3大キャリア

『 LINEMO』『ahamo』『Povo』を徹底比較|新料金プランはどれに乗り換えるとお得なのか!

光回線のお得なキャンペーン開催中

老舗@nifty光のお得なキャンペーン情報

スマホの契約ギガ数を抑えて節約と自宅で快適な光回線!

\\新規契約で25000円のキャッシュバックが翌月受け取れる//

<<ニフティ光の代理店からキャッシュバックキャンペーンの詳細を確認する>>

 

ソフトバンク、ドコモ、auのキャリア3社から新料金プランが発表されました。

『キャリアの料金がかなり安くなってるし、乗り換えようかな?』と思っている人もいますよね。

しかし、『今のプランと新プランどっちがお得なの?』『キャリア3社で似たようなプランだから違いが分からない!』と疑問に思うはずです。

そこで今回はソフトバンクの『 LINEMO』、ドコモの『ahamo』、au『Povo』を徹底比較していきます。

どの新料金プランに乗り換えるのがお得なのか明らかにしてみましょう!

『 LINEMO』『ahamo』『Povo』を一覧で比較!各プランの特徴や詳細について

新プラン LINEMO ahamo Povo
キャリア ソフトバンク ドコモ au
月額料金(税抜) 2,728円 2,970円 2,728円
データ容量 20GB
データ超過時の通信速度 最大1Mbps
5G通信 対応
通話 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
キャリアメール 非対応
申し込み窓口 オンライン限定
主な特徴 LINEギガフリー 5分以内国内通話無料 通話、データオプションあり

2021年3月を目処にキャリア3社が下記の新料金プランの提供開始を発表しています。

  • ソフトバンク:LINEMO
  • ドコモ:ahamo
  • au:Povo

どのプランもデータ容量20GBで月額料金3,000円以下という、これまでのキャリアにはない切り口となっています。

格安SIMやキャリアの既存プランを使っている人にとっては大注目ですよね。

まずは、キャリア3社の新料金プランの特徴や詳細を詳しく見ていきましょう。

『ahamo』の特徴や詳細

新プラン ahamo
キャリア ドコモ
月額料金(税抜) 2,970円
データ容量 20GB
データ超過時の通信速度 最大1Mbps
5G通信 対応
通話 20円/30秒
キャリアメール 非対応
申し込み窓口 オンライン限定
主な特徴 5分以内国内通話無料

『ahamo』は、ドコモが提供する新料金プランで20GB月額2,980円という料金設定になっています。

プラン内容としては最もシンプルで把握しやすく、ドコモの5G通信にも対応しています。

他社にはない特徴としては「5分以内国内通話無料」サービスで、多少の電話なら料金を気にせず行えるのが魅力です。

ただし、申し込みはオンライン窓口のみで店頭受付は行っておらず、キャリアメールにも非対応なので注意が必要です。

ドコモの乗り換え・機種変更で使えるお得なクーポン発行中

『LINEMO』の特徴や詳細

新プラン LINEMO
キャリア ソフトバンク
月額料金(税抜) 2,728円
データ容量 20GB
データ超過時の通信速度 最大1Mbps
5G通信 対応
通話 20円/30秒
キャリアメール 非対応
申し込み窓口 オンライン限定
主な特徴 LINEギガフリー
通話オプションあり

『LINEMO』は、ソフトバンクが打ち出した新料金プランで、概要は他社とほとんど共通ですが、『LINEギガフリー』という独自性を持っています。

『LINEギガフリー』は、LINEアプリをデータ容量を消費せず、使い放題できるサービスです。

友達とのメッセージのやり取りや通話も、データ量を気にせず楽しめるのが魅力となっています。

さらに、700万種類以上のLINEクリエイターズスタンプが使い放題になる『LINEスタンププレミアム(ベーシック)』が無料で利用できます。

また、通話オプションも用意されているので、必要に応じてカスタマイズが可能です。

  • 通話準定額:5分以内国内通話無料(月額500円)
  • 通話定額:国内通話が全て無料(月額1,500円)

