▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

WiMAXの公式サイトでは教えてくれない各販売店のデメリットを暴きます

手軽にインターネット接続ができるWiMAX。
今話題のWiMAXですが、その浸透率から多くの企業がWiMAX事業を展開し始めています。

今や、WiMAXを提供するプロバイダ(販売店)は全20社以上
とはいえ、契約するプロバイダにもそれぞれ特徴があり、メリットだけでなくデメリットといえる面もあるでしょう。

今回は、WiMAX業界に5年以上携わっている筆者だからこそ分かる、WiMAXの落とし穴・闇の部分を徹底解剖します

ペンギン

他でメリットしか記載されていない比較サイトもあったりするけど、後悔しない契約をするためにデメリットを知るのも大切だよ。

当サイトでは、WiMAX機器本体や回線・エリア等のデメリットではなく、WiMAXを提供する”プロバイダ(販売店)”の料金の仕組み・サービス内容におけるデメリットをお話します。

そもそもWiMAXはどこで契約しても同じ回線を利用しているため、商品本体に大きな違いはありません。

なお、WiMAXの端末本体におけるメリット・デメリットについては以下の記事を参考にしてください。
参考:「WiMAXのデメリットで分かる合う人・合わない人の条件

それでは見ていきましょう!

WiMAXのデメリットを見る前に…損しない正しいWiMAXの選び方

はじめにWiMAXの基本的な選び方をお話します。
まずは、どの順序でWiMAXを選ぶのか把握しておきましょう。

Step1.プロバイダを決める

WiMAXを契約する際に、一番最初にするべきことは「プロバイダ(販売店)選び」です。

なぜならプロバイダごとにプランや端末機種に大きな違いはないためです。(詳しくは後述)

この部分はスマホと違う点ですね。アンドロイドにするかiPhoneにするかといった機種選びや回線選びから決めるのがスマホキャリアの一般的な選び方ですが、WiMAXはまずは販売店を決めるのが第一段階となります

ペンギン

とはいっても毎年増え続けるWiMAXのプロバイダ。多すぎてどこに申し込めばいいのか迷っている方も多いかと思いはず…。

当記事ではプロバイダの良い面だけでなく、弱点といえる面もしっかりご紹介します。
「〜で申し込むのが一番だ」「〜のキャンペーンが一番お得」といった一部誤情報も溢れている中で、あなたに確実に満足していただけるような情報をお話します。

▶︎ ▶︎ ▶︎ キャッシュバック最大32,000円のWiMAXはこちら

▶︎ ▶︎ ▶︎ 月額2,726円~で利用できるWiMAXはこちら

Step2.プランを決める

申し込むプロバイダを選んだら、申し込み時にプランを決めます。
WiMAXには「ギガ放題プラン」と「通常プラン」の2つあります。

WiMAX契約者の93%以上がギガ放題プランを選んでいるため(※BroadWiMAX調べ)、一般的にはギガ放題プランが主流です
上限を気にすることなくWiFiを利用できるのはWiMAXの醍醐味なので、せっかくWiMAXを利用するならギガ放題プランがおすすめです。

・ギガ放題プランとは:通信制限を気にせずに、上限なくインターネットを利用できるプラン(※3日で10GBの制限あり)
・通常プランとは:月7GBを上限とし、7GBを超えると速度制限がかかるプラン

(※当記事ではギガ放題プランの料金を算出しています)

Step3.端末機種を決める

プロバイダ&プランを決めたら最後に端末(ルーター)を選びます。
とはいえ、ほぼどのプロバイダも最新機種は扱っているので、大きな違いはありません。

端末選びの詳細は「【超まとめ】WiMAXの全ルーター比較!正しい機種の選び方|2021年版」を参考にしてください。

比べて分かるWiMAX販売店のメリット・デメリット

さて、それでは本題の各販売店の比較をしていきます。
もし、より安くWiMAXを利用するなら、月額料金ではなく、最終的に支払うトータル費用で比較しましょう

ペンギン

安い月額料金でも、実際には月額とは別の基本料金が追加されたり、キャンペーンがなかったりするとトータル的には割高になってしまう場合があるから、比較はトータル費用でするのが大事…!

