▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

WiMAXのSIMカードを別の端末機種に差し替えるベストな方法と手順【プロが解説】

WiMAXのSIMカード(UIMカード)さえあれば、他の端末機種に差し替えできるのをご存知ですか。

要は、旧型機種にもともと挿入されているSIMカードを、最新機種に入れ替えできるのです。(一部例外有り)

実はこの方法、WiMAX愛用者の中では割と知られている方法で、知っておくとかなり便利です。
実際に差し替えた方の口コミも。

今回はSIMカードを差し替える方法と、その際の注意点を徹底解説していきます。

すでにWiMAXを利用している方だけでなく、これから使う予定の方もぜひ参考にしてみてください。

WiMAXのSIMカードは違う端末に差し替えできる

冒頭でもお話したように、SIMカードさえあれば別の端末に差し替えることは可能です。

そのため、以下のシーンで活用できるでしょう。

  • 現行機種が壊れたため、新たに中古で購入した端末にSIMを差し替え
  • 外ではモバイル型端末、自宅ではホーム型端末に使い分け

例えば端末「W06」を使っている方は、有線接続に対応していないため、もしクレードルを使って有線にしたい場合は他の端末にする必要があります。
このように使用用途によって端末機種を変えるのも一つの手。

とはいえ、全ての端末・SIMカードが可能なわけではありません。
具体的な方法を把握しておく必要があります。

SIMカードを差し替えるための方法と必須条件

SIMカードを差し替える際に知っておきたい必須条件があります。

実際に試す場合は、以下の3つに気をつけましょう。

  1. SIMロックされていない白ロム端末を使う
  2. WiMAX専用の端末を使う
  3. SIMカードのサイズに合った端末を使う

1.SIMロックされていない白ロム端末を使う

SIMカードの差し替え先の端末は「SIMロックされていない白ロムの端末」である必要があります。
黒ロムの端末は差し替えできません。

なお、白ロムと黒ロムの定義は以下の通り。

    • 白ロムとは

端末本体に回線情報や個人情報が書き込まれていないロムのこと。そのためSIMカードに情報が書き込まれるようになっています。
したがってどんなSIMカードを挿入しても自由に使えるように設定されています。

    • 黒ロムとは

端末本体に回線情報や個人情報が書き込まれているロムのこと。この情報で誰がWiMAXを使っているかの認識が可能です。
SIMカードの差し替え不可能。

また、WiMAX端末が白ロムか黒ロムかの見分ける方法も簡単。

  • 端末本体の型番の末尾に「AT」の記載がある
    →白ロム
  • 記載がない
    →黒ロム

ちなみに黒ロムの場合、「AT」の記載がない代わりに、契約先のプロバイダ識別番号が書かれてます。
(例:端末本体の型番の末尾に「NY」の記載がある→@nifty専用の黒ロム端末)

そのため以下の経由で端末を手に入れた方は白ロム・黒ロムの可能性が高いです。

  • 【白ロム端末】
    →「UQ WiMAX」「BIGLOBE」経由で端末を手に入れた場合,
    Amazonなど通販で手に入れた中古品など(一部例外あり)
  • 【黒ロム端末】
    →「GMOとくとくBB」「@nifty」経由で端末を手に入れた場合

SIMカードを差し替えるなら、必ず白ロムの端末であるかをまずは確認しましょう。

2.WiMAX専用の端末を使う

SIMカードの差し替え先は、WiMAX端末でしか対応していません。
当然といえば当然ですが、iPhoneやiPadなどの機器には差し込めません。

形が同じでも読み込まれている情報が全く別物です。
間違えて挿入すると機器が破損する恐れがあるので気をつけましょう。

3.SIMカードのサイズに合った端末を使う

最後の必須条件は、SIMカードのサイズに合った端末に差し込むということ。

SIMカードには、「標準SIM(mini SIM)」「Micro SIM」「Nano SIM」の3種類あります。
種類によってサイズ・形が違うので使っているのは何か確認してください。

なお、各端末に対応しているSIMカードは以下の通り。

SIMカードの種類 対応機種
Nano IC 「W06」「WX05」「W05」「WX04」「L01s」
Micro IC 「W04」「L01」「WX03」「W03」「WX02」「W02」「novas HOME+CA」

比較的新しい端末は「Nano SIM」のICカード、一方旧型機種は「Micro SIM」のICカードの傾向がありますね。

【裏技】差し替えせずに新たな端末・SIMカードを無料で手に入れる方法

SIMカードを差し替える際に、差し替え先の端末は最新であればあるほど良いですよね。
現に2016年発売の「W03」に比べると、2019年発売の「W06」では下り最大通信速度が3倍以上はやくなっています。

ただしAmazonといった販売店で最新機種を購入するとだいたい7,000円~9,000円が相場となっており高いのが現状。

そのような場合におすすめできるのがBroadWiMAXの無料お乗り換えサービスです。

現在契約中のプロバイダを途中解約してBroadWiMAXに乗り換えれば、発生する契約解除料を全額負担(上限19,000円)してもらえ、さらに目的の最新機種が無料で手に入ります。
つまりわざわざ差し替えの作業をせずに、新しい機種とSIMカードが手に入るのです。

したがって以下の方におすすめ。

  • 現行機種から最新の機種に乗り換えたい場合
  • 白ロム・黒ロムをいちいち見分けて探すのが面倒くさい場合
  • SIMカードの差し替えができない場合
  • お金をかけずに最新機種を手に入れたい場合

なお、プロバイダによっては機種変更できる場合もありますが、機種変更はおすすめしません。
参考:「注意!実はWiMAXの機種変更で損をする落とし穴

また、WiMAXはどのプロバイダで契約しても同じ回線を利用しているので、各通信速度・エリアは全く同じ。
そのためBroadWiMAXに乗り換え後も同じ通信環境が保てます。


\ 口座振替対応 /

まとめ

さて、今回は、WiMAXのSIMカードを別端末に差し替える方法をご紹介しました。

内容をまとめると以下の通り。

  1. 差し替え先の端末は白ロム端末を使う
  2. 白ロム端末の見分け方は、端末本体の型番の末尾に「AT」の記載があるかどうか
  3. SIMカードの互換はWiMAX専用端末のみなので注意
  4. また、SIMカードのサイズに合った端末を使う
  5. もし差し替え作業ができない&面倒な場合はBroadWiMAXの乗り換えサービスで最新機種&SIMカードをゲットするのが最適

少し解説が長くなりましたが、やるべきことはシンプル。
ぜひ当記事を参考にして試してくださいね!

▼WiMAX最新情報はこちら
【2021年最新】WiMAXの料金ランキング!最安でお得に契約できるはここ