▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

BIGLOBE WiMAXってどんなプロバイダ?評判・口コミを徹底解説!

BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAXをCMでみたり、耳にしたことがある方もいるかと思います。
現在WiMAXを提供する販売店は20社以上ありますが、その一つですね。

今回はBIGLOBEが他のプロバイダとどういった点で違うのか、おすすめできるのか徹底検証していきます。

ペンギン

比較するのに大切なのは「料金」と「サービス内容」の2つだよ!

結論から言うと、1円でも安く申し込むならGMOのWiMAX、口座振替支払い、短期間契約をするならBIGLOBEのWiMAXがおすすめです。

それでは確認していきましょう!

BIGLOBE WiMAXがおすすめできる点

プロバイダの比較は「料金とサポート内容」だけで大丈夫です。そもそもWiMAXはどこで契約しても同じUQコミュニケーションズ回線を使っており、各通信速度・エリアはまったく同じだからです。

キャッシュバックがある

BIGLOBEは現在17,000円ものキャッシュバックがあります。

端末を購入すると、データ端末代として19,200円発生するのですが、この17,000円のキャッシュバックを受け取ることで実質2,200円で端末が購入できることになります。

ペンギン

ちなみに(サービス開始翌月)の翌日(月初2日目)から45日間で受け取り申請ができるよ…!

口座振替対応

一般的にWiMAXは支払い方法が、クレジットカードのみの対応のプロバイダがほとんどですが、BIGLOBEでは口座振替支払いも対応しています。
クレカを持っていない方が口座振替を利用できるのは大きな利点と言えるでしょう。

なお、現在口座振替も対応しているプロバイダはBIGLOBE,UQWiMAX,BroadWiMAXの全3社です。

詳しくは下記記事も参考にしてください。
偽情報に騙されるな!WiMAXで口座振替ならコレ一択|クレカ無しで契約する最新情報

契約期間が短い

次に契約期間についてですが、BIGLOBE WiMAXの契約期間は1年のみ。(自動延長可)

一般的にWiMAXの契約期間は3年にしているプロバイダが多いですが、BIGLOBEは1年と非常に短期間になっています。

そのため、「長期間も契約する予定はない」「1年だけWiMAXを使いたい」という方に最適です。

強制加入の有料オプションがない

申し込み時に強制加入の有料オプションがないのも評価できる点です。

例えば、GMOとくとくBBは契約時に2つの有料オプションの加入が必須条件です。(安心サポート&Wi-Fi接続オプション)

もしこのオプションが不要の場合は無料で解約できるのですが、一度加入しないといけないのはGMOの弱点といえるかもしれません。

また、BroadWiMAXも同様に、契約時に2つの有料オプションを加入することで「初期費用を無料」という条件があります。

このようなオプション加入の必要がないBIGLOBEは、不要な方にとってはメリットといえるでしょう。

BIGLOBE WiMAXがおすすめできない点

さて、BIGLOBEのおすすめできる点をご紹介しましたが、一方でおすすめできない点はあるのでしょうか。

ここからは唯一おすすめできない点を解説します。

1年実質トータル費用が安いわけではない

料金システムもシンプルで利用しやすいBIGLOBEですが、1年間の実質トータル費用を考慮すると必ずしも安いとは言えません。

そのため、なるべく安くWiMAXを申し込みたいと言う人にとってはデメリットと言えるでしょう。

以下は1年あたりに支払うトータル料金が安いプロバイダをランキングにしたものです。

※1年あたりのトータル費={(月額料金×36ヶ月)-キャンペーン割引}÷3
※全プロバイダ共通の初期費用(3,000円)とユニバーサル料(2円)を除く

順位 プロバイダ キャンペーン 1年間あたりの費用 実質月額
1位 GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
キャッシュバック
32,000円
40,053円 3,337円
2位
BroadWiMAX
月額割引 42,875円 3,572円
3位
カシモWiMAX
月額割引 43,320円 3,610円
4位
DTI WiMAX
月額割引 43,476円 3,623円
5位
EXWiMAX
月額割引 44,269円 3,689円
6位
ASAHIネット WiMAX
月額割引 47,480円 3,956円
7位
TiKiモバイル
月額割引 47,880円 3,990円
8位
hi-ho WiMAX
キャッシュバック
10,000円
48,320円 4,026円
9位
So-net WiMAX
月額割引 48,552円 4,046円
10位 BIGLOBE WiMAX
BIGLOBE WiMAX
キャッシュバック
17,000円
(※データ端末購入の場合)
49,960円 4,163円

