▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

WiMAX機種のW06を正直にレビュー!これを読めば完全理解できる

老舗@nifty光のお得なキャンペーン情報

自宅のWi-Fi環境を見直すチャンス!

 

\\新規契約で25000円のキャッシュバックが翌月受け取れる//

   

<<ニフティ光の代理店からキャンペーンの詳細を確認する>>

インターネットに接続する方法は光回線やモバイル回線、ADSLなどさまざまな手段がありますが、中でも端末1台を持ち歩くだけで簡単に接続できるのがWiMAXです

今回はWiMAX機種の中でも注目のある「Speed Wi-Fi NEXT W06」についてご紹介します。
当記事ではW06の新しく搭載された機能だけでなく、デメリットといえる面も追求していきます

ペンギン

機種本体は無料で、選ぶ端末によって通信の安定性やバッテリー持ちが変わってくるよ。

結論から言うと、W06では通信速度が強化され、光回線と同等の速度が実現されました。
したがってネット通信の速さを求める方には非常におすすめの端末です。

この記事の結論は以下の通りです。

  1. WiMAXを通信速度で選ぶならW06
  2. バッテリー持ちを重視するならWX06
  3. W06・WX05で最安値プロバイダはGMOとくとくBB WiMAX
これからWiMAXを利用する予定の方や、どの端末を使うか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

WiMAX機種で新たに加わったW06の特徴

はじめにW06の他の端末とは違う機能を見ていきます。
W06に新たに搭載された機能は以下の3つです。

通信最大速度1.2Gbpsが実現

2つの機能によって繋がりやすさの20%向上

通信制限を防ぐ自動切替機能が付属

それでは一つ一つ確認していきましょう。

通信最大速度1.2Gbpsが実現

WX06 W06 WX05 W05 WX04
WX06 W06 wx05 w05 wx04
発売日 2020/1/30 2019/1/25 2018/11/8 2018/1/19 2017/11/1
下り最大通信速度 440Mbps
(LTEモード
440Mbps)
558Mbps
(LTEモード
1.2Gbps)
440Mbps 558Mbps
(LTEモード
:758Mbps)
440Mbps
上り最大通信速度 30Mbps
(LTEモード
75Mbps)
30Mbps
(LTEモード
75Mbps)
30Mbps 30Mbps
(LTEモード
:112.5Mbps)
75Mbps
連続通信時間 約14時間 約11.4時間 約14時間 約10.5時間 約13.8時間
バッテリー容量 3,200Ah 3,000mAh 3,200mAh 2,750mAh 3,200mAh
最大接続可能台数 16台 16台 10台 10台 10台
通信方式 WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社

※1Gbps = 1000Mbps

WiMAXはこれまで数多くの端末が発売されてきましたが、W06の通信速度はこれまで発売されてきた端末の中で最も速いです。

通常時(無線接続時)の場合は下り最大で867Mbps、さらにUSB有線接続時であれば下り1.2Gbps(=1200Mbps)が実現しています。
この速度は光回線と同レベルの通信速度です。

したがってより速いネット通信を求める方向けの端末と言えるでしょう。

W06が1.2Gbps通信を実現したワケは?

W06の通信速度の向上は、「CA技術」と「4×4MIMO技術」の2つの方法で実現しています。
「CA技術」とはいわゆるキャリアアグリゲーション(CA)という技術で、いままで1車線だった道路を2車線に広げて、110Mbps×2=220Mbpsにするというイメージです。
もう一方の「4×4MIMO技術」は基地局のアンテナを4本にし、端末も4本のアンテナを実装することでさらなる通信速度の向上が実現しているのです。

2つの機能によって繋がりやすさの20%向上

W06では新たに「⑴高性能ハイモードアンテナ」と「⑵TXビームフォーミング機能」の2つの機能が追加されました。
受信感度が向上されたことで、繋がりにくかった場所でも受信度がアップしています。

