▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

【WiMAXホームルーター比較】プロが教えるメリット・デメリット

WiMAXのホームルーターを使おうか悩んでいませんか。
自宅でネットを使いたけど通信費を抑えたい…という場合にホームルーターを使うのも手段の一つ。

ペンギン

近年では固定回線代わりとしてこのホームルーターを使っている人が急増しているよ!

そこで今回はWiMAXのホームルーターについて、どんなメリット・デメリットがあるのか徹底解説していきます。

必ずしもおすすめ出来るわけでもなく、使用用途によって選ぶ通信回線も変わってくるでしょう。
これからネット環境を作りたい方はぜひ参考にしてみてください!


\ 今月のキャンペーン情報 /

WiMAXのホームルーターとは

自宅でのネット通信を目的としたルーターをホームルーターといいます。

WiMAXといえばポケットサイズのいわゆるモバイルルーターが有名ですが、それとは別にこのホームルーターがあるわけですね。

そのため、自宅をメインとしてネットを使うなら「ホームルーター」、外出時も使うなら「モバイルルーター」が適当です。

今回はホームルーターを検討している方向けに、メリット・デメリットを2つずつ解説します。

メリット1.固定回線の代用として使える
メリット2.モバイルルーターよりも通信が安定
デメリット1.外に持ち出せない
デメリット2.オンラインゲームは難しい

メリット1.固定回線の代用として使える

WiMAXのホームルーターは固定回線の代用として使えます。

固定回線のような回線工事が不要なため、申し込み後、自宅にホームルーターが届いた瞬間からすぐに利用できるのが強み。
ネットが使えるまで数週間も待つ必要がありません。

さらに、WiMAXは月額3,000円程度で利用でき、通信費を抑えられるのもメリットです。

実際に『固定回線を引かずWiMAXを使っている』との口コミも。

したがって引っ越し直後ですぐにネット環境を作りたい方や、一人暮らしで通信費を抑えたい方などにホームルーターは向いているでしょう。

メリット2.モバイルルーターよりも通信が安定

WiMAXのホームルーターはコンセントに繋いで直接電力を供給しています。

そのため、持続的に電力が得られるので、モバイルルーターよりも常に安定した電波が飛ばせます。

さらに同時接続台数がおよそ40台で、スマホやパソコン、タブレットなどを同時にネットで繋ぐことも可能。

このように、比較的回線が混みやすい状況でも安定して通信できるのは、モバイルルーターにはないホームルーターのメリットでしょう。

自宅だけでなく、オフィスや事務所などに置いて使うのも良さそう…!

イヌ

デメリット1.外に持ち出せない

一方デメリットは、外に持ち出せないこと。
ホームルーターなので当然ではありますが、外出時にネットを使うことができません。

そのため、家だけでなく外でもWiMAXを使う場合はモバイルルーターが適当です。

▼モバイルルーター情報はこちら
W06とWX05を比較したら全く別物だった…WiMAX最新機種を徹底検証した結果

デメリット2.オンラインゲームは難しい

2つ目のデメリットは、オンラインゲームが難しいという点です。

オンラインゲームは通信速度よりも、「PING値」で通信の安定性が左右されます。

ペンギン

PING値とはいわゆる”インターネット接続の応答速度”だよ。

WiMAXは回線の性質上、PING値が比較的高く、低い数値が必要なオンラインゲームとは相性があまりよくありません。

したがって、スマホのオンラインゲーム程度はできても、PS4などをガッツリと使うのは向いていません。
オンラインゲームを頻繁にする方は固定回線の方が向いているでしょう。


いかがでしたか?
ホームルーターのメリット・デメリットを2つずつご紹介しました。

デメリットといっても大きな影響はそこまでなかったかと思います。

何よりもWiMAXのホームルーターの良さは「とにかく料金が安いこと」。

実際にWiMAX(GMOとくとくBB)と固定回線(フレッツ光)の1年間の実質費を比較するとその安さがわかります。

WiMAX 固定回線
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
フレッツ光
フレッツ光
プラン名 ギガ放題プラン フレッツ光ネクスト
(ギガラインタイプ)
初期費用 3,000円 約18,800円
実質月額 3,337円 5,400円
1年実質トータル費 40,053円 71,066円