1年トータル費最安値の「GMOとくとくBB」と比較して、BIGLOBEはおよそ1万円ほど割高になっていますね。

仮に3年間契約した場合、3年で3万円以上損失していることになります。

そのため、コスパで考えるとBIGLOBEは必ずしも安いとは言えずおすすめできません。

【評判・口コミから分かる】BIGLOBEにおすすめなのはこんな人!

さて、BIGLOBEのおすすめできる点・できない点を見ていきましたがいかがでしたか。

結論としては、1円でも安くWiMAXを利用するならGMOとくとくBB、口座振替支払い、短期間契約をするならBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

それぞれ確認していきましょう。

サポート面も重視するならBIGLOBEがおすすめ

BIGLOBE WiMAX ギガ放題プラン
実質月額 4,163円
1年あたりのトータル費 49,960円
キャンペーン 月額割引
対応端末 WX06,HOME02,W06,HOME01
支払い方法 クレカ、口座振替
会社 ビッグローブ株式会社

前述したように、BIGLOBEは口座振替支払いに対応している上に、有料オプションの強制加入などがない点で、サポート面が手厚いと言えるでしょう。

また、短期間(1年)だけWiMAXを利用したい、端末は既に持っているのでいらないという方はコストを抑えて契約できるのでおすすめです。
(※BIGLOBEでは端末購入しない場合、データ端末代19,200円が負担されない)

以下で、実際にBIGLOBEを利用した方の声を簡単にご紹介します。

口コミ:速度がはやい

この方はBIGLOBEを実際に使って、下り速度32.48Mbps,上り速度16.67Mbpsの通信速度となっています。

一般的にYouTubeの動画視聴(標準画質)で1~3Mbpsあれば十分であるのを考慮すると、速度が問題なく出ています。

口コミ:解約がすんなりできた

契約も大切ですが、解約方法はもっと大切です
解約を忘れたり、できなかったりすると違約金が発生するケースもあるからです。

この方の口コミを見ると、解約がスムーズにできたとの声が。
プロバイダによってはわざと解約しづらい仕組みにしている場合もあるので、比較的BIGLOBEは良心的かと思います。

以下の条件に当てはまる方は、ぜひ実際にBIGLOBEの公式サイトを見て内容を確認してみてくださいね!

BIGLOBE WiMAXが向いてる人

短期間契約をしたい方

口座振替支払いをする方

有料オプションに加入したくない方

解約を簡単に済ませたい方

キャッシュバックが欲しい方

端末を既に持っており購入しない方

BIGLOBE WiMAXが向いていない人

とにかく1円でも安くWiMAXを契約したい方


\ サポート面も抜群 /

1円でも安く申し込むならGMOがおすすめ

GMOとくとくBB ギガ放題プラン
実質月額 3,337円
1年あたりのトータル費 40,053円【最安値NO.1】
キャンペーン キャッシュバック最大32,000円
対応端末 WX06,W06,HOME02,HOMEL02
支払い方法 クレカのみ
会社 GMOインターネット株式会社

一方で、とにかく安くWiMAXを使う場合は間違いなくGMOとくとくBBが良いでしょう。
GMOは料金の安さでは20社以上あるプロバイダの中でも最安値で安定しています。

オプションの解約手続き(不要な場合)に関しては少し手続きが必要ですが、この手続きを苦としないならばGMOがおすすめです。

回線が同じで同じ商品を扱ってるなら、当然より安いプロバイダを利用したいよね…!

