▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

ワイモバイルのポケットWi-Fiがおすすめできない理由|ルーターの劣化

主にスマートフォンで事業展開しているY!mobile(ワイモバイル)ですが、ポケットWi-Fiもあるのはご存知ですか。

ポケットWi-Fiは、端末1台を持ち歩くだけで手軽にインターネットが利用できますが、実は提供する会社によって料金もサービスも全く異なります

今回はこのワイモバイルのポケットWi-Fiについて、WiMAXと比較しながらお話していきます。

ペンギン

一覧化された料金や端末をそれぞれ見比べよう。

この記事の結論は以下の通りです。

  1. ポケットWi-FiはワイモバイルよりもWiMAXの方がオススメ
  2. プロバイダ(販売代理店)経由での契約が一番安い
  3. オススメプロバイダはGMOとくとくBB WiMAX
  4. 端末は最新機種がおすすめ
  5. プランはギガ放題

ポケットWi-Fiが欲しいけど申し込み方が分からない、どこで申し込めば安く済むのか知りたいといった方は是非参考にしてみてください。

ワイモバイルのポケットWi-FiとWiMAXを徹底比較

ワイモバイルのポケットWi-FiとWiMAXはどういった違いがあるのでしょうか。

結論から言うと、ワイモバイルはサービス自体は悪くないものの、WiMAXと比較すると料金が割高でさらに端末のスペックも落ちるためオススメできません

この章では両社の違いを具体的にみていきます。
まずは現在ポケットWi-Fiを提供している全5社の料金表を見てください。

月間データ量 月額料金 キャンペーン

docomo
5G~ 6,400円~

Y!mobile
7GB 3,696円
無制限 4,380円

SoftBank
7GB 3,991円 ユーザー限定割引

au
7GB 3,696円 ユーザー限定割引
無制限 4,380円

UQWiMAX
7GB 3,696円 キャッシュバック
月額割引
無制限 4,380円

一見どのポケットWi-Fiもほとんど値段が変わらないように見えるかと思います。
特にワイモバイルとUQWiMAXはどちらも全く同じ料金です。

ただ、実はこれは表向きの数字であって、WiMAXのキャンペーンを加算するとトータル的にはかなりの差額ができます。

【料金比較】WiMAXのプロバイダを利用すれば安く手に入る!

ワイモバイルのような直営店を利用するのではなく、WiMAXのプロバイダ(販売代理店)を経由すると安く契約することができます

WiMAXを提供するプロバイダは現在20社以上あり、どのプロバイダもUQコミュニケーションズ社の回線を利用しています。
したがって通信速度・対応エリアは全く同じです。

ペンギン

端末もサービスも同じならより安いプロバイダで契約した方がいいよね。

具体的にY!mobileとWiMAXの無制限プランで契約した場合の料金を比較します。
UQWiMAXだけでなく、WiMAXの中でも最安値のGMOとくとくBBも一緒に見ていきましょう。

Y!mobile WiMAX

Y!mobile

UQWiMAX
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
プラン名 アドバンスオプション ギガ放題 ギガ放題
容量 無制限 無制限 無制限
実質月額 4,444円 4,913円 3,337円
1年の実質費用 53,336円 58,960円 40,053円
キャッシュバック なし なし 32,000円
端末 603HW WX06,W06,HOME02,HOMEL02
最大通信速度 下り612Mbps 下り1.2Gbps

比較して顕著に分かるのが、1年間の実質費用の差額です。
特にGMOとくとくBBはY!mobileと比較すると約1万円以上も安くなります。

ペンギン

プロバイダ同士は常に競合しているから、より良いサービスを提供しようと毎月キャンペーンがあるのが特徴だよ。

このようにWiMAXが安くなる理由として、高額キャッシュバックがあります。
そのため、安くポケットWi-Fiを利用するなら間違いなくWiMAXの方がおすすめです。

\ 今月のキャンペーンはこちら /

【端末比較】W06と603HWを比較

安いなら何かしら端末のスペックが良くないのか…といった心配もありません。

WiMAX端末は毎年新しい機種が発売されるため、常にスペックが上がっています
一方でワイモバイルの端末は一番スペックの高い端末でも2年以上前の機種になります。

以下はワイモバイルの”603HW”と、WiMAXの”W06″でそれぞれの比較です。

Y!mobile WiMAX

603HW
W06
W06
発売日 2017/2/16 2019/1/25
製造 HUAWEI HUAWEI
端末代 0円 0円
受信最大速度 標準モード 350Mbps 558Mbps
ONモード※ 612Mbps 1.2Gbps
送信最大速度 標準モード 37.5Mbps 30Mbps
ONモード※ 13Mbps 75Mbps
通信回線 FDD-LTE
AXGP+TDD-LTE
WiMAX2+
LTE
バッテリー容量 2,400mAh 3,000mAh
連続通信時間 約8.5時間 約9時間
対応エリア 詳細 詳細