WiMAXの方が一年間の実質トータル料金が3万円ほど安いですね。(キャンペーン適用後)

さらに現在発売されているホームルーターは通信速度1Gbpsギガビットを達成。
この速度は固定回線レベルです。

したがってネット通信費を抑えて、安定した通信を求めるならWiMAXのホームルーターは非常にオススメできます。

なお、詳しい情報は下記サイトを参考にしてください。

\ ホームルーターを最も安く使うなら /

WiMAXの最新料金ランキングはこちら

ホームルーター5機種を比較した結果

され、それではどのホームルーターを選べば良いのでしょうか。

以下はこれまで発売されてきた「WiMAXホームルーター5機種」を比較したものです。

ホームルーター比較
HOME 02 HOME L02 HOME 01 HOME L01s HOME+CA
HOMEL02 HOME01 HOMEL01s HOME+CA
発売日 2020/1/30 2019/1/25 2018/12/7 2018/1/19 2016/10/7
下り最大通信速度 標準モード 440Mbps 558Mbps 440Mbps 440Mbps 220Mbps
LTEモード 440Mbps 1Gbps
(=1000Mbps)
440Mbps 440Mbps
上り最大通信速度 標準モード 30Mbps 30Mbps 30Mbps 30Mbps 10Mbps
LTEモード 75Mbps 75Mbps 75Mbps 30Mbps
通信方式 WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
最大接続可能台数 21台 40台 22台 42台 16台
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社 HUAWEI シンセイコーポレーション

どの機種も同じWiMAX2+回線を使っているので、通信速度で比較しましょう。

最も速度がはやいのは「HOME L02」。
下り通信速度最大558Mbps、LTEモードに切り替えると最大1Gbpsが可能になりました。

ホームルーターを使うならL02が最適

現時点でホームルーターを選ぶなら「HOME L02」のスペックが最も高いです。
そのため、WiMAXのホームルーターを選ぶならL02が最適。

詳しい情報は下記の記事にまとめてあります。
また、実際に利用し、速度がどれくらい出るのか測定結果もあるのでよければ参考にしてください。
誰も教えないWiMAXの「HOME L02」が必ずしも評判が良いわけではない理由(レビュー有り)

ホームルーターを最も安く契約する方法

最後にWiMAXの契約方法をお話します。

まず最初に知っていただきたいのは「WiMAXはどこで契約しても同じ通信速度・エリアである」ということ。
したがって家電量販店であっても、auショップであっても、Webサイトでも同じUQの回線を使っています。

そのため、WiMAXを契約する際は「料金の安さ」を重視して選びましょう。

なお、家電量販店やauショップでの直接購入は料金が高いためおすすめしません。

ペンギン

人件費や運営費などでWiMAXを安く提供できない裏事情があるんだ…。

したがってWiMAXの契約はWebプロバイダ経由がベスト。

プロバイダ(販売代理店)は現在20社以上あり、プロバイダ経由で契約すると家電量販店などよりも最大4万円以上お得に利用することができます。
詳しくは以下の「最新料金ランキング」をチェックしてみてください!

WiMAXの最新料金ランキングはこちら

まとめ

いかがでしたか?
今回はWiMAXのホームルーターについて解説しました。

自宅でネット回線を引くといえば固定回線が従来のやり方でした。
しかし通信回線市場も大きくなり、今ではWiMAXを固定回線として代用する人が増加しています。

ペンギン

WiMAXが”ホームルーター”という今までになかった固定概念を覆したんだね…!

インターネットは生活で必要なものであるため、毎月の出費が気になるところ。
当サイトではそんな方向けにWiMAXをおすすめします。

ぜひあなたもWiMAXをゲットして快適にインターネットを使ってください!