MENU

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える・切り替える手順|電話勧誘がすごい?事業者変更について

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える場合、ソフトバンク光を解約してauひかりを新規で契約する必要があります。

「auひかりでも工事が必要なのか」

「乗り換えに初期費用はどのくらいかかるのか」

など、乗り換えに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

確かにソフトバンク光からauひかりへ乗り換えるには工事が必要ですし、auひかりの工事費やソフトバンク光の解約金などの費用も発生します。

しかし、auひかりには解約金の還元やキャッシュバックなどのキャンペーンも充実しているので、初期費用を気にせずお得に契約できるんですよ。

本記事では、ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える手順やメリット・デメリット、キャンペーンについて詳しく解説します。auひかりのキャンペーンを駆使してお得に乗り換える方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

auひかり:キャッシュバック最大72,000円/

戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

目次

ソフトバンク光からauひかりへ失敗せずにキャンペーンを使って乗り換える手順と接続方法

引用元:auひかり

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えるには、auひかりを新規契約しソフトバンク光を解約する必要があります。auひかりは独自回線を使っているため、光コラボ事業者間の事業者変更やフレッツ光との転用の手続きは利用できません。

そこで本章では、最大72,000円のキャッシュバックがもらえるNNコミュニケーションズでauひかりを新規で契約しソフトバンク光を解約する手順について紹介します。

  1. auひかりの対応エリアかどうか確認する
  2. NNコミュニケーションズでauひかりの新規契約を行う
  3. 申し込み時の電話でキャッシュバック振込口座を伝える
  4. KDDIから工事日程を聞き基本機器を受け取る
  5. 回線工事に立ち会う
  6. 宅内機器を接続する
  7. ソフトバンク光の解約手続きを行う

下記にてそれぞれの手順について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

1.auひかりの対応エリアかどうか確認する

auひかりはソフトバンク光が使っているフレッツ光の回線と比べて対応エリアが狭いです。関西圏や沖縄、中部地方の一部では利用できないので、事前にauひかりが使える場所かどうかチェックしましょう。

対応エリアの確認はauひかり公式サイトから行えます。必ず新規契約の手続きをする前に、auひかりのエリアチェックをしてください。

2.NNコミュニケーションズでauひかりの新規契約を行う

auひかりの対応エリアであることが確認できた後に、NNコミュニケーションズにてauひかりの新規契約を行います。NNコミュニケーションズではWEBまたは電話で契約手続きが可能です。

WEBは24時間受付可能なので、深夜や早朝など空き時間に手続きしたい方にも便利です。

電話申し込みの場合は、以下の電話番号に問い合わせてください。

NNコミュニケーションズの契約問い合わせ先
  • 0120-987-652
  • 受付時間:11:00~20:00

WEB申し込みの操作がわからない方は、電話申し込みがおすすめです。

3.申し込み時の電話でキャッシュバック振込口座を伝える

WEBの場合は申し込み後の電話確認、電話申し込みの場合はその場でオペレーターにキャッシュバックの振込口座を聞かれます。電話口でキャッシュバックの振込先に使う口座情報を教えることで、キャッシュバックの申請は完了します。

他社代理店のように数ヶ月後に送られてくるURLにアクセスするなど、面倒な申請手続きは必要ありません。口座情報を伝えなければいけないので、事前に口座情報がわかるキャッシュカードや通帳などを用意しておくことをおすすめします。

4.KDDIから工事日程を聞き基本機器を受け取る

申し込みから1週間ほどでKDDIから工事日の連絡がきます。さらに工事日2日前までに基本機器が自宅宛てに送られてくるので、忘れずに受け取りましょう。

万が一急用などで工事日を変更したい場合は、「KDDI開通センター」に電話してください。

KDDI開通センター
  • 電話番号:0210-921-928
  • 受付時間:10:00~19:00※土日祝も受付可能

My auなどインターネット上での変更はできません。

5.回線工事に立ち会う

auひかりの回線工事は立ち会いが必要です。1時間から2時間ほどかかるので、工事日当日はスケジュールに余裕をもって行動しましょう。

また、実際に設置する場所を確認したことで、新たに別の工事が必要になる・契約タイプを変更しなければならないなど内容に変更が生じる可能性があります。

その場合工事は一旦保留になります。契約内容の変更や住宅の管理会社への確認など、諸々の手続きを終わらせてから再度工事という流れになるでしょう。

6.宅内機器を接続する

工事が完了した後は、宅内機器を接続する必要があります。宅内機器の接続方法はauひかり公式サイトの接続設定ガイド」にわかりやすく記載されているのでぜひチェックしてください。

