▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

WiMAXのバッテリー持ち(通信時間)は本当に悪いのか?徹底分析してみた

WiMAXは自宅だけでなく外出時にも利用できるため非常に便利ですが、一方でバッテリーが長く持たないと意味がありません。

特に外でネットを使う機会が多い方にとってはどれだけ通信時間が持つかは重要なポイントでしょう
今回はそのWiMAXのバッテリーについて実際の声とともに徹底分析していきます。

ペンギン

公式サイトに記載されている数値だけじゃなくて、実際使用した声も取り入れるのが大切…!

また、すでにWiMAXを使っていてバッテリーが長時間持たない…といった方にもいくつか対策をお話しています。
WiMAXのバッテリーに疑問がある方や、これから契約する上でバッテリー面も知りたい方はぜひ参考にしてください。

実際の声で分かるWiMAXのバッテリー持ちの真相

一般的に、WiMAXの通信時間は10~12時間は持つと言われています。
まずはこれまで発売されてきた端末機種で、バッテリー時間(連続通信時間)を比較してみましょう。

※WiMAXは3つのモードで通信状態の切り替えが可能
※ハイパフォーマンスモード=下り最大440Mbps通信,ノーマルモード=下り最大220Mbps通信,エコモード=下り最大110Mbps通信

WX06 W06 WX05 W05 WX04
WX06 W06 wx05 w05 wx04
発売日 2020/1/30 2019/1/25 2018/11/8 2018/1/19 2017/11/1
バッテリー容量 3,200Ah 3,000mAh 3,200mAh 2,750mAh 3,200mAh
連続通信時間
(ハイパフォーマンスモード)
約8.3時間 約7.1時間 約8.1時間 約6.5時間 約8.1時間
連続通信時間
(ノーマルモード)
約11.5時間 約9時間 約11.5時間 約10.5時間 約13.8時間
連続通信時間
(エコモード)
約14時間 約11.6時間 約14時間 約10.5時間 約13.8時間
LTE回線利用時 約13.3時間 約10時間 約13.3時間 約6.5時間 約10.5時間
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社

一覧表からバッテリー持ちが良い端末はWXシリーズで、また最新機種では「WX06」が長持ちすることがわかります。

通常モード(ノーマルモード)で約11.5時間、エコモードに切り替えると最大約14時間が可能です。

ただ、これらはあくまで公式が推定する最大値なので、参考程度に把握しておくのが適切です。
どれくらいバッテリーが持つのかは、公式の推定値だけでなく実際の声を聞くのも大切だからです。

バッテリーに関する実際の声

当サイトでは、WiMAXのバッテリーにおける口コミを集計し、特に多かった声のメリット・デメリットを2つずつピックアップしました。
それでは一つ一つ確認していきます。

良い口コミ1.バッテリー持ちが良い
良い口コミ2.バッテリー交換が可能
悪い口コミ1.バッテリーが1日しか持たない
悪い口コミ2.バッテリーが膨張した

良い口コミ1.バッテリー持ちが良い

WiMAXを43Mbpsと快適に通信でき、バッテリー持ちが良いとの声。
この方は速度に強みがある「W06」を使っておりますが、バッテリー持ちも問題なさそうです。

このように、WiMAXは外出時にも持ち歩けるので、カフェやレストランでも気軽に利用できるのはメリットといえるでしょう。

良い口コミ2.バッテリー交換が可能

もし長年端末を利用して劣化した場合でも、「WX05」や「WX04」といったWXシリーズであればバッテリー交換が可能です。

この方は、バッテリー交換の有無が決め手になり「WX05」を選んだとのこと。
よりバッテリー持ちを持続させるなら、バッテリー交換も視野に入れて端末選びをするのが良いかもしれません。

悪い口コミ1.バッテリーが1日しか持たない

バッテリー持ちが良いという声がある一方で、あまり持たないとの声も…。
とはいえ、バッテリーが1日しか持たないという意見は、バッテリー付属の機器であれば平均的です。

例えばiPhone8の連続通信時間が12時間程度であることを考慮すると、「WX05」の最大14時間よりも短く、大きな影響は特にありません。

この方は、固定回線と比較していますが、もし固定回線のようにバッテリーを気にしたくない方は、WiMAXのホームルーターがおすすめです
ホームルーターにはそもそもバッテリーが付属しておらず、コンセントに繋いで利用するため常にWiFi接続が可能です。

悪い口コミ2.バッテリーが膨張した

バッテリーが誇張したという声は一定数見受けられました。
端末を常にONモードにしていたり、長年頻繁に使っているとバッテリーが劣化してしまいます。

その場合は、すぐにバッテリーを取り替えるor新たに端末を購入するのが最善策です。
また、WiMAXでは20ヶ月以上利用すると、端末を新たに取り替えられる無料サービスがあるので、そちらを使うのも一つの手でしょう。

ペンギン

もし誇張を避けたい場合は、WXシリーズじゃなくて「W06」といったWシリーズなら誇張の心配がないよ…!

