▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

iPadを使うならWiMAXが便利!5分で分かる利用方法

iPadでインターネット通信する方法としてWiMAXがあります。
WiMAX(ワイマックス)とは、回線工事なしで端末1台でネットに繋げるポケットWiFiの一つ。

ペンギン

月額3,000円程度でネットに接続できるから初心者でも使いやすいよ。

今回はなぜWiMAXがおすすめできるのか、そしてiPadとの接続方法、iPadとWiMAXのセット購入はできるのかなどについて詳しく解説します。

現在回線サービスを探している方や、iPadを使っている方はぜひ参考にしてみてください。

WiMAXでiPadは活用できる!

冒頭でもお話した通り、iPadを使うならWiMAXが非常に便利です。
主な理由は以下の2つ。簡単にみていきます。

回線工事なしで簡単に接続可能

実質使い放題で動画視聴やゲームができる

1.回線工事なしで簡単に接続可能

WiMAXは申し込み後、端末が自宅に届いた瞬間からネットに接続可能です。
難しい設定は不要で、電源を入れれば誰でも利用できるのがメリット。

そのため固定回線のような回線工事や、申し込みから利用できるまで2週間以上かかるなど、無駄な労力がいりません。

なお、WiMAXにおける詳しい内容は下記サイトを参考にしてください。
▼[初心者向け]WiMAXが向いている人・向かない人
WiMAXとは?初心者でも分かるオススメのプロバイダ会社を徹底比較

2.実質使い放題で動画視聴やゲームができる

2つ目のWiMAXの特徴は「実質無制限でネットが利用できる点」。
データ容量を気にせずに動画視聴やゲームができます。

なぜ”実質”無制限という表現をするかと言うと、一応3日で10GB以上利用すると一定時間速度制限という規制があるためです。
月間での上限ないので”無制限”と呼んでいるわけですね。

ペンギン

とはいえ、速度制限はWiMAXに限らずどのポケットWiFiにもあるから仕方ない部分ではあるよね…。

ただし大きな心配はありません。
WiMAXの場合、制限されるのは18時~翌2時の時間帯だけ。その時間を過ぎれば通常の速度に戻ります。

また、低速化される速度も1Mbps程度で公式では“標準画質のYoutubeが視聴できるレベル”と発表されています。

したがってiPadを使ってファイルをダウンロードしたい、ゲームや動画視聴をしたいといった方にはWiMAXは非常におすすめできます。

なお、10GBは実際にどのくらい使えるのか、データ量を数値化したので詳しくは以下をクリックして確認できます。

データ量 10GB 1日平均
Web閲覧
300KB/ページ 約40,000ページ 約13,333ページ
メール送受信
500KB/通 約20,000通 約6,666通

LINE
テキスト500文字 2KB/回 約500万回 約166万回
音声通話 300KB/分 約400時間 約133時間

YouTube
標準画質 3.5MB/分 約47時間 約15.6時間
高画質 60MB 約13時間 約4.3時間
MAP閲覧
732KB/回 約2,700回 約900回
Instagram
10MB/分 約16.5時間 約5.5時間
Twitter
335KB 約22,540回 約7,513回
Netflix
8MB/分 約20時間 約6.6時間

※※1000KB=1MB、1000MB=1GB

iPadをゲットして実際に接続してみよう

さて、WiMAXの特徴をなんとく理解できたら、実際にiPadを使って接続する方法をご紹介します。
まだiPadを持っていない方はぜひ参考にしてください。

なお、iPadを既に持っているのでWiMAXが欲しい!という方は次章最もWiMAXをお得に契約する方法へ飛べます。

iPadには2種類のタイプがあるのに注意!

iPadには「WiFiモデル」と「セルラーモデル」の2つの種類があります。

「WiFiモデル」のiPadは、WiFiに接続してデータ通信するiPadのこと。

一方、「セルラーモデル」はSIMカードをiPadに挿入する必要があり、LTEのキャリア回線(Softbankやdocomoなど)で通信できるiPadです。
SIMカードが必要ですが、その代わりWiFiがない環境でもネットに接続できます。

どっちのiPadを選べばいいの?

イヌ

結論から言うとiPadを購入するなら「WiFiモデルのiPad」がおすすめ。
理由は通信費を抑えられる上に、WiFi環境さえあればどこでも利用できるから。

一方セルラーモデルのiPadは別途SIMカードの契約が必要で、さらに維持費も高いのでおすすめしません。
また、iPadの料金も高いのも大きな理由です。

以下は各モデルのiPad Pro(11インチ/64GB)の料金例。

「WiFiモデル」のiPad 「セルラーモデル」のiPad
89,800円 106,800円

また、家電量販店などではiPadをWiMAXとセットで売っている場合がありますが、iPadやタブレットのセット購入はおすすめできません。
WiMAXとiPadは別々で購入するのが最も安いです。

ペンギン

こういったキャンペーンはiPadを24回払いといった形で毎月請求して、最終的に高額請求になるケースだよ…。

「実質iPadが無料」といったセールストークにダマされず、必ず別々で購入しましょう。

iPadでWiMAXに接続する手順

iPadをWiMAXに接続する方法は簡単。
以下の6ステップで誰でも接続できます。

  1. WiMAX本体から『情報』→『SSID情報』で自分のSSID・パスワードを確認する
  2. iPad本体から『設定』→『WiFi』をタップ。WiFiのモードをONにする
  3. ONにすると接続先のアクセスポイント一覧が表示されるのでSSIDを探す
  4. 指定のSSIDをタップ
  5. ①で確認したパスワードを入力
  6. 接続完了
簡単だね!

イヌ

最もWiMAXをお得に契約する方法

最後にWiMAXの契約方法をお話します。

まず最初に知っていただきたいのは「WiMAXはどこで契約しても同じ通信速度・エリアである」ということ。
したがって家電量販店であっても、auショップであっても、Webサイトでも同じUQの回線を使っています。

そのため、WiMAXを契約する際は「料金の安さ」を重視して選びましょう。

なお、家電量販店やauショップでの直接購入は料金が高いためおすすめしません。

ペンギン

人件費や運営費などでWiMAXを安く提供できない裏事情があるんだ…。

したがってWiMAXの契約はWebプロバイダ経由がベスト。

プロバイダ(販売代理店)は現在20社以上あり、プロバイダ経由で契約すると家電量販店などよりも最大4万円以上お得に利用することができます。
詳しくは以下の「最新料金ランキング」をチェックしてみてください!

WiMAXの最新料金ランキングはこちら

まとめ

今回はWiMAXをiPadで利用する場合の解説をしていきました。

これまでの内容をまとめると以下の通り。

  1. WiMAXは回線工事なしで実質無制限で利用できる
  2. ただし3日で10GBの規制があるので注意
  3. iPadは「WiFiモデル」が安くおすすめ
  4. iPadとWiMAXのセット購入キャンペーンはおすすめできない
  5. WiMAXを契約するならWebプロバイダ経由が最もお得

実際に私もWiMAXを使って快適に通信できています。
iPadと相性もいいので、ぜひ快適に通信してみてくださいね!