当サイトでは、1年あたりの平均トータル費を安い順にランク付けしました。(ギガ放題プラン)
なお、WiMAXの年間での総費用を合計し、キャンペーン特典割引を合わせたのが「実質トータル費用」です。

※1年あたりのトータル費={(月額料金×36ヶ月)-キャンペーン割引}÷3
※全プロバイダ共通の初期費用(3,000円)とユニバーサル料(2円)を除く

順位 プロバイダ キャンペーン 1年間あたりの費用 実質月額
1位 GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
キャッシュバック
32,000円
40,053円 3,337円
2位
BroadWiMAX
月額割引 42,875円 3,572円
3位
カシモWiMAX
月額割引 43,320円 3,610円
4位
DTI WiMAX
月額割引 43,476円 3,623円
5位
EXWiMAX
月額割引 44,269円 3,689円
6位
ASAHIネット WiMAX
月額割引 47,480円 3,956円
7位
TiKiモバイル
月額割引 47,880円 3,990円
8位
hi-ho WiMAX
キャッシュバック
10,000円
48,320円 4,026円
9位
So-net WiMAX
月額割引 48,552円 4,046円
10位 BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
キャッシュバック
17,000円
(※データ端末購入の場合)
49,960円 4,163円
順位 プロバイダ キャンペーン 1年間あたりの費用 実質月額
11位
ヤマダ電機
なし 51,560円 4,296円
11位
エディオン
なし 51,560円 4,296円
11位
ビックカメラ
なし 51,560円 4,296円
11位
ケーズデンキ
なし 51,560円 4,296円
11位
DIS WiMAX
なし 51,560円 4,296円
11位
ヨドバシカメラ
なし 51,560円 4,296円
17位
J:COM
なし 52,548円 4,379円
18位
Drive WiMAX
なし 52,560円 4,380円
19位 UQWiMAX
UQ WiMAX
月額割引 58,960円 4,913円

WiMAX契約者の93%以上がギガ放題プランを選んでいるため(※BroadWiMAX調べ)、一般的にはギガ放題プランが主流です。
一方で、ごく少数ではあるものの、月間7GBで抑えられる方は以下の「通常プランの料金比較」を参考にすると良いでしょう。

・ギガ放題プランとは:ギガ放題プランとは通信制限を気にせずに、上限なくインターネットを利用できるプラン(※3日で10GBの制限あり)
・通常プランとは:月7GBを上限とし、7GBを超えると速度制限がかかるプラン

順位 プロバイダ キャンペーン 1年間あたりの費用 実質月額
1位 GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
キャッシュバック
32,000円
32,641円 2,720円
2位
BroadWiMAX
月額割引 35,112円 2,926円
3位
カシモWiMAX
月額割引 35,880円 2,990円
4位
hi-ho WiMAX
月額割引 36,586円 3,048円
5位
EXWiMAX
月額割引 37,656円 3,138円
6位
So-net WiMAX
月額割引 40,680円 3,390円
7位
DTI WiMAX
月額割引 42,000円 3,500円
8位
ASAHIネット WiMAX
月額割引 42,040円 3,503円
9位
TiKiモバイル
月額割引 43,500円 3,625円

上位プロバイダから、それぞれメリット・デメリットをご紹介します。
特にデメリットは、他サイトでは見落としがちな点なので、注意して契約の判断材料にするのがおすすめです。

第1位:GMOとくとくBB

GMOとくとくBB ギガ放題プラン
月額料金 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
実質月額 3,337円
1年あたりのトータル費 40,053円【最安値NO.1】
キャンペーン キャッシュバック最大32,000円
対応端末 WX06,W06,HOME02,HOMEL02
支払い方法 クレカのみ
会社 GMOインターネット株式会社

メリット1.最大32,000円の高額キャッシュバック
メリット2.20日以内ならキャンセルOK
デメリット1.キャッシュバックが一切もらえないリスク
デメリット2.有料オプションの加入必須(無料解約可)

▶︎ ▶︎ ▶︎ GMOとくとくBBに今すぐ申し込む!

GMOのメリット

メリット1.最大32,000円の高額キャッシュバック

GMOの最大のメリットは高額キャッシュバックがある点。
現時点では、最大32,000円が一括現金でもらえます。

本来の月額料金は他社と大きく違いはないものの、このキャッシュバックのおかげで、トータル費用を大幅に削減し、全販売店の中でも最安値の実質料金となります

メリット2.20日以内ならキャンセルOK

もし契約後満足いただけなかった場合、契約から20日以内であれば、解約違約金無料でキャンセルできます

そのため、「自宅エリアにWiMAXが繋がるか心配」「エリアには問題がないが、利用が初めてで不安」といった場合でも安心して申し込めるのはGMOのメリットと言えるでしょう。

なお、このサービスの適用にはいくつか条件があるので、実際に公式サイトで確認しておきましょう。

GMOのデメリット

デメリット1.キャッシュバックが一切もらえないリスク

高額なキャッシュバックはあるものの、実際にもらえなければ水の泡です。
実はキャッシュバックの受け取り手続きを忘れてもらえなかった…という声も少なくありません。

とはいっても受け取り方法は簡単。キャッシュバック受け取り時に、指定ページに口座情報を登録する」だけ
ただ、この登録手続きをし忘れるともらえなくなってしまうわけです。

