQ mobileユーザーが@T-COMヒカリ+ヒカリ電話を契約すると、自宅セット割対象として割引を受けられます。

自宅セット割
特典内容スマホ料金が毎月最大1,100円割引
対象者【最大10回線まで割引対象】

  • @T-COMヒカリの契約者
  • 条件を満たした契約者の家族
適用条件【以下のすべてを満たすこと】

  • UQ mobileの対象プランを契約
  • @T-COMヒカリ+ヒカリ電話を契約
  • 自宅セット割を別途申し込み
注意事項コミコミプランは対象外

自宅セット割の対象となる料金プランは以下の通りですが、コミコミプランは対象外なので注意してください。

対象プラン割引額/月
トクトクプラン1,100円
ミニミニプラン

自宅セット割は最大10回線まで割引対象となるため、家族内に対象プランを契約しているUQ mobileユーザーが複数人いたとしても、ほぼ全員が割引対象となるため安心です。

また、自宅セット割とauスマートバリューは10回線内での混在が可能です。家族内にUQモバイルユーザーとauユーザーがいても割引対象プランを契約中の全員が割引されるので安心してくださいね。

@T-COMヒカリ×LIBMO「LIBMO×光セット割」

LIBMOユーザーの場合はヒカリ電話の契約は不要で、@T-COMヒカリのみの契約でLIBMO×光セット割を受けられます。

LIBMO×光セット割
特典内容スマホ料金が毎月220円割引
対象者【最大5回線まで割引対象】

  • @T-COMヒカリの契約者
  • 条件を満たした契約者の家族
適用条件【以下のすべてを満たすこと】

  • LIBMOの対象プランを契約
  • @T-COMヒカリを契約
  • LIBMO×光セット割を別途申し込み
注意事項なっとくプラン(ライト)は対象外

LIBMOの対象プランは以下の通りです。

プラン割引額/月
なっとくプラン 3GB220円
なっとくプラン 8GB
なっとくプラン 20GB
なっとくプラン 30GB

LIBMO×光セット割の割引額は他のスマホセット割と比較すると割引額が少なく物足りないですが、もともとの月額料金が他社よりも安いためそれ以上に割引が受けられると考えれば助かりますね。

なお、LIBMOのなっとくプラン(ライト)は割引対象外なので割引を受けることはできません。

\40,000円キャッシュバックオプション不要/

@T-COMヒカリのデメリット│カスタマーセンターへ電話が繋がりにくい

T-COMヒカリ 評判

続いて、@T-COMヒカリのデメリットも紹介します。

@T-COMヒカリは、ドコモ光やソフトバンク光と同じくNTTのフレッツ光回線を利用した光コラボという性質上、他社光回線と比較しても通信速度や月額料金にデメリットと言えるほどの大きな差はありません。

基本工事費も実質無料ですし、解約金も非常に安く設定されています。

以上のことから、@T-COMヒカリ特有の大きなデメリットはありませんが、唯一あるとすれば、カスタマーセンターへの電話が繋がりにくい点があります。

@T-COMヒカリのデメリット

カスタマーセンターへの電話が繋がりにくい

上記のデメリットに関しては、解決策もあるため合わせて解説します。

@T-COMヒカリのデメリット:カスタマーセンターへ電話が繋がりにくい

カスタマーセンターへの電話が繋がりにくいというのは、@T-COMヒカリに限らず他社光回線でもあるあるの1つです。

カスタマーセンター
電話番号0120-805633
受付時間平日:10:00~19:00
土日祝:10:00~18:00

電話が繋がらないということは回線が混み合っているということなので、時間や日にちをずらすことで解決する可能性があります。

また何度もかけ直すのが面倒だという方は、「折り返し電話予約」を利用することで、希望する日時にカスタマーセンターから折り返しの電話を受けることも可能です。

電話サポート以外にも、24時間利用可能なオンラインサポートもあるので、急ぎの場合は以下のオンラインサポートを利用することで問題を解決できるかもしれません。

オンラインサポート
チャットサポートチャットボットの自動回答とオペレーターによるチャットサポート
AIサポートAIが質問に回答

オンラインサポートは、@T-COMの「会員サポートページ」から利用できます。

@T-COMヒカリは高額キャッシュバックが魅力の光回線

T-COMヒカリ 評判

ここまで@T-COMヒカリの料金面だけでなく、メリットとデメリットに関しても解説してきましたが、総合的に判断して@T-COMヒカリは高額キャッシュバックが魅力の光回線だと言えます。