⑴高性能ハイモードアンテナ

高性能ハイモードアンテナは、前機種であるW05やWX05では搭載されていない新たな機能です。

この機能が搭載されたことで、アンテナ感度が向上し、基地局からの電波をしっかりキャッチします
これにより、建物など障害物に弱いWiMAX回線も問題なく通信できるようになり、通信の安定性が20%向上しています。

⑵TXビームフォーミング機能

TXビームフォーミングとは、スマホなどの機器の位置を検知して、狙って直接電波を送信する機能です
これにより、通信速度が20%向上し、電波の繋がりにくい場所でも通信が安定します。

この機能はWX05でも搭載されていましたが、クレードルがある場合のみ有効でした。一方、W06ではクレードル不要で使うことができます。

通信制限を防ぐ自動切替機能が付属

また、W06ではギガ数の設定値を設定することで自動切り替えできる機能があります。

WiMAXのLTEモード(ハイスピードプラスエリアモード)は月間7GB以上使うと速度制限があります。
この速度制限を防ぐために、W06では自動的に通常モード(ハイスピードモード)に切り替わる機能が搭載されています

月間データ容量を気にすることなく、安心してLTEモードが使えるのはW06のメリットと言えるでしょう。
参考:「要注意!WiMAXのLTEオプションの落とし穴|7GBの速度制限について

比較して分かるW06のデメリット

さて、W06の特徴を見ていきましたが、それでは逆にデメリットはあるのでしょうか。

この章では、販売時期が近い「WX06」と比較しながら見ていきます。
どの機種が自分に合っているのかぜひ検討してみてください。

バッテリーの持ち時間がやや劣る

W06 WX06
W06 WX06
受信最大速度 通常 558Mbps 440Mbps
LTEモード 1.2Gbps 440Mbps
送信最大速度 通常 30Mbps 30Mbps
LTEモード 75Mbps 75Mbps
バッテリー容量 3,000mAh 3,200mAh
連続通信時間 440Mbps通信 約7.1時間 約8.3時間
220Mbps通信 約9時間 約11.5時間
LTEモード 約10時間 約13.3時間
通信回線 WiMAX2+
LTE
WiMAX2+
LTE

スペックを比較すると、通信速度ではW06の方が断然速く、特にLTEモード時ではおよそ3倍もの速さになります。

一方で、連続通信時間を見るとWX06は約11.5時間に対して、W06は約9時間と若干短いです。(220Mbps通信)

以上から、通信速度はW06の方が速いものの、バッテリー持ちではWX06の方が良いことが分かりますね。

ペンギン

ちなみにiPhone8の連続通信時間は約8時間だよ。参考にしてみよう。

このようにネット通信において、通信速度またはバッテリー持ちのどちらを重視するかによって選ぶ機種が変わってきます。

クレードルがない

次に別売りのクレードルについて比較します。

WX06にはクレードルがありますが、W06でクレードルが付属されなくなりました
おそらく需要が少なくなっているのが原因と考えられます。

ペンギン

WX06のクレードルは、公式サイトから3,980円(税抜)で購入できるよ。

そもそもクレードルとはWiMAXを置くスタンド型の機器で、有線LAN接続をしたり、無線LANスポットとして利用できます。
ただ、クレードルがあっても直接充電できるわけでも、通信速度をアップさせるわけでもないため、実はなくても問題ありません

実際に「ビームフォーミング機能」は、WX06ではクレードルがある場合のみ有効ですが、一方のW06ではクレードル不要で使うことができます

したがってW06にクレードルがないのは全くデメリットではありません。

NFC接続機能がない

NFC接続とは、接続したいスマホ機器などをWiMAX端末にかざすだけでWi-Fi接続できる機能です。
わざわざSSID・パスワードを入力する必要がないので、とても便利でした。

