▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

最新ホームルーター「WiMAX HOME01」をレビュー|L01sと比較した結果は?

2018年12月にNECプラットフォームズ株式会社から「Speed Wi-Fi HOME01」が発売されました。

自宅やオフィスに置いてコンセントを繋ぐだけで、簡単にインターネットが利用できるホームルーターです。
固定回線のように回線工事をする必要がなく、料金も月額3千円程度に抑えることができます。

前回のホームルーターと何が変わったの?

イヌ

さらに前回のL01s端末と比べて、HOME01では新たな機能が追加されました
この記事ではHOME01の最新機能をご紹介したのち、L01sとも比較していきます。

ホームルーターと固定回線で悩んでいる方やHOME01とL01sの違いについて知りたい方は是非最後まで読んで参考にしてみてください。

ホームルーター「HOME01」の特徴と新機能について

HOME01ではWi-Fi通信で最大22台接続が可能で、1台置いておくだけで家族などでも同時に使うことができます。

さらに冒頭でも少しお話しましたが、WiMAXのホームルーターは面倒な手続きや工事の立ち会いも不要なので、引越し直後の荷解き中でもコンセントを指すだけで気軽に使えます。

はじめにHOME01の新たに搭載された機能について簡単に見ていきましょう。

WiMAXハイパワー

HOME01では送信電波の通信を向上させる「WiMAXハイパワー」機能があります。

そのため従来機種に比べて、自宅内の電波が届きにくい場所での通信速度が約70%向上します。

この送信パワーはWiMAX2+通信では初めてとなる新機能で、より速いインターネット接続が可能になりました。

ビームフォーミング技術

さらに「ビームフォーミング技術」によってより広範囲での通信が可能です。

この機能はWi-Fiの送信パワーが上がり、受信最大速度が従来の30Mbps(L01s)から70Mbpsにアップしています。

ペンギン

少し難しいけどワイドレンジアンテナとμSRアンテナの2つの高性能なアンテナが搭載されたよ。

HOME01ではこの「WiMAXハイパワー」と「ビームフォーミング技術」によって通信速度がさらに早くなりました。

スマホアプリから簡単設定

また電源や通信モードの切り替えなどは、もちろん端末機器から設定できますが、スマホアプリから操作することもできます。

簡単にルーターや通信の状態を見たり、通信モードの切替えができます。(※Android版とiOS版があります。)


\ 最新ホームルーターはこちら /

ホームルーターHOME01をL01sと比較

さて、簡単にHOME01の特徴を見ていきましたが、同じくホームルーターであるL01sとはどういった違いがあるのかご存知ですか。

機能的にはほとんど同じですが、実は販売会社がそれぞれ違います
HOME01はNECプラットフォームズ株式会社、そしてL01sはHUAWEIが販売しています。

結論から言うと、とにかくスペック重視の最新端末を選ぶならHOME01、スマホやパソコンなどたくさんの機器で接続するなら、同時接続台数の多いL01sを選ぶと良いです。

HOME 01 HOME L01s
発売日 2018/12上旬 2018/1/19
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI
質量 約338g 約450g
受信最大速度 440Mbps 440Mbps
送信最大速度 75Mbps 30Mbps
通信方式 WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
同時接続台数 最大22台 最大42台

送信最大速度はHOME01の方が早い

上の表で分かるように、通信速度が受信速度はどちらも変わらないものの、送信最大速度ではHOME01が75Mbpsと若干早くなります。

これは前章でお話した、HOME01に新たに搭載された「WiMAXハイパワー」と「ビームフォーミング技術」によって速度が上昇しています。

送信速度はメールの送信とか画像のアップロードの速度がより速くなるってことだね。

イヌ

同時接続台数はL01sの方が多い

一方で同時接続台数を比べるとHOME01の22台に対して、L01sでは最大42台の接続が可能です。

そのため、より多くの機器でインターネットを利用する予定の方はL01sにしておくと安心でしょう。

結論:端末よりプロバイダ選びの方が重要!

2つのホームルーターを比較していきましたが、正直スペック自体はそこまで大差ありません
どちらも安定した回線で利用できる上に、固定回線のような回線工事や追加料金が必要ないからです。

ペンギン

製造元が違うものの、使っている体感的にはほとんど変化ないよ…!