またauユーザー・UQ mobileユーザー・LIBMOユーザーは、スマホセット割を受けられるためとくに恩恵が大きく、光回線の選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

@T-COMヒカリのおすすめポイント
  • 光コラボの中でもキャッシュバックが高額
  • au、UQ mobile、LIBMOとセット割でスマホ代が安くなる

@T-COMヒカリのおすすめポイントについて、詳しく解説していきます。

おすすめポイント① 光コラボの中でもキャッシュバックが高額

まずは数ある光コラボの中でも、@T-COMヒカリのキャッシュバック額はトップクラスに高額である点が、おすすめポイントの1つとして挙げられます。

『通信速度1Gのプランでオプションを契約しない』ことを前提に、@T-COMヒカリと主な光コラボのキャッシュバック額を比較した結果が以下の通りです。

光コラボ事業者キャッシュバック額
@T-COMヒカリ40,000円
または
50,000TLCポイント
ドコモ光45,000円
ソフトバンク光45,000円
(38,000円)※
So-net光なし
ビッグローブ光35,000円
@nifty光27,000円
楽天ひかり

※開通工事費実質無料キャンペーンを使用した場合のキャッシュバック

現金キャッシュバックのみに限れば、ソフトバンク光がもっともキャッシュバック額が多く、@T-COMヒカリのキャッシュバック額は2番目に高額です。

ただし、ソフトバンク光は基本工事費が無料になる「工事費サポートはじめて割」を利用すると、キャッシュバック額が7,000円減額されるため、開通工事を含むキャッシュバックを見ると@T-COMヒカリがもっとも高額なキャッシュバックを実施していることにります。

なお、ソフトバンク光以外の光コラボは、基本工事費が無料になる特典を利用してもキャッシュバックが減額されることはないため安心してください。

おすすめポイント② au、UQモバイル、LIBMOとセット割でスマホ代が安くなる

@T-COMヒカリ契約者が条件を満たした場合、au・UQ mobile・LIBMOユーザーの対象者はスマホセット割を受けられるため、非常におすすめです。

スマホセット割の詳細については先述しているため、より詳しく知りたい方は「@T-COMヒカリのメリット③ スマホセット割を受けられる」を参照してください。

@T-COMヒカリ×スマホセット割
au最大1,100円/月
(最大10回線まで割引対象)
UQ mobile
LIBMO220円/月
(最大5回線まで割引対象)

auとUQ mobileユーザーがスマホセット割を受けるには、月額550円のヒカリ電話の契約が必要ですが、スマホセット割の割引額の方が多いため、ヒカリ電話を契約しても金銭的なデメリットにはなりません。

またLIBMOユーザーの場合、スマホセット割の割引額は少ないですが、そもそもヒカリ電話の契約が不要なため、同様にデメリットはありません。

ちなみに、auとUQ mobileユーザーがスマホセット割を受けられる光コラボの中でキャッシュバック額がもっとも多いのが@T-COMヒカリです。

auとUQ mobileユーザーがスマホセット割を受けられる光コラボは以下の通りです。

au&UQモバイルスマホセット割対象光回線
キャッシュバック額
@T-COMヒカリ40,000円
または
50,000TLCポイント
ビッグローブ光35,000円
@nifty光25,000円
So-net光なし

スマホセット割とキャッシュバックの両面から見ると、@T-COMヒカリはおすすめできる光回線だとわかります。

\40,000円キャッシュバックオプション不要/

@T-COMヒカリ以外のオススメな光回線と絶対に失敗しない選び方

T-COMヒカリ 評判

光回線のおすすめはどのようにして選ぶのがベストなのでしょうか?

  • 「自分にあった光回線はどれ?」
  • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない……」
  • 「結論、どこの光回線を契約すればいいの?」

そんな迷いをお持ちのアナタへ、絶対に失敗しない光回線の選び方をアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 光回線を10年間販売してきた当サイトの管理人が日本一わかりやすく解説いていきますね!

(1) 光回線選び方のポイント

光回線を選ぶポイントは、意外とシンプルです。

光回線の選び方
  • 「スマホとのセット割」で選ぶ
  • シンプルに月額料金が安い物を選ぶ
  • 「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