ONUやホームゲートウェイの接続方法から電話の配線方法まで細かく記載されています。

auひかりに技術的な問題があった時の問い合わせ先
  • 0077-7084(通話料無料)
  • 受付時間:9:00~18:00※年中無休

接続設定ガイドを見てもわからない場合や、手順通りに接続したのにネット・電話に繋がらない場合は上記の電話番号に問い合わせましょう。

7.ソフトバンク光の解約手続きを行う

最後にソフトバンク光で解約の手続きを行います。解約はソフトバンク光に電話することで手続き可能です。以下の電話番号に連絡し、解約日を設定してください。

ソフトバンク光の解約窓口
  • 電話番号:0800-111-6710
  • 受付時間:10:00~19:00

電話が繋がりにくい場合は、事前に電話サポートの予約も可能です。電話サポートに予約すれば、指定された日時にソフトバンク光から電話がきます。

解約日は6営業日以降から90日以内まで自由に設定が可能です。ソフトバンク光の料金は月末締めであり、解約時に日割り計算は行われません。auひかりの開通日によっては開通月内にソフトバンク光も解約できるので、開通したら早めに解約の電話をかけましょう。

ソフトバンク光からauひかりへ事業者変更で乗り換え方法はある?

ソフトバンク光とauひかりは異なる回線を使っているため、光コラボ事業者間で利用できる事業者変更での乗り換えはできません。そのため、auひかりを新規で契約しソフトバンク光を解約する必要があります。

ソフトバンク光で事業者変更を行うのであれば、ソフトバンク光と同じ光コラボ事業者(ドコモ光など)への乗り換えが必要です。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えで違約金は負担してくれる?

auひかり公式のキャンペーンで違約金の還元が行われており、NNコミュニケーションズなどの代理店での契約時にも利用できます。

auひかり ホームの違約金負担還元キャンペーン

プロバイダ 還元額
・au one net
・@nifty
・@TCOM
・BIGLOBE
・So-net
au PAY残高へ最大30,000円分チャージ
・ASAHIネット
・DTI
au PAY残高へ最大15,000円分チャージ

auひかり マンションの違約金負担還元キャンペーン

プロバイダ 還元額
・au one net
・@nifty
・@TCOM
・BIGLOBE
・So-net
・ASAHIネット
・DTI
  • au PAY残高へ最大10,000円分チャージ
  • 最大20,000円割引(1,000円×最大20ヶ月)

ホームタイプはプロバイダによって還元額が異なるので注意しましょう。違約金や工事費の残債はau PAY残高にチャージする形で還元されます。au PAYはコンビニやドラッグストアなどの対象店舗で使えるキャッシュレス決済アプリなので、街のお店で現金とほぼ同じように使えます。

このキャンペーンを適用するには、ソフトバンク光で違約金や工事費の残債が発生したことがわかる書類(請求書や明細書)が必要なので必ず用意しましょう。コピーでも有効です。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換え後、PCやテレビへのネットの接続方法

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換え後の接続方法は以下の通りです。

  1. 端末の設定画面を開く
  2. インターネット設定画面へアクセスする
  3. Wi-Fiを選択する
  4. 接続可能なSSIDの中から、auひかりのホームゲートウェイの底面に記載されているSSIDを探す
  5. パスワード(暗号化キー)を入力する
  6. 接続完了

普段Wi-Fiを設定する手順と変わりません。スマホなどの機器を接続する前のONUやホームゲートウェイの接続方法については、auひかり公式サイトの「接続設定ガイドを確認しましょう

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えるとプロバイダはどこになる?

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えると、以下のプロバイダから選べます

auひかりのプロバイダ
  • @nifty
  • @TCOM
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

利用するプランやタイプによって使えるプロバイダが異なるので注意してください。72,000円のキャッシュバックがもらえるNNコミュニケーションズキャンペーン条件はプロバイダはSo-net加入です。特にプロバイダにこだわりがない方はSo-net加入をおすすめします。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際に工事から開設までの必要な期間は?