※ONモード=603HW:AXGP+TDD-LTE回線,W06:LTE回線

特に注目していただきたいのが受信速度です。
WiMAXのW06では最大558Mbps、さらにLTEモードに切り替えると最大1.2Gbps(1200Mbps)もの速度が実現します。

ペンギン

受信速度はメールを受け取ったり、Web閲覧や動画視聴といった際に非常に重要だよ。

ちなみに対応エリアについては、それぞれの公式サイトで確認できます。エリア差ははどちらもほぼ変わらなく、全国90%以上を網羅しています。

以上から、ワイモバイルも悪くはないですが、WiMAXの方が全てにおいてスペックが上と言えるでしょう。

携帯キャリアはあまりポケットWi-Fiに力を入れてない印象を受けるなぁ…。

イヌ

結論:WiMAXのGMOとくとくBBが最安値

以上見てきたように、WiMAXのプロバイダ経由で契約するのが一番おすすめです。

特に現在高額キャッシュバックキャンペーンがあるGMOとくとくBB WiMAXであれば、最安値で申し込むことができます。

実際に20社以上あるうちの上位プロバイダで比較すると、現在GMOとくとくBBが一番安くなります。
以下はトータル費の安い順にランキング化したものです。

※1年あたりのトータル費={(月額料金×36ヶ月)-キャンペーン割引}÷3
※全プロバイダ共通の初期費用(3,000円)とユニバーサル料(2円)を除く

順位 プロバイダ キャンペーン 1年間あたりの費用 実質月額
1位 GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
キャッシュバック
32,000円
40,053円 3,337円
2位
BroadWiMAX
月額割引 42,875円 3,572円
3位
カシモWiMAX
月額割引 43,320円 3,610円
4位
DTI WiMAX
月額割引 43,476円 3,623円
5位
EXWiMAX
月額割引 44,269円 3,689円
6位
ASAHIネット WiMAX
月額割引 47,480円 3,956円
7位
TiKiモバイル
月額割引 47,880円 3,990円
8位
hi-ho WiMAX
キャッシュバック
10,000円
48,320円 4,026円
9位
So-net WiMAX
月額割引 48,552円 4,046円
10位 BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
キャッシュバック
17,000円
(※データ端末購入の場合)
49,960円 4,163円

冒頭でも少しお話しましたが、WiMAXはどのプロバイダも同じ回線を使っているため、通信速度・対応エリアは全く同じです。
したがって、より安いプロバイダで契約することをオススメします。

ちなみにキャンペーンは期間限定なので、終わらないうちに早めに申し込むのが得策です。

20日以内ならキャンセル無料

GMOとくとくBBでは、契約後もし満足できなかった場合、20日以内なら無料で解約できるサービスがあります。
そのため、まずは一度WiMAXを試してみて、その後契約し続けるか判断するのも良いでしょう。

このサービスで、通信速度や対応エリアの確認ができるね。

イヌ

まとめ

\ 今月のキャンペーンはこちら /

ワイモバイルのポケットWi-Fiは目立ったキャンペーンがないので、安く契約することができません。

キャンペーンのあるWiMAXのプロバイダで申し込むのが、現時点で得策と言えます。

またWiMAXだけでなく、格安SIMなどのインターネットサービスは、直接店頭で申し込むよりもWebでの申し込みが一番安くなる仕組みになっています

ペンギン

ちょっとの知識さえあれば、ネット通信はよりお得に契約できるんだ。

最後に今回の内容を改めてまとめます。

  1. ポケットWi-FiはワイモバイルよりもWiMAXの方がオススメ
  2. プロバイダ(販売代理店)経由での契約が一番安い
  3. オススメプロバイダはGMOとくとくBB WiMAX
  4. 端末は最新機種がおすすめ
  5. プランはギガ放題

キャンペーンは期間限定なので、契約するなら“今”がタイミングです。
是非この機会を逃さないで、快適にインターネットを使いましょう!