したがって、手続きを忘れない&1円でも安く契約したい方にGMOをオススメします。
参考:【レビュー】GMO WiMAXのキャッシュバックを実際に受け取ってみた

デメリット2.有料オプションの加入必須(無料解約可)

申し込みを途中までした方はお気づきかもしれませんが、実は申し込み時に2つのオプションに加入する必要があります
(安心サポート月額300円&Wi-Fi接続オプション月額362円)

このオプションは契約時に必ず加入し、また有料のオプションなので注意が必要です。
さらに、オプションの加入については、事前に公式サイトの記載がない点は不親切と言わざるを得ないでしょう。

ただ、もしこのオプションが不要である場合、加入後すぐに解約すれば問題ありません

実際に筆者もGMOを利用していますが、契約後すぐに解約手続きをしました。最大2ヶ月はオプションが無料なので、2ヶ月経つ前に解約申請すると良いでしょう。


↑比較表に戻る

第2位:BroadWiMAX

BroadWiMAX ギガ放題プラン
月額料金 1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目~:4,011円
実質月額 3,572円
1年あたりのトータル費 42,875円
キャンペーン 月額割引キャンペーン
対応端末 WX06,W06,HOME02,HOMEL02
支払い方法 クレカ・口座振替
会社 株式会社リンクライフ

メリット1.業界最安級の月額割引キャンペーン
メリット2.口座振替対応
メリット3.途中解約も安心してできる
デメリット1.お得感のない初期費用無料キャンペーン
デメリット2.口座振替は初期費用を負担

▶︎ ▶︎ ▶︎ BroadWiMAXに今すぐ申し込む!

BroadWiMAXのメリット

メリット1.業界最安級の月額割引キャンペーン

BroadWiMAXはキャッシュバックはなく、月額割引キャンペーンを実施しています。

この月額割引によって、料金は最大3ヶ月2,726円、通常料金も3,411円と他社と比較しても低価格となっています。

そのため、毎月安い支払いで済ませたい方にオススメのプロバイダです。
キャッシュバックキャンペーンのように受け取り手続きが必要なく、”ノーリスク”で、”確実に”割引きされるのは大きなメリットでしょう。

メリット2.口座振替対応

基本的にWiMAXはクレジットカード支払いが主流ですが、BroadWiMAXは口座振替にも対応しています。

したがってクレカを持っていない方はBroadWiMAXであればWiMAXを申し込めます。

ただ、口座振替支払いは手数料などで料金が割増されるケースが多いので、基本的にはクレカ支払いをオススメします。

メリット3.途中解約も安心してできる

もし契約後満足できなかった場合、BroadWiMAXの「お乗り換えキャンペーン」が利用できます。

通常プロバイダを途中解約すると”契約解除料”として最大19,000円の支払いが生じます。
BroadWiMAXでは、途中解約しても他の固定回線(Softbank光,auひかり等)に乗り換えることで契約解除料19,000円全額負担を保証してくれます

解約時にもサポートがしっかりしているのはBroadWiMAXならではのサービスですね!

BroadWiMAXのデメリット

デメリット1.お得感のない初期費用無料キャンペーン

公式サイトには大きく「初期費用18,857円無料キャンペーン」と記載されており、一見お得に見えますが、このような初期費用はそもそもどのプロバイダにも基本的にありません

一般的にどこのWiMAXも初期費用は事務手数料3,000円だけで、BroadWiMAXのような18,857円もの初期費用がないので、無料といわれても他社と比較すると特別お得というわけではないのです。

BroadWiMAXはもともと低価格なので、わざわざこのようなキャンペーンでお得感を出す必要もないのでは…?というのが筆者の感想ですが、あまりこのキャンペーンを気にする必要はないでしょう。

さらに、この初期費用無料キャンペーンを適用するには、「安心サポートプラス・MyBroadサポートの2つのオプションに加入」という必須条件があります。
つまり有料オプションの加入です。これは前述したGMOとくとくBBにもありましたね。

このオプションがいらない方は加入後、サクサク無料解約しちゃいましょう。

デメリット2.口座振替は初期費用を負担

クレカ支払いであれば、キャンペーンで初期費用18,857円が無料になりますが、口座振替支払いの方はキャンペーン対象外です。

BroadWiMAXはクレカ支払いであれば確かに安い販売店ですが、口座振替では割高になってしまう点に注意です。


↑比較表に戻る

第3位:カシモWiMAX

カシモWiMAX ギガ放題プラン
月額料金 1ヶ月目:1,380円
2ヶ月目以降:3,610円
実質月額 3,610円
1年あたりのトータル費 43,320円
キャンペーン 月額割引キャンペーン
対応端末 WX06,W06,HOME02,HOMEL02
支払い方法 クレカのみ
会社 株式会社MEモバイル

メリット1.月額料金1,380円〜
メリット2.「ギガMAX月割」対応
デメリット1.トータルで見ると安いわけではない
デメリット2.最新機種は料金が上がる

▶︎ ▶︎ ▶︎ カシモWiMAXに今すぐ申し込む!