公式サイトによると、auひかりを申し込んでから開通するまで1ヶ月から2ヶ月ほどかかるようです。工事日の日程や混雑している時期によってはさらに時間がかかる可能性もあります。

ソフトバンク光は6営業日以降から90日まで解約日を指定できます。auひかり開通後に解約日を設定すれば、インターネットを使えない期間は発生しません。ソフトバンク光の料金は月末締めで日割り計算されないなので、解約日が翌月に入ってしまうとプラン料金が満額発生してしまうので要注意。

最短6営業日以降に解約日が指定できるので、auひかりを開通したらなるべく早めに解約の手続きを行い、auひかり開通の同月内に解約できるようにしましょう。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際にネットが繋がらない期間はある?

auひかりを新規契約し開通した後にソフトバンク光を解約すれば、ネットに繋がらない期間は発生しません。そのため、テレワークなどで自宅のインターネット回線が欠かせない方も安心して契約できます。

ただしソフトバンク光の料金は月末締めで日割り計算されないので、auひかり開通月の翌月に入ってしまうとプラン料金が満額発生してしまいます。

開通月の翌月に2社分の料金が満額かかる可能性(開通月のauひかりは日割り計算されます)もあるので、避けたい方はauひかり開通の同月内に解約日を設定しましょう。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際に準備すべき書類について

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際は、auひかりを新規契約・ソフトバンク光を解約する流れとなるので、事業者変更承諾番号などの特別な番号の発行は必要ありません。

NNコミュニケーションズで申し込む場合は、申し込みの電話確認でキャッシュバックの振込口座を聞かれるので、口座情報がわかるものを用意しておくと安心です。

また、ソフトバンク光で解約金や工事費の残債が発生する場合は、費用がかかっていることがわかる請求書や明細書を用意しましょう。証明書があれば、auひかりの違約金還元のキャンペーンを利用できます。

ソフトバンク光のauひかりへ乗り換えの事業者変更の切替日はいつ?

ソフトバンク光とauひかりは異なる回線を使用しているため、光コラボ事業者間で利用できる事業者変更には対応していません。そのため、auひかりを新規契約しソフトバンク光を解約する必要があります。

つまり、事業者変更のように自動的に回線の事業者が切り替わるのではなく、auひかりの回線工事が終わるのを待つしかありません。auひかりは申し込みから開通まで1ヶ月から2ヶ月ほどかかりますのでそれに合わせたスケジュールを組むようにしましょう。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えると速さはどうなる?

ソフトバンク光とauひかりの通信速度を調べました。

平均下り速度 平均上り速度
ソフトバンク光 325.18Mbps 469.92Mbps
auひかり 251.17Mbps 443.54Mbps

※引用:みんなのネット回線速度

上記の速度は2023年2月時点の直近3ヶ月間の平均速度です。auひかりの方がソフトバンク光よりも100Mbps以上速いことがわかりました。

もちろん利用するエリアや住宅の環境によって差はありますが、ソフトバンク光よりも遅くなる可能性はかなり低いといえます。動画編集などより通信速度を重視したい方にもauひかりはおすすめです。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えた際の固定電話はどうなる?番号はそのまま?

今使っている番号がNTT加入電話契約時に発番したものであれば、auひかりでも引き続き同じ電話番号が利用可能です。

ただし、ソフトバンク光の「おとくライン」などで新たに発番した電話番号は、auひかりに引き継ぐことができません。今利用中の電話番号がNTTで発番されたものなのか、事前に確認することをおすすめします。

電話番号をauひかりで引き続き利用する場合は、契約申込みの際に「番号ポータビリティ」の手続きが必要です。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えた際の工事費用は必要?初期費用は?

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えた際にかかる初期費用は以下の通りです。

費用 金額
新規登録料 3,300円
初期費用(工事費含む) 最大41,250円

まずauひかりで契約する際に新規登録料が3,300円かかります。また、auひかりは新規契約となるので回線工事が必要となり、工事費も発生します。auひかりでは工事費と同額の割引が適用されるので、最終的に工事費は実質0円になります。

ただし、割引期間中に解約し工事費を分割で支払っている場合は、残りの工事費が実費で発生するので注意しましょう。

同様にソフトバンク光を解約する際に工事費の分割が残っている場合は、残債の一括清算が必要です。事前に工事費がどのくらい残っているのか確認することをおすすめします。

さらに、ソフトバンク光で契約更新月以外に解約する場合は解約金が発生します。

2022年6月30日以前に契約した方は最大で16,500円かかります。一方で2022年7月1日以降に契約した方は、契約プラン・回線タイプに応じた月額料金相当が解約金として発生します。例えば、ソフトバンク光 ファミリー1ギガの場合は5,720円です。

解約金も事前にMy SoftBankにて確認しましょう。

auひかりの引越し後の撤去費用はいくら?