それでは、詳しく解説しましょう。

基本は「スマホとのセット割」で選ぶ

大手キャリアにスマホ回線契約がある方はスマホと光回線のセット契約で安くなる光回線がおすすめです。

割引対象となるのはスマホ料金の方ですが、通信費全体で見れば料金が下がる点に加え、契約者の家族も割引対象になるため大幅な節約効果が期待できます。

携帯キャリア最大割引数最大割引額/月
ドコモ光ドコモ20回線1,100円
ソフトバンク光ソフトバンク合計10回線1,100円
ワイモバイル1,650円
NURO光ソフトバンク10回線1,100円
auひかりau合計10回線1,100円
UQモバイル
So-net光プラス※au合計10回線1,100円
UQモバイル
@nifty光au合計10回線1,100円
UQモバイル
BiGLOBE光au合計10回線1,100円
UQモバイル
enひかりUQモバイル1回線110円

※So-net光 S/M/Lはセット割対象外

enひかりを除く他社は10回線または20回線まで対象になるため、多くの家庭では家族全員が対象になるはずです。離れて生活する家族も割引対象になるので、一人暮らしの子世代や実家の祖父母世代もお得になりますよ!

ごく一般的な「契約者夫婦+子供2人」という家庭に加え、離れて暮らす「契約者の親夫婦+配偶者の親夫婦」までセット割が適用されれば約8,800円の割引になります。割引額だけで光回線料金の元が取れる計算です。

大手キャリアだけでなく、サブブランドの『ワイモバイル』『UQモバイル』も割引対象なので、スマホ代もネット代も節約したい方には特におすすめします!

なお、大手キャリアの格安プラン『ahamo』『LINEMO』『povo』はセット割の対象外なのでご注意下さい。

シンプルに月額料金の安いものから選ぶ

スマホとのセット割は魅力的ですが、現在契約中のスマホ回線が『格安SIM』や『大手キャリアの格安プラン(ahamo、LINEMO、Povo)』の場合、セット割が受けられるキャリアに乗り換えるとかえって高額になってしまう事があります。

このような、スマホセット割に期待できない方にはシンプルに月額料金の安い光回線を選ぶのがおすすめです。

光回線戸建てマンション
とくとくBB光4,818円3,773円
エキサイトMEC光4,950円3,850円
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円
NURO光5,200円2,090円
auひかり1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
4,455円 (ギガタイプの場合)

比較対象として大手キャリアのセット割対象光回線をいくつか並べましたが、『とくとくBB光』と『エキサイトMEC光』は飛び抜けて安価なのがわかりますね。

セット割対象外の格安SIMや格安プランを利用している方は、その時点でスマホ代が大手キャリアより2,000円前後安くなっているはずです。このように、これ以上スマホ代を節約するのは難しい場合には光回線料金をいかに安くするかが重要になります。

「速度・料金・キャンペーン」の何を重視するか考えて選ぶ

ここまで「できるだけ安くインターネットを使いたい」という要望にフォーカスを当ててきましたが、これから光回線を選ぶ方の中には「何をどう選べば良いのかわからない」という状況の方も多くいるのではないでしょうか。

そこで、光回線を選ぶ基準に何を一番重視したいのかハッキリさせると、契約する光回線が見えてきます。

光回線選びの判断基準
  • 月額料金
  • 通信速度
  • キャンペーン(キャッシュバック)

光回線の特徴の違いは大体上記の3点に表れます。先にお伝えしますが、3拍子全て揃っている光回線はありません

ですので、3つの要素全てを高い水準で提供している光回線を表にまとめました。

月額料金速度キャンペーン
auひかり
ソフトバンク光
ドコモ光
とくとくBB光
  • 速度は、口コミや評判を元に比較した結果になります。(参照先:みんなのネット速度
  • 月額料金は初期費用、工事費用も含めた金額を加味してます。
  • キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。

基本は料金で選ぶがのおすすめなので、契約中のスマホ回線とセット割が適用できる光回線が一番お得です。

ですが、通信速度の高速さや安定性を求めるなら総合的には『auひかり』が一番おすすめの光回線になります。

auひかりはKDDI独自の光回線を使用しているため、NTTフレッツ光を共有している光コラボの光回線に比べると圧倒的な安定と通信速度を誇っています。

同じく独自の光回線を使用しているNURO光よりもauひかりをおすすめする理由は、提供エリアの違いです。auひかりはNURO光よりも提供エリアが広く、全国展開なのも非常に助かりますね!

ただし、KDDI関連子会社が独自の光回線を持つ東海・関西地方にお住まいの方はauひかりの契約ができないのでご注意下さい。(東海・関西地方で展開しているKDDI関連子会社の光回線でもau・UQモバイルユーザーはセット割の対象になります)

なお、auひかり以外の4社も日常利用には十分な高速通信が可能な光回線です。すべての光回線で『IPv6接続』も利用できますよ。

IPv6接続とは?