キャリアの中では一番最後に発表されたプランでもあり、ahamoの『お得感』とPovoの『カスタマイズ性』、そして、『LINEギガフリー』という独自性が含まれています。

ソフトバンクの乗り換え・機種変更で使えるお得なクーポン発行中

『Povo』の特徴や詳細

新プラン Povo
キャリア au
月額料金(税抜) 2,728円
データ容量 20GB
データ超過時の通信速度 最大1Mbps
5G通信 対応
通話 20円/30秒
キャリアメール 非対応
申し込み窓口 オンライン限定
主な特徴 通話、データオプションあり

『Povo』は、auが発表した新料金プランで、ahamoが発表された次に後を追う形でリリースされました。

月額料金がahamoよりも200円安い、月額2,728円とすることで料金で優位に立ちながらも、必要に応じて通話、データオプションが追加できます。

  • 5分以内通話かけ放題:月額500円
  • データ使い放題24時間:200円/24時間
  • 通話かけ放題:月額1,500円
  • データ1GB追加:500円/1GB

イメージ的には、ahamoから「5分以内国内通話無料」を抜いた形と捉えると把握しやすいです。

Povoの場合は、オプションで自由に追加できるというのが特徴です。

例えば、旅行中に「データ使い放題24時間」を使って、写真や動画をSNSに上げたり、移動中に動画を楽しんだりといった使い方もできるでしょう。

auの乗り換え・機種変更で使えるお得なクーポン発行中

新料金プランに乗り換える際の注意点とお得に乗り換える方法

キャリア3社の新料金プランに乗り換える際の注意点とお得な乗り換え方を解説します。

これまでにないコスパの高い料金プランだけに、飛びつきたくなる感覚は分かりますが、キャリアの乗り換えは慎重に行いましょう。

『安いと思ったら実は高くついた...』とならないよう注意が必要です。

新料金プランに乗り換える際の注意点

新料金プランに乗り換える際の注意点は以下の6点です。

  • 申し込み・サポートはオンラインのみ、店頭受付はなし
  • キャリアメールが使えない
  • 各種割引が適用されなくなる
  • 対象機種が通常プランと異なる
  • データ量をあまり使わない人なら格安SIMの方が安い
  • 1ヶ月20GBは自分に合っているか見極める

キャリア3社の新料金プランの共通する特徴として「オンラインのみでの対応」が挙げられます。

申し込み窓口もサポートもオンライン限定にしており、店頭での受付は全く行いません。

スマホショップを尋ねる機会の多い方や対面で説明を受けないと不安な方には向いていない料金プランです。

さらに、「キャリアメール」に対応していないため、GmailなどのフリーメールやLINEなどを利用しなければなりません。

旧プランで提供されていた「家族割」や「光回線セット割」などの各種割引は、新料金プランに対応していないため、割引適用時の料金と比較して、新料金プランがお得かどうかもチェックする必要があるでしょう。

新プランに対応する機種も未発表なので、今まで使っていた機種でプラン変更ができない可能性もあります。

20GBで月額3,000円という料金設定は、これまでにないお得感がありますが、人によっては小容量プランや大容量・無制限プランの方が合うケースもあり得ます。

新料金プランにお得に乗り換える方法

新料金プランにお得に乗り換えたい方は「先行エントリーキャンペーン」を忘れずに利用しましょう。

キャリア各社でサービス提供開始前に先行エントリーを行い、新プランに加入した人を対象に特典を用意しています。

ahamo LINEMO Povo
キャンペーン特典 3,000pt
(dポイント)
3,000円相当
(PayPayボーナス)
3,000円相当
(auPay残高)
先行エントリー期限 プラン提供開始まで 2021年3月16日まで プラン提供開始まで
契約期限 2021年5月31日まで

各社3,000円分のキャンペーン特典を用意しているので、新プランへの乗り換えを検討している方は、エントリーだけでも早めに済ませておきましょう!