自宅を引越しをする場合や賃貸物件で「現状回復」が契約になっている場合は、ソフトバンク光の撤去工事が必要となります。撤去工事は無料で行ってくれますが、回線撤去工事は立ち合いが必要になるので要注意。すでに引っ越している場合や立ち合いが難しい場合はオペレーターにご相談ください。

撤去費用は無料ですが、回線工事費の残債がある場合は解約時に一括請求されますので注意しましょう。

ソフトバンク光からauひかりの乗り換えた際のセット割はどうなる?ワイモバイルは?

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えるとソフトバンク・ワイモバイルスマホセット割は使えなくなります

ソフトバンク光では、ソフトバンクやワイモバイルのスマホとセットで使うとお得な割引が適用されます。スマホ料金から最大1,100円の割引が適用されるので、ソフトバンク光とソフトバンク・ワイモバイルをセットで使っている方も多いでしょう。

しかしソフトバンク光からauひかりへ乗り換えると、ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割も廃止されます。そのため、スマホ料金が最大1,100円高くなってしまいます。

auひかりにも「auスマートバリュー」「自宅セット割」があり、auやUQモバイルとセットで使うとスマホ料金がお得になります。auひかりへの乗り換えと同時にスマホの乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

auひかり:キャッシュバック最大72,000円/

戸建・マンション共に『NNコミュニケーションズ』

auひかりの基本情報|料金・速度・プロバイダ・解約料金・キャッシュバック一覧表

引用元:auひかり

本章では、auひかりとは一体どのような光回線なのか解説します。auひかりはKDDIが運営する光回線であり、独自の回線を提供しているのが特徴です。フレッツ光の回線を使う光コラボ事業者よりも回線利用者が少ないため、通信速度も速く快適だと定評があります。

下記にて、auひかりの料金や通信速度、プロバイダ、キャッシュバックなどについて紹介します。ソフトバンク光から乗り換えを検討している方はぜひチェックしてください。

auひかり ホームの料金

auひかり ホームの料金は以下の通りです。

auひかり ホーム 1ギガ 料金
ずっとギガ得プラン
(3年)
1年目:6,160円~
2年目:6,050円~
3年目以降:5,940円~
ギガ得プラン(2年) 6,270円~
標準プラン(定期契約なし) 7,480円~

プランは3年契約と2年契約、定期契約なしの3種類であり、通信速度は1Gbps・5Gbps・10Gbpsから選べます。ただし5Gbpsと10Gbpsは関東圏の一部エリアでしか利用できないため、基本的には1Gbpsのプランを使うことになるでしょう。

ずっとギガ得プランは1年ごとに月額料金が安くなるので、3年以上長期で利用する方に適しています。

auひかり マンションの料金

auひかり マンションの料金は以下の通りです。

タイプ お得プランA 標準プラン
タイプG 4,510円~※お得プラン 5,720円~
タイプV 4,180円~
都市機構 4,180円~
都市機構G 4,180円※お得プラン 5,390円
タイプE 3,740円~
タイプF 4,290円
マンション ギガ 4,455円
マンション ミニギガ 5,500円

auひかり マンションのタイプは8種類あり、住んでいるマンションの階数や契約数などによって利用できるタイプが異なります。タイプによって通信速度や料金も異なるので、事前にエリアチェックで確認しておくことをおすすめします。

2年契約のお得プランAと定期契約なしの標準プランで料金が変わらないタイプが多いので、短期の利用や契約期間や解約料金に抵抗がある方もお得に利用できます。

auひかりの速度

auひかりの平均通信速度は以下の通りです。

auひかり
平均下り速度 469.92Mbps
平均上り速度 443.54Mbps

※引用:みんなのネット回線速度

上記の通信速度は、2023年2月時点における直近3ヶ月間の平均速度です。フレッツ光の回線を使用している光コラボ事業者の多くは200Mbps~300Mbps程度なので、auひかりは光コラボ事業者よりも通信速度が速いといえます。

動画編集や高画質なオンラインゲームなど、容量の大きなデータやアプリケーションを利用する際にも快適に使えるでしょう。

auひかりのプロバイダ

auひかりで使えるプロバイダは以下の通りです。

auひかりのプロバイダ
  • @nifty
  • @TCOM
  • ASAHIネット
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