従来の接続方法『IPv4』から変わる新しい接続方法です。

IPv4接続の利用者が増え続けた事により、回線の混雑が起きやすく通信速度が低下しやすいという問題が発生しています。

光回線ユーザーの「速度が遅い」という口コミの多くはIPv6接続をしていないケースです。口コミの中で他のユーザーに比べて極端に遅いケースなどがそれに該当します。

どの光回線でも高速通信が利用できるIPv6に対応しているため、「大容量通信をする機会がかなり多い」という一部の方を除いては、速度面は回線選びでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

それでは、キャンペーン重視の場合はどうでしょう? それを踏まえて、続いては上記4つの光回線について詳しく解説しましょう。

(2) おすすめのランキング光回線4選

それでは、先ほど紹介した4つの光回線について、キャッシュバックも含めて詳しく紹介していきます。

各光回線は申し込み窓口に『公式から』『プロバイダから』『代理店から』の3種類ありますので、それぞれどこがおすすめなのかも比較した結果を紹介します。

『代理店』からの申し込みは金額の表記に注意!

多くの光回線では代理店から申し込むとキャンペーンが充実している傾向にあります。

代理店では「キャンペーン適用後の月額料金を表記する」「受け取るのが難しい条件での最大キャッシュバック額を表記する」など、契約者にとって不親切な表記をしているケースが多々あるので注意が必要です。

今回ご紹介する申し込み窓口は上記のような不親切な代理店ではないのでご安心下さいね。

当サイトで一番オススメの光回線「auひかり」

引用元:auひかり

auひかりは、NTT回線を借りているのではなく独自の光回線を所有している光回線です。回線を共有するユーザーが少ないため、通信速度の速さや安定性への評価が高く、コスパの良い光回線として多くの方におすすめできます。

auひかり
戸建て/月1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
マンション/月2,585円~5,720円(契約可能なプランによる)
通信速度1Gbps
違約金最大4,730円
工事費用実質無料
主なキャンペーン
  • キャッシュバック(公式、代理店、プロバイダ)
  • 他社違約金補填キャッシュバック
スマホセット割
  • au(最大1,100円×最大10回線)
  • UQモバイル(最大1,100円×最大10回線)

※初期費用 別途3,300円
※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

光回線の相場価格ど真ん中の価格帯の光回線ですが、auやUQモバイルユーザーならスマホのセット割が適用になります。家族みんなで同じキャリアを使用している方は通信費全体の大幅な節約が見込めます。

auひかりのメリットを簡単にまとめてみました。

auひかり 4つのメリット
  • 安定性が高く、速度も速いことで有名な独自回線
  • 大手光回線の中では月額料金が安め
  • auスマホやUQモバイルスマホの契約があればセット割で更にお得
  • キャッシュバック金額業界No.1!!

auひかりのメリットを一言でまとめると、とにかく「コスパが良い」という事が挙げられます。通信速度は申し分ないですし、だからと言って料金が高いという事もありません。

また、デメリットがほとんど無いのもauひかりの特徴です。ここまでデメリットのない光回線もなかなか見かけませんね。

唯一のデメリットといえば、一部エリアは非対応ということでしょうか。

auひかり 2つのデメリット
  • 関西エリア、東海エリアでは戸建てタイプの契約ができない
  • 沖縄県は「auひかりちゅら」になる

これはKDDIの関連会社がそれぞれ独自の光回線を運営しているからです。『auひかり』にこだわらなければ、それぞれのエリアで独自回線を使用したauとのセット割が利用できる光回線が提供されています。

このように、auひかりはデメリットが少なく、利用している限りは非常にメリットが大きいと言うことができます。

auひかりはキャッシュバックも魅力的だというのはメリットでご紹介した通りですが、代理店からの申し込みで更にお得に契約できますよ!

引用元:NNコミュニケーションズ

契約の窓口としてはau公式代理店の『NNコミュニケーションズ』がおすすめです。

NNコミュニケーションズはKDDIから何年も連続表彰されている優良代理店で、ユーザー側でトラブルを起こさない限りは100%のキャッシュバックを実施しています。

NNコミュニケーションズの特徴
  • 最大77,000円のキャッシュバック
  • 乗り換えなら他社違約金負担キャッシュバック(最大30,000円)に上乗せして「+20,000円キャッシュバック」がもらえる
  • キャッシュバックの申請が簡単
  • 最短で開通の翌月末にキャッシュバックがもらえる

キャッシュバック額の高さはさることながら、手続きが簡単でキャッシュバックが早いのもNNコミュニケーションズの特徴です。

代理店のキャッシュバックは「郵送などの手続きが面倒」「申告を忘れたら対象外になった」「契約から1年後に申請が必要」など、受け取る条件が難しくてキャッシュバックが受け取れなかったという事がよくあります。

せっかく高額なキャッシュバックがもらえる窓口で契約しても、受け取れないのでは意味がありませんよね。NNコミュニケーションズではオペレーター主導で手続きを進めてくれるので、どんな方でも安心して申し込めますよ。

auひかりを申し込むなら間違いなくおすすめの窓口です!!