イヌ

口コミ:キャッシュバックが受け取れた

一括で割引きが受けられるのはGMOの醍醐味です。

特に高額キャッシュバックをもらうならGMOが向いています。ぜひ公式サイトで確認してみてください!

GMOとくとくBB WiMAXが向いてる人

とにかく安くWiMAXを契約したい方

クレジットカード支払いができる方

キャッシュバックが欲しい方

GMOとくとくBB WiMAXが向いていない人

細かい手続きをしたくない方


\ トータル費最安NO.1 /

20社以上ある中で最安値


WiMAXを契約前から実際使うまでの流れ

最後に実際にGMOとくとくBBに申し込む方法を見ていきます。

申し込み時には契約プランや端末機種を選びます。
5ステップを踏めば、3~5分程度で簡単に申し込むことができます。

Step1.エリアを確認する

申し込み時にエリアの確認をします。
詳細:UQ公式サービスエリアマップ

自宅がWiMAX回線の範囲内であるのか見てください。
基本的に大都市や都会であれば問題ありませんが、山間部の多い地方に住んでいる方は念の為に確認しておきましょう。

なお、現在販売されている機種は「WiMAX2+回線」と「au 4G LTE回線」の2つです。

Step2.公式サイトから申し込む

申し込みは公式サイトからします。
申し込みサイトを間違えると、キャンペーンが適用されない場合があるので注意してください。

▶︎ ▶︎ ▶︎ GMOキャッシュバックキャンペーンへ

最大32,000円のキャッシュバック

全プロバイダでもっとも費用を安く抑えられる

一括で割引きが受けられる

▶︎ ▶︎ ▶︎ BIGLOBEのキャンペーンサイトへ

口座振替対応

17,000円のキャッシュバック

1年契約対応

Step3.端末機種を決める

以下は現在発売されている機種です。また、端末代金はすべて無料です。

WX06 W06 HOME02 HOMEL02
WX06 W06 HOMEL02
発売日 2020/1/30 2019/1/25 2020/1/30 2019/1/25
バッテリー容量 3,200mAh 3,000mAh
下り最大通信速度 440Mbps
(LTEモード
:440Mbps)
558Mbps
(LTEモード
:1.2Gbps)
440Mbps
(LTEモード
:440Mbps)
558Mbps
(LTEモード
:1Gbps)
上り最大通信速度 30Mbps
(LTEモード
:75Mbps)
30Mbps
(LTEモード
:75Mbps)
30Mbps
(LTEモード
:75Mbps)
30Mbps
(LTEモード
:75Mbps)
連続通信時間
(各モード)
速度優先 約8.3時間 約7.1時間
ノーマル 約11.5時間 約9時間
電池優先 約14時間 約11.6時間
LTEモード 約13.3時間 約10時間
最大接続可能台数 16台 16台 21台 40台
通信方式 WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI

機種は現時点で「W06」がおすすめです。

W06は全機種の中でも最新の高スペック端末で、下り最大速度1.2Gbps(=1200Mbps)を実現しています。
具体的な特徴は以下の通りです。
全機種の中で通信速度がもっとも速い
最新のハイモードアンテナで通信の安定性が20%向上
「au 4G LTE」モードも安心して使える

通信速度が最速

W06 WX05 W05 WX04 WX03
W06 wx05 w05 wx04 WX03
下り最大速度 通常 558Mbps 440Mbps 558Mbps 440Mbps 440Mbps
LTEモード 1.2Gbps
(=1200Mbps)
440Mbps 758Mbps 440Mbps
通信回線 WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+

これまで発売されてきた中で、「W06」の通信速度はもっとも速いです。

無線接続時の場合は下り最大で867Mbps、さらにUSB有線接続時であれば下り1.2Gbps(=1200Mbps)が実現しています。
この速度は光回線と同レベルの通信速度です。

これまではW05が最速の端末と言われていましたが、新たにW06が出てきたことで今まで実現できなかった1Gbps超えが達成されました。

W06が1.2Gbps通信を実現したワケは?