利用できるプロバイダはプランのタイプによって異なります。最大7種類のプロバイダから選べるので、プロバイダにこだわりがある方にもおすすめです。

ただしNNコミュニケーションズのキャッシュバックを72,000円もらうには、So-netへの加入が必要です。他社プロバイダに加入するとキャッシュバックの金額が下がってしまうので注意しましょう。

auひかりの解約料金

auひかりの解約料金は以下の通りです。

プラン 解約料金
auひかりホーム ずっとギガ得プラン(3年) 4,730円
auひかりホーム ギガ得プラン(2年) 4,460円
auひかり マンション お得プラン:2,730円
お得プランA:2,290円

上記の解約料金は2022年7月1日以降に改定されたものであり、以前はより高額でした。現在の解約料金は5,000円以下なので、他社に乗り換える・解約する際にも更新月を気にせず気軽に手続きできるでしょう。

契約の縛りや解約料金が気になる方は、定期契約のない「標準プラン」も利用できます。少々月額料金は高いですが、短期で使いたい方や契約期間や解約料金に抵抗がある方におすすめです。

auひかりのキャッシュバック

auひかりのキャッシュバックauひかりの代理店別に表にまとめました。

代理店 最大金額 オプション・条件
NNコミュニケーションズ 72,000円 電話(550円)
フルコミット 93,000円 電話(550円)
グローバルキャスト 66,000円 ・電話(550円)
・指定オプション加入
25 66,000円 ・電話(550円)
・指定オプション加入
・auにスマホ乗り換え
INEライティング 55,000円 電話(550円)
So-net 70,000円 なし
@nifty 30,000円
BIGLOBE 60,000円
DTI 38,000円
@TCOM 40,000円

金額が最も高いのはフルコミットですが、最大額を受け取るまでに1年ほどかかります。一方でNNコミュニケーションズ開通月の翌月に受け取ることができ、申請も契約申し込み時の電話にて振込先の口座を伝えるだけなので手続きの手間もかかりません。

なるべく早くキャッシュバックが欲しい・申請忘れを防ぎたい方はNNコミュニケーションズがおすすめです。

\最大72,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換え|事業者変更と新規契約の違い

光回線の契約には、「転用」「事業者変更」「新規契約」の3つの方法があります。転用はフレッツ光とフレッツ光の回線を使う光コラボ事業者間で行える手続きです。

事業者変更は光コラボ事業者間で利用できる手続きであり、ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際には「新規契約」が利用可能です。

本章では、事業者変更と新規契約の違いについて詳しく解説します。

項目 事業者変更 新規契約
開通工事 不要 必要
工事費 発生しない 発生する
ネットが使えるまでの空白期間 なし あり
電話番号の引き継ぎ 手間がかからない アナログ戻しが必要
ONUなどの機器の交換・返却 不要

auひかりはフレッツ光ではなく独自回線を使用しているため、ソフトバンク光を解約しauひかりを新規契約する必要があります。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換え|事業者変更とは

事業者変更とは、フレッツ光の回線を使用している光コラボ事業者間で利用できる手続きです。同じ回線を使っているため、回線工事を行う必要がなく事業者が切り替わるのを待つだけなので、インターネットが利用できない空白期間もありません。

工事費がかからずインターネットが使えない期間がないので、気軽に他社光コラボ事業者へ乗り換えられます。しかし、auひかりへ乗り換える際には事業者変更は利用できません。例えば、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合は、事業者変更が適用できます。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換え|新規契約とは

新規契約とは、新たに回線工事を行い自宅や職場に光回線を設置する手続きです。これまで光回線を使っていなかった方や、別の回線に乗り換える際に利用します。

ソフトバンク光とauひかりは使用回線が異なるため、auひかりで新規契約しソフトバンク光を解約する必要があります。

新規契約では回線工事が必要であり費用も発生します。auひかり開通後にソフトバンク光を解約すればインターネットが使えない期間が発生するのを避けられますが、立ち会い工事が必要で開通まで時間がかかるなど非常に手間がかかります。

開通まで時間がかかる、手続きに手間がかかることが面倒だと感じる方には向いていないでしょう。

\最大72,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えると貰えるキャッシュバック

引用元:NNコミュニケーションズ

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際にもらえるキャッシュバックを、代理店ごとに表でまとめました。

代理店 最大金額 オプション・条件
NNコミュニケーションズ 72,000円 電話(550円)
フルコミット 93,000円 電話(550円)
グローバルキャスト 66,000円 ・電話(550円)
・指定オプション加入
25 66,000円 ・電話(550円)
・指定オプション加入
・auにスマホ乗り換え
INEライティング 55,000円 電話(550円)
So-net 70,000円 なし
@nifty 30,000円
BIGLOBE 60,000円
DTI 38,000円
@TCOM 40,000円