\最大77,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

auひかりと同様に検討したい光回線「ソフトバンク光」

ソフトバンク光

引用元:ソフトバンク光

ソフトバンク光は、auひかりに次いで高額なキャッシュバックが期待できる光回線としておすすめです。NTTフレッツ光回線を使用した光コラボで提供エリアが広いため、全国どこにお住まいの方にもおすすめできます。

ソフトバンク光
戸建て/月5,720円
マンション/月4,180円
通信速度1Gbps
違約金1ヶ月分の利用料金
工事費用実質無料
主なキャンペーン
  • キャッシュバック(公式、代理店)
  • 他社違約金補填キャッシュバック
  • 開通前Wi-Fiレンタル無料
スマホセット割
  • ソフトバンク(最大1,100円×最大10回線)
  • ワイモバイル(最大1,650円×最大10回線)

※初期費用 別途3,300円
※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

auひかり同様に工事費が実質無料であるのに加え、他社から乗り換える方は解約時違約金もキャッシュバックで補填してもらえます。

ソフトバンク光 3つのメリット
  • 代理店『エヌズカンパニー』なら最大45,000円キャッシュバック
  • 開通前に無料でモバイルルーターレンタルが受けられるため、開通工事待ちでもインターネットが使える
  • ソフトバンクスマホやワイモバイルスマホの契約があればセット割でお得
ソフトバンク光 2つのデメリット
  • 工事費実質無料割引を適用すると代理店キャッシュバック額が下がる
  • プロバイダが選べない(Yahoo!BB)

ソフトバンク光も代理店独自のキャッシュバックがあるため、申し込みの窓口には代理店がおすすめです。

引用元:エヌズカンパニー

おすすめの窓口は最大45,000円のキャッシュバックがもらえるエヌズカンパニーです。

工事費実質無料のキャンペーンを適用するとキャッシュバック額は下がりますが、それでも38,000円のキャッシュバックが受けられるため、新規契約者の方でも安心ですね!

また、開通前Wi-Fiレンタルサービスを無料でしているので開通前にインターネットを使いたい人にもおすすめできます。

\最大45,000円キャッシュバック/

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

引用元:ドコモ光

ドコモユーザーの方にはドコモ光をおすすめします。

ドコモの運営元であるNTTが提供するNTTフレッツ光回線を使用している光コラボはたくさんありますが、ドコモのスマホ回線とセット割が有効な光回線はドコモ光のみです。

ドコモ光
戸建て/月5,720円
マンション/月4,400円
通信速度1Gbps
違約金最大5,500円
工事費用無料
主なキャンペーン
  • キャッシュバック(代理店)
  • ポイントバック(公式)
スマホセット割ドコモ(最大1,100円×最大20回線)

※初期費用 別途3,300円
※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

『NTTドコモ』というブランドにこだわりがある方にとって、セット割ができるドコモ光は大きな魅力になるのではないでしょうか。最大20回線までセット割対象になるため、同居家族や別居家族の人数が多い方にもおすすめです。

ドコモ光 4つのメリット
  • 代理店『NNコミュニケーションズ』なら最大40,000円キャッシュバック
  • 光コラボでは珍しくプロバイダが選べる
  • プロバイダ特典でWi-Fiルーター無料レンタルあり
  • ドコモスマホの契約があればセット割でお得
ドコモ光 2つのデメリット
  • 公式特典で現金キャッシュバックを実施していない
  • NNコミュニケーションズ特典はドコモユーザー限定

ドコモ光の公式キャンペーンはdポイントによる還元が中心なので、現金キャッシュバックが可能な代理店『NNコミュニケーションズ』からの申し込みがおすすめです。

引用元:NNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズではオプション契約条件なしで35,000円キャッシュバックを実施していますよ。ただし、NNコミュニケーションズのキャッシュバックはドコモスマホ回線とのペア設定が条件のため、ドコモユーザー以外にはキャッシュバックを実施していません。

とはいえ、光コラボの中からドコモ光を選ぶ理由としては「ドコモユーザーだから」という方がほとんどだと思いますので、この点が問題になる方は少ないのではないでしょうか。