他社のキャリアに乗換えるメリット・デメリット

新料金プランの登場を機に他社のキャリアに乗り換えようかと考えている人も多いでしょう。

キャリアを乗り換えて、よりお得で自分に合った料金にできるのは確かに魅力的です。

しかし、キャリアの乗り換えにはメリット・デメリットの両方があるので、よく確認をしておきましょう。

他社のキャリアに乗換えるメリット

他社のキャリアに乗り換えるメリットは以下の2点です。

  • 乗り換えキャンペーンでお得になる
  • 今の自分に合った料金プランでスマホが利用できる

キャリア各社では、スマホ端末の割引など、さまざまな乗り換え向けキャンペーンを用意しています。

機種変更も同時に考えている方は、乗り換えでお得にスマホをゲットしてみましょう。

また、近年のスマホ業界は違約金や各種手数料を取り除いて、乗り換えがしやすい傾向にあります。

今の自分に一番ぴったりなキャリア・料金プランをチョイスして、すぐに乗り換えられるというのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

他社のキャリアに乗換えるデメリット

他社のキャリアに乗り換えるメリットは以下の3点です。

  • 解約費用・各種手数料が高くなる可能性がある
  • 長期利用特典などが受けられられなくなる
  • 今まで使っていたキャリアメールが利用できなくなる

キャリアの乗り換えということで、今まで使っていたスマホ会社を解約しなければなりません。

解約時や乗り換え時には『違約金』『端末代残債』『MNP転出手数料』『契約事務手数料』など、さまざまな費用が発生します。

最近では『端末代残債』以外の各種手数料をゼロにする方向が強まっていますが、端末の分割払いが終わっていない方は注意が必要です。

長く同じスマホ会社を利用していた方の場合、長期利用によってもらえた特典やクーポンなどが無くなってしまうでしょう。

使っていたキャリアメールも変わってしまうため、メール相手への連絡やサービスIDの変更など、面倒な手間が発生します。

関連

新料金プランに変更すると光回線のスマホ割が適応外に!

この機会に光回線の料金の見直しをしませんか?

キャッシュバック最大50,000円など高額なキャンペーンも開催中

スマホ割が適応外でもっとも安い光回線のオススメランキング!2021年3月最新版

『 LINEMO』『ahamo』『Povo』の世間の口コミや評判

ソフトバンクの『 LINEMO』、ドコモの『ahamo』、au『Povo』は、世間にどのような受け取られ方をされているのでしょうか。

ここでは、『 LINEMO』『ahamo』『Povo』の口コミを紹介していきます。

新料金プランの良い口コミ

新料金プランの悪い口コミ

まとめ

2021年3月ごろからスタートするキャリア3社の新プラン『LINEMO』『ahamo』『Povo』を徹底比較していきました。

すでに大注目を集めている新プランではありますが、既存のプランも含めて比較を行って、今の自分にぴったりなサービスを選んでみてください。

今までになかったデータ量と料金の組み合わせが、どのような変化を呼び起こすのか期待が高まりますね!

もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか?

もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。
新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。

当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。
これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。

ドコモオンラインショップはこちら>>

おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ!
実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと5,000円~13,000円ほど安くなるんです。

・・バカになりませんよね?(;´・ω・)

というのも、店舗で手続きすることで頭金っていう名目で料金が発生します。
何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。

頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。
相場としては3,000円~10,000円といわれてます。

つまり、店舗をもたないオンラインショップであれば頭金は不要。

頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される事務手数料(3,000円)もドコモオンラインショップだと無料です。

頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです!

何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか?
常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。

でも、ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0!
24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。

慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。

オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。
最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。

新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。

ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。

【画像つき】ドコモオンラインショップで機種変更する手順を分かりやすく紹介

知ってるか、知らないかですよね。
店舗型ショップよりもオンラインショップのほうがメリットが多いです。

機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。
いつものように店舗で手続きするのは、間違いなく損してしまいますので。

公式:ドコモオンラインショップ

-3大キャリア

© 2021 スマホログ