端末選びも大切ですが、実はそれよりもプロバイダ選びを優先するのが一般的です。

同じホームルーターを提供していても、プロバイダによってはトータル費が4万円上高くなってしまったりします。

まずは料金やサービスでプロバイダを選んだのち、端末を選ぶんだね。

イヌ

そこで次章ではホームルーターで、よりお得に契約できるようなプロバイダについてご紹介していきます。

まずはこれまでの内容をまとめていきます。

  1. スペック重視の最新端末を選ぶならHOME01
  2. スマホやパソコンなどたくさんの機器で接続したいならL01s
  3. とはいえ、どちらも性能は大差なし。端末選びよりもプロバイダ選びの方が大切!

ホームルーターを選ぶなら「GMOとくとくBB WiMAX」が最安値

ルーターを選んだら、次は本題のプロバイダ選びです。

結論としては現在最も最安値のプロバイダはGMOとくとくBB WiMAXです。

主な特徴は以下の3つです。それでは一つ一つ見ていきましょう!

  1. 料金が最安値
  2. キャッシュバックが高額
  3. 20日間無料

料金が最安値

最大のメリットは料金の安さです。
現在WiMAXを提供しているプロバイダ(会社)は20社以上ありますが、その中でもGMOは最安値で提供されています。

以下はトータル費の安い順にランキング化したものです。

※1年あたりのトータル費={(月額料金×36ヶ月)-キャンペーン割引}÷3
※全プロバイダ共通の初期費用(3,000円)とユニバーサル料(2円)を除く

順位 プロバイダ キャンペーン 1年間あたりの費用 実質月額
1位 GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
キャッシュバック
32,000円
40,053円 3,337円
2位
BroadWiMAX
月額割引 42,875円 3,572円
3位
カシモWiMAX
月額割引 43,320円 3,610円
4位
DTI WiMAX
月額割引 43,476円 3,623円
5位
EXWiMAX
月額割引 44,269円 3,689円
6位
ASAHIネット WiMAX
月額割引 47,480円 3,956円
7位
TiKiモバイル
月額割引 47,880円 3,990円
8位
hi-ho WiMAX
キャッシュバック
10,000円
48,320円 4,026円
9位
So-net WiMAX
月額割引 48,552円 4,046円
10位 BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
キャッシュバック
17,000円
(※データ端末購入の場合)
49,960円 4,163円

表でお分かりいただけるように、GMOでは月額3千円弱でインターネットを利用できます。
これは月額料金だけでなく、高額なキャッシュバックも大きく影響しています。

6位のUQWiMAXと比較しても約1.5万円安いことが分かるね…!

イヌ

ちなみにどのプロバイダも同じUQコミュニケーションズ社の回線を利用しているため、通信速度・対応エリアは全く同じです。
そのため、WiMAX比較は料金だけで大丈夫です!

ペンギン

UQからの回線を借りて、それぞれ”販売代理店”としてWiMAXを販売してるんだ。

キャッシュバックが高額

広告などでもよく見かけるかと思いますが、このGMOのキャッシュバックも全プロバイダ中最高額となっています。

現在4万円以上のキャッシュバックを実施しており、プランを問わず、契約者全員もらうことができます。

注意点として、現在キャッシュバックキャンペーンを廃止するプロバイダが増えているため、もしキャッシュバックを利用したい方は、期間中にキャンペーンが行われているか確認しておきましょう。

ペンギン

現にBroadWiMAXやso-netではすでにキャッシュバックが廃止されたよ。

20日間無料

もしWiMAXに満足できなかった場合、契約から20日以内であれば違約金無料で解約することができます。

そのため、自分の地域ではネットが繋がりにくかった…といったトラブルも、無料解約の保証があるので安心して契約できます。

参考 GMOとくとくBBの「20日以内解約無料サービス」についてペンギンWiMAX

このサービスはプロバイダの中でもGMOでしか実施されていないので、WiMAX初心者の方は一度お試しとして、GMOに申し込んでみるのも良いでしょう。


まとめ

せっかく同じホームルーターを提供しているなら、より安いプロバイダで申し込むのが得策です。

GMOとくとくBBを運営するGMOインターネット社はWiMAXだけでなく、FXで有名なGMOクリック証券,ビットコインのGMOコインなど他にもさまざまなサービスを展開する大手企業です。
そのため、20社以上あるプロバイダの中でもより安くWiMAXを提供できます

最後にこれまでの内容をまとめます。

  1. スペック重視の最新端末を選ぶならHOME01
  2. スマホやパソコンなどたくさんの機器で接続したいならL01s
  3. とはいえ端末選びよりもプロバイダ選びの方が大切!
  4. 今最安値のプロバイダはGMOとくとくBB

これからWiMAXを契約する予定の方は、ぜひWiMAXをゲットして快適にインターネットを利用しましょう!