45,000円キャッシュバック/

スマホセット割対象外でも安心のとくとくBB光

引用元:GMOとくとくBB光

最後におすすめするのは、とにかくリーズナブルな月額料金が魅力のとくとくBB光です。

とくとくBB光はドコモ光と同様、NTTフレッツ光回線を使用している光コラボの光回線です。提供エリアが広いのに加え、戸建てもマンションも相場価格を下回る月額料金のため、格安SIMなどのスマホセット割対象外の方にもおすすめです。

とくとくBB光
戸建て/月額4,818円
マンション/月額3,773円
通信速度1Gbps
違約金なし
工事費実質無料
主なキャンペーン
  • 契約者全員5,000円キャッシュバック
  • 他社違約金補填 +最大60,000円キャッシュバック
  • 10ギガプラン契約で+11,000円キャッシュバック
  • 新規&ひかり電話契約で+3,000円キャッシュバック
  • 新規&ひかりテレビ契約で+20,000円キャッシュバック
  • 新規&指定オプション契約で+2,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーター無料レンタル(3年レンタル後、プレゼント)
スマホセット割なし

※初期費用 別途3,300円
※契約期間中の解約は違約金の他に工事費用の残債の請求あり

基本料金が安いだけでなく、工事費は実質無料ですし、Wi-Fiルーターも無料でレンタルできます。初期費用の持ち出しがほとんどない(契約手数料3,300円のみ)ため、気軽に始められる光回線と言えるでしょう。

契約期間の縛りがなく違約金などの負担もありません。工事費は36ヶ月かけて実質無料となるため、36ヶ月以内に解約すると工事費残債が発生するのでご注意下さい。

とくとくBB光 3つのメリット
  • とにかく月額料金が安い
  • Wi-Fiルーター無料レンタル(3年以上利用でプレゼント!)
  • 契約期間の縛りがなく、解約金0円
とくとくBB光 2つのデメリット
  • 新規契約キャッシュバックが安い
  • スマホセット割の対象外

新規契約者向けのキャッシュバックは他社に比べると控えめですが、光電話や光テレビなどのオプションを契約している方や、10ギガプランユーザーなど、特定の条件の方は高額なキャッシュバックが受け取れます。

月額料金ではなく「実際に支払う金額」であれば、月額料金が高くてもキャッシュバックキャンペーンの充実したauひかりの方がかえってお得という見方もできます。

総額auひかりとくとくBB光
3年間の利用料金198,000円173,448円
新規キャンペーン77,000円5,000円
新規:実質121,000円168,448円

乗り換えキャンペーン

137,000円60,000円
乗り換え:実質61,000円108,448円

「キャッシュバックの申請や代理店からの申し込みは不安なので、やっぱり公式が一番お得な光回線が良い!」という方には、月額料金の安いとくとくBB光がおすすめです。

しかし、キャッシュバックを含めた「総合的に支出を抑えたい」という方にはauひかりをおすすめします。

\最大77,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

(3) おすすめランキング光回線の選び方まとめ

4つの光回線を紹介したので、一度ここでこれらのポイントをもとに、どう選べばいいのか一目でわかるようにまとめておきましょう!

自分にぴったりの光回線を選ぶ方法
  • 安定した速度と格安料金なら→ auひかり (NNコミュニケーションズからの申し込み)
  • auひかりと同様に検討したい光回線→ ソフトバンク光(エヌズカンパニーから申し込み)
  • ドコモユーザーでスマホ割を適応するなら → ドコモ光 (NNコミュニケーションズから申し込み)
  • とにかく月額料金を抑えたいなら → とくとくBB光(公式サイトから申し込み)

これをもとに選択するだけで、損することなく最適な光回線選びができるはずです。是非参考にしてみてくださいね!

@T-COMヒカリに関するよくある質問

T-COMヒカリ 評判

ここまでで@T-COMヒカリの料金・口コミ・メリット・デメリット・おすすめポイントなどを詳しく解説してきましたが、ここからは@T-COMヒカリに関するよくある質問をまとめたので、詳しく回答していきます。

@T-COMヒカリに関するよくある質問は以下の通りです。

@T-COMヒカリに関するよくある質問
  • @T-COMヒカリの速度が遅い場合の対処方法
  • @T-COMヒカリの一番いいキャンペーンを実施している窓口は公式サイト
  • @T-COMヒカリの無線ルーター無料レンタルは条件を満たした希望者のみ
  • @T-COMヒカリの申し込み方法は『WEB』と『電話』
  • @T-COMヒカリの解約方法はWEB申し込みと書類または電話対応が必要
  • @T-COMヒカリの問い合わせ先一覧