W06の通信速度の向上は、「CA技術」と「4×4MIMO技術」の2つの方法で実現しています。
「CA技術」とはいわゆるキャリアアグリゲーション(CA)という技術で、いままで1車線だった道路を2車線に広げて、110Mbps×2=220Mbpsにするというイメージです。
もう一方の「4×4MIMO技術」は基地局のアンテナを4本にし、端末も4本のアンテナを実装することでさらなる通信速度の向上が実現しているのです。

ハイモードアンテナで通信の安定性20%UP

W06では新たに「高性能ハイモードアンテナ」が付属され、通信の安定性が20%向上しています。
前機種であるW05やWX05では搭載されていない新たな機能です。

この機能の搭載で、アンテナ感度が向上し、基地局からの電波をしっかりキャッチします
これにより、建物など障害物に弱いWiMAX回線にも対応しやすくなります。

「au 4G LTE」モードも安心して使える

W06の「au 4G LTE」モード(以下LTEモード)を使えば、最大1.2Mbpsの高速通信が可能になるだけでなく、さらに広いエリアでの通信が可能になります。
auのキャリア回線を利用しているため、より広範囲での通信が期待できるのです。

一方で、LTEモードは月間7GBまでの制限があります。
W06では、この速度制限を防ぐために、自動的に通常モード(ハイスピードモード)に切り替わる機能が搭載されています。

ペンギン

ギガ数の設定値をあらかじめ設定することで自動で切り替わるよ!

このように、月間データ容量を気にすることなく、安心してLTEモードが使えるのはW06の大きな利点でしょう。

Step4.契約プランを決める

プランは、Flat ツープラス ギガ放題プランFlat ツープラスプラン(通常プラン)の2つあります。
おすすめは断然ギガ放題プランです。

ギガ放題プランとは通信制限を気にせずに上限なくインターネットを利用できるプランで、一方の通常プランは月7GBを上限とし、7GBを超えると速度制限がかかります。

ペンギン

ギガ放題プランも、契約から最大3ヶ月間は通常プランの料金で利用できるよ!

低価格で、ギガ数を気にせずネット通信ができるポケットWi-FiはWiMAXだけなので、せっかく申し込むならギガ放題が良いでしょう。

Step5.端末が届く

申し込み後、GMOの場合即日発送されるので2~3日で端末が届きます。

小さい段ボールに①端末本体②TypeC変換コネクタ③ID・パスワード記載シール④取り扱い説明書⑤SIMカード⑥保証書の6点があります。
到着後しっかり確認しておきましょう。

なお、端末の接続方法は以下の手順を参考にしてください。

STEP.1
SIMカードを挿入する

WiMAX端末が届いたら、付属のSIMカードを端末に挿入します。

STEP.2
電源を入れる

SIMカードを挿入した後、電源を入れて起動させます。

STEP.3
SSIDとパスワードを確認する

規定の場所にSSID情報が書かれているので、そこで自分のパスワードを確認します。

STEP.4
端末からWiFiに接続する

接続したいインターネット(スマホやパソコン)に⑸のIDとパスワードを入力します。

STEP.5
接続完了

WiFiが接続されたら接続完了です。

まとめ

今回はBIGLOBE(ビッグローブ)の特徴を詳しくご紹介しました。
キャンペーンや支払い方法に選択肢が多いという点では柔軟性のあるプロバイダではないのでしょうか。

ペンギン

プロバイダ選びは比較することが大事だね!

最後にこれまでの内容をまとめます。

  1. 1円でも安くWiMAXを利用するならGMOとくとくBB、口座振替支払い、短期間契約をするならBIGLOBE WiMAXがおすすめ
  2. 端末はW06
  3. プランはギガ放題プラン

あなたも自分のWiMAXを手に入れてWiMAXユーザーの仲間入りをしましょう!