代理店によってキャッシュバックの金額や条件が異なります。また、キャッシュバックの申請方法や進呈時期も異なるので、金額だけで判断せず条件や進呈時期も確認しましょう。

金額はフルコミットが1番高額ですが、最大額が進呈されるまで1年ほど時間がかかります。申請方法や進呈時期を加味すると、フルコミットより金額は下がりますがNNコミュニケーションズが1番おすすめです。次の章でその理由を解説します。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えはNNコミュニケーションズがおすすめ

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際には、NNコミュニケーションズを利用することをおすすめします。キャッシュバック自体はフルコミットの方が高額ですが、オプション無しの時にもらえる金額や申し込み方法のシンプルさなどNNコミュニケーションズの方が利便性が高いです。

代理店 NNコミュニケーションズ フルコミット
最大キャッシュバック 72,000円 93,000円
オプション無しの場合 56,000円 25,000円
申し込み方法 申し込み時の電話確認のみ WEBにてキャッシュバック申請
進呈時期 開通月の翌月 最短で開通月の翌月
※最大額の場合は開通月を含む13ヶ月後
受け取り率※ 99.3% 30.3%

信用調査会社「株式会社東京商工リサーチ」調べ

フルコミットは最大で93,000円もらえますが、最大額を受け取るには約1年かかります。1年後にWEBにてキャッシュバックの申請をする必要があるため、申請し忘れてしまうリスクもあります。信用調査会社の株式会社東京商工リサーチの調査によると、キャッシュバックの受け取り率は30.3%と非常に低いです。

一方でNNコミュニケーションズは、申し込み時の電話確認の際に振込先の口座を伝えるだけでキャッシュバックの手続きができるので、申請忘れの心配がありません。実際にキャッシュバックの受け取り率は99.3%とほぼ全ての方が受け取ることができています。

NNコミュニケーションズ公式サイトにもauひかりにおけるキャッシュバック率が3年連続1位と記載されており、いかにNNコミュニケーションズで確実にキャッシュバックがもらえるのかわかります。申請の手間がなくなるべく早くキャッシュバックを受け取りたい方はNNコミュニケーションズがおすすめです。

\最大72,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

ソフトバンク光からauひかりの料金や速度の違いを比較|どっちがいい

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える手順やポイントについて解説しましたが、実際にどちらの光回線が良いのでしょうか。本章では、ソフトバンク光とauひかりの料金と速度を比較します。

料金はほぼ変わらないため、料金を安くする目的でauひかりに乗り換えるのはおすすめしません。一方でauひかりに乗り換えることで通信速度の改善が期待できるので、通信速度の速さにこだわりがある方に適しているでしょう。

ソフトバンク光とauひかりの料金を比較

ソフトバンク光とauひかりの2年契約時のインターネット料金を比較しました。

ソフトバンク光※ auひかり※
戸建て 5,720円 5,720円
マンション 4,180円 3,740円~5,500円

※電話を利用するなら別途550円のオプション料金が発生

2年契約の料金はどちらのタイプも大きな差はありません。マンションの場合は、利用する場所によってはauひかりの方が安く使える可能性があります。

ソフトバンク光には5年契約、auひかりには3年契約のプランもあり、上記表の料金よりも安くなります。長期的に利用する予定の方は、2年以上契約期間があるプランを選ぶと良いでしょう。

ソフトバンク光とauひかりの通信速度を比較

ソフトバンク光とauひかりの通信速度を「みんなのネット回線速度」にて調べました。

平均下り速度 平均上り速度
ソフトバンク光 325.18Mbps 469.92Mbps
auひかり 251.17Mbps 443.54Mbps

※引用:みんなのネット回線速度

auひかりはソフトバンク光よりも通信速度が速いです。独自回線を使用しており、ソフトバンク光のフレッツ光の回線よりも利用者が少ないため、より快適にネットが使えます。動画編集など通信速度の速さにこだわりがある方もauひかりがおすすめです。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える3つのメリット

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えるメリットは以下の通りです。

  • 通信速度が速くなる
  • au・UQモバイルのスマホにセット割引が適用される
  • キャッシュバックや違約金負担のキャンペーンが充実

auひかりの実効速度は「みんなのネット回線速度」にもある通り、ソフトバンク光よりも速いです。そのため、速度を重視している方に適しているでしょう。また、セット割引やキャッシュバック・違約金負担など特典も充実しているので、乗り換えの費用が気になる方にも安心です。