以上の質問について詳しく回答していくので、ぜひ参考にしてみてください。

@T-COMヒカリの速度が遅い場合の対処方法

@T-COMヒカリで通常時よりも通信速度が遅い場合、以下のような原因が考えられます。

@T-COMヒカリの通信速度が遅い場合に考えられる原因
  • 端末のスペックが低い
  • 無線ルーターに複数の端末を接続している
  • 無線ルーターが古い
  • ケーブル類の接触不良
  • 接続方式がIPv6になっていない
  • 通信障害が発生している

通信機器自体の故障や不具合、単純なケーブル類の接触不良や通信方式の設定、通信障害などさまざまな原因が考えられるため、どこに原因があるのか1つずつ確認して対処してください。

どうしても問題を解決できない場合は、公式サポートに問い合わせるしかありませんが、大抵の場合はこれから紹介する方法で解決することが多いです。

原因① 端末のスペックが低い

インターネットに接続しているPC・スマホ・タブレットなどのスペックが極端に低い場合、メモリ不足などを理由に通信速度が遅くなることがあります。

端末が原因の場合の対処方法は以下の通りです。

  • OSを最新バージョンにアップデート
  • 不要なソフトやアプリを削除して容量を確保
  • 今よりもスペックの高い端末に買い替える

新しい端末を買い替えるにはそれなりに費用がかかるため最終手段として、まずはOSのアップデートと不要なソフトウェアやアプリの削除をしてみてください。

原因② 無線ルーターに複数の端末を接続している

無線ルーターが1つあれば、複数の端末をWi-Fiに接続でき大変便利ですが、Wi-Fiに接続する端末が多くなれば多くなるほど、回線が混雑し通信速度が低下しやすくなります。

パソコンやスマホ、タブレットやゲーム機を筆頭に、使用していない端末は随時Wi-Fiの接続を切っておくことで、回線の混雑を解消できます。

原因③ 無線ルーターが古い

無線ルーターはスペックに応じて最大通信速度が決まっているため、いくら通信速度の速い光回線を契約したとしても、無線ルーターのスペックが低いと通信速度は思うように速くなりません。

無線ルーターを頻繁に買い替える必要はありませんが、5年以上前の無線ルーターを使用している場合は、新しい機種に買い替えることで速度が上がる可能性があります。

原因④ ケーブル類の接触不良

ホームゲートウェイやモデム、無線ルーターやパソコンなどは、LANケーブルやアダプターなどいくつかのケーブルで接続しますが、どこかで接触不良が起きている場合も通信速度の低下やネットに接続できない状態になります。

ケーブル類の接触不良が原因の場合は、すべてのケーブルを挿し直し、通信機器を再起動することで問題が解決します。

ケーブル類を挿し直す際は、ケーブルを抜いて1分くらい待ってから差し直すといいでしょう。

原因⑤ 回線の接続方式がIPv6になっていない

現在のインターネットで使われている通信規格には、従来通りの『IPv4』と、新規格の『IPv6』が存在します。@T-COMヒカリはIPv4とIPv6の両方が利用できるため、同じ@T-COMヒカリでもIPv4利用者よりもIPv6利用者の方が高速通信ができるということになります。

光回線ごとにIPv6を利用する方法が異なっており、@T-COMヒカリの場合は、別途「v6インターネット接続機能(IPoE)お申し込み」をする必要があります。

@T-COMヒカリのIPv6接続は月額220円かかりますが、光回線と一緒にヒカリ電話、もしくはルーターレンタルをしている方は無料で利用可能です。

原因⑥ 通信障害が発生している

自然災害や工事、メンテナンスなどの影響で通信障害が発生している場合も、通信速度の低下やインターネットに接続できないなどの現象が発生します。

これまで解説してきた方法を試しても改善されない場合は、通信障害が発生している可能性も考えられるため、各サイトにて通信障害の有無を確認してください。

通信障害情報ページ
@T-COMヒカリ障害・メンテナンス情報
NTT東日本工事故障情報
NTT西日本工事・故障情報

@T-COMヒカリはNTTのフレッツ光回線を利用しているため、念の為フレッツ光の工事故障情報も確認しましょう。

万が一、通信速度の低下の原因が通信障害であれば、利用者側でできる対策は何もないので、通信障害が解消されるまで待つしかありません。

@T-COMヒカリの一番いいキャンペーンを実施している窓口は公式サイト

@T-COMヒカリには、申し込み窓口となる代理店がほとんど存在していないため、公式サイト」から申し込むのがもっともおすすめです。

公式サイトから申し込めば以下の特典を受けられます。

@T-COMヒカリ 公式サイト特典
  • 40,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質0円
  • Wi-Fi無料レンタル(希望者のみ)