カシモWiMAXのメリット

メリット1.月額料金1,380円〜

カシモWiMAXの最大の特徴は月額料金1,380円から利用できること

初月だけではあるものの、1ヶ月間1,380円でWiMAXを利用できるのは他の販売店にはない魅力です。

メリット2.「ギガMAX月割」対応

カシモWiMAXは「ギガMAX月割」に対応しています。
ギガMAX月割とは、UQ mobileとカシモWiMAXを同一名義で加入の上、ギガMAX月割にお申し込みいただくと、UQ mobile回線の月額基本使用料から毎月300円が割引きされるサービスです。

つまりUQの格安スマホとWiMAXを同時契約すると、格安スマホの月額料金が割引きされるということですね。

したがって、もともとUQ mobileを使っている方にはお得のサービスです。

カシモWiMAXのデメリット

デメリット1.トータルで見ると安いわけではない

一見”月額1,380円~”と聞くと、安く感じますが、注意していただきたいのはこの料金が初月しか適用されないという点です。

2ヶ月目以降は3,610円と格別安いわけではありません。
そのためトータル費用で考慮すると、カシモWiMAXよりも低価格のプロバイダはあります。

あくまで初月だけなので、月額料金だけで安いと判断するのはおすすめしません

実際に公式サイトで確認してみてください。


↑比較表に戻る

第4位:DTI WiMAX

DTI WiMAX ギガ放題プラン
月額料金 利用開始月~1ヶ月目:0円
2ヶ月目:2,590円
3ヶ月目~:3,760円
実質月額 3,623円
1年あたりのトータル費 43,476円
キャンペーン 月額割引キャンペーン
対応端末 WX06,W06,HOME02,HOMEL02
支払い方法 クレカのみ
会社 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット

メリット1.月額料金最大2ヶ月無料
メリット2.グローバルIPオプション対応
デメリット1.通常プランが異様に高い
デメリット2.解約時にSIMカード返送義務

▶︎ ▶︎ ▶︎ DTI WiMAXに今すぐ申し込む!

DTIのメリット

メリット1.月額料金最大2ヶ月無料

DTIのギガ放題プランは、月額基本料金最大2カ月無料特典により、利用開始月と翌月の月額基本料金は無料です。

契約時は事務手数料3,000円(初期費用)だけで最大2ヶ月間WiMAXを利用できると考えると、お得なサービスです。

メリット2.グローバルIPオプション対応

DTIでは、月額96円で1つのグローバルIPアドレスを利用できます。

これはWiMAX対応機器に割り当てするIPアドレスで、一部オンラインゲームや外部から接続するリモートアクセスにて活用できます。
グローバルIPアドレスに対応するプロバイダは少ないので、DTIの大きな特徴といえるでしょう。

DTIのデメリット

デメリット1.通常プランが異様に高い

そもそもWiMAXには、月間データ容量に上限がないギガ放題プラン(3日で10GBの上限あり)の他に、月間7GBまでの通常プランがあります。

DTIも通常プランが一応ありますが、料金が異様に高いのでおすすめしません

DTIの通常プランは事務手数料が5,000円と割高で、1年あたりのトータル費用も43,166円と安くありません。
ギガ放題プランがトータル43,476円であることを考慮すると、たった月7GBでこの値段は、いかにお得でないかお分かりいただけるかと思います。

デメリット2.解約時にSIMカード返送義務

DTIの機器に挿入されているSIMカードはレンタルです
したがって、解約時にSIMカードを返却する必要があります。(端末本体は自己破棄)

もし返却をしなかった場合は、別途3,000円の違約金がかかるので注意
解約時にも色々と手続きをしなければいけない点はデメリットでしょう。


↑比較表に戻る

【結論】当サイトおすすめWiMAXはコレ!

プロバイダのメリット・デメリットをご紹介しましたがいかがでしたか?

繰り返しになりますが、そもそもWiMAXはどこで契約しても同じWiMAX2+回線を利用しています。
したがって、各通信回線・対応エリアは同じです。

そのため、プロバイダ選びで重視するのは「安さ」「サービスの良さ」の2つだけで大丈夫です!

以上からこれまでの内容をまとめると以下の通りです。

  • 「1円でも安く利用したい」「最大32,000円の高額キャッシュバックが欲しい」GMOとくとくBB WiMAX
  • 「毎月の月額料金を安く済ませたい」「口座振替で利用したい」「料金だけでなくサービスも重視」BroadWiMAX
  • 基本的には安いプロバイダに契約を決めるのが適切でしょう。
    あとは、どの部分を自分が一番重視したいかによります。

    ぜひ自分に合ったプロバイダ選びをしてくださいね!