WiMAXのバッテリーがすぐ切れる原因と対策

もし、WiMAXを使っていてバッテリーがあまり長く持たないなどトラブルがある場合は以下の3点を疑いましょう。

消費電力の多いモードを利用している

バッテリーが劣化している

契約直後で通信が慣れていない

それぞれ確認します。

原因1.消費電力の多いモードを利用している

WiMAXには使用状況によって3つのモードに切り替えられるのはご存知ですか。
端末から「ハイパフォーマンスモード」「ノーマルモード」「エコモード」のいずれかに切り替え可能です。

特徴 WX06 W06
ハイパフォーマンスモード 通信速度を優先 約8.3時間 約7.1時間
ノーマルモード 通信速度とバッテリーの両方をバランス良く利用 約11.5時間 約9時間
エコモード バッテリー持ちを優先 約14時間 約11.6時間

もしバッテリーの減りがはやいと感じる場合は、通信速度を優先した「ハイパフォーマンスモード」になっている可能性が高いです。
エコモードに切り替えることで、より長時間の通信が期待できます

原因2.バッテリーが劣化している

端末は2年以上利用していると、徐々に劣化していきます。
また、バッテリー持ちが悪い場合のほとんどの原因が劣化です。

したがって以下の状況に当てはまる方は、バッテリー交換が適切です。
バッテリーが膨張した
電源がいきなり切れる
操作しても反応が遅い

対策:WXシリーズならバッテリー交換可

「W06」はバッテリー交換ができませんが、「WX05」は電池パックの交換に対応しています。
なお、電池パックはUQアクセサリーショップ、またはAmazonなどで購入できます。

また、もし端末ごと新たに交換する場合は、「注意!実はWiMAXの機種変更で損をする落とし穴」の記事も合わせて参考にしてください。

原因3.契約直後で通信が慣れていない

契約直後の場合、充電が満タンでも電源がすぐ落ちてしまう…といったケースが少なくありません。
実際、筆者もなりましたが、2日程度で通常どおり使えるようになりました。

これは、契約直後の開通で端末が慣れていない等の原因が考えられます。
したがって、契約直後であれば、まずは焦らず長時間充電をしておきましょう。

もしそれでも解決できなかった場合は、こちらのお客様センターで問い合わせることができます。

結論:WiMAXのバッテリーは長時間可能!

さて、簡単にバッテリーについてご紹介しましたが、結論としてはWiMAXのバッテリーはポケットWiFiの中でも長く、スペックが高いといえるでしょう。

以下は各ポケットWiFiで最も通信時間が長い機種で比較したものです。

WiMAX Y!mobile docomo SoftBank
WX06
WX06
801HW
801HW

HW-01L

601HW
バッテリー容量 3,200mAh 3,000mAh 3,000mAh 2,400mAh
連続通信時間 約11.5時間 約8時間 約11時間 約8.5時間

※連続通信時間:ノーマルモード

4社の中でもWiMAXの「WX06」が約11.5時間(ノーマルモード)と最長です。

ペンギン

携帯キャリアは端末を2,3年に1回発売する程度で、一方WiMAXは毎年新しい端末が発売されることで、よりスペックが高くなっているのが特徴だよ。

バッテリー持ちの良い端末はWiMAXの「WXシリーズ」

より長時間の通信をしたい、という方は前述したように「WX06」や「WX05」など”WXシリーズ端末がおすすめです

特に”WXシリーズ”はNECプラットフォームズによる国産機種で、連続通信時間が強みとなっています。

▼「WX05」の最新情報はこちら
知っておきたいWiMAX機種「WX05」の唯一の欠点|クレードルは必要なのか

追記:契約前にバッテリー&通信状況を確認する方法

「WiMAXは欲しいけどまだ契約に踏み込めない…」という方は、WiMAXのお試しサービスを利用しましょう。
これにより、自宅エリアが繋がるかどうか、バッテリー持ちは大丈夫かなどの確認ができますよ。

当サイトがおすすめするWiMAXを試す方法は以下の2つです。

  • UQの「Try WiMAX」を使う
  • UQ WiMAXが提供する「Try WiMAX」はWiMAXを15日間無料お試しできるレンタルサービスです。

  • GMOの「20日以内無料解約サービス」を使う
  • GMOとくとくBBは契約後、20日以内であれば無料で解約できるサービスを実施しています。レンタルサービスではないので、もし満足すれば返却せずそのまま契約続行できるのがメリット。(詳細はこちら)

まとめ

WiMAXの端末”WXシリーズ”で、さらにエコモードであれば“最大約14時間”の通信が可能です。

これはあくまで公式が発表する数値であるため、ここまで長く持たないにしてもWiMAXの通信時間は他ポケットWiFiと比較すると長時間の部類でしょう。
外出するには特に問題はないかと思います。

ペンギン

選ぶ端末によって通信速度やバッテリー持ちが変わってくるのもポイントだね。

自分に合ったポケットWiFi・WiMAXをぜひ見つけてくださいね!