また、公式サイトから直接申し込むことで、代理店経由で申し込んだ際に発生するかもしれないトラブルを避けられるという安心感もあります。

@T-COMヒカリの無線ルーター無料レンタルは条件を満たした希望者のみ

@T-COMヒカリを公式サイトから申し込むと、インターネットが開通するまでの期間限定ですが、条件を満たした希望者に無線ルーターを無料レンタルしてくれます。

無料レンタルの条件は以下の通りです。

無線ルーター無料レンタル
レンタル条件【以下の条件をすべて満たすこと】

  • 公式サイトから新規申し込み
  • インターネット開通まで3週間以上かかる
  • 申し込み確認の電話にてレンタルしたい旨を伝える
注意事項
  • 台数に限りがあるため、タイミング次第では貸出不可
  • 貸出台数は1台のみ

ポイントは開通までに3週間以上かかる方限定であること。まれではありますが、申し込みから2週間程度で開通できてしまう場合には無料の無線ルーターはレンタルすることはできません。

なかなか都合がつかず、開通工事の予定日まで長引いてしまう場合でも無料でインターネットが利用できるのは安心できますね。

@T-COMヒカリの申し込み方法は『WEB』と『電話』

@T-COMヒカリへの申し込みは、公式サイト経由がもっともお得と先述しましたが、公式サイトでの申し込み方法には「WEB」と「電話」の2つがあり、どちらからでも申し込み可能です。

@T-COMヒカリの申込方法
WEB申し込みお申し込みフォーム
電話申し込み申込専用センター:0120-222-186
受付時間:10:00~20:00(年末年始除く)

WEBから申し込んだ場合、2日以内に折り返しの電話がかかって来るため、そのタイミングで申込内容の確認や注意事項、工事日の調整が行われます。

@T-COMヒカリの解約方法は基本的にはWEBで完結

@T-COMヒカリを解約するには、マイページにログインした後にチャットボットを利用して手続きを行います。

詳しい手順は以下の通りです。

@T-COMヒカリ 解約手順
  1. 解約ページ」からマイページへログイン
  2. 「ご解約のお手続きを開始する」をクリック
  3. チャットボットが起動するので案内に沿って手続き
  4. 「手続き完了」と表示されれば解約手続き完了

基本的には上記の方法で解約が完了となり、解約受付完了メールが届きます。

ただし、受付内容によってはチャットボットの手続きだけでは解約完了にならず、後日担当者から確認の電話がかかってくる場合があるので、その際は電話で対応してください。

@T-COMヒカリの問い合わせ先一覧

@T-COMヒカリの公式に相談したいことがある場合は、以下の窓口が用意されているので、うまく活用してください。

問い合わせ先一覧
  • インフォメーション窓口(総合受付)
    • 電話番号:0120-805633
  • お引越し相談窓口
    • 電話番号:0120-987065
  • テクニカルサポート窓口(設定トラブル関連)
    • 電話番号:0570-012280(通話料有料)
  • 各種窓口の受付時間
    • 平日:10:00~19:00
    • 土日祝:10:00~18:00

問い合わせにはお客様情報が必要になるので、問い合わせの前に確認しておきましょう。マイページで確認するか、@T-COMから送付された「ご契約内容確認書」もしくは「登録完了のお知らせ」で確認できます。

また、契約時の電話番号も必要です。どの電話番号で登録したかわかるようにしておいてくださいね。

@T-COMヒカリのまとめ

T-COMヒカリ 評判

@T-COMヒカリの評判と特徴をおさらいしてみましょう。

@T-COMヒカリの評判と特徴
  • 高額キャッシュバックがある
  • 基本工事費実質0円
  • スマホセット割を受けられる
  • カスタマーセンターへ電話が繋がりにくい

@T-COMヒカリは、ドコモ光やソフトバンク光と同じくNTTのフレッツ光と同じ回線を利用しているため、他社光コラボと比較しても通信速度や月額料金に大きな違いはありません。

しかし@T-COMヒカリには、auとUQ mobileユーザーがスマホセット割を受けられる光コラボの中で、もっとも高額なキャッシュバックを受け取れるという大きなメリットがあります。

最終的にどの光回線を契約するのかは人それぞれですが、光コラボを検討しているのであれば、@T-COMヒカリを選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

\40,000円キャッシュバックオプション不要/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次