下記にて、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

メリット1:通信速度が速くなる

ソフトバンク光とauひかりの通信速度を比較した結果、auひかりの方が速いことがわかりました。

平均下り速度 平均上り速度
ソフトバンク光 325.18Mbps 469.92Mbps
auひかり 251.17Mbps 443.54Mbps

※参考:みんなのネット回線速度

ソフトバンク光はフレッツ光の回線を使用しています。フレッツ光はもちろん、他の光コラボ事業者と同じ回線を共有しているため、回線利用者が多い傾向にあります。

ソフトバンク光も「みんなのネット回線速度」の実効速度は申し分ないほど速いですが、利用するエリアや住宅の環境によっては速度が遅いと感じる方も多いのではないでしょうか。一方でauひかりは独自回線を使用しているので回線利用者が少なく、より快適にインターネットが利用できます。

動画編集や高画質なオンラインゲームなど、通信速度を重視する方にもauひかりは適しているでしょう。

メリット2:au・UQモバイルのスマホにセット割引が適用される

auひかりはauやUQモバイルのスマホとセットで利用すると、スマホの料金から割引が適用される「auスマートバリュー」「自宅セット割」の対象です。

割引額・回線数
au(auスマートバリュー) 550~1,100円引き × 最大10回線 永年割引
UQモバイル(自宅セット割) 638~858円引き × 最大10回線 永年割引

最大1,100円の割引が回線ごとに適用され、家族の回線にも利用できるのでau・UQモバイルユーザーにとてもお得です。そのため、au・UQモバイルを使っている方はぜひauひかりを利用することをおすすめします。

他社スマホを使っている方も、auひかりへの乗り換えと同時にスマホも乗り換えてはいかがでしょうか。

メリット3:キャッシュバックや違約金負担のキャンペーンが充実

auひかりには違約金や工事費の残債を負担する特典が用意されているため、ソフトバンク光から乗り換える際に違約金や工事費がかかる方も安心です。さらにキャッシュバックもあり、代理店によってはauひかりの工事費に充ててもプラスになります。

NNコミュニケーションズではオプション加入で72,000円、オプション無しでも56,000円のキャッシュバックがもらえます。開通月の翌月にもらえるだけでなく、手続きも申し込み時の電話確認のみなのでキャッシュバックの申請を忘れる心配もありません。

違約金やソフトバンク光の工事費の残債、auひかりの工事費をネックに感じている方も、キャンペーンを駆使すればお得に契約できます。

\最大72,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える3つのデメリット

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える3つのデメリットは以下の通りです。

  • auひかりのエリアが狭い
  • ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割引が使えなくなる
  • 工事や解約の手間がかかる

auひかりはフレッツ光よりも対応エリアが狭いため、今までソフトバンク光を使えていた地域で利用できない可能性があります。通信速度は速くなりますが月額料金は少々高くなるので、通信費を抑えたい方も注意が必要です。

下記にて、それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

デメリット1:auひかりのエリアが狭い

フレッツ光は全国に対応していますが、auひかりは以下の都道府県で利用できません。

  • 静岡県
  • 岐阜県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 奈良県
  • 兵庫県
  • 和歌山県
  • 沖縄県

中部地方の一部と関西、沖縄ではauひかりは使えません。ソフトバンク光から乗り換える際は、設置する住所がauひかりの対応エリアかどうか確認が必要です。

上記に記載のない都道府県であってもエリア外の可能性もあるので、ソフトバンク光で解約する前に必ずチェックしましょう。auひかりのエリアチェックは、auひかり公式サイトから行えます。

デメリット2:ソフトバンク・ワイモバイルとのセット割引が使えなくなる

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えると、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホとのセット割引が使えなくなります。1回線につき1,100円(ワイモバイルは1,188円)、最大10回線まで適用できる割引なので、家族でソフトバンクやワイモバイルを使っていた方はスマホの料金が高くなる恐れがあります。

インターネットだけでなくスマホもお得に使い続けたい場合は、auひかりへ乗り換える際にスマホもauまたはUQモバイルに変える必要があります。

デメリット3:工事や解約の手間がかかる

auひかりは独自回線なので、ソフトバンク光から事業者変更で手続きできません。ソフトバンク光を解約しauひかりを新規で契約しないといけないため、回線工事も必要です。

auひかりは申し込みから開通まで1ヶ月から2ヶ月ほどかかるといわれているので、ソフトバンク光の解約とauひかりの開通の間に、インターネットが使えない期間も発生するでしょう。手続きに手間がかかるので、光回線の乗り換えに時間をかけられない方には不向きです。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際によくある質問集

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際によくある質問をまとめました。

  • ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えるとKDDIから電話がある?
  • ソフトバンク光とauひかりとドコモ光は正直どれがおすすめ?
  • ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際に工事不要なことはある?