W04やW05ではこの機能があったのですが、W06ではNFC接続機能がありません

製造元で比較

W06 WX06
W06 WX06
製造元 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社

最後にW06とWX06の製造会社での比較です。
W06はHUAWEI(ファーウェイ)、一方のWX06はNECプラットフォームズ株式会社が製造元となっています。

なぜ製造会社で比較するかというと、近年HUAWEI問題がたびたび取り上げられているためです。
HUAWEI問題とは簡単に言うと、HUAWEI機器本体にデータを盗み取る危険性があるとアメリカが摘発した問題です。

HUAWEI問題とは?HUAWEI(ファーウェイ)が中国政府とつながっており、「同社製品に情報を抜き取る機能が埋め込まれている」とアメリカ政府が指摘した問題。ただ、現時点でそういった根拠を裏付ける決定的な証拠は挙がっていない。しかし徐々にHUAWEI製品に対する締め出しの傾向は強まっており、日本における今後の動きも注目されている。


現時点では日本において、HUAWEI製品の完全な排除はされていませんが、まだ今後の行方は不明です。

現時点では特に心配する必要はありませんが、もし少しでも気になる場合はNECプラットフォームズのWX06が無難かと思います。

結論:通信の速さを求めるならW06

W06 WX06
W06 WX06
発売日 2019/1/25 2020/1/30
通信速度
バッテリー持ち
クレードル 無し 有り
同時接続台数 16台 16台
製造元 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社
特徴 通信速度がはやい バッテリー持ちが良い

W06についてWX06と比較しながら見ていきました。
結論としては通信速度のはやさを重視する方はW06、バッテリー持ちを重視する方・HUAWEI製品を避けたい方はWX06がオススメです。

全体的なスペック面ではW06の方が上ですが、いずれにせよどちらの端末も旧型と比較すると非常にスペックが高いです。

機種選びも大切ですが、基本的に発売されている機種のスペックは高いため、WiMAXはプロバイダ選びの方を重視するのが一般的です。
▼WiMAXのプロバイダ最新情報
【2022年最新】WiMAXの料金ランキング!最安でお得に契約できるはここ

最後にそれぞれの口コミ・レビューをご紹介します。

W06の口コミ

  • 通信速度が速い

WX06の口コミ

  • レンジ中も切れなくなった
  • バッテリー交換ができる

【最新】W06・WX06におすすめのプロバイダはコレだ!

W06・WX06を扱っているWiMAXのプロバイダを、料金の安い順に並べました。

順位 プロバイダ キャンペーン 1年間あたりの費用 実質月額
1位 GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
キャッシュバック
33,200円
45,236円 3,771円
2位
BroadWiMAX
月額割引 47,173円 3,931円
3位
カシモWiMAX
月額割引  46,834円 3,902円
4位
DTI WiMAX
月額割引 46,834円 3,870円
5位
EXWiMAX
月額割引  44,269円 3,905円
6位
ASAHIネット WiMAX
月額割引 48,392円 4,032円
7位
TiKiモバイル
月額割引 52,668円 4,389円
8位
hi-ho WiMAX
キャッシュバック
10,000円
 49,818円 4,151円
9位
So-net WiMAX
月額割引 52,102円 4,341円
10位 BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
キャッシュバック
17,000円
(※データ端末購入の場合)
52,450円 4,370円

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンが最安値

W06・WX06対応WiMAXで、現在もっとも安いプロバイダはGMOとくとくBB WiMAXです。

どのプロバイダ(販売代理店)で申し込んでも同じ機種が使えるため、プロバイダ比較は料金だけで大丈夫です!
したがって、より安く申し込むならキャンペーン期間中の今で間違いないでしょう。

なおキャンペーンは期間限定であるため、低価格で提供している期間中に申し込むのが得策です。


キャンペーン期間を過ぎると終了します


MEMO
もしキャッシュバックではなく、月額割引キャンペーンでWiMAXを申し込みたい場合は、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンもあります。月額割引キャンペーンは手続きなどが一切ないため、確実に割引きを受けることができるのがメリットです。
なお、GMOとくとくBBはキャンペーンによって申し込みサイトが異なるので注意してください。
月額割引キャンペーン:公式サイトはこちら