▶︎【最新情報】WiMAX人気ランキング

初心者でも分かるWiMAXの周波数と速度の関係について【5Ghzでの測定レビュー有り】

WiMAXの周波数について疑問を持っていませんか?

WiMAXの周波数について知っているとより快適にネット通信ができます。

そもそも周波数帯とは、WiMAX本体と接続先の機器(パソコンやスマホ)を繋ぐ、電波の範囲のこと。
つまりwifiの通り道で、この周波数の帯域によって通信がしやすくなったり、繋がりにくくなったりするのです。

ペンギン

今回は周波数のレベルを変えて速度測定したレビューも紹介するよ!

当記事ではまず周波数の特徴をお話したのち、WiMAXの2.4GHzギガヘルツと5GHzギガヘルツの違いについても見ていきます。

WiMAXが繋がりづらい、周波数を変えることはできないか、など疑問に感じている方はぜひ一読して参考にしてみてください。

比べてわかるWiMAXの周波数の特徴

はじめにWiMAXの周波数にはどのような特徴があるのか簡単に解説します。

そもそもポケットWiFiの回線には大きく分けて「WiMAX2+回線」と「LTE回線」の2種類あります。
LTE回線は携帯キャリアなどでよく使われる回線ですね。

各特徴は以下の通り。

回線 特徴
WiMAX2+回線
(2.5GHz,5GHz)
【周波数が高い】
通信速度が速い
・障害物に弱い
・都会エリアに繋がりやすい
LTE回線
(0.7GHz~0.9GHz)
【周波数が低い】
・通信速度は普通
障害物に強い
・田舎エリアに繋がりやすい

つまりWiMAX2+回線はLTE回線に比べて周波数が高いゆえに、通信速度が速い一方で障害物に弱いという特徴があります。
そもそも周波数は帯域が低ければ障害物に強く、反対に高いと弱くなります。

そのため、WiMAXの周波数は直線的で速度が速いですが、ビルなどの障害物や厚い壁が近くにあるエリアでは電波が回り込みにくくなるのです。

ペンギン

基本的には速度のはやいWiMAXを使ってビルや山間部エリアでLTE回線が使えるのがベストだね…!

以上がWiMAXの電波(周波数)の特徴ですが、とはいえWiMAXはLTE回線にも対応しており、端末から操作して切り替えることができます。

したがって、障害物が周辺にあって繋がりにくいという場合はLTEモードに切り替えると利便性が高まるでしょう。
詳しくは下記サイトでLTEオプションにおける操作方法・注意点などを参考にしてください。
注意!WiMAXのLTEオプションの落とし穴|ハイスピードモードとの違いは?

WiMAXの周波数における3つの疑問

さて、「WiMAXは周波数が高く障害物に弱い」ことをお話しましたが、実はわざわざLTEモードを使わなくても周波数を変えることができます。

WiMAXで「2.4GHzギガヘルツ」と「5GHzギガヘルツ」の2種類の周波数を設定できるのをご存知ですか。
これら周波数は端末から切り替え可能で、使い分けることでより快適に通信ができます。

ペンギン

LTE回線を使うのは月間7GBまでという厳しい上限があるから、WiMAX回線内の切り替えがまずはオススメ!

そこでこの章では、下記3つの周波数における疑問を探りながら、より深く見ていきます。

  1. 「2.4GHz」と「5GHz」の違いは?
  2. 端末で周波数を切り替える方法は?
  3. 「5GHz」にするとどれくらい速くなる?

疑問1.「2.4GHz」と「5GHz」の違いは?

前述した通り、WiMAXには「2.4GHzギガヘルツ」と「5GHzギガヘルツがあります。

また、冒頭でも”周波数は帯域が低ければ障害物に強く、反対に高いと弱くなる”とお話しました。

したがって、周波数の低い2.4GHzは、電波が回り込みやすく障害物があっても比較的繋がりやすくなります。
LTE回線の周波数の低さには及びませんが、それでもWiMAX回線内で、ある程度調整可能です。

一方で周波数の高い5GHzは、障害物に弱い一方で、電波に干渉されることがないので通信速度が2.4GHzに比べて速くなります。

前章のLTE回線と考え方は同じだね…!

イヌ

疑問2.端末で周波数を切り替える方法は?

切り替えは端末から切り替え可能です。
今回は端末W05を使って「2.4GHz」と「5GHz」の切り替え方法をレビューします。

はじめにホーム画面から『設定』→『通信設定』をタップ。

上から3段目の『Wi-Fi設定』をタップします。

周波数に関する画面が出てきましたね。
最後に『周波数』をタップします。

契約時の初期設定は「2.4GHz」に設定されています。
「2.4GHz」と「5GHz」の切り替えはこの画面で切り替えできます。簡単ですね!


疑問3.「5GHz」にするとどれくらい速くなる?

最後に「2.4GHz」と「5GHz」ではどれくらい通信速度が変わるのか比較します。

「5GHz」は周波数が直線的で速度がより速い性質があります。

実際にどのような結果になるのか同じく端末W05で測ってみました。
測定環境は以下の通り。

使用ルーター:Speed Wi-Fi NEXT W05
接続先端末:iPhone7
測定場所:東京都千代田区建物内
測定ツール:Speedcheck Internet Speed Test
測定日時:2019/09/25

周波数「2.4GHz」での通信速度

【測定結果】
下り速度(ダウンロード):9.76Mbps
上り速度(アップロード):2.05Mbps

周波数「2.4GHz」の速度は「下り速度9.76Mbps,上り速度2.05Mbps」となりました。(なお、画像は昼の測定結果)

周波数は比較的低いものの、速度は10Mbps近く出ました。

一般的に1MbpsあればYouTube視聴が可能と言われ、5Mbps以上あると高画質の動画が対応できると言われています。

したがって十分速度が出ていることになりますね。

周波数「5GHz」での通信速度

【測定結果】
下り速度(ダウンロード):14.84Mbps
上り速度(アップロード):8.19Mbps

さて、次は周波数「5GHz」での速度結果です。
測定値は「下り速度14.84Mbps,上り速度8.19Mbps」。

「2.4GHz」時よりも速度が上がり、よりはやく通信できることになります。

実際に通信した体感は、Web閲覧やSNSではそこまで大きな違いは感じられませんでした。
しかし、YouTubeなどの動画視聴はより快適に通信できたかと思います。

まとめ

今回はWiMAXの周波数について解説からレビューまでしていきました。

結論をまとめると以下の通りです。

  • 通信速度の速さを優先するなら周波数を「5GHz」にする
  • 電波の安定性を優先するなら「2.4GHz」にする
  • それでも繋がりにくい場合はLTE回線に切り替える

周波数の知識があるだけでよりWiMAXの利便性が高まりますよね。

ぜひWiMAXを使って快適にネットを使ってください!

また、WiMAXの最新情報については下記サイトも参考にしてください。
▼今月のWiMAX最新情報はこちら
損しない今月のWiMAXキャンペーン最新情報|トータル費&月額料金比較 【2021年版】