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えるにあたって、「勧誘電話があるのではないか」「工事不要で使える方法はないのか」と気になる方が多いでしょう。

それぞれの質問について詳しく回答するので、ぜひチェックしてください。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換えるとKDDIから電話がある?

公式サイトにも、お得な情報を案内するためにKDDIから電話をすると記載があります。

公式サイトによると、KDDIからお得な情報を案内するために電話がかかってくるケースがあるようです。

そのため、auひかりへ乗り換えることでauのスマホなど別サービスについて電話がくる可能性は高いです。一方で、ネット上でKDDIの電話について調べると、「電話勧誘がしつこい」などの情報がありました。

中には代理店なのにKDDIやauを名乗って電話をかけてくるケースもあるようです。au公式サイトにはKDDIで利用している電話番号が開示されているので、電話が頻繁にかかってくる場合は一度チェックしてみましょう。

KDDIお客さまセンター
  • au携帯電話から:157
  • 一般電話から:0077-7-111
  • 受付時間:9:00~20:00※年中無休

KDDIからの電話がしつこいと感じた場合は、KDDIお客さまセンターに問い合わせることをおすすめします。

ソフトバンク光とauひかりとドコモ光は正直どれがおすすめ?

それぞれスマホセット割が利用できるので、自分のスマホのキャリアに合わせて選びましょう。

ソフトバンク光・auひかり・ドコモ光ではそれぞれスマホとのセット割引が利用できます。

ソフトバンク光 auひかり ドコモ光
対象の通信会社 ソフトバンク
ワイモバイル
au
UQモバイル
ドコモ
割引額 最大1,100円

加入するプランや会社によっては割引額は変動しますが、最大で1回線あたり1,100円の割引が適用されます。さらに家族回線にも適用できるので、家族が4人いれば最大4,400円の割引が毎月発生します。

通信費をより安く抑えたいのであれば、自分や家族が現在利用している通信会社に合わせて選びましょう。光回線を乗り換えるのと同時に、スマホを乗り換えるのもおすすめです。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える際に工事不要なことはある?

回線工事が必要です。

ソフトバンク光とauひかりは使用している回線が異なります。auは独自回線のサービスを提供しているため、ソフトバンク光から乗り換える場合回線工事が必須です。そのため、工事不要で利用できることはありません。

工事不要で乗り換えたいのであれば、ソフトバンク光と同じくフレッツ光の回線を利用している光コラボ事業者に乗り換えるのをおすすめします。auひかりは工事を避けることはできませんが、通信速度はかなり速くなるのでより快適にインターネットが利用できるようになります。

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える手順のまとめ

本記事では、ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える手順やメリット・デメリット、キャンペーンについて解説しました。

  • 通信速度を改善したい
  • au・UQモバイルのスマホとセットでお得に使いたい
  • キャッシュバックが欲しい
  • 乗り換えの時の工事の残債や違約金が気になる

上記のような方は、ソフトバンク光からauひかりへの乗り換えをおすすめします。ソフトバンク光よりもauひかりの通信速度が速いため、ソフトバンク光の速度に不満を持っている方に適しています

さらに、auスマホとUQモバイルのスマホとのセット割引もあるので、現在au・UQモバイルを使っている方はもちろんこれからスマホの乗り換えを検討している方にもおすすめです。

NNコミュニケーションズでは開通月の翌月に最大72,000円のキャッシュバックがもらえます。手続きも申し込み時の電話確認のみなのでもらい忘れの心配もありません。違約金相当額の還元キャンペーンも利用できるので、よりお得に他社へ乗り換えたい方にもぴったりです。

スマホもネットもお得に使いたい方はぜひソフトバンク光からauひかりに乗り換え、auまたはUQモバイルをセットで利用しましょう。

\最大72,000円キャッシュバック/

auひかりの評判はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社NNコミュニケーションズは日本インターネット協会に所属し通信インフラの構築からブロードバンドサービスの提案まで現在のインターネットを基礎構築からユーザーの対応まで一貫して行っています。通信・情報をビジネスに活かし日本の発展させる企業グループでもある一般社団法人テレコムサービス協会の一企業としてインターネットで得た知見をもとに複雑と感じることが多いと言われている光回線の情報をわかりやすく発信しています。

コメント

コメントする

目次